『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『G.I.ジョー』を観た]

2009-08-09 20:59:27 | 物語の感想
☆監督が『ハムナプトラ』シリーズの人だそうで、面白いのだろうけど、A級アクション作品には成りきれない匂いがプンプンしているのだが、さて、どうであったか?

 なお、腐女子の姪っ子と観に行ったのだが、「腐」故に、姪っ子は声優へのこだわりが大きく、今回は吹き替え版で見た。

 ちなみに、私は映画好きとしては言語道断ではあるが、あまり洋画鑑賞における「字幕版」へのこだわりはない。

 特に、特撮がビシバシの作品は、吹き替えのほうが画面に集中できるのでいい。

 ・・・と、言いたいのだが、実際のところ、字幕版のほうが、字幕スーパーと画面に「もの凄く集中」するので、そこにおける脳への負荷が、心に深く残ったりもするんだよね。

   ◇

 意外に…、と言うか、かなり面白かった。

 この感触は、確かに『ハムナプトラ』シリーズと似ている。

 見た直後は、その、破綻のない、堅実な、盛り沢山な内容の作りに感心してしまうのだ。

 が、しばらく経つと、その平均的な起伏のなさに、何とも平坦だった印象を抱かされ、評価が「凡作」へと移行していく。

 それは何故かと考えると、アクション映画を印象付ける「燃える(萌える)もの」が、この作品にはないからかもしれない。

 全てのシーンが平均的に面白いのだが、突出したものがないのだ。

 一つ挙げれば、この物語には、<G.Iジョー>チームたちが命を落とす緊迫感がない。

 中盤の、パリ市外を舞台にした大アクションがあり、ここでは、<GIジョー>チームの特殊スーツを着込んだスピーディーなアクションがある。

 スピーディーなアクションを高速に見せるためには、それ相応の表現技術が必要であり、私は、この作品において、非常に斬新な、『マトリックス』や『ソードフィッシュ』などとはまた異なった表現技術を見せられ、非常に感心させられたのだが、

 同時に、主人公たちに、けして命の危険がない緊張感のなさも感じた。

 「自分の身を投げる」かのような捨て身チックな動きや、パリ市外の通りを行き交う車両の破壊の数など、ハンパじゃない魅力を感じもしたのだが・・・。

 クライマックスの戦いは、それはもうスケールが大きく、私は、その陸海空での戦いに感心したのものだが、悲しいかな、そこには全く緊迫感がなかった。

 描写に、ネチっこさがない。

 完全にデジタライズされた、血の通わないクライマックスがそこにあった。

 そこにおいての部分部分でのアクションは、もはや、記号体でしかない。

 心からの手に汗握るアクションなどは望むべくもないものだった。

   ◇

 ただ、見過ごせない長所も多数ある。

 敵味方問わず、メインの役柄の来歴をちゃんと描いている点だ。

 おそらく、この作品、アクションだけならば、一時間半の作品であっただろうが、敵味方問わず、キャラクターたちの過去をヴァラエティ豊かにちゃんと描いているので、個々の役柄に愛着が湧くのである。

 また、それが、いかにもアメコミのキャラクターの如く、一人一人で一枚看板を張れるかのごとき個性を発揮する。

 「コマンダー」とか「デストロ」「ザビタン」「ストームシャドー」など、『バットマン』の「ジョーカー」や「リドラー」「ペンギン」みたいなイメージを醸す。

 だが、同時に、どちらかと言うと、玩具キャラクターに過ぎない<G.Iジョー>チームなので、そのアメコミ的な語り口が鼻につく感じもある。

   ◇

 <G.Iジョー>基地などは、あまりにもケレン味あり過ぎて、B級風味がたっぷりであったが、あのような描写は、私、好きである。

 また、冒頭に、安易にナノ兵器が悪の組織コブラに強奪されるのではなく、いったん、<G.Iジョー>基地に確保された後に、「安易」に強奪されるという捻った展開は良かった。

 更に、その強奪されたナノ兵器だが、そのまま使用されるのではなく、どこかの研究所の加速器みたいので実用化されると言うプロセスを踏むのにもリアルが感じられた。

 ただ、加速器(なのか?^^;)の中で、ナノ兵器のカートリッジそのものがクルクル回転している図を見せられると、この作品自体の「B級」具合が「確信犯」であることが分かる^^;

 主人公デュークは、悪の組織コブラの女幹部バロネスの元恋人なのだが、その悪女然とした恋人が、最期の最後で、やはり主人公を見捨てられないという展開は、私には好感が持てた。

 また、パリのパートで、逃亡するバロネスが、逃げ込んだ先のエレベーターで居合わせた女の靴を見て、「あら、いいの履いてるじゃない」と言うシーンがあるが、こういった一言で、私は途端に、その役の性格が垣間見られ、思い入れが深くなってしまう。

 いいセリフだったと思う。

 そこから、私は、やや薹が立った印象のバロネスが魅力的に見えてしょうがなかった。

   ◇

 それから、イ・ビョンホンのファンに朗報!

 ストームシャドーは、因縁の対決でスネークアイズに仕留められたが、死体があがっていないので、多分、続篇に復活して出てくるので安心してくれ^^;

                                  (2009/08/09)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [よりぬきフィジーさん 《F... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あはは! (KLY)
2009-08-10 00:20:16
やっぱりスティーヴン・ソマーズ監督はさすがですよ。蘭さんに突っ込みいれさせるとはね。(笑)でも私の感想も蘭さんと同じ感じです。面白いとは思うし、あのスーツのアクションなんか結構斬新なんだけど、観終わってから「あれぇ・・・^^;?」というか。余りにも強弱ないですからねぇ。
あのくるくる回ってるのも加速器って、んなあほな!って思いましたし。どう見てもそれただのターンテーブルだろ!と。(笑)
色んな方の記事を観て、突っ込み所を読んでは笑ってるんですが、今のところのヒットは「司ホーク将軍が驚くほど何もしていない!」ってヤツでした。
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭@仕事中)
2009-08-10 13:34:20
こんにちわ(^O^)

あのクルクル回るナノ兵器活性機は、『フラッシュダンス』のジェニファー・ビールスのダンスをモチーフとしております(嘘)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「G.I.ジョー」 (日々“是”精進!)
「G.I.ジョー」を鑑賞してきましたアメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生したTVアニメ・シリーズ「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写映画化したアクション・エンタテインメント。様々なガジェットを駆使する史上最強の...
G.I.ジョー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この戦い、かなり刺激的。』  コチラの「G.I.ジョー」は、50年の歴史を持つアクション・フィギュアの世界を実写映画化した8/7公開のアクションなのですが、早速公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ~♪予告で使われていたアクション・シーンは確かに”...
G.I.ジョー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
派手そうな映画だなぁ~どんなもんかしら?【story】世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させ、あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を...
ゴー、『G.I.ジョー』! (映画のブログ)
 80年代半ば、相次ぐ日米合作アニメの製作が話題になった。ハズブロ社の玩具展開用アニメの『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』と...
G.I.ジョー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 「じ~あいじぇ~ん、おとな一枚!」「もういちど要望を!?」
G.I.ジョー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
加速装置付のハイパースーツを着た世界中から選抜された機密組織「G.I.ジョー」は、今までに見たアクション映画のスピード感を超越している。基本的に、体を使ったアクションなのでカンフー映画の延長上にある。音速を超える飛行機も登場するが、丁寧な描写によって実際に...
G.I.ジョー (生まれてから今まで観てきた映画全部)
久しぶりに映画を観てきました。もちろん「G.I.ジョー」ですよ。いや本当は他にも観たい物はあったのですが、何となく何も考えなくて観れそう...
G.I.ジョー (2009) G.I. JOE: THE RISE OF COBRA 118分 (極私的映画論+α)
まさに「矛盾」です(笑)
映画 【G.I.ジョー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「G.I.ジョー」 人気フィギュアから派生した1980年代のテレビアニメ「地上最強のエキスパート・チームG.I.ジョー」をベースにした実写作品。 おはなし:世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を...
G.I.ジョー (そーれりぽーと)
『G.I.ジョー』って、米国の女の子が可愛いバービーで遊ぶように、男の子がカッコイイ兄ちゃんの人形でお人形さん遊びするアレでしょ?日本じゃ考えられない文化だけど。 男の子用人形って、日本ではロボットとか戦隊ヒーローモノ、もしくはウルトラマンやら筋肉マンやら...
G.I.ジョー/G.I.JOE: The Rise of Cobra (いい加減社長の映画日記)
金曜日、仕事で出かけた横浜から、豊島園に直行。 途中、新宿あたりで大雨になり、どうなることかと思ったけど。 豊島園到着時には、小雨になっていて、無事(?)「G.I.ジョー」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、雨のせいか、金曜日のレイトショーにしても、人は少なめ。 ...
『G.I.ジョー』・・・B級ならではの醍醐味を楽しめれば (SOARのパストラーレ♪)
観る前の期待感と観た後の失望感、その落差の度合いという点では今年これまでに劇場鑑賞した35作品中文句なしの一等賞である(笑)
G.I.ジョー (だらだら無気力ブログ)
アメリカの人気ミリタリーフィギュアから派生したTVアニメ「地上最強の エキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写化したアクションB級映画。 悪の組織コブラと国際機密舞台G.I.ジョーとの壮絶な戦いを描く。NATOの資金で開発した最強兵器ナノマイトが兵器メーカ...
G.I.ジョー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:G.I. Joe: The Rise of Cobra。スティーヴン・ソマーズ監督、チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド。物語というより近未来戦争のショーウィンドウ、というか近未来武...
G.I. ジョー / G.I. Joe: The Rise of Cobra (うだるありぞな)
今回は、アメリカントーイの代表作品「G.I. Joe: The Rise of Cobra / G.I. ジョー」 ランキングに参加してます。    あらゆるものを破壊する力を持つ兵器ナノマイトによって、悪の組織“コブラ”は世界征服を企む。 彼らの手でパリのエッフェル塔が破壊され、ア...
G.I.ジョー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:G.I.JOE:THE RISE OF COBRA) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 第2次世界大戦時にコミックとして誕生し、1964年にアクションフィギュアが発売。 1985~1987年にアニメ「地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー」が放送され、1990~1992年には...
「G.I.ジョー」 荒唐無稽、一気呵成 (はらやんの映画徒然草)
「G.I.ジョー」というと、兵隊さんのお人形というイメージ(古っ!)があるのです
映画「G.I.ジョー(字幕版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『G.I.ジョー』を観て来ました。採点はちょっとおまけの★★☆☆☆(5点満点中2点)です。 今日は日米同時公開初日って事で字幕版。予告編を見て、ド派手なアクションとVFXを期待して行っただけで、できるだけ事前情報なしに行きました。それが良くなかったのか、...
G.I.ジョー (だめ男のだめ日記)
「G.I.ジョー」監督スティーヴン・ソマーズ出演*チャニング・テイタム(デューク)*レイチェル・ニコルズ(スカーレット)*マーロン・ウェイアンズ(リップ・コード)*シエナ・ミラー(バロネス)*レイ・パーク(スネークアイズ)*イ・ビョンホン(ストームシャドー)*ジ....
G.I.ジョー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:G.I. JOE: THE RISE OF COBRA公開:2009/08/07製作国:アメリカ上映時間:118分鑑賞日:2009/08/07監督:スティーヴン・ソマーズ出演:  チャニング・テイタム/デューク  レイチェル・ニコルズ/スカーレット  マーロン・ウェイアンズ/リップ・コード  シ...
「G.I.ジョー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「G.I.ジョー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:チャニング・テイタム、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、シエナ・ミラー、レイ・パーク、イ・ビョンホン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、アドウェール・アキノエ=アグ...
「G.I.ジョー」みた。 (たいむのひとりごと)
こちらも続編をやるき満々なようだ。日本では20数年前にTVアニメが放送されていた「G.I.ジョー」。よって「G.I.ジョー」の名には聞き覚えがあるのだけど、まったく見ていなかったことから初めて見るのと
G.I.ジョー (りらの感想日記♪)
【G.I.ジョー】 ★★★☆ 映画(24) ストーリー ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ
『G.I.ジョー』 ('09初鑑賞104・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 8月8日(土) OSシネマズ ミント神戸  スクリーン7にて 15:30の回を鑑賞。
G.I.ジョー☆★G.I. JOE: THE RISE OF COBRA (銅版画制作の日々)
 この戦い、かなり刺激的。 8月8日、MOVX京都にて鑑賞。土曜日で、公開されて2日目ということもあってか、ほぼ満席状態でした。G.I.ジョーといえば、フィギュアでした。女の子はバービー人形で遊んだ記憶があると思うのですが。男の子向けの玩具がこのG.I.ジョーで...
G.I.ジョー見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
六本木ヒルズのTOHOシネマズでG.I.ジョーを見てきました。 6回分ポイントが貯まってたので無料で。 イ・ビョン・ホンのハリウッド進出作品なんですね。 白いニンジャ役でした。
G.I.ジョー・・・・・評価額1300円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今時珍しい脳味噌筋肉系の大バカアクション映画。 「G.I.ジョー」というタイトルからは、60年代生まれの私の世代は戦争映画を連想してしまうが...
G.I.ジョー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[G.I.ジョー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年71本目(66作品)です。 【あらすじ】 巨大軍事企業NARS産業の工場から究極の化学物質「ナノマイト弾頭弾」の輸送をしていたNATO特殊部隊のデューク(チャニング...
【G.Iジョー】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ソマーズ 出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、デニス・クエイド、レイチェル・ニコルズ   この戦い、かなり刺激的。 「NATO特殊部隊のデュークとリップコードは細胞破壊のために開発したウィルス兵器ナノマイト
「G.I.ジョー」燃える!“おっとこの子のための映画!” (シネマ親父の“日々是妄言”)
[G.I.ジョー] ブログ村キーワード  この夏、最高のアクション超大作!「G.I.ジョー」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。ハッキリ言って、“超おバカ映画”ですよ。でも、こんなのは日本では作れません。コレ作っちゃうんですもんね~。さすがハリウ...
G.I.ジョー (Akira's VOICE)
「スターウォーズ」のパロディ?  
レビュー:G.I.ジョー (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[エンターテインメント大作][アクション][現実世界を舞台にしたSF][突っ込んだら負け][洋画][実写][スコープサイズ][122分] エンタメ度:★★★★★ ファミリー向け:★★★★☆ 公開日: 2009年8月7日 監督: スティーブン・ソマーズ ...
G.I.ジョー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
世界を救っているのか、ブッ壊しているのか、区別がつかない超ド級のアクション映画は、人気ミリタリー・フィギュア・シリーズの実写映画化。近未来を舞台に、破壊兵器ナノマイトを奪った悪のテロ組織コブラに、国際機密部隊G.I.ジョーが立ち向かう。だが、隊員のリーダー...
[映画][劇場公開]G.I.ジョー 80点 (さとうれおはオレだけか)
いきなり「地球が静止する日」のような攻撃を見せられますが製作費が倍なだけあってパニックシーンも凄かった。 全編アクションでニンジャの話とかはなにがしたいのかよくわからないが退屈はしないでしょう。 パリでの追いかけっこは見たことのない映像で最新のゲーム機...
G.I.ジョー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『トランスフォーマー』の製作陣と『ハムナプトラ』の監督が組んだハイパー・アクション・ムービー『G.I.ジョー』。『トランスフォーマー』と同様、ハズブロ社の人気玩具を下敷きにしたハリウッド映画だ。 物語:戦車、飛行機、建物など、金属ならなんでも瞬時に食い...
★「G.I.ジョー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 このタイトルって、軍人ヒーローの名前なのかと思ってたら、 いつの間にか、特殊部隊の名前になってたのね。 原題も「G.I. JOE: THE RISE OF COBRA」。 2009年製作のヒーロー系アクション、118分もの。
G.I.ジョー (Memoirs_of_dai)
まさかの二番煎じ 【Story】 世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最...
G.I.ジョー お金が掛かった仮面ライダーシリーズみたい (労組書記長社労士のブログ)
 衆議院選挙前哨戦もたけなわで、先日はうちの労働組合の中央委員会の前段に、推薦している候補者を招いて決起集会を開催、候補者本人8名、代理4名が来て頂いて順に決意を述べてもらい、最後にみんなでガンバロー三唱、なかなか盛り上がった。 それぞれの選挙対策本部で...
●G.I.ジョー(34) (映画とワンピースのこでまり日記)
なんで観客の年齢層高いんだ・・・?あ・・・イ・ビョンホンか・・・。
映画 「G . I . ジョー」 の感想です。 (MOVIE レビュー)
「G.I.ジョー」を観てきました。と言っても「HACHI」を観た45分後位の時間差で、この「G.I.ジョー」を観ると言う荒技の2本立てで観たんですよ!{/face_ase2/} 内容的には真逆の感動物映画の後にこの映画を観たからと言う訳でもないですが、ちょっと全編にチープ感が漂う...
G.I.ジョー (人生楽ありゃ苦もあるさ)
期待に反していや~結構面白かったわ~って言う感じです。 魂に訴える作品ではないが...
G.I.ジョー (映画君の毎日)
●ストーリー●世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界...
G.I.ジョー (マー坊君の映画ぶろぐ)
「G.I.ジョー」監督:スティーヴン・ソマーズ出演:チャニング・テイタムシエナ・ミラーイ・ビョンホンレイチェル・ニコルズマーロン・ウェイアンズデニス・クエイドレイ・パーク配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン概要:1990年代、世界征服をたくらむ悪の組織“コ...
G.I.ジョー (Movies 1-800)
G.I. Joe: The Rise of Cobra (2009年) 監督:スティーブン・ソマーズ 出演:チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、マーロン・ウェイアンズ、レイチェル・ニコルズ アメリカの人気フィギアから生まれたTVアニメを元に実写映画化したアクション映画。 現代科学の域を超...
映画「G.I.ジョー」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 TOHOシネマズでは“TOHOシネマズデイ”と称して毎月14日に¥1000興行を行っている。「G.I.ジョー」を上映しているスクリーン4はお盆休みと重なり満員御礼の満席だ。男女比は男8:女2と言うシネコンでは珍しい、圧倒的に男だらけの熱気に包まれた上...
G.I.ジョー(2009アメリカ) (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:G.I. JOE: THE RISE OF COBRA(2009年アメリカ
トランスポーター3 (客道)
本日3本目! …入間で観てたらスーパーレイトがあったのでしょうが、仕方ない…南古
G.I.ジョー (週末映画!)
映画 G.I.ジョー の感想・評論のまとめ
G.I.ジョー (2ちゃんねる映画ブログ)
【地上最強の】G.I.ジョー【エキスパートチーム】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1245554597/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/06/21(日) 12:23:17 ID:Asb...
「G.I.ジョー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
突っ込みどころはあれど、思いがけず楽しめました♪
【映画】G.I.ジョー…僕は人形好き・母はビョンホナー (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
定時で帰れているとはいえお仕事は盛り沢山 ここ最近は某有名アニメとも(仕事で)格闘中のピロEKです(割とツラめ) 今日は特に近況らしいモノも御座いませんので早速映画観賞記録です。 「G.I.ジョー」 (監督:スティーヴン・ソマーズ、出演:チャニング・テイ...