『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『バーレスク』を観た]

2011-01-04 16:26:37 | 物語の感想
☆これまた、新春早々、燃える映画でした^^

 アメリカの片田舎からLAに出てきた少女アリ(クリスチーナ・アギレラ)が、絢爛豪華なれど傾きつつあるクラブ<バーレスク>で、経営者兼ダンサーのテス(シェール)に才能を認められ、トップを目指しつつ、多くの仲間や周囲の者との関係の中で、芸やゲイや恋にまい進し(アリはゲイじゃないけど^^;)、<バーレスク>の存続を目指す物語だ。

 話は、スタローン映画的にシンプルだが、その見せ方で、作品が最高に盛り上がるのもスタローン作品的だ。

 ここでの「見せ方」とは、主役を演じたクリスティーナ・アギレラの歌と踊りである。

 ダンスの方は、いまいち、その上手さが私には実感として分からないのだが、

 物語中盤の、ライバルの策略で音が消された舞台上で披露される、そのうなるような歌声は、とてもパワフルで、

 私、ビシビシビシと全身に鳥肌を立てました。

 ハスキーボイスで甘えた風に歌う舞台も良かったなぁ^^

 激しい物語だが、時折、妙に静かなシーン(メイク時や舞台がはけた時)があるのも「幕間」として良かった。

 また、ゲイの舞台演出家の家のエピソードや、作曲家を目指す恋人と結ばれる夜のシーンなどは、なんか、物語的にテンポがおかしく、妙に浮いているようには感じた。

 でも、アリの才能を僻み、テスに追い出されたライバルのニッキが、テスに謝罪し、<バーレスク>に戻ってくるシーンと、それでも、メイク室で、アリに対し素直になれないけど、何か通じ合うものを感じさせる演出は良かったね。

 アリは、<バーレスク>のトップになった後、<バーレスク>買収を画策する金持ちの男と親密になるのだが、脚本的には、アリはけして、その男と必要以上に近しい関係になることはない。

 しかし、アリが作品を通してドンドン美しくなっていくので、見ているこちらは、ヒヤヒヤものなのだ。

 美人は、悪に傾くからだ・・・。

 それから、ニッキとテスの言い合いのシーンの台詞が気に入った。

「あんな、苦労知らずの田舎娘にみんな、引きずられてる!!」

「苦労知らずの子が、あんな風に歌えるとでも思っているの!?」

 なんちゅうか、テスの才能絶対主義への真摯な思いが感じられて良かった^^

                                             (2011/01/04)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『劇場版イナズマイレブ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
バーレスク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この声で、夢への扉を開けてみせる。』  コチラの「バーレスク」は、人気シンガーのクリスティーナ・アギレラが映画初出演を果たした12/18公開のミュージカル・サクセス・ロマ ...
バーレスク (Akira's VOICE)
歌は5つ星! ドラマは・・・  
バーレスク (あーうぃ だにぇっと)
11月29日(月)@新宿明治安田生命ホール。 この日の試写は他に “GANTZ” の完成披露が当った。 舞台挨拶があると開演は遅れるし終わるのは遅くなるし私にとってはマイナスでしかなかったりする。(笑) で、すんなりとパスして期待の一作 “Burlesq...
映画 「バーレスク」 (ようこそMr.G)
映画 「バーレスク」
バーレスク (I am invincible !)
アイオワからLAに出てきた独り身のアリ(クリスティーナ・アギレラ)はダンスや歌の仕事を探すが、そう簡単に田舎娘を雇ってくれる所はない。
バーレスク/Burlesque (いい加減社長の日記)
これは、予告編での迫力満点の声に魅かれて、楽しみにしていた作品。 公開の土曜日の朝一で、「バーレスク 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、いつもよりは多い感じ。 「バー...
バーレスク (佐藤秀の徒然幻視録)
「最高の眺望」を守れ! 公式サイト。原題:Burlesque。スティーブン・アンティン監督、クリスティーナ・アギレラ、シェール、エリック・デーン、スタンリー・トゥッチ。クリスティー ...
『バーレスク』。。。 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、スティーブ・アンティン監督、クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ出演。
バーレスク (心のままに映画の風景)
アイオワの田舎から歌手を夢見てロサンジェルスへやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然目にした“バーレスク”の華麗なショーに心奪われる。 どうにかウェイトレスとして雇ってもらったアリは...
2010年12月14日 『バーレスク』 よみうりホール (気ままな映画生活)
本日は、『バーレスク』 を試写会で鑑賞です。 別の日の試写会があたっていたのですが、その日は違うのを観たため、 バーレスクは観れないかと思っていましたが、何とか鑑賞できました 観て大正解です 歌もさることながら、ストーリーも良かったです しいて言えば、音...
バーレスク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 クリスティーナ・アギレラの歌唱力を本作で初めて知った。
《 バーレスク 》 (映画 - K'z films -)
「この声で、夢への扉を開けてみせる。」 [Official] スティーヴン・アンティン監督作品。なんと監督としては2作目となる本作。観る者を退屈させない、心躍る"ショー"がそこにはしっかりと描かれていました。そして、歌手のクリスティーナ・アギレラの映画初出演にして...
『バーレスク』 (つれづれなるままに)
HTB試写会 『バーレスク』に行ってきました。 全然、ストーリーを知らずに見に行
バーレスク (Art-Millー2)
バーレスク オフィシャルサイト 噂のミュージカルを観てきた。 こういう映画は文句なしにたまらんくらい好きだ。 クリスティーナ・アギレラとシェールの圧倒的迫力にとろりんこである。 ちなみに、《バーレスク》とは バーレスク(英語および仏語: Burlesque)...
『バーレスク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「バーレスク」□監督・脚本 スティーヴン・アンティン□キャスト クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ、カム・ジガンディ、クリスティン・ベル、エリック・デイン、ピーター・ギャラガー■鑑賞日 12月1...
バーレスク (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スターを夢見るヒロイン役のアギレラのアカペラがすばらしくて、その後の多くの楽曲にも感動した。踊りとの一体感に、ショービジネスの本場の迫力を感じた。ヒロインが歌の得意なことを隠していたのには、踊りが売りの店だと思いこんでいたと思う。それにしても、強引な自...
「バーレスク」新旧ディーバ、アツい競演!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[バーレスク] ブログ村キーワード  “世界の歌姫”クリスティーナ・アギレラ映画初主演作、「バーレスク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。洋楽を殆んど聞かない吾輩でも、その名前ぐらいは知ってますよ!名前ぐらいは…(^^;。  アイオワの片...
バーレスク/シェール、クリスティーナ・アギレラ (カノンな日々)
失礼ながら主演のグラミー賞歌手・クリスティーナ・アギレラのことは全く存じませんでしたが、それゆえなのか劇場予告編で唄いだした主人公に周囲が一瞬にして魅了されたように私 ...
『バーレスク』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BURLESQUE監督:スティーブ・アンティン出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 11本目)...
バーレスク (LOVE Cinemas 調布)
ショービズ界でスターになることを夢見るオクラホマ出身のヒロインが、クラブ「バーレスク」で働き始め、やがてその夢を叶えていくと言うミュージカル・ドラマ。主演は大人気のアーティスト、クリスティーナ・アギレラ。共演に『月の輝く夜に』のシェール、クリステン・ベ...
バーレスク (近未来二番館)
バーレスク - goo 映画 12月29日、仕事納めの自分へのご褒美に、夫に送ってもらい映画館で一人で鑑賞しました。これが今年の最後の映画館での最後の鑑賞になりました。 予告編で、クリスティーナ・ア...
バーレスク(2010)☆★BURLESQUE (銅版画制作の日々)
 この声で、夢への扉を開けてみせる。 MOVX京都にて鑑賞。20日はMOVX京都デ...
バーレスク (うろうろ日記)
試写会で見ました。田舎の女の子が、都会へ単身出てきてナイトクラブで成功する。とい
「バーレスク」 (古今東西座)
もしかしたらこの『バーレスク』は映画としては大したものではないのかもしれない。ありがちなストーリー、プロモーションビデオのような演出と感心すべきものではない。だがクリスティーナ・アギレラの歌がそんなものをうっちゃってしまったのだから凄い。華奢な体からは...
「バーレスク」:パフォーマンスは一流だけど・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『バーレスク』、まあショウビズ界のスター誕生ものの定番的ストーリーで、田舎で
バーレスク (キノ2)
★ネタバレ注意★  華やかでゴージャスな歌と踊りの饗宴!  サプライズはないですが、こじんまりとした、楽しい映画です。音楽のシーンは全てステージ上のパフォーマンスに限られているので、所謂ミュージカルではないかもしれませんが、全体に占める音楽シーンの...
バーレスク (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Burlesque歌姫クリスティーナ・アギレラの映画初主演作は、歌手を夢見るヒロインのシンプルなサクセス・ストーリー。物語は他愛ないが、圧倒的な歌とダンスのパフォーマンスが楽しめ ...
★バーレスク(2010)★ (CinemaCollection)
BURLESQUEこの声で、夢への扉を開けてみせる。上映時間120分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2010/12/18ジャンルドラマ/ミュージカル/...
バーレスク/Burlesque (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね
バーレスク■まちづくりのヒントとしての見方 (映画と出会う・世界が変わる)
実を言うとクリスティーナ・アギレラにはいい印象を持っていなかった。と言うのは「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」で登場した彼女は完全に負けていた。それで...
バーレスク (そーれりぽーと)
クリスティーナ・アギレラ初主演を支えるのはシェール! いろんな意味で事件のような映画『バーレスク』を観てきました。 ★★★★★ ちょっとネタバレです ...
「バーレスク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「バーレスク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ、他 *...
バーレスク (eclipse的な独り言)
またもや息抜きをしてきました。妻がバドミントンの試合。こういうチャンス(?)を逃すな!と風呂に入って映画を観てきました。ああ、付き合わされた友人よ、すまん。(12月26日鑑賞)
バーレスク すっげ~♪鳥肌たったやんっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=57 -16-】 おそらく今年最後の劇場鑑賞の映画、しかし最後を飾るにふさわしい素晴らしい映画だった~! バーレスク、映画館とかでも予告編があまり流されていなかったようで、予備知識があまり無く、ただなんとなく「「いいぞ」という噂をジワーッと感...
バーレスク (風に吹かれて)
バーレスクのショーへようこそ 公式サイト http://www.burlesque.jp歌手を夢見て、アイオワからロサンゼルスへ出てきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然入った“バーレスク・ラウ
『バーレスク』('10初鑑賞160・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
映画:バーレスク Burlesque 「ウルトラ美魔女」がたった1曲で、アギレラを圧倒(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
クリスティーン・アギレラと、シェールという新・旧?歌姫対決が話題のこの映画。 シェールは、映画主演でいきなりアカデミー賞主演女優賞を取った「月の輝く夜に」(1987)の段階で、既に行き遅れのおばさん役。 それから20年以上が経過していて、若いアギレラ...
バーレスク (tom's garden)
キャスト:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ 監督・脚本:スティーブ・アンティン 水曜とはいえ夜なのに、劇場はわり...
「バーレスク」 (みんなシネマいいのに!)
 スターを夢見て田舎から出てきたヒロインが、ショークラブでウェイトレスとして雇っ
バーレスク (ダイターンクラッシュ!!)
2010年12月25日(土) 20:55~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『バーレスク』公式サイト ありがちな他愛ないサクセス・ストーリーなのだが、ショーのシーンが優れているので、それだけで相当満足度の高い作品である。 ...
バーレスク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界トータル・セールス3000万枚、グラミー賞4部門受賞歴を誇り、デビュー以来10年以上に渡り世界中を魅了し続けるクリスティーナ・アギレラと、オスカー&グラミーW受賞で映画界 ...
バーレスク (りらの感想日記♪)
【バーレスク】 ★★★★ 映画(78)ストーリー かつては栄華を誇った大人のためのショー・クラブ“バーレスク”も、いまや客足が衰え経営難に陥
バーレスク【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:バーレスク 制作:2010年・アメリカ 監督:スティーヴン・アンティン 出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー...
バーレスク (Diarydiary! )
《バーレスク》 2010年 アメリカ映画 - 原題 - BURLESQUE アイ
映画、バーレスク (フクロウと大理石 黄昏のフクロウ)
 バーレスクは女性のお色気を強調した踊りを含めたショー。だから、ダチョウの羽を使ったファンダンスもバーレスクの一種。 ...
バーレスク (シネマDVD・映画情報館)
バーレスク スタッフ 監督: スティーヴ・アンティン キャスト クリスティーナ・アギレラ シェール クリスティン・ベル スタンリー・トゥッチ 劇場公開日:2010-12-18
★「バーレスク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2011年1本目の劇場鑑賞は、久しぶりにラゾーナ川崎の109シネマズ川崎で。
「バーレスク」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ちなみに、「バーレスク」の意味はコチラを参照。   スターになる夢を叶えるため、故郷を飛び出した田舎娘が、その才能を開花し、スターダムへと駆け上がって行く、基本何十年...
バーレスク (小部屋日記)
Burlesque(2010/アメリカ)【劇場公開】 監...
バーレスク (ハクナマタタ)
わたしは心を奪われた そのシーンは これが初めてのレッスンよ アリとテスのふれあい 田舎から歌手になることを夢見て出てきた身寄りのないアリ(クリスティーン・アギレラ) 職探しをしながらあるときたどり着いたクラブ・バーレスク そこで繰り広げ...
バーレスク (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「バーレスク」監督:スティーヴ・アンティン出演:シェール(『ふたりにクギづけ』『月の輝く夜に』)クリスティーナ・アギレラエリック・デイン(『バレンタインデー』『マーリ ...
バーレスク (とりあえず、コメントです)
クリスティーナ・アギレラとシェールが主演するエンターテイメント・ムービーです。 予告編で聞いたクリスティーナ・アギレラの歌声に惹かれたのですけど、 なかなか時間が合わなくて遅くなってしまいました。 ステージの華やかさにうっとりしながら、あっという間に時間...
バーレスク (映画的・絵画的・音楽的)
 友人の強い薦めもあり、『バーレスク』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)吉祥寺のバウスシアターの一番小さな劇場(座席数50)で上映されたためもあって、ほぼ満席の状況でした。クマネズミが見た前の回は、出入り口の扉の前で数えてみましたら、約50人の....
ショーガール!~『バーレスク』 (真紅のthinkingdays)
 BURLESQUE  アイオワの田舎娘アリ(クリスティーナ・アギレラ)は、ショウビズの世界を夢 見てLAの街にやってくる。彼女が魅せられたのは、伝説の歌姫テス(シェール) が経営するクラブ「バー...
映画「バーレスク」 (Andre's Review)
Burlesque アメリカ  2010 2010年12月公開 劇場鑑賞 2011年の劇場鑑賞1本目です。 昨年末の公開からずっと気になっていた作品を公開終了前になんとか観に行ってきました。鑑賞日は1月14日で鑑賞劇場はシネマックス千葉。高校時代にオープンしてから、ちょこちょこと通っ...
『バーレスク』 | クリスティーナ・アギレラの魅力が炸裂! 青春サクセスストーリー。 (23:30の雑記帳)
公開最終日、しかもレイトショーにもかかわらず (『だから』かな?)客の数は3桁を 超えていました。とにかく凄い人気。 クリスティーナ・アギレラという名前は 聞いたこと ...
映画『バーレスク』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-83.バーレスク■原題:Burlesque■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月24日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円ス...
バーレスク (食はすべての源なり。)
バーレスク ★★★★★(★満点!) よかった~~。 思っていた以上に全編を通してミュージカル。 話は田舎娘がLAに出てきて、ショービジネスで主演に登りつめ、つぶれかけのクラブを助けるっていうそれだけですが、逆に安心してみれるストーリー。 アギレラの田舎娘っ...
「バーレスク」 (或る日の出来事)
歌とダンス。ショーアップされたステージ・パフォーマンスを満喫。
「バーレスク」(BURLESQUE) (シネマ・ワンダーランド)
「月の輝く夜に」のシェールと、映画初出演の人気シンガー、クリスティーナ・アギレラを主演にしたミュージカル・ドラマ「バーレスク」(2010年、米、120分、スティーヴン・アンティン脚本・監督作品、SONY映画配給)。この映画は、スターを夢見るヒロインと、シ...
【映画】バーレスク…デイン=ニセプリオ説に同意者募集中。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日、011年8月28日(日曜日)はほとんど寝て過ごしたピロEKです(模型店、書店、家電量販店…には行ったけど)。 で、本日からは夜勤 以下は映画観賞記録です。 「バーレスク」 (監督:スティーヴ・アンティン、出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、キャ...
スティーブン・アンティン監督 「バーレスク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
TSUTAYAの店頭で「あの話題作のBlu-ray&DVDが早くも廉価版で」とあったので、どんなもんか、つい買ってしまいました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://bd-dvd.sonypictures.jp/burlesque/ 【あらすじ】 バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちが...