みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

『昭和三年陸軍特別大演習記念写真帖』の宣伝

2017-02-08 08:00:00 | ・昭和3年の賢治
 先日昭和3年の『岩手日報』のマイクロフィルムを見ていたならば、同年の7月頃の同紙には『鳳輦の躅』の宣伝広告が目立っていたが、昭和4年7月25日には上掲のようなトップ一面の上段を使い切ったものもあった。  そこで、『鳳輦の躅』とは『岩手日報社』が出版した『昭和三年陸軍特別大演習記念寫眞帖』のタイトルだったことを知った。しかもその値段は     「拾貳圓」 ととびきり高価なものだった。  ちなみに、 . . . 本文を読む
コメント

またもや「昭和3年陸軍大演習」絵葉書入手

2017-02-05 12:00:00 | ・昭和3年の賢治
 以前も二度ほどその絵葉書を入手した盛岡材木町の古物商へ、この2月4日にまたまた立ち寄ったところ、今度もまた「昭和三年特別大演習」の絵葉書を新たに一葉入手できた。その写真が上掲したものであり、拡大してみれば下掲のとおり。 【昭和三年盛岡地方 陸軍特別大演習地絵図】                ちなみにこの古物商で以前入手したものについては、以下の投稿で報告してあるのでご覧いただきたい。   ・ . . . 本文を読む
コメント

昭和3年「陸軍特別大演習」絵葉書

2016-11-16 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》   以前、〝やはりあの陸軍特別大演習のようだ〟において、昭和3年の「陸軍特別大演習」の絵葉書を二葉紹介したことがあるが、その絵葉書を入手した盛岡材木町の古物商へ、この11月5日にまた立ち寄ったところ、今度もまたその時の絵葉書「昭和三年特別大演習記念 統監部」を新たに一葉入手出来た。それが上掲の絵葉書である。そこには、「大本営」(岩手県公会堂)の写真や、鈴木 . . . 本文を読む
コメント

「杉山式農法」の報道(昭和3年3月18日)

2016-09-04 18:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 上掲の記事は昭和3年3月18日の『岩手日報』の記事で、その記事の一部を抜粋すれば以下のとおり。  和賀郡に變わった團体二つ   宮田式と松山(ママ)式 農民の目を引く 和賀郡には郡農會並びに町村農會の指導支持と全然關係なく全く獨立して郡下農民の注目を引いている農事團体が二ヶ所に設立されてある、即ち一つは一昨年縣會で大分問題となった更木村を中心とする宮田式養 . . . 本文を読む
コメント (3)

さらに増した『新校本年譜』379pの「推定」の危うさ

2016-08-28 15:32:26 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 この度、大正15年8月18日付『岩手日報』を見ていたならば、次のような新聞報道があった。  稗貫郡下に稻熱病發生 被害水田約十町餘 氣候が最大原因 (花巻)本年は氣候に激變が多かつた關係上か稗貫郡内の水田中に稻熱病がボツボツ發生し被害水田十町餘にわたる模樣である、郡農會あたりの調査によると宮野目村が最も多く、ついで、八幡、八重畑、花巻川口町 . . . 本文を読む
コメント

おわりに

2015-09-09 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 さて、ここまで調べてきていま賢治の昭和3年を振り返ってみて特に思うことは何かといえば、次の2点である。  一点目は、6月の「伊豆大島行」を含む上京の主な目的はちゑとの見合いのためだったなどということではなくて、佐藤竜一氏の主張通り、「逃避行」であったのではなかろうかということだ。そもそも6月のこの時期といえば農家にとってはまさに田植え時の農繁期なのだから . . . 本文を読む
コメント (3)

浅沼稲次郎のある示唆

2015-09-08 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 豊田穣が『浅沼稲次郎 人間機関車』において次のようなことを紹介していることをこの度初めて知った。  大正12年9月1日に発生した関東大震災の2、3日後のこと、農民運動社に泊まっていた浅沼稲次郎は夜中の一時過ぎに兵隊によって揺り起こされ、戸山ヶ原騎兵連隊の営倉にぶち込まれ、次に市ヶ谷監獄に入れられたという。そして約一ヶ月後保釈された浅沼は早稲田警察の特高から . . . 本文を読む
コメント

昭和3年12月の賢治

2015-09-06 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 では、昭和3年12月分について賢治の営為と詠んだ詩等を『新校本年譜』から以下に抜き出してみると、 一二月二一日(金)〔推定〕高橋慶吾あて返書(書簡245)。この頃もまた三八度の熱で臥床中であった。 「御承知通り当分の小生には農業生産の増殖と甚分外乍ら新なる時代の芸術の方向の探索に全力を挙げ居り右二兎を追て果して一兎を得べきや覚束なき次第この上の杜会事業の能 . . . 本文を読む
コメント

昭和3年11月の賢治

2015-09-05 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 では、昭和3年11月分について賢治の営為と詠んだ詩等を『新校本年譜』から以下に抜き出してみる。すると何と、 一一月二五日(日) 「佐々木喜善日記」に賢治あて出状の記事がある。                のたった一項目だけである。そしてこの脚注が付記してあるのだが、それは「花巻の宮沢賢治氏に原稿のことで出状した」というものにすぎない。なお、詠んだ詩につい . . . 本文を読む
コメント

昭和3年10月の賢治

2015-09-04 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 では、昭和3年10月分について賢治の営為と詠んだ詩等を『新校本年譜』から以下に抜き出してみると、 一〇月二四日(水) 菊池武雄あて(書簡244)の中身なしの封筒の裏書きに、「稗貫郡下根子」とあるので、このあたり一時協会へもどったようである。が、再び実家で臥床したことは高橋慶吾あて書簡(245)で見られる。 一〇月三〇日(火) 佐藤二岳(隆房)あてに葉書(書 . . . 本文を読む
コメント

看護婦Tの証言

2015-09-03 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 前回私は、  安藤のぶが賢治の付き添い出張看護をしたのは昭和3年12月半ば~明けて1月半ばの〝30日間〟であった。……❺ これに伴って、佐藤隆房自身の記述から窺えるその頃の賢治の病状について、 ・12月に入る前までは、「療養の傍菊造りなどをして秋を過ごしました」ということであり、「たいした発熱があるというわけではありませんでした」。・12月に . . . 本文を読む
コメント

中村ノブへのインタビュー

2015-09-02 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 さて、前回私は  安藤のぶ看護婦が賢治の付き添い出張看護をしたのは少なくとも9月20日以降の、おそらく12月以降の〝30日間〟である。……⑤となるのではなかろうか。そして私がそう思う理由は、これに関する別の証言もあるからである。と述べたが、それはどのようなものかというと、「イーハトーブ・インタビュー 中村ノブさん もう一人の看護婦さん」の中にあった。  そ . . . 本文を読む
コメント

安藤のぶの三十日間出張看護

2015-09-01 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 さて、私は  昭和3年8月10日に賢治が実家に帰ったのは体調が悪かったからということよりは、「陸軍特別大演習」を前にして行われた特高等の凄まじい「アカ狩り」から逃れることがその主な理由であり、賢治は重病であるということにして実家にて蟄居・謹慎していた。……②という仮説をもっていて、それを拙著『羅須地人協会の終焉-その真実-』で私なりに実証したつもりだが、そ . . . 本文を読む
コメント

昭和3年9月の賢治

2015-08-31 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 では、昭和3年9月分について賢治の営為と詠んだ詩等を『新校本年譜』から以下に抜き出してみると、 九月五日(水) 妹クニと刈屋主計の養子縁組が行われたが賢治は病臥中で宴に出られなかった。 九月二三日(日) 高橋武治あて返書(書簡243)。  「八月十日から丁度四十日の間熱と汗に苦しみましたが、やっと昨日起きて湯にも入り、すっかりすがすがしくなりました。…」 . . . 本文を読む
コメント

菊池武雄の訪問から見えてくること

2015-08-30 08:30:00 | ・昭和3年の賢治
《創られた賢治から愛すべき真実の賢治に》 では、年譜の中でまだ検討が残っている     八月中旬 菊池武雄が藤原嘉藤治の案内で下根子桜の別宅を訪れる。 について考えてみたい。この出典は「賢治さんを思ひ出す」であり、そこには  私どもは雜草の庭からそこばくのトマト畑の存在を見出して、玄關先の小板に「トマトを食べました」と斷はつて歸つたことでしたが、もうその頃は餘程健康を害してゐたので、二三日前 . . . 本文を読む
コメント