『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『日輪の遺産』を観た]

2011-09-06 21:03:43 | 物語の感想
☆これは、予告編の時点で「名作」ですね。

 何よりも、予告編で垣間見える、敗戦に伴う、国の隠密作戦に借り出される20人の少女たちの「チンコロねーちゃん」風な顔立ちが、もう作品の成功を約束している。

 まあ、13,4歳の設定なのだから、AKBなどが演じるのは無理なんだろうけどさ、

 そこから、幼い顔立ちの子らをピックアップして、幾らでも「客寄せ」出来たろうに、それをせずに、この作品の作り手は、少女たちの外見にも「時代」を代表させていたと思う。

 いや、若干、<なでしこジャパン>風のワイルドな娘たちもいたので、一回りして現代風なのか?

   

   ◇

 ・・・最近、戦中・戦後を描いたNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」を見続けていて、楽しんでいるし、驚くほど巧みな展開にうならせられることもあるのだが、

 最近、ふと我に返り、「このドラマにはテーマがない」ということに思い至った。

 すると、なんか、面白みが全くなくなってしまったのだ。

 前作「てっぱん」、前々作「ゲゲゲの女房」にはあったものが、この作品にはなかった。

 なんか非常に器用に、多くの先行作品から、それと分からぬように「物語的な起伏」をチョイスしているような印象だ。

 土曜日だけ、主題歌(平原綾香)がかかるのだが、その「主語」が誰なのかも全く分からない。

   ◇

 まあ、それはさておき、『日輪の遺産』に話を戻す。

 『日輪の遺産』も、少女たちや、その少女たちを囲む大人たち(4人)に、それぞれ全く異なる「思想」「結末」があり、そこでテーマが拡散しそうにも思える。

 少女たちは、自分らが任された、国の機密作戦に、若さゆえの明るさでまい進する。

 少女たちの引率教師・野口(ユースケ・サンタマリア)は、平和主義者だが、(現代の日教組教師のように)国民の義務をサボタージュするような無責任さはない。

 作戦の責任者のエリート将校・真柴(堺雅人)は、作戦の遂行を坦々と進めるが、短絡的な主戦論には疑問を持っているも、実戦をいまだ知らない。

 機密作戦の主計面での責任者・小泉(福士誠治)は、経済面には強いが、作戦遂行に対しては思想的な視野は持ち合わせていない(作戦終了後、風呂に入った娘たちの背中を流すという「おいしい役」を担う^^)。

 作戦の用心棒として、叩き上げの軍人なれど、足の負傷で内地に戻ってきている曹長・望月(中村獅童)がいて、作戦を遂行しつつ、冷静に状況を見つめている。

 それぞれの考えは全く違う。

 それぞれの行動も、クライマックスに向けて、全く異なる。

 しかし、目的は一つ、「御国の未来の為」、そこで、アンサンブルが奏でられる。

 そして、それぞれの「目的合理性」が、骨太なテーマとなっている。

   ◇

 浅田次郎の初期の作ということで、ご都合主義も見える。

 特に、戦後、一般人となった真柴が、巣鴨プリズンの病棟に収監されている梅津元参謀総長に面会出来ちゃうところや、

 小泉の、マッカーサーの執務室で行なう口上や脅迫・・・、

 作戦終了後、機密保持のため少女たちの殺害命令を覆そうと、真柴が阿南陸軍大臣の元に押しかけると、偶然にも切腹している最中であったり、などなど…。

 しかし、それらは、話の簡略化として許せるかな。

 物語の初っ端のほうで、望月が主戦派を退ける大立ち回りや、

 クライマックスの、真柴による「椿三十郎」的な血飛沫殺陣も、

 唐突であり意外だったが、物語のいいアクセントになった。

     

   ◇

 はぁ…、しかし、戦後、真柴が望月に対して言うのだが、望月、「いい男」である^^

 軍人としての仕事を十全にこなし、作戦にも疑義を挟まず、

 しかし、作戦終了後、パニくって少女に銃口を向けた小泉に、「守るべき者を守らずして、どうしますか?」と、銃口を前に立ちふさがる。

 そして、戦後、訪ねてきた真柴に、「久江を嫁に貰おうと思っています」と頭を下げるのだ。

 格好いいなぁ、おい!

 久江も、童顔の癖して、戦後は、望月の横に付き添い、もう大人の仕草だぜ!(この娘、現代パートでは八千草薫が演じているが、面影がある)

 たまらんなぁ!

 俺も言いたい。「スーちゃんを、嫁に貰おうと思っています」(スーちゃん(土屋太鳳ちゃん)は20人の中で一番の美少女^^)

          

   ◇

 さて、この物語で、一番に優れていると思った箇所を記す。

 『ロミオとジュリエット』の如く、ある意味、「誤解」で、20人の少女が命を絶つ。

 だが、一見、犬死にのように思える少女たちの死こそが、真に占領軍を平伏させた点が素晴らしかった。

 戦後、機密であった「遺産」の隠匿は、あっけなく占領軍に見破られた。

 作戦自体は、それで失敗だった。

 しかし、少女たちの「誤解」による死が、その失敗を帳消しにした。

 そこには、マッカーサーの感傷的な断念がある。

 しかし、マッカーサーには…、アメリカには、そのようなメンタリティがあるので、一概に捨てて置けない結末だし、一抹のリアリティもある。

 また、少女たちの亡骸である。

 本筋では、その亡骸の描写はなく、長い長い現代パートにおいて、骨となって「遺産」を守る少女たちの図、死んだ直後の眠ったような少女たちの図…、がカットインされる。

 こちらの情緒を直撃するような段階描写である。

 そして、老境に入った久江の前に現われる、幻影の教師と少女たち・・・。

 その場では泣かなかったんだけど、それから数日立つ今、思い出すと目が潤んでくる。

                                                    (2011/09/06)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [「新しい歴史教科書をつくる会... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
坂東忠信氏講演会が行われます。m(_ _)m ((^o^)風顛老人爺)
2011-09-07 08:59:23
拝啓、ミド蘭様

日輪の遺産良いですね、原作を愛読しています。

浅田節益々冴えています。

別スレッド宣伝ご容赦下さい。
来る9月11日土曜日に
栃木県護国神社にて、元通訳捜査官 坂東忠信氏の講演会が行われます。

坂東忠信氏は、「 チャイニーズによる日本への間接侵略 」を在日チャイニーズの犯罪捜査の観点から広く警鐘を鳴らし続けています。

付記URL坂東忠信氏ブログhttp://taiyou.bandoutadanobu.com/
「 外国人犯罪の増加から分かること 」
今、此処に迫る日本の危機があります。

更新中です。

御高覧下さい。m(_ _)m乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺さん^^ (ミッドナイト・蘭)
2011-09-07 21:16:34
こんばんわ^^

>>9月11日土曜日に栃木県護国神社にて、

この護国神社って、稲恭宏博士が講演した場所ですよね。

文字通りの「護国」神社ですな!!^^
日本人の拠り所。 ((^o^)風顛老人爺)
2011-09-09 06:42:00
拝復、ミド蘭様玉石混淆なきらいがありますが神社は日本人の心の拠り所です。
ご紹介頂い方は、初耳でした申し訳ありません。


靖国神社に乱入、暴行破壊行為を行った台湾人暴徒が不起訴です。甘いだけではいけませんね。m(_ _)m乱文にて 敬具

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
日輪の遺産 (佐藤秀の徒然幻視録)
ある意味なでしこジャパンの原点 公式サイト。浅田次郎原作、佐々部清監督、堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、麻生久美子、塩谷瞬、八 ...
「日輪の遺産」何も知らずに任務を遂行した先にみた日本を守ろうとする強い意志と悲劇を繰り返さないための遺産の継承 (オールマイティにコメンテート)
「日輪の遺産」は浅田次郎の長編小説を映画化した作品で、終戦直前の日本を舞台に終戦宣言する前に軍部が多額の財産を極秘に隠そうとし、その作業を遂行する少佐たちと20人の少女 ...
「日輪の遺産」 (元・副会長のCinema Days)
 まったくもって、ヘタクソな映画である。だいたい話の前提自体が噴飯ものだ。1945年8月上旬、敗色濃厚な戦況において、日本陸軍首脳部は山下奉文がフィリピンから密かに運び込んだ900億円(現在の金額換算で200兆円)にも及ぶマッカーサーの隠し財産を隠蔽....
日輪の遺産 (LOVE Cinemas 調布)
浅田次郎の同名小説を『半落ち』の佐々部清監督が映画化した。終戦間際の夏、マレーの虎・山下大将が連合国最高司令官マッカーサーから奪った財宝を隠匿する命令を受けた3人の軍人と20人の少女と教師たちの辿る運命を描いたドラマだ。主演に『武士の家計簿』の堺雅人。...
日輪の遺産 (あーうぃ だにぇっと)
『日輪の遺産』7月15日(金)@よみうりホール。 一ヶ月以上も前に観てまだ記事アップしてないということは ひっかかりがあったからだ。(笑) (C) 2011「日輪の遺産」製作委員会 製作年: 2011年 製作国: 日本 日本公開: 2011年8月27日 上映時間: 2時間...
日輪の遺産 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
日輪の遺産マッカーサーの財宝隠匿という大掛かりなミステリーの隙間に見えるのは、戦争の犠牲になったけなげな少女たちの笑顔。丁寧で誠実な演出が佐々部清監督らしい。日本の敗 ...
日輪の遺産 (うろうろ日記)
試写会で見ました。暗そうだなーと思っていましたが、やっぱりでした。終戦直後、マッ
日輪の遺産 (花ごよみ)
時代は太平洋戦争が終わる寸前の夏。 マッカーサーが、 フィリッピン撤退の際に、 隠した財宝を日本が奪い、 その財宝を戦後の復興のために役立たせようと、 隠匿する命を受けた帝国陸軍将校。 そのために勤労動員された20名の少女。 浅田次郎作の同名小説が原作。 主...
『日輪の遺産』 (ラムの大通り)
※見どころ、クライマックスにも触れています。原作未読者はご注意。 ----この映画って、 いまひとつ内容がよく分からないんだけど? 「そうだね。 その設定とはまずこの言葉から始まる。 <GHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たち>。 これを受...
日輪の遺産 (HAPPY LIFE)
日輪の遺産 THE LEGACY OF THE SUN いつか、この国が 生まれかわるために 2011.8.17 WED 東商ホール ☆2011年8月27日公開 【監督】佐々部清 【原作】浅田次郎 【脚本】青島武 【音楽】加羽沢美濃 【CAST】 堺雅人 中村獅童 ...
劇場鑑賞「日輪の遺産」 (日々“是”精進! ver.A)
日本の、未来のための、希望・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201108270004/ 日輪の遺産 posted with amazlet at 11.08.23 浅田 次郎 角川書店(角川グループパブリッシング) 売り上げラン...
映画「日輪の遺産」を観ました!!(2011-10) (馬球1964)
映画「日輪の遺産」を観ました!!
『日輪の遺産』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「日輪の遺産」□監督 佐々部 清 □脚本 青島 武 □原作 浅田次郎□キャスト 堺 雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草 薫、森迫永依、       土屋太鳳、金児憲史、柴 俊夫、串田和美、山田明郷、野添義弘...
日輪の遺産 (勝手に映画評)
浅田次郎の同名の小説の映画化。著者本人が映画化を熱望してきたと言われており、ようやく、その願いが叶ったと言う事になります。 山下財宝なら知っていますし、有名ですが、マッカーサーの財宝って、M資金??? と言う感じになりますね。でも、マッカーサーが非常に...
日輪の遺産 (シネマ日記)
試写会が当たったので行ってきました。ワタクシは日本の現代作家の作品をほとんど読まないので、この作品も原作は読んでいません。なので、原作を読んだ方とはまた違う感想になると思います。太平洋戦争集結間近のころ、軍の秘密の命令を受け、近衛第一師団・真柴少佐堺雅...
『日輪の遺産』 (こねたみっくす)
この映画の製作陣に戦争で命を落とした先人を敬う気持ちはあるのでしょうか。 こんなヌルい映画で亡くなった19人の少女と野口教諭の想いを語れると思っているのでしょうか。 浅田 ...
映画『日輪の遺産 THE LEGACY OF THE SUN』 (闘争と逃走の道程)
 『鉄道員』『地下鉄に乗って』など、数々の作品が映画化されている人気作家、浅田次郎氏の初期の傑作を映画化。『THE LEGACY OF THE SUN』という英題がめちゃ格好いい。 日輪の遺産 (講談社文庫)浅田 次郎 ...
『日輪の遺産』・・・軍は負けても国は負けない (SOARのパストラーレ♪)
8月になると各局がこぞって放映する太平洋戦争を題材としたテレビドラマが実は好きではない。大きなテーマは戦争の愚かさを訴えるものでありもちろんそれに異論はないが、開戦に踏み切った軍部を単純かつ一方的に悪者に仕立てた挙句、民間人や末端兵士の悲劇をこれでもか...
映画「日輪の遺産」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「日輪の遺産」観に行ってきました。浅田次郎原作の同名小説を映画化した作品。この映画、私の地元熊本では熊本市中心部にある熊本シネプレックスでしか上映されていなかったた...
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の 佐々部清監督が映画化。 敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の 祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な...
日輪の遺産 (迷宮映画館)
いやーー、やっぱりあたしはダメダ、この人。。。。
命より大切なもんてないんちゃうん?~「日輪の遺産」~ (ペパーミントの魔術師)
昭和20年8月10日・・・ってことはもうホントに終戦間近の話。 帝国陸軍の真柴少佐(堺雅人)は、軍トップに呼集され、ある重大な密命を下された。 それは現在の価値で約200兆円のマッカーサーの財宝を隠すというものだった・・・。 結末のわかっている話をなんでそうな...
日輪の遺産 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「鉄道員」「地下鉄に乗って」など、数々の名作を世に送り出してきた、日本を代表するベストセラー作家・浅田次郎。1993年発表の「日輪の遺産」は、根強い人気作にして、浅田氏自身 ...
日輪の遺産 (だらだら無気力ブログ!)
ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を「半落ち」「出口のない海」の佐々部清監督が映画化。敗戦を目前にして、マッカーサーから奪った200兆円相当の財宝を後の祖国復興の資金にすべく隠匿するという極秘作戦に関わった4人の男と 20人の少女たちの運命を、端正な筆致...
日輪の遺産【映画】 (as soon as)
この遺産とは マッカーサーの隠し財産を指すのではなく 日本に息づく精神 それを指している マッカーサーを相手に最後に投げかけた言葉 日本は敗戦から立ち上がり、 勤勉な性質と精神力で 世界を...
『日輪の遺産』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 日輪の遺産 』 (2011)  監  督 :佐々部清キャスト :堺雅人、中村獅童、福士誠治、ユースケ・サンタマリア、八千草薫、森迫永依、土屋太鳳、金児憲史、麻生久美子、塩谷瞬 太平洋戦争終結間近...
日輪の遺産 (Diarydiary! )
《日輪の遺産》 2010年 日本映画 1945年8月10日、真柴少佐と小泉中尉は
日輪の遺産 自分で修正しながら号泣~o(TωT )( TωT)o (労組書記長社労士のブログ)
【=48 -8-】 浅田次郎さんの原作「日輪の遺産」は5年半ほど前に読んで、一番のクライマックスが自分の降りる駅のほん手前のタイミングで、電車内で「どば~っ!」って涙がほとばしって、そのぐちゃぐちゃの顔面濡れ濡れのまま改札口をグスグスいいながら通過という、友....
日輪の遺産 (映画的・絵画的・音楽的)
 『日輪の遺産』を角川シネマ新宿で見てきました。 (1)ベストセラー作家・浅田次郎氏の作品が原作でもあり、また評判もよさそうなので映画館に行ってみたのですが、客の入りはイマイチでした。  物語は、終戦直前、日本軍によって秘匿されていた財宝を占領軍の手から....
日輪の遺産 (そーれりぽーと)
台風でなんとなく『日輪の遺産』を観てきました。 ★★ 八千草薫が最強にイイのと、ユースケ・サンタマリアがいつもどおり安定してて良かっただけの印象。 ネタバレ どうも感情移入出来なかった理由を挙げてみる。 ・こんなに日本が窮地に立たされている時に、こんな話...
映画「日輪の遺産」 (FREE TIME)
今月の上旬に鑑賞した映画「日輪の遺産」をレビューします。
愛国心が導いた生と死。『日輪の遺産』 (水曜日のシネマ日記)
太平洋戦争終結間近の日本で祖国の復興を願いGHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たちと20名の少女たちの物語です。
『日輪の遺産』| 伝え続けねばならないこと。 (23:30の雑記帳)
中村獅童が実によかったです。 いちばん軍人っぽさを醸し出していたように見えました。 映画としてはいろいろと厳しいものがありましたが、 戦時中の交通機関やら、服装やら ...