『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』を観た]

2012-04-03 23:38:01 | 物語の感想

☆米国の、大統領への民主党予備選を舞台にした、自軍の候補を大統領にすべく、理想と野望に燃える広報官・スティーヴンの「理想の夢散」と「野望の変質」の物語。

 非常に面白かった。

 最初は眠かったのだが、「こいつは面白いぞ!」と思い、眠気を振り切りつつ見ていたら、ヒロインが悩みを打ち明ける辺りから、頭が鮮明になり、物語にのめり込んだ。

 ・・・驚いたことは二つ。

 先ず、つい先日に見た作品(『ドライヴ』)の主人公の役者が、この作品でも主人公・スティーヴンを演じていたこと。

 ライアン・ゴズリング。

 いわゆる「ハンサム」で、故に、単調な顔なのだが、全く違う役柄を演じていて、「同じ役者だけど同じ人物じゃない」と言う不思議な感覚を味あわされた。

 それは、久しく忘れていた「映画の醍醐味」である^^

 また、監督が、この作品にも出演で、大統領候補である知事・モリスを演じているジョージ・クルーニーであることだ。

 役者としての実績は知っていたが、『チーム・アメリカ』などで「バカ左翼」に描かれていたので、「役者バカ一代」だと思っていたのだが、

 こんな上質なサスペンス(しかも、展開の焦点を定めにくい政治を舞台に)を描けるとは思ってもみなかった。

チーム★アメリカ ワールドポリス スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン



 私は、この作品にシェイクスピア作品のような定番の進化系を見た。

 ジョージ・クルーニーを「王」とし、ライバル候補を擁した「敵国」との丁々発止の戦いの中で、

 「自軍」のためにまい進していた主人公が、「自軍」に良かれと思った行動で、いつしか、それが周囲からの乖離をきたし、

 自己防衛のために、自己崩壊を果たすのだ。

 斬新だったのが、そんな主人公の「共感の難しい悲劇」と対になって、純粋なる選挙協力インターンの女性・モリーの「受身の悲劇」が描かれる。

 私は、「可愛い女には幸せが訪れ、美人の女にはコテンパンな不幸が待っている」と、常日頃 思っているのだが、

 それを裏打ちしてくれるかのように、モリー(エヴァン・レイチェル・ウッド)はとても美しく、そして、悲劇に見舞われる。

 

 ただ綺麗なだけでなく、この役者、演技も非常にうまい。

 特に、スティーヴンと関係を持ちつつも、秘密を打ち明け、その帰結として病院に連れて行かれるときの、スティーヴンへの「縋るような視線」は、非常に見事でグッときた。

 そして、そのモリーの困惑の視線を一顧だにしないスティーヴンに、我々は「アンチ・ヒーロー」を認識させられるのだった。

 ・・・ただ、帰宅して、今、しみじみと物語を反芻していたのだが、スティーヴンへの遊びなれたアプローチを考えると、果たしてモリーは「純粋な被害者」と言えるのだろうか、などと考えてもしまった。

 最終的に、スティーヴンは「王」と対決する。

 その、「王」との問答の中で、とどめとなったのは、脚本の妙で伏線となっていたモリーの作中の年齢(公称と実年齢)である。

 スティーヴンも、モリーとの間で、成年だと思っていたモリーが、情事の後で、10代であることを知り、「恋愛の罠」にはまったことを知るのだが、

 スティーヴンは、不義を犯した「王」への言葉の最後に、「20歳のモリー」と強調させることによって、逆説的に事実を伝え、陥落させるのだった。

 また、その「脚本の妙」は、スティーヴンに脅しをかけていた雑誌記者との関係にも活かされている。

 ゴシップネタで脅そうとしてきた雑誌記者に「友達にそんなことをするなよ!」云々とのスティーヴンに、女性雑誌記者は「あなたを友達と思ったことはありません」などと言い放っていたが、

 立場を逆転させたエンディングでは、「私は、あなたを友達と思っていたのよ!」と言う雑誌記者に、スティーヴンは「ああ、ナンバー1の友達だ」と、やはり逆説的な切り返しをする。

 深く読んで、鑑賞を進められる、うまい脚本である。

                                                          (2012/04/03)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ドライヴ』を観た(傑作... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜/The Ides of March (LOVE Cinemas 調布)
民主党のアメリカ大統領選予備選を舞台に、占拠の裏側を赤裸々に描いた政治ドラマ。原作は2004年に実際の民主党予備選で有力候補のスタッフを務めたボー・ウィリモンの戯曲でジョージ・クルーニーが自ら監督し大統領候補役として出演もしている。。主演には『ドライ...
『スーパー・チューズデー -正義を売った日-』 2012年1月26日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スーパー・チューズデー -正義を売った日-』 を試写会で鑑賞です。 今年のアカデミー賞作品は期待大ですね この映画作品賞から外れてしまったんですから いや〜面白かったですよ 【ストーリー】  マイク・モリス知事(ジョージ・クルーニー)の大統...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~THE IDES OF MARCH (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
どこかの州の開票でやり直しなどをしたり、大金を投入してメディア戦略に勝った方が大統領になるのがアメリカだ。現在の彼が選挙中に訴えていたことと実施していることの格差を見れば、大国の指導者の実態が明らかになる。それよりも、この映画の内容を分析すれば政治の世...
スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
スキャンダル相互確証破壊 公式サイト。原題:The Ides of March。ボー・ウィリモン原作、ジョージ・クルーニー監督・出演。ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・ ...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 / THE IDES OF MARCH (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 夏にヴェネチア映画祭、秋にトロント映画祭で上映して楽しみにしてました〜 ジョージ・クルーニー監督第4作、製作、脚本、レオナルド・ディカプリオ製作総指揮 2004年、民主党大統領予備選でハワード・ディー...
スーパー・チューズデー 正義を売った日 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Ides of Marchクチコミを見るアメリカの大統領選の駆引きと人間模様を描く「スーパー・チューズデー 正義を売った日」。腹黒さと信頼が入り乱れる、硬派な政治ドラマだ。スティーヴン ...
スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(P) ジョージ・クルーニー監督作品としては最高傑作!
『スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜』 (こねたみっくす)
必要なのは貫く正義よりも信じる大義。事実上アメリカの次期大統領が決まるスーパー・チューズデーに正義などいらない。 政治を扱った映画を撮らせると渋い演出を見せてくれるジ ...
大統領予備選の内幕〜『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』 (真紅のthinkingdays)
 THE IDES OF MARCH  民主党大統領候補決定のための予備選は、オハイオ州で天王山を迎えて いた。 ペンシルバニア州知事、マイク・モリス(ジョージ・クルーニー)の元、 30歳の若さで...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (心のままに映画の風景)
ペンシルベニア州知事のマイク・モリス(ジョージ・クルーニー)は、米合衆国大統領の座を目指し、民主党予備選に出馬する。 モリスの選挙キャンペーンチームで広報官を務めるスティーヴン・マイヤーズ(ラ...
『スーパー・チューズデー 正義を売った日』 (ラムの大通り)
(英題:The Ides of March) ----これって、ジョージ・クルーニーの監督作だよね。 アメリカ大統領選挙の裏側を描いた映画ニャんでしょ? 「そう。 ところが、そのジョージ・クルーニー、 こんなことを言っている。 『ジャンルで言えば政治サスペンスだが、 政治そのも...
スーパー・チューズデー 正義を売った日 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Ides of March監督:ジョージ・クルーニー出演:ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッテイ、マリサ・トメイ、ジェフリー・ライト、エバン・レイチェル・ウッド、マックス・ミンゲラ、ジェニファー・...
政治の世界は・・・ (笑う学生の生活)
6日のことですが、映画「スーパー・チューズデー 〜 正義を売った日 〜」を鑑賞しました。 大統領選挙キャンペーンチームの広報官スティーヴン ライバル陣営からの密会、インターン女性からのある秘密を知り・・・ 非常にソツなく作られていて 楽しめました 大統領選....
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜/ライアン・ゴズリング (カノンな日々)
ハリウッドの名優ジョージ・クルーニーによる監督第4作目はアメリカ大統領予備選挙を舞台に選挙戦に渦巻くスキャンダラスな人間ドラマを描くポリティカル・サスペンス劇です。ジョ ...
スーパー・チューズデー (映画的・絵画的・音楽的)
 『スーパー・チューズデー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)本作は、このところ俳優として大活躍中のジョージ・クルーニーが監督・出演して制作した作品というので見に行ってきました。  お話は、党の大統領候補を決める予備選のハイライトであるスーパー・チュー....
スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜  評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
アメリカ大統領選挙を背景に、その舞台裏に渦巻く真実をスキャンダラスに暴き出すサスペンス。監督・出演は「ラスト・ターゲット」のジョージ・クルーニー。共演は「ラブ・アゲイン」のライアン・ゴズリング、「マネー・ボール」のフィリップ・シーモア・ホフマン、「ハン...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (労組書記長社労士のブログ)
【=18 -1-】 もしかしたら将来、大統領選に出馬するかも知れないし、いや、労組の人として大統領選を仕切ることもあるかも知れないし、勉強のためにちょっと見ておくかと、こないだの朝日新聞夕刊でのこの映画の紹介記事を読んで思ったので、昨日レイトショーで観てきた...
「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」 (prisoner's BLOG)
政治の裏舞台での駆け引き、腹の探りあい、騙しあいをみっちり描くのも見ごたえ充分だが、甘い理想家みたいなことも言っていた主人公が手を汚したあとで犠牲者に対する寂寥感を本当に持ち続けているのがこの映画の他にあまりない財産に思える。 理想家が偽善者になったの....
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (そーれりぽーと)
大統領選挙前のキャンペーン映画? 『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』を観てきました。 ★★★★ 選挙前なので、米国民主党側が共和党を悪く描くキャンペーン映画なのかと思いながら観ていたら、どうもやっぱりそんな風か…? なんて感じていたのはほんの序...
「スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜」 生き馬の目を抜く世界 (はらやんの映画徒然草)
先週「ドライヴ」を観たので、本作でライアン・ゴズリング祭りにしようか、「SHAM
『スーパー・チューズデー 正義を売った日』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」□監督・脚本 ジョージ・クルーニー □脚本 グラント・ヘスロヴ、ボー・ウィリモン□原作 ボー・ウィリモン□キャスト ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (だらだら無気力ブログ!)
役者陣の存在感が素晴らしく見入ってしまった。
スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
政治は、人間によって堕落する。 「スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜」は、俳優としてだけでなく、映画監督としても非凡な才能を発揮する、ジョージ・クルーニーの四本目の監督作品。 原作は、20...
映画『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』 を観て (kintyre's Diary 新館)
12-29.スーパー・チューズデー 〜正義を売った日■原題:The Ides Of March■製作国・年:アメリカ、2011年■上映時間:101分■観賞日:4月1日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・製作・脚本:ジョージ・クルーニー◆ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (とりあえず、コメントです)
選挙戦に臨むキャンペーンチームの選挙参謀を主人公に、政治の世界の裏側を描いた ジョージ・クルーニー監督作品です。 ジョージ・クルーニーが曲者の役者を揃えて、どんな物語を繰り広げるのか気になっていました。 陰謀と策略の世界に染まっていく主人公の姿に、この世...
Blu-ray:スーパー・チューズデー THE IDES OF MARCH 泥沼化するゴズリングに「他山の石」的にハマる。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ちょうどオバマのきれいなセンター前ヒット(昨日アップ)をみたばかりのタイミングで、このblu-rayを鑑賞(まあ、たまたまだけど 笑) 一言にいうと「旬のゴズリング、クルーニー映画に登場」 党の指名を勝ちとろうとする民主党予備選に出馬した候補者たち。 この....
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (The Ides of March) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・クルーニー 主演 ライアン・ゴズリング 2011年 アメリカ映画 101分 ドラマ 採点★★★★ メディアってのは「オレたちが世論を牛耳ってるんだ!」とでも言いたいのか、とにかく印象操作にだけは手間暇かけますよねぇ。数ある実績から“成し遂げなか...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 '11:米 ◆原題:THE IDES OF MARCH ◆監督:ジョージ・クルーニー「かけひきは、恋のはじまり」「グッドナイト&グッドラック」 ◆出演:ライアン・ゴズリング、ジョージ・クルーニー、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポ...
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE IDES OF MARCH】 2012/03/31公開 アメリカ 101分監督:ジョージ・クルーニー出演:ライアン・ゴズリング、フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイ、ジェフリー・ライト、エヴァン・レイチェル・ウッド、マックス・ミンゲラ、ジェ....
『スーパー・チューズデー/正義を売った日』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
アメリカ大統領予備選挙を題材にしたポリティカル・サスペンス。 民主党の予備選に出馬したモリス知事(ジョージ・クルーニー)を支えるポール(フィリップ・シーモア・ホフマン)とスティーヴン(ライアン・ゴスリング)。ある日スティーヴンは、対立候補である上院議...
スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ (いやいやえん)
ライアン・ゴズリングの最初と最後の表情の違いが見もの。 まさに自分の中にある眠れる「正義」を無くした話なんですよね。 米大統領選を舞台に、渦巻く陰謀・打算などを描いた政治ドラマになってます。ちょっと苦手^; タイトルにあるスーパー・チューズデーとは...
【映画】スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜…ヤッツケ映画観賞記録(14) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
東京オリンピック決まりましたね。運動嫌い(自分がするのも観戦も苦手)な私ですが、何故か、ちと嬉しい気がします 高校生(〜大人にかけて)の頃に読んだ、大友克広の「AKIRA」では2020年に東京オリンピックが開かれる筈の2019年が舞台。なかなか当たらないSF作品の未....