『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ザ・ウォーカー』を観た]

2010-06-20 14:28:29 | 物語の感想
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?

 アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが、この作品は、原題が示す通り、その目的とすべきものが違う。

 これは、西欧のリアルな宗教の教えを醸した物語であった。

 ・・・で、私は、ここから、『アイ・アム・レジェンド』と言い、『ハンコック』と言い、『7つの贈り物』と言い、デンゼル・ワシントンは、神の如きものを目指しているのだろうか? ・・・と、長々と書こうと思ったら、おいおい、上記の三作品はウィル・スミスじゃないか!^^;

 黒いから区別がつかないぜ!!(←人種差別発言)

 ↑自分の評論の肝が打ち砕かれたので、いささか、焦っている・・・。

   ◇

 予告で繰り返された、核戦争後の廃墟の地球を「一冊の本」を携えて旅する男・・・。

 その、世界の命運を握る「本」だが、正体は、物語が始まってすぐに知れる。

 ・・・「聖書」であった。

 その「世界の命運を握る」理屈は、割とよくあるパターンなれど、こうまでガッチリやられると、私は意表を突かれた。

 そして、我々は、物語のクライマックスでも驚かされることになる。

   ◇

 さて、この作品、保険と言うか、物語の独創性と言うか、裏付け的なものとして西洋の神々の教えがあるが、

 それ以外の面でも、なかなか面白い。

 大小併せて、五場ほどの決闘シーンがあるが、それこそ、『座頭市 ザ・ラスト』で見たくて見れなかったような斬れ味鋭い殺陣や、西部劇的な町並みでのガンアクション、荒野の一軒家(恐怖の夫婦付き)に立て篭もる戦いと面白く見せてくれる。

 廃墟や荒野の描き方も悪くない。

 世界崩壊後なので、物資がなく、当然に通貨も無く、物々交換が行なわれている。

 その、物の希少価値のアンバランスさが面白かった。

 ホテルの備え付けのシャンプーや、ケンタッキーの「濡れオシボリ」なんてのが、もてはやされる。

 主人公は、ウェットティッシュ1枚で、入浴を済ます^^

   ◇

 敵役はゲイリー・オールドマン。

 予告を見ると、どうも老けたし、肌合いが疲れていたので、もう盛りは過ぎたのかなあ、などと思ったのだが、

 やはり、うまい。

 この人が画面に出てきただけで、興味を引く。

 無名の男を敵役に使っていたら、この作品の完成度も下がったことだろう。

 一緒に行った小娘も、「ゲイリー・オールドマンが良かった」と言っておりました。

   ◇

 おっと、それから、ヒロイン(ミラ・ニクス)が、少女と女の狭間にいて、くっきりした目鼻立ちがなかなか魅力的だった。

                                         (2010/06/20)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [与党民主党考・79 「未曾... | トップ | [与党民主党考・80 「到底... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
何らかの原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですからね...
「ザ・ウォーカー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか
映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未来。(なぜか)この世に一冊しかない『本』を持って、西に歩き続ける主人公イーライ...
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、トム・ウェイツ...
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優デンゼル・ワシントンによる近未来サスペンス・アクション大作です。 出演はその他に、ミ...
ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マッ...
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシ...
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
『ザ・ウォーカー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli) 「これはもう珍作。 そう呼ぶしかないね」 ----えっ。それはまた挑発的な…。 デンゼル・ワシントンの超大...
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
ザ・ウォーカー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
文明が崩壊し、荒廃した世界で、一冊の本を運ぶ孤独な男の物語には、ラストに驚きが隠されている。すべてを失った近未来。イーライはこの世に一冊だけ残る本を運んでいる。彼自身、その旅の目的や到着地を知らないのだが、ひたすら西へと向かうことだけを手がかりに旅を続...
ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
「ザ・ウォーカー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ザ・ウォーカー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、他 *監督:ア...
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
映画「ザ・ウォーカー」 (今日の素敵さがし)
 我が愛する(?)ゲイリー・オールドマンと、デンゼル・ワシントンが競演ってことで、かなり楽しみにしてたSF。ゲイリーが“狙う男”で、デンゼルが“運ぶ男”なんだそう。
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI (銅版画制作の日々)
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。 20日(日)は、MOVXディ。1000円で鑑賞出来るということで行って来ました。観たのは、19日より公開されたこの作品です。アカデミー賞受賞俳優、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの共演ということで、...
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
【映画レビュー】ザ・ウォーカー (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:ザ・ヒューズ・ブラザーズ 製作:ジョエル・シルヴァー、ブロデリック・ジョンソン、アンドリュー・A・コソーヴ、デヴィッド・ヴァルデス、デンゼル・ワシントン 製作総指揮:スティーヴ・リチャーズ、スーザン・ダウニー、エリック...
ザ・ウォーカー (心のままに映画の風景)
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネ...
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方...
ザ・ウォーカー (ぷち てんてん)
なに見る~?とダンナに聞かれ「アイアンマン2」かなって答えたら、意外にも「ザ・ウォーカー」の方がいいんじゃない?って言うんで、こっちにしてみた。私は単純明快アメコミの世界...
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた...
「ザ・ウォーカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ザ・ウォーカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・アレン&アルバート・ヒューズ その名の通り、「歩く」映画でしたな(^^♪。 歩くといっても「夜のピクニック」は一晩だけでしたが(笑)こちらは...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
タイトルデザイン_17・ザ・ウォーカー・Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・ネタバレ、内容に触れています。物語・世界崩壊後の近未来。世界に一冊だけ残された本を運び西へ向かう男イーライ(デンゼル・ワシントン)。そして同じく本を探す男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。果た
「ザウォーカー」 (Con Gas, Sin Hielo)
心眼一刀流師範代が強いのなんの。 宗教観というのは語るのが非常に難しい。 宗教観が違う人とは、もはや次元が違うとしか言いようがないほど相互理解が進まないことがままある。 戦争や紛争の原因の多くが宗教という印象があるが、しかしその一方で、信仰心は時に自...
ザ・ウォーカー 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
西へ旅する者~『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
ザ・ウォーカー (メルブロ)
ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI) 322本目 2010-26 上映時間 1時間58分 監督 アレン・ヒューズ 出演 デンゼル・ワシントン(イーライ) 、 ゲイリー・オールドマン(カーネギー)      ミラ・クニス(ソラーラ) 、 レイ・スティーヴンソン(レッ...
ザ・ウォーカー(80点)評価:○ (映画批評OX)
総論:この映画が描くのは、信念と忍耐を貫いた一人の男の生き様。世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペ....
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。...
『ザ・ウォーカー』('11初鑑賞55・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月23日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
ザ・ウォーカー (食はすべての源なり。)
ザ・ウォーカー ★★☆☆☆(★2つ) 公開後の評判が全く聞こえてこなかった本作。 期待していなかったけど、やっぱり・・・ 一言で言うと、「地味」。それに尽きます。 世界を救う一冊の本。世界を絶望から救い、再び文明を再興させる・・・。 「聖書」 はい。...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...