情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄

知らなきゃ判断できないじゃないか! ということで、情報流通を促進するために何ができるか考えていきましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

校庭での線量限度20mSvが何を意味するかは、それぞれで確認してほしい~国際機関の文献必見

2011-04-30 01:13:07 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 原子力災害対策本部が起案し、原子力安全委員会に助言要請した上、文科省に福島県に指導・助言を行わせた【福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方】(※1)に対する非難が高まっている。この考え方は、国際放射線防護委員会(ICRP)の見解に基づきつつ、【児童生徒等が学校等に通える地域においては、非常事態収束後の参考レベルの1-20mSv/年を学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安とし、今後できる限り、児童生徒等の受ける線量を減らしていくことが適切であると考えられる】(※1)ことから、決定されたものだ。

※1:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305174.htm

 そこで、この非常事態収束後の参考レベルとは何を意味するのか、ICRPの文書の当該部分をまずは読んでほしい。「ICRP Publ. 111 日本語版・JRIA暫定翻訳版」(http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,76,1,html)の48~50項(34/76~35/76)である。

 重要なことは、現場の住民の意見を入れてどのような数値とするかを決定すること、また、1~20mSvの低い方の値で決定すること、長期になる場合は1mSvとするべきであること、などだ。

 果たして原子力災害対策本部、菅首相や細野補佐官は、この111を読んでいるのか、読んだ上で、あえて、最も危険な20mSvを選択し、安全だとデマを流しているのか?


  繰り返しますが、まずは、この111をご自分で読んでほしい。

  なお、「緊急時被ばく状況における人々に対する防護のための委員会勧告の適用(仮題)」については、http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15290,76,1,html から入手できます。こちらも合わせてご覧ください。



  ところで、木野龍逸さんへのカンパありがとうございます。いつものように、住所(もしくはイニシャル)と金額を掲載することでお礼に代えさせていただきます。

木野さんのツイッター→@kinoryuichi 
      http://twitter.com/#!/kinoryuichi
木野さんのブログ→キノリュウが行く(http://kinoryu.cocolog-nifty.com/)

 
24日、町田市1500円

25日、Sさん7000円、Yさん2000円、Sさん3000円、神奈川県1万円、練馬区3000円、長崎県1000円、Mさん1万円、京都府5000円、Sさん2000円、Hさん1万円、Wさん3万円、Sさん1万3000円、山口県3万円、中野区1000円、埼玉県5000円、江東区3万円、埼玉県1000円、江戸川区1500円、渋谷区1000円、江戸川区5000円、

26日、Mさん3000円、Sさん1万円、Bさん1万円、Hさん1万円、Nさん5万円、神奈川県1000円、Nさん1000円、Tさん3000円、墨田区1000円、江戸川区1万円、大阪府1万円、埼玉県1万円、徳島県5000円、埼玉県1万円、世田谷区2000円、岡山県2000円、杉並区5000円

 これまでの累計で120万110円です。すでにお伝えした通り、当面の生活費として、そのうちの16万9000円を木野さんにお渡ししています。4月末にさらに20万円を生活費としてお渡しします。










◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

【続報あり】東電原発事故会見拒否の理由とされた訴訟の概要~原発とは無関係の証

2011-04-28 12:24:07 | メディア(知るための手段のあり方)
 東電原発事故会見への出席が拒否された件で、私を拒否する理由とされた裁判の概要を紹介する。これを担当している代理人である弁護士が会見に出席できない合理的な理由は何なのだろうか?私がこの問題に関係ある質問をしたら、拒否すればいいだけのことではないか?

●●●●●以下、NPJの訟廷日誌(http://www.news-pj.net/npj/2009/kouatsusen-20091225.html)から引用●●●●●


 
【提訴に至る経緯】
  高圧線下の土地については、高圧線が存在することによって利用制限されるため、一定の補償が支払われている。
  原告らは、昭和56年ころから、那珂市内で牧場を経営してきたところ、補償費については周辺は同額という東京電力の説明のもと、 送電線路架設契約を締結して、当初1平方メートルあたり年額27円、平成11年から同49円を受け取ってきた。
  ところが、平成18年に、隣地で同200円が支払われていること、さらに近隣では同300円が支払われていることが判明した。
  そこで、東京電力に遡って値上げするよう求めたが、東京電力は将来分についてのみ増額する旨通知してきた。
  原告らは、高度の公共性を有する東京電力の姿勢に堪えかね、提訴することとした。

【請求の原因】
  まず、送電線路架設契約は、詐欺(取消)、錯誤(無効)、あるいは公序良俗違反(無効)により、取消あるいは無効となる。
  したがって、東京電力は、理由なく本件土地上に高圧線を架設していることになるため、周辺と同等の適正な補償費相当額について不当利得を得ており、 それを返還する義務を負う。

【訴訟のポイント】
  公共性の高い電力会社が合理的理由もなく、補償費の額に差をつけることが許されるのか。

●●●●●引用終了●●●●●


★冒頭の画像の映像はこちら→http://www.youtube.com/watch?v=v_Lk8-yK-H0
 



【続報】直後に回答来ました。「可」です。皆さま有難うございました→「申請をいただき、ありがとうございました。登録をさせていただきましたので、おしらせいたします。福島原子力発電所事故対策統合本部 」



◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

会見のテーマと関連のない訴訟の代理人が会見に出られないのはなぜ?~メディアの中立性とは

2011-04-27 20:58:52 | メディア(知るための手段のあり方)
 東電原発事故に関する会見に先月16日から参加してきたが、統合対策本部の主導で、本部、保安院、東電、文科省、原子力安全委員会の合同で行われるようになったのを機に、私は会見からはずされるようになった。つまり、NPJ(News for the People in Japan)の編集長として申請しても回答が来なかったのだ。人づてに、私が東電を被告とする訴訟(原発とは無関係)の代理人をしているからだという理由を聞いてはいた。しかし、正式な回答がないので、反論すらできないまま時間がたった。今日の会見で岩上さんのスタッフが私のことについて確認してくれ、正式に、代理人であることが理由で許可されないことが細野補佐官の口から説明された。

 これは極めて興味深いことになった。

 つまり、東電から億単位の広告費をもらっている大手メディアよりも単にテーマの違う訴訟の代理人をしている私の方が利害関係が深いということになるからだ。

 いや、それとも、利害関係の深さではなく、敵対的な方向にありうるものは入れないが、友好的な方向にありうるものは入れる、ということなのだろうか。


 実は、本日、裁判所に会見への参加を求める仮処分の手続きを行った。というのも、昨日の会見で岩上さんがマスメディアと広告料の関係について細野補佐官に質問した時、細野補佐官は、仮にこれまで広告料がマスメディアの在り方をゆがめたとしても、この一大事にはそんなことは関係ない、という趣旨の発言をした。それを聞いて、決意した(※)。もし、昨日の深夜を回っても、私に案内が届かなかったら、法的手続きをとるしかない、と。

 
 完全に平等権に反する。広告料をもらっているマスメディアはスルーで記者を送り込める、NPJのほかのメンバーには許可が出ている、私にだけ許可を出さない。その理由は、私が別件の訴訟の代理人をしているから…。

 あえていうが、その別件訴訟によって私が得る利益は、おそらく、時間に換算すれば、事務所の経費すら出ないようなものだ。その仕事をする間、別の仕事をしている方がいいくらいだ。弱者のために、という某先輩の誘いに乗ったのがきっかけの訴訟だ。

 この間、ず~と出席してきた東電の会見で私が関連する訴訟に関係のある質問はしたことはないし、原発事故を伝える際に、その訴訟に関連することに触れたこともない。

 そもそも、東電単体の会見には出ることができていたのに、統合本部という政府、東電混成チームの会見に出ることができないことにも納得がいかない。


 私の東電との利害は、国の一大事よりも大きく、私の取材・報道姿勢をゆがめるのだろうか?

 そもそも、仮に私の取材・報道姿勢がゆがんでいるとしても、それによって不利益を被る可能性があるのは、私から情報を受け取る人であり、東電ではない。東電にいかなる不利益があると言うのか?



 ※「今回の事態はそういう状況をはるかに超えていると思いますよ」
 「大企業でこれまで原発のことでものが言えなかったと言われるような企業やそこに努めている方々もそういう前提を完全になくして判断するような状況になっていると思いますよ」
 「すべての国民がこれまでの前提を白紙にしていろんな議論をすべき時期が来ていると私は思う」(http://www.ustream.tv/recorded/14288549 の14分30秒当たりからご覧ください。細野さんの発言は15分15秒から)

 …私も日本に住む者の一人としてできることをしたいと思っているのに(涙)。




 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東電原発事故外国人記者向け会見が無視された日~共同会見開始とは偶然?

2011-04-26 00:45:43 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 東電原発事故に関する会見が、統合対策本部の主導で、本部、保安院、東電、文科省、原子力安全委員会の合同で行われ始めた25日昼、官邸で行われた外国人記者向けの会見に出席者が1人もいなかった。これは偶然の一致だろうか…。

 この合同記者会見が行われることが東電から発表された際、事前登録が必要とされたことから外国メディアには十分に周知したのかと尋ねたり、通訳は付けるのかと聞いたが、そのような配慮を払うそぶりは見せなかった。そればかりか、東電の広報担当者は、外国人記者クラブに加盟したり、外国記者登録証を持っていない外国メディアは拒否するということか、という私の質問に対し、回答を拒否した。

 そして、迎えた合同記者会見初日の昼、外国メディア向け会見に1人も参加しなかった。これは、偶然の一致なのか、それとも、抗議の表れなのか…。

 いずれにせよ、日本の官邸での発表が外国メディアにとって取材する必要すら感じないほど、空疎なものになっていることは間違いない…。


 24分を回ったところで、「何か質問はありませんか?」と空席に向けて確認したうえ、「会見に来てくれてありがとう」と空席に向けて投げかける挨拶…。

 本当に涙が出るよ…。 

 ニコ生のURL→ http://live.nicovideo.jp/watch/lv47629561?ref=top


 なお、3月17日から、ノーギャラで東電取材を続けている木野氏を支援する基金にさらに続けて多くの方から支援をいただきました。入金確認日と都道府県(記載のない場合はイニシャル)、金額を書くことでお礼に代えさせてください。ありがとうございました。

 21日、Hさん5000円、Iさん2000円、武蔵野市4000円、Mさん5000円、Oさん1万5000円、Iさん5万円、杉並区1万円、板橋区1000円、熊本県1000円、板橋区1万円、杉並区5000円、宮崎県5000円、大田区3000円、北海道5000円、宮城県4000円、横浜市5000円、大阪府1万円、文京区1万円、横浜市1万円、北海道5000円、渋谷区1万円、国分寺市5000円、杉並区5000円、大阪府2000円

 22日、Oさん1000円、Iさん2000円、Oさん5000円、Oさん1万円、Sさん1万円、Nさん1万円、Tさん1万円、栃木県3500円、兵庫県1000円、Oさん5000円、Nさん5000円、Iさん1000円、兵庫県1万円、神奈川県1万円、静岡県5000円、埼玉県2000円、Mさん1万円、Kさん1万円、板橋区5000円、埼玉県5000円、新潟県5000円、福岡市5000円、山形県1万円、中央区1万円

 23日、愛知県1万円

 これまでの累計で90万5110円です。すでにお伝えした通り、当面の生活費として、そのうちの16万9000円を木野さんにお渡ししています。

 木野氏支援口座は下記のとおりです。

 郵便局の振替口座
 口座番号は、00100-5-362362
 口座名称は、木野龍逸支援の会(キノリュウイチシエンノカイ)


 なお、銀行からの場合、
 ゆうちょ銀行
 〇一九店
 当座預金
 0362362
 にお願いします(できれば郵便局の振替でお願いします)。






 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

すでに大本営発表報道が始まっている東電原発事故~メディアの監視機能に期待する

2011-04-24 23:38:23 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 いくつかのメディアが東電の福島第一原発の水棺(原子炉格納容器を水で満たして放射線被ばくを防ぐこと)について、楽観的な観測を流し始めた。日本テレビは【福島第一原子力発電所では、原子炉を冷却する方法の一つとして、原子炉そのものを水につける「水棺」が検討されている。東京電力は23日、1号機で、格納容器に水がたまり始めるという、事実上、「水棺」に向けた現象が進んでいることを明らかにした】(http://news24.jp/articles/2011/04/23/07181533.html)と流した。

 しかし、実際は違う可能性が大きい。なぜなら、原子炉への注水量は、よけいな水が原子炉から漏れないようにぎりぎりの線に絞られており、減ることはあっても、増えることは合理的には考えにくいからだ。

 それでも、東電の広報担当松本氏は、水棺が始まったかのようにミスリードする発言を繰り返した。そして、とうとういくつかのマスメディアはニュアンスの違いこそあれ、この松本発言に乗った報道をするようになったのだ。

 この原因は、東電としては、工程表に水棺が記載されているため、その工程表に沿って進んでいるというイメージを世間に植え付けたいという気持ちが働いているからだし、マスメディアとしても、前向きな話の方が世間受けするという感覚があるのではないだろうか。

 24日夜の会見でも、松本氏が同様のニュアンスで話したため、仕方なく、三択の質問をした。

 「水位が上がっているのか、水位が下がっているのか、それとも分からないのか。」

 松本氏は、いったんは、「分からない」と答えたが、その後、さらに、ごにゃごにゃと説明し、水位が上がっているような趣旨のことを答えた。

 そこで、再度、注水量が下がっているにも、水位が上がっているといえるのか、確認したところ、結局は「分からない」ということに収まった。

 このようなやりとりは何度かあった。そこで、思い余って、「(撤退を)転進と言い換えた戦時中の話を発想させるので正確に表現してほしい」と注文を付けた。果たして、この注文は東電の人たちに届いたのだろうか。

 マスメディアもこの国難の際に苦しい現実を書くのは簡単なことではないとは思うが、砂に頭を突っ込んだダチョウでは、解決することはできない。厳しい現実を伝えることこそが役割だと思う。

 明日から合同会見が始まる。大手メディア、雑誌メディア、フリーランサーが互いの質問の鋭さを競い合うような会見になることを期待したい。



 なお、3月17日から、ノーギャラで東電取材を続けている木野氏を支援する基金にさらに続けて多くの方から支援をいただきました。入金確認日と都道府県(記載のない場合はイニシャル)、金額を書くことでお礼に代えさせてください。ありがとうございました。

 19日、Tさん1万円、新宿区1000円、滋賀県5000円、Yさん1万円、東京都5000円、Sさん2万円、匿名希望さん1万円、狛江市1万円、葛飾区5000円、北区5000円、兵庫県5000円、栃木県2000円、埼玉県5000円、山形県1万円、港区1万円

 20日、渋谷区3000円、Sさん3000円、Fさん1万円、愛知県3110円、八王子市2000円、神奈川県2000円、大分県3000円、千葉県1万円、兵庫県1万円、大阪市2万円、横浜市5000円、国立市3000円、静岡県500円


 これまでの累計で55万7610円です。すでにお伝えした通り、当面の生活費として、そのうちの16万9000円を木野さんにお渡ししています。

 木野氏支援口座は下記のとおりです。

 郵便局の振替口座
 口座番号は、00100-5-362362
 口座名称は、木野龍逸支援の会(キノリュウイチシエンノカイ)


 なお、銀行からの場合、
 ゆうちょ銀行
 〇一九店
 当座預金
 0362362
 にお願いします(できれば郵便局の振替でお願いします)。






 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

これが東電の新シンボル・マークだ!!~橋本勝の政治漫画再生計画第250回

2011-04-24 10:12:12 | 橋本勝の政治漫画再生計画
【橋本勝さんのコメント】
あのチェルノブイリ事故とならぶ「レベル7」となった福島第1原発事故により
いま、東京電力が大ピンチです
「想定外」の大天災に見舞われたとはいえ
企業利益を優先し、安全をないがしろにしてきたことが事故の原因ということで
これは企業犯罪といってよい
東電は廃炉にあらず廃社にされても仕方がないといえます
でも、ここで東電がつぶれたら日本の社会のダメージははかりしれない
企業イメージとしても最悪の東電
この際、思いきったイメージ・チェンジが必要、そこで提案です
東電のシンボル・マークを変えたらどうでしょう
これまでのシンボルに防護服を着せて安全対策は万全ですとアッピールする
そのシンボルのところが防護マスクをつけた顔に見えるグッドアイデア
もっとも自社だけ、放射能から防護しているようにも見え
危険な作業は協力会社の派遣労働者にやらせ続けようとする姿勢の
表現なのかという批判を浴びるかもしれません・・・・・・
やっぱり表面だけのイメージ・チェンジでは駄目です
脱原発のエネルギー方針を掲げる企業に
東電は生まれ変わるしかありませんね!


【ヤメ蚊】
そして、私を含む原発を全力で止めようとしなかった市民全てが全世界に謝罪しなければならない…。



【橋本勝さんからのお知らせ】
『原発の是非を問う!』集会のご案内
4月29日(金)1時30分から
栃木県総合文化センター(県庁前)第1会議室にて
講演「柏崎刈羽原発はもう使い物にならない」 武本和幸氏
絵本紙芝居とトーク「脱原発しかない」 橋本勝さん




 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東電は本気で自らを被害者だと考えているのだろうか~外国支援リストを公表せず

2011-04-21 08:02:25 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 東電本社で日々行われている会見で、多くの質問がなされているが、東電はそれらの質問の多くに対し、ストレートな回答をしない。もちろん、作業が進捗している部分については、事細かく回答するが、汚染水の漏れの状況だとか、工程表の裏付けに関することだとか、作業現場の放射線量だとか、外国からの支援のリストだとか、そういう自分たちにとって不都合な情報は、のらりくらり回答し、記者を根負けさせてしまう。こういう状況が1カ月以上続いているわけだが、もしかしたら、東電の人たちは、自分たちが天災の被害者だと本気で考えているのかもしれないと思えてきた。

 日本に原発をつくる以上、過去起きた最大の震災、最大の津波を上回る規模の災害に対して、耐えられるものでなければならないのは当然のことだが、東電はそのようなものとして福島第1原発をつくらなかった。

 また、震災後も全電源停止状態になったにもかかわらず、事態を軽く見て、海外の支援を断り、かつ、海水の注水など必要な対策が遅れてしまった。

 その結果、何百万人もの市民の生活に多大な影響を与える事態を招いたわけだ。

 であれば、当然、事故状況、事故対策について、重要な情報は不利なものも含めて、自ら開示する姿勢が望まれるのは当然だ。

 ところが、東電は、常にのらりくらり。言葉では「誠意をもって」などというが、そのように思っていないことは回答内容から明らかだ。

 通常の感覚では、あれだけの被害を出しておいて、こういう回答ができるはずがない。それにもかかわらず、あのような回答をするのは、自分たちが本当に震災の被害者だと思っているとしか思えない…。

 昨日も、海外からの支援リストについて開示するようしつこく求めたところ、明らかにしたのは、ロボットや使用済み燃料プールに水を放水するコンクリート注入車両などこれまでに明らかになっているものだけだった。

 本当に市民を馬鹿にしている話だ。

 なぜ、こういう非常識な態度をとるのか?それは海外からせっかく受けた支援を無駄にしているから、公表できない、としか思えない。

 たとえば、ロボットも、操作訓練で2週間以上費やしている。これを米国人オペレーターによって操作してもらえれば、2週間前には原子炉建屋の状況を確認することが可能だったかもしれない。

 おそらく、東電は、外国人に現場のリアルな状況を見られるのが嫌なのだろう。下請け業者に操作を訓練させたうえで、ようやくの導入となったわけだ。

 そういう宝の持ち腐れがほかにもあるかもしれない、それを危惧して2週間くらい前から質問してきたわけだが、東電はいまだに回答していないのだ。

 被害者だと考えているとしか思えない、というのは、そういうことです。


 
 なお、ノーギャラで東電取材を続けている木野氏を支援する基金にさらに続けて多くの方から支援をいただきました。入金確認日と都道府県(記載のない場合はイニシャル)、金額を書くことでお礼に代えさせてください。ありがとうございました。

 17日、世田谷区1万円

 18日、Tさん4000円、Sさん1万円、Mさん5000円、Hさん3000円、Mさん1万円、Mさん5000円、Sさん5000円、Kさん5000円、Hさん5000円、愛媛県1000円、Kさん1万円、滋賀県5000円、中央区5000円、大阪府1000円、立川市2000円、静岡県1万円、北海道1万円、長崎県5000円、福岡県3000円、港区3万円、茨城県2000円、京都府1万円、愛知県1万円、板橋区5000円、神奈川県5000円、大和市3000円、神奈川県1万円、千葉県2000円、神奈川県1万円


 これまでの累計で37万円です。3月17日からの当面の生活費として、そのうちの16万9000円を木野さんにお渡ししました。

 木野氏支援口座は下記のとおりです。

 郵便局の振替口座
 口座番号は、00100-5-362362
 口座名称は、木野龍逸支援の会(キノリュウイチシエンノカイ)


 なお、銀行からの場合、
 ゆうちょ銀行
 〇一九店
 当座預金
 0362362
 にお願いします(できれば郵便局の振替でお願いします)。


★冒頭の画像は、東電の汚染水処理を支援するアレバ社のホームページから社長の紹介コーナー。この社長の紹介の詳細さ、ひとつとっても、東電の情報秘匿体質は明らかだ。



 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

【追記も】東電松本氏の「何とかなる」は、「何とかしたいが、現時点では分からない」という意味だと判明

2011-04-19 09:12:13 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 東電が発表した工程表について、裏付けとなる資料を政府に提出していないことを報告したが、それでも、「いや、東電にはその裏付けがあるはずだ」という楽観論が寄せられた。そこで、一つの例として、昨日、汚染水の処理問題について、広報担当の松本氏に質問した。ちょうど別の記者が同じ様な質問をし、松本氏は「なんとかなる」と答えたので、その「なんとかなる」の具体的根拠について聞いたのだ。

 松本氏は正直に、具体的根拠は説明できない、なぜなら検討中だからである、と回答した。

 つまり、松本氏は、2号や3号のタービン建屋やトレンチにたまりつつある高濃度汚染水について、海洋に再び投棄することなく処理できるかどうかの具体的根拠は現時点ではないことを正直に認めたわけだ。

 これが工程表の実態だ。

 今日、毎日新聞が、

 【工程表の実現性については、専門家から疑問の声が出ている。
 「努力目標という印象。原子炉などがまだ完全に制御されていない状況のため、実現はかなり厳しいのではないか」。吉川栄和・京都大名誉教授(原子炉工学)は指摘する。】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110418ddm003040117000c.html
という記事を掲載している。

 まさに、昨日の松本氏の回答はそれを裏付けるものだといえる。

 このような工程表が出されたからと言って安心させるような報道をするマスメディアは、東電と政府の広報というほかない。大メディアの幹部は、第二次大戦以来の国難であることを認識し、現場の記者が自由に報道できるようにしてほしい。現場の記者こそ、ウォッチドッグという本来の役割を果たしたいと願っているのだから…。

 また、反原発デモの際には、東電及び政府に対し、裏付けのある工程表を出すように求めるアピールを盛り込んでほしい。

 子孫に美しい日本を残すために、ぜひ!

 なお、木野氏支援基金に多くの方の支援をいただきました。入金確認日と都道府県、金額を書くことでお礼に代えさせてください。ありがとうございました。

 15日 熊本県3000円、世田谷区5000円、豊島区1万円、大阪市2000円、世田谷区3000円、国分寺市5万円、神奈川県3000円、練馬区1万円、滋賀県1万円、武蔵野市5000円、福島県5000円、札幌市5000円、千葉県1万円、港区1万円、鳩ヶ谷市1万円

 16日 千葉県5000円、神戸市3000円、渋谷区5000円、福島県5000円、大田区1万円

 以上、合計16万9000円です。3月17日からの当面の生活費などに充てさせていただきます。


画像は、ようやく動き始めたモニターロボット。


【追記】
このブログをアップした直後、午前9時30分という異例の早い時間に、汚染水のより具体的な処理方法について説明がなされ始めた。聞けば、答えるようになってきたということであれば、歓迎すべきこと。もちろん、その具体的な処理方法について、検証する必要はあるが…



 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東電が公表した工程表にはまったく裏付けがない~裏付けを出すよう抗議を!

2011-04-18 06:43:24 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 昨日の会見で、東電が工程表を公開した。「放射線量が着実に減少傾向となっている」ことを「ステップ1」、「放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑えられている」ことを「ステップ2」とする2つの目標を設定したうえ、目標達成時期について、「ステップ1」は3ヶ月程度、「ステップ2」はステップ1終了後の3~6ヶ月程度を目安として設定している。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11041702-j.html

 しかし、残念ながら、この東電の説明はまったく納得できない。

 この工程表の最大の問題は、課題とそれに対する抽象的な対応策は書いてあるが、抽象的な対応策の具体的内容がないということだ。

 本来、この工程表はあくまでも対応策のフローチャートに過ぎない。対応策それぞれについて、具体的内容が添付されていなければ、まったく意味がないものだ。

 例えば汚染水対策であれば、具体的な現状分析(汚染水の現在の貯まり状況(濃度別)、現在の汚染水の原子炉からかの流出量の予測など)及び具体的な対策(所内の現状のスペースで汚染水を保管できるスペース(濃度別)、今後増加予定のタンクやタンカーなどの設置予定(濃度別)、浄化装置の設置予定時期及びその機能など)が細かく記載された別紙が必要だ。

 そのような説明がない以上、ただの「願望」が書かれている「七夕の短冊」のようなものと批判するほかない。

 あまりにも国民を馬鹿にした対応だ。

 このままでは、東電は、再び、汚染水を放水することになるだろう。今度は高濃度のものを。そのときには、裏付けもないままこの工程表を信じた全ての市民が世界から非難されることになる。なぜ、工程表の裏付けを出すように求めなかったのか、と。海洋汚染の共犯ではないか、と。


 現政権は、事故対策を東電に丸投げし、政府調達による事故対策を一切していないことが、原口元総務大臣の会見で明らかになった(自衛隊と消防隊を除く)。

 生き残りをかけてリストラすると発表している東電に二重、三重の構えが必要な事故対策ができるはずもない。

 工程表に書かれた対策の具体的内容を出させたうえ、不十分な点、見落としている点などを、世界の英知で補足しなければ、今回の原発事故は解決されることはない。

 官邸、保安院、原子力安全委員会に対し、こんな裏付けのない書面で納得せず、裏付けを直ちに出させるように抗議を!そして、東電にも当事者として誠意ある対応をとるように抗議を!









 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな水漏れか?と批判的に書くニューヨークタイムズ…書けない日本のメディア&木野氏支援詳細

2011-04-17 10:30:46 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 昨日の会見で、高濃度放射性物質汚染排水が流出していた2号機の配線ピット付近の海水の放射能濃度が再び高くなっていることが発表された。東電は、これをシルトフェンス(汚濁拡散防止水中カーテン)を設置した効果だと前向きな解釈を示した。そして、なぜ、横ばいではなく、高くなったのかについては、貯まっていた放射性物質が水流でまきあがったというような趣旨の解説をした。日本のマスメディアの多くは、その情報をそのまま流した。しかし、ニューヨークタイムズは、短期間に半減するヨウ素の数値までも上がっていることに触れたうえ、海面下での新たな漏れの可能性を指摘した。

http://www.nytimes.com/aponline/2011/04/15/business/AP-AS-Japan-Earthquake.html?_r=1


 今後の数値変化をまたないと確かなことは言えないが、現時点での分析としては、ニューヨークタイムズのような見方が普通だと思う。


 日本のメディアは、不況などで疲弊し、東京電力、そして、各電力会社が広告費を出し合っている電事連との力関係で圧倒的に不利な立場におかれている。おそらく、現場の記者が頑張ろうとしても本社からストップがかかったり、頑張って出稿しても採用されない状態が続いていると思う。

 批判すべきは、各マスメディアの経営陣である。無用な東電の謝罪CMを放送して広告料を得るなんて、本当に恥ずべきことだ。

 第二次大戦に向かうとき、新聞は、ペンかパンかを問われ、パンを選択した。その結果、悲惨な戦争に繋がったことは否定できない事実だ。

 いま、再度、ペンか、パンか、問われている…。

 ただ、幸い、インターネットが発達し、大手メディア以外のペンの存在が重くなりつつある。

 今回の東電事故取材で頑張っているペンの1人がフリーライターの木野龍逸さんだ。彼は3月17日から連日、東電の会見に出席し、従前の記者会見の内容と比較しながら、鋭い追及を続けている。

 フリーの木野さんは、定期的な収入はない。この取材を続け、ツイッターやブログで情報を発信している間、収入はまったくない状態が続く。

 そんな木野さんを支援したいという声が多数寄せられた。東電になんら配慮することのない立場から質問することができる木野さんの存在に期待する人が多いのだと思う。

 そこで、同僚が木野さんを支援する会を立ち上げ、支援金振込用の口座を開設してくれました。

 入金については、金額と都道府県名をこのブログで報告します。

 出金については、一定の額を生活費として木野さんに渡すことにしたいと思います。

 もし、余るような場合には、今回の震災の支援のために使いたいと思います。

 郵便局の振替口座です。
 口座番号は、00100-5-362362
 口座名称は、木野龍逸支援の会(キノリュウイチシエンノカイ)

 です。

 よろしくご支援ください。

 







 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 






   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

被曝することが協力することになる原発労働~橋本勝の政治漫画再生計画第249回

2011-04-15 04:56:23 | 橋本勝の政治漫画再生計画
【橋本勝さんのコメント】
今回の福島第1原発事故では、変な言葉や気になる言葉がいろいろ出てくる。例えば「想定外」、「レベル7」、「御用学者」、「計画停電」、「風評被害」など。
そして「協力会社」もそのひとつ。原発の事実をごまかし、本質をあいまいにする言葉の最たるものがこの「協力会社」だ。原発が運用されていくためには、建設、運転、検査など様ざまな形で働く労働者が必要で、とても、東電の社員だけではまかないきれない。そこで外部の会社に協力してもらってその労働を請け負ってもらうことになる。
協力といえば聞こえはいいが、実は下請け、孫請け、ひ孫請けの会社からの派遣労働者だ。原発がナゼ外部の労働者の労働がいるかというと、原発の労働が、キケンで、キタナク、キツイ、過酷な仕事だからだ。
被曝することが当然の命をすり減らす仕事を、東電社員にさせるわけには行かない、だから外部のものにさせる。原発がそうした非情な差別によって成り立っていることは決して忘れてはならないことだと思う。


【ヤメ蚊】
記者会見ですら十分な情報を開示しない彼らが、果たして労働者に十分な説明をしているのだろうか…。説明不足からの被ばくはもちろんだが、その結果、労働者が作業を拒否する事態が来るのではないか、と危惧する。



■橋本さんからのお知らせ■
「4月17日に早稲田奉仕園ホールで「福島第1原発事故を考える」という集会をします。午後1時から4時までです。
なおこの会で橋本勝の最新大型絵本『脱原発しかない』の読み聞かせもいたします。だいたい2時半ごろからする予定です。」
詳しくは→http://chikyuza.net/n/archives/8629


なお、今回の事故を受け、「脱原発しかない―バクとマサルのイラスト・ノート」が増補されます。4月末発売予定です。



 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 






   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

世界は東電と日本政府に疑惑を感じ始めている、本当のことを説明していないとの疑惑を

2011-04-12 08:19:50 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 11日夜の東電の定例記者会見では、まだ、多くの質問者が手を挙げていたにもかかわらず、東電の一方的な議事進行で、公開での質疑を打ち切り、ぶら下がりでの質問に移行した。抗議をしたが、力足らず、押し切られた。東電は、それでほっとしているのかもしれないが、ますます事態を悪化させていることに目を向けなければならない。

 冒頭は、フランスの代表的な新聞、ルモンドの原発特集に掲載された記事だ。1ヶ月間の東電と政府の情報提供がいかに事実と異なるものであったのか?あるいは、矛盾するものであったのかを、日付を追ってリポートしている。
http://www.lemonde.fr/japon/article/2011/04/11/fukushima-un-mois-d-erreurs-de-communication_1505786_1492975.html


 また、フランスのテレビの討論番組では、東京電力がこれまでも原子力発電所で行った定期検査に関するデータの改ざんを行ってきたことなどが指摘されたという。

 そして、世間の批判の目は、東電だけでなく、政府にも向けられている。ニューヨークタイムズは、旧ソ連でさえ、チェルノブイリの事故についての年間5ミリシーベルトを再居住の条件としたが、日本では年間20ミリシーベルトと高い値をとっていることとしてきたうえ、原子力発電所の危機対応のエキスパートに、汚染された地域と汚染されていない地域の往来を安易に認めることは、子供が汚すのを放置しながら掃除をするようなものだと批判させている。
http://www.nytimes.com/2011/04/12/world/asia/12japan.html?ref=world

 このような疑惑を抱えた東電がいま、第三者をほとんど入れることなく、密室となっている福島第1原発で、事故対応にあたっており、日本の政府はそれを許している。

 もはや喜劇と言うほかない。そして、その喜劇が続くことで、人類にとって、最大の悲劇を生み出すことにさえなりかねない。


 昨日、私が用意していた質問は、次の4つだった。

1:原子炉の温度や水位、放射線量等に関して、異常な数値が出た場合、計器不良ということでデータが公表されないことがあるが、政府に対してもそれらは計器不良ということで報告しないのか?
(政府に対しても不都合なデータを隠しているのではないか?という疑惑)

2:海外からの支援は有償・無償合わせて30近く受けているとの説明だったが、そのリストを発表し、海外の支援を日本の市民に知らせるのは当然の礼儀だと思うが?
(どのような技術・機材を受け入れているのか、ということを公開するためにも、このリストの公表は必須だと思う)


3:常に口頭で発表する数値があるが、それらについてはいろいろな記者から何度も配布文書に記入するように求められているが、なぜ、改善しないのか?
(誠意、誠意と言うが、まったく、誠意を感じされないので、聞かざるを得ない)


4:シルトフェンスの効果は?下側はどのように海底に止めるのか?下が海底に固定できないなら、カーテンをくぐる風のように汚染水は流れていくのではないか? 
(おそらく、世界の人が抱く疑問。東電は何かをしてさえいれば、努力していると評価されると勘違いしているのではないだろうか?世界的に見れば、意味のない努力をするくらいなら、そのマンパワーをもっと有効なことに使うべきだという見解が圧倒的多数だろう。現場で作業に当たる方も、意味のないことで被ばくしたいとは思っていないはず)


 いずれも、まっとうな質問だと思うし、このような疑問には聞かれるまでもなく、答えるのが、国家の危機ともいえる事故を起こした当時者の本来のあり方だと思う。

 そして、政府もこのような疑問に自ら答えるべく、東電から情報を提供させなければならない。

 
 世界は、日本が東京電力とともに沈むのではないかと、本気で心配し始めている。その心配を現実のものとしないためには、完全な情報公開と世界の英知の結集しかない。



東電の情報改ざんの内容(日経)
 東電によると、柏崎刈羽1号機では1992年5月、ECCSの一部で、原子炉が停止した際などに残留熱を取り除く4台のポンプのうち1台が、定期検査の前日に故障した。そこで故障を隠して定期検査をごまかし、そのまま原子炉を起動、2日後に復旧した。東電では、ほかの装置で炉心冷却機能を維持できるため、安全上の問題はなかったとしている。
福島第一の1~6号機では1979年6月~2002年4月、柏崎刈羽3号機では1994年11月に、それぞれECCSのポンプの圧力計の指示値を改ざんした。また福島第一の1~6号機は1977年10月~2002年3月、福島第ニの1~3号機は1990年1月~2002年8月に、それぞれ不正に警報装置の設定値変更、除外などを行った。
さらに福島第一の1号機は1979~1998年、蒸気の流量を監視し、弁を作動させる装置を不正に設定して検査を受けた。柏崎刈羽1~3号機では1994年9月~1998年10月、蒸気の隔離弁の漏えい率を改ざん。同7号機は1998年8月~2001年3月、実在しない「タービン機械式トリップ弁作動トリップ」警報について、実在するかのように検査報告した。福島第一原子力発電所2号機では中性子検出器を不適切な場所に設置して、検査結果をごまかしてたという。
このほか定期検査とは無関係に、柏崎刈羽原発では放射能の測定値を改ざんしていた。1995~1997年ごろ、排気筒から出る放射性物質の濃度が実際より低いように見せかけた。
http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q1/524352/




 
◆東電本社の記者会見は、午前11時~正午から始まる昼の部、午後6時半前後に始まる夕方の部の2回。インターネットで生中継と録画配信されている◆

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr



◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

原子炉からの排出量を隠ぺいする東京電力は、日本の印象を最悪にしていることを自覚せよ

2011-04-11 06:37:45 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 9日夕、東電では武藤副社長が出席した記者会見が行われた。その際、超高濃度の汚染水が貯まっている福島第一発電所2号機、3号機のタービン建屋及びそれにつながる洞道(トレンチ)の水位変化及びそれぞれの推移におけるタービン建屋の平面積から算出される汚染水の増水量、すなわち、2号機、3号機から排水されている汚染水の漏出量の推定値を明らかにするよう求めたが、2号機のトレンチの立坑の水位は上がっている一方、それにつながっている2号機のタービン建屋の水位が上がっていないという理由で回答を拒否された。このときは、3つの質問をしており、謝罪CMの必要性について突っ込む予定だったため、それ以上の突っ込みを入れなかったが、これでは回答になっていない。

 そこで10日昼の定例会見で、この点を突っ込んだ。

 まず、3号機の漏出量は、2号機のタービン建屋の水位が上がっていないこととは関係ない。少なくとも、こちらの漏出量は計算できるはずだ、と。

 次に、2号機についても、仮に、タービン建屋の水位が上がらなくなったとしても、その水位が上がらなくなる直前までのデータを基にすれば、漏出量は推認できる、と。

 結果的に、これらの質問への回答はなかった。

 東電は、水位上昇率から推測される汚染水の増加量を明らかにすることによって、

1)その増加量が、原子炉への冷却用水の投入量よりも明らかに低いために、どこからか海洋に漏れていることが明確になることを恐れているか、

2)その増加量に見合うだけの汚染水保管用タンクの準備ができていないことが明らかとなることを恐れているのではないか、と思う。


 しかし、以上のようなデメリットよりも、このような基本的なデータを隠匿することによって、日本という国が信頼を失うことのデメリットを真剣に考えてほしい。

 BP社は、メキシコ湾原油漏出事故の際、現場の状況をリアルタイムで世界に公開した。
 
 一方、東電は、汚染水漏出の推定値等の情報は明らかにせず、漏出場面や放出場面など不都合なシーンについてのビデオの公開をしようとはしない。

 そして、統合対策本部も、情報公開を本気で迫ろうとしていないように思える。

 このままでは、国を挙げての隠ぺいだと非難されても仕方ないのではないか?

 日本は、地震被害国ではなく、原発人災加害国として、災害に関する歴史に刻まれるかもしれない。

 
 昨夕の記者会見では、がれき回収のためのリモートコントロール車両のシステムについて、いつ発注されたものであるかとの質問がなされたが、これに対する東電の回答は、「私契約」なので、発表しないという非常に頑ななものだった。さすがに、記者の怒りを買い、後ほど発表したが、東電の事故に対する態度を象徴するやりとりだった。東電幹部は、自らの責任を免れようとすることに終始するのはもうやめてほしい。今回のような不誠実な回答は、他の国なら、東電本社に対する暴動すら呼び起こしかねない極めて不誠実な対応であることをよく自覚してほしい。

 
 東電の記者会見は、インターネットで生中継と録画配信されている。

 → ニコ生 http://live.nicovideo.jp/ 

   岩上さんのサイト http://ow.ly/4wCEr

 
◆冒頭のイラストは、浴槽での水位変化によって人間の体積を割り出し、事前に計測した体重との関連で体脂肪を測定することさえできるシステムを紹介するもの。そういうことさえ、できる国なのに…。
 




◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【速報】ついに原子炉からの汚染水排出量を明らかにするか?~本日夕方の会見に注目

2011-04-09 13:28:00 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 本日午前の東電の会見で、超高濃度の汚染水が貯まっている福島第一発電所2号機、3号機のタービン建屋及びそれにつながる洞道(トレンチ)の水位変化及びそれぞれの推移におけるタービン建屋の平面積を確認しているとの趣旨の発言があった。そこで、夕方の会見で、その水位や平面積を基に算出される汚染水の増水量、すなわち、2号機、3号機から排水されている汚染水の漏出量の推定値を明らかにするよう求めた。

 いったい、どのくらいの水量が漏れており、日本がそれにどのような対応をするのか、世界が注目している。

 午後6時半から予定されている会見で明らかにしなければ、東電や政府に抗議を!

 事実を知らされないまま国土を汚され続けるなんて…。

 もちろん、再臨界などを防ぐためには原子炉に水を入れ続けなければならないし、その水が漏れていても水を入れることをやめるわけにはいかない。

 しかし、だからといって、漏れた水に対する対応を軽視してよいわけではない。

 中継は、ニコ生( http://live.nicovideo.jp/ )と岩上さん( http://ow.ly/4wx54 ) 


 画像は、3月24日の無人飛行機によって撮影されたもの→http://photos.oregonlive.com/photo-essay/2011/03/fukushima_dai-ichi_aerials.html より。
 

 




◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

福島第1原発の問題解決へ向け政府の動きが見えないのはなぜ?

2011-04-08 10:13:40 | そのほか情報流通(ほかにこんな問題が)
 福島第1原発は、現在も1基あたり毎時6~8トンの水が投入されている。最悪、これらがそのまま外へ出ている可能性を否定することはできない。したがって、一日600トン程度の高濃度の汚染水が流れ出ることを前提にした対処が必要になる。これだけ大量の汚染水を長期的に処理した経験は、日本ではもちろん、世界的にも初めてのことだろう。まさに英知と資材を結集してことにあたらなければならない。

 それにもかかわらず、東京電力の会見では、政府の動きがまったく感じられない。数か月後にもこの水処理問題が継続していることを前提に、近くに巨大な保管施設を設ける必要があるはずで、そうだとするならば、いまから用地の選定やできるだけ放射線を浴びない方法での建設方法等を検討しなければならないはずだ。そして、それは、東電だけでは無理で、政府の積極的な関与が必要になる。

 ところが、昨日の記者会見で、松本広報担当は、どれだけの水が出ることを前提にしてタンクなどの用意をしているのか、という質問に対し、現在は水を入れている量と蒸発する量が釣り合っているから水が漏れていないのではないかという趣旨の発言をした。まったく、ナンセンスで、危機管理能力に疑いを持たざるを得ない瞬間だった。

 そうはいっても、それまで入れていた水の量と現在の水の量が大幅に変わるわけではないのだからという指摘をしたところ(実際には蒸発したからそれが格納容器外に出てこないということでは必ずしもない。むしろ、2号機は蒸発した分も外に出ていると考えるべきだ。それはピットからの放水量の多さから容易に推測される)、漏れていることを前提に仮設タンクなどの準備をしているとは述べたが、結局、漏水量をどの程度と見込んで対処しているのかの回答はなかった。

 そして、この一連の質問、その後のぶら下がりでの質問でも、政府の動きを感じさせる説明はまったくなかった。

 
 2号のトレンチには高濃度の放射性物質を含む汚染水が数千トン単位で貯まっている。そのトレンチに続くタービン建屋にはさらに大量の汚染水が貯まっている。トレンチから漏出し、海へ流れている可能性が高い以上、この水を抜くことが急務なのは明らかだが、危機感をもって対処しているようには思えない。

 東電及び政府は、抗議にきた全国漁業協同組合連合会(全漁連)に果たしてどのような説明をしたのだろうか?


 さて、NHKが、東京電力が発表してこなかった地震当日の水位などのデータの存在とその数値を報道した。

 NHKは、【1号機では、地震発生から7時間近くたった午後9時半に、原子炉の中で核燃料が露出するまでの水の高さが残り45センチとなり、通常の10分の1程度に減っていたことが分かりました。1号機から3号機では、地震と津波によってすべての電源が失われ、2号機と3号機では非常用の装置で原子炉を冷やし、水の高さが4メートル前後に維持されていました。これに対し1号機では、地震当日の夜までに、すでに安全のために最も大切な「冷やす機能」を十分に保てなかったことになります。また核燃料が水から露出するまで、2号機と3号機では、地震から1日半から3日程度かかっているのに対し、1号機では18時間ほどしかありませんでした】と解説している。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110408/k10015172911000.html

 通常の事故ではなく、国家存亡の危機なのだから、もう姑息な情報隠ぺいは止めてほしい。情報を開示することこそが、現場で必死で作業している人たちの努力を活かす唯一の方法だ。

 その情報開示があってこそ、政府も正しい決断を下すことができる。それとも、政府は全てを知った上で、東電に丸投げしているのだろうか。


【追記】
東京新聞が、【東京電力福島第一原発から低濃度放射性物質を含む汚染水を海へ放出するにあたり、政府が事前に米国側と協議し、内諾を得ていたことが分かった。米国政府関係者が一日に政府高官と面会したり、東電での関係者間の対策会議に参加したりする中で「米国は放出を認める」と意向を伝えていたという。
 汚染水放出をめぐっては、韓国や中国、ロシアなどが「事前説明がなかった」と批判している。日本政府は放出発表後に各国に報告したが、放出を始めた四日の三日前に米国とだけ協議していたことで反発が強まる可能性もある】と報道した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011040802000030.html

 3日も前とは…。市民に知らせたのは放出の直前だったのに…。

 完全に市民の生命・健康を軽視している。



 

 




◆以下参考◆


原子炉建屋とタービン建屋の図。クリックで拡大できます。

   ↓

 


【日弁連会長声明】
「東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故に関する会長声明」 http://ow.ly/4n21n

●今後想定されるあらゆる事態、並びに、各地の放射能汚染の実情と被曝による長期的なリスクに関する情報、被曝防護に関する情報を正確かつ迅速に国民に提供し、適切な範囲の住民を速やかに避難させるよう求めるとともに、原発の新増設停止、既存原発についても電力需給を勘案しつつ危険性の高いものからの段階的停止を提言



◆参加してみました。クリックお願いします。
   ↓
人気ブログランキングへ

◆持ち込み可視化についてアンケート実施しました。ご協力ありがとうございました。
   ↓
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=57952

【ツイッターアカウント】yamebun


●沖縄への連帯ツイッターキャンぺーン●

【ツイッターアカウント】@BarackObama

【メール】→http://www.whitehouse.gov/contactから


【ツイッター例文】
JAPAN IS NOT US'S COLONY! We won't support US BASE. All US BASE OUT! from our country.

Please HELP Okinawa. 75% of the American bases in JP is in the islands, only 0.6% of JP land. Relocate #Futenma base outside.

Marine in Futenma must go back to your country. There is no place where the base of Marine is acceptable in Japan.

Okinawa and a lot of Japanese oppose the transfer of the Futenma base to Henoko


At least180 MPs of ruling parties say NO to Futenma relocation within Okinawa. Check this http://bit.ly/9jQIW8



【PR】






★「憎しみはダークサイドへの道、苦しみと痛みへの道なのじゃ」(マスター・ヨーダ)
★「政策を決めるのはその国の指導者です。そして,国民は,つねにその指導者のいいなりになるように仕向けられます。方法は簡単です。一般的な国民に向かっては,われわれは攻撃されかかっているのだと伝え,戦意を煽ります。平和主義者に対しては,愛国心が欠けていると非難すればいいのです。このやりかたはどんな国でも有効です」(ヒトラーの側近ヘルマン・ゲーリング。ナチスドイツを裁いたニュルンベルグ裁判にて:Gilbert's Nuremberg Diary)
★「News for the People in Japanを広めることこそ日本の民主化実現への有効な手段だ(笑)」(ヤメ蚊)
※このブログのトップページへはここ←をクリックして下さい。過去記事はENTRY ARCHIVE・過去の記事,分野別で読むにはCATEGORY・カテゴリからそれぞれ選択して下さい。
また,このブログの趣旨の紹介及びTB&コメントの際のお願いはこちら(←クリック)まで。なお、多忙につき、試行的に、コメントの反映はしないようにします。コメント内容の名誉毀損性、プライバシー侵害性についての確認をすることが難しいためです。情報提供、提案、誤りの指摘などは、コメント欄を通じて、今後ともよろしくお願いします。転載、引用はこれまでどおり大歓迎です。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加