『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『のぼうの城』を観た(寸評)]

2012-11-03 01:13:26 | 物語の感想

☆秀吉の小田原征伐の時代、北条方についていた支城が一つ、成田家の忍城は、石田三成率いる二万の軍勢を前にして、降伏か戦うかの決断を迫られる。

 領民から「でくのぼう」の「のぼう様」と慕われていた成田長親は、暫定的に当主となり、500人の兵での、勝ち目のない戦いをはじめるのだった。

 狂言師・野村萬斎演じる成田長親は、子供や農民と戯れて日がな一日を過ごすような飄々とした人物、その大きな生きるテーマみたいなものも見えないのだが、それは、もしかして、こちら(私ね)の許容範囲を超えた人物として描かれているからかも知れない。

 ただ、その妙な魅力は、こちらの興味を惹きつけ続ける。

 対する石田三成(上地雄輔)だが、大谷吉継(山田孝之)が好意的に言うとおり、「わっぱ(子供)のような正義を振りかざす」、義を重んじるなかなかの好人物として描かれている。

 が、この石田三成も、成田長親とは違った意味で、ずいぶんと簡単に「城の水攻め」を決めたり、長親の、挑発の意味の田楽踊りに対し、射殺を命じたりと、いまいち、キャラクターの整合性に欠ける時もあった(そもそも、歴史上の人物は往々にしてつじつまの合わないことをするものだが)。

 しかし、最近の邦画は、CG技術の普及により、作品の予算の大小は問われず、戦場となる忍城近辺を、リアルな大スペクタクル映像で見せてくれる。

 主に特撮のほうを担当しただろう、ダブル監督が一人・樋口真嗣の力が大きいように思えて、

 忍城の家臣らや領民たちの人物抽出を見事に成し遂げ、忍城側の人々の中規模な集団のスケールを見事に描いた犬童一心監督の手腕もなかなかだ。

 ただ、「豪快過ぎる<水攻め>」の映像に、<3・11の津波>を思い出しちゃう人もいるかも知れないな。

 私は、最近、<3・11>について書いていないが、私にとっての<3・11>は、最終的に原発問題となっており、いまだに、ただの一人の死者も出していない福島原発の放射能を騒ぎ立てる人々に呆れているからだけだ。

 そして、そんな苦難の中、成田長親のような笑いを愛する生き方こそが、人々が幸せを掴む一つの最重要な答えだと考えている。

 悲観的になったってしょうがない、笑って戦いましょうよ、って!

 故に、このブログ、最近、笑いを重視している。

   
          いい感じのメンバーたち^^

 成田長親の、最後の、姫(宮崎あおいと双璧に可愛い榮倉奈々)に関しての決断は、その表情を含めて、物語に大きな余韻を残す・・・。

                                          (2012/11/03)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [「三遊亭圓歌&鬼丸 親子会」に... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2012-11-23 07:38:38
あっそうだ。写真みて気づいた。

一群の総大将が蛙の裃。

もしかしたらゲン担ぎみたいに何かの意味があるかもしれないのだけど、ひょろうんとした感じの長親に似合ってて感心しました。
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-25 07:32:01
「必ず、元の懐かしい忍城城下にカエル」でよござんすか?^^

ふじき78さんのブログ読んで思ったけど、榮倉奈々はめんこいですな。

この間、「女王の教室」みたいなドラマの主演していたけど、こっちの方面の役のほうがはるかに似合っていますね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
のぼうの城 (映画情報良いとこ撮り!)
のぼうの城 浮城と呼ばれる城に、のぼう様と呼ばれる成田長親が居た。 のぼうとは、どうやらでくのぼうと言う意味らしい。 彼は、人気だけは、抜群だった。 そんな城に2万の軍勢を従えた石田三成がやって来た。 成田長親は、わずか500名の兵で、応戦するこ...
劇場鑑賞「のぼうの城」 (日々“是”精進! ver.F)
でくのぼうの、大勝負… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211020003/ のぼうの城 上 (小学館文庫)和田 竜 小学館 2010-10-06売り上げランキング : 19Ama...
のぼうの城 (佐藤秀の徒然幻視録)
田楽を演じたのは石田三成も同じ 公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保 ...
のぼうの城 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『のぼうの城』オフィシャルブッククチコミを見る強大すぎる敵に立ち向かった実在の武将・成田長親の姿を描くユニークな時代劇「のぼうの城」。水攻めのシーンは今見ても胸が痛む ...
のぼうの城 (Akira's VOICE)
カタルシスは無いが達成感はある。  
のぼうの城 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 野村萬斎なくして本作はあり得ない!それくらい嵌まってた
のぼうの城 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
忍城(おしじょう)の水攻めを2万の豊臣軍が行ったが落城できなかった史実をもとにわずか500の兵で戦った様子を描いた物語だ。何よりも見所は、野村萬斎演じる成田長親の型破りな人物像だ。浮城と呼ばれた所以をじっくりと観ることができる。
のぼうの城/野村萬斎、榮倉奈々 (カノンな日々)
犬童一心監督の作品としてかなり珍しい感じの大掛かりでスペクタクルな時代劇だなぁと思っていたら樋口真嗣監督との共作だったんですね。戦のシーンなど大スペクタクルなところは ...
「のぼうの城」 人の力と銭の力 (はらやんの映画徒然草)
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先
『のぼうの城』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、残る北条氏討伐のため大軍を持って本拠地小田原城を包囲し、その支城にも軍勢を差し向けた。忍城攻略に向かったのは石田三成を総大将とする二万の兵、対する忍城に立て篭もるのは僅か五百・・・。 和田竜のベストセラー小説『のぼうの...
のぼうの城 (花ごよみ)
和田竜作「のぼうの城」を、 犬童一心監督と樋口真嗣監督で映画化。 実在した武将・成田長親を描く。 主演の成田長親(のぼう様)には野村萬斎。 のぼう様とはでくのぼうの意味で 領民から親しみをもって受けいられている。 和平交渉に向かった長束正家(平岳大)の....
映画「のぼうの城」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「のぼうの城」観に行ってきました。戦国時代末期、豊臣秀吉の配下だった石田光成率いる2万の軍勢に攻められながら、たった500の兵力、避難してきた民百姓を含めても300...
映画『のぼうの城』観てきたよ〜〜\(^^@)/ (よくばりアンテナ)
面白かった〜〜〜!! もう一回観たいと思います! この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ〜〜〜(*^。^*) 小説版を読んだのは2年前記事はコチラ その時は知らなかったんだけど、この作...
のぼうの城 ★★☆☆☆ (センタのダイアリー)
なんだか全てバラバラで一貫性が感じられない。 リアリティを追及しているのかエンターテイメントを追及しているのか。 殺陣のアクションシーンはなかなかハードなシーンを見せてくれるが、人間ドラマの部分は現代劇のようだ。 というか、テレビドラマのようだ。...
【のぼうの城】人心は水より強し (映画@見取り八段)
のぼうの城        監督: 犬童一心、樋口真嗣    出演: 野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市、市村正親、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜 公開: 20...
「のぼうの城」三成の理不尽な要求に戦を選んだでくのぼうの人々を惹き付けて勝利した人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の ...
野村萬斎の「”300(スリーハンドレッド)”」〜「のぼうの城」〜 (ペパーミントの魔術師)
ふだんこ〜んなひとが 嫌だと言ったら嫌なのじゃ〜〜って宣戦布告しちゃった。 さ〜どうなる?どうすんねん?!って話。 OPで市村正親演じる秀吉が水攻めをするシーンがあって あとで三成も忍城を攻めるのに同じ手を使うんだけど なんていうか・・・やっぱ貫禄が違....
のぼうの城 (悠雅的生活)
20,000VS500。水攻め。嫌なものは嫌。
のぼうの城  監督/犬童一心&樋口真嗣  (西京極 紫の館)
【出演】  野村 萬斎  榮倉 奈々  上地 雄輔  佐藤 浩市 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人...
のぼうの城 (だらだら無気力ブログ!)
期待どおり楽しめた作品で、キャスティングがイイ!
「のぼうの城」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路
「のぼうの城」:何もかも中ぐらいなり (大江戸時夫の東京温度)
映画『のぼうの城』は、その水攻めシーンの津波的描写により、大震災後の自粛の中で公
のぼうの城 (いい加減社長の映画日記)
時代劇は、そんなに好きじゃないんだけど、予告編を観ると、なかなか面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東の雄・北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしている頃、周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々....
のぼうの城 (勝手に映画評)
石田三成による忍城水攻めの史実を元にした映画。 2011年9月17日公開予定であったのですが、同年3月11日の東日本大震災をうけ、その水攻めのシーンが津波を思い起こさせるということから一転公開延期となった後、満を持しての公開です。いや、確かに水のシーンは、津波を...
のぼうの城 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画 JUGEMテーマ:映画館で観た映画     2万人の大軍に500人の兵がどうやって立ち向かったのかが   知りたくて、「のぼうの城」を見ました。   様々な戦略により石田三成率いる豊臣...
のぼうの城 (うろうろ日記)
試写会で見ました。舞台挨拶に野村さんと榮倉さんと上地さんがきていました。豪華です
のぼうの城・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
でく“のぼう”の気骨。 戦国時代の末期、豊臣秀吉の北条攻めの折、石田三成率いる2万を超える天下の軍勢に包囲されながら、僅かな手勢で守りきり、最後まで落城しなかった“水の城”武州・忍城(おしじょう)の...
のぼうの城 (はるみのひとり言)
試写会で見て来ました。見てから日にちが経つのでちょい記憶が薄れつつあるのですが・・・。天下統一を控えた秀吉さんに降伏する武将が多い中、唯一大軍から城を守った「のぼう様」こと成田長親さんのお話です。歴史物だけど堅苦しくなく楽しんで見れました。いきなりNO.2...
のぼうの城 (真・天文台)
監督:犬童一心、樋口真嗣 脚本:和田竜
のぼうの城 (映画と本の『たんぽぽ館』)
戦いまする                       * * * * * * * * *  本を先に読んでいて、大好きだったのと、野村萬斎ファンでもありますので、 すぐに見に行きました。 今作はもともと脚本として書かれたもので、 それを小説に書き直し....
のぼうの城 (迷宮映画館)
わかりやすい作りと、半端ない存在感の萬斎さん。
『のぼうの城』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、  ...
『のぼうの城』を109シネマズ木場3で観て良し悪し半々ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ああ榮倉奈々が可愛いなあ。それが大事だよお】    まず、榮倉奈々が可愛い。 多分、この映画だから可愛いというのではなく、 榮倉奈々という生き物自 ...
『のぼうの城』 (みゆみゆの徒然日記)
 萬斎さん主演で映画化されるということで、文庫化されると同時に購入して原作小説は既に読んだのが一昨年の今頃のこと。その翌年(昨年)の公開を楽しみにしていましたが、忍城の水攻めが東日本大震災による津波を連想されるという理由で、公開延期。やっと今月初めに公...
映画「のぼうの城」 (FREE TIME)
映画「のぼうの城」を鑑賞しました。
のぼうの城 (映画的・絵画的・音楽的)
 『のぼうの城』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、1年前に劇場公開される予定だったものが、3.11によって今頃公開の運びとなったものです。  物語の舞台は、およそ400年前、戦国時代末期の忍城(現在は、埼玉県行田市)。  時の関白の豊臣秀吉(...
のぼうの城(2012-144) (単館系)
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...
のぼうの城 <ネタバレあり> (HAPPY MANIA)
  11月22日(木)に観に行って来ました  野村萬斎さん ってやっぱし凄いねぇ    何か惹き込まれたわぁ 役どころとしても村人から慕われる武将やねんけど ぴったし     にしても 三成が総勢2万の大軍なのに よー戦...
のぼうの城 コミカルでキャスティングも変テコで下手すりゃB級になりそうなのに・・・! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=57 -6-】 明日の朝から米子で仕事なので前日入り、岡山から14時5分の特急やくもに乗るはずやったのに倒竹があったようで午前からその列車までが運休となる。 次の15時5分から運転再開となるのだが指定席は取れなかったので、2時間ちょっと立っては辛いしまだまだ時間...
のぼうの城 (いやいやえん)
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描いた作品で、対するは石田三成率いる2万の大軍。史...
のぼうの城 (とつぜんブログ)
監督 犬童一心、樋口真嗣 出演 野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市、山口智充、成宮寛貴、上地雄輔  原作は原作者の和田竜が映画化を前提にして書いた。その和田竜が脚本を担当しているから、当然のことだが、たいへん原作に忠実。原作をそのまま映像化している。原作つき...
のぼうの城 (のほほん便り)
キャッチ・コピーは「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」。 まさに、野村萬斎ありての本作! 「でくのぼう」だけど、民心を掴む天才、のぼう様こと、成田長親(なりた ながちか)の快挙に、彼の存在感のスキルが、ハマり役...