『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『しんぼる』を観た]

2009-09-13 15:16:59 | 物語の感想
☆松本人志監督の第2作目だ。

 前作『大日本人』(クリック!)では、その方向性に大きな意欲が見られたが、次第に、その物語性が空中分解していってしまった。

 今回は、さて、どうか?

   ◇

 そもそも、松本のギャグは、日本人の感覚に根ざしたシュールさであったと思う。

 ある意味、その本質は「内輪受け」で、その感覚を(日本)全国的に行き渡らせたことが松本人志の芸人としての功績として凄いのだが、

 前作では、それがカンヌ(だっけ?)で世界に曝されてしまった。

 そのニュアンスを世界の人に理解させるのは難しかったはずだ。

 松本自身、それは予期せぬことだったと思う。

 ・・・で、次作の方向性が「世界に通用するモノ」となってしまったようだ。

 私は、この作品を「欧米に媚びた作品」だと思った。

 その意欲は悪くないが、日本の芸人として、先ず、実験的な作品でなく、地に足の着いた、自分の得意分野を前面に押し出した作品を作って欲しかった。

   ◇

 舞台は二極化しており、メキシコのプロレスラーを主に持つ家族の物語と、異世界の密室に閉じ込められた男の物語が交互に描かれる。

 どちらもそれぞれ面白い。

 この二つの舞台がクライマックスで絡んでくるのは分かるが、メキシコ・パートは、何とも『ニュー・シネマ・パラダイス』みたいな味わい深い映像で見せてくれる。

 こっちの感性できっちりと松ちゃんに作って欲しいものだと思わせられた。

 が、異世界密室パートも、シュールでありつつも、何らかの合理的な解釈を抱かせる内容で面白い。

 私は、第一印象として、往年のファミコンディスクシステムソフト『デッドゾーン』を思い出させられた^^

 こちらのパートは、松本人志が主演だが、その濃い顔が、どうにも、クリーンな部屋にそぐわない違和感を感じ続けた。

 でも、欧米人にも分かるように、言葉でなく、アクトで見せようと言う松本の意図は、自分でしか演じられないと思ったのだろう。

 日本人の観客を含みつつ、擬似パントマイムや繰り返される過剰な叫び、オナラや図像で、欧米人の笑いさえも取り込もうという意図だろう。

 お笑いは少な目だが、物語がある一定の方向に進んでいるのはわかっているので、こちらも然程の不満足には陥らない。

   ◇

 ただ、クライマックスで、やはり破綻する。

 二極分化された舞台の融合点が、解せないのである。

 ネタバレすると、密室パートは、一人の男が「神様」になるための修行の場で、そこでの苦難が、とある一具体例としてのメキシコの一レスラーの人生に作用すると言うのだが、

 それがあまりにも突飛なのである。

 その後、神様になった松本が、世界のあらゆる事象に作用を及ぼしていくのだが、そこでの作用は物理的におかしい点はないのである。

 ただ、二極分化の交差点である、物語的にも「要(かなめ)」となる箇所において、素っ頓狂な展開を見せるのだ。

 『大日本人』のエンディングもそうだった。

 ・・・だが、そこを非難してもしょうがない。

 こうして二作続けて見ると、それこそが松本人志のやりたいストーリーテリングなのだろうから、文句を言うだけ野暮である^^;

 私は、不覚にも、そのナンセンスに大笑いしてしまった^^

                                      (2009/09/13)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『機動戦士ガンダムIII/め... | トップ | [与党民主党考・3「日教組、不... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (rose_chocolat)
2009-09-13 17:28:56
TBありがとうございます。
昨日より、gooブログ全体的に、私のblogからのTBがはじかれちゃっています。 gooさんに問い合わせていますが当分お返しはできないです。 URLも置けない状態なので、ご了承願います。
とりあえず2009年8月27日の「しんぼる」完成披露試写会を参照してくださいということでよろしくお願いします。

松ちゃんの映画は初めてでしたけど、何となく全てがこういうパターンなんでしょうね。。
rose_chocolatさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-09-13 21:19:14
こんにちわ^^

>>私のblogからのTBがはじかれちゃっています。

ありゃ、何ででしょうね?

かなりキチッと作られた作品でしたが、小技で映画を作れると思っている気持ちが見えました。

才能ある人物なのだから、直球勝負すればいいのになあと思うのです。

この方には、「頭頭(とうず)」と言う作品もありました^^;

あれもコメントに苦しむ作品でしたね^^;
TB直ったみたいです。 (rose_chocolat)
2009-09-15 05:58:53
お騒がせしましたー。
全部はじかれちゃうとかなり焦りますね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-09-23 11:28:12
TB有難うございました。
松本監督の第2弾となりました。
才能や感性は他の人にはないものを
持っているなって思うのですが、
ただ、興業的に成立していかないと
今後の作品が苦しくなる予感がしています。
この作品を受け入れる人は、多くはない
気がしました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-09-24 20:46:08
こんばんわ^^

私もそう思います。

この作品の面白いところは、いつものテレビで見られるのですよね。

映画ならではの才能を見せてくれなくては、お金を払ってまでお客さんは来てくれませんよね。

私はテレビをあまりみないので見ますけど、他の人は私と同じ考え方ではないですから・・・^^;
Unknown (ニュースウォッチ)
2009-09-27 10:10:19
自分的にしんぼるはそれなりに面白かったけど
良くわからない映画でしたw
松本さんはこの先どんな映画やっていくんでしょうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
しんぼる (Akira's VOICE)
スベッてる話。
『しんぼる』 (ラムの大通り)
「いやあ。まいったまいった。 いったい、この映画、みんなどういう紹介しているんだろう?」 ----あらら。頭抱えちゃって。 これって松本人志の『大日本人』に続く監督第二作だよね。 前作は確か、試写会が行なわれなかったけど、 今回は観られたわけだし、お話できるんじ...
しんぼる (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★[1/5] この鳥の羽を、あなた色に変えてください。
しんぼる (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。松本人志監督、主演。これほど何のためらいもなく「これはひどい」と断じられる映画はないのではないか。一人コントすら退屈で全然おもろない。
映画『しんぼる』 (健康への長い道)
昨日から公開の松本人志第2回監督作品『しんぼる』を梅田ブルク7で。 Story メキシコのとある町。妻と2人の子供、父と暮らすプロレスラー・エスカルゴマンはいつもの朝を迎えていた。エスカルゴマンは家族全員での朝食後、新聞を読みながらコーヒーを飲む。それが唯一...
しんぼる・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2007年の怪作「大日本人」に続く、松本人志監督の第二作。 白い部屋に閉じ込められた男の話で、天使が出てきて、何故かメキシコのプロレスラ...
『しんぼる』 ('09初鑑賞123・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★−− (5段階評価で 2.5) 9月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞。
しんぼる (映画通の部屋)
「しんぼる」製作:2009年、日本 93分 監督:松本人志 脚本:松本人志、高須
しんぼる (だらだら無気力ブログ)
  ダウンタウンの松本人志が前作『大日本人』に続いてメガホンを取った監督 2作目。 白くて天井が遥かに高い部屋の中で目覚めた男が、部屋から出ようとして いろいろ試行錯誤する様を描く。メキシコのとある町で暮らす覆面レスラーのエスカルゴマン。 彼はいつ...
しんぼる (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
何しろ配給会社から“ネタバレ禁止命令”が出ているので、どうレビューを書いたらいいのか悩む。核心に触れる部分はすべて秘密なのだ。それが核心と呼べるものかどうかは別として。とりあえず、ストーリーはこんな感じだ。それがストーリーと呼べるものかどうか...
しんぼる (映画情報良いとこ撮り!)
しんぼる お笑いのあの松本人志が再び映画を撮った。 今回は、メキシコのプロレスラーがいつものように、朝食をとっていた。 しかしどこかいつもと違っていたのだ。 妻なんだか胸騒ぎ? そして、奇妙な水玉のパジャマを着た男が、白い壁に囲まれた部屋に住ん...
「しんぼる」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「しんぼる」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松本人志、他 *監督:松本人志 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^
*しんぼる* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** メキシコのとある町。妻と2人の子供そして父と暮らすプロレスラー、エスカルゴマンはいつもと変わらぬ朝を迎えていた。エスカルゴマンは家族全員での朝食後、新聞を読みながらコーヒーを飲む。それが唯一、レスラーという過酷な職業を...
しんぼる (ころちゃんねる)
奇を衒い過ぎ上映二日目にして、近所のシネコンガラガラ大日本人より、個人的には楽しめたけど興行収入は前作を下回るのが確実とみた笑えるシーンがある≒良い映画ではないのだけど・・・コントと違ってラストのオチも映画をみた10人中9人ははなんだコレでしょう・・...
しんぼる (LOVE Cinemas 調布)
人気芸人・松本人志の監督第2作。監督・企画・脚本・主演の一人四役をこなす。『南の島のフリムン』でチーフプロデューサーを務めた岡本昭彦がプロデューサー。不思議な部屋にパジャマ姿で閉じ込められた男とメキシコのプロレスラーの様子がパラレルで描き出される。この...
しんぼる (映画君の毎日)
<<ストーリー>>家族と幸せに暮らすプロレスラー、エスカルゴマンはメキシコのとある町でいつもと変わらぬ朝を迎えていた。一方、水玉のパジャマを着た男は、目を覚ますと四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められており、途方に暮れ出口を必死に探すが見つからない…...
『しんぼる』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:松本人志脚本:松本人志、高須光聖出演:松本人志試写会場 : 丸の内ピカデリー公式サイトはこちら。<Story>2007年に公開された『大日本人』で映画監督として衝撃のデビューを果たした松本人志が、再びメガホンを取った。本作でも『大日本人』同様、松本人...
しんぼる/松本人志 (カノンな日々)
松本人志監督の長編映画第二作です。前作に引き続き今作も予告編からは内容がさっぱり見えてこない怪しげな感じですよね。真っ白の部屋に黄色のパジャマを着た松っちゃんがいて四方の壁から天使の像みたいなのがうじゃうじゃ現れて・・・と、いったい何が起きるんでしょう...
しんぼる (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『松本人志監督第二作─。 想像もつかない ”何か”が起こる…。』  コチラの「しんぼる」は、ご存じダウンタウンの松ちゃんこと松本人志が、2007年に公開された「大日本人」の衝撃的な映画監督デビュー以来、監督・脚本・企画・主演を務めた2作目となる9/12公開...
映画『しんぼる』 (闘争と逃走の道程)
 ダウンタウン松本人志第二回監督作品。それ以上の予備知識は、必要ないでしょう。 ハローキティ 松本人志監督作品しんぼる×HELLOKITTY ガーゼ...
「しんぼる」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作、初監督作となった「大日本人」で遺憾なくその 才能を発揮した松本人志監督。 といっても、あの世界観にすんなり入り込めない人も 多々いるだろう。批判も多かったですが・・・
しんぼる [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/09/12製作国:日本上映時間:93分鑑賞日:2009/09/21監督:松本人志出演:松本人志+あらすじ+家族と幸せに暮らすプロレスラー、エスカルゴマンはメキシコのとある町でいつもと変わらぬ朝を迎えていた。一方、水玉のパジャマを着た男は、目を覚ますと四方を白い...
しんぼる (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『しんぼる』  (2009) = 家族と幸せに暮らすプロレスラー、エスカルゴマンは、メキシコのとある町でいつもと変わらぬ朝を迎えていた。 一方、水玉のパジャマを着た男は、目を覚ますと、四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められており、途方に暮れ出...
映画「しんぼる」 (おそらく見聞録)
監督:松本人志(ごっつのコント大好きでしたけどね) 出演:松本人志(あの叫び。きつい)デヴィッド・キンテーロ  出演:ルイス・アッチェネリ リリアン・タビア  パジャマ男がふと目を覚ますと、白い壁に囲まれた部屋に 閉じ込められていた。男がその部屋...
しんぼる (5125年映画の旅)
メキシコの田舎町のプロレスラーエスカルゴマンは、家族の見守る中、大事な試合に臨もうとしていた。一方、一人の男が白い壁に覆われた何も無い部屋で目を覚ます。何故そんな所にいるのか全く解からない男は、何とか脱出しようと辺りを見回す。そして発見した突起物に触...
しんぼる (週末映画!)
映画「しんぼる」の感想・評価をまとめた
すいっち〜『しんぼる』 (真紅のthinkingdays)
 乾いた大地に舞い上がる砂埃。轟音とともに一台のピックアップ・トラックが やってくる。ここはメキシコの町。一方、男(松本人志)は目...
しんぼる (5125年映画の旅)
メキシコの田舎町のプロレスラーエスカルゴマンは、家族の見守る中、大事な試合に臨もうとしていた。一方、一人の男が白い壁に覆われた何も無い部屋で目を覚ます。何故そんな所にいるのか全く解からない男は、何とか脱出しようと辺りを見回す。そして発見した突起物に...
「しんぼる」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・松竹/監督:松本 人志) 「大日本人」に次ぐお笑いタレント・松本人志の監督第2作。  一言で言って、“わけの分からん映画”である。 メキシコのとある町で、1人の覆面プ
しんぼる (Memoirs_of_dai)
脱出までなら”まだ”すべらない話 【Story】 家族と幸せに暮らすプロレスラー、エスカルゴマンはメキシコのとある町でいつもと変わらぬ朝...