『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『リリィ、ハチミツ色の秘密』を観た]

2009-03-23 21:48:10 | 物語の感想
☆・・・神は世に、二人の「ダコタ」と言う名の美少女を生み出した。

 かたや、天性の美貌を誇るダコタ・ブルー・リチャーズ。

     

 そして、もう一方は、天才の子、ダコタ・ファニング。

     

 今回は、このファニング嬢の新作を観に行った。

   ◇

 いい作品であった。

 私は、何の知識もなく、成長したファニング嬢の、少女の終わりの悲しさを堪能しようと映画館に赴いたのだが、

 物語は1960年代、黒人公民権運動を時代背景とした物語だった。

 私は、最近、ちょうど、黒人奴隷問題を扱ったアメリカ製ドラマ『ルーツ』を思い出していた。

     [下らないことを考えている私<ディオとチキン・ジョージ>](クリック!)

 これも、共時性なのだろう。

 しかし、改めて考えると、恐ろしい時代だったものである、人が人を「奴隷」にしちゃってたんだもんなあ。

 やっぱ、白人は信用ならない・・・。

 しかし、もっと異常なのは、最近の日本人である。

 不況とは言え、飽食し、娯楽に倦み、いつしか、人を支配したい、人に支配されたいと言う願望に囚われ、バランスを持った人間関係は崩れ、他者を「支配者」か「奴隷」かの択一でしか見られなくなり、それがいつしか性犯罪へと帰結している。

 アメリカなどは、その性的歪みの発祥の地であるが、日本ほどの熟成をしていない。

    ◇

 この作品では、かつて、『アイ・アム・サム』で、幼女と少女の間の「女」を見事に演じたファニングが、今度は、少女から女性に変わろうとする「女」を見事に演じている。

 いや、この作品の素晴らしいのは、天才であるファニングの、その演技以上の、プライベートな変化を見事に捉えている点なのだ。

 今回の作品でのファースト・コンタクト・・・。

 私は、「ああ、ダコタ・ファニングも大人になっちまったか・・・」と、その美しさの月並みさに嘆かされた。

 しかし、不幸な事故で、父子家庭の一人っ子になったファニング演じるリリィが、父親と画面上に出てくると、その大きさの違い(華奢であること)が比較できて、私は、まだまだ可愛いなと安心するのだ。

 物語は、誕生日の夜中に家を抜け出し、土に埋めていたクッキー缶から、母の思い出を取り出し、夜空を見上げ横になり、それをシャツをはだけさせたおなかに載せて思いにふける・・・、そんなはじまりだ。

 しかし、娘を心配した父親に見つかり、男と逢引でもしていたかのように思われ、床に撒いた荒挽きコーンの上に正座させられると言う体罰を受ける。

 この二つのエピソードは、どちらも、「少女」と「性」をあからさまに示していて、私などは、かなり興味を持つ。

 だが、「少女」の描写パートは、そこで終わる。

 物語のテーマは「少女愛」ではなかったのだ。

   ◇

 その後、オープニングテーマの残滓として、必要となったブラを買いに行く。

 その時に、選挙権を得ようと公民館に赴いた子守の黒人ロザリンへの差別的白人の暴力に遭遇し、それに耐えかね、

 リリィは、そのロザリンと家出、黒人の女性ばかりが住んでいる館に逃げ込み、「少年」の如く奔放に過ごすことになった。

 また、そこで黒人少年と恋などをして、「ティーンエイジャー」の様相も見せる。

 子供になり、少女になり、少年になり、女になる。

 そんな多感な万華鏡のようなファニング嬢の成長を、作り手は見事に活写していた。

 白い肌は病的に可憐で、

 内心とは別に、その視線は、美しく鋭く、無邪気だ。

   ◇

 では、この作品のテーマは何なのだろう?

 難しいのである。

 シンプルな作品なのに、正直、私にはピンとこなかったのだ。

 黒人の公民権運動を背景に見据えた、人を人と等しく見る事の大切さを説く物語なのか?

 あるいは、リリィが、自分を捨てた母親の、記憶定からぬ真実の姿を求める物語なのか?

 その二つが融合し、テーマを為しているはずなのに、どうにも、私は、ファニング嬢の魅力に夢中で、そこまでの深い鑑賞が出来なかった。

 時おり、光を背に、リリィが佇むショットがあるのだが、美しいのである。

 ・・・私が去年までつきあっていた娘は、母子家庭の私生児だったのだが、夜とか話し込むと、「どんな父親だったか分からないけど、とにかく会いたい知りたい」と、感極まってポロポロ涙を流していた。

 だから、難しい物語であったが、私には、リリィの真摯な思いが、その思い出と重なって、共感できた。

 ・・・ともあれ、ファニング嬢、次に銀幕で会う時には、大人になっちゃっていることでしょう。

 少女の時期は刹那、だから、輝くのである・・・。

 PS。この作品、語ったら、優れた点が無数にあるのだが、切りがないので、概観だけを語りました。

 観に行くが良かろうもん!

                        (2009/03/23)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2009-03-23 23:16:46
こんばんは^^
ダコタ・ファニング良かったです。
母親にちゃんと愛されていたことを悟った彼女の顔が急に大人びて、言葉がおかしいかもしれないですが、普通の白人女性に見えました。
可愛らしい→美しいとでもいうのか…。

個人的にはオーガスト役のクイーン・ラティファに癒されました。あの慈愛に満ちた笑顔は、菩薩に通じるものがあるような。いや、顔だけ見るとむしろ大仏…って(違
こんばんはー。 (★しんぽん★)
2009-03-24 00:39:34
TBありがとうございますー。
ダコタ・ファニングはもうすっかり大人な雰囲気が出てましたね。
映画の後半になって、どんどん輝きを放っていく彼女の魅力はすさまじいなーって観ながら思ってました。
苦さと優しさを併せ持った素敵な作品ですよねー。
御二方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-03-24 09:33:27
こんにちは!

>>KLYさん
三姉妹は、それぞれが魅力的でしたね。
メイなんかも、優しい繊細さがよく出てる演技でした。
この作品、作為の見えない自然な『ベンジャミン・バトン』のような、リリィが出会う人物の面白さがありました。

>>★しんぽん★さん
ダコタちゃんは、いきなり大人になっちゃいましたね。
今の外見だけを見ると、そんなに変わってないじゃんと思ってしまうのですが、昔と比べると歴然です。
顔の輪郭なんかはっきりしちゃってまあ(>_<)
目の下のクマや、クイッと上がった口角がよろしいかと。

これからもよろしくお願いします!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
リリィ、はちみつ色の秘密 (LOVE Cinemas 調布)
主演のリリィを演じるのはダコタ・ファニング。リリィが家出して身を寄せる養蜂家の主人オーガストをクイーン・ラティファが演じる。ただ本作の場合、むしろウィル・スミス夫妻がプロデュースしたことの方が話題になっているかもしれません。『7つの贈り物』ではさんざん...
*リリィ、はちみつ色の秘密* (Cartouche)
{{{   ***STORY***            2008年  アメリカ 1964年の夏、14歳のリリィは幼い頃に自分のせいで死んだ母の愛を確かめたくて、父T・レイに黙って旅に出る。制定されたばかりの公民権法の甲斐もなく白人の嫌がらせを受け怪我をした挙げ句...
リリィ、はちみつ色の秘密 (そーれりぽーと)
『着信アリ2』の怨霊リ・リィをダコタ・ファニングが演じる(嘘です)『リリィ、はちみつ色の秘密』を観てきました。 ★★★★ 『着信アリ2』とは何の関係もありません。 舞台は黒人の公民権が認められたばかりでまだまだ差別意識の強かった頃の合衆国。 リリィは幼い...
『リリィ・はちみつ色の秘密』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----いやあ、先週は怒涛の一週間。 フォーンも車に乗ってお出かけ。 子供のとき以来だから、だいじょうぶかな? と、えいも心配していたようだけど、 これが意外と楽しいのニャ。 大きい音がしたりして 怖くなったらいすの下に潜り込むけど、 決して運転の邪魔はしなかっ...
リリィ、はちみつ色の秘密 / The Secret Life of Bees (我想一個人映画美的女人blog)
抱え込んだたくさんの悲しみと、めいっぱいの愛と、きらきらした優しさ詰まった物語。{/m_0150/} 14歳になった主演のダコタちゃんがもうとにかく素晴らしい{/hakushu/} 今さら言うこともなく上手いし、可愛いしで、ダコタ最高{/ee_1/}(←大絶賛{/ee_3/}) 全米で...
リリィ、はちみつ色の秘密 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年3月20日(金) 公開 ★★★★★+α あぁ~もぉなんだかとっても好きだこれ♪ 星5つに+α付けちゃう! 姉妹の名前が暦からっていうのが岡倉姉妹(渡鬼)といっしょね♪ 予定に無かった作品だったのですが、ご覧になら...
「リリィ、はちみつ色の秘密」試写会 (今日という一日。)
「リリィ、はちみつ色の秘密」を観てきました。映画の舞台は1960年代のアメリカ南部。肌の色が違うというだけでレストランに入れなかったり、映画を一緒に見ることができない・・・そんな時代のお話です。 誰もが少なからず心の傷を持っていたり、辛いことがあったりし...
リリィ、はちみつ色の秘密 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ジーナ・プリン
【画像あり】あの天使のようだったダコタ・ファニングが大幅に劣化 (2ちゃんねる映画ブログ)
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1236441781/ 1 : すずめちゃん(神奈川県):2009/03/08(日) 01:03:01.00 ID:XXy3pYY/  ダコタ・ファニングが、1970年代後半に活躍したガールズ・ロックバンド 「ザ・ランナウェイズ」を描...
リリィ、はちみつ色の秘密 (とりあえず、コメントです)
1960年代のアメリカ南部を舞台に、愛を知らずに生きて来た少女の心の成長を描いた作品です。 人種差別に苦しむ黒人たちの姿と共に、笑顔を見せない少女の寂しげな瞳が印象的でした。 幼い頃に母を亡くしたリリィ(ダコタ・ファニング)は無口な父に育てられた女の子。 桃...
映画「リリィ、はちみつ色の秘密」 (Andre's Review)
the secret life of bees アメリカ 2008 09年3月公開  劇場劇賞 画像は洋書原作より 公開を楽しみにしていたのに、あまりプロモーションもされていない様子でちょっと淋しい作品。主演のダコタ・ファニングをはじめとして、女優陣に注目です! 舞台は公民権法が制定さ...
映画* The Secret Life of Bees (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
14歳の少女、リリー。 家を飛び出した夏。 この物語は、以前原作を読んでいたので、今回の映画化がどのようなものになっているのか楽しみでした。 思い切って家を出たリリーが、黒人姉妹の養蜂所で過ごす時間。 幼い頃になくした母の本当の姿、死の真相に近づき、...
「リリィ、はちみつ色の秘密」:西麻布バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}西麻布のランドマークといえば、HOBSON’Sだ。 {/hiyo_en2/}あま~くとろけるようなアイスクリーム。 {/kaeru_en4/}今年いちばん、あま~くとろけるような映画タイトルといえば「リリィ、はちみつ色の秘密」だろう。 {/hiyo_en2/}主演が天才子役のダコタ・フ...
リリィ、はちみつ色の秘密/ダコタ・ファニング (カノンな日々)
予告編を初めて目にした時点でかなり惹かれた作品なんですが、孤独感と喪失感から立ち直り再生する少女の姿を描いたスー・モンク・キッドの小説をウィル・スミスと妻ジェイダ・ピンケット・スミスがプロデュースして映画化した作品です。名子役ダコタ・ファニングとジェニ...
「リリィ、はちみつ色の秘密」 (碧草の風)
「リリィ、はちみつ色の秘密」(2008年 アメリカ映画 監督ジーナ・プリンス・バイスウッド) 心に傷をかかえた少女が、黒人3姉妹との触れ合いを通して成長し、再生していく姿を描いている。 リリィ役のダコタ・ファニングの繊細な演技と、黒人の長女オーガスト役の...
「リリィ、はちみつ色の秘密」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
甘いだけじゃない秘められた蜜の味。リリィは4歳のときに実母と死別した。悲しいことに、彼女の記憶には死の瞬間は鮮烈に残っていたものの、母との愛情の絆については何一つ確かなものがなかった。運命に導かれるように使用人のロザリンと家を飛び出し、たどり着いたのは....
リリィ、はちみつ色の秘密 (心のままに映画の風景)
1964年、アメリカ南部サウスカロライナ州。 14歳の少女リリィ(ダコタ・ファニング)は、4歳の時に誤って拳銃で母親を殺してしまった。 薄情...
『リリィ、はちみつ色の秘密』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1964年の夏、14歳のリリィは幼い頃に自分のせいで死んだ母の愛を確かめたくて、父T・レイに黙って旅に出る。制定されたばかりの公民権法の甲斐もなく白人の嫌がらせを受け怪我をした挙げ句警察に連行された黒人家政婦のロザリンを助け出し、向かった先は母に縁のある町テ
リリィ、はちみつ色の秘密 (5125年映画の旅)
桃農園の娘リリィは、幼い頃に拳銃の暴発によって母親を殺めてしまった事がトラウマになっていた。ある日、父親の暴力に耐えかねたリリィは、黒人家政婦のロザリンと共に家を出て、養蜂場を営む黒人三姉妹の家に身を寄せる。そこは、母親もかつて生活したことのある場所...
リリィ、はちみつ色の秘密 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Secret Life of Bees ジーナ・プリンス=バイスウッド監督、ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、クイーン・ラティファ、ソフィー・オコネドー、ポール・ベタニー。主演はリリィ役のダコタなのに、1964年7月のサウスカロ...
「リリィ、はちみつ色の秘密」見てきました! (粉雪の日々是、映画なり)
まあ一週間ぐらい前から、何度か言ったと思いますが(あれ?ここじゃなかったっけ??
【リリィ、はちみつ色の秘密】 (日々のつぶやき)
監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド 出演:ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、クィーン・ラティファ、ソフィー・オコネドー    母はやさしい人だった。そして私を捨てた。 「10年前に母親の落とした銃を拾って渡そうとした
『リリィ、はちみつ色の秘密』 2009-No16 (映画館で観ましょ♪)
なんたってオーガストを演じたクィーン・ラティファの 大きさと強さと、全てを包み込む優しい演技が良いの。 そして、 ダコ...
リリィ、はちみつ色の秘密 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
14歳の夏__それはリリィにとって特別な夏だった。 4才のとき、自分の過ちで大好きな母を失ったリリィ、それから10年、心の傷にたったひとりで耐え続けてきた彼女の胸には、いつもひとつの大きな疑問が浮かんでいた。 「母は、私を本当に愛してくれていたの?...
『リリィ、はちみつ色の秘密』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
新宿明治安田生命ホールに、『リリィ、はちみつ色の秘密』の試写会で行ってきました。 今回の試写会は、この『リリィ、はちみつ色の秘密』のPRを担っている学生さんの有志団体「チームリリィ」の方にお声かけいただいて、参加させていただきました。 「チームリリィ」の...
リリィ、はちみつ色の秘密 (銅版画制作の日々)
 原題:The Secret Life Of Bees 京都での上映はないと思って諦めていた作品「リリィ、はちみつ色の秘密」がRCSで公開された。主演はダコタちゃん。天才子役として注目を浴びている彼女も、今年15歳だそうで・・・・。大きくなっちゃった!そんな彼女の10年後は...
「リリィ、はちみつ色の秘密」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
蜂蜜の色って、ほんとに綺麗だなぁ~・・
リリィ、はちみつ色の秘密 [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE SECRET LIFE OF BEES公開:2009/03/20製作国:アメリカ上映時間:110分監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド出演:クイーン・ラティファ、ダコタ・ファニング、ジェニファー・ハドソン、アリシア・キーズ、ソフィー・オコネドー、ポール・ベタニー、ヒラリー・...