『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ランボー・最後の戦場』を観た(前篇)]

2008-05-25 22:00:54 | 物語の感想
☆桑田佳祐は凄い。

サザンを結成してから30周年が経つが、いつも変わらずに、いい楽曲を提供し続けてくれている。

変わらないということは、時代に合わせて、常に変わり続けているということだ。

趣きは違うが、私は、スタローンにも、同じ思いを感じる。

やはり30年以上活躍し続けており、時代は巡り、人の情動にも変化があるだろうに、常に、人間の感情を最高潮に盛り上げる作劇の作品を撮り続けてくれている。

   ◇   ◇

昨年の良作『ロッキー・ザ・ファイナル』(クリック!)に続いて、スタローンの代名詞「ランボー」、その二十年ぶりの新作である。

相変わらず、最小限の物語的起伏で、こちらの感情を盛り上げてくれる。

だが、作品全体を通して、こじんまりとした印象を感じた。

それは、前時代的な兵器を用いるミャンマー軍が相手だからであろう。

州警察(『1』)やベトナム軍(『2』)、ソビエト軍(『3』)に比べ、ハイテク性に欠けた敵であった。

それ故に、つくりものではない、生々しい戦場が感じられた。

私は、それで戦争のリアリティの切れ味が増したと肯定的に捉えている・・・。

   ◇   ◇

そのリアリティとは、何に代表されるのだろうか・・・。

・・・「肉片」と「腐臭」であった。

この作品で描かれるミャンマー軍は、極悪非道であった。

『プライベート・ライアン(1998)』以降、『ブラックホーク・ダウン』など、戦場での臨場感は、解像度の高い映像、大気を振動させる音響で、これでもかと表現されてきた。

(厳密にはジャンルは違うが^^;)それ以前の戦争映画『ランボー3』までなどと、格段なる表現の隔たりが見られよう。

しかし、今回の『ランボー』は、その臨場感ある映像表現の洗礼を受けた後の戦場を「肉片」と「腐臭」で表現してくれた。

それは、バーホーベンが『スターシップ・トゥルーパーズ』で示したものと似ていよう。

あの作品の、夥しき「肉片」の散乱こそが、バーホーベンは、「幼き日に経験した戦場の姿だった」と語っている。

スタローンは、謙虚な人間である。

先の大戦の経験はないにせよ、充分なリサーチを行い、バーホーベンの言うが如き「肉片」に、「腐臭」をプラスし、戦場のリアリティとしたのだろう。

・・・「戦場のリアリティ」などと、作劇テクニックのように記すことこそ失礼だろう。

スタローンは、今回の物語の中でランボーを、「暴力をもって暴力を駆逐する(理想主義者たちの)守護者」として描いている。

ミャンマー軍の残虐を<現実>として描き、ランボーの非情な応戦を<現実>として描き、そして、やや老いたランボーは、その理想主義者にも「現実には必要となる防衛としての暴力」を行使させる羽目になる。

悲劇の物語である。

しかし、スタローンは、何よりもエンターテイナーである。

ミャンマー軍を悪鬼羅刹に描いている故に、ランボーの活躍に、私は大きなカタルシスを得るのだ。

   ◇   ◇

今回の物語は、あえて、ステロタイプな展開を外している点もあった。

例えば、冒頭のスネークハンターとしてのランボーのシーン。

従来のスタローンだったら、もっとねちっこく、コブラとランボーの対決を描いていただろう(例:『3』の冒頭の賭けファイト)。

しかし、そこでの盛り上げはなく、ランボーは淡々とスネークハントの仕事をこなしている。

私は、スタローン、ランボーともどもの老いと感じた^^

だが、鍛冶場のシーンなど、アクション要素のないシーンで、妙に画面に引き込まれる。

これこそが、スタローンの老成なのだろう。

   ◇   ◇

ランボーは、ミャンマーに入りたいからガイドをしてくれとの、白人のキリスト教支援団の依頼を逡巡の末に受ける。

しかし、タイからミャンマーへと船で進んで行く中で、海賊に出くわす。

ランボーは、諦観を秘めつつ、海賊と話し合おうとする・・・。

当然ながら、そんな話を聞いてくれる相手ではない。

行き詰る「刹那」が流れる・・・。

『最後の戦場』には、そのような「時間の凍結」が何度も描かれる。

ランボーは、西部劇の抜き打ちのような素早さで、相手たちを瞬殺する。

・・・これが、今回のランボーの切れ味である。

   ◇   ◇

更に、ランボーは、支援団を送り届けた後、川に浮かんだままの海賊船の処理(死体も含め)をする。

火葬に付すのだ。

こんな、アフターケアに気を使う性格ではなかったはずだが・・・^^;

シリーズの中でランボーは、「やったらやりっぱなし」のハズだったが・・・。

20年の時の流れは、ランボーの仕事に、きめ細やかを加えていた。

         (『ランボー』感想、続きます^^v 2008/05/25)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-05-27 13:23:17
今日は散歩によって見ました(*^_^*)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ランボー 最後の戦場 99点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
元コブラがコブラを捕まえる 公式サイト ロッキーと並ぶシルベスター・スタローンの看板シリーズの、88年『怒りのアフガン』より20年ぶりとなる最新作。ロッキーの最新作『ザ・フィナル』の原題が『ROCKY BALBOA』だったのと同様、本策の原題も『JOHN RAMBO』と主人公...
ランボー 最後の戦場 (ダイターンクラッシュ!!)
5月24日(土) 20:40~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『ランボー 最後の戦場』公式サイト 60歳のスタ公、奮闘。 実は、前3作は見ていないんだが・・・ ストーリー無し。ミャンマーに支援に行ったはいいが、軍隊に...
ナルニア国物語第2章カスピアン王子の角笛 (めでぃあみっくす)
上映時間150分しっかり楽しめる映画ではあるのですが、原作が児童文学で映画制作がディズニーということもあってか、内容はかなりお子様向けって感じが予想以上に強かったです。主人公の兄弟姉妹も相変わらず魅力なしに加え、今回は特に兄と姉の成長のなさぶりがかなり際...
『ランボー 最後の戦場』 (ラムの大通り)
(原題:John Rambo) ----この映画ってRー15指定になったんだよね。 「うん。ここまでやっちゃえば、それも仕方ないかなあ」 ----そんなに激しいの? 「ここまでの大量血飛沫は “ブラッド・バレエ”と言われた『ワイルドバンチ』以来じゃないかな。 あちらは、まだ銃撃...
ランボー最後の戦場 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
20年ぶり、ランボー復活!!__怒りに満ちた人生を見届けろ!! かつて母国アメリカの仕打ちにいらだち、立ち向かっていった男は、いつしか義のために戦い、民衆を救うヒーローへと変貌を遂げた。 しかし、あらゆるものに対する怒りは、今なお消えることはない。...
ランボー 最後の戦場 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1982年、アメリカ―――――自らの尊厳のため 1985年、ベトナム―――――幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン――唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー――――すべてに決着をつけるため 最後の戦場は、男に何を与え、何を奪うのか?』  ●関連作品レ...
「ランボー 最後の戦場」 (みんなシネマいいのに!)
 今まで何度も噂されていたシリーズ4作目だが、まさかまさかの約20年ぶりの公開!
ランボー 最後の戦場~No Country For Old Rambo (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。シルベスター・スタローン監督・主演、ジュリー・ベンツ、マシュー・マースデ、グレアム・マクタビッシュ、レイ・ガイエゴス、ティム・カン、ジェイク・ラ・ボッツ。「無駄に生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ」は「ノーカントリー」のシガーのコイ...
ランボー 最後の戦場 (ネタバレ映画館)
ブラックスネーク、カモン
★「ランボー 最後の戦場」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは・・・ 「ナルニア~」の第二話を観ようと思ったけど、遅くなっちゃうので、 さっさと観れた本作を鑑賞。 戦闘アクションものはあまり得意じゃないんだけど・・・ ランボー作るのも最後らしいし・・・。
劇場鑑賞「ランボー最後の戦場」 (日々“是”精進!)
「ランボー最後の戦場」を鑑賞してきました「ロッキー・ザ・ファイナル」で世界を沸かせたスタローンが、もうひとつの代表作「ランボー」の最新作も製作!物語のベースは、実際に60年間続いているミャンマーの内戦。自ら監督も務めたスタローンは、「この現実を世界に見...
ランボー 最後の戦場 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 RAMBO 上映時間 90分 製作年度 2008年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/05/24 監督 シルヴェスター・スタローン 音楽 ブライアン・タイラー 脚本 シルヴェスター・スタローン、アート・モンテラステリ 出演 シルヴェスター・スタローン、 ジュリー・ベンツ ...
ランボー 最後の戦場 (映画感想つれづれ日記)
ベトナム戦争に参加した兵士の悲しい現実を映画化した「ランボー」
ランボー 最後の戦場 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 冒頭、ミャンマーの一般市民への本物の迫害映像に驚きました。
ランボー/最後の戦場 (Akira's VOICE)
暴れすぎてメッセージが霧散。  
ランボー 最後の戦場 (映画鑑賞★日記・・・)
【RAMBO】R-152008/05/24公開製作国:アメリカ監督:シルヴェスター・スタローン出演:シルヴェスター・スタローン、ジュリー・ベンツ、ポール・シュルツ、マシュー・マースデン、グレアム・マクタヴィッシュ “ムダに生きるか、何かのために死ぬか、お前が決めろ。”
「ランボー 最後の戦場」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ランボー 最後の戦場」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シルヴェスター・スタローン、マシュー・マースデン、グレアム・マクタヴィッシュ、レイ・ガイエゴス、ティム・カン、ジェイク・ラ・ボッツ、ジュリー・ベンツ、ポール・シュルツ、...
ランボー 最後の戦場(2008年) (勝手に映画評)
ランボー、20年ぶりの復活。 復活の地は、軍事政権より統治されているミャンマー。先ごろ、強烈なハリケーンに見舞われたにもかかわらず、国際社会からの援助を拒否し、世界中から非難を浴びているのは周知の通りですが、映画の公開の時期に対して、余りにもタイミングが...
「ランボー 最後の戦場」 怒りの大魔神 (はらやんの映画徒然草)
やや語弊があるかもしれないのですが、痛快な映画と言ってもいいかもしれません。 戦
ランボー 最後の戦場 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 原題:RAMBO 監督:シルベスター・スタローン 出演:シルベスター・スタローン    ジュリー・ベンツ    ポール・シュルツ    マシュー・マースデン    グレアム・マクダビッシュ    ケン・ハワー...
ランボー 最後の戦場 (☆A・B・CINEMA☆)
「ランボー 最後の戦場」「ランボー 最後の戦場」を八戸フォーラムで鑑賞。“世界最強の一人軍隊(ワンマン・アーミー)”が帰って来た!≪Story≫元グリーンベレーでベトナム戦争の英雄、ジョン・ランボー。帰還兵に冷酷なアメリカを遠く離れ、タイ北部の山地の村で孤....
ランボー「最後の戦場」★★★★ (好きな映画をさがして!)
今大変な事になっている軍事政権のビルマ(ミャンマー)が舞台の戦争アクションです。 ランボー 最後の戦場 監督:シルベスター・スタロ...
ランボー 最後の戦場 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
グランディーババレエ団をみてきたよ。本質的に男には興味ないのだが、「夜の密会」という演目が面白かった。
ランボー最後の戦場☆観たっ!! (せるふぉん☆こだわりの日記)
昨日、5月24日(土)公開初日に「ランボー 最後の戦場」を観てきました。 昨日は
『ランボー 最後の戦場』」2008・5・25に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ランボー 最後の戦場』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ベトナム戦争の英雄ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、帰還兵を冷遇する祖国離れ、タイ北部のジャングル地帯でひっそりと暮らしていた。隣国ミャンマーでの長年の内戦で窮地...
【映画】 ランボー 最後の戦場 (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「ランボー 最後の戦場」 タイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト...
5/27 ランボー 最後の戦場 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
●本日、新宿にて鑑賞。 毒ギョーザ事件から聖火に地震と、外国といえば中国一色の状況で、ビルマという舞台設定は正直ピンとこないとこもあるが(ピンとこないのは私だけか?)、もう何年も前から少数民族への弾圧(それと国民による反政府活動)が行われているのは紛れも...
ランボー 最後の戦場 (迷宮映画館)
ランボーな人の登場です。
『ランボー 最後の戦場』 (Rambo) (Mooovingな日々)
ランボー最後の戦場を見ました。監督主演はもちろんシルベスタスタローン。 軍事政権のミャンマー。少数民族の迫害に支援団体がボランティアをしていた。そのひとりサラと知り合いになったランボーは、日々淡々とすごしていた。しかし彼女が軍に拉致され、5人の特殊部隊...
映画『ランボー 最後の戦場』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
『ランボー 3』を観たのは確か中学生の頃。現実味ある世界情勢を盛り込んでいた作品
ランボー 最後の戦場 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★★ http://rambo.gyao.jp/ (ランボー 最
【2008-125】ランボー 最後の戦場 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 1982年、アメリカ───自らの尊厳のため 1985年、ベトナム───幾多の戦友のため 1988年、アフガニスタン──唯一の理解者のため 2008年、ミャンマー───すべてに決着をつけるため ムダに生きるか、何かのために死ぬか──...
「ランボー 最後の戦場」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
自分が何者であるか、そんな事は何も言わなくても、ツワモノの傭兵に「只者ではない」と思わせてしまうのが、ランボー。ここで「彼は、実は・・」みたいに説明を入れない所がスタローンの上手さ。大味とか盛り上がりに欠けるとか、エラそうに言う人は一杯いるけれど・・こ...
【映画】ランボー 最後の戦場 (新!やさぐれ日記)
■動機 「ロッキー・ザ・ファイナル」が面白かったので ■感想 ランボーってこんなにかっこよかったっけ? ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 見世物小屋の下働きとして働くランボー(シルヴェスター・スタローン)はアメリカのNGOからミャンマー行き...
『ランボー 最後の戦場』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ランボー 最後の戦場」□監督・脚本: シルベスター・スタローン □脚本: アート・モンテラステリ □キャスト シルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、ポール・シュルツ、ジュリー・ベンツ、ジェームズ・ブローリン、グレアム・...
ランボー 最後の戦場 (アートの片隅で)
「ランボー 最後の戦場」の試写会に行って来ました。 なんと20年振りのシリーズ新作だそうです。 確かシリーズは全部観ていた筈だけど、あまり記憶に残ってない、、、(>▽▽▽コチラをどうぞ♪♪
ランボー 最後の戦場 (Rambo) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 シルヴェスター・スタローン 主演 シルヴェスター・スタローン 2008年 アメリカ/ドイツ映画 90分 アクション 採点★★★ ずぼらで大雑把な性格が災いしてか、何事に対してもスロースターターな私。動かざること、山の如し。まぁ、ただボヘーっとしているわけでもな...
「ランボー 最後の戦場」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
凄いリアルな描写にうわぁ~・・・でした
「ランボー 最後の戦場」 (シネマ・ワンダーランド)
あの孤高の戦士、ランボーが20年ぶりに帰ってきたー。ベトナム帰還兵であり無敵のジョン・ランボーが混迷する21世紀で、世界一残忍な軍隊として恐れられるミャンマー軍事政権に5人の傭兵とともに敢然と戦いを挑む。シリーズ4作目となる本作のタイトルは「ランボー ...