ひょっこりひょうたん島から

飽きるほどに平凡な毎日をお届けします
感謝の気持ちを常に持ち続けて ひたすら更新あるのみ
早ぐ 春 来ねべがなぁ…

ポークソーセージとキャベツと卵の炒め物

2017年05月12日 | 変わった料理




なんにもないのは毎日なのだが、逆にこれしかないとなれば、かえって作りやすいのかもしれない

瓶の中に残っていたハーブを取り出してみた
ハーブそのものにオイルがまだいっぱいついている
フライパンに入れるとあと3~4回は使うことができる

ハーブオイルは少しクセがあるが、味は意外とよいと思う
赤唐辛子など食材にピリリとほんの少しだけ辛みが付いた

以前キャベツと卵の炒め物を作ったが見事に薄味
卵を使うとどうしても卵とじのようになってしまうので、なるべくそうならないように工夫

塩コショウ、だしの素、最後に醤油を少々
ポークソーセージからも味が出ているので、味付けは簡単でいいと思った

ワインといただいてみたが、わりとよい味付けになったかもしれない
おかずはこれしかないと思うと… いや、もう一枚画像が残っていた







サバ缶にアンチョビを入れたマヨネーズで和えてみる

少し味が濃いと思うが、意外といけるので食べやすい
芝桜は一度も食べたことはないが、食べた… 韮に紛れ込んでいたのだった








この花が好きなのだが毒性のあるものらしい

名前をいつも忘れるのであとで書き足すつもり
(急に名前を思い出したので…)
ムラサキケマンという ケシ科の毒草だそうだ








少しわかりづらいが、もやっとしたねこ








このもやっとした色合いが非常によい










ようやく顔が見られたが…

あまりよいお顔立ちではなさそうだ








なんかおかしい、なんかおかしいと思っていたら、ずっと薄力粉を使っていた

薄力粉だと膨らまない、ましてや食パンはもっと難しい
けれどうまく使えば、意外とできるようである。半分パン用の小麦粉で、半分薄力粉である

小麦粉も高いから、こうして少しくふうするとよいかもしれない









今日は比較的遅くに散歩した

きのう班長の仕事としゃべりすぎで、体調を崩した
頭痛薬を飲んで少しよくなったら、夜になってまたおかしくなった
それでもう一回薬を飲んで、8時に就寝

天気も悪く、雨も降って、そして、歯痛もあったような気がした
歯痛なのか精神的なものなのかよくわからないので、歯医者に予約をいれた

最低一年は行かないぞ、と思っていたら、たった二か月でまた歯医者に…
非定型歯痛の前か その最中にも症状があったので、やはり本当の歯痛かもしれない
はっきりとした症状もあったし、これは行かないとやばいかな、と思った

ただ、クリーニングとブリッジだけは勘弁してもらいたい
これに懲りて、長電話はやめようと思った
そして、Yさんは、あんなに、着物か服か、と悩んでいたくせに

「姉に電話をして、ワンピースに決めたわ」と翌日メール
一時間以上の長電話はいったいなんだったのか… それも結婚式は10月なのよ

朝方も体調はよくなかったが、トイレに行って、ご飯も食べて、天気もよくなったし
また修理する箇所が増えたし。延々続く家の修理
そして、自分の体調のふがいなさに嫌気がさした

生身の人間だもの、たまにはいいか…
まだ4か月しか経っていないんだから、落ち込むこともない
徐々に元気になればいいさ、とはいうものの、なんでこんなに修理が続くのか

アリの発生、非定型歯痛、家の修理と続いているが、悪い事ばかりではない
私のストレスとなっていた生活スタイルと、食べ物に不安だったことが解消されている
それを思えば、これらのことはそう悪くはないのかもしれない

今回の件で、また体重が減っていた。やはり精神的に疲れると体によくないらしい
総合的に判断すると、なぜか1kg減っている。食べる量は増えている。水分も多く摂っている

けれどおやつ、というか、間食を以前のように多く食べていないのだ
それは無理をして食べていないわけではなく、必然的にそうなったのだ
揚げ物も普通に食べている。なのに、体重は減っている

もしかしたら、修理の件で人に会うことが多くなったからだろうか
こうみえて、人見知りが激しくて、会話は普通にできるが、毎日ピンポンをされるとうんざりなのだ

集金も普通にできるが、それだけで精神的には負担がかかる
夫は非協力的で今もこちらからメールをしても返ってこない

私もよく言われたものだ。「ブレーキを踏むのが遅い。おまえも息子もだ。」

そして、こうまでいう。「タイヤ、なんかおかしいな。空気圧おかしくないか?」

私の車を運転するたびに必ずそういうのだった

内心、うるさいなぁと思う。そこまでいうなら、自分でなんとかしろ
車庫にサイドミラーぶつけたのは誰だ。ぶつけたのに、へらへら笑っている
謝る、ということを知らないのではないか

それ以来、夫には私の車を貸さない。たばこを吸われることも嫌だからだ
あ、あかん。夫の悪口を書くつもりではなかったのに
女性は、なぜブレーキを踏むのが遅いのだろうか… 私は普通にやってるつもりなのだが

きのう思ったね。こんなに辛いんだから薬を飲むのは当たり前だし
薬を飲むな、というのは酷である。ごめんね、本当につらい時は薬に頼らざるを得ないよね

薬の助けを借りながら生きることも、人には必要なのだと改めて思った
本当にごめんなさい。痛みのわかる人間にならないといけないね



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野草サラダにきのこのオイル漬け | トップ | 揚げたおこげをスープでいた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む