逝きし世の面影

政治、経済、社会、宗教などを脈絡無く語る

チェルノブイリの4年後より10倍悪い福島県「小児甲状腺がんが爆発的発症」

2013年06月08日 | 放射能と情報操作

『もう どうにも止まらない』東京電力福島第1原発事故による放射線の影響

6月5日の共同通信によると、東京電力福島第1原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査で、1次検査の結果が確定した約17万4千人の内、18歳以下で甲状腺がんの診断で『がんと確定した』が12人、『がんの疑い』(細胞診陽性)は15人と発表したが、細胞診断は9割以上の精度があるので合計では27人以上が発症している。
福島県の18歳以下の子供の数は36万人。
4ヶ月前に北朝鮮の核実験で号外が出る大騒動のどさくさに紛れて発表していた、今年2月13日の調査報告では、3万8千人中『がん確定は3人、疑いは7人』だった。
2年近くも経過したのに、たったの4万人弱の検査発表でお茶を濁す(全数を出さない)福島県検討委の態度が不真面目すぎる。
今回は検討委がやっと17万人分目を出したが矢張り『全体』では無く、『一部分だけ』の公開である事実には変わりがない。

『検討委の「確定」も「疑い」も検査結果は同一だった』その後の経過も同一だった

普通の一般常識とは大違いで、福島県検討委のいう『がんが確定』とは、甲状腺の全摘出手術の意味である。(超厳密には、摘出しないと100%癌とは断定出来ない)
『がんの疑いがある』とは、全摘出手術の前に行う患部の細胞診断の陽性のことである。(超厳密には、どれほど高精度でも外からの診断では「疑い」は〇%ではない)
細胞診陽性は9割以上の精度があり、通常は『癌検診の最後の判定』で、あとは摘出手術の日時を決めるだけ。
細胞診陽性は放置せず、必ず甲状腺の全摘出手術を受ける。
福島県検討委の『がん確定』と『がんの疑い』は、単に摘出手術の後か摘出手術の前かの時間的な違いがあるだけで、『検査結果』自体には何の違いもない。
福島県検討委の『がんの疑い』は詐欺師ペテン師の真似で、不真面目すぎる業界用語(隠語)のたぐいである。
『がんの疑い』は世間を偽るまったくの犯罪的な粉飾(手品)であり、検討委の悪質極まる偽装行為に全面協力するマスメディアは共同正犯であり、その罪は万死に値する。

『17万4千人中27人の小児甲状腺癌発症』

2月の『がん確定3人、疑い7人』との意味不明の日本国内のマスコミ各社の曖昧報道とは大違いで福島県の県民健康管理調査のトップである山下俊一福島県立医大副学長(日本甲状腺学会会長)はアメリカで行われたの関連学会の講演で、はっきりと『福島県で小児甲状腺がんが10人発症』と断定して発表している。
日本国内の報道でも、中川恵一東大医学部准教授が山下俊一と同じように『福島県で小児甲状腺がんが10人発症』と、3月18日付け毎日新聞コラム『がんの時代を暮らす』で断定している。
医者としては当たり前の判断であり、何の不思議もない。

『イワンの馬鹿か、悪魔の飽食並みの悪党か、あるいは両方か』

全摘手術前の最後の判定である細胞診陽性を『癌の疑いがある』とは医療関係者なら誰も言わない。
普通は『癌の発症がほぼ確定した』と判断されるのです。
ネット空間でも未だに現実が見えない能天気なお花畑の住民は、『福島県ではスクリーニングを精密にやりすぎたので小児甲状腺がんが大きな数字になっただけ』(問題はない)と信じているらしい。
『世界には意識的に悪事を働く人はいない』と思っている救い難いお人好し(イワンの馬鹿?)である。
善良すぎる好人物か、逆の権力の走狗の極悪人であるか、二つに一つ何れかである。
もしも『疑い』程度のあやふやな判断で、成長期の子供の大事な甲状腺を全摘出していたなら、福島検討委は医療行為ではなくて富士見産婦人科の再来であり集団的な傷害罪ですよ。
小児癌と『確定した』と医師が判断したから全摘出手術が行われるのです。

『今の福島県は、チェルノブイリの最悪だった9年後よりも3倍以上悪い』

小児甲状腺癌は極めて珍しく厚生労働者の発表した数値では100万人あたり0~1人程度しかない。(人口1000万人のベラルーシで2人)
しかしレベル7のチェルノブイリ原発事故の4年後に29人が発症して政府は放射能の影響を渋々認めている。
福島県の人口はベラルーシの5分の1の200万人。全数ではなく6割程度調べた段階で27人発症は無茶苦茶である。
もう言葉もない。
17万4千人で27人なら6444人に1人の割合で、単純計算なら36万人の福島県の子供たち全部を調べたなら56人が発症していることになる。(人口が5倍のベラルーシに当て嵌めれば280人となり、最悪だった9年後の3倍以上)
ベラルーシの場合、チェルノブイリ事故が勃発した1986年に比べて、翌1987年に2倍。1988年には2・5倍、1989年には3・5倍と小児甲状腺癌が徐々に増加していた。
ところがチェルノブイリ原発事故から4年後の1990年には突然15倍にも跳ね上がっている。
翌年(5年後)には30倍になり、もはや誰の目にも放射能の影響は隠しきれなくなってソ連は崩壊する。

『チェルノブイリ原発事故の4年後から爆発的に発症』

統計数字が示す現実のチェルノブイリ原発事故では『4年間は徐々に増えるが、4年後以降では爆発的に増える』。
半減期8日で直ぐに消滅するヨウ素131による初期被曝の影響で起きる小児甲状腺癌は1986年のチェルノブイリ原発事故から5年後には30倍、7年後には40倍、9年後には45倍以上のピークを迎え、以後は徐々にではあるが減ってきている。
ベラルーシで最悪だった原発事故から9年後の1995年でも、小児甲状腺癌発症は91人なので11万人で1人の低い確率である。
(人口が200万の福島なら18人)
実は原発事故後に急激な人口減少が起きたベラルーシやウクライナの死亡原因の第一位は癌ではない。低線量の放射性物質による内部被曝での免疫力の低下や全般的な体調不良により平均寿命が大幅に低下したのである。

『福島県では初年度から爆発的発症が始まっている』

福島第一原発事故から2年後の今の福島県は、最悪のピークだったチェルノブイリ事故から9年後のベラルーシよりも3倍以上も悪い。
これはもう、駄目です。
もしも福島県がチェルノブイリと同じ経過をたどるならピークとなる原発事故から9年後の2020年には、(福島県の発表が2011年度分の数値なら)最悪では今の45倍以上になり発症率が140人で1人程度(2千5百人以上)の小児甲状腺癌が発症することになる。
超大国ソ連はチェルノブイリ原発事故から5年目に崩壊しているが、福島第一原発事故ではもっと早く爆発的な発症が日本では起きて仕舞った。
原発事故からソ連は5年間もったが、福島県の今の驚愕的現状では到底5年間も日本国を保つことは無理がある。

『何かの、趣味の悪い冗談』

福島の驚愕の小児甲状腺癌の爆発的発症は明らかになる1週間前の5月31日、国連科学委は『健康への影響ない』との結論の『福島原発事故』の爆笑『最終報告書』をまとめた。
多分高尚な冗談なのだろうが、ブラックユーモアとしても少しも面白くない。
『住民が事故後、迅速に避難した』とか、『被ばく線量を低く抑えることができた』とか、日本政府の杜撰極まりない犯罪的な対応を評価。
『住民のがん発生率が将来、高まるとは考えにくい』とか、『チェルノブイリ原発事故と異なり、日本では汚染された食品の摂取を早期に規制した』とか妄想が炸裂する。
もう、丸っきりの吉本新喜劇の池乃めだかの定番ギャグの品のないパクリである。
チンピラヤクザが完膚無きまでにボロボロに打ちのめされる。
ところが、倒れていた筈の男が何事も無かった如くすっくと立ち上がり、『今日はこのくらいで勘弁しといたる』と言いながら立ち去る吉本新喜劇の国連版である。
粗悪な吉本新喜劇風の報告書案は9月の国連総会に提出されるとあるが、誰が、どのツラ下げて報告するのか見ものである
この国連の科学委員会とは丸っきりの原発推進機関なのでしょう。
それにしても時期が悪すぎる。
発表されてたったの1週間で、完璧に主張の根拠が崩壊して仕舞った。
国連科学委員会の面子が丸つぶれで赤っ恥を書いているが、何かの悪い冗談ですね。
そもそも国連やIAEAはチェルノブイリ原発事故の健康被害は6000人程度の小児甲状腺癌の発生しか、現在認めていません。
急性白血病など他のガンは最初から原発由来の放射能との因果関係を認めていない。
癌自体は日本では珍しい病気ではなくて生涯に男性では5割、女性でも4割が罹患しているので原発由来の放射能の影響であるかないかが不明。証明出来無いとの立場ですね。
小児甲状腺がんの場合はチェルノブイリ原発事故以前と以後では数十倍の発症率の違いが有り、国連やIAEAも渋々認めたのでしょうが、中立でも公平でも無い。そもそも原発の規制機関ではなくて推進する機関なのです。

『ジョセフ・ナイの日本崩壊、滅亡(大変革)の大予言』 

ノストラダムスの大予言では1999年の7の月に恐怖の大王が降臨するはずだったが、幸いにもこの大予言はまったく当たらず大外れ。
世間が大騒ぎした世界滅亡の大予言はかすりもしなかったが、『日本の弱点をもっとも知り尽くしている男』であるジョセフ・ナイの日本国滅亡の大予言は的中した。
誰も気づかなかったが、ナイの大予言(日本滅亡)、『最後の宣託』はすでに下っていたのである。
今年初め(1月14日)にナイ元国務次官補は、2年前の3・11東日本大震災は、150年前の明治維新や68年前の日本の無条件降伏と同じで『日本に大変化をもたらす』が、『これまでそうなっていないことに驚いている』。
この大予言は、ノストラダムスのような遠い未来の話では無い。
すでに終わっている二年前の3月11日、日本国に『恐怖の大王が降臨していた』。
ナイの大予言は、日時も出来事も極めて具体的である。
日本の事情(弱点)を知り尽くしているナイ氏だけに恐ろしい。
260年続いた江戸幕府が崩壊した明治維新と、同じく77年間続いた日本帝国が崩壊した敗戦と同じ様な『前例がない特殊な事柄』が、実は2011年3月11日に起きていた。
ところが、その事実に『日本人は未だ気がついていない』。
今まで68年間も少しも変わらず続いていた日本国の社会体制の根本を崩壊させる、社会全体の地殻変動を起こすもの(恐怖の大王)は恐ろしすぎる放射能被害以外には考えられない。
決して3・11東日本大震災が何か日本にとって特別だった訳ではない。突然の自然災害など珍しくもなく、逆にありふれた出来事である。

『2011年3月11日、恐怖の大王が降臨していた』

我が日本国は未曾有の自然災害を有史以前から繰り返し繰り返し沢山経験している。ところが、体制の変革などは一度も起きていない。
3・11大震災被害よりも遥かに大きい関東大震災1923年(大正12年)では、今と同じように社会は右傾化して大正デモクラシーを押しつぶし、改革どころか逆に国家体制は強化される。
90年前の関東大震災でも、18年前の阪神大震災でも、2年前の3・11東日本大震災でも、毎回まったく同じで改革派は衰退し社会全体が右傾化している。
どれほどの大災害時でも日本人は毎回同じであり少しも変わっていない。
共同体の絆を強めて『じっと静かに耐え忍ぶ』だけではなくて、『文句を言わず辛抱して、一致団結、頑張る』ので、結果的に社会の保守化(体制の強化)が進んで仕舞うのである。
外国(世界基準)のように騒動に乗じて一般市民が略奪や暴動に走らないので、我が日本国では大災害を原因として革命や変革の起きようがない。
この日本国の明確な事実(他国との根本的違い)を、アメリカを代表する知日派の米ハーバード大のジョセフ・ナイ教授が知らないはずが無い。
それなら明治維新や帝国の敗戦のような大変革であるとする、ナイ氏の3・11大予言の意味とは、必然的に『原発の放射能被害』の爆発的な発生となる。

『第二の敗戦(無条件降伏)だった福島第一原発事故』

自分の立てた悪い仮説が100%当たるほど不幸なことはありません。
福島県では奇しくも3・11から丁度1年半後の2012年9月11日に初めての小児甲状腺癌が発見されたと発表。
小児甲状腺癌は極めて珍しく、厚労省によると通常は100万人あたり0~1人程度しかない。(甲状腺学会は100万人で1~2人)
ところが2ヶ月後の11月17日に二人目の小児甲状腺癌の発生で大慌て。
あたかも二人目が『8万人分の検査で最初の一人が見つかった』かのようにマスコミが偽装発表している。悪質で真実とは程遠い真っ赤な嘘。
マスコミ総がかりの悪質極まる印象操作。日本のマスメディアが大混乱に陥った。
二人目の小児甲状腺癌発表の日付とは野田佳彦総理が自爆解散(自民党に大政奉還)した翌日で、唐突すぎる解散劇の大騒ぎで、2人目の小児甲状腺癌のニュースに気がついた人は日本中でもわずかな人数だった。
民主党が原発事故で厳しく批判されるのは、事故が起きた時に政権を握っていたからですよ。
これは放射能の影響でも同じことが言えて、政権党が間違いなく激しい批判に晒される。

『三十六計逃げるに如かず』

『逃げるが勝ち』で、孫子の兵法よりも実戦では余程役に立つ格言(必勝法)である。
今の人類の科学技術では放射能の除染(無毒化)は無理で、放射性物質の半減期での減少を待つしかすべがない。
ノストラダムスの大予言でも『恐怖の大王』に対しては、『逃げよ!逃げよ!すべて都市から退避せよ。光とは、反対のモノが世界を覆い、世界は、マルスの名の下に統治される』と一目散に逃げることを勧めている。
チェルノブイリよりも早く放射線被曝で爆発的な患者の発生が予想されるなら、野田佳彦でなくとも自民党に大政奉還したくなるのは当然の正しい判断である。
ババ抜きのババとも知らず『政権』を譲り受けたのが6年前に下痢(ババ)が止まらず自ら政権を放り出した安倍晋三。
ババには縁がある安倍晋三は、何とか猫だましで隠そうと姑息にも2月13日北朝鮮の核実験の号外が出る騒動に便乗して3人目(実数は10人)の発表を行う。
今回発表はワールドカップ出場決定程度で隠すに隠せない。
そもそも発症数が27人では多すぎて少々の大ニュース程度では煙幕として何の役に立たなかったのである。
厚顔無恥な橋下徹ばりの詭弁を弄しても、チェルノブイリの数十倍の福島第一原発事故の放射能汚染の深刻すぎる実態は、もはや誰にも隠蔽は無理な段階に達している。
早い段階で正確な情報をアメリカ政府は知っていた。日本も野田佳彦首相は最後には知らされたのだろう。
まったく知らなかったのは野党だった阿呆の安倍晋三とか善良な一般市民。
なるほど。
ジョセフ・ナイの『日本滅亡の大予言』には確実な科学的根拠が有ったのである。
2年前の3・11東日本大震災は、150年前の明治維新や68年前の日本の無条件降伏と同じ程度の規模の、『日本に大変化をもたらす』ことは最早避けられない。



関連記事
小児甲状腺癌検診の説教強盗(居直り強盗並みの破廉恥な福島県)
2013年04月30日 | 放射能と情報操作
福島県、3万8千人中で小児甲状腺癌3人発症の異常事態
2013年02月20日 | 放射能と情報操作
ジョセフ・ナイ教授の心配事
2013年01月17日 | 政治
不吉過ぎる日付 福島原発冷温停止一周年だった12月16日の総選挙
2013年01月04日 | 政治
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国連拷問禁止委員会 橋下徹の... | トップ | 福島県の小児甲状腺がんの爆... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みそ子)
2013-06-06 19:29:20
福井俊一では無く、山下俊一ではないでしょうか?
福島県民への説明と、医学専門誌への意見が
まるで真逆のあの方ですよね??
1人の人間が、真逆の事を言ってる場合、
いったいどちらを信じればいいのでしょうか・・・。
ステージ4で、もはや何もできない (宗純)
2013-06-07 12:10:05
みそ子さん、はじめまして。コメント有り難うございます。

記事は山下俊一に正しく修正しておきました。
それにしても山下俊一が福井俊一に書き間違えたのか。考えると面白いですね。
実は本人は懲りずに以前から何度も間違えて福井俊一と書いていて、その都度気がついた時点で、何度も修正した前科がある。
じつは福井俊彦元日本銀行総裁の名前が、今回の悪魔の飽食『731石井部隊』のソックリさんである山下俊一の名前とが、私の頭の中で合体して、『福井俊一』なる名称が生まれたようなのですよ。
福井俊彦は小泉純一朗首相の任期中のほとんどを日銀総裁として君臨して日本経済をデフレを固定化して破壊した張本人。
日本崩壊のA旧戦犯中の超A級戦犯なのですよ。その意味では小児甲状腺がんの権威山下俊一とそっくり同じなのですね。
日本国の根本を破壊したウルトラ犯罪者国賊中の国賊である彼らが訴追されない限り、絶対に日本再生の道はないでしょう。

『1人の人間が、真逆の事を言ってる場合、
いったいどちらを信じればいいのでしょうか・・・。』
これは・・・難しい質問ですね。
納得いく合理的な理由が、さっぱり分からないのですよ。社会科学的に、まったく辻褄が合わないのです。
だからジョセフ・ナイの『大予言』なのです。
全員で必死になって悪い真実を隠しているのですが、隠して隠せるなら意味があるが、これは無理。
必ずばれるのです。
今の政府とかマスコミの態度とは、寝小便で濡れた布団を隠す幼稚園児レベルの判断ですよ。
安倍晋三を見ていれば、この『単に救いがたい阿呆だから、将来を何も考えていない』が正しいようにも思えるが、
今のマスコミですが共産党機関紙赤旗を含めて挙国一致の大政翼賛状態で、少しも違いが無い。
どこを切っても同じ、金太郎飴なのです。
今の自民党が極悪非道な幼稚園児レベルは納得できても、共産党幹部は高偏差値の知的エリートですよ。悪党である可能性はあるかもしれないがアホである可能性は低い。
ところが全員で、隠せないものを隠している。
多分今の日本の状態は最悪のステージ四で人類の技術では救えない。
もはや手の打ちようがないので告知を諦めた。
医者の手を離れて坊主の受け持ちなので、意味のない気休めを喋っているのでしょう。
伝説のストリッパー、ジプシーローズ (宗純)
2013-06-08 14:05:36
それにしても我が日本国はどうなって仕舞うのでしょうか、
今の日本は敗戦の真っ只中なのか、福島県は阿鼻叫喚の地獄なのか。資料を当局が出さないのでさっぱり分からない。
原発事故が発生したのは2年3ヶ月前であり、政府が収束宣言を出してからでも1年半も経っている。
福島県の行った甲状腺検査とは、直接の検査責任者の鈴木真一福島県立医大教授は、
『短時間の1次検査では見る必要はないと考えた。』
事故当時18歳以下の子供は約36万人に上り、『検査のスピードアップのために省略した』と認めている杜撰検査。
一人あたり2分程度なので医師一人でも半年で終わる程度の検査が、終わっていないと言い張る、今の福島県当局が異常なのです。
36万人全部を明らかにしないので、今回のように一部分では、
これではまともな議論がそもそも成り立たない。
開票が半分では当落は予想の範囲であり、確定ではない。
今の政府とか福島県ですが、これではストリップの元祖で周りの観客全員が今か今かと期待して、固唾を飲んで見守るのだが、見せそうで見せない。
少しずつ少しずつ脱いでいき、なかなか大事な局部を見せなかったジプシーローズの再来でイライラが募るばかり。
調査結果の発表ですが、全部を丸ごと開帳するようで開帳しない。
何とかして真実の隠そうとするよこしまな動機が丸見えなのでから腹が立つ。
今わかっている調査結果の全部を出さない理由は、想像以上に悪いからなのです。
7の月、アンゴルモアの大王が蘇る (ネムキ)
2013-07-16 00:53:51
> 『2011年3月11日、恐怖の大王が降臨していた』

恐怖の大王は降ってくるんでしたよね。空から。

7の月に恐怖の大王ならぬ、アンゴルモアの大王〈モンゴリア≒黄色人種の象徴とされています〉が蘇りそうな勢いですが、マスコミが自民を批判もせず国を亡ぼしかけている国賊を愛国者扱いしている様子は不気味で異常で末期的です。
エンドレス福島 (ネムキ)
2013-07-16 01:08:07
>今の日本は敗戦の真っ只中なのか、福島県は阿鼻叫喚の地獄なのか。資料を当局が出さないのでさっぱり分からない。

敗戦且つ地獄でしょうね。そして日本が地震火山国である限り、必ず広島・長崎・福島は別の場所で繰り返します。現在、富士山は厳戒態勢にありますが、火山灰のドロ水で浜岡は冷えるのでしょうか。

2年半も経ってロクな資料も出さないのが、何より福島で異常事態が起きている証拠です。
半年で石棺にして閉じ込めたチェルノブイリより遥かに悪いのです。炉心が閉じ込められないのです。

・終わりなき福島
・エンドレス福島
・福島よ永遠に
・福島無間地獄

こんな見出しが報道としては適格でしょう。
規制する側と規制される側の癒着 (宗純)
2013-07-16 14:43:58
ネムキさん、はじめまして。コメント有難う御座います。

地震大国日本の原発ですが、最初から無理があったようです。
半世紀前にアメリカ製の原発を導入したがアメリカ製の安全基準にある『過疎地に建設して事故時には全員避難して疎開させる』が、日本では無理なのですね。
全員退避の代償が、日本独自の『絶対安全、安心』との安全神話。
当時の自民党政府は、もしもの事故時には住民をあえて被曝させるとの悪魔の決定を行ったのですよ。
それなら名前が民主党だが中身が自民党だった民主党政権時に起きた福島第一原発の、住民を避難させすに情報を知らせずとの、故意の無意味な大量被曝の実体は予定どうりです。
何の不思議も無い。
『国際的にも厳しい新基準だ』と、今年の7月8日に施行された原子力安全規制委員会の原発の新安全基準について、田中委員長は、
『最高水準』であるとは言ったが、
『最高にきびしい水準』とか、『一番厳しい』とは一言もいわなかったのですね。
まあ、新基準は『世界並み』と意味なのですよ。多分。
しかし、世界とは大違いで、日本は世界一のとんでもない地震大国なのですから、
世界一の厳しい水準でも、到底足りない。
それ以上の、とんでもなく抜きん出た厳しい水準でも、安全確保には万全ではない厳し過ぎる日本の現状を、全員が忘れたいのでしょうね。
地震大国日本の無謀原子力発電
2011年10月26日 | 放射能と情報操作
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/3681095b2591ca88770d99ee9509c7c5
Unknown (通りすがり)
2013-09-10 17:38:54
①放射性物質で小児甲状腺癌が増えるのを、初めて確認したのがチェルノブイリ。
 福島の場合は事前にチェルノブイリのそういった情報があり、小児甲状腺癌を真っ先に疑う親と医者がいた事。
②小児甲状腺癌の検査機器の精度がチェルノブイリの時よりも良い事。

以上を踏まえ、「チェルノブイリの4年後より10倍悪い福島県「小児甲状腺がんが爆発的発症」」というタイトルは不適切です。
社会に警鐘を鳴らすためじゃなくて、危険な事を煽って注目させて広告収入が欲しいんですよねぇ。
この記事といい、マスゴミといい、この仕組みが変わらないとどうしようもないな。。。
もう完全に絶滅していたと思っていたが (宗純)
2013-09-11 13:50:08
いやはや、なんとも珍しい。
うれしいですね~え。
ウルトラ安全神話が、未だに絶滅せず、しぶとく生残っていたとは驚きである。
本来なら『通りすがり』などの個人を特定していないHNでの投稿は不掲載とするローカルルールがあるのですが、今回だけは特別に例外として、大事に残しておきましょう。
多分、これはタスマニアタイガーの最後の一頭だった貴重なベンジャミンの同類項ですよ。
今年2月12日の北朝鮮核実験騒動に紛れて福島県が小児甲状腺癌3人目を発表した当時には、有象無象の放射能安全神話の高偏差値の摩訶不思議な阿呆が大発生していたのですよ。
福島県、3万8千人中で小児甲状腺癌3人発症の異常事態
2013年02月20日 | 放射能と情報操作
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/753f9a2af3c886e73508a2ff3cae53c6
福島県ですが人口は200万人でベラルーシの5分の1です。
今の福島県ですが43人(朝日新聞は44人)が小児甲状腺癌なのですから、人口5倍のベラルーシに当て嵌まめと200人を大きく超えていて、最悪のピークだった9年後より倍以上も悪い。
しかも今は原発事故から2年半しか経っていません。
本来ならそれ程大きく影響しない時期なのです。
もしも今後福島がチェルノブイリと同じ経過を辿ると予想すると、今の18倍以上になる計算です。
100人に一人の子供が小児甲状腺がんになるので平常時の10000倍であり、日本ですが疑問の余地が無くすでに『終わっている』のですね。もう駄目です。助からない。
口先で誤魔化せる平和な安全・安心の段階は遥か昔に終わっている。
そして、その事実は恐ろしいので誰も口に出さないが今では日本人では全員が知っているのですよ。
この大ばか者が。酔っ払いの寝言でももう少し筋道が通っているが、これは支離滅裂。脳内がメルトダウンしていて救いが無い。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
13年版環境白書 (Dendrodium)
原発事故の表現後退 13年版環境白書  政府は4日、2013年版「環境・循環型社会・生物多様性白書」(環境白書)を閣議決定した。東京電力福島第1原発事故による放射性物質汚染について「影響は甚大」...
憲法と国家ビジョン (反戦塾)
 元外交官の東郷和彦氏は、その著書『歴史認識を問い直す』(角川書店)の結語として、世界に日本がめざすべき姿を明らかにする必要性を次のように説いている。 いまの日
それはブロークンアローとなることだろう。第三の矢の顛末。 (黄泉の国から)
キャッチフレーズは何でもいい。だれも信じる必要もない。でも口実ときっかけさえあれば博奕のゼニは儲かる。しかしながらどうせ嘘の花火ならもっと派手にやればいい口実になると ...
ヤップのポプリ (ミクロネシアの小さな島・ヤップより)
大きな低気圧の発生で、昨夜半から雨風がつづいている。 そんなお天気のせいもあって、窓を閉めた室内にいると、冷蔵庫のあたりからほんわかと良い匂いが... このところ、ヤップの花のレイ、ヌーヌーをもらう機会が続いていて、1日ほど、それらを首や頭につけて楽しん...
野口雨情の美しくもはかない歌をよく聞いてごらん (黄泉の国から)
♪ シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こはれて消えた  ♪シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 生まれてすぐに こはれて消えた~これは言わずと知れた日本有数 ...
甲状腺がん12人。でも、放射線は関係ないそうだ。将来の訴訟を見越して「因果関係はない」って言い訳するための布石か&国連の人権... (くろねこの短語)
 ちょいとハラハラのWカップ決定。本田、よくぞど真ん中に蹴った。勇気に拍手。これ