情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サブタイトルは、国民を戦争に巻き込む抜け道「駆け付け警護」を許すな!~駆け付け警護集会

2007-09-20 03:51:22 | 有事法制関連
 9月19日に行われた「文民統制無視発言」抗議集会には、なんと100人近くの方が集まり、国会議員も5人くらい参加して大いに盛り上がった。大手メディアがほとんど報道しない中、関心をもって「駆け付け」て抗議して頂いた皆様、本当にありがとうございました。この問題は、今後もとことん、追求していきましょう!

 ご応募頂いたサブタイトルは、

国民を戦争に巻き込む抜け道「駆け付け警護」を許すな!

 とさせていただきました。

東西南北さんの「駆けつけ警護は国民を戦争へ巻き込む道」とアズキさんの「許すな!駆けつけ警護も憲法違反なり!」をフュージョンさせていただきました。

ということで、お二人をはじめコメント頂いた方、ありがとうございました。

 集会ですが、国会議員からは、「国政調査権を使って墨塗り部分の資料を明らかにさせたい」、「駆け付け警護は明らかに違憲」、「今止めないとこの動きが拡大する」、「自衛隊という組織として駆け付け警護をするつもりだったことが明らかとなった以上、当然質問する」などという力強い声が上がっていました。

 また、前田哲男さんは、カンボジアPKOの頃から駆け付け警護を狙ってきていたことなどを紹介してくれた。

 印象に残ったのは、高田健さんが紹介した小田実さんの言葉。

「戦争を知らない人は、町中を軍歌が鳴り響くなか、戦争は始まると思っているらしいが、そうでなく、日常のうちに戦争になっていくんだ」

これを胸に刻んでおきたい。

冒頭の切り抜きは朝日新聞9月2日版。いいこと書いているよね。でも、ここまで書くなら、佐藤正久発言も取り上げてよね。

【関連記事】
国民を騙すつもりだった~佐藤正久は議員として不適切、直ちに辞任せよ!
(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/6068073902aacc36000843a94e8bac4c)
自民党は、自衛隊の暴走に歯止めをかけるつもりはない!~新憲法草案と佐藤正久発言と (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/480d661556e4bcaa958d44e4426f2c9d)
ブロガーは連帯する!~マスメディアは連帯できないのか?:佐藤正久発言への対応 (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/f1716eed9c119b74ec350e3429896524)
柳条湖事件を反省しつつも佐藤正久「巻き込まれてでも戦争に参加する」発言を批判しない朝日は歴史評論家? (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/be25c133c253edcdbe5c2778fd5bb6ae)
NHKに佐藤正久議員の暴言を報道するよう要望しよう~次期経営計画について意見募集中 (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/023fdf2610b534c7d717fd3da88a1ffa)
ヒゲ隊長こと佐藤正久参議院議員に市民有志が公開質問状提出へ!:NPJより (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/b6b645b6bde4ae3c306b2d8dbfa8d3bf)
佐藤正久ヒゲ隊長の巻き込まれ発言に公開質問状送付会見報告(杉浦弁護士ブログより) (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/c5e27ff547df05be9a75ea8e873256a5)
文民統制を無視!~ヒゲ隊長巻き込まれ企図に栗栖更迭事件より危険なものと警告(東京) (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/ca03838bdb3dc2513a8782f8c8b02f8a)
シビリアンコントロール無視のヒゲ隊長発言を容認した小池防衛相の責任が問われている(赤旗) (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/3f01fc3b11317713c7733625f05e8bae)
小泉臆したか~ヒゲ隊長「巻き込まれ」攻撃発言公開質問状を受領拒否!(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/8cd358b80a9bde5b4a13a72fd802868e)
【転載熱望】佐藤正久巻き込まれ発言は、自衛隊としての方針だったことを裏付ける書面をNPJで公開! (http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/6548165e47df4ba6a3a443d58c64dedf)
TBS、東京新聞が佐藤正久「巻き込まれ」発言が自衛隊としての組織的方針であるとの文書、報道(http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/25e6188efe1cbe2295a38f8c902b107d)
佐藤正久「巻き込まれ」発言で、北海道新聞が市民の抗議を記事に~陸自隊員を抱える地域の不安に応えるhttp://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/af9f5ca7ed880c045eae2c3daf4a7dd0
道新が社説で佐藤正久「巻き込まれ」企図を批判!~続くのはどこだ…http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/9629a654d96a0f1d792ec4db58328b59
TBSサンデーモーニングが、佐藤正久駆け付け警護発言を取り上げ、断罪!http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/b86510bf6c91d952e715f54c40de1a8f
続いたのは、中日新聞、コラムで佐藤正久駆け付け警護企図を批判http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/f718616aa5405531584b069d0ab01da0
佐藤正久「駆け付け警護」問題で前首相回答できず~そりゃ、15年前からの方針じゃぁねぇ… http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/2a571dcbdba5d3da5b07abccad84f6f7
佐藤正久「駆け付け警護」問題で新潟日報が、公開質問に『愚直』に答えるようコラムでこら! http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/1d61ff2dca6c97747ec4ec257f7277b0











★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。転載、引用大歓迎です。なお、安倍辞任までの間、字数が許す限り、タイトルに安倍辞任要求を盛り込むようにしていましたが(あまり実行できなかったが…)、辞任したので中止します(ここ←クリック)。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これが日本の司法の現実!“”... | トップ | 駆け付け警護発言抗議集会を... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
纐纈厚さんの記事について (Devlin)
2007-09-20 16:08:50
記事、読みました。憶測の域を出ませんが、インタビューで纐纈厚さんは佐藤正久発言に言及していたのに、聞き手の林恒樹が意図的に削った可能性は少なくないと感じました。

「議員によるチェックに加え、調査権を持つ軍事オンブズマンや防衛監察委員の設置、兵士による労働組合の結成など・・・」と、少なくとも四重のフェイルセイフで暴走を防ぐのが常識なのに、この国は「現場の隊長」の一存で戦闘行為がはじまってしまう。

纐纈さんは、「政治家はこれまで自らの役割に無自覚であり過ぎた」その理由として「防衛官僚による『文官統制』が機能していたこともあり」と簡単に片付けていますけど、実際は逆ではないのか、という印象があります。敬して遠ざけ、実は現場(幕僚)に丸投げしていたのではないでしょうか。2006年3月に発足して一年半しか経たない統合幕僚監部(500名)が権力内部で大きな力を持ち始めている疑いがあります。

「急速に力をつけてきた自衛隊を『だれが』『どう』統制していくのか」

現場を知っているから、などといって手前勝手な理屈を捏ねる輩は、議員失格というべきでしょうし、文民統制を逃れようとする危険な芽は早めに摘み取ってしまわないと、手遅れになりかねません。


関連情報: 佐藤正久/テロ特措法・駄法螺講演

http://megalodon.jp/?url=http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/jikyokushinwakai/kouenkai/seimin.html&date=20070920153056
2007年 10月3日「政民合同會議」のご案内 「テロ特措法の延長反対による波紋」(時局心話會 http://www.fides.dti.ne.jp/~shinwa/
講師/佐藤正久
いわゆる「テロ対策特別措置法」で日本が方針を転換すれば、日米関係、そして日本の国際的地位にどのような変化を及ぼすことになるのか。現場を肌で知り尽くした元自衛官として、今回の動きを分析する「見逃せない緊急企画」。
【日時】 平成19年10月3日(水)AM11:50~
【場所】 参議院議員会館1階「第1会議室」
サブタイトル。 (東西南北)
2007-09-21 01:30:49
「ご応募頂いたサブタイトルは、『国民を戦争に巻き込む抜け道「駆け付け警護」を許すな!』とさせていただきました。」
 
「東西南北さんの「駆けつけ警護は国民を戦争へ巻き込む道」とアズキさんの「許すな!駆けつけ警護も憲法違反なり!」をフュージョンさせていただきました。ということで、お二人をはじめコメント頂いた方、ありがとうございました。」

 おー。フュージョンしてフューチャーした模様。感謝。各自の持ち場で言論し、自公政権を崩壊させるべし。野党議員には励ましになったかな。がんばれ野党。
「テロ特措法」の中身は憲法違反 (ゴンベイ)
2007-09-21 02:50:00
反米嫌日戦線「狼」(アカにサヨおなら): 「テロ特措法」の中身は憲法違反
http://anarchist.seesaa.net/article/55700179.html

>週刊朝日9/28号の記事で憲法学者の小林節が、安倍が執着した「テロ特措法」の国益は詭弁だ、と主張している。

>小林節は改憲論者であるが、憲法の基本原則である「権力の規制」にのっとり、海外への派兵などは憲法で厳格に歯止めをかけておくべきだと指摘している。
採用いただき (アズキ)
2007-09-23 12:40:30
ありがとうございます!!思わず「やった~~!!!」と声を上げたりしてしまいました。嬉しいです!!(^0^)/~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

有事法制関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

噴飯どころか激怒の法務省アニメ (高野 善通のブログアネックス)
 昨日18日は、光市母娘殺害事件3日連続差戻審が行われたほか、注目の長浜幼児殺害事件の論告求刑公判も行われ、予想通りの死刑求刑でした。例によって「中国人の殺人犯は死刑にしろ」というネット世論が持ち上がっているようで。。。    さて、法務省が裁判員制度...
07年9月20日・木曜日 インド洋の自衛隊 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
 07年9月20日・木曜日 インド洋の自衛隊  私たちはテロ特措法と言われても、特措法が施行された途端に物価があがれば国民はすぐ反応するのだが、そく生活に関係ないので何となく認めていたのだろう。  そして特措法のためにどのくらいのお金が必要かも全く知らされて...