『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た]

2009-12-16 01:09:03 | 物語の感想
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^

   ◇

 タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;

 素晴らしかったです。

 物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧に描いていけば、同じくクリスマスシーズンが舞台となる『忠臣蔵』と同じく、外れのない出来となるでしょう。

 CGでデフォルメされているとは言え、主演のジム・キャリーの動き・表情を見事に捉えていることに代表できる画像取り込みの演出は繊細で、

 19世紀のロンドン、クリスマスシーズンの風俗を生き生きと映し出している描写も見事。

 老人が主人公なので、本来は「静」の映像かつ、子供にはやや退屈な道徳話になるはずなのに、非常にうまく恐怖とスピード感を加え、「動」の3Dアクションをふんだんに盛り込んでくれていて、子供も楽しめる出来だ。

 また、私は、その「静」の3D映像表現に、実に魅了された。

 スクルージの動きの微妙な立体表現が素晴らしい。

 今まで観た3D作品では、ダントツの出来だろう。

 ロバート・ゼメキス監督は、いい仕事をしたと思う。

   ◇

 ただ、私は、この作品の原作者チャールズ・ディケンズにはもの申したい。

 もしかして、原作はニュアンスが異なるのかもしれないが、吝嗇家スクルージが、最終的には、「死への恐怖」「死後の恐怖」が引き金となって善行を施すようになるのが気に食わない。

 スクルージの前には、3人の精霊が現われ(それぞれが魅力的)、その3人が順々に、過去・現在・未来を見せていく。

 この作品では、頑固オヤジのスクルージが、先ずは、精霊によって過去に連れて行かれて、過去の変わりゆく自分を見て、すぐにしおらしくなってしまう。

 当たり前である。

 そこには、純粋な自分の姿があり、その姿こそが、一番に自分を省みさせるからだ。

 故に、その後に、現在の自分(スクルージ)の客観状況・このままでは避けられない無残な自分(スクルージ)の未来、を見せられても、過去の自分の姿以上に呵責を得られるものではないと考えるのだ。

 あまつさえ、この順番で真実を見せられても、観ている者には、スクルージが、最終的には、無残な死が怖いばかりに善人に変わったとしか思えないのだ。

 ディケンズは、構成を間違えている。

 物語は、先ず、未来の自分(スクルージ)から見せるべきなのだ。

 それでも、スクルージは、「ふん。死ぬのなんか怖かないね」と素直じゃない。

 現在の自分(スクルージ)の客観を見せられても、「べ、別に、あいつらなんかに何を言われても、へ、平気だもんねッ!」と、依然として「ツン」状態を貫くべきだ。

 しかし、そんなスクルージも、過去の純な頃の自分の姿を見せられたら、さすがに、そんな自分を裏切ることは難しい。

 しおらしくならざるを得ない(「デレ」)。

 かくして、感動のエンディングに至れるのだ。

 ディケンズは、「ツンデレ」の落差というものを、この作品を書き上げるまでの人生で学んでこなかったのだろうか?

 ゼメキスも、何度も映像化されている定番をリメイクするにあたって、冒険しようとは思わなかったのだろうか?

 日本人の感覚なら、この作品を映像化するという局面において、必ず、シナリオの不備を見抜けるはずだ。

   ◇

 そう、「日本人の感覚なら」なのである。

 キリスト教世界(欧米)は、時に非常にクールな視点がある。

 つまり、この作品は、「死の恐怖なくして、悪人の変革はない」がテーマなのである。

 この作品を100%の深い共感で受ける者は、日本人ではいないかも知れない。

 理解できないで、いいのである。

                                     (2009/12/16)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [『ダム・ファッカー(みちの... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雪がいっぱいで (sakurai)
2009-12-19 12:56:42
少々お疲れ状態です・・。

ディケンズ先生に意見なさるとは、なかなか豪胆ですね。
まあ、相手は草葉の陰の方ですからね。
はなっから物語ありきですので、なんとも感じないというか、そういうもんだと思って見たんで、そういう解釈が新鮮です。
あくまでも3Dを見に行ったと思っております。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-12-19 22:59:56
こんばんわ^^

私は、ドラマツルギー的に、誰もが思うことだろうと思ったんですが、反応がなかったのでションボリです^^;
深い深い… (MUTI)
2009-12-21 22:42:48
私、この映画は見ていないのですが、蘭さんの指摘、大変面白いですね。
世界観・宗教観・哲学観・人生観の文化差を改めて感じた次第です。
いろいろ語りたいことはあるのですが、多忙につき、私の冬休みの宿題とします。

なお、下、ネットで読める原作の翻訳です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000914/card4328.html

 あ、「わかりやすい「戦争」」の方のコメントに私が書いた情報提供、見ていただけました?
MUTIさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-12-22 15:40:30
こんにちわ^^

でしょ? でしょ?

私は、これだけ根源的なことをサラリと書いて、自画自賛していたら、誰も反応してくれないので落胆していたのです^^;

『わかりやすい「戦争」』のほうは、「こりゃ、一生もののテーマだ」と思っているので、のんびりペースですいません。

本格始動は、定年後と定めるしかありません^^;

でも、情報は集めておりますので、助かりました。

リンク先の方の気持ち、よく分かるんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
クリスマス・キャロル (映画的・絵画的・音楽的)
 「クリスマス・キャロル」を丸の内ピカデリーで見てきました。  ディズニー制作のアニメ映画など今更という気がしてパスしようと思っていましたが、デジタル3Dを覗いてみたいこともあって出かけてきました〔浦安のデズニーランドの中の劇場で、一度デジタル3Dを見たこ...
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました~♪ (本...
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ (CinemaCollection)
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的....
Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリ...
【Disney’s クリスマス・キャロル】 (日々のつぶやき)
監督:ロバート・ゼメキス 「スクルージーはケチでお金だけが全ての町の嫌われ者。 あるクリスマスイブの夜、かつて一緒に仕事をしていたマーレイが亡霊となって現れた。 そして彼はこれから三人の精霊がやってくると伝える」 ディケンズのクリスマス・キャロルを
二回目!【クリスマス・キャロル 3D】 (日々のつぶやき)
やっぱりどうしても3D版で見たくて~ 見てきちゃいました! 甥っ子を「カールじいさんの空飛ぶ家」の初の3D版を体験させようと約束していたので、その前に私一人で「クリスマス・キャロル」の3D版を観賞することができました。 甥っ子はお母さん(妹)が連れてきて
Disney'sクリスマス・キャロル (Diarydiary! )
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -
映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
『Disney's クリスマス・キャロル』 (ラムの大通り)
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/...
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった
Disney’s クリスマス・キャロル 3D (そーれりぽーと)
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹か...
クリスマス・キャロル (放浪映画人)
監督:ロバート・ゼメキス 2009年公開(USA) 結果から言うと、可も無く不可も無くって感じです。 今回は3Dで観賞しました。 この作品は3Dで観賞した方が絶対に良い! 空を飛ぶシーンでの浮遊感などは、3Dでしか味わえません。 あと、全編がCGアニメなんですが、非常...
『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
Disney's クリスマス・キャロル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
誰もが知るディケンズの名作が、最新技術を駆使したユニークな映像で蘇った。家族も持たず、人との絆も信じられず、ただ金銭欲を満たすために生きる老人スクルージ。街一番の嫌われ者の彼のもとに、クリスマス・イブの夜、元ビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルー...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 68-13- 1ヶ月フリーパスポート=16 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのどち...
映画「2012 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『2012 字幕版』を本日観て来た。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。 例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残るような、少量でも薄味の美味しい一品料理とは対極にある映画。 158分の...
クリスマス・キャロル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
未来は変えられる__、ある一夜の出来事が、それまでの人生を変えるとしたら・・・。 金がすべての嫌われ者、エベニザー・スクルージ。クリスマス・イヴの夜、彼の前に3人の“クリスマスの精霊”が現れる。それは人生を変えるための最悪のプレゼント。 彼らに連れ...
クリスマス・キャロル ▲174 (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:Disney's a Christmas Carol監督・脚本:ロバート・ゼメキス製作:ロバート・ゼメキス、スティーブ・スターキー、ジャック・ラプケ原作:チャールズ・ディケンズ撮影:ロバート・プレスリー美術:ダグ・チャン編集:ジェレミヤ・オドリスコール音楽...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
クリスマス・キャロル (Peaceナ、ワタシ!)
- ディズニーが完全映画化! - 一週間前なのですが… レディースデーに、ディズニーの『クリスマス・キャロル』を観てきました! どうしても‘字幕版’で観たかったので、レイトショーに1人で鑑賞。(地元のワーナー・マイカルでは、字幕版はレイトショーのみの上映な...
Disney's クリスマス・キャロル (迷宮映画館)
3D版、初体験
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
『Disney'sクリスマス・キャロル』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:ACHRISTMASCAROL原作:チャールズ・ディケンズ監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファ....
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney's クリスマス・キャロル (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
未来は、まだ変えられるかもしれない… 彼の名前はスクルージ。 金がすべての、嫌われ者。
クリスマス・キャロル (海辺のランナー、もぐらのブログ)
人気ブログランキングへ パスポート更新受け取りに、神戸国際会館に行った。 パスポート受け取り後、せっかく国際会館に来たから、一緒に来た我が奥さんと映画を見ることにした。 国際会館内には神戸国際松竹があり、11/3(火)祝日に、「風が...
【映画】Disney's クリスマス・キャロル…2010年の残務整理(3) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2011年1月3日(月曜日)…帰省していた息子はUターンラッシュの中、関東に戻って行きました。新幹線大変だったろうなぁ。 で、本日2011年1月4日(火曜日)は仕事始め。 …ちょいスロースタートめですね、このま...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...