過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

全ての蕾が開いた幸せ:我が家の胡蝶蘭2017

2017-05-20 05:35:00 | 植物日記(季節のある暮らし)


ふぅわりっ。白く灯る花。
我が家の胡蝶蘭の蕾が、全て開きました。
二月終わりに、最初の蕾が開き、ほぼ3ヶ月かけて、咲きました。
いただいてから四年目の春。壮観てした。
陽射しと水とハイボネックスを受け取って、これだけの形を作る。胡蝶蘭はどこでそれを教わったのでしょう(微笑)。

陽射しにむかって、つるを延ばし、蕾をもち、しなやかに育つ力の強さ。されど、副え木に添う、穏やかさも持っている。長い時間をかけて、咲き揃う。
長く華やかである花には、それだけの背景があるのだと、思い還す春です。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木山 皐月11:軽やかに締め括る | トップ | いざ、参る! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さすらい)
2017-05-20 06:20:46
おはようございます。
胡蝶蘭を自宅で咲かせるのは難しいでしょう?
わたくしも何度か頂き物の胡蝶蘭を翌年に咲かせようと思ったのですが、全然無理でした。
綺麗に花を付けてますね。
高級感に満ち溢れております(笑)
さすらいさんへ:4度目の胡蝶蘭です! (過労死予備群)
2017-05-24 12:17:51
さすらいさん、こんにちは。

ええ、本当に。頂きものの胡蝶蘭を、枯らせずに、花を咲かせられるようになったのは、これ以降です。
それまでの3鉢は、活かすのも難しかったです(苦笑)。

この鉢は4回目の開花になります。
やっと、気性がわかったように感じています(ニッコリ)。
陽射しと水と肥料、そして、誉めてやることが、どうやら、花を豊かにつけるコツのようです。

ありがとうございます。高級なのは、胡蝶蘭だけでございます(苦笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。