ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

貴ノ岩、2日“第3の診断書”提出へ…日馬暴行問題20日決着へ

2017-12-02 08:55:49 | 日記

大相撲の冬巡業が3日、長崎・大村市での巡業から始まる。引退した元横綱日馬富士(33)の暴行問題を受けて、前日(11月30日)に開かれた日本相撲協会の理事会では貴乃花巡業部長(元横綱、45)を今案件に対応することを理由に同巡業から外した。理事会では20日に開く臨時の横綱審議委員会(横審)と理事会を「最終地点」と位置づけ、事態収拾をはかる。

 

 暴行問題の影響を引きずりながら、来年1月の初場所(東京・両国国技館)へ向けて、力士は動き出す。3日から冬巡業がスタート。前日の理事会では貴乃花巡業部長の帯同を認めず、代わって春日野広報部長(元関脇栃乃和歌、55)が代役を務める。

 

 余波はここにも残る。暴行で負傷した貴乃花親方の弟子で同親方の拒絶によって協会の危機管理委員会(高野利雄委員長=元名古屋高検検事長)の事情聴取がいまだに実現していない幕内貴ノ岩(27)の存在だ。

 

 貴ノ岩は冬巡業を休場する見込みだが、休場には医師による診断書が必要となる。貴ノ岩は当初、「右中頭蓋底骨折」「髄液漏の疑い」など全治2週間程度の診断書を提出して11月の九州場所を全休した。ところが、調査に乗り出した危機管理委は場所中に診断書を作成した医師へ根拠などを確認した結果、解釈が一転。場所前の時点で相撲を取ることに支障がなかったと見解が覆った。貴ノ岩の診断書は福岡市内の病院と、暴行された直後に受診した別の病院の2通あり、今回、提出される“第3の診断書”が注目される。

 

 理事会では、貴乃花親方が被害届を受理した鳥取県警の捜査終了後に協会の事情聴取に協力するという言質を取った。県警では来週中にも傷害容疑などで、元日馬富士を書類送検する方針。危機管理委ではこれを捜査終了と位置づけ、一気に年内の事態収拾へ向かうとみられる。

 

 協会は20日に臨時の横審と理事会を開き、危機管理委の最終報告を受ける。ここで日馬富士の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士、57)の管理、監督責任、10月の秋巡業最終日に被害届を提出する以前に弟子の負傷を把握しながら協会への報告を怠ったとして貴乃花親方の処分も検討する。

 

以上、サンスポ記事

 

 

>ところが、調査に乗り出した危機管理委は場所中に診断書を作成した医師へ根拠などを確認した結果、解釈が一転。場所前の時点で相撲を取ることに支障がなかったと見解が覆った。

 

TVで相撲協会での貴乃花親方の恰好は他の方々とは違っており、周りは紳士的なスタイルなのに貴乃花はヤクザみたいな雰囲気で外れ者的に見えました。

 

貴乃花親方が貴ノ岩のしつけをちゃんとやってないため白鵬から注意を受けるような力士であり、同郷の日馬富士が弟弟子みたいに貴ノ岩を可愛がって目をかけていたらしいです。だから日馬富士からみたら裏切り行為です。

 

白鵬は今回のことで、貴乃花親方には遺恨を持っており、貴乃花が巡業部長だったら巡業に参加しないと言って貴乃花は降ろされている。

 

今から、協会と貴乃花との戦いが始まる感じですね。

コメント