みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

潰したければ反例を提示すること以外にない

2017-03-29 08:00:00 | 「賢治研究」の発展のために
 この度、末尾に掲げたような〝何故名告らないのですか〟というタイトルのコメントを、「宮澤賢治」さんから頂いた。その主旨は、
 このまま「宮沢賢治学会一会員」さんが名告らずにいたならば、賢治学会の要職に就かれている方々、とりわけ「春期セミナー企画委員会の責任者」に迷惑がかかりますので、「宮沢賢治学会一会員」さんは早急に名告って下さい。
というものであった。
 仰有る通りで、一刻も早く「宮沢賢治学会一会員」さんには正々堂々と名告っていただきたい。さもなければ、ご指摘のような事態が起こりかねないと私も思っているし、懸念をしている。

 そして一方で、私は今から約4年ほど前の「一連のクレーム」を思い出してる。それは、この度の「春期セミナー企画委員会責任者」の私に対する一連の対処と、その方からの私の賢治研究に対する痛罵、そして「宮沢賢治学会一会員 様」からの匿名での批判がちょうど同じ構図をしているからである。

 その「一連のクレーム」とは、拙著『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』に対するクレームのことであり、具体的には概略は以下のようなものであった
 この拙著は、
〈仮説〉賢治は昭和2年11月頃の霙の降る日に澤里一人に見送られながらチェロを持って上京、しばらくチェロを猛勉強したがその結果病気となり、三か月後の昭和3年1月に帰花した。
が検証できたのでそれを公にしたものであった。ところが、このいわば「賢治昭和二年上京説」に対して、匿名の方(この方には私の方からお願いして、後に実名を明らかにしていただいた)からのご批判と、そしてあたかもその取り巻きと誤解されそうな、やはり匿名の方々からの拙ブログへの批判・批難のコメント、はては脅しともとれるコメント等が沢山寄せられた。一方ではこの方々はツイッター上で私のことを面白おかしくけなし合って下さっていた。
というものである(詳細は〝3618 一連のクレームから透けて見えること(増補版)〟等をご覧いただきたい)。

 しかしながら、私の研究手法は基本的には「仮説検証型研究」によるものだから、私の研究結果がおかしいと言いたいのであれば反例を提示すること以外にはない。言い換えれば、私の研究結果がおかしいと思って潰したければたった一つの反例で充分だ。
 ところが、このクレームを寄せてくれた方々、私の研究結果を痛罵して下さった「春期セミナー企画委員会責任者」、そして「宮沢賢治学会一会員 様」は皆、ほぼ感情レベルのご批判であり、これでは賢治研究の発展には繋がらない。
 つきましては、その発展のためにも、私の実証的研究結果がおかしいということであればどうか「反例」をまずは用意してから行ったいただきたい。所詮、定説でさえもそうであるように、私の一連の主張もそれぞれ「仮説」の一つに過ぎず、反例がたった一つあればものの見事に崩れてしまう。そしてもちろんそのような時には私はあっさりと兜を脱ぎ、即当該の仮説を潔く棄却しますので。

******************************「「宮澤賢治」より様」からのコメント*****************************
何故名告らないのですか (「宮澤賢治」より)
2017-03-28 21:05:13
「宮沢賢治学会一会員」さんへ

 鈴木さんにも至らない点があったにしても、鈴木さんは以前より実名で投稿しているわけですし、「宮沢賢治学会一会員」さんが「正々堂々と名指しで」という批判をしたから鈴木さんは外山 正さんの名前を明らかにしたということになるでしょうから、当然「宮沢賢治学会一会員」さんも正々堂々と名告って然るべきでしょう。
 まして、この度の春期セミナー企画委員会の責任者の、鈴木さんに対する対処は褒められたものでないことは明らかなのですから、そのことを「宮沢賢治学会一会員」さんはその責任者に全く問わないで、一方的に鈴木さんだけを批判することはアンフェアなことです。

 そして私が懸念していることは次のことです。
 この度の「宮沢賢治学会一会員」 さんの一連のコメントから、「宮沢賢治学会一会員」 さんは賢治学会にかなり精通している人、中には賢治学会の要職にある人だと受けとめる読者もいるでしょう。また、そのような「宮沢賢治学会一会員」 さんが、批判というよりは一方的な、それも名乗りもせずにする批判ですから、読者からそれは批難であると見なされてしまいかねないわけです。
 したがって、「宮沢賢治学会一会員」が名告らずにこのまま放置しておれば、読者の中にそのような偉い人が鈴木さんを個人攻撃していると受けとめるかもしれません。あるいは、読者の中には「宮沢賢治学会一会員」さんとは実は「春期セミナー企画委員会の責任者」でないのかと勘ぐる人も現れるかもしれません。

 したがって、このまま「宮沢賢治学会一会員」さんが名告らずにいたならば、賢治学会の要職に就かれている方々、とりわけ「春期セミナー企画委員会の責任者」に迷惑がかかりますので、「宮沢賢治学会一会員」さんは早急に名告って下さい。

                                                           「宮澤賢治」
 続きへ
前へ 
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。

《鈴木 守著作新刊案内》
 この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』が出来いたしました。
◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』(定価 500円、税込み)

 本書の購入をご希望なさる方がおられましたならば、『宮沢賢治イーハトーブ館』においてお買い求め下さい。
 あるいは、葉書か電話にて下記にその旨をご連絡していただければまず本書を郵送いたします。到着後、その代金として500円(送料込)分の郵便切手をお送り下さい。
    〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木 守
             電話 0198-24-9813
 なお、本書は拙ブログ『宮澤賢治の里より』あるいは『みちのくの山野草』に所収の、
   『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
のダイジェスト版です。さらに詳しく知りたい方は拙ブログにてご覧下さい。
 また、『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』はブログ上の出版ゆえ、紙媒体のものはございません。

《鈴木 守著作既刊案内》
◇『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』(定価 500円、税込)
 ご注文の仕方は上と同様です。
 なお、こちらは『宮沢賢治イーハトーブ館』においても販売しております。

 ☆『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』                  ☆『宮澤賢治と高瀬露』(上田哲との共著)          ★『「羅須地人協会時代」検証』(電子出版)

 『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』、『宮澤賢治と高瀬露』のご注文につきましても上と同様ですが、こちらの場合はそれぞれ1,000円分(送料込)の郵便切手をお送り下さい。また、こちらも『宮沢賢治イーハトーブ館』において販売しております。
 ☆『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』        ☆『羅須地人協会の真実-賢治昭和2年の上京-』      ☆『羅須地人協会の終焉-その真実-』

 ただし、『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』は在庫がございません。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンフェアではありませんか「... | トップ | 北上市国見山(カタクリの様子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

「賢治研究」の発展のために」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL