『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観てのエピソード]

2017-11-24 10:29:09 | 新・物語の感想

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』本予告

☆・・・ちょいとスケールの大きい、ハードSFな展開で、私には合わなかった。
 三部作なので、最後まで見届けようと思う。

 ・・・シネコンの中、一つの館内に入ろうとすると、ドアのところで、立ち止まっていたお母さんが子供に言っていた。
「じゃあ、もう帰っちゃっていいのね!」
 声を荒げているが、不満の感情じゃなくて、諦めの口調だ。
 お母さんの前には精神障碍者っぽい「大きな子供」がボーッと立っていた。
 おそらく、ゴジラが見たいと子供が言って、お母さんが連れて来たはいいけど、映画館は暗いので、子供が「怖い、出る!」と言い出したのだろう。
 お母さんの手にはジュースとポップコーンのトレイが乗っかっている。
 私は、かつて、2歳の姪っ子を映画館に連れて行ったとき、暗さを怖がった姪っ子によって、お金を払って観ずに映画館を出るという経験をしていたので、このお母さんのやるせなさが分かる。
 いや、お母さんは、この時だけでなく、子供が成長していく過程で、多くの困惑との共生を余儀なくされてきたことだろう。
 お母さんが全てを受け止め、子供は辛さを実感していないかも知れない。
 障碍者が生まれる一つの原因として、宇宙をとめどもなく行き交う「宇宙線」がある。
 妊婦の身体を、ある種の宇宙線がすり抜け、母体での成長に影響を与えると言うものだ。
 ・・・だから何だという話なのだが・・・。
 いや、私が言いたいのは、人生の困難には、自分の因果とは別の理由も存在するという事が言いたい。
 話を戻すが、私は、せめてもの手助けとして、通りすがりに一歩立ち止まり、その息子クンに、出来る限りの安心感を与える表情で言った。
「映画館は怖くないよ、暗いけど画面は明るくて、テレビみたいで面白いぞ^^」
 私に出来るのはそこまでで、その後、その親子が館内に入って来たのかは分からない。

 私にも難しい点があったので、息子クンにとっても難しくて、ゴジラの脅威に失禁したかも知れん。

                                   (2017/11/24)

『家族』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [米ちゃん/八王子・散田町(... | トップ | [餃子フェス(「インスタ」よ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

GODZILLA 怪獣惑星 (ネタバレ映画館)
姨捨山の惑星。
GODZILLA 怪獣惑星  監督/静野孔文&瀬下寛之 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮野 真守 (ハルオ・サカキ)  櫻井 孝宏 (メトフィエス)  花澤 香菜 (ユウコ・タニ) 【ストーリー】 突如出現した怪獣たちと彼らを倒すパワーを持つゴジ......
劇場鑑賞「GODZILLA 怪獣惑星」 (日々“是”精進! ver.F)
地球を、取り戻す… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201711170000/ GODZILLA 怪獣惑星 オリジナルサウンドトラック [ 服部隆之 ]価格:3024円(税込、送料無......
『GODZILLA 怪獣惑星』 (beatitude)
巨大生物“怪獣”の出現と、その怪獣をも凌駕する究極の存在“ゴジラ”。半世紀に渡る怪獣との戦いの末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央......
GODZILLA 怪獣惑星 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(F) ゴジラ映画は実写じゃないとピンと来ないのです。
GODZILLA 怪獣惑星 (だらだら無気力ブログ!)
コレ、三部作だったのね。
GODZILLA 怪獣惑星★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的に大きな話題を集めた「シン・ゴジラ」に続き、今度は「ゴジラ」シリーズ初の長編アニメーション映画として贈るSFアクション。“ゴジラ”の出現によって地球を追われ...
GODZILLA 怪獣惑星 (2017) 89分 (極私的映画論+α)
 全く何も知らずに観に行ったら。。。(笑)
ショートレビュー「GODZILLA 怪獣惑星・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
絶望が、咆哮する。 
前評判は散々だったが、面白いじゃないか。 これだから映画は観るまで分からない。 20世紀最後の夏から、突如として未知の巨大生物“怪獣”が大挙して世......