京のたんぽぽ日記

海外旅行や日本旅行を中心に、京都の美味しいお店や家族の記録も。
穏やかで自分を活かせる日々にしたい。

バルト3国19 ラトビア・ルンダーレ宮殿

2016-11-20 00:30:00 | 海外旅行2016バルト3国

 さて、バルト3国旅行記の続きです。

 

バルト3国とヘルシンキ8日ツァー日程

 

リトアニア・ヴィリニュスへ 2ヴィリニュス夕暮れ散歩
3杉原千畝公園・ケルナヴェの丘 4トラカイ城・昼食
5聖ペテロパウロ教会・三つの十字架の丘
  6ヴィリニュス旧市街地観光1
7ヴィリニュス旧市街地観光2 8ヴィリニュス旧市街フリータイム1
9ヴィリニュス旧市街フリータイム2 10杉原千畝旧日本領事館
11カウナス観光1 12カウナス観光2 13シャウレイ~ラトビア
14ラトビア・リガ市内ホテル 15リガ1ユーゲントシュティール建築
16リガ2聖ペテロ教会・市庁舎広場 17リガ3ドゥァマ広場スェーデンの門
18リガ4リーブ広場・中央市場 19ルンダーレ宮殿 20ルンダーレ庭園
21ラトビア伝統料理レストラン 22朝の旧市街地散歩 
23ガウヤ国立公園トゥライダ城 24グートゥマニャ洞穴・スィグルダ城跡 
25ラトビア~エストニア・バースディーパーティー 
26エストニア・タリン・カドリオルク公園 27タリン・アレクサンドルネフスキー聖堂
28タリン・展望台 29タリン・展望台~ラエコヤ広場
30タリン・ラエコヤ広場~カタリーナの小道 31タリン旧市街地観光
32 タリン・昼食フリータイム1 33タリン旧市街・フリータイム2
34 タリン旧市街・フリータイム3
 35 タリン旧市街・フリータイム4
36タリン~フィンランドヘルシンキ・マーケット広場 37ヘルシンキ・市内観光
38ヘルシンキ市内観光フリータイム1 39ヘルシンキ市内観光フリータイム2
40バルト3国ヘルシンキ~関空・お土産と人々  バルト3国を旅して

 

バルト3国18 ラトビア・リガ4リーブ広場・中央市場
の続きです。

4月30日(土)

ルンダーレ宮殿へ

ラトビア・リガの中央市場を見た後は、
バルトのベルサイユと称されるバロック・ロココ様式の宮殿
ルンダーレ宮殿へ向かいました。
 

 

 バスの窓から見える景色は、のどかな牧草地帯や田園地帯。

 木々の中をさらさら流れる川。

バスの窓の外に流れる自然の美しい景色に心奪われること
1時間ちょっと。。

バウスカという町の郊外にあるルンダーレ宮殿に到着したようですよ。

道の向こうの可愛い建物は、宮殿近くのレストランだそうです。

青い空にぽっかり浮かぶ白い雲。
木々の中をしばらく歩いた先に、

赤い可愛い建物が見えてきました。
これがルンダーレ宮殿

いえいえ。。 この建物の奥にルンダーレ宮殿があるようです。

ルンダーレ宮殿

ルンダーレ宮殿は、ロシアの女帝アンナに愛され、
貧しい貴族からクールラント大公まで昇りつけたビロン公のため
夏の宮殿として1736年に建築が始まった宮殿だそうです。

このクリーム色の建物がルンダーレ宮殿です。

エルミタージュ宮殿を手がけた
イタリア人ラストゥレリが、ヴェルサイユ宮殿を参考に建設したそう。

門の上にはライオン像が置かれていますよ。

 

ところが5年後、女帝アンナが死亡して、
1741年ビロン公はシベリアに流刑になってしまい、
宮殿の建築も中断されてしまいます。

22年もの長い間失脚していたビロン公が宮廷に呼び戻され、
クールラント公に復帰したのは1763年、

それから工事は再会され、ルンダーレ宮殿は1768年に完成しました。

開始から完成まで、中断を含めて30年以上の歳月がかかった訳ですね。

そんな大変な経緯を知る由もないこうのとりが
お城の屋根に巣を作っています。
この巣も、しっかりとしたりっぱな巣ですよね~。

宮殿内レストラン

そして、まずは、宮殿内のレストランでお昼ご飯です。    

とってもお洒落で高級感のあるレストランですよ。

豪華なテーブルクロスの丸テーブル、
黄色い花と白い蠟燭ののった燭台。
なんだかちょっと貴族になった気分かな。。。

大小ビール

主人と私の小さなビールの写真を撮っていたら、
大きなビールも一緒に撮るといいよ!とツァーの男性。

お。。さすが大ビールは飲みごたえありそうですね~。
ありがとうございます。

そして、私が写真をたくさん撮っていることが話題に。。

周りの人に、すごいね~、こんなにたくさん撮ってるんやね
と言われて、
旅の流れがよく分かるから。。と言って。。
でも、なんか、ブログのことは話せないです。。

どうなんでしょうね。。
旅ブログをつけてられる方は、
こんな時言ってしまわれるものなんでしょうか。。

私は、住所交換する位にお話しした方一人くらいには
ブログのことを話すこともありますが、
たいていはだまったままなんです。。

旅が終わった後も、旅の思い出を共有できる
楽しさもあるかなと思うのですが、
一期一会の出会いの方がドラマチックだったりして。。 


お。。。っと、話は脱線してしまいましたが、
こちらのレストランはお食事も美味しかったです。 
デザートのアイスクリームも美味しかった~。

 

 宮殿内見学

お食事の後は、宮殿内の見学ツァーです。

皆、お揃いの青い靴カバーをはいて。。

 

 

宮殿内を撮影するには、撮影許可のシールを
買わなければなりません。
主人が出してくれたのでよく覚えてませんが、
確か2ユーロ位だったかな。。

宮殿の保存修復の為と言われれば仕方ないです。
写真撮影禁止よりはいいですよね。

 さぁ、皆で、ゴージャスな階段を上がっていきますよ。

裾をひくロングドレスを着てしずしずとでないのが残念ですが。。

ルンダーレ宮殿では、保存修復が済んだ2階部分が公開されていますが、
2階には138もの部屋があるのだとか。。

部屋の隅の青と白の陶器の塔のようなものは
暖炉なのだそうです。

黄金の間

こちらは、貴族の式典などが執り行われた
宮殿で一番きらびやかな「黄金の間」。 

その豪華さに、目を見張るばかり。。

 金箔の漆喰彫刻がすごいですよね。。。

宮殿の窓の外には、美しい緑の木々、

グランドギャラリーの天井には、
素晴らしい天井画も描かれています。

緑の間

アンナ女帝、エリザベス女王、エカエリーナ2世などの
肖像画がたくさん飾られている緑の間。

さまざまな時代を生きた色々な方の肖像画、
それぞれどんな人生だったんだろうな。。

きっと華やかで艶やかで、でも、波乱万丈の人生だったのでしょうね。

白の広間

こちらは舞踏会などに使われた「白の広間」。
白一色にしたのは、女性のドレスを惹きたてるためだそうです。

この広間で、ピンク、青、赤、緑。。
金糸銀糸の刺繍をしたきらびやかなドレスを着た女性たちが
音楽に合わせて優雅に踊っていたんですね。

こちらは、女性の為だけの休憩室だったかな。。

 磁器の間

白の間の奥にある磁器の間。
白い台の上に東洋の磁器が並んでいます。
白い磁器のクリスマスツリーみたい。。

青の間 

話はそれますが、私、最近、テレビで「戦争と平和」の
ロシアドラマを観ていたのですが、

その中で、貴族や侯爵の家がこんな雰囲気で、そっくりだったり、
舞踏会の行われている部屋が黄金の間そっくりだったり。。

こんな風に日常の生活をしたり、
こんな素敵な舞踏会があったんだ~って、
ルンダーレ宮殿を思い出しながら「戦争と平和」のテレビを見ていました。

でも、余りにもルンダーレ宮殿に似ていたので、
ちょっと調べてみたら。。

なんと、「戦争と平和」のドラマロケは
エルミタージュ宮殿で行われていたんですって。

このルンダーレ宮殿は、エルミタージュ宮殿を造ったのと同じ
イタリア人ラストゥレリが手掛けているので、
似ていて当然ですよね~。納得。。

薔薇の間

さて、こちらは薔薇の間。

女性ならだれでもウットリしてしまいそうな部屋。
ピンクの大理石の壁に、薔薇の花飾りがずらっと並んでいます。

 春の女神たちを描いた天井画と豪華なシャンデリア。

感動したのは私だけではなかったみたい。。
主人も、すごいな~ってびっくりしていました。

水色の間とピンクの間

水色の間には景色や静物の絵がたくさん飾られていました。

ピンクの間には、色々な方の肖像画が。。

アンナ皇帝やビロン公の肖像画もありましたが、
そのことについては、次回にお話しますね。

 公の寝室

ビロン公の寝室だった部屋。
天蓋の付いたベッド、緑色のカーテン、部屋の両側に暖炉があります。

 赤の書斎

 赤いダマスク織の壁が鮮やか。ここは公の謁見の間だったそうです。 

藍色の間

シンプルなシャンデリアが素敵です。

 

 ベルサイユ宮殿風庭園

窓の外を見ると、ベルサイユ宮殿に似た庭園が。 

2004年フランス  ベルサイユ宮殿

ビリヤードやゲームをする室もありました。

大理石の間

素晴らしい食器が並ぶ食卓として使われた広間です。
人工大理石の白い壁に薄いブルーのラインが素敵。

この食卓にどんな御馳走が並んでいたのでしょうね~。

長い見学コースだとこの続きもあるようですが
私達の宮殿見学はここで終了。

さて、次は、ルンダーレ宮殿の庭園に向かいます。

 バルト3国20 ラトビア・ルンダーレ庭園へ続きます。

 

いつもご訪問ありがとうございます。
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

こちらです。  



 ありがとうございます。

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エール新町 | トップ | バルト3国20 ラトビア・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アリス)
2016-11-21 14:49:47
たんぽぽさん、こんにちわ~
豪華な宮殿ですね~ため息でますね~

実際行ったら、感動だろうなあ~って思いながら
読みました。
ツアーでいっしょの人に「ブログやってます」って
なかなか言いにくいですよね。読んでくださいね・・
みたいな感じがあって・・

でも、私が京都や修善寺に行った友達は
帰ってから、地元の友達に「旅行どうだった?」
って聞かれたら「アリスおばさん」のブログに旅行の
ことは書いてあるから、詳しく知りたかったら
そっちを読んでね。って言えるから楽だったよ
なんて笑ってましたから、教えてあげると、あちらも
「こういう場所だったよね~そうだったわ~」なんて
思い出せていいかもしれないですよ。
特に、たんぽぽさんのブログは詳しいですから・・

「君の名は。」2回目観られたのですね、私も
DVDになったら、また借りたいと思ってます。
Unknown (小梅)
2016-11-22 22:22:24
こんばんは~(^-^)
そうですか~。ブログの事ってお話ししにくい
ものなのかな。
たんぽぽさんのブログは記事も とっても
丁寧でお写真も素敵。
だからかな、訪れたことがない場所なのに
親しみを感じたり 旅行記が終ると まるで
自分の旅の終わりのような 寂しい感じが
したり。。していますよ。
もし、私が旅行をご一緒したなら
たんぽぽさんのブログを見たら、もう一度
その国を旅してる気分になれて楽しいだろう
なぁ、なんて思います(^-^)

ただ おっしゃるように一期一会というのも
素敵かも。。。(^-^)
知らない人同士が旅の間だけ同じ時を過ごす、
これもドラマティックですよね。

宮殿の豪華さ、ほっー、すごいわ~と
ため息ものです。
女性なら ほんと、ほんと、憧れますよね(^-^)
この豪華絢爛の宮殿で、どんな人生のドラマが
あったのかな~なんて勝手に想像しながら
ワクワクしてます(^-^ゞ
見知らぬ国なのに記事を読んでいると
引き込まれていく、そんな魅力があるのが
たんぽぽさんのブログです(^-^)
アリスさんへ (たんぽぽ)
2016-11-23 12:07:12
海外の豪華な宮殿は、ほんとため息がでます。
本当にこんなことろで暮らしていた人がいるんだ。。と
信じられない思いもします。(*^^*)

ブログの事、ありがとうございます。

「こういう場所だったよね~そうだったわ~」なんて
その時の景色や会話や出来事を、
思い出して懐かしんでもらえたら、私も嬉しいなとは思うのですが。。

私自身、ブログをつけ始める前の旅行に関しては
どこに行ったかと、本当にメインな出来事以外、
あんまり覚えていないんですよね。。
哀しいことにこれからはもっともっと忘れていくだろうし。。(^-^;


「君の名は。」友達に付き合って、2回目観ました。
友達も、観てよかった~って言ってましたよ。
小梅さんへ (たんぽぽ)
2016-11-23 12:28:28
こんにちは。

ブログの事って、話しにくいというより、
旅行だけでなくて色々と書いてるから、
なんだか恥ずかしいのかな。。(^-^;

でも、小梅さんに自分の旅をしているように感じて
旅行記が終わると 寂しい~なんて言ってもらえて
とっても嬉しいです。

私のブログは、自分自身の記録の為と、
もう一つ、小梅さんおっしゃるように一緒に旅に行っているような
そんな気持ちになって頂ける方が一人でも多くおられたら。。という思いで書いているんです。(*^^)v

ずっと前ですが、足が悪くて海外旅行に行けないという方に
一緒に旅に行っているみたいで楽しい~と、言ってもらえた言葉が心に残っていて、
これも書いておこう、あれも載せておこうと。。
ついつい長くなってしまいます。(^^ゞ

だから、小梅さんみたいに思ってもらえるのは
とっても嬉しいんです。(*^^)v

>この豪華絢爛の宮殿で、どんな人生のドラマが
>あったのかな~

私も小梅さんと同じように、その場所で生きた人のことを考えてしまいます。
その方が、単に景色を見たり建物を訪れたりするよりも楽しいですもんね。

また、これからも引き続き旅行記読んでみてくださいね。


コメントを投稿

海外旅行2016バルト3国」カテゴリの最新記事