情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【胆のう末期癌宣告後300日目】栄養補給について~その1+告知の状況

2012-03-19 01:47:59 | 胆嚢癌(腹膜播種あり)手術不適応患者の記
292日目:2012年3月10日
293日目:2012年3月11日
294日目:2012年3月12日
295日目:2012年3月13日
296日目:2012年3月14日
297日目:2012年3月15日
298日目:2012年3月16日
299日目:2012年3月17日
300日目:2012年3月18日

【癌告知について】
 私に対する癌告知の状況について、私がきちんと説明しないままにしていたため、誤解が誤解を生んでしまったところがあるようなので、改めて正確に記しておきます。
 2011年4月中旬ごろから、下痢が続くようになり、いつも深夜の会見後食事を一緒にしていた木野龍逸さんとの食事の際、おかゆなどを中心とした食事をするようになりました。心配した木野さんは精密検査を勧めてくれました。病院に行ったところ、とりあえず、疲れではないかと言われ、確かに疲れは貯まっているから、下痢止めをもらって様子を見ることにしました。
 その後、再度、診察を受けたのですが、治らず、5月下旬になって、急に便秘になったのです。これは、ちょっと変だと思い、もう一度、診察を受けました。
5月23日のことです。この時、担当したベテラン医師は、触診でどうも、胆のう癌に気付いたようで、できるだけ早くエコーを受けるよう指示。そこで日のうちにエコーを受けに行ったところ、「今日は二人で見させてもらいます」と技師に言われました。このとき、ちょっと嫌な予感がしたのです。そして、最初の技師が肝臓辺りを頻繁に確認しているので、なぜ、下痢や便秘なのに大腸辺りではなく、もっと上をチェックするのだろう…、そう思いながら、検査を受けていました。途中で別の技師に代わりました。二人めも同じ部分を重点的にチェック。これはいよいよ、その辺りに何かあるのだろう、と確信しました。
 その日のうちに医師の説明がありました。「肝臓(私にはそう聞こえたのですが、胆のうだったのだと思います。)に本来、数ミリであるべきところが数センチになっているところがある。早目にCTなどを受けるように」という趣旨でした。
 私は、腫瘍であることを前提にしてかまわない流れだと思い、「悪性の可能性がありますか」と聞いたら、医師はうなずきました。24日は仙台高裁で刑事事件の最終弁論がありましたので、25日の予定をキャンセルし、検査の予約を入れてもらいました。
 5月25日、CT及び直腸カメラ検査などを受け、外科を統括する医師などから①胆のう癌であること、②すでに腹腔内への転移が複数あり、手術、X線による治療は無理であること、③化学療法しか選択肢がないこと、④余命は半年もしくはそれ以下、化学療法が効けば1年、効く確率は2~3割、抗がん剤は3種類との説明を受けました。
 5月26日に入院し、5月末か6月始めに弟夫婦が上京し、さらに細かい告知と治療方針の説明を受けたのです。
 弟夫婦と細かい告知を受けたときに、7~8人くらいの方がお見舞いに来ていました。岩上安身さんも続けていらっしゃったのではないか、と思います。私は、この時に、自分が受けた告知をCT画像や告知説明文などを使ってお見舞いに来ていただいた皆さんに説明しました。ですので、この時に私が初めて告知を受けたのではないか、という誤解をされている方がいらっしゃるようです。岩上さんもその一人で、私は先日のジャーナリスト学校で岩上さんが誤解をされた発言をされているのを横で聞きながら、体調が悪かったため、そのままにして会場を去りました。
 そこで、おそらく、告知時期についての誤解が広まったのだと思います。その誤解に、さらに冗談半分の情報なども入り混じり、少し誤解を生んでしまったようです。
 以上が正確な経緯です。岩上さん、すぐに訂正せずにすみませんでした。岩上さんがあのときに初めて私が告知を受けたと思ったのは当然です。が、以上のような経緯が正確なところです。そのほか、誤解されていた方、すみません。
 なお、現在、「説明なしの消費税増税反対キャンペーン」(※1)中です。東電原発事故で私たちは痛い目に遭いました。説明なしに国民負担が課せられることの問題を実感しているはずです。それにもかかわらず、増税を簡単に認めてしまえば、官僚は市民を軽んじることを躊躇しなくなるでしょう。ぜひ、キャンペーンに参加してください!
※1 http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/fdc51678c2a526dbd9f3f160ca3c7405


【栄養補給】
 大人の一日に必要な栄養摂取量をご存知ですか?私は病気するまで知らなかったのですが、1800キロカロリーだそうです。お腹が癌で圧迫され、必要量が取れない状態が続いていたため、体力が減退し、また、浮腫みなどの症状もでています。そこで、点滴によって効率よく栄養補給をする方法、中心静脈栄養法を行うことにしました。在宅でもケアできるものです。
 この栄養法は、高カロリーの輸液を点滴するというものですが、通常の点滴では濃度が濃すぎて血管が傷むため、ポート(冒頭の写真参照)という管を体内に設置し、その管を通して輸液を心臓近くまで送る必要があります。そのために、簡単な手術が必要で、15日に行いました。現在、自分で処置するための練習中です。
 
 
【ペインコントロール】
 現在、レギュラー薬オキシコンチン(朝15、昼10、夜15)で癌性の痛みには対応できているようです。動くと生じる疼痛は楽になり、当初のような一歩ごとに響くということはなくなりました。動くと痛みが出ますが、しばらく安静にすれば、痛みは消えます。ただ、問題があるのですが、それは次回に…。

【浮腫み】
 すでに、ご報告した通りです(専門の看護師の指導を受け、3種類の包帯で圧力をかける方法を習って実行したところ、改善されました)


【味覚障害】
 相変わらず。(亜鉛をとっているが改善せず。塩味が立ち、ほかの味は弱い。旨みを感じられるのが救い。)→19日未明の教育テレビで機内食を改善するプロジェクトを取り上げていましたが、この中で、機内の環境では塩味と甘味の感受性は大きく変化するが、旨みの感受性は変化しないため、旨みを重視した機内食を開発したということがレポートされていた。旨みの味覚は、食材そのものによるものだから、調味料から感じる味覚よりも古くから備わっており、それゆえ、あまり変化がないのかもしれないですね。

 
【292~300日目の活動】 
 3月11日、番外編「検証 福島原発事故・記者会見‐東電・政府は何を隠したのか‐」出版記念「自由すぎる報道座談会」番外編@ロフトプラスワン
 3月16日、NPJ連続対談企画~無制限10本勝負~第4回「こんなに遅れている日本の情報公開制度」ゲスト:三木由希子さん(NPO情報公開クリアリングハウス理事長)など
 
 
【基礎情報】
プロフィール:年齢49歳 男 ここ十数世代はおそらく日本土着系(広島県出身) 身長約170センチ(少し縮んでいます) 体重約50キロ(大学時代から罹患前までは53キロ±2キロで推移) 独身(結婚歴あり。子供なし) 大卒 専門職(新聞記者後弁護士) 主な病歴としては副鼻腔炎手術 喫煙歴大学在学期間のみ 趣味旅行 氏は、日隅(ひずみ)です。「日隈(ひぐま)」ではありません。一度、宅配の人に「しろくまさん」とドアの向こうで叫ばれて固まったことがあります。「日」の左側の棒が長かったので、「白」に見え、かつ、隅を隈と読み間違えたのでしょうね(笑)
告知:2011年5月25日「余命半年。抗がん剤が効けば1年。効く確率は2~3割」
病名:胆のう癌ステージ4、腹膜播種、結腸など大腸の狭窄数か所、外科治療、X線治療は不適応。基本3治療のうち選択肢は化学療法のみ。(セカンドオピニオンでも確認済み)
進行状況:腹膜播種部分3箇所ほどが増大(最大のものは掌大?)、大腸狭窄進行、転移なし
治療状況
 抗がん剤:ジェムザール(点滴)+TS-1(一日2回服用)
 免疫:樹状細胞療法+リンパ球療法
 丸山ワクチン:A型週3度接種
 漢方薬:個人輸入
 サプリ:フコイダン、βグルカン、αグルカン(2種)、ビタミンC、梅エキス。青汁と穀物加工型サプリについては、消化力が落ちていること、食事量が限定されていることから、一時停止。
 整体など:日本式、中国式、理学療法、鍼灸、ヒーリング
 食餌療法:フレッシュジュース、玄米などを中心にした食事をしていたが、12月から食事量が極端に減ったため、食べられそうだと直感するものを食べるようにしている。


【今後の公的活動予定】
◆4月14日 NPJ連続対談企画~無制限10本勝負~第5回拡大特別編「バトルロワイヤル・震災報道」→詳細は後日



 



◆◆以下、基本的に毎日掲載しているものです◆◆

●新刊で~す。購入していただける場合意、印刷して近くの書店にお持ちください●


●アマゾンはこちら→ http://ow.ly/8fo8o



●日本、特に東北・関東の保護者必読の書●

「ICRP Publ. 111 日本語版・JRIA暫定翻訳版」(http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,76,1,html)

「緊急時被ばく状況における人々に対する防護のための委員会勧告の適用(仮題)=109」
(http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15290,76,1,html)

アメリカ科学アカデミーの文献「BEIR-VII」(Biological Effects of Ionizing Radiation-VII、電離放射線の生物学的影響に関する第7報告)
http://archives.shiminkagaku.org/archives/radi-beir%20public%20new.pdf


◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる単独会見、午後5時ごろからの統合本部会見の2回となっている。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆東電会見に出席し続けている木野龍逸さんへの支援金の振込先口座は下記のとおりです。

 郵便局の振替口座
 口座番号は、00100-5-362362
 口座名称は、木野龍逸支援の会(キノリュウイチシエンノカイ)


 なお、銀行からの場合、
 ゆうちょ銀行
 〇一九店
 当座預金
 0362362
 にお願いします(できれば郵便局の振替でお願いします)。



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連の東日本大震災・原発事故災害復興支援活動】
→ http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/higashinihon_daishinsai.html





◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



 ●今回の原発事故から、原子力村の実態、大手マスメディア経営陣がそれに取り込まれている実態が明らかとなりました。この実態を打破するための仕組みを紹介した拙著を紹介させていただきます。もし、このブログをお読みの方でまだ、これらの本に目を通されていない方は、最寄りの図書館にリクエストしてお読みください。外国でどのような対策が実行されているかがお分かりいただけると思います。今後、3・11の再来を防ぐための具体的な方法のいくつかだと確信しています。








★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「代表なくして消費税増税な... | トップ | 脱原発3国同盟が世界を救う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

胆嚢癌(腹膜播種あり)手術不適応患者の記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。