林 住 記

あしたはあしたの風が吹く

凍る高麗川

2017-01-20 | 高麗便り

多峯主山が寒かったはずだ。下界では高麗川が凍っていた。

水道や湯沸し器が一冬に何度か凍り付くが、この冬はまだである。だから酷く寒いと嘆くのは、歳のせいかも。......反省。

170120B

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御嶽八幡さま

2017-01-20 | 高麗便り

多峯主山に登った時は、必ず御嶽八幡神社にお参りする。

断崖絶壁の天辺におわす神社は陽だまりの上、南と東側の眺望が良く、人はあまり訪れず、休憩には最適である。
ご利益だって、高麗神社・聖天院・瀧不動・能仁寺など有名神社仏閣より確かだ。

フィトンチッドを全身に浴び、足腰を使い、澄んだ空気を吸い込めば、お札もお守りも要らない。
お賽銭を入れ、一年間の息災をお願いした。



神さまの気をひくために、鈴をガラガラ鳴らしたが、誰もいなかったのでその必要はなかったようだ。

170120A

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北風びゅうびゅう

2017-01-19 | 高麗便り

正午。やっとたどり着いた多峯主山山頂。
風を遮るものがなく、寒い寒い。着膨れたじじばばが一組、肩を寄せ合い岩陰でお食事中だった。

北側の樹林が伐採され、視界は360度になっていた。
マウンテン・ビュウが良くなった代りに、最強寒気団が上越国境から吹き下ろす強烈な北風がビュウビュウ。



大岳・武甲山・筑波山や東京スカイツリーはバッチリ。
富士山・男体山や丹沢の山並みは見えなかった。




久し振りの多峯主山だったけど、寒くて堪らず、早々に退却した。


気象予報士が時々「寒さのpeak」と言いますが、英語にそういう言い方があるのだろうか。
正しくは「寒さのbottom」日本語では「寒さの底」ではないでしょうか。

どちらにせよ、以下「ご利益は御嶽八幡」に続きますね。

170119

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つらい山道

2017-01-18 | 高麗便り

軽い山歩きに味を占め、

  うむ、まだできるぞ。

と多峯主山を上る気になった。ところが、多峯主山は低山だけれど甘くはない。



急な坂道では息が切れ、木の根に蹴躓き、小石を踏んで思わずよろめく。
階段で足は上がらず、谷際の細い道ではカラダは自然に山側に傾き、頂上まで、以前の3倍近くの時間がかかってしまった。
やれやれ、歳はとりたくないもんだ。

以下、その山道です。






重い肩の荷はとうに下ろした。次はカラダの肉とアブラも下ろさなくちゃ。

じじぃを追い越していったおじぃ。あんたは猿か▲
「多峯主山の頂上で」に続きます。

170118

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お互いさま

2017-01-17 | 林住期

湘南ライナーで2時間かけ、横浜の姉の家へ行った。
去年は、肝臓腎臓のほかカラダの不調を愚痴る電話が多く、年末は「透析をすることになるかも」という状態だった。
しわがれ声は不調そのもの。暗~く、いよいよ感が溢れていた。

森生自身のことを考えても相当草臥れているはず。
遅い年始の挨拶を兼ね、出かけることにしたのである。

実家にきょうだいが集まらなくなってからは、直接顔を合わせるのは2年に1回くらいしかない。
お互い、近所や友達との付き合いの方が忙しく、遠くの親戚より近くの知り合い、になった。

久し振りに会った姉は一応元気に見えたが、背丈が吃驚するほど小さくなっていた。
出前寿司を「食が細くなって」と半分残したので、食が少し細くなった森生が頑張り、腹に収めた。

珍しく居合わせた姪は、立派におばさん化していた。

なに、おばさんの方だって「叔父さんも随分ガタが来てるわね」と思ったはずだ。
お互いに、思ったことは言わない再会だった。

170117

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

底冷えの山歩き

2017-01-16 | 高麗便り

全国的に、過去最強の大寒気団に覆われた。
有難いことにわが猫額亭では、水道も湯沸かし器も元気に働いている。

おじぃさんだって身体を使わなければ、お天道さまに申し訳ない、と日中、ほんの少し山歩きをした。

     

▼多峯主・天覧山登山口あたり
時々、雲が日差しを遮り、風花が舞う寒さだった。



▼高麗峠手前あたり
写真には写らなかったが、奥多摩の山々には雪が積もっていた。



およそ1時間半の山歩きで、カラダが芯まで冷えてきた。
車を停めておいたスーパーで、インスタント生姜湯を買ってきました。

170116

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またブラタモリ

2017-01-13 | 林住期

ブラタモリをまた見た。
夜明け前から午前中にかけて再放送したうちの、京都嵐山編の後半と、伊勢神宮と横浜の全部を見た。

見たのは2回目だったが、どれもが初めて見聞きする話だったのには驚いた。
ということは、初めて見た時は結局、殆ど居眠りしていたのである。
残された時間が少ないのに、困ったもんだ。



近頃のTVはつまらないので、録画しておいたままの番組を見ることにした。
内容はイタリアの古い町巡り編・イギリスの丘陵地帯編・フランスの巡礼道編の3本で、共通のテーマは「一本の道」。
NHKの局アナ嬢が、現地の案内人と共に民宿に泊まり、ただひたすら歩くという単純な内容である。

日本ではもう観られない美しい田園風景に陶然としている内に、うとうとと眠ってしまった。
従って内容は殆ど覚えておらず、HDから削除できないでいる。空き容量が殆どないのに、困ったものだ。

新しいことって、ちっともアタマに入りませんなぁ。

 

TVリモコンは、このくらい簡単で、文字が大きくならないものでしょうか。

170113

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改憲 護憲

2017-01-12 | やぶにらみ

木走正水さんのブログ「木走日記」が面白い。元旦の朝日新聞の社説を痛烈に批判しているのだ。
朝日新聞は、憲法に万能感を持ち、現実を直視しない教条主義者で、バカな人たちを代表している、と。

先ずは、木走日記をお読み下さい▼

  クラクラと軽くめまいを覚える元旦の朝日新聞のトンデモ社説の恐ろしさ

ね、タイトルだけでも、長くて凄いでしょ?

実は不肖森生は隠れ改憲派です。
軍隊と戦争を放棄している、とも言われる9条については、もはや時代遅れ。木走さんの仰るとおり、と思っている。
朝日新聞の社説は、めまいどころかムカムカと吐き気がする時がある。

ただ、この記事に寄せられたコメントを拝見すると、木走さんへの厳しい批判も多く、ズケズケと遠慮会釈がない。
こういうコメントを削除しない木走さんて、安倍晋三さんよりも心臓が大きいですね。

森生は、朝日新聞のお高く止まった社説なんか普段は読まない。
元旦の社説も当然読んでいないので、木走さんに対する批判が当たっているかどうかを判断できない。
またコメントを寄せた各氏のご意見は、難しくて良く分からない。

しかし、日本を取り囲む国際情勢は「そのとおり」だし、「護憲派って相当現実離れしているな」と思う。
だから社説の解釈の是非はともかく、木走さんの言い分に賛同する。

そういうわけで、森生は憲法についてあまり詳しくは知らないけれど、改憲派のつもりなのだった。

但し、但しですよ。
未来志向の真逆、過去志向で、誤魔化しが多い安倍晋三には、9条など憲法を弄んでほしくはないのであります。
そういう点では、森生は時限護憲派といえるのかもしれない。

憲法改正は、ゆっくり話をし、謙虚・誠実・正直で洞察力のある、頭脳明晰かつ真っ当な政治家にやってもらいたい。
そういう政治家はいませんかね。.......いませんね。

そうすると森生はやっぱり護憲派かなぁ。

ま、いずれにしても「木走日記」を読んでスッキリした。たまにはこういう硬派のブログもご覧下さいね。
ところで、ご同輩は改憲派ですか? それとも護憲派?

170112

    【追記】

     新聞は朝日新聞しか購読しておりません。従って他の新聞の社説は全く知りません。
     しかし「木走日記」では、日韓再対立についての各新聞社の社説を比較し、朝日新聞を厳しく批判しております。
     こちらも併せて、お読みださいね。

           「少女像」社説で日本政府批判する朝日新聞にその資格はあるか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少女像をぶっ壊せ

2017-01-11 | うわごと

お人好しというか、間抜けな日本政府が韓国政府に対し、珍しく対抗措置をとった。
その内容は、駐韓大使と釜山総領事を帰国させ、二つの経済協議の中断と延期など4項目である。
たいした対抗策ではないが、よくやった、エライ。

朴槿恵大統領の国家機密漏洩疑惑から始まった韓国内の混乱は、一向に収まらない。
日本に約束した慰安婦少女像の撤去を実行しないどころか、釜山の総領事館前にまた1基設置する騒動に発展した。
それでいて元慰安婦支援財団に、日本が拠出した10億円を「叩き返す」動きはないようだ。

これは振込め詐欺であり、日比谷焼き打ち事件を思わせる、愚民の八つ当たりである。
性懲りもない韓国に対しては、懲らしめるための第2弾、第3弾の対抗措置が必要なのではあるまいか。
何かと言えば歴史認識と従軍慰安婦を持ち出す韓国との真の友好関係は、今後500年はあり得ない、と考えたほうがいい。

百年前もこんな状態だったから日本に併合された、と韓国民は歴史認識すべきである。
たとえ日韓関係が一層冷え込んだとしても、ここで愚劣な韓国に、2~3発お見舞いすることが肝要だ。
ロシア政府なら、混乱に乗じて竹島を奪い還し、パチンコ屋を国有化し、キムチはごみ箱行きだ。

何年か前に、韓国人が靖国神社に放火した事件があった。
あの事件のお返しとして、威勢がいい右翼団体諸君は韓国へ押し渡り、慰安婦少女像をぶっ壊してもらいたいものだ。

などと歳を忘れてカッカとしていたら、朝日新聞は7日社説で、

  ・韓国との外交 性急な対抗より熟考を

と書き、続く8日読者投書欄では2通の投書を掲載した。

  ・これ以上の対抗措置の拡大は自制し、対立を早期に収拾することが肝要だ。(65歳無職男)

  ・韓国民の理解を得る努力を怠ったまま、韓国政府に対抗措置をとったことは大人げない。(60歳プログラマー男)

だとさ、バカモンめが。
こんな寝言をほざいてるから、いつまで経ってもヌカルミが続くのだ。ふぅ。

 

菅官房長官はちゃんとメシを食ってるんだろうか。記者会見場ではもう少しキゼンとして下さい。
中国外務省のステキな女性報道官を、見習いなさいよ。

靖国神社放火事件はこちらの後半をどうぞ。

170111

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スランプ

2017-01-10 | うわごと

あちらでは、トランプ氏がツイッターを駆使し、大暴れしているようだ。
だが、こちら埼玉県の片隅で、森生は大スランプなのであります。

きょう10日からを本当の仕事始めにするつもりだったのに、記事がまだ出来上がっていないんですね。
だからきょうのこの記事は間に合わせ記事です。......全く絶不調で困ったもんだ。

記事のタイトルだけはできている。ところが後に続く記事が、書けないというわけ。
これは殆ど外出せず、日がな一日どろ~んとしてたのが祟っているんだろうね。

それで、記事の仮タイトルだけだが下に挙げてみた。(下に挙げる、と書くのもヘンですね)

  ・静電気

  ・三輪明宏氏の人生相談

  ・頼み事

  ・再見ブラタモリ

  ・小さい活字

  ・鰯おかきはどこ?

  ・少女像

  ・雪は降る どなたも来ない

  ・憲法改正について

ほらね、1週間を埋めて有り余るご立派なタイトルばかりでしょ?
人気ランキング上昇の足しにはならない記事だって、粗筋はできている。
教えてあげるからどなた様か、代筆してくれないでせうか。

あの佐村河内守氏は今、どこでどうしておられるのやら。お会いし、あの事件の経緯を聞きたいね。

 

あ、そうそうそうだった。
じじぃのぐうたらな日常とは異なり、蝋梅・藪椿・日本水仙が一生懸命に咲いています。
春はすぐそこまで来ているのデス。

きのう「反応なし」が頻発した挙句、ゆうべからグーブログがシステム障害に陥っているようです。
この記事、あなた様のパソコンに、ちゃんと写っているでしょうか?

170110

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山眠る

2017-01-06 | 林住期

一日遅れのきのうを仕事始めとしたのに、エンジンが全くかかりませんなぁ。
じじぃの仕事といえば林住記の更新しかない。これが全く手が付かないのであります。

いえ、忙しくてではなく、ヒマだからです。

きのうの午後は高麗の里歩きでもと思っていたが、結局は寒くて中止した。
きょうは昨日より寒そうだから、やっぱり里歩きは止めよう。

年末年始の朝日新聞は頁数が多いだけで、内容は最低ですね。漱石の猫以外に読むところがない。
面白い記事はデジタル版に載せているらしく、見てないのでブログネタに使えない。

しかし、今朝はほんの少し使える記事があった。

  「高齢者、75歳から」

です。日本老年学会と老年医学会がそう提言したそうだ。
この両学会ともおじぃさんが多いので相当ヒマらしく、余計なことをするものだ。
もしかすると、高齢者を目の敵にしている安倍晋三と塩崎厚労相が、蔭で動いたのかもしれない。

森生は今年80歳になる正真正銘の高齢者であります。
80歳が准高齢者に分類されるのはまだ数年先で、その時も間違いなく高齢者でいられるだろう。
ということは、ずーっと安倍晋三が号令する国民総活躍令の対象外なのであります。

だったらまだ松の内だ。山だって春が来るまで眠っている。
世間がどうあろうと、山のように着膨れて、あとしばらく山のように眠っていよう。
本当の
仕事始めは、10日からにしますね。

170106

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事始め

2017-01-05 | 林住期

一般の人たちは昨日が仕事始めだったようだ。
それなら森生は今日から仕事を始めるべぇ、と思いたち、パソコンを開いたんですが、何にも書くことがないのね。

そりゃぁ当り前だわ。時々、宇江佐真理を読むほかには何もせず、ひねもすうつらうつらしてたんだからね。



お蔭で、昼飯はおせちの残りとか、駄菓子などを少々を口にしていただけで、体重が確実に1kg増えた。
但し水膨れらしく、BMIは逆に下がって22~23%台で安定している。

正月4日間は、大体こんなところでありました。  あ~あ。 ←あくび

 

予報が外れ、今日も穏やかな天気です。
午後から高麗の里をぶらぶらして見ようか、と思ってはおりますが、どうなりますやら。

170105

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年頭のご挨拶

2017-01-02 | 林住期

あけましておめでとうございます。
おかげさまで、穏やかな元旦を迎えることができました。

立身出世が売りの高麗神社が近くにありますが、初詣はしません。
新年早々、行列参拝だなんて真っ平ご免だ。
神さまはこころの中にあればいいのです、なぁんちゃって。おい、防衛大臣、よく聞いとけよ。
それに、出世はもぅ手遅れですからね。

新年の抱負? そんなもの百近くにもなって、あるわけないじゃないですか。
まぁ強いて挙げれば「現状維持」かな?
この現状維持が難しいんですよ。

雑煮は昨夜作り込み、今朝は温めて切り餅2個を炙っただけ。
おせちは京都たん熊のもの。大分小さくしてくれたけど、まだ中身が多過ぎる。
3食おせち漬けの三が日になりそうです。

どこか近場に面白そうなところや、ことがないかなぁ。

それでは今年も時々、林住記にお越し下さいね。

170101

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

残すところ

2016-12-31 | うわごと

今年も残すところあと僅かになりました。
大晦日の夜までお立ち寄り下さり、誠に有難うございます。

TVが何やら騒々しい。でも、じじぃはこれからゆっくり湯につかり、申年の垢落とし。
そのあとは、しばらく宇江佐真理を読み、いつもと同じ時間に就寝します。

今年は高麗の里の、除夜の鐘を聴けるだろうか。実は去年から聴こえないのであります。
視力がまず落ち、次に嗅覚が失せ、いよいよ耳に来たようです。
まぁ、成り行きに任せましょう。

なお、元旦の林住記はお休みとさせていただきます。
二日から再開、としたいところですが、それも記事が書ければの話。
どうなることかまだ分かりません。
よろしければ、ちょっとお立ち寄り下さい。

それでは、どうか良いお年を.......。

161231

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またもや靖国神社

2016-12-30 | やぶにらみ

安倍晋三首相が真珠湾を訪問し、慰霊の演説をした。不戦・和解・寛容。まぁいい出来だった。
こういう場面に、蓮舫や野田泥鰌を想像できない。役者として2~3枚は上かも。

と、これで終わればめでたしめでたしだった。
しかし早くも翌日、稲田朋美防衛大臣の靖国神社参拝である。
防衛大臣の言い分も、中韓両国の反発も、毎度お馴染みの展開になった。

稲田防衛大臣の先走った行動は、安倍首相による内々の指示のはず。そう考えるのが自然だ。
本当は自分がいちばんはじめに靖国神社に馳せ参じ、ドヤ顔をしたかったが、それにはいろいろ差し障りがある。
そこで真珠湾に同行させた稲田防衛大臣に、代参を指示したというわけ。未来志向が聞いて呆れる。

  祖国のために命を捨てた英霊に尊崇の誠を捧げたい。
  どの国にも理解して頂けるものと考えている。

とひよっこ大臣は安倍さんそっくりの発言だったが、相変わらず中韓には「理解して頂けなかった」のである。

安倍首相はその場に合わせての美辞麗句が巧みだ。
それに、このひとの日本語に対する理解は曖昧である。例えば「平和=戦争」となるように。

  平和を実現するためには、今こそ戦争が必要なんです。わがニッポンは国際貢献をしなければなりません。
  ......これが総理大臣としての新しい判断である、とかように考えているわけであります。

などと新年早々、トランプに煽られて言い出さないように、じじぃは祈っている。

新聞TVは完全に年末年始体制である。
今朝の朝日新聞は、SMAP解散を惜しむ全15段ぶち抜きの意見広告を、まるまる8頁も掲載した。
あれっ! 靖国問題は朝日の専売じゃなかったの?

まぁいいや。どうせじじぃは蚊帳の外。明日は明日の風が吹く。

161230

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加