ひょっこりひょうたん島から

飽きるほどに平凡な毎日をお届けします
感謝の気持ちを常に持ち続けて ひたすら更新あるのみ
早ぐ 春 来ねべがなぁ…

残り物一掃セール♪

2017年01月20日 | 変わった料理


2010年1月12日、白鳥の舞


夫から早朝にまた生活費の入金が遅れる、という電話
土、日と続くので、今日入れたとしてもお金は振り込まれていない

いつものようにまた喧嘩ごしになる
向こうは仕事のことで頭がいっぱいなので、私のいうことに聞く耳を持たない

最近思うのだ。姉が鬱のせいで、様子がおかしくなっていた時とよく似ているなぁと
話が止まらなくなるのだ。過去のことも現在のことも含めて、長々としゃべっている
夫もまた長引く話に辟易していると思う。だから、メールで対処すればよいのに

わざわざ電話をいれる。もう少し頭を使えばよいものを…


「もしもし、おはよー」

「はい……(おはように対して無視)」

「もしもし、おはよう、もしもし?おはよう」

「なに?」

「お金、今日帰ってから入れるから」

「また?#○×◇△↓★〇□(あーだこーだの連発!)」


そうしたら、向こうも切れてきて、ことばが荒くなっていた

お金を入れるのを忘れたので、普段と違うことばを使うのである
言い訳はしたくないから、あいさつでごまかす。だから、私の体調のことなど一切考えていない

何度か入金することさえも忘れていたというから、ありえない
雪かきで体くたくたで、年も重ねてきて、体がもつわけがない

すると、義弟にお金を渡してやってもらえばよい、というのだ
お金を出せば物事が何でも解決する、という知恵しか浮かばないのが腹正しい

待てよ。そういえば、私、夫にはもう何も頼まない、と言っていたのに、また繰り返している
心の中ではまだなんとかなると思っていたのだろう

電話してる最中に切られたので、メールで「さよなら」と送った
歯医者で2時間半も横になっていたら、気持ちがリラックスしてきて、心穏やかになった
子守歌は、「キーン、ウィ~~ン、ギュイ~ン」だった






夫婦喧嘩は犬も食わぬ、愛犬いつの間にか遠くに避難していた

愛犬、車の中で3時間待っていた
ブリッジがうまく入らない(噛み合わせ)、途中から分けて治療するといわれ仮歯となる
やっぱりなぁと思った。だから今日が最後かもしれない、と書いたのだ

そうした予感は当たるのだ。それでも、ハイ、ハイと素直にうなづく
帰り際、受付から、「これ、先生から」と渡されたのが、な、なんと歯磨き粉2本

どうせなら、歯ブラシのほうが…。うれしいやら悲しいやら複雑な気分に陥った
右奥歯も仮歯を入れながらブリッジを入れた
時間はかかってもちゃんと治療してもらえるのだから。お会計140円也

愛犬は今日も私の着ている服を下敷きにする。猫も同じようなことをするらしい
もしかしたら、自分のにおいをつけているのだろうか








夕方、ポストに車の更新手続きのはがきが入っていた

うぇ、いつもと違う場所に行かなければらない
不思議なことに、以前道に迷った時(ボーっとして曲がる箇所を間違う)、そこを通ったのだ
方向音痴、道を迷っても、違う道を覚えるもの


ワカメサラダにお茶っぱ、自家製のふりかけに、スモークアーモンド(おつまみ)の粉
しょっぱかったので、ふりかけに混ぜたら塩梅がちょうどよくなった
チキンに海塩を添えたが見えない…








お昼に急いで作った袋麺の焼きそば(ご飯に自家製のふりかけ)

豚肉、白菜、玉葱、長ネギ、キャベツ。残った野菜はキャベツと玉ねぎだけ
瓶詰の野菜はまだ何も減っておらず…通院に頭をとられ、料理に身が入らない



しかし、きのう、偶然 耳抜きができた ♪「プシュー」と左耳から空気が抜けたのだ
それから何度もやってみたが、できなくて、けさ歯医者さんの待合室でやっていたら、でけたー
先生の声がいつもより大きく聞こえた。これができるようになったら、もしかしたら通院も減る?


もう二度と繰り返さない、夫婦げんかも歯痛も。他人と思えば、問題解決

顔を見れば、声を聞けば、自然と怒りたくなる。ならば見ざる、聞かざる、
言わざるは、女の特権。土に埋めてもよいし、薬剤散布として使ってもよい


(アロニアなのだが、害虫対策としてなにかないだろうか
それができなければ、伐採するしかない)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐の前の静けさ、かな…

2017年01月19日 | 変わった料理


2010年1月10日の風景。毎年、こうした雪の中で過ごしている。鬱にもなるわなぁ…

今日は降ったり止んだり、さほど冷え込んではいない
明日で歯医者も終わるかと思われるが、長かった…
通う病院も少なくなれば、それだけ心の負担も軽くなる

ただ、「耳抜き」がいまだにできない。これができれば、と思うのだが、
何かコツのようなものがあるのだろうか
痰(鼻水?)だけは、だいぶ楽になったし、鼻の通りもよくなった

今日は珍しく便秘している。きのう温泉に入ったが、さほど汗はかいていない
体重は400g減っていた。しょっぱいうどんも食べたし増えてもよさそうなものだが
麺類を食べた翌日は必ず体重が増えていたので、意外だった

やはり人間の体は不思議としかいいようがない
おしっこに関しては、いつもそう思っている

子供に小さなカップ麺をおやつに出している、と聞いたので、
「それ、大丈夫なの?」と心配したら、「水を飲ませればいいじゃん。」

塩分の多いものをおやつとして出していることを心配したのだ
喉が渇くので水を飲みたくなる。飲めば解消されるのか?
しょっぱいうどんを食べた日、夜眠るまで喉は乾いていた








ご飯を炊くのもよいが、冷凍しておいた食パンを食べてみた

うどんの残ったスープはそのまま朝食とともに…やはりスープもしょっぱかった
アロニアジャムは、普通のジャムと違い、カビも生えることがない
その理由にアロニアに含まれる栄養素が関係しているようだ

どんなジャムでも手作りは一度封を開けると、カビが生えてくる
それが全くなく、そのままの状態だった
ザワークラウト、ソーセージなど、段々元の食事に戻りつつある…








昼食は米の麺でできた塩ラーメン

蒸したチキンはかなり重宝する。愛犬には塩気のないチキンを与えている
だから食いつきが違う。わんこに必要な肉って本当は何なのだろう…
人間と同じように管理されてかわいそうだな、と思う

CMで、リボン、ネックレスなどの装飾品で着飾った犬は確かにかわいい
しかし、犬はいぬ。本当に食いつきたいのは、肉ではないのか?

犬は全般的に骨は食べられるものかと思ったのだが、そうではないらしい
魚の骨、肉の骨もだめ、生卵もダメ、レーズンもダメ、玉葱、ニンニクもダメ…
だけど、テレビで観ていると、ケーキ、お菓子など普通に与えている家庭もある

犬(猫)も生きづらいよのう…できればお外でリードなしで遊びたいだろう
我が家の犬は、こたつはないが、布団の上でまーるくなっている…

アロニアに関して、今年どうしたらよいのか悩んでいる
昨年虫が発生し、薬を散布するのも嫌なので何か対策がないかと思っているうちに年を越してしまった
またパン種が復活したので、作り続けたいと思っている

パンの元種とアロニアジャムのセットで、欲しい人に無料で上げたいと思っていた
生のアロニアだけでもよいのだが、それができなくなると思うと少し悲しいのである
(お代は無料だが、着払いという設定)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

力が出るのはご飯?肉?

2017年01月18日 | 変わった料理


きのうの雪かき(40分)で体力を使い果たし、夜はなかなか寝付けませんでした

途中寝ていたようですが、朝も早くに目が覚めました
筋肉痛でもないのに、なぜか体中が悲鳴を上げている、そんな感じでした

「こういう時は、湯っこさ、入るべし!」








雪かき10分でおなかが空いてしまう




生まれつき、虚弱体質なのか、何を食べても力が出ない

ご飯を食べるとおなかが落ち着く。肉を食べると胃がもたれる

精神的に不安感が大きくなったのは、やはり、あの更年期障害もどき
仕事と家庭の両立の難しさ。それまでは、精神的な不安感というものは、ほとんどなかった

一人暮らしを経て、得たものは、解放感と失望感
家族という名のおろかさ…家族とは名ばかりで、ただの一度も家族だと感じたことはない
親としての心配事はあったが、親がおやでない親を持つと、これは悲劇としかいいようがない

親、子、ではなく、個々の人間として考えたほうが気楽である
子は親を乗り越え、親は子を子(個)として考えると確かに気は楽である
泣いても怒鳴っても、響かない心には、なにも感動がない

ただ、ただ失せてほしい、そう思っている
それができないのなら、自ら姿を消し、やりたいことをやればいいのだが
その勇気もなく、気力、体力もなく、毎日雪かきをしている

「雪、ふったが?」 なんていってみろよ…

雪玉いっぱいつくって、連写のごとく、バシャバシャとぶつけてやる

なにをしたら、体に力がつくのか…
温泉につかりながら、肩に手をあてる。何やら力こぶはないが、そのように発達しているようだった


「朝は、〇〇から食べましょう。夜は〇〇を摂ってから寝ましょう。」

「朝は、ご飯を食べましょう。夜は肉を食べてから寝ましょう。」

「朝はご飯もパンも食べます。夜は肉も魚も食べます。」


冷蔵庫に残っているもので毎日過ごしています。だから、ちっとも体質改善できません

神経質、物事が細かい、細かい事が気になって眠れない
逆に細かいことを忘れる、無神経、ことが大雑把
気を使いすぎて、人に疲れる、何気ないことが脳内で勝手に大きく成長し、それを終えると
なんでそんなことで悩んでいたのか、と虚しく思う

そして、ことが済むと、どっと疲れが出てしまい、体力も使い果たす
運動の疲れは一時的なものだが、精神的な疲れというものは、永遠に続く

ひとつ安心すると、また次の不安が現れる。健康な人は日常生活で普通に対処できるが
必要以上に精神的に不安になる人は、おそらく、倍以上のストレスと苦痛を伴っている
何をしても楽しいとは思えないでしょう…

私の場合は早めはやめの対処でなんとかなっていますが、脳内はすでに次の困難を待ち受けている
その内容は、ほとんど普通のこと。普通のことだが、本人にしてみれば、ちょっとやっかいなことである
なんでもないことかもしれないが、ちょっとだけ嫌なことであり、それが苦痛

だから、考えすぎ、では済まされない問題。気楽に考えれば?ということができればよいのだが…
忘れていた、ということが一番よいのである。神経過敏になっているのでそれさえもできない
また台所に立っていても、そっちに考えが及ぶので、いつのまにか、ウインナーが焦げていたり

今度はもっとわかりやすく書いてみたいと思います
一人で悩まずに、と言われても、実際一人なんだから、一人で対処しないと…
薬に頼るのは、あまりにも自分が情けなくなる。私は、わたしで、いたいのよ

性格と神経の細やかさは別物であると思います
短気、強気、頑固、怒りんぼ、ではあっても(全部 私のことかいな…)関係ないのです
また、気持ちの優しい人でもなるのですから…

本当はもっともっともーっと複雑な気持ちをもって暮らしています
病気といってしまっては、おしまいなのです
本当は優しさで満ち溢れている。うまく表現できない、心に余裕がないというのかな…








朝食のごはんに鮭の皮のふりかけ。全部食べちゃいました

肉団子スープ、ザワークラウト、煮豆







肉団子スープうどん、チキン、白菜とキャベツのサラダ(風~)

わかめを戻した水で、うどんをゆでたら、しょっぺー…
うどんじゃくて、パスタにすればよかった、かも。そんなに変わらないだろうと思ったのよ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は蒸し料理が主役♪

2017年01月17日 | 変わった料理


2010年1月10日の風景。「よぐ ふる ゆぎだなぁ…」


耳鼻科に行ったら、子供たちの姿が消えていた…
冬休みが終わったからだ。そのせいかどうかわからないが、先生無口

会計になって、いつもと違い少し安い。処方箋がないので聞いてみた
忘れたのかもしれない

調剤薬局に行ったら、薬がお昼に届くということで、自宅に送る、と言われた
今飲んでいる薬は、250mgを二錠、勧めてくれたのは、同じ薬の500mgだった
料金は20円ほど安かった。初めてのことだったので、戸惑った

今日は久しぶりにお日様が見える…








朝と夜、湯たんぽを使っている

どうしても湯たんぽのカバーが見つからなくて、別の物を使った
よく見ると、愛犬ちゃっかりと寝そべっていた
どこを探しても見つからないわけだ…








氷砂糖が解けたのでようやく飲めるようになった、バナナ酢

やはり二か月間は必要。電子レンジでもやってみたが、倍の量使ったので時間が足りなかったようだ
バナナはそのまま食べてもおいしい
定期的に飲むことはできないので、適当な時間に飲んでいる







白菜とキャベツは干したような状態でチキンの蒸し汁で蒸す

卵焼きは煮豆のつゆでつくる
チキンは海塩を使った。通常よりも高い塩なので、もったいない精神で使いまわし
ゆで卵も蒸したもの


チキンはいつも皮をはぐのだが、そのまま食べてみることにした
夕飯のおかずとなる。息子にはこの倍以上。私はご飯の量が多いのでおかずはいつも少なめ
肉は嫌いではないが、魚のほうが安心するのである
私は肉がよい、魚がよい、という考え方ではなく、単なる好みである

野菜何百g必要という考え方はどこからきているのでしょうか
それを毎日摂取したとして、体はどのように変化したのでしょうか

そもそも、毎日摂取した人はいるのでしょうか
仮に摂取したとして、健康になった人はいるのでしょうか
これを考えた人は、きちっと実践しているのでしょうか




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーブントースター料理♪

2017年01月16日 | 変わった料理


2011年、1月13日の風景。そういえば信号機はどうなったのだろうか

信号機に雪がついて全く見えない、ということがあった
新たに導入した信号機の雪はまだ確認していない

これからが本番なのだが、もう自分自身かなり疲れている
夕飯後、雪が積もっていたので、雪かきをした。その疲れがけさになっても取れない
血圧、上昇…

横になっても気分がよくならないので、動物病院へ
昔から体調が悪くても、動いているとよくなった

仕事をしていた時もいつもそうやって過ごしていた

「黙って横になってると、かえって具合が悪くなる。こうして働いてるほうがまだまし」

昔の同僚が私と同じことを言っていた

彼女は私より早くに辞めたのだが、それ以来一度も顔を見ていない
彼女だけだった。いったいどこでなにをしているのだろう…









オーブントースターで作るパンは、やわらかく、美味しい







元種の味を確かめる為に、フライパンで焼いてみる

これで酸味がなくなれば、いよいよパン種として使える







ハンバーグの種をそのまま焼いた。余熱はしっかりと利用する







油を使わない料理もできる。鮭、肉などに衣をつけて(マヨネーズが隠し味)







クッキーも手軽に作れる♪



もうひとつ紹介したかったのだが、画像がない
そこで久しぶりに作ろうと思ったら、適当な器が見つからない
使う分だけ出して、他を整理してしまったのだ

すぐに見つけられるのだが、いつも後回しになってしまう
自分も久しぶりに作るので楽しみである…


便利といわれる家電が、本当に便利なのか?
36年前に買ったオーブントースターは今でも使っている

炊飯器は壊れてはいないが、ご飯が美味しくないと思って、それ以来土鍋で炊いている
(炊飯器は別の料理に使っている)
土鍋の蓋も割ってしまったが、別の土鍋の蓋を利用して使っている

もう古いんだから捨てる、という気持ちには全くならない
便利な機能はいらない、かえってじゃまになる。故障したらその分高くつく




コメント
この記事をはてなブックマークに追加