林 住 記

写真付き日記のようなものですが

ご褒美

2015-08-31 | 林住期

  

これ、ラジオ体操のご褒美です。
団地のショッピングセンター前で、毎朝7時から行われたラジオ体操に参加したご褒美です。
詳しくはscottieティッシュペーパー1箱に、morinagaピクニックコーヒー1本で、一応ブランド品です。

実は、今年は皆勤ではなかった。
早朝から雨が降った日が3日あり、その3日は不参加にした。行き帰りに滑って転んだりしたら、元も子もないからね。

それでもご褒美を下さったのは、ひとえに発起人代表と自治会長のご恩情とお励ましだ。
と、この林住記なんか読んでくれない健全なお方たちだけど、よいしょ・どっこいしょします。

ブランド品といっても高価なものではないが、ご褒美を頂けるのは森生の人生では滅多になかったことなのでで凄〜く嬉しく、来年もやるゾ。
と鬼・死神を笑わせるのだった。

それで、この夏のラジオ体操に健康効果はあったのか。
...... 実はこれが、サプリメント同様よく分からないのであります。

何故なら、朝の血圧が却って上がっちゃったのね。
上は140〜150台だったのが、今では150〜160台だ。時々170台も出る。
そして下も80を軽く超えるようになった。困ったものだ。

今年の反省点は、ダラケテいたことだ。
時間ぎりぎりまで寝ていて、往復の坂道はてれんこてれんこ歩き。おばばたちに追い越されても闘志が湧かず、お先にどうぞ。
体操だって自己流で、身体をあまり曲げない、あまり高く跳躍しない、両足をあまり広げない、音楽にあまり合わせない.......。

小学生は学校が始まり、明日からはじじばばだけで彩りがモノクロなる。会はこの先、師走の風が身に滲みる頃まで続ける。
だが、これ以上の早起きはムリだ。朝、忙しないのが血圧上昇の原因なら、血圧は180・190に達するだろう。

でもね、行き帰りに「試してガッテン」で見てまた懲りずに信じ込んだミトコンドリア歩行を組み込もうか。
と悩む8月の終わりでありますが。

150831

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おじいさんになったね

2015-08-28 | 拍手

   

ご存じ南伸坊さんの新しい随筆集である。
読むのは一日一話にして長く楽しむつもりだった。
けれどもあまりにも面白可笑しいので、思庵で何話も読み耽ることになり、お尻が痺れてきた。

先ず、「はじめに」で「おじいさんになったね」というヘンな名前にした経緯が笑える。

    

15年前、辛坊さんは52歳だった。
この時、路上観察学会で先生だった赤瀬川源平さんは62歳。ゲージツ家のクマさんこと篠原勝之さんは57歳。
フト、クマさんが赤瀬川さんに、

  ゲンペーさん、おじいさんになったネ

と正直な感想をのんびり漏らした感じで言った。
伸坊さんには赤瀬川先生は歳より若く見える方だった。
赤瀬川さんはケゲン顔で、

  え?

と。......まぁこの先は、あなた、本を買って読んで下さい。

    

赤瀬川さんは昨年77歳で亡くなり、クマさんは今、73歳。
伸坊さんの頭はすっかり真っ白。白壁の前で写真を撮られると、壁から抜け出した「笑いお化け」の67歳だけど気分はぺーぺーの若者を自認している。
オレオレ詐欺国営化や人類縮小化などを提案する頭のヤワラカサである。

内容は下の3章で構成されている。

  颪じいさんになったね

  鬚じいさんは山に柴刈りに

  鵑じいさんが掘ってみると

そして各章に各11話、計33話が続く。
どれもが面白く愉快でなるほどねだったが、本物のおじいさんで後期というか実は末期高齢者の森生には、

  オウンゴール

  奈良に行ってきた

  お墓参りに行ってきた

  日光にたいしてフクザツ

  感心な鹿

  コグレさんはいい人

  孫ほめ

  ぴゃむぴゃむ

などが特に面白かったようで、ポストイットが貼ってあるのだった。

    

なお、この本の腰巻には伸坊さんの呼びかけがある。

  団塊の諸兄! 団塊の世代は老人である。 実感はないけど、そういうことなら私は、ゴキゲンなおじいさんになりたい。
      最新の研究によると おじいさんも おばあさんも 実は年をとるほど ゴキゲンになるらしい いいですね〜 ゴキゲンな老人 世にはばかる

南伸坊著・装幀・イラスト「おじいさんになったね」海竜社刊・税込1512円。
この記事の挿絵は同書から。

150828

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院内ハイキング

2015-08-27 | 病院巡り

月に1度通う「埼玉医大毛呂山病院」の口腔外科は、今月も簡単お座なりの診察だった。
孫のように若い先生はじじぃの言い分をよく聞いてくれるけど、歯茎から滲み出る苦い汁は、医学書には載っていない余程の珍病らしく、

  レントゲン写真でも、見たところも、別に問題ありませんけどねぇ......。

とツムラの「小柴胡湯・顆粒」を105回分処方してくれた。
森生には大問題にも拘わらず、この漢方薬は1か月服用したのに全然効果なしだが、あと一か月続けることにした。
まぁ、加齢の所為にしないだけでもましな若先生である。

診察・会計・院外薬局を済ませると後の用事は何も無い。次のバスは1時間後だ。
外は朝からの冷たい粉糠雨が降り続き、じっとしていると寒くなる。ちょうどいい機会だから広い病院内を探検することにした。
外来患者が利用できる施設は丘の途中の別棟にあるマック以外は、地下道で行けるから傘が要らないのだ。

■本部棟カフェテリア

  殺風景。まだ行ったことはないが、まるで拘置所内受刑者食堂だ。利用者の殆どはよれよれのじじばば。
  係りのお母さんは親切。カレーライスは何故か味噌汁付で550円。ちょっとカレー粉と味噌を入れ過ぎかなぁ。低血圧向きである。

■何というビルにあるのかがよく分からない売店群

  喫茶室・駄菓子屋・酒以外なんでもある飲料店・医学書が充実している書店・身の回りの消耗品店・おむつ屋・郵便局などがある。
  蟹歩きしないと通り抜けられない狭さだが、少なくとも我が買物難民団地のスーパーよりも品揃えは充実している。
  喫茶室のカウンターにあるスパゲティの写真は美味そうだったので次の受診日に試食しよう。

■このほか丘の途中にある別のビルには「マクドナルド」がある

  ここは天気が良い日に何度か利用しているが、御多分に漏れずいつもがらがら。
  味は全国共通で、照り焼きハンバーガセットを贔屓にしている。
  良い点は外が見えること。視界は広く、坂道を颯爽と登り降りする医学生たちを植木越しに見物できる。

以上、マックを除きおよそ1時間で歩き終えた。
更に坂の上の方のビルには、洒落たレストランや売店があるらしいが、どうも広過ぎて全体の配置図が飲み込めません。
探検する価値はありそうなので、ちゃんと事前に研究し、天候に恵まれた受診日に再挑戦するつもりです。

病院の各棟は傾斜地に建っており、上り下りが多くハイキングと同じ効果がある。疲れたら会計と給水器がある待合室で休憩すればいい。
仮に急病で倒れてもここは総合巨大病院だから、救急車に乗せられて病院をたらい回しされず、直ちに救急措置をしてくれるはずです。



今日の結論は散歩やハイキングなら、同じ系列の「国際医療センター」の方が全てに勝っておりますね。
食堂と避暑避寒だけなら、わが団地にある、設備と景色が良く日替わり定食630円の「武蔵台病院」もお勧めです。

空撮写真は「埼玉医科大学病院」と「ウェルフェア」さまのHPからお借りしました。
なお駐車場は写真とは大違いで、常時ほぼ満車状態です。

150827

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アロハ・オエ

2015-08-26 | 歌の翼に

秋は、忍び足どころか突然やって来て、今朝は肌寒かった。もう夏物を箪笥に仕舞う時期なんだろうか。

 

朝、目が覚めると、伝法院通りの古着屋のように、長押にずらりと吊るしてあるアロハシャツが目に入る。

実はこの夏、これらの吊りアロハで最後の勝負しようとしていた。法師蝉よ、じじぃだってまだ宿題が残ってるのだ。

しかし7〜8月はTシャツ1枚でも暑かった。もう1枚羽織るわけにはいかなかった。ま、勝負する相手もいなかったしなぁ.......

だからアロハシャツは長押にぶら下がったまんま。出番はなかった。湘南海岸ならともかくサイタマでは似合わないしね。

次の夏、このアロハシャツを町で見かけたらそれは森生ですから、お声をかけてね。ハグまでならなら、まだしてあげられるよ

 

きょうのお別れにハワイアンソングを1曲どうぞ。素敵なフラダンス付きで。

隣町・毛呂山のおかあさんたちのアロハ・オエ

むかし乙女、いま太目のおかあさんもがんばってますねぇ。森生は左端のレディがタイプ
わがまち日高にもフラダンス連があるようだけど、どこを見てんだぇ?

150826

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

川の流れのように

2015-08-25 | 歌の翼に

♪ ああ〜〜 川の流れのように

泌尿器科なんかお呼びじゃない。くやしいね。
これもまた人生。

150825

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人さらい

2015-08-24 | やぶにらみ

  

寝屋川の中1男女生徒殺人事件は確かに悲惨な事件だから、朝のTVがその話題で持ち切りになるのは無理もない。
しかしどの局も、犯人像やその動機、そして犯行の経緯ばかりを推理推測しているのは頂けない。
また、被害者に同情し、徒に視聴者の涙腺に訴えるだけの報道には付いてゆけない。
これでは民放TVは1局あれば十分である。

そんな中で「おやっ、森生と同じ意見だ」と感じた発言をした、TVでは初めて見る人がいた。
大阪国際大学准教授・谷口真佐美さんである。(谷口先生は「日本おばさん党」を立ち上げた人でもあるようだ)

  深夜の商店街をぶらついている二人を、通りすがりの大人は何故咎めなかったのか。
  それに私が子供の頃は、親から「夜、外出すると、人さらいにさらわれるよ」としばしば言われたものです。

と、概ねこう発言した。なお余談ですが森生の母は、更にこう付け加えたものである。「サーカスに売り飛ばされるよ」。

TBS-TV「サンデーモーニング」の司会者は「マズイ!」と思ったのか、同席していたTV慣れしている大宅映子さんに、話題を振った。
大宅さんは、実父大宅壮一譲りの歯切れのいい発言をするので、大いに期待したら、

  まだあどけない顔をした二人がこんなことになるなんて........(以下むにゃむにゃ)。

ははぁんなるほどね、やっぱり谷口先生の発言は「不適切」だったらしい。恐らく抗議の電話が局に殺到するのだろう。
だが不肖森生は先生の発言を支持します。既に書いているが、朝日新聞の「素粒子」では、

  未明の防犯カメラに映る姿はどこにでもいる中学生。
  事件にならねば、ひと夏の記憶に刻まれただろうに。

だなんてとんでもない見方、感じ方である。
もっとも今朝の朝日の社説「中一男女生徒殺害 防ぐ手立てなかったか」では、やっと、こう書いた。

  夏休みになると子供は開放的になり、夜間の外出や、普段とは異なる行動パターンをとることも多くなる。
  学校の目も届きにくい。
  それだけ犯罪被害に遭う危険性が高まることを、大人がしっかり認識したい。
  身を守るすべを、子どもにもしかり教えておくことが大切だ。

ここまでは同感。しかし、

  教育委員会や学校は、繰り返し注意を呼びかけて欲しい。

は物足りない。学校や教育委員会に頼り過ぎている。
地域の住民や親、特に親の存在を忘れている。自分のまだ稚い子を守れないような親は、親の資格はない。

以上、二人の親たちは、既に過酷な罰を十二分に受けているはずだが、敢えてこの記事を書きました。

     

文頭のイラストは、きたむらさとし(朝日新聞土曜版「悩みの坩堝」)から。

150824

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素粒子と経済気象台

2015-08-21 | 重箱の隅

   

朝日新聞夕刊の題字下の一等地に載っている「素粒子」がキライである。
何かと上から目線であるばかりでなく、世相に阿り、綺麗ごとを並べる。
別の筆者だろうが以前、死刑執行を許可した当時の鳩山邦夫法務大臣を「死に神」と決めつけて、激しく批判され謝罪したことがあった。

例えば19日です▼

   

冗談じゃないですよね。
夜更けに寝静まった商店街をうろつき、盗電しようとする少年少女を「ひと夏の記憶」などと肯定的に書いている。
親・先生・商店街や近所のじじばばや警察は、こういう少年少女を厳しく叱りつけなければならない。

朝日新聞にはウンザリするところも多いが、いい記事が無いわけではない。
例えば株式欄に載っている「経済気象台」だ。

  

以下は8月18日と20日のものです▼ 長文ですがお読み下さい。

       

 
如何ですか?
末尾に「この欄は、第一線で活躍している経済人、学者など社外筆者の執筆によるものです」とある。

素粒子も同様に、第一線の社外筆者に任せたらどうか。東芝の取締役会のように。

挿絵は、きたむらさとし(朝日新聞土曜版「悩みの坩堝」から)。

150821

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボン・ボヤージュ

2015-08-20 | 拍手

柳原良平さんが亡くなった。柳原さんは、3等身おじさんアンクル・トリスの生みの親である。
また船おたくで、横浜港が見える丘に移住し、船会社から船長の制服一式を贈られているイラストレーターである。

  

柳原さんはかって、開高健や山口瞳と組み、洋酒の寿屋、つまりサントリーの仕事で一世を風靡した。
最近、柳原さんの仕事を拝見することが無いが、森生は43年前に無理して、豪華本「船の本」全4冊を購入している。

  

4冊は今では珍しい箱入り本で、本を挿入するところは横ではなく、上。横からだと水が入り沈没する恐れがあるので上にしたそうだ。
本には船の絵が盛り沢山。さながら観艦式。見ているだけでも楽しい。今、断捨離断行期だが、この本は誰にも貸さず、最期まで持っているつもりだ。

  

始めに載せた絵葉書は、横浜港に係留してある練習船日本丸の隣の売店で、10年前に買ったものだ。
もっと欲しかったけれどこれ1種類しかなかった。横浜市は種類を増やして欲しい。そうしたら全部買い占めてやろう。

  

柳原良平さん、享年84歳。
此岸から彼岸に渡る船は豪華客船だろうか。それとも洒落たヨットか、渋いタグボートか。

BON VOYAGE


 

アンクル・トリスのイラストは、もちろん柳原良平です。
柳原良平公式サイトはこちらをどうぞ。

150820B 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

早起きのトク

2015-08-20 | 林住期

ラジオ体操を再開したので、早寝早起きが続いている。
7時から始まる体操に間に合わせるには6時には起きなくてはならず、そのためには10時には寝ることにしている。

昔は早起きは三文のトクだった。
この夏、早起きして参加するわが団地のラジオ体操では、イロイロ貰えるのがトクなんですね。

今朝頂いたものは、乾燥したバラの花▲ではなくて、ヒマラヤ杉のマツカサ、ではなくスギカサ。いや松笠が正解です。
松笠といっても松笠全体の天辺を外したものだそうです(持って来た、出欠を緩〜く管理してるおじぃさんが書いた解説書▼)

                       

今ではヒマラヤ杉はあけぼの杉に取って代わられ、あまり見られない喬木だが、昔は校庭や公園などで亭々と、円錐形に聳え立っていた。
だけどヒマラヤ杉の松笠なんぞは見たことがなかった。

触っているだけで笠の鱗は簡単に外れる。種子を付けた鱗▼は削り節のようで、風に乗り遠くまで飛んで行くことができる。

その構造を見たのは初めてで「人間死ぬまで勉強です」だった。

     

ヒマラヤ杉の笠をコサージュなどに細工し、おばぁにプレゼントすれば、じじぃのココロがぶっ飛ぶ反応が,.....いや、ないだろうね。

この夏のラジオ体操のヨイ傾向は、参加者が自宅からイロイロ持ってきて、分けて下さることである。
これまで配られたものは、

  庭で完熟し冷やしたミニトマト、お煎餅、森永ハイチュウ、沢山の朝採れの韮、国立西洋美術館になる紙型

などがあり、西瓜の苗を会場の花壇に植えた、気も先も長い若じいさんもいる
以上のとおり、この夏は雨の日に休んだので皆勤賞は貰えないけど、早起きのトクは結構あるのだ。



でもなぁ、夜更かし自粛で「林住記」の毎日更新が難しくなってるのよ。
まぁ、差し引きトクなんでありますが。

ヒマラヤ杉はマツ科ヒマラヤスギ属でした。そういえば葉っぱは松です。詳しくはウィキをどうぞ
ヒマラヤ杉型の西瓜は、石川県名産品を商う金沢屋さまからお借りしてます。

150820

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜遊び

2015-08-19 | 重箱の隅

朝のTVは、高槻市で起きた中一少女殺人と少年行方不明事件でもちきりである。
まだあどけなさが残る少女の殺害は痛ましく、少年の無事を祈ることにやぶさかではないが、いつもこの種の事件で腑に落ちないことがある。
それは年端も行かない少年少女が、深夜、街をうろつくことである。

事件の詳細が明らかになった後も、少年少女の夜遊びを戒めるTVを見たことが無い。
苛めにはピリピリする校長先生も、少年少女の夜遊びについて何も言わないし、居並ぶコメンテーターも、近所の人たちも同じだ。

普通、深夜は寝ているもので、この子たちは昼間に寝てたのか。親が夜の仕事で不在なら留守番をしているべきだ。それとも親が暴力を振うのか。

殺人事件で、被害者はいつも素晴らしい人である。
今度の被害者もきっと「模範的な素晴らしい少年少女」になるのだろうが、本当にそうなのか怪しいものだ。
今度こそ、夜遊びなどしていると殺される場合がある、と誰もがハッキリ言うべきです。

150819

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

町角で見た・2

2015-08-18 | ありゃ

 

隠蔽工作。「見るな」と言われると見たくなる。

 

ややっ! UFO襲来か?!

 

視力検査が必要だな。

150818

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015-08-17 | 林住期

朝ぼらけ、雨音で目が覚めた。
この夏初めての本格的な雨だ。今日のラジオ体操は休みにしよう。

6時前にまた目が覚めた。
雨樋から溢れた雨水がエアコンの屋外機に当たり、バシャバシャと喧しい。
皆勤記録は諦め、今日のラジオ体操はやっぱり止めておこう。

7時過ぎにまた目が覚めた。
相変わらず雨が降っている。布団の上で、久しぶりに花かっぱを見た。可哀想なガリゾー。

今朝、朝日新聞は休刊日である。
きのうまで安倍談話で、尻に火が点いたような大騒ぎしをてたのに、よくもまぁ平気で休めるものだ。
明日からはコロッと切替え、高校野球で大騒ぎするんだろう。

それにしても安倍晋三は意気地がない。安倍の「信念」ほどアテにならないものはありませんな。
アベコベでウソツキに、日本を任せておくのは危険だと思う。

また、サノケン氏のデザイン盗用問題。今度は「盗作」ではなく「盗用」だ。
やっぱりなぁ。今度は完全アウト。事務所のスタッフの仕事だ、という言い訳はみっともない。

東京五輪エンブレムは、前回の亀倉雄策デザインの数字だけ変えて、また使えばいいではないか。
その他、前回の「レガシー」を精一杯再「活用」しよう。

まだ雨は降り続いている。
雨の中でも、法師蝉が激しく鳴いている。

150817

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み

2015-08-14 | 林住期

世間は夏休みに入ったらしい。森生は春休みに続いて、ず〜と夏休みをとっており、正直、厭きた。

就職した頃は夏休みはなかった。馬車馬のように働いて会社が大きくなっても、夏休みはなかった。
課長になった頃、世間体を慮ってか夏休み制度ができたが、取れる者はヒラヒラばかり。人出が足りない分、末端管理職は働かせられた。

あの頃は、広い芝生の庭を造り、大きな欅の下にデッキチェアを出し、昼寝をしたかった。
風通しのいい縁側を拵え、ごろりと転寝をするのが夢だった。

しかしいま、猫額亭の痩せた木の下には藪蚊が殺到する。縁側なんぞは始めっからありゃしない。
そもそもわが団地には、地形の所為か涼しい風なんて、ゼンゼン吹かないのね。

    「夏休み充電中」 針 すなお

警察消防や運輸運送業を尻目に、マスコミは何をさておき夏休み中らしい。仕込み記事や放送を見ればよく分かる。

国会の会期を大幅に延長したはずの安倍晋三首相も、夏休みを取っているらしい。
山中湖にある別荘での夏休みは、僅か
に1泊2日とか。故郷山口県の墓参を入れても1週間にはならないようだ。

にも拘わらず、民主党の枝野幹事長からは「原発再稼働など重要問題を丸投げして夏休みとは」とケチョンケチョン。
立ち枯れ民主党の枝野先生こそ、夏休みを取ったらいいのにね。

ま、ロクなことをしてないけれど、安倍さんは慢性潰瘍性大腸炎という一種の躁鬱病だから、一服は仕方がないよね。

                                           


そういうわけで、森生は総理大臣にならなくて良かった。
毎日怠けていても、誰からも、な〜んにも非難されない。まぁ無視されてるんですが......。

湖畔の涼風はないけれど、わが猫額亭にはエアコンがある。
嬉しいような寂しいような。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

挿絵は小倉 遊亀「越ちゃんの休日」。越ちゃんとはこーちゃん、越路吹雪さんのことです。
漫画は針 すなお(8月13日 朝日新聞朝刊から)。

150814

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

殴られたお化け

2015-08-13 | ありゃ

他人のことをとやかく言う資格はないが、最近の朝日新聞はガタガタですな。
全くツマラナイ。夏季休暇に入ってるようだ。林住記なんかは購読費不要なのに、夏季休暇は無しだ。

被爆70年、日航機墜落30年、川内原発再稼働、東京五輪、戦争法案、安倍談話など鬱陶しい記事ばっかりである。
甲子園の高校野球は暑苦しく喧しい。

安倍晋三氏が(何をさしおいても)涼しい山中湖の別荘で夏休み、だなんて記事を目にすると、羨ましくてムカムカする。
これって高年期性屋内熱中症かなぁ。

そんな中できのうの朝、愉快な記事が2本もあった。
先ず、お化け屋敷でお化けが殴られたという記事です▼

 

真面目に働いていて殴られたお化けさんにはお見舞い申し上げます。きっと、メイク不要になっただろう。
それから、愉快な話題を提供してくれた大学生には、お礼をいいたいですね。札幌中央署には、寛大な処置をお願いしますね。

次はあの澤穂希さんのご結婚だ▼

      

じじぃはこの人を見直した。これまでに書いた悪口のあれこれ、ごめんなさい。
写真は小さくて、モノクロで、美しく、可愛らしい。派手な結婚式を挙げなかったこともよろしい。
心よりお祝い申し上げますね。

ところが同じ日の夕刊が全くダメ。1面トップが、いや殆ど全部が「お涙、頂戴ね、ね、ねっ」だ。

日航機墜落30年    祈る  母が消えた空に
「職務に尽くした夢を継ぐ」 大事な御巣鷹 登り続ける

だとさ。もぅいい加減にしてくれ、ふんっ。

150813

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ取材

2015-08-12 | 高麗便り

毎朝のラジオ体操が飯能TVで放送されることになり、取材クルーが会場にやって来た。
クルーといっても、それなりに業界人らしく身をやつしたお兄ちゃんが、たったヒ・ト・リ。
国営放送のブラタモリでは、ちらっと見えるだけでも10人以上はいるが、ケーブルTVは簡単なものだ。
(はい、ブラタモリと較べる方が非常識ですね、わかってます)

お兄ちゃんクルーは、世話役の数人のおじぃさんにインタビューし、必死にメモ。
嫌がる小学生を前列に並ばせる。
会場にてんでんばらばらに散らばってるじじばばを手前にかき集める。
そして、いよいよぶっつけ本番の体操だ。

お兄ちゃんはTVカメラを担ぎ、密集させられたじじばばの間を駆け回るもんだから、差し入れの煎餅が入った籠を蹴飛ばしてしまった。
あっららーな落花狼藉を片付けているヒマはない。お兄ちゃんはカメラを担いだまま、右往左往して立ったりしゃがんだり。
自治会長さんが折角の体操を中断し、散らばった煎餅を拾い集めて下さった。

新しい朝の合唱から、予備運動・ラジオ体操第一・第二など普段は10分で終わる。
この日は小学生を集めるのに時間がかかり、15分もかかった。
インタビューを入れると、全体で25〜30分くらいかな?

 

体操の後、家に帰ってから、普段は花かっぱの後半は見られたのが、TV取材の所為で全く見られなかった。

飯能TVを見たおじぃの話では、放送はたった2分くらいだった由。
ビデオに録ってあるので貸してくれるとか!


オノレの醜い姿が写るテレビなんか、好きじゃないわぃ。

150813

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加