みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

「共有脆弱性の高い」宮澤賢治

2017年04月23日 | 真実の賢治を知りたい
 鈴木友氏の管理しているブログの中に、
     〝天才って何が違うの?
という興味深い投稿があった。それは、
 近年研究が進み、天才がエキセントリックな行動をとる理由が明らかになってきています。
と始まり、そのことに関する論文の紹介があり、
 この論文で提案されている共有脆弱性が高い人は「認知脱抑制力」が普通の人よりも低いため、より多くの刺激を意識に取り込んでしまう傾向にあります。
というものだ。よくは分からぬのだが何となくすとんと落ちた。そしてこの度めて知った「共有脆弱性」というキーワードが、とても気になる。
 さて、これ以上のことは同投稿及びそこで紹介されている論文そのものをご覧になっていただきたいのだが、私が言いたいことは、この投稿を拝見しながらすぐに連想したのは宮澤賢治だったということだ。なぜならば、私は今まで賢治の言動にはとりわけ「不羈奔放」な傾向が強いと何度か述べてきたからである。そして、そのような賢治の言動があったということは従前から云われてきたことでもあり、それはまさに「エキセントリック」な言動がしばしばあったと言い換えることもできるので、この論文の表現を借りるならば、

 宮澤賢治は〈共有脆弱性が高い人〉なので〈「認知脱抑制力」が普通の人よりも低いため、より多くの刺激を意識に取り込んでしまう傾向にあり〉、それ故に〈圧倒的にクリエイティブな業績を多く残している〉。

と説明できると思ったからだ。端的に言えば、
    宮澤賢治は「共有脆弱性」が高い人だった。
という心理学的な見方が可能だということになりそうだ。 

 続きへ
前へ 
 ”みちのくの山野草”のトップに戻る。


《鈴木 守著作新刊案内》
 この度、お知らせしておりました『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』が出来いたしました。
◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』(定価 500円、税込み)

 本書の購入をご希望なさる方がおられましたならば、葉書か電話にて下記にその旨をご連絡していただければまず本書を郵送いたします。到着後、その代金として500円(送料込)分の郵便切手をお送り下さい。
 〒025-0068 岩手県花巻市下幅21-11 鈴木 守
             電話 0198-24-9813
 なお、本書は拙ブログ『宮澤賢治の里より』あるいは『みちのくの山野草』に所収の、
   『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』
のダイジェスト版です。さらに詳しく知りたい方は拙ブログにてご覧下さい。
 また、『「羅須地人協会時代」検証―常識でこそ見えてくる―』はブログ上の出版ゆえ、紙媒体のものはございません。

《鈴木 守著作既刊案内》
◇『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』(定価 500円、税込)
 ご注文の仕方は上と同様です。
 なお、こちらは『宮沢賢治イーハトーブ館』においても販売しております。

 ☆『「涙ヲ流サナカッタ」賢治の悔い』                  ☆『宮澤賢治と高瀬露』(上田哲との共著)          ★『「羅須地人協会時代」検証』(電子出版)

 『羅須地人協会の真実―賢治昭和二年の上京―』、『宮澤賢治と高瀬露』のご注文につきましても上と同様ですが、こちらの場合はそれぞれ1,000円分(送料込)の郵便切手をお送り下さい。また、こちらも『宮沢賢治イーハトーブ館』において販売しております。
 ☆『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』        ☆『羅須地人協会の真実-賢治昭和2年の上京-』      ☆『羅須地人協会の終焉-その真実-』

 ただし、『賢治と一緒に暮らした男-千葉恭を尋ねて-』は在庫がございません。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏山(前編、4/20) | トップ | 裏山(後編、4/20) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL