『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『クライマーズ・ハイ』を観た]

2008-07-06 09:58:23 | 物語の感想
☆日航123便墜落事件は、私が社会の動向に興味を持ち始めた高校生の頃に起こった大事件だったので、非常に記憶に残っている。

川上慶子ちゃんや与圧隔壁なんて言葉が、すぐに思い出される。

後に、阪神大震災が起きた後に、サブカル系言論者が「<終わらない日常>が終わった」と語っていたが、私にとって日航機墜落事件は、「<終わらない日常>などはない」と言うことを既に教えてくれていた。

当時、バンドブームで、パンクバンドを組んでいた友人が、即興で「日航機墜落」などと言う不謹慎な楽曲を作っていたものだ・・・。

   ◇   ◇

非常に面白かった。

さりとて、この作品、誤解を恐れず言えば、物語などない。

別に、背景を「日航機墜落」にする必要がないのである。

また、力強い演出に引っ張られて、2時間半の上映時間を緊張感を持って見ることが出来るが、舞台を地方新聞社にする必要もない。

事件当時の動向に、現在の主人公の姿を重ね合わせている。

そのロッククライミングの姿を、大自然を背景に、臨場感たっぷりに見事に活写しているが、本筋とのテーマの有機的なつながりは薄い。

ただ、タイトルの「クライマーズ・ハイ」のためだけのモンタージュであった。

おかしい点は多々あるが、それでも見ているこちらをグイグイ引っ張ってくれるのは、ひたすらにパワフルな演出の結果だろう。

   ◇   ◇

そう、そもそも、この作品は、具体的事例を辿る物語ではないのである。

社会・組織内での人間群像を執拗に描いているのみの作品なのだ。

あまりにも役者が多いので羅列はしないが、社会人として生きていると、必ず出くわすであろう、自分の回りにいる者に似た個性的人物が、見事に配されている。

鑑賞者は、そこでの主人公の心情や動きを見て、自分に重ね合わせずにはいられない。

人と人のぶつかり合いは、バトルロイヤルを見ているが如くだ。

面白い。

面白い、が、なんかふと我に返ると、車田正美のマンガの如く、それぞれの出演者が必殺技を叫んで戦い続けている印象にも似ている。

   ◇   ◇

私は、日頃、限界までは怒らないタイプの人間であるが、主人公(堤真一)をはじめ、出てくる者たちが、日常の中で自分の主張をやや礼儀なくぶつけあう姿を見て、かなり勉強になった。

口論して、でも、その後に社会人・会社人たるべく、感情のぶつかりあいなどなかったかのごとく対応する様は、私に、人生の生き方の新たな答えを教えてくれた様な気がした。

                          (2008/07/06)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [遅ればせながら、『ナルニア国... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本人らしからぬ (たいむ)
2008-07-06 16:54:49
こんにちは。
>口論して、でも、その後に社会人・会社人たるべく、感情のぶつかりあいなどなかったかのごとく対応する様
まったくですね。
暗黙の了解と陰湿さが横行する日本が多い中、ちょっと異質なモノに見えました。
これも一種の古き良き昭和の匂いなきがします。
いまでも激論を交わしていて欲しいものです。
TBありがとうございました。 (KGR)
2008-07-06 17:19:05
>社会・組織内での人間群像
>人と人のぶつかり合い
これは、面白かったですね。

ああいう場になっても、
足の引っ張り合い、意地を張り合い、
反発、敵対、一転して迎合と挫折。

真実味と緊迫感に満ち満ちてました。
たいむさん・KGRさん♪^^ (ミッドナイト・蘭)
2008-07-06 20:17:28
お二方のコメントが下に消えてしまうのを遅らせるためにマルチで失礼します^^

最終的には、どんな大事件が起ころうとも、人間の微妙な機微が、状況を左右してしまうのですね。

ネットの映評の世界でも、大物ブロガーの方ほど、他の大物ブロガーと反対の評価を書いたりしていますよね。

ライバル心丸出しですな^^;

もっと、純粋に、自分の気持ちに忠実に作品を評価すればいいのになあとたまに思います^^;

我々は中物ブロガーとして頑張りましょう!

なんちゃって^^;
そーなんですよねぇ (街のクマさん)
2008-07-06 21:19:41
突然コメントしてすみません。
昨日この作品を観に行ったものですが、書かれている内容をみて共感したもので、つい・・・・・。

>>出てくる者たちが、日常の中で自分の主張をやや礼儀なくぶつけあう姿を見て、かなり勉強になった

そうなんです、私も同じこと思いながら観ていました。職場のなかの人間関係が、まさにバトルロイヤル・・・。自分の職場にも、100人にひとりくらいの確率で、とっても凶暴な怒りっぽい人がいますが、まさにそんな人がいっぱい終結したような職場で、自分の職場とぜんぜん違うんで、観ていて違和感ありました。新聞社ってあんな感じなんでしょうか(^^;)あの日常の怒鳴りあい、普通の職場では年に一回か二回、見られるかどうかの修羅場ですよね。それが日常的に、映画を観ている二時間の間ずっと続いたんで、なんかパワハラされたみたいな(笑)感覚に陥っちゃいました。
街のクマさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-07-06 21:34:36
いらっしゃいませ♪

このブログはけしてコメントが多いわけではないので、コメントされると嬉しいです。

>>なんかパワハラされた

私もずーっと緊張してしまいました。

「ケンカ、やめーっ!!」と思いました^^;

ところで、クマさんのブログ、面白いですね。

なんか、クマさんの生活が伝わってきます。

私もダイエットしてます。

夜はノンオイルドレッシングでサラダばかり食べてます^^;

では、これからも4649!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画 【クライマーズ・ハイ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クライマーズ・ハイ」 横山秀夫の同名小説の映画化。ちなみに、横山秀夫自身は記者として日航機墜落を取材した体験を持つ。 おはなし:1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。悠木和雄...
クライマーズ・ハイ(2008年) (勝手に映画評)
『半落ち』などの警察小説で有名な横山秀夫が原作。1985年8月12日のJAL123便墜落事故をベースに、事故現場となった地方新聞社の記者たちの1週間が熱く描かれています。 あのJAL123便墜落事故の事は、良く覚えています。夜中までテレビにかじりついて報道を見ていました...
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
「クライマーズ・ハイ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
上映時間は、145分の長尺。 1985年に御巣鷹山に墜落したジャンボジェット機、それを追う地元の一地方新聞社で働く彼らの、葛藤を描いた作品です。ジャーナリズムとは如何なる物か?を問うている作品かと。 新聞社だって、一企業、収入がなければ、成り立たない。...
『クライマーズ・ハイ』・・・下りるために登るんさ (SOARのパストラーレ♪)
原作小説の大ファンである私にとって、二度目の映像化ということで楽しみにしていた『クライマーズ・ハイ』を公開初日に観てきた。以前のNHKドラマ(佐藤浩市主演)が素晴らしかったので逆に一抹の不安もあるにはあったが、キャストは申し分ないしかなり期待して席に着い...
映画「クライマーズ・ハイ」を試写室で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 映画「クライマーズ・ハイ」@GAGA試写室 映画の話 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の...
「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック (はらやんの映画徒然草)
「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく
クライマーズ・ハイ (せるふぉん☆こだわりの日記)
本日より公開、堤真一主演「クライマーズ・ハイ」観てきました。 劇場内、初日のせい
『クライマーズ・ハイ』 (ラムの大通り)
----ゴールデンウィークも、 もう残りあと2日。 今日の邦画は? 「『クライマーズ・ハイ』。 今年観た日本映画の中では 『アフタースクール』と並ぶぼくのオススメだね」 ----監督は原田眞人だよね? 「うん。この監督は 他の人には決してマネできないハリウッド仕込みの...
『クライマーズ・ハイ』 (めでぃあみっくす)
世界最大の航空機事故と呼ばれた御巣鷹山の日航機墜落事故を扱うこととなった地方新聞社の記者たちを描いた本作。原作を書かれた横山秀夫先生ご自身も当時の事故を地方記者として取材されたご経験があるそうで、新聞社内の確執や一面に何をもってくるかの駆け引きは面白か...
映画[ クライマーズ・ハイ ]地方記者の未曾有の一週間 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ クライマーズ・ハイ ]を中野サンプラザで鑑賞。 はじめて観るホールでの試写会。 周囲はいたって、いつものごとく夕食変わりにパンなどをほうばりリラックスだが、オイラは一人子どものようにドキドキ、ワクワクでテンションあがりまくり。上映が始まるまで、...
「クライマーズ・ハイ」みた。 (たいむのひとりごと)
「え。これで終わり?」というのが瞬間の感想。これ以上長くても困るけれど、残念ながら最後まで、何を一番に描きたかったのか読み取れなかった気も・・・。それでも、「日航機墜落事故」と「クライマーズ・ハイ」。
映画「クライマーズ・ハイ」 (ice-coffee)
昨日 初日に行ってまいりました~~^^ 一言でいうならば とてもよかったです~^^見ごたえありました。何か事故 事件があると 新聞記者 報道の仕事は 壮絶なんだなぁ~と 感嘆いたしました。
[cinema]クライマーズ・ハイ (HARI INI ?)
試写会に行ってきました{/heart/} クライマーズ・ハイ Staff:原田眞人 Cast:堤真一 堺雅人 尾野真千子 高嶋政宏 山崎努 『半落ち』の横山秀夫原作。 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落したJAL123便。 世界最大・最悪の単独航空機事故の死者は5...
『クライマーズ・ハイ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
18:30スタートの試写会って仕事後に行って間に合うのか、すごく焦ります。昨日は一ツ橋ホールに堤真一主演の『クライマーズ・ハイ』を観に行ってきました。1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。社内の登山...
【95.4Kg】 「クライマーズ・ハイ」観てきました! (街のクマさん 炎のダイエット日記)
今日は、久方ぶりの完全仕事OFFな日です。
クライマーズ・ハイ (悠雅的生活)
 チェック 、 ダブルチェック
クライマーズ・ハイ (映画鑑賞★日記・・・)
2008/07/05公開(07/05鑑賞)製作国:日本監督:原田眞人出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一 命を追った、あの夏。
クライマーズ・ハイ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
原田眞人は日本映画史においては、かなり特異な映画作家であると思う。 若くして米国を拠点に評論活動を開始し、やがて「さらば映画の友よ ...
クライマーズ・ハイ (レンタルだけど映画好き)
試写会にて鑑賞 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間 2008年 日本 7月5日公開 監督 原田眞人 出演 堤真一/堺雅人/尾野真千子/高嶋政宏/山崎努/遠藤憲一/田口ト...
「クライマーズ・ハイ」横山秀夫 (たちばな屋・ミステリ分科会)
横山秀夫原作の映画、「クラーマーズ・ハイ」の予告編が、あまりにも迫力があって、かっこ良かったので、(堤真一も好きだし)読んでしまいました。 読んでいる間ずっと、主人公の悠木和雄 = 堤真一 状態。。。
映画『クライマーズ・ハイ』 (ルールーのお気に入り)
試写会にて鑑賞。登山中に興奮が極限に達して恐怖が薄れる瞬間の精神状態を指す“クライマーズ・ハイ”になぞらえて、1985年に起きた群馬県・御巣鷹山での日航機墜落事故に関わった、新聞記者たちの熱い一週間を描いた横山秀夫原作のストーリー。。
「クライマーズ・ハイ」高度な映画 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
高さもすごい、硬さもすごい(硬度)。 まるでドキュメンタリーを観るような、まさにその現場に居合わせたような緊迫感は、なるほど実際に上毛新聞の社会部の記者として取材に当たった経験を持つ原作者 横山秀夫ならではだ。 ひさしぶりに硬派な映画を観た。
「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー (オールマイティにコメンテート)
「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数...
「クライマーズ・ハイ」史上最大の墜落事故を描いた怒涛の7日間のマスコミストーリー (オールマイティにコメンテート)
「クライマーズ・ハイ」は1985年8月12日に墜落した日航123便の事故を追った新聞社のデスクと記者が駆け抜けた7日間を追ったドキュメンタリーストーリーとなっている。23年前の事故は私も良く覚えているし、多くの人が犠牲となった大惨事だったが、ストーリーとしては複数...
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘 (ネット社会、その光と影を追うー)
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...
クライマーズ・ハイ (Akira's VOICE)
舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
クライマーズ・ハイ 試写会(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
クライマーズ・ハイ (2008) Director : 原田眞人 Cast : 堤真一, 堺雅人, 尾野真千子, 高嶋政宏 Genre : ドラマ/サスペンス Runtime : 145分 配給 : 東映=ギャガ・コミュニケーションズ 参考リンク → allcinema / Cinema Topics Online / goo 『クライマーズ・...
『クライマーズ・ハイ』 (・*・ etoile ・*・)
'08.06.25『クライマーズ・ハイ』(試写会)@一ツ橋ホール Mッスが当選! おこぼれにあずかって行ってきた。 「1985年8月12日群馬県御巣鷹山の山中に乗客乗員524人を乗せた日航機が墜落した。北関東新聞社の遊軍記者悠木はこの世界最大の航空機事故の全権デスクに任命...
映画感想≪クライマーズ・ハイ≫ (キネマ徒然草)
映画は時間とお金がかかるものなので、百聞は一見にしかずとわかっていても、全て観ることは当然出来ません。 雑誌やネットで収集する情報や、自らの経験を考慮して、鑑賞予定映画を決めます。 今回の映画は、鑑賞予定から外れていました。<b>この映画の監督...
【クライマーズ・ハイ】地獄は現場にあるのか職場にあるのか (映画@見取り八段)
クライマーズ・ハイ 公開: 2008年7月 監督: 原田眞人 原作: 横山秀夫 出演: 堤真一、堺雅人、山崎努、高島政宏、小沢征悦 クライ...
クライマーズ・ハイ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後に控え、日本国中が中曽根首相の靖国公式参拝の動向を固唾を飲んで見...
劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」 (日々“是”精進!)
「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響と葛藤の日々が綴られる。ストーリーは・・・1985年...
『クライマーズ・ハイ』2008・7・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『クライマーズ・ハイ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1985年8月12日。群馬の北関東新聞の記者・悠木和雅(堤真一)は、社内の登山サークルの仲間で販売局所属の親友・安西耿一郎(高嶋政宏)と共に、谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進め退社しよう...
【クライマーズ・ハイ】地獄は現場にあるのか職場にあるのか (映画@見取り八段)
クライマーズ・ハイ 公開: 2008年7月 監督: 原田眞人 原作: 横山秀夫 出演: 堤真一、堺雅人、山崎努、高島政宏、小沢征悦 クライ...
クライマーズ・ハイ (Diarydiary!)
《クライマーズ・ハイ》 2008年 日本映画 1985年8月12日に起きた日航ジ
香りある人間。『クライマーズ・ハイ』 (水曜日のシネマ日記)
1985年に群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐる地元新聞記者たちの物語です。
【映画】クライマーズ・ハイ (新!やさぐれ日記)
■動機 クライマーズ・ハイならば観ないわけにいかない ■感想 原作を捻じ曲げてまで伝えたかったものは何? ■満足度 ★★★★★☆☆ おまけね ■あらすじ 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社...
『クライマーズ・ハイ』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
本日、夏休をとった主人が、「続けてになるけど、映画行けるか?」に、内心申し訳なく思いつつも。。。『行ける! 行ける!!』 何気に 「付き合うよ~」 さらりと言いつつ 待ってましたの鑑賞です(^^)v.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(C)2008「クライマーズ・ハイ....
クライマーズ・ハイ (Thanksgiving Day)
映画「クライマーズ・ハイ」を観てきました! 今日が公開初日なんですけど、公開されたらずっと観に行こうと心に決めてたんですよ。 日航ジャンボ機墜落事故は、絶対に忘れてはならないですし、山崎豊子の「沈まぬ太陽」を読んで、また別の視点から考え直すこともで...
映画「クライマーズ・ハイ」を観ました!!(2008-11) (馬球1964)
映画「クライマーズ・ハイ」を観ました!!2008年の第11作目です。久々に映画を観ました。
映画「クライマーズ・ハイ」 (FREE TIME)
映画「クライマーズ・ハイ」を鑑賞しました。
『クライマーズ・ハイ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、螢雪次朗、西田尚美、でんでん、小澤征悦、高...
【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
クライマーズ・ハイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名―。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動一週間』  コチラの「クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」、「出口のない海」の横山秀夫が当時地元地方新聞社の記者だった自らの体験をモトに、日航ジャンボ機墜落...
クライマーズ・ハイ(2008年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、ギャオの株主優待の試写会で観ました。 監督:原田眞人出演:堤真一、
クライマーズ・ハイ (まぁず、なにやってんだか)
昨日、九段会館の「クライマーズ・ハイ」の試写会に行ってきました。 原作者の横山秀夫氏が日航機の墜落現場を取材して書いた作品だという情報しか知らずに試写会に行ったので、すっかり全部実話だと思ってしまいました。フィクションだったんですね。臨場感あふれるカメ...
『クライマーズ・ハイ』@TOHOシネマズ(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
クライマーズハイ。小説は未見、しかしNHKのTVドラマ版は鑑賞。今回シネコンのTOHOシネマズのスクリーンで試写。スクリーンも椅子もよく座席も選べるので最高です♪30代以上の人はご存知かと思いますが日航ジャンボ機の墜落事故。ヘリから救出されたシーンなど...
チェック、ダブルチェック。~「クライマーズ・ハイ」~ (ペパーミントの魔術師)
まずは黙祷。 亡くなった方々のご冥福を祈ります。 また8月がやってくる・・・。 レーダーからジャンボが消えた。 その一報から始まった新聞社内のドタバタは 緊張と混乱と妬みと野望とPTSDと・・・。 第三者からみてそのぶつかり合いは すごいもんがあるんだけど、 ...
『クライマーズハイ』@丸の内TOEI (映画な日々。読書な日々。)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそ...
クライマーズ・ハイ を観ました。 (My Favorite Things)
最近ペースがメッキリ落ちている映画鑑賞です。あー観たいのがたくさんあるのにね?まぁ仕方ないのでチョビチョビやります…。
クライマーズ・ハイ■これは失敗作であろう (映画と出会う・世界が変わる)
「日航123便が、レーダーから消えた。長野・群馬の県境に墜落した模様。乗員・乗客524名」このニュースが入ったときに、それに対する感情は人によって様々であろうが、この「史上最悪の航空機事故」をいかにわがものにするかの闘いに身を投じる人々がいる。どのようにした...
「クライマーズ・ハイ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
記者たちの時間との戦い・緊迫感、新聞社の様々なことがひしひしと伝わって来ました。 事故のこと、事故当時の自分のことなども思い起こされましたし・・。
mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像...
『クライマーズ・ハイ』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山に墜落した日航のジャンボ機は、死者520名の世界最大・最悪の航空機事故となった。 横山秀夫のベストセラー小説を映画化したこの作品は、その事故を巡る地元新聞記者たちの激動の一週間を綴ったもので、舞台となる新聞社は架空の...
『クライマーズ・ハイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く...
映画 クライマーズハイ  をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
クライマーズ・ハイ [Blu-ray]ソニー・ピクチャーズエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る この映画の原作は自ら記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫さんの同名小説である。NHKでもドラマされている。それも秀作だった。このブログでも書いた。 舞台...