過労死予備群の「食から笑顔になる生活」

夜討ち朝駆けで仕事する日々。忙しくとも自分なりの手間をかけて、美味しく笑顔になる生活を志します。

たぬきむすび弁当:蕎麦屋の揚玉を活かす

2016-12-07 15:41:00 | 美味しい食
こんにちは。肌寒い師走の朝になりました。せわしい時には、手軽に食せる弁当にしましょ。



週末に、秩父の蕎麦を楽しんだ長尾根さんで、分けて下さった「揚玉」を活かして、昔ながらの結び弁当を調えました。

○たぬきむすび →作る★
○ちょい甘の卵焼
○白菜の柚子塩浅漬け
○つみれ汁 (鰯つみれ、長葱、生姜、人参、椎茸、昆布出汁)
○レッド・シードレス・グレープ
○烏竜茶

■たぬきむすび
[材料]二人分で5個
玄米ごはん 炊きあがり1合
揚玉 1カップ弱
昆布塩 三本指で一つまみ
淡口醤油 大さじ1 …お好みで加減を
お好みで、黒七味か山椒を

[作る]
1)揚玉は、ペーパータオルに上下を挟み広げて、レンジで軽く温め、油切りする。
2)熱々の玄米ごはんに昆布塩をふり、さっくり返してから、醤油をあわせた揚玉を、さっくり混ぜ混む。
3)ふっくら、結ぶ。
仕上げにお好みで、黒七味か山椒をふると、味が引き締まる。

お腹持ちのよいお結びが手軽にできます。焼き海苔で巻くのも、お勧めです。
美味しい蕎麦屋の揚玉に、はずれ無し(笑)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Marrone e Bianco:甘味と塩味の二色トーストで朝ごパン♪

2016-12-06 19:57:00 | 美味しい食
こんばんは。走る師走(笑)に、ちょいホッとする甘いモニターに選んでいただきました。
「nutellaを楽しもう!」のキャッチで、ココア入りヘーゼルナッツスプレッドを、贈っていただきました。

嬉しい! 夏に旅したイタリアの朝食では、必ず個包装のヌテラがありました。あっさりしたパンを剥がしては、丁寧にヌテラを塗り広げる子供たち。
ご年配の方も、堅パンを半割にして塗り込んだ、小さなおやつを作って、ナプキンでくるりっ(ニッコリ)。

美味しさはお墨付きながら、大さじ1で80キロカロリー近いことをしっているので、歩き回る旅の空の朝食だけと、私は決めていました(笑)。

でも、寒い師走のことだから(笑)、元気をだすために、解禁しましょ♪(笑)

先ずは幸せな朝ごパンで、我が家でのデビューといたします(ニッコリ)。



■Marrone e Bianco:甘味と塩味の二色トースト
ヌテラとクリームチーズで栗色と白。
プルーン・ピューレを油脂のかわりに使って焼き上げたパンと組み合わせて、さらにリッチに。大人の甘味と、食感も楽しい塩味チーズと、二つを楽しむ贅沢朝ごはんを、手軽に作りました。

[材料]二人分として
プルーン・ピューレを油脂のかわりに使って焼き上げたパン 2枚 (ハードトースト、濱田屋・三軒茶屋店)
ヌテラ 大さじ2
クリームチーズ 30g程度 (kiri クリームチーズで2個)
小魚アーモンド 小袋1

[作る]
1)トースト1枚を、二つに切り分ける。
2)半分にヌテラを塗る。
3)もう半分にクリームチーズを塗り、小魚アーモンドを散らし、軽く押さえる。

プルーンの香りは、ヘーゼルナッツに爽やかさを加える、いい仲間と私は思っています(ニッコリ)。
小魚やナッツは、スローフードを提唱するイタリアでも喜ばれる食品と思います。
ちょっとだけヘルシー感を加えて、ニッコリの朝ごはんにしました。



○ブルーベリーとアサイー・ドリンク
○レッド・シードレス・グレープ
をお供にしました。
手早く調えられる朝食ですが、笑みをさそう力があるのは…ヌテラの力です(ニッコリ)。


【「ヌテラ レシピコンテスト」レシピモニター参加中です】
ヌテラを使った朝ごはん&おやつレシピ
ヌテラを使った朝ごはん&おやつレシピ



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父蕎麦を楽しむ:薬味を気遣いする気持ちに拍手

2016-12-06 19:01:00 | 日いづる国の伝統食


秩父札所 24番近くで、新蕎麦の昼をとりました。
随分と賑わっているお店でした。私達は開店直後で、すぐに座れましたが、その後は記名して待つスタイルでした。
奥はお一人、これで40人ばかりを賄うのですから、大変でしょう。ですが、蕎麦や天麩羅の良い香りが、次々わかりますから、のんびり待つことにしました(ニッコリ)。



さすれば… 地酒の辛口(武甲正宗)を一合(笑)。箸休めは金平でした。



■秩父産舞茸の天麩羅
サクサクとこぎみよい歯触り。香りよく、旨し。



■挽きぐるみ田舎そば
家人は長尾根そば、私はくるみそばを注文しました。
蕎麦はこしがある、香り豊かでした。ちゃんと手前からたくれるように、手間をかけてありました。いい蕎麦です(ニッコリ)。



■くるみだれ:これが旨し。甘すぎず、控えて、風味たちました。やるな!


家人の蕎麦ちょこを覗きこみ、お味は?と問うと、普通に美味しい…との応え(笑)。
うん? 何か、違う? 薬味が変えてあるのです。



長尾根そば(ざる)の薬味は、葱のあおみ、山葵、煎り白胡麻、でした。香りを楽しんで欲しいという気遣いを感じました。



くるみそばの薬味は、葱のあおみ、山葵、水きりおろしに柚子皮、でした。甘みや油分を感じる胡桃の後口をさっぱりさせる工夫が、素敵です。
白菜と紫蘇の塩もみも、さっぱり。くるみそばに、助けとなりました。

待つことが苦にならなかった、美味しい蕎麦時間でした(ニッコリ)。

■そば処 長尾根 (秩父市別所375-1)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農園ホテルで卵にニッコリ♪

2016-12-06 17:53:00 | 美味しい食


祭の後、中椀で、けんちんうどんの夜食でしたから、朝食バフェから、あれこれチョイス(笑)。



オーブンで湯煎焼きした目玉焼。この香りの良さから、卵を主役にした献立にしようと決めました(笑)。
○雑穀ごはん
★目玉焼
○ひじきのサラダ仕立て、梅ドレッシング
○薩摩芋レモン煮
○味噌煮大豆
○根菜炊き
○昆布椎茸
○切り干し大根の甘酢和え
★だし卵焼
○蒲鉾


○農園コーンポタージュ
○しらす&おろし (大盛りにして(笑))
★生卵
○りんごジュース
○焙じ茶



しっかりした殻。ずしっと感のある卵。素敵な盛り上がりに、輝く艶にニッコリです。



この卵、美味しい! 香りもいい! ご馳走卵と思いました。訊ねれば、彩美卵 (アクアファーム秩父)とのこと。
雑穀ごはんの紫色にも負けない色(笑)でした。白ごはんでやれば、もっとフォトジェニックでしたね(笑)。

この写真の後に、ヨーグルトにキウイ、ブルーベリージャムをあしらったボウル。みかん。エスプレッソにミルクのラテまで楽しんだ健啖家でした(笑)。
元気に初冬の秩父の札所に参るつもりで、歩きだしました。

■自然食バイキング・秩父路、ナチュラル・ファームシティ農園ホテル (埼玉県秩父市大宮)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父夜祭5:国道は花火・見放題(笑)

2016-12-06 17:01:00 | 旅日記
山鉾が団子坂を上りきるのを堪能し、規制ゾーンを離れました。
屋台が並ぶ細い道を、沢山の人の流れと共に、国道方面へ向かいました。
屋台の数はスゴい! 日本中から集まってきたような、様々なお国自慢が並んでいました。あ、ハワイのシェイブ・アイス(七色かき氷)もあったので、国境を越えていました(笑)。

秩父夜祭の中心地から離れて、国道に向かう向きは、花火の打ち上げ場所に近づく向きでもあるのです。
遮る建物なく、空が開けた場所では、座って見上げることもできました。









金色の輝きは、見飽きることがありません。(ニッコリ)



集合会場であった秩父市役所から離れ、道の駅ちちぶまで、きてなお、華やかな花火がありました。
10時まで尽きることなく、上がる花火は、ユネスコ世界遺産・無形文化遺産への喜びの証しだったのかと思いました。

歴史に裏打ちされた祭の形を大きく損なわずに、道すじが細い昔ながらの町うちで、どんな風に、観光客を迎えながら、事故なく祭りを続けるか。これからの新たな課題と思いました。
今回、時々、耳にした「テレビでみるほうがいいね」「せっかく来たのに、訳がわからない」という声は残念でした。
ワクワクとやってきてくれた方は、素敵なファンにならずに、否定的な気持ちになってしまった…。日本語が通じず、文化背景も異なる人に、どんな説明をしたら、伝わるかの配慮も、あまりわかりませんでした。

一つ言えること。「駄目ダメ!」だけではなく、「これは、ここはOK」を明確に伝える方法は有効です(ニッコリ)。
いい工夫ができることを願っています。
以上、秩父夜祭2016 本祭観賞記でした。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父夜祭4:2台目の山鉾、僅か2分の長丁場!

2016-12-06 07:33:00 | 旅日記


午後8時45分。団子坂を上りきろうとする2台目の山鉾!るーんるーん、と聞こえる唸るような掛け声、さぁさぁっと周囲から掛け声も聞こえてきました。



ぐっと前輪が踏み出したよう!



わぁ、ダイナミック。この山鉾は重そうです。



鉾のトップにたつ方の提灯が、高く掲げられて、掛け声が大きくなりました。





おお!後輪も広場にあがり!



向きを変えながら動き続ける山鉾。大きな歓声に包まれます。



何事も無かったように、動いていく、光の小山でした。
この間、わずか2分! 何万枚もの写真が、動画がとられたことか(ニッコリ)。
ダイナミックな美しい姿でした。

眼福!(笑)
お次に場所を譲るべく、前列を離れようと、後ろをみれば、黒山の人集り。
三時間近く、苦楽を共にした周りの方にご挨拶(笑)し、出ますっ!と声をかけて、グッチャグチャ。揉まれてひと息つけるまで、5分以上かかりました(笑)。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父夜祭3:花火と最初の山鉾 (五列目)

2016-12-06 00:30:00 | 旅日記


8時を回り、花火は賑やかに二列で打ち上げられています。豪華です。

ですが、残念そうに、規制線の最前列から、複数の方が、離れていきます。集合時間があるから、戻っていかないとって…。
せっかく来たのに、もう来年は来ないわっという声に、頷きそうになりました。人波に押されて、私達は、ずんっと前に進みました。前から五列目位になっていました!

お、坂の方から、お囃子が聞こえてきました。皆のカメラやスマホが掲げられます。



おお、一台目の山鉾の先頭が、団子坂の頂点に、先をみせました。午後8時18分!



ゆっくりと、引き上げられてきます!



前輪が広場に上がりましたが、まだ後輪は坂にあるよう。傾いでいますが、なんて綺麗♪



広場の奥に進んでいく山鉾。有料観覧席に阻まれて、ここから先は、私達には見えません(笑)。



一台目の山鉾の到着を祝うように、花火がどんどん上がります。常に花火の前には、警備の警官がいます(笑)。



両側に豪華に上がっています。





もはや、花火を背負ってます!(笑)
頑張っていたお巡りさんに、届けてあげたくなりました(ニッコリ)。

ワクワクと見送ったら、また人混みが動きました。
一台目の山鉾を見送った最前列から、人が離れていくからです。
押し出されて、ついに二列目に行き着きました(笑)。



規制線から二列目。ぐっと視界がひらけました。8時半を廻りました。ぐいぐい押される姿勢です。
2台目の山鉾をみれたら、列をはなれようねっと話しあいました。
花火だけなら、国道のどこでも見えると、ホテルで教わっていたからです。


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父夜祭2:団子坂の上横の規制線で待つ二時間

2016-12-05 23:50:00 | 旅日記


■団子坂と公民館の間の規制線に、6時前につく




20年前は、この広場にたって、団子坂をあがってくる山鉾、迎えて上がる花火をみたっと思い出しました。
今は有料観覧席が立ち、そのチケットを持たない者は、商店との狭間で待つことになります。
広場の反対側には、既に規制がかかって、行けません(笑)。

この場所では怒号は聞こえなかったし、押し合いもなく(笑)、ほんのりしていたので、ここで、待つことにしました。
7時半には花火もあがるそうだから、きっと、某かは楽しめるはずと期待して。



待つ人を励ますのか(笑)、時折、花火が上がります。6時半、有料観覧席(6千円とのこと、当日券は無し)には、まだゲストが不在のために、団子坂から見て、左手の花火が見えています。後ろに首を回して見ていました(ニッコリ)。



ああ! 花火があがったのは、行列の先陣が到着したからでした。
高張り提灯の列! 駆け抜ける神馬!



御神輿も、坂をあがっておいででした。神様、祭の安全をお守りください。



今度は、団子坂から見て右手、広場の先側に花火が上がりました。ああ、今度はきれいに見えました。

団子坂手前で待つこと二時間(笑)、8時に近づきました。
警備の列は、さらに堅固になってきました。
ついに、山鉾が上がって来てくれるのでしょうか?(ニッコリ)



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父夜祭1:規制線…どこに留まればいいのか…?

2016-12-05 23:23:00 | 旅日記
金曜日が宵祭、土曜日(12/3)が本祭に当たった秩父の街は、ユネスコの無形文化遺産に登録勧告をうけて、賑やかに喜びに弾んでいるように感じました。
300年を越えて引き継いでこられた大変さや喜びが、大きな表彰状をもらったように思われたことでしょう(ニッコリ)。

20年ほど前に、凍るような月夜に花火と山鉾のダイナミックな祭に圧倒されたことを思い出して、久しぶりに出向くことに決めたのは、実は、ユネスコ勧告以前でした。
流行りに敏感な日本人のこと、人出が心配でした(笑)が、そのまま決行しました(苦笑)。

ホテルに荷物を置くなり、もらった地図を片手に、山鉾行列の始まりの場所、秩父神社にむかいました。
花火を含めた祭りのクライマックスは7時半から10時までと、パンフレットからは読めましたが、始まりも見てみたかったのです。パンフレットには、主要国道の車輌規制は明確にわかりましたが、町中の規制は「ある」としか解らずでした(苦笑)。

5時前に神社の鳥居側についた私達の目の前で、通路は閉じられ、規制線が張られ始めました。



■規制線の向こうに山鉾。

きれいな山鉾。これから街にでていくのね! と見蕩れるワタクシ(笑)。
ですが、無情の声が!
引回しエリアには、こちらからは入れません。神社の中には入れません。このゾーンの規制解除は8時過ぎの予定です。道路に立ち止まることはできません。

「えっと、どうすればいいのか、を教えてください?」と尋ねた私に、この辺りにいたいなら、道路の反対側の規制線の後ろに、並んでください、と、お巡りさんが教えてくれました。
なるほど! 通路の半分に人垣がありました。そこに並んで、神社をでていく列をみてみることにしました。

前から十列目、だから、ぎりぎり見えそう?(笑)
列はどんどん増えていきますが、通路に指定された半分にも、人がたち始め、警官と言い合いになり始めた頃……ことは、起きました。

神社方向へ向かおうとしている、赤い地色の法被の一段が、規制線に並ぶ人垣に近づいてきました。
「通路は反対側ですよ」「こっちは並んでるよ」と掛け声をかける人垣にむかって、その歩みは止まりませんでした。「どいてどいて、コーンをどけちまえ」と叫びながら、規制線を壊して、神社にむかっていきました。

当然、人垣は崩れて、もうコントロールは聞かない状態になります。どんどん前に人がはいり、危ない足元になりました…。

祭は地元の方のものです(苦笑)。閉じた祭なら許される蛮勇でしょう。
ですが、観光客にきてもらいたいと願う、公開する祭なら、運営規則は誰もが守るべきだと、残念に感じたのは事実です。危険をまねくからです。



その直後、二重の規制線の向こうでは…。静かに始まっていました。
高張り提灯が夜を切り裂く。静かに動き出す練り歩きの列。白装束の神主さんらしき影、神馬がすうっと走ったようでした。
怒号の場所に立っているのは、嫌な気持ちになります。考えて、20年前に最終到着地点であった団子坂(市役所の裏)を、めざすことにしました。

お巡りさんに尋ねて、規制がないと言われた、暗がりの線路側の小路を、歩いていきました。地図でみるよりも、暗闇の秩父の街は、意外に広く感じました。



二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宵闇から夜へ、お囃子に招かれて

2016-12-04 10:05:17 | 旅日記
おはようございます。零度近い白霧の秩父です。

昨夜は久しぶりの不思議時間を過ごしました。



狐火のような灯りは、実は赤い紙提灯でした。秩父鉄道から、秩父神社にむけて、道すじ全てに屋台が並んでいました。



行く道も、きた道も、全てが屋台!(ニッコリ)
アセチレンガスもランタンも、LEDに代わったけれど、お財布を握りしめて並ぶ、ワクワク顔はかわらないようでした(微笑)。



■博多からの、にぎり天屋台で

熱々に揚げてくれる蒲鉾屋さん!
かに蒲が巨大になったの(笑)、蛸と葱の練り天。握って食する形も面白い。

食べて歩けるのは、この辺りまで(笑)。
秩父神社に近づくと、人混みは深くなりました。

細工屋さんで、手仕事の曲げわっぱ、藤製(ラタン)のバスケットに出会いました。冬の手仕事のたしかな品を、嬉しく買い求めました。
人混みにいく前に、買い物をした、慌て者は私です(爆)。
■秩父夜祭を歩く (埼玉県)


二つの食の選手権に参加しています。一日一回、クリック応援していただくと、更新の励みになります。ありがとうございます。
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
グルメブログ 今日食べたものへ">
コメント
この記事をはてなブックマークに追加