himikoの護国日記

長年の各種自虐史洗脳工作から目覚めた一人の愛国者の日記。
日本をおかしな反日勢力から守り、真の独立国にしたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【転載】余命3年時事日記 2537 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑮

2018年05月28日 | 在日韓国・朝鮮人
裁判所からの通知については、必ず、こちらの方へ大至急連絡していただきたい。
このコメント欄で結構である。その場合にはお名前と住所氏名、電話番号をお忘れなく。
事務局はできるだけ早く対応するので、(0** 5*** 2***)という番号からの電話には必ずでていただきたい。
いまだに在日や反日勢力の恫喝に対して、辞退者、示談に応ずる者は皆無という状況であるが、決して無理はされないようにお願いしたい。事務局では状況に応じて対応するので別に心配されることはない。
現状は第六次告発から諸般の状況をすべて織り込み済みのシナリオ通りに進行しているので、あらためて第六次告発における過去ログの再確認をお願いする。
第六次告発の概要を見れば「シナリオ通り」「日本人と在日朝鮮人との戦いが始まった」というフレーズが理解できるだろうし、発狂している連中の置かれている立場がいかに重ハンデかがわかるだろう。それだけに油断はできない。以下は過去ログからの再掲である。

第六次告発が確定した。欠番、表記に同じようなものがあるが、あくまでも概要で、その内容はチェック済みである。
第一次告発は外患罪告発であったが、第六次ではテロ等準備罪、いわゆる共謀罪と二本立てである。そしてメインに朝鮮人学校補助金問題と生活保護問題が鎮座している。いずれも法的な問題があり、闘いになっているが、これはテロとの戦いとして、国際治安機関と情報提供という連携をすることになっている。
日本と欧米ではテロに関する認識と対応には大きな温度差があるが、共謀罪成立とパレルモ条約発効により、日本での弁護士や検察の対応が激変せざるを得ない状況になった。
国連における安保理北朝鮮制裁委員会やテロ委員会はもとより、米国財務省の口座凍結をはじめ国際刑事警察機構、CIA、FBI、共和党議会、そしてツイッターのようなネットも規制されることになる。
とくに告発というものではないが、前提が外患罪であり、テロ等準備罪、いわゆる共謀罪の案件は実効案件であるため、ツイッター社のテロリスト情報開示とか、日弁連が国際テロリスト支援団体に指定というような事態は明日にも起こりうる。
パレルモ条約では違法行為を集めて犯罪化が謳われているが、一方では起訴、裁判、そしてその経過と結果についても相互の情報共有が求められているから、検察の第五次までのような門前払いは難しくなるだろう。
前回は600名ほどの不要者がおられたが、現状は71名である。懲戒請求にしても告発にしても、無理することはない。できることはやる。できないことはしないということで是々非々に対応されたい。

第六次確定告発状概要
1 TBS6月5日川崎デモ
2 沖縄翁長知事告発状
3 日教組岡本書記長ほか幹部告発状
4 NHK偏向報道
5 宮城県知事朝鮮人学校補助金支給問題
6 北海道知事朝鮮人学校補助金支給問題
7 福島県知事朝鮮人学校補助金支給問題
8 茨城県知事朝鮮人学校補助金支給問題
9 栃木県知事朝鮮人学校補助金支給問題
10 群馬県知事朝鮮人学校補助金支給問題
11 千葉県知事朝鮮人学校補助金支給問題
12 東京都知事朝鮮人学校補助金支給問題
13 神奈川県知事朝鮮人学校補助金支給問題
14 新潟県知事朝鮮人学校補助金支給問題
15 福井県知事朝鮮人学校補助金支給問題
16 長野県知事朝鮮人学校補助金支給問題
17 岐阜県知事朝鮮人学校補助金支給問題
18 静岡県知事朝鮮人学校補助金支給問題
19 愛知県知事朝鮮人学校補助金支給問題
20 三重県知事朝鮮人学校補助金支給問題
21 滋賀県知事朝鮮人学校補助金支給問題
22 京都府知事朝鮮人学校補助金支給問題
23 大阪府知事朝鮮人学校補助金支給問題
24 兵庫県知事朝鮮人学校補助金支給問題
25 和歌山県知事朝鮮人学校補助金支給問題
26 岡山県知事朝鮮人学校補助金支給問題
27 広島県知事朝鮮人学校補助金支給問題
28 山口県知事朝鮮人学校補助金支給問題
29 愛媛県知事朝鮮人学校補助金支給問題
30 福岡県知事朝鮮人学校補助金支給問題
31 植村隆北星学園札幌市議会議員告発状
32 伏見顕正、でれでれ草、悪魔の提唱者告発状
33 在日コリアン弁護士協会告発状
34 小平市議会議員告発状
35 在日コリアン弁護士協会会員弁護士告発状
36 TBS6月5日報道告発状
37 熊本朝鮮総連関連施設税金減免措置問題
38 野田元総理大臣外国人献金問題
39 管元総理大臣外国人献金問題
40 前原誠司元外相外国人献金問題
41 川崎デモ共産党議員告発状
42 全国青年司法書士協議会朝鮮人学校補助金支給問題
43 日本共産党川崎市議会議員告発状
44 飯島健太郎判事告発状
45 朝日新聞中韓国防動員法
46 朝日新聞偏向報道
47 ローカル中韓国防動員法
48 TBS偏向報道
49 テレビ朝日偏向報道
50 テレビ東京偏向報道
51 フジテレビ偏向報道
52 沖縄タイムズ偏向報道
53 上毛新聞偏向報道
54 神奈川新聞多文化共生問題
55 神奈川新聞偏向報道
56 読売新聞偏向報道
57 日本経済新聞偏向報道
58 日本テレビ偏向報道
59 毎日新聞偏向報道
60 琉球新報偏向報道
61 福島瑞穂告発状
62 朝鮮人人権問題
63 ヘイトスピーチ
64 川崎市議会全議員外患罪告発
65 謝蓮舫二重国籍告発状
66 茨城県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
67 愛知県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
68 関東弁護士連合会朝鮮人学校補助金支給問題
69 岐阜県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
70 京都弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
71 群馬県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
72 広島県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
73 埼玉県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
74 札幌弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
75 山口県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
76 滋賀県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
77 新潟県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
78 神奈川県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
79 仙台弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
80 千葉県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
81 大阪弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
82 東京弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
83 日本弁護士連合会朝鮮人学校補助金支給問題
84 福岡県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
85 兵庫県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
86 和歌山県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
87 沖縄山城議長拘束、刑法学者41名釈放要求声明
88 北星学園スラップ訴訟の賛同者および呼びかけ人
89 北星学園スラップ訴訟告発人786名
90 最高裁判所異常裁判官
91 異常裁判官11名
92 Mリンチ事件関係者告発状
93 6月5日川崎デモ告発状
94 宇治市長異常外国人保護事案
95 横浜市教育委員会売国行為
96 愛知県知事生活保護費支給問題
97 愛媛県知事生活保護費支給問題
98 茨城県知事生活保護費支給問題
99 岡山県知事生活保護費支給問題
100 沖縄県知事生活保護費支給問題
101 岩手県知事生活保護費支給問題
102 岐阜県知事生活保護費支給問題
103 宮崎県知事生活保護費支給問題
104 宮城県知事生活保護費支給問題
105 京都府知事生活保護費支給問題
106 熊本県知事生活保護費支給問題
107 群馬県知事生活保護費支給問題
108 広島県知事生活保護費支給問題
109 香川県知事生活保護費支給問題
110 高知県知事生活保護費支給問題
111 佐賀県知事生活保護費支給問題
112 埼玉県知事生活保護費支給問題
113 三重県知事生活保護費支給問題
114 山形県知事生活保護費支給問題
115 山口県知事生活保護費支給問題
116 山梨県知事生活保護費支給問題
117 滋賀県知事生活保護費支給問題
118 鹿児島県知事生活保護費支給問題
119 秋田県知事生活保護費支給問題
120 新潟県知事生活保護費支給問題
121 神奈川県知事生活保護費支給問題
122 青森県知事生活保護費支給問題
123 静岡県知事生活保護費支給問題
124 石川県知事生活保護費支給問題
125 千葉県知事生活保護費支給問題
126 大阪府知事生活保護費支給問題
127 大分県知事生活保護費支給問題
128 長崎県知事生活保護費支給問題
129 長野県知事生活保護費支給問題
130 鳥取県知事生活保護費支給問題
131 東京都知事生活保護費支給問題
132 徳島県知事生活保護費支給問題
133 栃木県知事生活保護費支給問題
134 奈良県知事生活保護費支給問題
135 富山県知事生活保護費支給問題
136 福井県知事生活保護費支給問題
137 福岡県知事生活保護費支給問題
138 福島県知事生活保護費支給問題
139 兵庫県知事生活保護費支給問題
140 北海道知事生活保護費支給問題
141 和歌山県知事生活保護費支給問題
142 青森日本国旗不掲揚問題
143 小田原生活保護妨害事案
144 朝日新聞慰安婦ねつ造記事問題
145 外国人参政権告発状
146 のりこえネット告発状
147 TBS、ユニオン告発状
148 管理職ユニオン告発状
149 島根県知事生活保護支給問題
150 有田芳生告発状
151 茨城県弁護士会会長声明告発状
152 愛知県弁護士会会長声明告発状
153 関東弁護士連合会会長声明告発状
154 岐阜県弁護士会会長声明告発状
155 京都弁護士会会長声明告発状
156 群馬弁護士会会長声明告発状
157 広島弁護士会会長声明告発状
158 埼玉弁護士会会長声明告発状
159 札幌弁護士会会長声明告発状
160 山口県弁護士会会長声明告発状
161 滋賀弁護士会会長声明告発状
162 新潟県弁護士会会長声明告発状
163 神奈川県弁護士会会長声明告発状
164 仙台弁護士会会長声明告発状
165 千葉県弁護士会会長声明告発状
166 大阪弁護士会会長声明告発状
167 東京弁護士会会長声明告発状
168 川崎デモ原告団募集
169 福岡県弁護士会会長声明告発状
170 兵庫県弁護士会会長声明告発状
171 和歌山県弁護士会会長声明告発状
172 茨城県弁護士会懲戒請求書
173 愛知県弁護士会懲戒請求書
175 岐阜県弁護士会懲戒請求書
176 京都弁護士会懲戒請求書
177 群馬弁護士会懲戒請求書
178 広島弁護士会懲戒請求書
179 埼玉弁護士会懲戒請求書
180 札幌弁護士会懲戒請求書
181 山口県弁護士会懲戒請求書
182 滋賀弁護士会懲戒請求書
183 新潟県弁護士会懲戒請求書
184 神奈川県弁護士会懲戒請求書
185 神奈川弁県護士会懲戒請求書川崎デモ
186 仙台弁護士会懲戒請求書
187 千葉県弁護士会懲戒請求書
188 大阪弁護士会懲戒請求書
189 東京弁護士会懲戒請求書
190 福岡県弁護士会懲戒請求書
191 兵庫県弁護士会懲戒請求書
192 和歌山県弁護士会懲戒請求書
193 日本弁護士連合会懲戒請求書
194 第一東京弁護士会懲戒請求書
195 第二東京弁護士会懲戒請求書
196 ヘイトデモ禁止仮処分命令申し立て書判事橋本英史
197 ヘイトデモ禁止仮処分命令申し立て書判事尾立美子
198 ヘイトデモ禁止仮処分命令申し立て書判事山下智史
199 ヘイトデモ禁止川崎市長裁可告発状
200 ヘイトデモ禁止TBS社長告発状
201 ヘイトデモ禁止TBS日下部正樹告発状
202 川崎デモ三木恵美子告発状
203 川崎デモ宋 恵燕告発状
204 川崎デモ神原元告発状
205 川崎デモ櫻井みぎわ告発状
206 川崎デモ姜文江
207 伏見顕正告発状
208 東京弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
209 第一東京弁護士会全弁護士朝鮮人学校補助金支給問題
210 第二東京弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
211 大阪弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
212 兵庫県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
213 神奈川県弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
214 沖縄弁護士会朝鮮人学校補助金支給問題
215 佐々木亮懲戒請求書
216 山本太郎告発状
217 神原元テロリスト告発状
218 上瀧浩子テロリスト告発状
219 辻元清美テロリスト告発状
220 野間易通テロリスト告発状
221 川崎デモテロリスト告発状①
222 佐々木亮脅迫告発状
223 福島瑞穂テロリスト
224 辛淑玉(のりこえネット共同代表)
225 有田芳生テロリスト告発状
226 川崎デモテロリスト告発状②
227 ツイッタージャパン社告発状
228 佐々木亮脅迫罪告発状
229 青林堂裁判についての告発状
230 日弁連朝鮮人学校補助金支給要求声明共謀罪告発状
231 佐々木亮弁護士共謀罪脅迫罪告発状
232 小倉秀夫懲戒請求書
233 嶋崎量懲戒請求書
234 渡邉恭子懲戒請求書
235 北周士懲戒請求書
236 渡邉恭子告発状
237 猪野亨告発状
238 猪野亨懲戒請求書
239 林、國本、大阪弁護士会懲戒請求書
240 札幌弁護士会3名懲戒請求書
241 宮本智懲戒請求書
242 東京弁護士会「外国籍弁護士を調停委員任命から排除しないことを求める会長声明」243 京都弁護士会「外国籍弁護士を調停委員任命から排除しないことを求める会長声明」244 大阪弁護士会 「外国籍弁護士を調停委員任命から排除しないことを求める会長声明」245 神戸地検 「外国籍弁護士を調停委員任命から排除しないことを求める会長声明」
246 東京地検「国旗国歌強制の懲戒処分を取り消した東京高裁判決に関する声明」
コメント

【転載】余命3年時事日記 2536 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑭

2018年05月28日 | 在日韓国・朝鮮人
発見しました
余命爺様、PTの皆様、懲戒参加の皆様、その他応援を頂いている皆様、本当にありがとうございます。
懲戒請求参加者ですが、小坪議員ご指摘の年齢の件は、私も?と思っていました。懲戒請求には年齢は書いていないからです。
昨日24日に、戸籍と住民票について『職務権限』による取得がなされていないか自己情報開示の請求を行ってきました。
一週間から二週間程度で先ずは電話で連絡をくれるとの事でした。
取得されていたとして、開示されるのは公布請求の申請書ですが、請求人の部分は黒塗りになります。ここを開けさせるにはもうひと手間かかりそうです。その請求が不正なものと証明しなくてはなりません。
弁護士の職務権限請求は『訴訟準備のため』と記載すれば、各自治体ではほぼノーチェクで発行されるようです。他の理由を記載するとその理由を証する資料を提示しなければならず、弁護士の職務権限請求はほぼ全てが『訴訟準備のため』とのことです。この部分で追い打ちをかければ、職務権限請求者は訴訟を起こさなければその請求は不正なものとなります。よって訴訟を起こさざるを得なくなるのではないでしょうか。
言い逃げさせず、強引に提訴させる手段になるかもしれません。
取得されてなければこの手は使えませんが。自治体からの連絡が楽しみです。



サクラアラタメプチイチゴケーキ
余命様 スタッフの皆様 同志の皆様  勇気を頂きいつも有難うございます。
5月19日 武蔵小杉合同法律事務所より普通郵便で届きました。(日付は5月17日です)
皆様と同じ内容でしたが、不審に感じる事がありました。
同志の方々の投稿でわかった事ですが~人によって請求金額が違う~という事です。
年齢などで、払えそうな額に請求金額を変えた可能性があるのかなと思いました。
そうなると行政が絡んでいないと60歳以上か以下か分からない筈で、もっと細かく請求金額を設定しているかもしれないと思いました。
何処で弁護士と行政が絡んだのか、戸籍から誰が教えたのか、地方公務員に在日が多く入っているからなのではないかと思ってしまいます。
名前が公表されることはないと分かっていますが、人の秘密を扱う重要な職業でありながら金に汚く細かい配慮もない人たちが弁護士になっている事に深い危惧を覚えます。
大勢の人に反対されながら反省もせず、仕返しのような行動をするのはまるで子供です。
そう言えば宛名がまるで小1の子が漢字を初めて真似て描いたような変な字でした。



直樹
余命PJチームの皆様に大変感謝しております。恫喝文書届きましたが、こんな寄生虫が弁護士になれる日本はおかしい。PJチームやここに集う皆様の言葉を聴いて心を鎮めております。テレビや新聞を情報元とする人もいずれいなくなり、偏向メディアは淘汰され、国益を追求する国会議員、そして国民だけがこの美しい日本に住めるのでしょう。外圧でテロ指定、日本独自でも反日は制裁。

YK
マスメディア新聞でも、次々に反応が出ています。
どうやら、こちらの新聞社も「国民の敵」扱いされても仕方ないところでしょう。
ttps://www.hokkaido-np.co.jp/article/192796
弁護士懲戒請求13万件 朝鮮学校補助金巡り ヘイトブログが扇動
05/25 05:00 北海道新聞
@skhope11
あくまで個人の意思でやったと言えばいいんでないの?合同がダメなら、署名やデモもできなくなるし。テレ朝モーニングショー見たけど、扇動に乗せられてやってしまったと言わせたいように感じた。この点ははっきりさせといた方がいいかも。
これは真面目な話なんですが、多数派VS多数派の中に入れられた多数派を憎悪するように洗脳された少数派は実は神と悪魔の代理戦争。少数派は悪い多数派を攻撃してるつもりでも、実はその中に含まれる自然、土着の神信仰、多神教=本物の神に対する信仰、認識を攻撃させられてる。
古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマ、中東、中南米、アフリカ、朝鮮、中国、インディアン、アボリジ二などやられて来て、今はチベット、ミャンマー、日本など残りもやられてる。前者はどこも自然、土着の神信仰、多神教が一神教に変わったり、住んでる人間が昔と違うという話がある所ばかり。子供を生む女の数を減らすことで人口を減らして民族を変えることで自然、土着の神信仰、多神教=本物の神に対する信仰、認識を潰す。
少数派は世界統一すれば争いがなくなると信じて、一生懸命、目の前の多数派=悪を攻撃してる。しかし実際は逆で、自然、土着の神信仰、多神教=本物の神に対する信仰が費えた時、世界は終わる。一神教だけの世界は罪人しかいない(原罪というやつ)ので、直ちに最後の審判に突入することになる。これは秘密でも何でもなく昔から提示されてもいる。
世界が滅びないように頑張って欲しいです。



今回は匿名
日本が大好きです。余命様、秘書様、スタッフの皆様、いつもありがとうございます。
とてもお忙しいと思うので手短に必要事項のみの投稿お許しください。
余命時事日記の委任状をA4に拡大して20枚×3種類でれたーパックで送りたいのですが、大丈夫ですか?。
もう皆様送られているのでしょうか。
もしそうなら速攻で送るようにしたいのですが、まだでしょうか?。
(急いだほうが良いような気がしますが。)

.....可能性は低いとみていた悪徳弁護士の提訴だが、神原元弁護士は仕掛けてきた。あとは佐々木と北弁護士の提訴を待って、反訴に入る予定である。これは徹底的にやる。 5月末までに概略をお知らせする。
すでに神原元弁護士が提訴ということなので、委任状は必要がなくなった。提訴されたメンバーごとにこちらでまとめて本人訴訟となる。
川崎デモのカウンター勢力のほとんどが国際テロリストとして欧米治安当局に一部情報提供されているが、追加情報要請項目に、第六次告発までの内容と懲戒請求関係がある。 外患罪事案と北朝鮮テロリスト国家制裁事案だが、米朝会談の中止を受けて来月10日頃をめどに担当機関に提供されると連絡があった。
メンバーは過去ログ第六次告発概要をご覧いただきたい。




アブラゲ
余命の皆様プロジェクトチームの皆様、秘書の皆様、日々有り難うございます。
私のところにも武蔵小杉合同法律事務所から脅迫状が「料金別納郵便」で送られて来ました。
この「料金別納郵便」ですが、ポストに投函して送られるのではなく、差出人が郵便局に直接出向いて「別納郵便物等差出表」なるものに名前と住所を記入し、同じ名前と住所をはっきりと分かるように封筒に書かなければ送れない事に成っています。
つまり、武蔵小杉合同法律事務所の誰かが懲戒請求者の氏名住所を書いたシールを貼り付けて何通かを纏めて郵便局から送ってるという事に成りますね。
さて、誰が懲戒請求者の氏名住所を教えたんでしょうね~???
神奈川県弁護士会しか考えられないんですけどね~???
なので、「そんなもの送った覚えはない」という言い訳は通用しませんね。
いくら貴殿などとボカしたところで、懲戒請求した本人に送られているのだからこれも逃れられないんじゃないでしょうか?
それでも、もしかして往生際悪く
①何処かの誰かが悪戯で料金別納郵便の判を押して懲戒請求者宅のポストに入れた。
②懲戒請求者が捏造した。
とか言い訳の限りを尽くすかも知れないでしょうけど。
それならば
①何故、その家が懲戒請求者の家だと分かったのか??
②何故、神原元弁護士と縁もゆかりもない懲戒請求者が神原元弁護士の預金口座のある銀行および番号迄知っているのか?
と問われたらどう答えるんでしょうか??
少なくとも架空請求詐欺の罪に問われる大問題には間違い無いので、神原元弁護士は今のうちにツィッターなり、自身の法律事務所のホームページなりで全てを正直にさらけ出した上で潔く罪を認めて謝罪しておいた方が宜しいんじゃないですかね?(まぁ無理でしょうけどね)
このままダンマリを続けてると、そのうち三井住友銀行から犯罪の為に口座を使われた旨で訴えられるかもしれないよ~



103
一括処理。
さすがに大風呂敷なのかな?と思ったこともなくはありませんが、事態はここへきて現実味を帯びてきてますね。
本日感じた違和感は左ペインのアンケート。
アクセス者の約1割前後が敵という「すっかりあぶりだしに引っかかってる」様子が見て取れます。
オールドメディアを見ると我々など比較にならぬほどの攻撃を受けている安倍総理も最早「爺さんと同じ、日本人なんだなぁ」としか思ってません。
枝葉末節に囚われず、日本を取り戻すひた押しをここで改めて宣言しておきます。
裁判?仮に負けてもカネを請求されるだけでしょ。
どうせならのらりくらり本人訴訟で最高裁まで争いますよw



某リストの有名人
また犬HKが在日の肩を持って日本人ヘイト報道してますなw
川﨑デモのヒトですか。
被害者は儲かりそうですねw
顔を出して大丈夫?w
これだけ日本人ヘイトを煽っておいて、捏造工作員と広報担当と、近いうちに心中でもするつもりなんだろうw
みんな役者?w
で、弁護士会からの何つーのかな、ファンレター?と言うか、不安レター?w
わははw
佐々木センセw
北センセw
マンセーwww
和解金を支払って懲戒請求の流れを頼むからヤメテクレ、とお願いするのは、どちらのやるべき事なのだろうね?w
ひとつ、イイ事を教えておこう。
目的は会長声明の撤回じゃありませんよ?w
本質を見抜けないヒトにはツイッターは難しいねw
世の中がマトモなのは疑わしきは罰せられるからw
君達は大いに疑わしいので正義の日本人から罰せられるのw
法律の世界に閉じこもってるから何が正しいのか誤りなのか、判らないんだねw
この世を、生きている間に、しっかりと見てみな?
あのね、弁護士は世の中にとって聖域でも何でも無いのw
まして国際テロリスト弁護士なんてwww
米朝首脳会談も取りやめになっちゃったけど、どうすんの?w
いざ!となってしまった、その時に、法律が君達を守ってくれるとイイねw
うん、九条信者みたいに、半島民の人権が、とか唱えていれば、きっと大丈夫さw
朝鮮総連、韓国民団、を解体せずに放置っぽく曖昧に存続させてきた成果が遂に出たw
まだまだ、やらかしそうで、今後の活動から目が離せないw
そして、彼奴ら、総連民団の方が外患誘致抵触よりも怖いらしいw
さて、もう峰打ちは飽きたよw
それと、誰か草刈りお願いw



RNH
余命様、私のところにも武蔵小杉合同事務所からの通知書及び合意書が郵送されましたことをご報告致します。小坪市議のブログで余命様のお気持ちとお覚悟の程を知り、涙する思いでございます。また懲戒請求をした私たちを扇動にのせられた情報弱者と言い募る輩に対し、激しい怒りを覚えております。それぞれがどれほどの覚悟で署名捺印したことか。
余命様、くれぐれも御身お大切になさいますように。かけがえのない指揮官を私たちは失うわけにはいかないのです。
子供たちにより良い日本を渡すために、最後まで戦い抜きたいと思っております。



淡雪 (北の淡雪 改め)
余命様、PTの皆様、いつもありがとうございます。
少し体調を崩してしまい報告が遅くなりましたが、武蔵小杉からの封書が皆様同様、普通郵便で届いております。5/10付で150万円となっておりました。
コメントを残すのが苦手でして、あ〜でもないこ〜でもないと、言葉を考えては消し…の繰り返しで、気の利いた言葉が浮かばないのですが(言葉を紡ぐのは本当、難しい…)、やっぱり「ひた押し」の言葉しか出てこなくて、本当にただそれだけの気持ちでここまできました。
少しずつ状況が動いてきたように感じますが、油断なく参りたいと思います。



皐月
ご多忙だと思いますので、取り急ぎお礼のみコメントさせていただきます。
駄文と共に委任状到着のご返答を掲載していただき、ありがとうございました。
御手を煩わせてしまい申し訳ありません。
ひた押しの戦いの成果を皆様と喜べる日を楽しみにしております!

多摩丘陵地帯
こちらの話題に上がっていたので、瀬戸氏の緊急余命プロジェクトなるものを見てきました。意見表明できる場を設ける替わりに個人情報を差し出すのですね。いやいや、木を隠すのに森でなくてどうすんの?
個人情報を差し出すと言う事は、森に隠れた木を識別するための色分けを手伝っているのと同じ。差し出した自分達の情報が漏れないと誰が保証している?
始めからすべてを差し出すようにしている時点で信用に値しないと思ってる。小坪議員の時とは動きが違っていると言う事に注意を向けた方がいいです。
ネットではさかんに余命が懲戒請求出してない卑怯者とかそんな工作を目にするけど、それは正道で攻めてくる相手にしか成り立たない糾弾なんだよ。私は余命自身が懲戒請求に参加しようがしてまいがどっちでもいい。余命が余命でいてくれるなら些細な問題だと思っている。
小坪議員のブログでも取り上げてましたが、一時期身を明かそうしてたみたいですね。司令官が手段を選ばない敵前に現れるのは愚策以外の何ものでもない。なんで私達が脅迫や個人情報漏洩にさらされて、歯を食いしばって耐えてるか、その行為が無駄になるって事です。今は思い直して頂いてるので、こんな事言ってもしょうがない話ではありますが。
味方の振りをする者ほど、注意深く観察しなければいけない。味方をして貰うにあたって、こちらは何を差し出さなければいけないか。差し出した物の意味。敵が今何をしているのか、しようとしているのか。煽りや中傷の海に飛び込むのは辛いですが、そこで目にする事で得られる情報。この混沌とした状況の中で、全ての事柄について誰も保証をしてくれない。冷静な判断をしてください。
コメント

【転載】余命3年時事日記 2535 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑬

2018年05月25日 | 在日韓国・朝鮮人
五省
余命さま、プロジェクトの皆様、余命読者の皆様、いつも勇気を頂いておりますありがとうございます。
報告が遅くなりましたが、武蔵小杉合同事務所からの通知書及び合意書が郵送されました。今更の話ですが、私を含め皆さんの住所氏名をどの様にして、これら弁護士は知り得たのでしょうかね(笑)

.....個人情報の守秘義務違反と目的外使用ということになるね。弁護士会も告訴されることになるだろう。

讃岐うどん
余命爺様、PT様、関係者様、日々の激務ご苦労様です。
余命爺様体調はいかがですか?無理しないで下さいね。
靖国神社の「みたままつり」“献灯”の件です。
大型献灯で横並びはどうでしょうか。世間にアピール出来ます! 『余命◯◯◯◯◯◯』目立ちます!
大型献灯2灯分(余命)を今『やまと』に振込しました。
余命爺様、PT様、近辺には十分注意して、御自愛下さいませ。 5/21 10:40

椿
余命様スタッフの皆様いつもありがとうございます。
5月19日に武蔵小杉合同事務所より私にも届きました。
余命様の今後のご指示をお待ちしています。



とくめいです
余命様、スタッフの皆さま、連日の激務お疲れ様です。
15日にコメント入れましたが、ずっと認証中のままだったので、あらためて送信します。
私のところにも、15日に武蔵小杉合同法律事務所より、普通郵便で届きました。
予想はしてましたが、マスコミの報道は酷いものですね。ネットの方も賛否両論のようで、少々動揺はしましたが~私も最後まで戦おうと決めました。
今後ともよろしくご指導賜りますよう、お願い申しあげます。

ゆみっと星人
手短にご報告まで。
私のところにも5月19日に普通郵便で件のメールが到着しました。こちらに書き込みされている方々と同様放置しつつ、足並みそろえて反訴へ参加させていただきます。

君という光
余命様、スタッフの皆様いつもありがとうございます。
ツイッターで東京弁護士会の中村剛氏が今回の2人の弁護士の行為が恫喝かどうかアンケートを取っています。そしてこのツイートの4時間後?「勘のいい方ならお気づきかと思いますが、このアンケートにはある目的があります。そのためには、相当数のご回答を頂いた方がいいので、多くの方のご投票、リツイートをよろしくお願いします」とツイートします。
東京弁護士会は何を企んでいるのでしょうか。私の思い過ごしでしょうか。

.....印象操作だろうね。しかし、問題が大きくなりすぎた。ここまで来ると収拾は難しいだろう。もはや懲戒請求の問題ではない。(在日と反日勢力)対(日本人)という図式になっている。現状は在日組織と反日組織それに似非保守のあぶり出しとなっている。




皐月
毎日の更新での皆様のコメント、余命爺様のコメント、小坪氏のブログで勇気をいただいておりましたところ、本日(5/21)うちにも武蔵小杉からの封書が届きました。
“日の本の民 弥栄”さんのおっしゃる通り、小心者の私にはやはり恐怖心がある事は否めません。でも、狡猾で声が大きいだけの輩にもうこれ以上日本で好き勝手されるのはもっと我慢なりません。
小心者で残念な事に知恵も経験も足りない人間ですが、ひた押しの末席に属させていただきます。
これからもご教示をよろしくお願い致します。
神原サンからの封書は指紋の事を仰っていた方がいらしたので、しばらく未開封で放置しておきます。
余命爺様、スタッフの皆様方も身辺・お身体に気を付けてお過ごしください。
追記
vol.9の委任状を5/16に普通郵便で送付してしまったのですが、届いてらっしゃいますでしょうか。
レターパックで送付すれば良かったのに、と反省しきりです。
本当に色々と粗忽者でお恥ずかしいです‥。

.....届いているよ。



経理部
余命さん。ありがとう。
私は何か行動が起こしたかったからこそ、懲戒請求と告発に参加した。私にできる唯一の敵への対抗手段がそれだった。方法を示していただいたのだから、感謝したい。
私の手元にも、例の法律事務所から通知書なるものが5月16日に届いた。私の場合、請求予定額は150万円とのこと。読者の方には250万円というかたもいらっしゃったので、どういう基準で設定したかは分からない。
敵が情報を漏らしたかと思うと、徹底的に戦う以外に道はあるまい。私は、最後まで自分の行動に責任を負う。最後まで皆さんと共に戦う。どんな結末を迎えようとも。

.....さすがに日弁が動き出したようだな。これはマル秘だよ。



やしろじま
余命爺様、PTの皆様、いつもありがとうございます。
自分の所にも、5月22日無事、武蔵小杉合同法律事務所より通知書1枚と合意書2枚が普通郵便で届きました。(日付は5月17日です)
皆様と同じ内容で250万コースでした。初めて届いた弁護士からの手紙に少し緊張しています。微力ではありますが、懲戒請求にも参加しようと思った。気持ちを貫き、日本再生の一助になれればそれで良いと思います。 爺様、PTの皆様、よろしくお願い致します。
追伸
不謹慎かもしれませんが、頭の中で阿波おどり ♪えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々…がリピート再生されています(笑)
いつも駄文で申し訳ありません。不謹慎でしたら削除してください。

.....青くなってやるケンカは勝てないよ。皆さんも感じていると思うが、この団結力と強固な意思があれば、必ず勝てる。余命は勝てるケンカしかしない。それだけの話。



慮る
余命翁、PTの皆様、お疲れ様です。
何だか… 法を生業とし、自治権内に身を置く専門家が、その法を率先して放棄している様を続けるならば、今回の件、もう既に、法云々へ赴きを置く事自体が無意味に思えます。素人だからそう思うのだろうか?そして、その素人にはどうする事も出来ない。とうに枠を越えてしまってますよね?
お目汚し、失礼致しました。
疲れますよね、違う意味で。

.....日弁連が朝鮮もどきであることがはっきりしたからな。もうおりられないだろう。自浄能力など皆無だから、このまま北朝鮮テロ国家支援組織認定となる可能性が高い。




Ninja
余命爺様並びにPJTチームの皆様
今回はいつになく何度も投稿していますが、ご容赦を。
ネット戦線では、明らかに我が方が有利な状況に思います。当方が観察しているのは主にtwitter方面ですが、弁護士側を支持する意見は日増しに減少の一途を辿っているように思います。
ようやく世間にも知られてきたように、弁護士への懲戒請求は国民の権利であり、弁護士自治に守られた弁護士に対する唯一の制御機構ですから、懲戒請求を否定するが如き弁護士の、恫喝、恐喝まがいの慰謝料請求訴訟は、「弁護士の権利を掣肘するな」という弁護士独裁の意思の表れであり、国民としては到底許容出来るものではありません。
また「大量の懲戒請求は良くないが」という枕詞をつけた論説もよく聞きますが「大勢で懲戒請求をすることがなぜ悪いのか」に関しては、未だ明快な説明を耳にしません。弁護士の行いが多くの国民の許容範囲を超えたからこそ、多数の国民から懲戒請求が届いただけであり、それの何が悪いのか、納得できる理屈は、まだ聞いたことがありません。小坪議員は議員ですから、選挙での試練を受けますので、民意の最大公約数に反するようなことは言えませんから、彼が「大量の懲戒請求が〜」という事は理解できます。
しかし一般国民にはその様な試練はありません。マスコミや弁護士に誘導された印象操作を受けて、「大量の懲戒請求は良くない」などと言う必要はありません。それこそ、奴らの思う壺です。
余命爺様は、ネットを介し広く弁護士の所業が懲戒請求に値する事を国民に知らしめ、懲戒請求の方法を教え、国民の権利の行使である懲戒請求を支援したにすぎません。
懲戒請求をしたのは、多数の国民です。多数の国民から懲戒を請求された事を、弁護士は真摯に受け止めるのが筋であり、法律の意図するところです。ですので「多数の国民による懲戒請求」という、弁護士を掣肘する戦術を否定する必要は、愛国者側には無いと思います。
弁護士のやっている事は、リコールを請求された地方自治体の首長が、リコール請求の署名をした国民に対し、「気分を害された」として、損害賠償を請求する、と恫喝している様なもので、国民の権利に対する挑戦です。
断じて、許してはならないと思います。
いつもどおり、投稿の処置はご随意に。
あと少し、頑張りましょう。

.....みな、あと少しと感じているのかなあ。コメントに意思と力強さがでているな。
しかしまあ、みなおりないね。在日や反日勢力のなりふり構わぬ反撃で、半分脱落まで覚悟していたシナリオだったが、現在、脱落者はゼロという奇跡が起きている。
今月中に、各方面から総攻撃がはじまる。その準備で更新が遅れているが、これもまたご理解いただいているようで「無沙汰は無事の便り」であるだけでなく、日本再生へ確実に前進している。
ところで瀬戸氏の余命緊急プロジェクトなるものだが余命はまったく承認していないし、関わっていない。むしろマイナス要素の方が大きいと考えているので、自己責任でお願いしたい。余命は中途半端な妥協をめざしてはいない。
今般の戦いは、敵のほぼ中枢を破壊するところまで意図している大作戦である。これまで以上に反余命攻撃が激化するだろうが、すべて手の内での戦いである。すでに各方面でひた押しの戦いが始まっており、投稿アップが間に合わないので、リアルタイムでの情報提供にはなっていないが、もはや余命や余命ブログの役割は終えている。
これから数日は幹部会議で飛び回るので思うような更新ができないが、まあ、そういうことで....。




ほおう
余命翁様 スタッフの皆様には日本再生に御尽力頂有り難うございます。
産経新聞に記事が出ました。
「大量懲戒請求された弁護士の提訴予告に「品位失う」と新たに懲戒請求」
5/24(木) 7:55配信 産経新聞
インターネット上のブログで扇動され、延べ計約4千件の懲戒請求を受けた東京弁護士会(東弁)所属の弁護士2人が、対抗措置として請求者を相手取り民事訴訟を起こす方針などを表明したのは「懲戒請求者を萎縮させるもので、弁護士としての品位を失うべき非行に当たる」などとして、市民団体の男性(63)が、東弁に2人の懲戒請求を申し立てたことが23日、分かった。申し立ては21日付。
男性は弁護士の不正を監視する「弁護士自治を考える会」所属。男性が懲戒を求めたのは佐々木亮弁護士と北周士(かねひと)弁護士で、東弁が平成28年4月、朝鮮学校への補助金支給を求める声明を出したところ、昨年6月以降、声明に賛同したことを理由に佐々木氏を含む東弁の10人に190人から懲戒請求が出された。
その後、ブログが懲戒請求を呼びかけていたことが判明。ツイッターで佐々木氏を擁護する投稿をした北氏にも請求が相次ぎ、これまでに2人に対し延べ計4千件の請求が寄せられた。2人は今月16日に記者会見を開き、「不当な懲戒請求を受けた」として請求者約960人を対象に、1人あたり60万円の損害賠償を求める訴訟を起こすと表明した。同時に、慰謝料10万円の支払いを条件に和解に応じる姿勢も示した。
男性は2人への懲戒請求申立書で、会見を開いて訴訟提起を予告し、和解金を支払えば訴訟を取り下げると表明することは「脅迫行為に相当することも否定できず、完全に弁護士倫理に反する」としている。日本弁護士連合会によると、朝鮮学校の補助金に関する声明をめぐっては、昨年1年間だけで全国の21弁護士会に約13万件の懲戒請求が寄せられている。



琵琶鯉です。
翁さま、小坪議員のお陰でネット世論が、私達、懲戒請求者の行動が支持される動きになってまいりました。本当に感謝の言葉もございません。
この場を借りて今一度、お礼を申し上げたく存じ上げます。
小坪議員と小坪クラスタの皆様。
もえるあじあの管理人さまとクラスタの皆様。
U1速報の管理人さまとクラスタの皆様。
アニマルポストの管理人さまとクラスタの皆様。
保守速報の管理人さまとクラスタの皆様。
SKLライブの管理人さまとクラスタの皆様。
SkMの管理人さまとクラスタの皆様。
この度のご支援、本当にありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。
(琵琶鯉)

.....みんな頑張っているね。日本人の一割も覚醒すればすべてが終わる。もう少しだよ。



ばたつよ
ここ数日の連続投稿御許し下さい。
けさのNHKおはよう日本で、2017年7月川崎デモと抗議団体と崔江威子女史が取り上げられておりました。ネットで差別的な書き込みをされ50歳無職の男が書類送検された案件です。
ヘイトスピーチ防止条例→罰則無しは問題→2017年7月川崎のヘイトデモ→これに抗議する団体で活動→この事により差別・憎悪(ヘイト)を書き込まれる→気の毒な在日「コリアン」女性と、まあ見事なまでのテンプレート(御約束の定型文)でこれだけなら別段何とも無かったのです。
ところが女性弁護士が崔女史に代理人として付いたとの報道に接し余命センサー(笑)が反応しました。何かと申しますと、この女性弁護士画面の字幕に「弁護士」としか表示されなかったのです。何故なのか顔も音声(コメント)も全国ネットで放送されたのですから名前を隠す必要は無い上に、人権派弁護士として名前を売る好機でしょうに…
ピコ~ン
LAZAK弁護士!
ここから先は余命読者の方は全てお分かりになると思いますのでここで終わりに致します。では最後にいつもの通りに〆を。
「ここで臆して何とする。目指すは日本再生ぞ!」
失礼致しました。

.....すべて標的だな。女性弁士?上瀧かな?「毒食らわば皿まで」ということか。哀れだな。
コメント

【転載】余命3年時事日記 2534 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑫

2018年05月24日 | 在日韓国・朝鮮人
アノニマス ポスト@anonymous201504
しばき隊界隈の大物が実はNHKディレクターだった模様 しかもNHKの人間でありながら「籾井の責任を追及し、リベラルは受信料不払いすべき」とツイート~ネットの反応「NHK職員が極左のしばき隊の大物であることをバラしていくスタイル、嫌いじゃないぜ」
21:06 – 2018年5月21日
ttps://twitter.com/anonymous201504/status/998777119973896193

NHK「沖縄と核」ディレクターが講演 核と海兵隊移転は関連
2017年12月3日 12:00海兵隊核米軍
ttp://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/178634
米軍統治下の沖縄に最大1300発の核ミサイルが配備され、1953年に那覇で誤射されたなどと放映したNHKスペシャル「沖縄と核」を制作したNHKの今理織(みちおり)ディレクターが2日、都内で講演した。海兵隊が本土から移転した背景に、沖縄への「戦術核」配備が関連していると指摘した。
【沖縄への核配備などについて話す今理織さん(左)と太田昌克さん=2日、東京・中央大駿河台記念館】
アイゼンハワー政権が核重視の「ニュールック戦略」をとった50年代は、海兵隊が沖縄に移り、土地の強制接収で基地拡大された時期が重なる。今さんは「海兵隊と核はつながりがないと思っていたが、調べてみると、つながりを示す機密文書が大量に出てきた」と説明。
文書の中には、伊江島の土地接収は「戦術核の訓練のため」という記述もあり、今さんは「沖縄での土地接収の謎が解明されたのでは」と指摘した。2015年に米国が本土復帰前の沖縄への核配備を認めたため、「(元米軍関係者への)取材で証言が集まるようになった。時期もラッキーだった」と話した。
共同通信の編集・論説委員の太田昌克さんも講演し、核抑止を巡る日本政府内の内実を解説。「安保法制で、米国の核オペレーションに自衛隊が組み込まれていく」と語った。
講演は、東京法律事務所9条の会が主催した。

nos@unspiritualized
nosさんがnosをリツイートしました
再掲。nosさんが追加
nos@unspiritualized
一応、明記しとこう。はすみとしこのヘイト絵に賛同したfacebookアカウントをリスト化した、MetalGodTokyo氏を全面的に支持します。
このスレッドを表示
6:02 – 2018年5月9日

nos@unspiritualized
返信先: @ssk_ryoさん
nosさんがささきりょうをリツイートしました
素晴らしい。法的なことは分からないが、ネトウヨたちの実名リストを公表してもらいたい。そして社会の様々なレベルで露わとなったネトウヨたちをきちんと排除し、叩き、軽蔑し、その上で真人間に戻るよう努めるべきだ。nosさんが追加

ささきりょう@ssk_ryo
まずは、神原先生たちのグループが訴訟を提起したようです。私のグループのほかにも、あと1グループ訴え提起を準備しているようだよ。ネトウヨのみんな、リアルに訴状が送られてくるので、しっかり受け取るんだぞ。
5:54 – 2018年5月9日

nosさんがリツイート
弁護士神原元@kambara7
朝鮮学校への補助金などを巡って弁護士に対して大量の懲戒請求がなされた件、不当な懲戒請求による損害賠償金の支払いを求め、本日、東京地方裁判所等に訴訟を提起した。現時点で被告は未だごく一部であるが、訴訟前に和解が成立した方を除き、最終的には請求者全員に裁判所までお越し頂きたいと思う。
0:29 – 2018年5月9日


nosさんがリツイート
ささきりょう@ssk_ryo
ブログ主の責任はどうするんですか?とよく尋ねられますが、個人的な最終目標はブログ主の余命なんとかの刑事責任だからね。懲戒請求者の民事責任は序盤戦だよ。当たり前じゃん。いろいろ作戦的な順序があるだけの話です。
8:05 – 2018年5月3日

ttps://twitter.com/ssk_ryo/status/992057546365009920

ttps://twitter.com/unspiritualized/status/994198956094603265
ttp://archive.is/PDJZR

ささきりょう@ssk_ryo
May 9
まずは、神原先生たちのグループが訴訟を提起したようです。私のグループのほかにも、あと1グループ訴え提起を準備しているようだよ。ネトウヨのみんな、リアルに訴状が送られてくるので、しっかり受け取るんだぞ。

nos@unspiritualized
Replying to @ssk_ryo
素晴らしい。法的なことは分からないが、ネトウヨたちの実名リストを公表してもらいたい。そして社会の様々なレベルで露わとなったネトウヨたちをきちんと排除し、叩き、軽蔑し、その上で真人間に戻るよう努めるべきだ。 twitter.com/ssk_ryo/status…
5:54 AM – 9 May 2018

将鼓@shoukootaden
May 16
Replying to @unspiritualized @ssk_ryo
しばき隊界隈シンパであり公共放送NHKのディレクターK氏であるという噂のnosさん、nosさん。 私は懲戒請求などしていないネトウヨなのですが、 なるほどこの発言はネトウヨとレッテル貼った人間にたいしてなら何をしてもいいという趣旨でよろしいですかね。 archive.is/8mt9Y pic.twitter.com/6WidpH13WC

将鼓@shoukootaden
May 16
Replying to @unspiritualized @ssk_ryo
こちらにもぶら下げておきます① twitter.com/shoukootaden/s…

将鼓@shoukootaden
May 16
Replying to @unspiritualized @ssk_ryo
こちらにもぶら下げておきます② twitter.com/shoukootaden/s…

sin@sin007777
May 17
Replying to @shoukootaden
こういう考え方ってマジで怖い。 ナチとなにが違うのだろう?

将鼓@shoukootaden
May 17
Replying to @sin007777
sinさんに投げ文しましたー

sin@sin007777
May 17
Replying to @shoukootaden
拝見しましたー!いやはやなんとも無慈悲な(´・ω・`)

将鼓@shoukootaden
May 17
Replying to @sin007777
(´・ω・`)あれを表に出さないのが慈悲深いネトウヨ、おれ

sin@sin007777
May 17
Replying to @shoukootaden
将鼓さんに主の祝福を(´・ω・`)

将鼓@shoukootaden
May 17
Replying to @unspiritualized @ssk_ryo @910Hayashi
@910Hayashiさんより、しばき隊界隈シンパであり公共放送NHKのディレクターK氏である可能性が高いnosさんについて、このようなスクリーンショットを頂きました。ぶらさげておきます。 しばき隊界隈の元エフセキュア社員がやらかしてニュースにまでなった「はすみリスト」に賛同するnosさんの図 pic.twitter.com/S5ZrvdkaWz

将鼓@shoukootaden
May 17
Replying to @ssk_ryo
ねーねーささきりょう先生。 ささき先生はまちがいなく「余命三年とそれに煽られた連中」から不当な行為をされた人だとは思いますし、 「余命三年とそれに煽られた連中」に対しては徹底的に無慈悲にやればいいとネトウヨの私なんかは思うんですけども…続…

将鼓@shoukootaden
May 17
Replying to @ssk_ryo
…続き… 先生がその被害者カードでもって、わざとのように繰り返し「ネトウヨのみんな」等とネトウヨ全体がやらかしたかのように言うことで、 こういうしばき隊界隈やそのシンパの人たちが触発されてるんですねー。 余命三年と違ってとてもお上手だと思います。ささき先生のやりかたとても参考になる pic.twitter.com/FWE1ExmI8Q
コメント

【転載】余命3年時事日記 2533 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑩

2018年05月22日 | 在日韓国・朝鮮人
diem
余命PTの皆様、お疲れ様です。
武蔵小杉合同法律事務所から「恫喝書」が無事届いたようで(笑)、一応御報告しておきます。
4月から自宅のある東京を離れて新潟県に滞在しており、家族に確認してもらって自分ではまだ目にしておりませんが。半年程新潟県に滞在する予定なので、余命本の続編についても、これまでと別の住所に送っていただくよう、お願いするかもしれません。
どうもあちらさんは腰砕けになっているように見えますが、油断せずに5月末のご指示を待ちたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。



不屈の精神
余命様、スタッフご一同様、毎日のご活動に深く感謝申し上げます。
ハンドルネームを今回から変更しました。
毎日、ROM専で申し訳ありません。久しぶりの投稿となります。
武蔵小杉合同法律事務所から例の手紙が自分宛てに届いていないので気になっていましたが、5月20日ようやく受け取りました。
内容は皆様と同じ内容です。
このような脅迫めいた通知書を送ってくるとは、一体どういう神経をしているのかと改めて怒りがこみ上げています。
日本再生のため徹底的に戦ってまいりますので、どうかよろしくお願いします。



Jedi.Warrior.Monk
余命殿、余命スタッフ殿
日夜の対応、大変ご苦労さまです。
先日、当方にも武蔵小杉合同法律事務所より、「弁護士による恫喝書」が届きました。
余命殿のご指示とおり、放置しておきますので、次の指示をお待ちいたします。

おかちゃん
橋下はヘイト規制法を松井や吉村と推し進めたり、日本破壊制度の道州制推進したりと信用は一切できません。
それでもその橋下氏にすらあっさり論破されてる今回の弁護士さんたちは笑いものですね。脅迫に負けないでください

屋久島
余命様、PTの皆様、いつもありがとうございます。
私の所にも、無事、武蔵小杉合同法律事務所より通知書と合意書2枚が届きました。
皆様と同じく、封筒に名前はありますが、書面にはないので誰宛なのかわかりませんね。
もちろん、徹底抗戦しますので宜しくお願いします。
あと、間違えて 2376に月刊余命の№8,9を注文してしまいましたが、
2374か2375に注文しなおした方がよいですか?
2376と2377の取り扱いがよくわからなくて申し訳ありません。

.....OKです。



ミカンの実
日本が大好きです。余命様、スタッフの皆様、関係者の皆様、いつも本当にありがとうございます。まずは日の本の民 弥栄さま、御出産おめでとうございます。お子様とご家族の皆様のさらなる幸せをお祈り申し上げます。どうか無理をせず、しっかりと子育てを楽しまれますように。
いろんな情報が入り乱れておりますが、すでに事は進んでいるのですから、私も心静かに次の指示を待とうと思います。



日本人主婦
5/19「普通郵便で」武蔵小杉事務所から「貴殿」宛の合意書2通・通知書が届きました。(といってもポスト投函なので、正確な到着日は不明です。)
既に投稿されている皆様と内容は同じです。
15万コースに応じなければ250万コースね。という内容でした。
我が家には靖国神社のお札を祀ってあります。
英霊達に現代の闘いをする事、見守ってくださるよう祈念しました。
弁護士さんに脅されてるので匿名で
小坪議員が反撃開始!!
めちゃ心強いではなりませんか。
弁護士さんから脅かされてから、毎日、これからどうなるのかと不安に思ってますが(退く気はないけど、不安は隠せません)、皆さんも同じように不安に思いながらも闘う覚悟を持っていると思うと、一人ではないと勇気が出ます。
今回の件で、小坪議員と同じように懲戒請求を出してくれる方がいらっしゃるみたいです!
HITOSI @HitoshiOfficial 5月19日
「アホの弁護士に懲戒請求書出します。根拠は、自己を過大評価し、今回の様に横着が過ぎ、世間知らずの分際で、素人にヤカラを噛ました明白な不条理な弁護士法違反ですね..その上、まともな裁判官なら最高裁判例を軸に考察しても、間違いなく勝てる案件ですからね」
ttps://twitter.com/HitoshiOfficial/status/997894027532894210



小坪伸也のブログより
弁護士の自治は、私は残すべきだと思います。
国家賠償など、国民の利害と権力が反駁した際、国民のために立つために。
最後の最後、国民のために権力と戦うことができる唯一の国家資格だからです。
安易に自治権を放棄しないで欲しい。
だが、制度として、弁護士の自治が上手く機能していないことは、弁護士たちも疑問を持ち始めたようだし、また、立法・行政サイドでも強く認識されたようだ。
結果的にどうなるかと言えば、
弁護士会事態の在り方が問われてくる恰好となり、その空気を察してか、
敵陣は下がりつつあるように感じる。
例えば、社会保険労務士に簡裁代理権を出してはどうか、という動きも具体化しつつあるようだ。
これは、弁護士それぞれに、商業面で大打撃のある内容。




小原 直樹
余命様、余命プロジェクトの皆様、いつも有難うございます。
毎日の激務は大変だと思いますが、ご自愛ください。
ところで5月19日(土)に私にも、武蔵小杉合同法律事務所から通知書1通、合意書2通(代理人兼請求人 弁護士 神原)が届きました。とりあえず保管しておきます。
ちなみに、上記事務所への苦情の電話やネット等への書き込み等は、一切行っていませんのでご報告まで。

.....(代理人兼請求人 弁護士 神原)とあるように弁護士は訴訟代理人になれる。つまり、960人の懲戒請求者の一括訴訟ができる。しかし、960人の懲戒請求者が原告団を結成して逆の訴訟を起こすには代理人弁護士がいない。
そもそも弁護士自治の根幹には国家権力への対抗と押さえという面が有り、また弁護士という職業の性善、正義が前提となって弁護士法と弁護士自治がある。
ところが、弁護士法第58条で保障されている権利である懲戒請求の行使にいちゃもんをつけ、あろうことか損害賠償という弁護士が現れた。そしてそれに組みする者が多々現れた。
もはや、弁護士自治など必要がない。余命は「第二の弁護士会」設立を提言しているが、従前から、検討されている社会保険労務士に簡裁代理権を与えるだけでも、現状の問題はクリアできる。諸悪の根源マンセー日弁連の最後が見えてきた。




哲也
余命様、スタッフの皆さん、日々の活動ありがとうございます!
こちら、小坪市議の地元行橋市の隣町、みやこ町の哲也と申します。
4/5に注文用紙にて余命本vol.6~9を注文したのですが、私事で入金が遅れてしまい、恐縮ながら5月上旬に入金を致しました。
スタッフ避難の多忙な時に、事務処理の手間をかけさせてしまい、申し訳ありません。
頂いた色紙は宝物です!
それでは、余命本が届くのを、楽しみにしております。

.....住所氏名の情報がない。再度投稿をお願いしたい。



とりー
余命様、スタッフの皆さま、いつもお世話になっております。
私のところにも武蔵小杉合同法律事務所より件のお手紙が届きましたので、封筒と共に大切に保管しています。
余命様の次の一手や小坪議員の援護射撃等、状況が目まぐるしく動いていますね。日々ドキドキしながらブログを読んでいます。
法律を知らない弁護士として国内デビューを果たしただけでなく、アメリカでもテロリストとしてデビューできるなんて、”無邪気に”記者会見を開いた弁護士さん方は、今頃どう思っているのかしら? まあ、私たちの知ったことではありませんけどね。
私はただの主婦で法律にも明るくありませんが、日本を取り戻したい一心で今回の懲戒請求に参加しました。一人の力は小さくても、皆様と力を合わせることでとてつもないうねりが生じ、しかもどこまで波及するのか分からない。これってすごいことですよね。
あのとき決心して本当によかった。余命様、これからもよろしくお願い申し上げます。



たんかん
たんかんです。
武蔵小杉の事務所から手紙が届きました。
どうせ下らないことしか書いてないのだろうから、黒ヤギさんのように読まずに食べようかとも思いましたが、
手紙は裁判に備えて保存しております。

すさの王
余命様、スタッフの皆様、お疲れ様です。
自分にはなかなか届かずやきもきしておりましたが、本日武蔵小杉合同事務所からの通知書、合意書が届きましたのでご報告させていただきます。
本日の小坪さんのブログを読ませていただき、ありがたくて涙ぐんでしまいました。他の皆様と同じく一歩も引く気はございません、最後まで戦う所存ですので、なにとぞよろしくお願いいたします。

東北仁
余命様、スタッフの皆様、有志の皆様、大変お疲れ様です。
本日私の処にも、いま巷間で話題の武蔵小杉様より、普通郵便でお便りが届きました。
皆様方に続々と、脅迫状が届いたというコメントを拝見して、私はバスに乗り遅れたのではと心配しておりましたが、さすが、佐々木亮弁護士お墨付きの怖い神原元弁護士は、もれなく平等に対応して下さっているようです!!!
小坪市議は和田政宗議員に、爆破予告仲間ですねと、ご挨拶されたそうですが、わたくし達も何か考えた方がいいでしょうか。どなたか良いアイデアがあればお願いします。
お手紙が届いた皆様方、読者有志の皆様方、今後とも宜しくお願い致します。
余命様、スタッフの皆様、有志の皆様、くれぐれも御身大切にお過ごし下さい。



M
いつもありがとうございます。(HNを変更しました)
本日(5月21日)、私のところにも武蔵小杉合同法律事務所からの通知書、合意書2通が届きました。訴訟の場合は3×50=150万円請求するとありました。
対応せず放置しますが、正直、良い気分ではありません。今後の指示をお待ちします。よろしくお願いします。

ココパパ
余命爺様、やっとココパパの所にも武蔵小杉合同法律事務所から普通郵便着きました!内容は皆さんのコメントにある通りです・・・・・。
奴等は職権で住民票取り寄せて個人情報収集してるんでしょうかね・・
元々の個人情報は弁護士会から流れていなんでこれだけでも弁護士会が信用ならない証だと思います。
まあ、署名捺印した時から腹は括ってますので!和解? そんなもんやるわけね~よ! と言う訳でこの書類は無視しておきます。
その後のご指示宜しくお願いします。
毎日官邸メール送信していますが、官邸から「ご意見等を受領し、拝見しました。」の返信メール沢山頂いています。
みなさん 出来ることをひたおし・・・がんばりましょう。
PS 今日の小坪議員ブログでの応援も嬉しいかぎりです。



弁護士さんに脅されてるので匿名で
ただのご連絡です。
武蔵小杉からお手紙が来ました。
小坪議員の懲戒請求、考えてらっしゃるのは、記者会見したお二人だと思うのですが、ご参考までに…と思い、神原弁護士からの通知書と合意書のスキャン画像を送付いたしました。

cc-ken1
来ましたっ、武蔵小杉合同法律事務所からみなさんと一緒の普通郵便で、本日昼頃届きました。
中身は多分一緒だろうから未開封で保管しておきます/

アーセナル
余命さん、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。
こちらにも武蔵小杉合同法律事務所より通知書、合意書が郵送されてきました。
奴等の思考が理解できませんし、したくもありませんが、やらなければならない理由でもあるんでしょうね。
過去、日弁連は北朝鮮による拉致被害者など存在しないと表明していましたが、現実に存在し、撤回しています。その失敗から何も学ばず、朝鮮人学校補助金について表明した。 「憲法違反ではないか?」と問いただしているのに対し、この対応…。心中覚悟なんでしょうね。撤回し、立ち上がれば救いようもあったのでしょうが、終わりですね。
保守のコメントに関しては、言わせておけばいいと思います。「信者」にはイラッとしましたが…。
余命さんは既成既存の事実しか扱わない事は読者なら承知しています。ほざいているのは読んでいないから。余命ブログや書籍を読んだり、ちょっと調べてみれば一致するから。 大量懲戒請求は「常識的にあり得ない」等のコメントが見られますが、今の日本の現状こそあり得ない。そこ気づけや。口だけ達者で何もしようとしない人間なんてどうでもよい。
こちらはこちらで信念を貫くだけの事。日本を取り戻す事ができればそれで良い。と思っています。
ほんの少しだけ不安ですが、余命さん、宜しくお願い致します!

.....とりあえず粗大ゴミを片付けて、細かいのはそれからだね。
コメント

【転載】余命3年時事日記 2532 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑨

2018年05月22日 | 在日韓国・朝鮮人
たねつけばな
こんばんは!毎度お世話になっております。
毎日ドキドキしながら皆様のコメントを拝読し、そして余命爺様の・・・・・から始まるお話に胸撫で下ろして安堵しております。ドキドキしながら・・・と表現しておりますが、本当の所は「成るように成るだろう!」と思い、毎日忙しく過ごしています。怖いからあれこれ考えない様にしているのかも知れません。
いよいよ今日「武蔵小杉合同法律事務所」より封書が届きました。見るのも汚らわしいので放置致します。
これから日本がどう変わって行くのか?残り少ない人生の最終章に見届ける事が出来ますように!子供や孫に明るい未来を取り戻して遣れます様に!



青人草
余命翁様、スタッフの皆様
平素よりお世話になっております。
昨日、件の武蔵小杉合同事務所からの通知書及び合意書が郵送されました。
内容はこれまでの皆様方ご報告の内容と全く相違ありません。
私自身は前線に出ることが初めてで、正直不安がないと言えば嘘になります。しかしここで来たからには最後まで役割を全うする所存です。どの時代でも先人は命がけで日本を守ってきました、私にもその番が回ってきたのだと自分を奮い立たせています。皆様方の士気の高さがただただ心強い限りです。



ふかそうご
2018年5月20日時点での受取り状況は以下の通りです。
5月 7日 受取り:神奈川県弁護士会(特定記録郵便・親展)
5月11日 受取り:福岡県弁護士会(特定記録郵便)
5月12日 受取り:武蔵小杉合同法律事務所(*普通郵便*)
5月18日 受取り:神奈川県弁護士会(配達証明郵便・親展)
すべて未開封で保管してあります。内容は当ブログのコメントで大体分かりますので・・。
2527で余命さんが、
>.....反訴の準備をしている。これは大切な証拠となるので保存しておいていただきたい。普通郵便で送付しているのは、反訴の場合に、そんな郵便物は送っていないという逃げに使うためだから、いかに意図的に詐欺行為をしているかがわかるだろう。
とおっしゃってましたが、もし指紋が採取できたら「そんな郵便物は送ってない」などとしらを切ることはできなくなるのではないでしょうか。(もっとも相手も指紋を残すほど愚かではないですかね~。どうなんでしょう。)
「武蔵小杉合同法律事務所」からの恫喝書類をもう開封してしまった余命読者の方でご興味のある方は、指紋の採取にトライしてみていただけませんか? 指紋採取のやり方は「指紋を取る方法」などでググレばすぐヒットします。もし指紋が採取できたなら、多分私の未開封の書類にも指紋がついているでしょうから、先方が発送したという検証書類として、未開封のまま提供できます。
(ふかそうご 2018.05.20 20:38)



越後の田中角栄
大事な書類を送るのに普通郵便ですか?
内容証明、本人受け取りで来るかと思っていました。
普通郵便なら、そんな物、届いていないでも良さそうです。
局員さんには申し訳ないが。



RK
余命様、スタッフの皆様、お疲れ様です。そしてほんとうにありがとうございます。
私も5月19日に話題のお手紙受け取りました事、ご報告します。受け取った事で、私も参加できてるんだなと実感し、ドキドキしました。最後までやりぬきます。主人は懲戒請求等何も参加していませんが、私が全て知らせていますので、寄付は内緒ですが(笑)、気にしているようですが静観しています。
素晴らしい日本を子供達に引き渡せるよう今後も頑張ります。主人には私と結婚した事で付き合ってもらいますが、大学生の子供達には、できれば迷惑を掛けたくないなぁと少し不安がよぎりましたが、やめません!余命漫画を読んで、更にその想いは強くなりました。
あと些細な事ですが、一日中テレビを見ている両親には、会えば世の中の事をキチンと知らせ、時には軌道修正しています。兄弟や家族、友達にも、メディアで報道されないようなニュースを知らせて、拡散に努めています。
終わりに、始まった頃から毎日官邸メールしていますが、今月になって初めて返信メールが届きました!嬉しくて保存してしまいました
久し振りにコメントしたせいか、ダラダラと書いてしまい申し訳ありません。今後も皆さまに置いていかれぬよう頑張ります!

牛たん大好き
余命今3代目様、プロジェクトチームの皆様、大変な情況の中毎日のブログ更新ありがとうございます。早々と参戦表明してしまったのに肝心のお手紙が来ず、これは恥ずかしいと思っていましたが、ついに来ました武蔵小杉からの不幸の手紙!内容はどうせ皆様の報告通りだろうから斜め読みしかしてませんが三人まとめて150万バージョンでした。
現在午前3時過ぎ。やはりどんなに強がっていても、裁判となると心配で眠りが浅くなってしまいます。出廷の日などは、怖いいつものメンバーが待ち構えているのかしら?
などと考えてしまいます。こんな時間につい保守ブログの巡回をしていたのも、そんな理由でしたが、何と小坪議員からの援護射撃が!・・・涙が出そうになりました。この戦いがどうなるか私程度では予測できませんが、こんな状況下火中の栗を拾って下さった議員のお気持ちは一生忘れません。まずは皆様に報告まで。
牛たん大好き

魚河岸のまぐろゴロゴロ
余命さま、余命スタッフさま、余命さまと一緒に日本再生頑張る皆さま
いつも日本と日本国民の為に有難う御座います。
やっと自分のところにも武蔵小杉合同法律事務所からお便り来ました~~~(≧ω≦)b
良かったァ~~~~~~~~~!!!!!
ああ安心したw 置いてけぼり食らったかと思って、今回自分は発言権無いかとしょぼくれていました。
寂しかったぁよかったよおおwwww
あんまり難しい事は解らないのですが、2年くらい前から「これパヨさん忘れてるんじゃないかな?
あんまり豪快に忘れてると結構な事態になっちゃうんじゃないかなぁ」と思ってたことがありまして。
保守の皆さんが忘れてる筈無いからきっと黙ってるんだろうなー何時書き込みしようかなぁと迷ってた内容です。
いや? もしかしてどっかに書いてたかな? もう忘れちゃった。
あんまりモヤモヤしてると便秘になっちゃうので余命さんに向けて書いちゃいます。
「今頃なにを言っているんだ(怒)」との御判断でしたらどうぞスルーして下さい。
2015年のある方のTwitterです。

【裏側? @Terroristbuster】
21:42 – 2015年2月11日
ttps://twitter.com/Terroristbuster/status/565747652923768833
米国DHSに日本国内でISISの音頭取りをしている連中の顔写真、ツイッター投稿、新聞記事送った。
出張先で偶然、米大使館の知り合い(出張先は以前、米麻薬対策の基地。P3Cが常駐。)と出会い、
「お前、こんなの判る?」って言われたから、PCのファイル全部送った。ESTAで困るかも。w

【裏側? @Terroristbuster】
ttps://twitter.com/Terroristbuster/status/565780490406621184
23:52 – 2015年2月11日
@Percomboy GJと言われても、
大使館員にアドレス書いたメモ渡されて、ここへ送れと言われた所へ、後日の為に収集した資料送っただけですよ。
アメの本気サーバーって早いのね。15分くらいで送れた。

【裏側? @Terroristbuster】
ttps://twitter.com/Terroristbuster/status/565752796423942144
米大使館の知り合い、大変らしい。
エクアドルはレバノン人移民が大統領を何人も出すほど力を持っているため、エクアドル経由で米国に入るのを警戒してるらしい。
南米だけでなく世界中の情報が来る、って言ってた。相当に膨大な量らしい。
日本関係は記事や投稿の英訳が来るらしいが、ズルさせてあげたw
この度露出されているパヨ弁護士の方で2015年当時にも明らかに新聞TV・Twitterで露出してる方が居て、
その方が、ISを擁護するTV業界人や共産党関係者と接触あったように思うんです。連鎖元になるのは確定かなと。
記憶違いだったらすみません。
以前、国連のテロ委員会に英訳の件でいろいろありましたよね。(その節は御迷惑をお掛けしました)
だから「連鎖元になりそうな界隈は、もう2015年に英訳データが行ってるんじゃないかな?」と思っただけ。
上の地球の裏側氏Twitterによると「2015年2月以前に」「米大使館員さんから請われて」
「流石と言われるほど機能の高いアメリカ本気サーバーでも送信に15分掛かるほど沢山のデータを」
「最初から英文で送付して下さって、米国政府機関の方の英訳の手間を省いてあげた」そうなので、既に2015年から【ISIS擁護などで】突出していた反逆気炎の人物、及びその周辺詳細は全て米に渡っていたことになります。
2018年4月16日に米商務省が支那ZTEに向こう7年間の米国製品使用禁止を言い渡しましたが、その基が2017年3月にZTE自身が「北朝鮮・イランへの輸出禁止違反を認めたこと」で、商務省の調査自体は2015年から始まっていたそうです。・・・2013年だったっけ?
2018年5月初めに米支那貿易協議が行われ「ハル・ノートより怖いトランプ・ノート」という纏めを拝見しましたが、米財務省が対支那調査始めたのが2014年。
2015年2月から調査開始ならば、どこまでも調べは付いていそうに感じます。
そして余命さまが、2531 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑦の中ほどで
『 おそらく国連安保理におけるロビー活動に自信を持っているのだろうが、こちらは国連テロリスト委員会とか北朝鮮制裁委員会なんかは通さないぜ。
直接、米国政府を動かす作戦だから、封じ込め、ブロックは難しかろう。 』
『 関係機関には余命本すべてが翻訳されて配布済み。また、第六次告発までのすべての告発状も翻訳されて提供済みである。
提携の日系米国人の方々には心からお礼を申し上げる。 』
と仰っておられて、更に更に安心させて頂きました。+:。(人*´∀`) 余命さま、翻訳して下さった皆様本当にありがとう御座います。
転居のせいで中途脱落していたので此度の武蔵小杉招待状届いてほんっとに嬉しかったですw
自分で出来る事をしながら指示を御待ちしています。長々と失礼致しました。
日の本の民 弥栄
余命翁、スタッフの皆様、日々のご活動に深く感謝致します。
私のところにも武蔵小杉から封書が届きました。
5月17日の日付で5月19日に届いています。
私は第六次告発には参加できませんでした。第五次までは参加しています。
第六次には参加表明していたのですが、自宅に書類が郵送されないようにホームページからダウンロードしたいと申し上げ、郵便局留めで送ってくださるとのメールを事務局からいただきました。
勤務先の最寄りの郵便局で受け取りたい旨をメールでお返事したのですが、待てど暮らせど届かず、機を逸してしまいました。
武蔵小杉の封書は、懲戒請求者全員に送られているんでしょうね。
実は私ごとですが、娘が切迫早産でその後無事に出産できましたが、出産予定日よりもかなり早く実家に戻ってきて安静状態でしたので、かれこれ三か月間ほど余命ブログを見られない状況でした。
やっと落ち着いたので久しぶりにブログを拝見して皆さんに追いつこうと読み始めましたが、あまりの展開の早さと武蔵小杉からの恫喝の内容を読み頭が追いつけないような状況になっていました。
まるで浦島太郎です。
しかし、小坪議員との連携の話や余命翁様から恫喝の封書は放置してよし!
との書き込みを見て、心を強く持とうと勇気をいただきました。
余命ブログの読者の皆様とともに、一丸となってこの戦いに勝利したいです。
二二一嵐
未処理の投稿の山を増やして申し訳ありません。まずは遅れましたが二件ご報告です。
・私にも武蔵小杉合同法律事務所から封書が届きました。内容は皆様と同じです。
・注文させていただいた書籍は全て届いております。
また追加のサイン色紙も頂きありがとうございました。
さて、小さなことですが少し気になりました。
武蔵小杉合同法律事務所からの通知書や佐々木弁護士のおとしまえ発言などに対しての
皆様の投稿で『怖くない』等といったコメントが散見されますが、強がりは良くないと思います。
『怖い』『恐怖を感じた』『精神的苦痛を受けている』・・・等が正直なお気持ちなのではないでしょうか?
私も同じ気持ちです。反訴する際にはこの気持ちが必要になると思います。正直な気持ちを投稿しましょう(笑)
靖国神社みたま祭りの献灯、こちらについては本当にワクワクします。
実は私も靖国神社社務所より献灯の案内を頂いたばかりのタイミングで、何か良い掲揚名はないものかと考えていたところでした。
どなたの御発案かはわかりませんが『余命三年時事日記』での献灯はとても良いアイデアですね。どの様な形での実行となるか楽しみです。個人でも参加できるのであれば是非お願いします。



きりんちゃん
余命様、余命プロジェクトの皆様、いつも有難うございます。
毎日の激務の中、お身体を大切にされて下さいね。
5/18(土)に私の元にも、武蔵小杉合同法律事務所から通知書1通、合意書2通(代理人兼請求人 弁護士 神原)が届きました。
次の行動まで 静かに待ちます。心は皆様と共に!ですので、宜しくお願い致します。
親◯ナントカ動画で「青林堂も迷惑、困っているんじゃないの?」なんて言っていたので、青林堂さんのツイッターを見てみたら 余命本のお薦めたくさんしてて笑ってしまいました。
注文させて頂いた月刊余命8、9の代金を18日に振込みさせて頂きました。届くのは ゆっくりで大丈夫です。(きりんちゃん)

上弦の月
以前のネームが知人の在日韓国人(仲良しとは言えません)通しで周りに身バレしていたらしく、微妙な事になっています。
ネット関係に疎く、迂闊過ぎたと反省しています。
ネーム変更をお願いします。
私の所にも17日付けで武蔵小杉合同法律事務所より通知書と合意書が普通郵便にて届きました。250万コースです。大切に保管しておきます。
上弦の月
コメント

【転載】余命3年時事日記 2531 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑦

2018年05月22日 | 在日韓国・朝鮮人
みどり
神原元 弁護士からお手紙が届きましたので、連絡します。



てんちゃん
余命樣 スタッフの皆様いつもありがとうございます。
やっと私のところにも武蔵小杉合同法律事務所からのお手紙届きました。
余命三年時事日記漫画購入しました。
書店を探してもなかなか見つからず店員さんに聞いたら書店の1番奥の奥に平積みされてました。
モーニングショーでもう少し宣伝して欲しかったですね(笑)
保守と思っていた方々の目まぐるしい動きに戸惑いつつもここに集う皆様の声に元気を頂いてます。
ひた押しですね!

.....6月からは十字砲火だな。火の手がどこまで広がるかわからないが、有事外患罪がはっきりと見えてきた。日韓断交でも竹島カードでも、安倍総理はフリーハンドである。
すでに第六次告発概要に示してあるように、生活保護から朝鮮人学校補助金支給問題等在日特権に関するあぶり出しはほぼ完了している。
日弁連は国連から北朝鮮テロ国家支援団体として指定される可能性が高そうだが、何かお花畑だな。おそらく国連安保理におけるロビー活動に自信を持っているのだろうが、こちらは国連テロリスト委員会とか北朝鮮制裁委員会なんかは通さないぜ。直接、米国政府を動かす作戦だから、封じ込め、ブロックは難しかろう。
関係機関には余命本すべてが翻訳されて配布済み。また、第六次告発までのすべての告発状も翻訳されて提供済みである。提携の日系米国人の方々には心からお礼を申し上げる。
外患罪は対外存立有事法であるため、すべての法に優先し、また聖域がない。公務員の分限だとか裁判官の弾劾だとかは関係がない。これと同じなのが欧米のテロ法である。
テロリストを発見した場合は、逮捕より、殲滅、殺害が優先される。日本国内における指定はハードルが高いが、欧米の治安機関では社会的地位など完全に無視される。
外患罪を無視した検察は海外においてどのように評価されるのか興味津々である。




笹団子
前略 武蔵小杉合同法律事務所からお手紙届きました。内容は皆さんと同じです(日付は5月17日)
普通郵便とか貴殿とか、逃げ道を作っているのが姑息です。

ころすけ
余命様、プロジェクトチームの皆様いつもありがとうございます。
東京弁護士会のホームページの個人情報取扱について抜粋します。
2.個人情報の利用と第三者提供
当会には、本人の同意のいかんに拘らず、個人情報が集積され、さらには、懲戒や刑事に関する情報など他人には知られたくない情報ももたらされることがあります。これは、当会の活動目的やこれまでの活動実績に対する評価と信頼を前提として集められるものであります。当会は、当会の活動に対する、かかる評価や信頼を常に銘記し、すべての個人情報について、利用目的を厳格に特定した上、その利用目的に適った取り扱いを行うこととします。特に、個人情報を本人以外の第三者に提供する場合は、本人の同意を得ることを原則とし、同意を得ずに提供する例外的な場合を厳格に限定する運用を心がけます。

神奈川県弁護士会の個人情報取扱について
この基本方針の趣旨

神奈川県弁護士会(以下、「当会」といいます。)は、会の活動を進める上で、多くの重要な個人情報を取り扱っていることから、個人のプライバシーをはじめとする権利利益を侵害することのないように、この指針において、個人情報の保護を推進することを宣言し、その実行に努めます。
当会の個人情報保護の方針
個人情報の収集に当たっては、その目的を明確にし、目的達成に必要な範囲の情報を収集します。
個人情報の収集は、適法かつ公正な手段により行い、原則として本人から又は本人の同意の下で、利用目的を通知又は公表した上で行います。
収集した個人情報の利用は、収集目的の範囲内で行い、原則として本人の了解なしに、目的外に利用したり、第三者に提供したりすることはありません。
個人情報は、その収集目的に照らし、正確な情報を維持します。また、個人情報の漏えい、毀損、改ざんを防止するための安全対策を実行します。
当会が保有する個人情報について、本人から開示、利用目的の通知、訂正、削除利用停止が求められた場合は、適切に対処いたします。
上記のほか、当会における個人情報の取扱いは、個人情報保護法及び下位法令並びに関係するガイドラインの定めるところに従います。
個人情報のうち、特定個人情報の適切な取扱い
当会は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を遵守して、特定個人情報の適正な取扱いを行います。
特定個人情報の安全管理に関して必要な措置を講じていきます。
特定個人情報の取扱いに関する社会環境変化に的確に対応するよう努めます。
個人情報保護の方針の実施
当会の個人情報保護の実施については、会長を最高責任者とします。また、業務の分野ごとに責任者を置いて、個人情報保護のための規定や書式の整備等の具体的な方策を進めます。
当会は、本会のすべての役員、職員、嘱託その他本会の委嘱を受けて本会の個人情報を利用する者に対し、この指針をはじめ、個人情報保護に関する諸法規について周知・徹底を図ります。
個人情報の処理を第三者に委託する場合には、秘密保持契約を締結するなど安全対策を講じ、委託先に対する適切な監督を行います。
当会の個人情報保護の取り扱いについてのご質問や苦情、あるいは自己の個人情報の開示、利用目的の通知、訂正、削除、利用停止についてのお問い合わせは、「神奈川県弁護士会個人情報ご相談窓口」(電話:045-211-7706、住所:横浜市中区日本大通9番地 神奈川県弁護士会館内)でお受けいたします。
当会は、個人情報の取り扱いに関する社会環境の変化に的確に対応するよう、この指針および当会の規則等について改善に努めます。
以上
懲戒請求者の個人情報は、一人一人確認してから弁護士会は該当弁護士に提供しないといけないのでは無いでしょうか?
弁護士会が諸悪の根源の1つであり、法令遵守をする気が無い事がよく分かりました。

.....個人情報の漏洩と目的外使用という理由で、日弁連傘下弁護士会会長と現在、神原元弁護士と2名の在日朝鮮人弁護士、佐々木亮、北周士、その他の関係弁護士を告訴する準備を進めている。
ここで読者の皆さんへのお願いである。傘下21弁護士会の2016年からの歴代会長および幹部の氏名。できれば綱紀委員会のメンバーも調べていただけるとありがたい。


眩暈
本日うちにも武蔵小杉合同法律事務所より封書が届きました。
キタ~と心の中で叫んでしまいましたw日付は5/17付となっておりました。
綱紀委員会に上がっている案件が弁護士をわずらせているというのであれば、むしろこうやって訴訟を起こしている事による事務作業の方が手間なのではないでしょうか。
あとは、懲戒請求者の個人情報は懲戒事案以外の目的で使うために収集した事には間違いがないので、法律には門外漢ですが、これが法に触れる事は素人でもわかります。
この方々が朝鮮シンパなのは理解しておりましたが、どうも日本人の皮を被った日本人ではない方々のようですね。



lojion
こんにちは。
5/19、武蔵小杉合同法律事務所から通知書1通・合意書2通が届きましたのでご報告致します。内容は皆様と同一です(日付は5/17日)。
私も皆さんと同じく、ご指示をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

.....なんてったって通知書とか合意書とかいう書面が普通郵便で送られていること自体が胡散臭いね。ここで訴訟ということになると、おそらく知らぬ存ぜぬで逃げられるだろう。とにかく提訴させることだ。佐々木も北も提訴させて逃げ道を断ってから反訴がはじまる。もう少々我慢だな。

moira
昨日(5/19)法律に疎い弁護士さんから私の所にも、お手紙が届きました。
なかなか届かないので私だけ仲間はずれになったら、やだな~と思っておりましたが、無事到着して嬉しいです。
だいたい懲戒請求書に署名捺印する時点で、こちとら腹くくってんだ。
示談なんかに応じる訳が無い。
日本人をなめるな。
爺様の指示を待ちます。
あまりコメント投稿した事が無いのですが、ハンドルネームだけで私と分かるのでしょうか。

lucifa
余命翁並びにスタッフの皆様、余命パートナーの皆様お疲れ様です。
報告が遅れました。私の元へも武蔵小杉合同法律事務所から脅迫状(笑)が5月16日に普通郵便で到着致しました。内容は他の皆様からのご報告通りですので割愛させて頂きます。
一つ気になった点が御座いました。神原氏は他二名の代理人であると記載されていましたが、他二名が神原氏を代理人にしたことを証明する文書なりは同封されていませんでした。あり得ないとは思いますが、他二名が「そんな依頼はしていない!」と言い出したらどうなるのでしょう?
ツイッター上は賛否両論、やや懲戒請求側に賛同が多い様に感じます。色々と惑わす意見も有りますが、私も腹は決まっています。我が国の司法を正すためにも、ブレずに参ります。今後とも宜しくお願い致します。

惠美子
【一人の日本人として、誠実に生きてゆきたい】
昨日 武蔵小杉の事務所よりようやく封書が届きました。
以前 仕事で文書等の作成を度々しておりました関係で、書類作成における決まり事などには、結構気を遣いました。何処から突かれても対応ができるように努力をいたしましたよ。
文書を拝見いたし、これが知性溢れるお仕事をされる方々の表現なのかしらね~と思うと、本当に寂しくなりました。
また、今回のブロブたたきの記事を多くのところで見かけ、悲しい思いをいたしましたが、気持ちには一切揺らぎがございません。
両親を無事に見送り、自分には後ろ髪を引かれるものもありませんので、最後まで皆様とともに行動をしてゆきたいと思います。
こんな素晴らしい国に生まれてくることが出来、感謝です。



たまより
今回は橋下さんに感謝ですねw
橋下徹@hashimoto_lo
③また弁護士によってヤクザ顔負けの過大・不当請求されることにも守られなければならない。
ほんとこの大量懲戒請求している連中の中には、俺のことをボロクソに言っている奴も多く いるみたいで、ほんま腹立つんだけどな!今回の件で相談料を取ってやりたいくらいだよ。無料相談に感謝しろよ!

.....余命の読者にそんな品のないものはいない。
不快きわまる。謝罪しろ!!!
誰が貴様なんかに相談するか!!!
みんなそれほど馬鹿じゃない!!!


きじばと
余命様、スタッフの皆様、日々ご苦労様です。そしてありがとうごさいます。
5/19私のところにも、武蔵小杉合同法律事務所から通知書と合意書が届きました。余命様や同志の皆様のコメントのおかげで、怖気ることなく心構える事ができました。
こんないちゃもんに負けるわけにはいきません。皆様と一致団結して戦います。ご指導のほどよろしくお願い致します。




ネームを変えました。アドレスは変わっていないので分かるとは思いますが、先日電話で現状を知らせていただいた者です。
例の恫喝書?が届いたので連絡です。貴殿呼ばわりの通知書一枚と合意書二枚です。私は第五次の懲戒請求にしか参加していませんけどねぇ…。
まったく、先日の時点で私は懲戒請求の取り下げ希望をしていたのに、今となっては誰が引くかです。かえって腹をくくる気になりましたよ。
余命翁様のお声かけ、大変心強かったです。安心して私も戦えます。本当に感謝します。
静かにブログの更新を待ち、対応していきます。今後ともどうかよろしくお願いします!

城内乃野良みけ
昨日(5月19日)、武蔵小杉合同法律事務所から届きました。
普通郵便だし、親展のスタンプもなし。
文書も、貴殿・・・だし、そういえば、送り状(送付状?)も入ってなかったです。
内容は、2518 北山様と同様で、250万円のコースです。
日付だけが、2018年5月17日と異なります。
せっかく招待状?をわざわざ送って頂いたので、参戦させてください。
余命様、スタッフの皆様の度重なる心労が心配ですが、
こちらの同志の皆様と、心同じくして「ひた押し」あるのみ。
とりあえず放置して、次の指示を待ちます。よろしくお願いします。

.....人ごとじゃないんだが、まあ、一言で言って「すげえー」という感じだね。
口じゃ「全員が一丸となって...」なんて簡単に言うが現実にそうなると????
あり得ないことが起きてるね。
コメント

【転載】余命3年時事日記 2530 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑧

2018年05月22日 | 在日韓国・朝鮮人
AZ
<もちろん今回、大量の懲戒請求をした人たちの考えや表現に僕は賛成しない。しかし彼らの考えや表現は、特定個人の名誉を傷つけるなどの違法行為でない限りは最大限保障されなければならない。ちなみに大阪では、朝鮮学校への補助金支給ルールをしっかりと作り、ルールに基づいて判断するように変えた>

橋下徹の一連のコメント、筋が通っているようで肝心な点を回避しながら火消しに持って行く、或いは自己保身を意図したものだと考えます。でなければしゃしゃり出てくる理由がわかりません、黙っていても特に変わらないと思うのですが何故首を突っ込むのか、まあ当事者の一人なんですが他は黙りを決め込んでいるのですからね。
ところで最後の補助金支給ルールとはいったい何を言っているのかと思います。
朝鮮学校に補助金を支給することがそもそも憲法違反である、というのが懲戒請求の起点にあるのに、支給のルールなどと憲法違反の条例を作った自慢?でもしてるのでしょうか。これも逃げですね。
人それぞれ考え方がありますから懲戒請求に賛成しないと言うのは自由です、単にそれだけでは罪にはなりませんし(実際は確定してしまったと思いますけど)ただ、片方にだけ評価を示すのはフェアでは無いですね、是非とも橋下徹には弁護士会の声明に賛同するかしないかツイートして欲しいものです。
AZ

.....現実にご本人も懲戒請求されているんだから、その立場での見解が欲しいよね。これは100%第三者での見解だ。
「朝鮮人学校補助金支給要求声明」が憲法第89条違反かどうかをはっきり言えばいいだけの話だ。
<彼らの考えや表現は、特定個人の名誉を傷つけるなどの違法行為でない限りは最大限保障されなければならない>
結局、肝心なところは逃げている。日弁連には逆らえないんだろう。




アンチレッド
余命爺様、スタッフ様
いつもありがとうございます。
くだらない余談です。
対象弁護士が、尊敬する北の大地の弁護士の手紙が非常に感動的だと紹介してるようです。
960名のうち3人から謝罪があったそうで、その文が、「ごめんなさい。洗脳されてました。取り下げました。」らしいんですが、
洗脳されてたら、こんなにあっさり謝罪したり取り下げたりしないでしょう!(笑)。
洗脳されてた本人が「洗脳されてた」とか、ほんの数日で理解できないでしょう。
以上、お粗末でした(笑)。

匿名
1度辞退しましたが、また参加することは可能でしょうか?

.....無理をしないで、できることをやろうというひた押しだから別に問題はない。
問題は辞退者がまだ一人ということだよ。
余命ブログは常識では理解できないことが当たり前に起きる。今回も960人(あくまでも彼らの言う数字だが)のうち辞退者が1人。それがゼロになった。
アマゾンレビューでも工作がなければ100%が評価5であろう。どうなってんだろうな。


KG
なぜ、彼らは、こんな筋の悪い恫喝と、訴訟の予告の記者会見をしたのでしょう?
あれですかね、諦めずに同じことを繰り返して国民に呆れられても気が付かない元民主のような体質なのでしょうか?
いつも通じる恫喝の悦びが身に染みているからやめられないのでしょうか?
追い詰められているからだというお話ですが、何に追い詰められて暴発したのですか?
何故今まで我慢していたのに暴発し、何故今で、何故彼らなのか?疑問です。
これで、勝てると思ったのでしょうか?
なんか、リーチ、リーチと続いて、ロンになりそうです。
此処のブログで、教えていただきましたが、戦闘が始まると朝鮮人は真っ先に泣きながら逃げて、支那人は逃げながら強奪殺戮強姦、普通の軍隊は1割死ぬと降参するが、日本の兵隊は殲滅されるまで戦い続けるとのこと。
何故かというと、他の人のために戦うからです。
今までの非道はもうしません。ごめんなさいと表明すれば、このブログの人は追い詰めないような気がしますが、謝るという文化のない民族たちなので、闘いは終わらないでしょうね。

.....日本人の普遍的な「人間のあり方」は性善であるが、それは人間でないものには
通用しない。常に被征服であった人もどきは弱者の知恵を持って、そこにつけ込んでくる。日本人は奇跡の民族である。歴史上、これほど人間性にあふれた民族は例を見ない。
その日本人が、今、怒り始めた。戦後の蛮行が徐々に拡散されて、日本人の覚醒が進んできたからだ。
民主党政権までは彼らは最高のシナリオで、李明博には日本征服宣言をだされるまで日本が汚染されたところで、日本の国体である護国勢力が動き出した。在日朝鮮人と反日勢力に三権がほぼ乗っ取られた状況からの反撃は困難の連続であったが、やっとすべての段取りが完了した。
お互い、水面下での攻防が約5年続いていたが、彼らの最強の砦である、司法にメスが入り、要である日弁連の本質が国民の前にさらされ、その最前線でうごめく在日コリアン弁護士協会があぶりだされた。
兵庫県弁護士会は昨年、はじめて在日朝鮮人が会長となり、弁護士会を乗っ取ったが今年、改選において立候補もできずに撤退している。
在日コリアン弁護士協会の組織が反日だけではなく、日本の国体にとって非常に危険な存在であることが明らかになったからである。
2016年6月5日川崎デモと2017年7月16日川崎デモにおいて、在日朝鮮人と共産党、反日勢力は日本人の正当なデモをカウンターという暴力手段で妨害、中止させたが、それこそ、彼らの終わりの始まりであった。
2017年6月に懲戒請求開始。2018年になって、余命の「やまと」「うずしお」の立ち上げ、余命三年時事日記の同人化、そしてそのテーマが「川崎デモとテロリスト」「五十六パパかく戦えり」上下4冊、加えて5月余命三年時事漫画ときたら、馬鹿でも現状がわかるだろう。
すでに懲戒請求事件が日弁連の崩壊レベルまで炎上しはじめ、在日朝鮮人対日本人との闘いという図式になりつつあり、また、外圧の準備も完了している。そして、昨日、川崎デモ主催者2名からの申請により、皆さんのご寄付の使用開始を許可したところである。 堰を切ると流れは怒濤となる。現状はそういう流れになっている。懲戒請求事件における彼らの恫喝など踏みつぶされ一瞬で押し流される勢いはもう止められないだろう。


みちあとのゆ
みちあとのゆです。
今回の懲戒請求の件でツイッターでも賑わっているようでいろいろと見てますが、見事に工作員が余命翁やPT、懲戒請求参加読者を余命カルトの犠牲者、やれ余命は懲戒請求を煽るだけ煽って読者から逃げたとか自分も参加したので心配だのもう呆れる工作がいっぱいです。
余命三年時事日記を読んでいないのがもろわかりですね。
ブログをちゃんと読んでいる皆さんなら今のブログの空気がわかりますよね。
皆さんがどれほどの覚悟を持って懲戒請求をしたのか。
煽られて何も考えずに懲戒請求に署名捺印するような馬鹿はいないでしょう。
リスクも考え、覚悟を持って署名捺印していますから。
民主党政権で日本に絶望を覚え、2011年3月11日の東日本大震災で火の海の気仙沼の映像に涙し、明博の竹島上陸&天皇陛下侮辱で覚醒しました。
支那朝鮮のことを調べ、事実を知るに腸が煮えくり返るもどう立ち向かえばいいかわからずにいたところにどういうきっかけか覚えてはないけど、余命三年時事日記に出会い日本を日本人の手に取り戻すことに関わる事ができて感謝しております。
自分たちを英雄視する気持ちはありませんが、明治維新の激動期もこのような感じだったのかなと思いました。弾圧で命を落とした志士も沢山いましたね。
奇しくも来年に天皇陛下の譲位があり、年号も変わります。
余命三年時事日記って現代の吉田松陰ではないのか。
事実を知った日本人の道しるべですね。
明治維新では当時の日本を憂いた名もなき多くの志士たちが戦った。
この戦いは刀や鉄砲ではなく法律、ルールに乗っ取った日本を取り戻す戦いであります。
余命三年時事日記に集う現在の日本の汚鮮に憂う名もなき日本人読者たちの覚悟の証でもあります。
反日ども日本人を舐めんなよ!
なんか弁護士の脅しを見てたらワクワク?してきて思わずとりとめもない長文を(^^;;
最後に松陰先生に問うた手紙への返信を。

死は恐れるにもあらず
また憎むべきにもあらず
道尽き、心安んずる、すなわちこれ死所

世に身生きて、心死せる者あり
身滅びて、魂存ずる者あり

身生きても心死すれば益なし
身滅びても魂存ずれば損なきなり

死して不朽の見込みあらばいつでも死すべし!
生きて大業の望みあらばいつまでも生くべし!



チャービル
先程私のところにも神原元弁護士より脅迫状が届きました。
5月17日付ですね。毎日少しずつ作業しているようで、ご苦労様です。
この後佐々木りょう弁護士からも別途来るということなのでしょうか。
最近他の保守ブログでもこの件は話題になっていて、そこのコメ欄の常連さんでも余命ブログを読んでいない人は批判的な内容を書き込んでいます。
なりすましと思われるコメントもあり、これに騙されてしまう人もいるんだろうなぁと思ってしまいます。
いろんな意見を読んで不安になったりしましたが、余命読者が他のブログでも奮闘されていて、熱いコメントを読んで勇気が湧いてきました!
そうです。私も何か自分でもできることがしたかったんです。
何か行動をおこさないと何も変わらないし、反日勢力を押し返すには起爆剤が必要だと思うのです。
今回の懲戒請求者に脅迫状を送る、記者会見をするというのも、一般常識からして、は⁇ですよね。
この、すべて人のせいにする半島マインドは弁護士にもあてはまるのかーとびっくりしました。
これもまた起爆剤のひとつで記者会見のおかげでニュースになり、弁護士の異常さを知らしめてくれたかなと。
それにしてもこの件が始まってからの余命様が、
〉能書はいいから早く神原元弁護士と同じく全懲戒請求者に脅迫状を送りたまえ。
例えが悪いですが、何か魔王のようなすごく頼もしさを感じます(笑)



kinmo9sei
余命様・余命スタッフの皆様、いつもいつも日本再興のお働きを、誠にありがとうございます。此度のあまむし様の投稿を拝見し、我が意を得たりと胸のすく思いで居ります。
また改めて、余命様の同志に加えて頂けました誇りと喜びを再確認させて頂きました。 大量懲戒請求を非難することで、そのご発言の方々の立ち位置がよく良く分かり、またひとつ物事が明らかになりました。彼等は表面的な綺麗事を建前に、既成の仕組みに乗っかった処世術の範囲内で「保守活動」をしているに過ぎません。
では、我々の手法を非難する方々は、例えば伊丹空港にまつわる中村地区の集団恫喝や、成田闘争、創価学会の囲い込み、また沖縄で県外どころか外国人までも動員して繰り広げる社会活動にはどう対峙するのでしょう。彼等は結局「遺憾である」という「コメント」しか出来ないでしょう。しかし、彼等の非難するその「集団行動」で、我々の社会は実際動かされてきたのです。左翼は民主主義のルールを悪用して、着々と目的を遂げてきたのです。
反日を口では非難しつつも結果を受け入れる「自称クリーンな保守」は、反日の集団行動は認めてしまっているわけです。ではなぜそれに対抗する、愛国の志による日本人の集団行動を嫌悪するのか。これを認めずして民主主義といえるのか。自虐史観に犯され、左翼のそれは認めても、日本人が集団行動を取ることを無意識に悪と断定していると推察します。結局彼等は「闘えない」人々なのだと思います。
我那覇真子氏が看破しているように、真の敵はこういった人々ではないでしょうか?敵が狡猾で戦略を持って侵略してくるは世の常です。それを迎え撃たぬ、我が身の内の敵を滅さずして、勝利は有り得ない。教育こそが国の根幹であることをしみじみと実感しています。
先人が祈りを込めて託してくれたこの国を、天皇陛下と共に名もなき我々の心で護り発展させたい。道義国家日本を世界の為にも取り戻さねばと、決意を新たにしております。皆さま、直押しで参りましょう!



轟木龍藏
轟木龍藏です。
余命の皆様、スタッフの皆様、秘書様、同志の皆様
日頃はお世話になります。
さて、懲戒請求に関して方法論のご批判がある事は理解できますが、懲戒請求の理由を国民によく知って頂きたいです。同志の中には、諸般の理由で懲戒請求に参加されなかった方もおられると思いますが、余命様の下、同志が一丸となって戦わざるを得ないと考えます。
和解は信頼できる相手なら選択肢に入るかも知れませんが、危ない気が致します。どちらかと言えば保守のリベラルとお見受けしている個人的に存じている弁護士さんから、ご協力を得られる事になりました。
靖國神社には片隅にノート一冊を置いて頂ければ身に余る光栄と存じます。
出来る事をひたおしに。
時節柄、くれぐれもご自愛ください。
轟木龍藏拝

.....これだけ話題になるということは、かなり効いているんだな。シナリオ通りだから、面白くもなんともないが、まあ、自称、保守とかいう方々がしゃしゃり出ているらしい。傾聴すべきものはないと思うので、相変わらず無視をするが、煩わしいな。



COS104
余命さま、スタッフの皆様お疲れ様です。
ご報告となりますが、私のところにも武蔵小杉強合同法律事務所と長野県弁護士会から通知が届きました。(5/18着、5/19受取り)
内容については「2527 日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった⑥」に投稿されている「御隠居」さまの内容と全く同様となります。
今回の懲戒請求に対する弁護士の行為について異議を表明されているのは橋下徹元大阪市長と高島章弁護士です。左右どちらからもというのは興味深いです。
◆橋下徹氏
・900人訴訟問題で『佐々木弁護士が法的な反論を受ける』凄まじい展開に。風向きが変わってきた?(ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50510791.html)
・千人訴訟の佐々木弁護士が『和解金の返還を勧告される』凄絶な展開に。倫理研修の復習をも求められる(ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50510843.html)
◆高島章氏
高島章弁護士、弁護士懲戒請求の相談、被告事件の受注をしてもよいと名乗り出る&高島さんの思い(少しスッキリバージョン) (ttps://togetter.com/li/1227944)
保守側でも多く取り上げられているようです。
◆パチンコ屋の倒産を応援するブログ
・焦る気持ちを悪用する事には賛同しません(ttps://ttensan.exblog.jp/26798423/)
・俺の思い通りにしなかったから憲法違反(ttps://ttensan.exblog.jp/26800601/)
上記高島氏のまとめは「俺の思い通りにしなかったから憲法違反」の記事からリンク先を引用しました。
5月17日のテレ朝モーニングショーで取り上げた懲戒請求に関する記事
◆正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
・【余命vs弁護士】をテロ朝が35分間偏向報道・弁護士会の朝鮮学校への補助金交付要求は憲法違反(ttp://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7084.html)
◆さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
・ネットを敵視するテレ朝「ネットの書き込みで逮捕、罰金」!(ttps://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35148261.html)
特に意外だったのは「パチンコ屋の~」で余命さんに対して結構辛辣な意見だったところです。しかしまるで静かな池に石を投げ込んだらボチャンという波が大きくてあちこちに影響が出ていることを実感しました。ご報告は以上となります。

.....よそのブログに口は出さぬことだ。間違っていたら最悪だろう。たぶんどこが間違っているかがわからないから書いているんだろうが、恥をさらすだけだ。余命は他のブログの評論はしない。
コメント

【転載】余命3年時事日記 2529 あまむし②

2018年05月22日 | 在日韓国・朝鮮人
あまむし
【余命を叩き始めた「似非保守」を論破する】
本丸「日弁連」への「懲戒請求」爆弾炸裂で、「売国日本人弁護士」「在日弁護士」入り交じっての醜い殴り合いが始まった。更に巷の「隠れ似非保守」がどんどん炙り出されて来ている。そんな中で「余命のやり方」を非難しているものが見受けられる。懲戒請求そのものに対しての批判が出来ない為に、「やり方」について位しか批判できないのだろう。こんな批判に動ずるような「憂国の志士」ではないとお見受けしているが、一言余命翁の援護射撃をさせて頂きたい。
保守活動家と自称する余命批判者の中には、「リーダーたる者が、率先して行動(告発、懲戒請求)をしなければならない」という論理に固執している人達がいる。この人達は自分ではそういった行動をちゃんとしていると主張している。
しかし、それは飽く迄彼ら自身の保証された安全の範囲内での行動に過ぎない。この保守と言われている人達の行動が、どれほどの成果をあげているのかについて、この人達自身が自ら語っているのだが、「保守活動は大きな成果をあげていない」「保守活動は難しい」と告白している。
すなわち、自分が率先して顔を出して活動しているやり方では、反日勢力の壁が大きくて、抜本的な成果が上がっていないことを暴露していることになる。
この人達の言う「反日勢力に対する対処方法」は、潔い自称〝正統派〟のつもりだろうが、しかし、それでは勝てない事を自らが認めていることになる。
この人達は、反日勢力が牛耳って「反日活動の拠点」と化した現状の「司法」を改革しようとは、微塵も思っていないのだろう。つまり、彼ら自身が「反日勢力」の工作員(スパイ)もしくは、日本の破壊に乗じて何らかの利益を得ている人達と考えられる。
「情報戦」「諜報戦」は、元来表面的な「正攻法」が通用する世界ではない。敵の勢力が元々「スパイ活動」「嘘と誤摩化しと隠蔽と暴力を使った工作活動」に徹しているのであるから、こちらだけ「正攻法」で顔を出して正面から攻撃している様では、負けるのは当たり前である。これが戦後73年間の日本破壊工作の基本構図であることを知らねばならない。
故に、日本は徹底的に破壊され蚕食されたのである。そして、この基本構図と戦っているのが、安倍政権であり、余命グループである。「法を度外視している無法者」に対して、常識的正攻法で攻めて勝てる訳がないことは、素人が考えても解ることである。
余命が顔を出して、余命自らが懲戒請求を行う事は、反日弁護士会に対して、こちら側の中心人物の情報を曝け出すことを意味する。それは「潔い」かもしれないが、それでは「目的」は達成されなくなる。
ここで一番大切な事は、「反日勢力、在日勢力、反日弁護士、反日検察を駆逐する」ことであって、「潔くかっこ良く、正攻法で戦う」事ではないと言う事だ。敵が「正攻法」で堂々と攻撃しているのならまだしも、敵が卑怯な手段を使いまくっている場合には、こちら側もそれなりの智慧を働かせねばならない。そのことを無視して「正攻法」でないからダメだ、というのは、全くの的外れと言わざるを得ない。
結局の所、「余命のやり方」を批判する人は、少しも「反日勢力の本丸」を破壊する事など考えていないことになる。この人達の活動は「目的を達成していない」意味において、自慰行為に過ぎないということになる。
実際、彼ら自身が自らの勢力のひ弱さを自分自身で暴露して、「負け」を認めている。こんな事では勝てる訳が無い。何故なら、「勝つ」という意志など、元々彼らにはないからである。
彼らは、「目的を達成してはいない」という意味において「無力」であり、多くの保守の人達を誤摩化す「カモフラージュ」の任務を遂行しているに過ぎないと言える。そして、そのやり方で生計を立てている。彼らは「日本の保守」の偽看板を掲げて、生計を立てる「偽善者」ということになる。
余命は「常識的な正攻法」等は全く使っていないところに、余命の最大の特徴があると言える。
1) 顔を出さない。
2) 本音を出さずに敵を誤摩化す、その為には一時的に味方にも手の内を明かさない。
3) 目的を明確にして戦略を練り、実際行動を起こす。
4) 集団による官邸メール等、持続的圧力を掛け続ける。
5) 外患罪の集団告発を実施する。
6) 弁護士懲戒請求を集団で行う。
7) 余命グループは法を犯さず、暴力的行為に加担せず、憲法で保証された言論的行動を遵守する。
8) 最終的な解決(殲滅)は、欧米・国際機関と正統な国家権力と軍事力に一切任せる。
9) 余命は真実のみを公表する。
これらの戦略と集団による行動は、反日弁護士会、在日弁護士、検察、反日勢力に対しての最大の攻撃となっている。
憲法・法律に則った、社会的に保証された言論活動であるが故に、余命を攻撃する事は困難である。逆を言えば、余命を攻撃する為には、「違法行為」を覚悟しなければならない。
それは、攻撃者自身の「違法性」を世に証明し、「犯罪組織」として認定される結果を招きかねない。「真実のみを公表している余命」に対して、言論で攻撃しようとする人達は、自らの「虚偽」を公表することになる。
つまり、「余命」を攻撃するということは、「虚偽」もしくは「違法行為」「犯罪性」を自らが曝け出す事を覚悟しなければならなくなる。その様々な証拠は、欧米各国・国際機関等に提供され、国際テロリスト認定へと進む。それらは日本政府にフィードバックされ、テロ三法、テロ等準備罪の適用条件ともなる。
さらに、有事認定となれば、外患誘致罪の適用ともなる。これらの連鎖反応を引き起こす仕組みと実際行動を、法に基づいた言論行動だけで作り上げたところに、「余命三年時事日記」の最大の凄さがあると言える。
結局は、「虚偽」と「違法行為」を持っている人達は、「余命」には触れる事が出来なくなる。「虚偽」と「違法行為」を持っている人達が、「余命」を攻撃した場合には、自らの「虚偽」と「違法行為」の暴露と公表を覚悟しなければならなくなるだろう。「憲法89条」違反と考えられる弁護士会による「朝鮮人学校補助金支給要求声明」に対する、「弁護士法(懲戒の請求、調査及び審査)第58条」で保証されているところの、「弁護士懲戒請求」という国民としての「真っ当な権利」を行使した事に対して、一部の人達が反発し攻撃しているが、その攻撃者が抱えている「虚偽」と「違法行為」が、社会に公表され暴露される事になるだろう。従って、ほとんどの弁護士が黙って身を潜めざるを得ないのだろう。
余命に対して攻撃するということは、自らの「虚偽」と「違法性」を自らが公言するに等しいと考えられる。その「違法性」が証拠として収集されれば、「反日・売国認定」となり、その後は米国、国連のテロリスト認定と続き、日本政府と自衛隊にバトンタッチされるだろう。
又、外患罪の告発についても、「有事がない限り意味がない」と公言して、外患罪告発の集団行動に対して批判している「似非保守」がいる。この人達は、余命の外患罪告発の真の意味を理解していない。外患罪告発は、
(1) 敵を明確に特定する所にある。同時に、
(2) 敵に対して、極度の精神的圧力と、法的な具体的圧力を掛け続けることができる。そしてもう一つ重要な意味は、
(3) 司法当局、特に検察当局の「反日姿勢」を明確に炙り出すことを意図していた。そして、それら3つの目的はズバリ的中した。と同時に
(4)「有事」になった場合、即刻この「外患罪告発」が発動されることを意味している。
今、余命を叩き始めた「似非保守」の人達は、「外患罪は有事にならなければ意味がない」という意見を披瀝しているが、その「有事」という概念は、時の政権が「有事」と認めれば、「有事」となり得ることを知らねばならない。
 実際問題として、現状の日韓は、「竹島占領」で「有事」扱いしようと思えば、「有事」に指定できる。北朝鮮との間でも、極めて「有事」に近い状況下にあると言えるし、6月12日を境として、何時「有事」になってもおかしくない。「有事不可避」の論調が、此処彼処に出回っている。
実際問題として、今月15日に発表された政府の「外交青書2018」に書かれた韓国の扱いは、「韓国は最も重要な隣国」という表現は削除され、「韓国による竹島の占拠は不法占拠」という強烈な表現に急変した。これに対し急遽韓国政府は、「独島に対する日本側のどんな挑発にも断固対応していく」と日本政府に抗議している。

このように、時期を見計らって、「竹島カード」を使った「有事」想定に入る事が可能だということを、今回政府は証明したことになる。政府は「有事対応」の情報発信を盛んにし始めている。直近5月17日の「虎ノ門ニュース」において、萩生田光一自民党幹事長代行は、「有事の時の政府の対応について」と題して、具体的計画はボカしながらも、明確に、「有事対応の万全の準備」を公言している。
結局、余命を叩き始めた「似非保守」の人達は、「保守の活動家」としては、有名なのかもしれないが、結果として「何も成果を上げていない」ことを自らが暴露して、「現反日勢力に刃向かっても無駄だ」ということを吹聴していることになる。こうやって、「(似非)保守活動家」という「仕事(金儲け)」をしているに過ぎないと見ておくべきだろう。 今回日弁連に代る「第二弁護士会設立」に向けて大同団結が始まるという劇的時期に際し、余命グループの弁護士懲戒請求に対して「反対」を公言している事自体が、「似非保守」であることの証拠と言える。
そもそも、日本を真に愛する真っ当な「保守」や「愛国者」であるならば、別に「余命のやり方」に対して、批判をする必要等は毛頭ないではないか。余命のやり方は余命のやり方であって、外から静かに見守っていればいいだけの話である。にも拘わらず、「余命信者」とか「洗脳された弱者」等という侮蔑の表現を使って、「余命読者(憂国の志士)」全体を小馬鹿にしている。安っぽい「金儲け宗教」「詐欺集団」に引っかかった哀れな情報弱者、という印象操作を行っているに過ぎない。『情報弱者はそっちの方ではないか』と言いたい。このような姿勢だけ見ても、この人達の「奥底の目的」が透けて見える。その目的とは、ずばり言って、「余命潰し」と「現状の反日弁護士会保護」と「自己の利権保持」に過ぎない。
結局どういう事かと言うと、こういった人達のやり方をしている内は、反日勢力にとっては、少しも危険ではなかったということである。彼ら「似非保守活動」は「ガス抜き」であり、反日弁護士会の実体の「カモフラージュ」に過ぎない。「こういう熱心な保守活動家が頑張ってくれている」、ということを見聞きする事によって、多くの日本人が、他人事として自己満足に陥るに過ぎない。その間にも、反日勢力はどんどん日本破壊活動を行って来た。その破壊活動の根っ子の部分が、「司法」であり、「検察」であり、「弁護士」である事を少しも指摘せず、表面に現れている「些末な問題」に対して、「保守活動」を行っている限りは、「反日勢力の本丸」は安泰だったと言うことになる。
すなわち、この人達の「似非保守行動」が、「隠れ蓑」になって、「弁護士」「検察」という「司法」の問題を隠していたことになる。日本人の多くが「似非保守達」に頼っている限り、反日勢力は安泰だということだった。
余命が似非保守勢力と何が違うかというと、「在日の駆逐」「日弁連の解体」「検察の封じ込め」「反日勢力の具体的あぶり出し」を実際に行っているところにある。
それを今までの「保守」と名乗る人達はやってこなかった。だから、反日勢力は駆逐されなかった。彼らは次の様にも言っている。「チベット、ウイグルの活動家は、分裂していて、内輪同士で攻撃しあっている」と。チベットやウイグルの保守が分裂する事をこの人達は批判しているが、全く同じ事を日本の保守の間で、今現在、自らが率先して分裂工作を行っているではないか。この事が如何に矛盾であるかが、この人達には判っていない。というか、意図的に「分裂するように工作している」に過ぎないのだろう。余命と連携を結んだ「小坪しんや市議」に対しても批判、攻撃を行っており、結局この人達のしていることは、「保守の分裂工作」に過ぎない。
結論を言うと、今回の余命の「外患罪告発」「弁護士懲戒請求」「第二弁護士会設立に向け政治家との大同団結」という爆弾が、日弁連中心部で炸裂した事によって、「売国日本人弁護士」や「在日朝鮮人弁護士」入り乱れての殴り合いと、「隠れ似非保守」の大量炙り出しの成果を上げていると理解できる。
その背後にあるものは、日米連携による「最後通牒」による崩壊寸前の特亜三国と、更にその背後で糸を引いていた「グローバル勢力」の敗北という構図が見えて来る。「沈む船から逃げることネズミの如し」とはこういう光景を指すのだろう。
こういう実地勉強は、又とないチャンスである。ここまでの道筋を付けられた余命翁とスタッフの皆様、余命読者の皆様に心から感謝いたします。皆様こそ「憂国の志士」であります。感謝合掌(あまむし)
コメント

【転載】余命3年時事日記 2528 あまむし①

2018年05月22日 | 在日韓国・朝鮮人
あまむし
【中共、北朝鮮、韓国の支援を受けていた反日勢力は完全に詰んだ】
『2519 日本人と在日朝鮮人の戦いが始まった』の余命翁の宣言《日本人と在日朝鮮人の戦いが本日始まる。5月16日は在日朝鮮人と反日勢力が日本人に対して宣戦布告した記念すべき日となる。徹底して隠蔽されてきた戦後の彼らの蛮行の歴史が暴かれ、あぶり出された日本国民の敵が公に姿を現す日である。》
余命翁様、ついに始まりましたね。お疲れ様です。《在日朝鮮人と反日勢力が日本人に対して宣戦布告した記念すべき日》ということで、北朝鮮と韓国をバックにしている反日の人達の極一部は、未だに威勢が良いですが、北朝鮮と韓国、そして両国が唯一頼りにしている中共は大丈夫だろうか?
何故、73年もの長期間に亘って、在日朝鮮人が日本人に蛮行を働いてこれたかと言うと、彼らの背後で支援していた北朝鮮、韓国、中共の特亜三国が、自由に日本と世界に対して蛮行を振るうことが出来ていたからに過ぎない。更にその特亜三国の蛮行をバックで保証して協力していたのは、何を隠そう「米国」だったことを、威勢の良い在日朝鮮の方々は御存知かな?弁護士という御立派な職業をお持ちなら、そのくらいの常識的国際情勢位は御認識でありましょう。万が一、それさえも知らずに騒いでいたのなら、唯の「駒」「鉄砲玉」に過ぎないことになる。ズル賢い連中は、我先にと「北朝鮮問題」からはトンズラを決め込んでいる。逃げたと思っていても決して逃げられないのが、この宇宙の仕組みだから、結局のところ逃げても無駄ではあるが・・・。

自分の「行為」や「想念」は、心の世界で「業」となって蓄積していること位、日本人なら誰しも〝当たり前の事〟として理解している筈だ。だから、誰に強制されなくても、見られていなくても、日本民族は「誤摩化したり」「嘘をついたり」「人の害になることをしたり」・・・などは絶対にしない。もしも、それをしてしまうと、その行為と想念が「悪業」となり、必ず自分自身に降り掛かって来ることをちゃんと知っている。「お天道様が見ておられる」「御先祖様に申し訳ない」とは、そういうことを意味している。
しかし、戦後日本に不法侵入して来た朝鮮の人達は、そういう日本人の常識が通用しなかったと見える。蛮行を行っても、人を騙しても、嘘をついても、「見つからなければ大丈夫」位に高をくくっているようだ。見つかりそうになれば、暴力や集団的圧力や大声で喚き散らして、自己の蛮行と利権を無理やり通して来た。この様な行為と想念の一切は、自分自身の「悪業」となって蓄積され、自分の「将来の悪運命」を作り上げる。そして、それらの「悪業(悪因)」の蓄積が飽和点に達した時、ちょっとした「切っ掛け(縁)」があれば、それが自分自身に「悪果」となって現れる。つまり、「因縁因果の法則」(原因結果の法則)がこの世界の基本的法則だということだ。逆に良い事を積み重ね「善因」「善業」を詰んでいれば、自動的に「善果」が報いられる。この「原因結果の法則」を物質科学に応用すれば、科学的法則の発見と利用が可能となり、人類に貢献し文化が発展する。しかし、「科学の法則」「原因結果の法則」を無視する朝鮮の人達は、科学的法則も理解出来ないし、応用も出来ないが故に、科学分野のノーベル賞など取れる訳もない。
朝鮮の方々の中にも、この当たり前の道理を理解し、日本人の様な生き方をしようと頑張っている方もおられる様だが、その方々は別として、未だに平然と反日行為を行っている朝鮮人と売国日本人に、最終的な御忠告を申し上げる。
『もう無駄な抵抗は止めなはれ!』『同時に、過去の「悪業」を全て清算しなはれ!』
神様がちゃんと見てござる。それ以上に自分自身の「悪業」は、自分自身の心が蓄積しているが故に、「悪果」という結果によって、自らが刈り取らねば消えない。これは宇宙の法則だから、浅はかな猿智慧で誤摩化そうとしてもどうにもならない。覚悟を決めて洗いざらい過去の「悪行」を暴露(懺悔)して、お縄につく事をお勧めする。自分でその選択をしない場合は、外的強制力(業の自壊作用)として、自らの頭上に「大激動」として降り注ぐ事になるだろう。どちらを選ぶかは、御本人次第であるから、こちらとしては、どっちでも良い。この世界は本人の選択の自由に任されている。

皆様既に御存知の通り、北朝鮮が「最後通牒」を米国トランプ政権から発せられている。と同時に、中共に対しても、米国が「最後通牒」をついに発した。これは画期的なことであるので、下記に御紹介しておきたい。トランプ大統領の米国は、今までのグローバル勢力の米国ではないのだ。過去にソ連、中共、北朝鮮、韓国を作り上げて守っていたグローバル勢力の米国は既に無くなり、今の米国は本気で、中共、北朝鮮、韓国を崩壊に導く(普通の国にする)決断をしたと言う事である。この事実を、過去73年間「反日工作」を好き放題にして来た人達が、知らねばならない時がやって来たということだ。つまり、これから、過去の隠されて来た「悪行」が、次々と日本国民に暴露される時代に入ったということである。もう「夢」を見る時間は終わったのだ。

《北京で5月3~4日に開かれた米中の通商協議に先立ち、米国が提示した「枠組みの草案」
1) 2018年6月1日から12カ月の間に対米貿易黒字を1000億ドル削減すること。
2) 19年6月1日から12カ月の間にさらに1000億ドルを削減すること。
3) 加えて、過剰生産を助長する「市場をゆがめる補助金」は全て即刻廃止すること。
4) また、知的財産権の保護を強化し、中国資本と外国資本の合弁事業において技術移転を求める慣行を撤廃すること。
5) 中国は、サイバー攻撃や経済スパイ行為、偽造、海賊行為などにより、米国の技術や知的財産を得るのをやめることに同意する。
6) 中国は米国の輸出管理規制を順守することに同意する。
7) 中国による知的財産権の侵害を理由に米国が中国製品に高関税を課した措置について、中国は世界貿易機関(WTO)に、紛争解決制度に基づく米国との協議入りを4月に申し立てたが、これを撤回する。
8) 米国が新たに設けた制限事項を含め、米国が導入した措置もしくは計画している措置に対し、中国は報復措置を取らない。
9) 中国は、現在発動している全ての報復措置を即刻停止すること。
10) IT産業の米国の国益に関わる部分や、安全保障上重要な産業への中国からの投資に対し、米国が制限を課していることに反対や異議申し立て、報復などの措置を取らないこと。
11) 中国に投資する米資本の市場参入とその待遇は、公平かつ実効的なものでなくてはならず、差別があってはならない。
12) そのために外国投資に課している制限や外国資本の出資率や持ち株の要件を撤廃すること。
13) 2020年7月1日までに、「国益に重大な影響を与えない部門」への関税を米国による関税と「同等もしくはそれ以下の水準」に下げる。
14) 米国が指定するサービスや農産物などの市場への参入を認める。
15) そして、これらの成果について四半期ごとに検証する。
16) 中国が内容を守っていないと米国が判断すれば、関税や輸入制限を課す可能性がある。
17) 中国は米国のそうした措置に対し、「反対や異議申し立てなど、いかなる形の対抗措置も取らない」こと。
18) また、中国はWTOに市場経済国としての認定を求めているが、これを撤回すること。》

これはまさしく「最後通牒」ではないか。米国は中共に対して一歩も引かない決断をした。77年前、グローバル勢力支配下の米国は、「ハルノート」の最後通牒をナショナリズムの日本に突きつけて、日本を追い込み戦争に向かわせた。今回それが逆転してしまった。ナショナリズムの日米が、グローバル勢力支配下の「中共傀儡政権」に対して、「米中通商協議の枠組みの草案」という最後通牒を突きつける事になった。これに恐れを為した中共は、急遽5月8日〜11日、3泊4日にも亘って日本を訪れ、日米に対して恭順の意を表明したのだと見て良いだろう。李克強の大人しさと従順さは異常であり、それを如実に証明している。その見返りの「飴」として、スワップ交渉を開始するというお土産を手にし、天皇陛下が李克強を御引見せられるという光栄まで、李克強は手に入れることができた。米国グローバル勢力の後ろ楯を喪失した中共は、「借りて来た猫」の様に大人しくなってしまった。こうも違うものだろうか。韓国大統領も一緒にのこのこと日本にやって来て、日米に恭順の意を示している。韓国は中共の手下だから、それは当然の事だろう。しかし、韓国大統領には、手みやげは一つもなかった。大統領就任1周年記念の「苺のショートケーキ」がプレゼントされたが、「ショート」は「砕け易い・脆い」という意味がある。又「韓国の苺は日本品種の流出」である事を、農水相が既に指摘している。共に韓国に対する〝皮肉〟に外ならない。直後の今月15日に発表された政府の「外交青書2018」での韓国の扱いは、「韓国は最も重要な隣国」という表現は削除され、「韓国による竹島の占拠は不法占拠」という強烈な表現が加わった。韓国にとってはとんでもないプレゼントになった。このように韓国は日米から完全に見捨てられたと言って良いだろう。これに対し韓国政府は、「独島に対する日本側のどんな挑発にも断固対応していく」と日本政府に抗議して来た。遂に安部総理は、「竹島カード」を切って来たのか。これは韓国に対する「最後通牒」にも等しい。「日韓有事」も何時でも発動可能な状況となって来た。
北朝鮮に至っては、親分の中共がそんな状態だから、お話にならない。既に北朝鮮は中共から切り捨てられていると見た方が良い。6月12日の米朝首脳会談までに、最後通牒されている「核・ミサイル廃棄」の無条件降伏を飲まない限り北朝鮮の前途はない。トランプ政権下の米国の軍事力と、国連を巻き込んだ日米の経済制裁の前に、特亜三国はどうする事もできない。唯没落するのみである。
中共が今回の米国の最後通牒を受諾しないと、中国の将来は無くなるだろう。何故なら米国の経済制裁と今回の最後通牒は、本気であるから、今後中共は貿易が成立しなくなり、瞬く間に中共経済は破綻するであろうことは、火を見るよりも明らかだ。受諾すると言う事は、過去の中共の非道極まりない蛮行の数々の一切を、放棄することも意味している。それは経済貿易だけの問題ではない。軍事侵攻、他国への過去の侵略行為、国内の政治弾圧、他国特に日本への工作活動の一切を放棄することを意味している。つまり、これは「共産主義体制の崩壊」を意味する。ということは、今まで日本において親中派として権力を握って来た政治家、マスコミ、行政の面々の入れ替えが始まるという事だ。ここまで、世界情勢が大変動しているのに、未だに「反日工作」をしている人達の気が知れない。国際情勢に関する〝無智〟を露呈している。
ここまでの道筋を付けられた余命翁とスタッフの皆様、余命読者の皆様と、安部総理、トランプ大統領に心から感謝いたします。余命翁の言われる通り「ひた押し」あるのみ。感謝合掌(あまむし)
コメント