ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

日本が2年ぶり制覇 宿敵・韓国に3勝1分/4ツアー対抗戦・・・来年に繋がる勝利でした。

2017-12-03 19:30:48 | 日記

◇国内女子◇THE QUEENS presented by KOWA 最終日(3日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇6400yd(パー72)

 

4ツアー対抗戦は優勝決定戦でフォアサム形式4マッチを行い、日本チームが韓国チームを相手に3勝1分。勝利2pt、引き分け1ptを奪い合うポイント制で計7ptとし2年ぶりの優勝を決めた。3位決定戦では豪州チームが欧州チームに勝利した。

 

日本チームは1番手で登場した鈴木愛上田桃子のペアがイ・ジョンウン、べ・ソンウに3&2で勝利し、成田美寿々比嘉真美子は2&1で破った。りつ堀琴音は終盤17番でオールスクエアに戻して引き分け。川岸史果西山ゆかりは1UPで勝利した。

 

連覇のかかった韓国は前日第2ラウンドまで日本の2倍にあたる24ptを重ねていたが、最終ラウンドを前にポイントはリセットされていた。大会MVPには川岸が輝き、敢闘賞は韓国のコ・ジンヨンに決まった。

 

<最終順位>
優勝/日本
2/韓国
3/豪州
4/欧州

 

以上、GDOニュース

 

 

強敵韓国に勝ったことは、良かったと思います。

 

これを来シーズンにつなげてほしいものです。

 

川岸史果がMVPで、来年も若手選手の先頭を走ってほしいと願っています。

コメント

畑岡奈紗が単独首位キープ!宮里美香は34位、横峯さくらは57位で最終日へ【米女子ファイナルQT】

2017-12-03 12:27:41 | 日記

<LPGAファイナルQT 4日目◇2日◇LPGAインターナショナルヒルズコース/ジョーンズコース(6,566ヤードパー72/6,449ヤードパー72)>

来季の米国女子ツアー出場権をかけた最終予選会、ファイナルQTの4日目。全選手がこの日の競技を終え、単独首位からスタートした畑岡奈紗が7バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの“69”をマーク。3ストローク伸ばして、トータル11アンダーで単独首位をキープした。

関連写真】4ツアー女子たちがぶつかり合う!対抗戦のフォトギャラリー

3打差2位タイにはポーラ・レト(南アフリカ)、ティファニー・チャン(香港)がつけた。

トータルイーブンパー26位タイから出た宮里美香は、3バーディ・4ボギーの“73”でラウンド、スコアを1つ落としてトータル1オーバー34位タイに後退した。横峯さくらはスコアを2つ落としてトータル3オーバー57位タイで最終日を迎える。

米国女子ツアーのファイナルQTは3日(日)までの5日間で開催。4ラウンド終了時点の70位タイまでが最終ラウンドに進出し、上位の20名に来季のレギュラーツアー出場権、45位までに一部の出場権が与えられることになっている。

以上、アルバニュース

 

 

5日間競技は珍しいですね。

4日目で畑岡奈紗が2位に3打つけてトップ、あと1日頑張って1位通過してほしいものです。

 

そして来年は、アメリカツアーで成果を出してほしいと期待しています。

 

コメント