林 住 記

写真付き日記のようなものですが

お迎え

2015-04-21 | ありゃ

30年前、この辺りは鼯(むささび)が棲んでいた。
昼なお暗い
林を伐採し、カレーライス屋が開店し、「鼯亭」と名乗りました。
最近、欅の下の藪を切り開いたら、あらら。

あちら側へのお迎えみたいだ。

150421

コメント

ぺんぺん草

2015-04-20 | 林住期

ぺんぺん草が好きだ。
カタカナ名前のケバケバしい洋花なんかより、ずっと可憐で、美しい。
ぺんぺん草が好きなのは、幼い頃、ぺんぺん草に囲まれて育ったからだろう。

ぺんぺん草の花期は長い。
春先から何回も写真に撮っているが、花も実も茎も小さく細いので、パソコンで確認すると、たいていがピンボケである。
ピント合わせを手動にしても、目玉が焦点を結ばなくなっているから、やはりピンボケにかわりはない。

ぺんぺん草を撮るには、しゃがんでカメラを近づけなくてはならない。
この姿勢が結構苦しいんですね。腹が邪魔でピント合わせに拘っていると息苦しくなる。そして膝が固まり立ち上がれない。
立ったまま、股覗きの要領でカメラを地面近くに持っていくと頭に血が上り、...... いや下がり、クラクラする。

 こんなに苦労しても、ぺんぺん草の写真は地味でちっとも見栄えがしないね。
所詮、ぺんぺん草はぺんぺん草ですなぁ、ぺんぺん

                                  ・ねころんでぺんぺん草をむしりけり・ ..... 寺田寅彦

150420                                                     

コメント

万有引力

2015-04-17 | うわごと

 

  質量を有するすべての物体間に作用する引力。両物体の質量の積に比例し、距離の平方に逆比例する。
  ニュートンが導入し、これによって天体の運行を説明した。

以上は今から46年前に購入した古い広辞苑(第2版第1刷)による万有引力の説明であります。
この説明、お分かりですか? 
じじぃにはサッパリ分かりまへんですな。

ま、分かり易く噛み砕き、絵解きで表せば、こういうことなんですかね▲▼。

そうそう、逢引(あいびき=デートのこと)も男女間における万有引力といえましょう。

150417

コメント (2)

減塩で長生き

2015-04-16 | 重箱の隅

おばばたちに、少人数のおじじが加わったかぼちゃの会。
今月の昼飯も皆で手作りしたものです。彩りが綺麗で、春爛漫でしょ?

白和えの緑色は、当地特産の「のらぼう菜」。知る人ぞ知る優秀な葉物野菜。

海苔巻と稲荷寿司。白和えと共に見た目はいいけど、味はごくごく、ご〜く薄味。
写真には撮らなかった味噌汁なんぞ、メダカが飼えるんじゃないか、と。



会の主導権は当然おばば。中でもミチ......むにゃむにゃ。
留守番おじぃは、おうちで高鼾だろうよ。

おじじとしてはここまで生きて来たんだから、もう美味いものを食って、その勢いでぽっくり逝ってもいい。
だけどおばばは、違うんですねぇ。減塩で、まだまだ、灰になるまで生き延びたいらしいのだ。

じじたちがおっかさんの監督の下で拵えた、デザートのぼたもちです▼
いびつだけど、腹に入れろば、はぁ同じだぃね。

今月の献立。海苔巻・稲荷寿司・のらぼうの白和え・独活のきんぴら・味噌汁・ぼたもち2個。

150416

コメント

山吹に思う

2015-04-15 | じゃじゃ馬馴らし

・ 七重八重花は咲けども山吹の ネタひとつだに無きぞ悲しき ・
                                           ...........森生

そういうわけで、今日はこれまで

150415B

コメント

すもももももももものうち

2015-04-15 | ありゃ

驚き桃の木蛸の足。過ぎたるは蕁麻疹になりそう。
腿が痒い。

150415A

コメント

また

2015-04-14 | 高麗便り

 

今日もまた雨が降っている。
じじぃはうんざりして、今日もまた引き籠る。

時間はたっぷりあり、朝から退屈だ。
時間がたっぷりあればいろいろできるかといえば、な〜んにもする気にならないのね。

では、また。

150414

コメント (2)

春は日替わり

2015-04-13 | 高麗便り

 

久しぶりに弱い日が差した。さぁ里歩きだ。


 ここ何日も家に引き籠り、春の装いが日毎に変化するのを、やきもきしながら見張っていた。


100枚以上撮ったけど、淡く明るく瑞々しい実際の風景は撮れないなぁ。

 

150413

コメント

粛々と慰霊の旅

2015-04-10 | やぶにらみ

天皇皇后両陛下が慰霊の旅を終え、パラオ共和国から帰国された。

両陛下の平和への強い願いは尊く、全面的に信用している。
一方「積極的平和主義」を唱える安倍首相ほど胡散臭いものはない。
ペラペラと口先で誤魔化しているが、アメリカの戦争を応援することが、首相の「積極的平和」なのだ。

両陛下の慰霊の旅は、政治への介入が禁じられている中で、精一杯ご意志を表わされたのではあるまいか。
戦争を知らない政治家が、そして戦争でいい思いをした人たちの子や孫が、戦争の悲惨さを風化させ、憧れてている。
中国への対抗策は必要だが、安倍首相の対応はアメリカ軍頼りに偏り過ぎており、むしろ危険だ。

お二人の旅は、日本人に過去の残酷な戦争を思い出させ、安倍政権によるなし崩しの軍国化を巧妙に妨げた。
安倍首相と皇室は互いに快く思ってはいまい。安倍首相は宮内庁長官を更迭するだろう。

しかし両陛下は、これからも粛々と、好戦的な安倍首相を牽制し続けて頂きたい。



ところで「粛々」です。
古い電子辞書では「粛々」には以下の意味がある。

   ,弔弔靴爐気沺´∪鼎にひっそりしたさま ひきしまったさま いごそかなさま。「葬列がーと歩む」

森生は以前からこの「粛々」を連発する政治家が嫌いだ。
政治家の「粛々」には、古い電子辞書には載っていない5番目の意味がある。
例えば醜聞を暴露された場合や、不適切な寄付金を受け取った場合。

   ゼりが何といおうと構わず進むさま。「与えられた職務をーと遂行する」

マッチョぶる安倍首相を蔭で操っているらしい菅官房長官が、沖縄で「粛々と」と言い、翁長知事から猛反発を食らった。
イ琉嫐があるので、反発は当然である。

森生は週1回更新するブログ「小肥りじいさんが見た風景」を愛読している。
普段はほのぼの系で愛読者が多いが、最新の記事は「粛々」につい考察されており、普段の記事とは趣が違う。
森生は小肥りさんのお考えに、全面的に賛成します。ぜひご覧くださいね。

150410

コメント (3)

落葉松の雨の音

2015-04-09 | 歌の翼に

朝からの雪は夕方から雨に変わり、夜まで降っていた。
結局、一日中youtubeの森をさ迷い、素敵な歌に辿り着いた。

       「落 葉 松」 野上彰作詞 小林秀雄作曲

です。

先ずピアノの前奏に心臓を鷲掴みにされ、詞の始めの1行で耳が釘づけになってしまった。
歌詞は簡潔。メロディはしっとりと品が良く、優しく暖かい。そしてピアノ伴奏が華やかである。
本来は合唱曲らしいけれど、大勢のクラシック畑の実力派歌手がソロでも歌っており、どれもこれもが素晴らしい。

       ・・・・・・・

       落葉松の 夜の雨に  わたしの 心が濡れる

       落葉松の 陽がある雨に  わたしの 思い出が濡れる

       落葉松の 小鳥の雨に  わたしの 乾いた眼が濡れる

        ・・・・・・・・

野上彰のこの歌詞は明らかに北原白秋の影響があり、多くの人が軽井沢の秋を思い浮かべるようだが、森生は断然八ヶ岳高原です。

初めて八ヶ岳高原の落葉松を見たのは、25年も前のことだった。
八ヶ岳高原ロッジに上がってゆく道の両側の、圧倒的な落葉松並木の新緑を、今でも時々思い出す。

       

建設中とその直後の高原音楽堂でのことは、愉快なことばかりではなかったが、時は全てを浄化し、懐かしい思い出に変えた。
あの野郎め、どこでどうしてるかなぁ。きっといい爺さんになっただろう。今なら握手できると思う。

勿論、音楽祭を終えた秋の八ヶ岳高原と、落葉松の林も素晴らしかった。
近年は、ああいう達成感が全くなく、悲しい。

       落葉松の 夜の雨に  わたしの 心が濡れる

       ・・・・・・・・・

 

季節外れの冷たい雨の午後。落葉松に降る雨の音が、じじぃの耳の中で鳴り続けていた。

写真は「八ヶ岳高原ロッジ」「TSUKEMEN 」「宝建設」さまから拝借しました。

150409

コメント

雪の日はしょうがない

2015-04-08 | 歌の翼に

今朝は布団を被っていても寒かった。

国営放送では、室外で天気予報をするようになったお嬢さんが、日替わりの上等なコートを着て、寒い寒いと繰り返す。
そんなに寒けりゃもう少し布団の中にいよう、とまた布団に潜りこんだ。

余談ですが、
籾井会長は安倍さんの成長戦略に協力したいのなら、予報士のお嬢さんに、寒い寒いと言うな、と指示すればいい。
あの寒い寒いという発言が、どれだけ経済活動を阻害し、経済的損失を生んでるか、考えてみたまへ。

ま、じじぃは寝てればいいんだろうけどね。

そううわけで、1時間半も愚図愚図して、やっと布団から這い出し雨戸を開けると、雪がワラワラと降っていた。
散り始めた桜に降る本格的な雪である。桜に吹雪とも言いますね。

数日前は、花粉症対策が終わらないうちに、紫外線対策と熱中症対策が必要な日が、突然やってきた。
今日は防寒対策と体調管理が必要である。股引はどこだ。



日記をパソコンの中で見失い、昨日は、何とかしなくては、PCデポで治療してもらわなければ、と焦る気があった。
しかし、雨でもしょうがないのに、雪では猶更しょうがない。

    雨が空から降れば
    オモイデは地面にしみこむ
    雨がシトシト降れば
    オモイデはシトシトにじむ
    ・・・・・・・
    しょうがない
    雪の日はしょうがない
    おうちの机でひとり
    ブログをかけば
    ブログもまた
    雪の中
    しょうがない
    雨の日はしょうがない
    しょうがない
    ・・・・・・・

しょうがないので、youtubeで小室等を探し出した。随分老けていた。いい歌だけど視聴数が少なく、身につまされる。
そうして、ひねもすyoutubeの海を漂っております............。

 

記事はミゾレ状態になりましたが、12時現在、当地はまだ雪が降ってます。

150408

コメント

過去よさらば、か...

2015-04-07 | じゃじゃ馬馴らし

というわけで、日記が行方不明になったパソコンを、新狭山のPCデポへ持っていこうにも、朝から冷たい春雨が止まない。
車の乗り降りで、パソコンを濡らしたくはない。
それにHPで調べると、料金が35000円もする。55歳以上割引を使ったってハンパじゃない金額だ。
......う〜む

そもそも無くした(いや、多分どこかに紛れ込んだのだろう)日記は今年の1〜3月分と4月は5日間分だ。
朝飯に何を食ったか忘れるくらいだから過去3か月、何があったのか殆ど記憶にないけれど、なぁに大したことはなかったはずだ。
平々凡々の、おまけのような3か月だったと思う。

大金を使い、過去を振り返ることもあるまい。
安倍の晋ちゃんも未来志向と言ってるではないか。(ま、晋ちゃんくらいの若造なら未来も大望もあるだろうけどな)

というわけで、一昨日の真夜中から昨日一日、大いにパニクったが、朝からの寒さで少し冷静になっております。
それに、PCデポに電話で事前相談をしたら、

  データは復旧できますけれど、特定のファイルの復旧はできません。

  だって警察は、容疑者のパソコンやケータイから、消去した過去の情報を復旧してるじゃありませんか。

  あれは何十人もいるスタッフが、虱潰しに履歴を辿り証拠を炙り出してるのであり、当社ではそこまではやってません。

  ふ〜ん、ファイルもデータの一種じゃじゃないんですかぃ。

  ともかく一度パソコンを持ってきてください。

以後、リカバリーだの何だのと噛み合わない遣り取りでへとへとになった。
パソコン業界人は宇宙人ですな。(相手は、じじぃは原始人と思ってるだろうよ)

氷雨はじじぃの出鼻をくじき、花を散らし、まだ降り続いている。

  もぅいいや、過去よさらばじゃ。

という気分が、ようやく芽生えてきた。さて........。

お断わり。PCデポの担当者は意地悪、と受け取らないでくださいね。森生がとろいだけですから。

150407

コメント

消えた日記

2015-04-06 | じゃじゃ馬馴らし

降りそうで降らない日が続き、すっかりだらけてパソコンを動かしていたら、今年の日記が無くなってしまった。
毎晩寝る前にその日の出来事をパソコンに入力しているので、いつものようにデスクトップのショートカットをクリックしたら、さぁ大変だ。

  Microsoft Excel
  申し訳ございません。C:¥Users¥Morio¥Document¥2015日記が見つかりません。
  名前が変更されたか、移動や削除が行われた可能性があります。

と出たのである。

名前を変えるわけはない。
ウッカリ削除したのなら、ごみ箱にあるはずだが無い。
移動っていわれても、一体どこへ移動したんだ。

ドキュメントほか手当たり次第に検索したけど見つからない。そのうちデスクトップのショートカットも消えてしまった。
一晩経てば自動的に治ると思ってたが、治らなかった。

夕方、電脳の神様が往診してくれたが、「あんたは弄り過ぎよ、こじらせちまったようだ」とキビシイご指摘。
弄った覚えはないけどなぁ......
結局、本狭山のPCデポに入院させなければならないのかなぁ.....

そういうわけで、暫くの間「林住記」はお休みします。

150406

コメント (2)

霞か雲か

2015-04-03 | 高麗便り



霞か雲か。・・・・・正解は山桜です。

多峯主山の御嶽八幡神社から。

150403B

コメント

山の色

2015-04-03 | 高麗便り

 

山々の春化粧は、毎日、日替わり。
彩りの素を探しに、昨日と今日、久しぶりに多峯主山(とうのすやま)に登った。








明日は、雨になるそうな。

150403A

コメント