『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『明日への遺言』を観た]

2008-03-01 17:19:48 | 物語の感想
☆私は、『硫黄島からの手紙』を見終えたとき、あのようなふんだんな資金で作った戦争大作洋画に対し、邦画の戦争を語る作品が勝つには「戦争法廷物」しかないと語っていたものだ。

すると、この『明日への遺言』と言う、かなりの傑作が生まれた。

もっとも、東京裁判での東條英機を描いた『プライド』と言う作品が、私の念頭にあったのかもしれない。

『明日への遺言』は傑作ゆえに、その完成度は高く、私が語る余地は少ない。

     #     #     #     #

アメリカの大物量の骨太なテーマの戦争物に勝てるのは、ローコストでまかなえ、脚本力を駆使できる法廷物であり、その私の考える概念は、この『明日への遺言』と言う作品内での、岡田資中将の「法戦」と言う考え方と重なる。

物語について詳しく語るつもりはなく、ただ、「観に行けや!」と思うのだが、「法戦」について説明したく、ちょっと内容を語る。

・・・日本は戦争に負けた。

敗者は勝者に裁かれる。

東京裁判には、もはや、道理は存在しなかった・・・。

しかし、その「敵」だらけの法廷に、道理を復活させようとしたのが岡田資の「法による戦い」だった。

民主主義における裁判は名ばかりで、弁護人も連合軍側(アメリカ人?)、検察も連合軍側(アメリカ人?)、裁判官グループも連合軍側(アメリカ人?)だった。

だが、弁護人は、アメリカ人ながら、道理を通す人物だった。

岡田中将も、自分の思うところを法廷で語ることが出来た。

確かに、岡田司令官の受け持った東海方面軍は、日本全土を無差別爆撃せし米軍機から脱出してきたアメリカ兵を、略式審理の末、死刑に処した。

その段においての、東海方面軍の行為を裁く法廷が舞台となっている。

弁護人は、そもそも、米軍の行為が、無差別爆撃を禁じるハーグ条約に反する国際法違反だ、との線で、岡田との「共闘」を進めていた。

それだからこそ、その捕らえられた米軍機からの捕虜を、切迫した戦時下の情勢の中、死刑に処すという判断を下すことになった、と。

また、各所の法廷から、似たような事例の裁判(石垣島ケース)は、全て、軍関係当事者ほとんどが死刑判決を受けたことを知り、岡田は、自分の周囲の若者の前途を憂い、全責任を自分に引きつけようとした。

ここで、多くの観客は、「ああ、何て立派な人だ」と泣くのだろうが、私は、そんな「当然のこと」では心は動かされない。

責任者であった者が責任を取る。

それは当たり前のことだ。

     #     #     #     #

私が感動したのは、その岡田中将のパーソナリティである。

この人、わりと精神論を語ったりして、古いタイプの人である。

しかし、それが良き方向に作用する性格の人物らしかった。

英語を話せることもあり、「敵」とのコミュニケーションも取れ、また、部下との会話も気さくである。

法廷でも、わりと、誰にでも理解できる言葉で、自分ら東海方面軍の置かれていた状況を語っていく。

情勢を考えると、全ての行動は必然で、だが、結果については、自分が全責任を持つ、と言うのだった。

     #     #     #     #

  (余談)

私は、岡田中将を演じた藤田まことの大ファンであり、『必殺 仕事人』の映画の舞台挨拶の時に、「まことー!!」と客席から叫んだこともあるほどのファンである。

だから、岡田中将が、無差別爆撃を行なった米兵を略式審理の処刑を行なった理由を知っている・・・。

           ・・・仕事人だからである・・・。

     #     #     #     #

(閑話休題)

そういった、至って装飾のない岡田中将の真摯な語り口は、次第に、検察側や裁判官側の、戦犯としての岡田を見る目を変えていく。

その経過が見事だった。

主任弁護士フェザーストンを演じた俳優は、飄々としていて、立ち居振る舞いが洒落者で良かった。

いかにもアメリカ的な正義感に燃えていた主任検察官バーネット役も良かった。

どうあっても、重犯罪人に仕立てたい中将が、自分と似た正義感(日本風)を持っていることに、次第に敬意を表せざるを得なくなっていく様が良かった。

裁判委員長を演じたラップ役も良かった。

この白い肌に赤味が差している男は、酷薄そうなのだが、次第に、中将に対して、いや、中将の気持ちに対して、理解を感じていくのだった。

裁判委員長も、主任検察官も、法廷の言葉ではそれを表せないが、目で語っていた。

素晴らしい演技で、良かったなあ・・・。

     #     #     #     #

私は、何度か涙を流した。

それは、家族との交流のシーンだった。

奥さんを演じた富士純子だが、セリフはほとんどないのだが、裁判のはざ間の岡田に、信頼の笑顔を向け続けていた。

     #     #     #     #

では、岡田中将の語った言葉で、心に残った一つを最後に記す(細部はうろ覚え)。

「ここから話すことは、私の個人的な考え方です。
  私は仏教を信じる者だが、仏教には、十の段階がある。
  畜生道、修羅、人間、そして、菩薩と…、徳が高まっていくのですが、
  (日本を裏切るような)武藤の如き畜生には、
  自らも畜生に落ちて、懲らしめなくてはならない…」

私も、ブログ等で、卑劣な野郎を糾弾するときは、自分が同レベルに堕ちて戦わねばならない時がある・・・。

法廷と言う閉鎖的な空間を舞台にしながら、なんとも、空間的な広がりを感じたのは、この岡田中将の庶民的な常識が日常を感じさせてくれたからだろう。

                      (2008/03/01)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画『ジャンパー』を観た] »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (michi)
2008-03-06 16:37:48
TBありがとうございました。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

>責任者であった者が責任を取る。
本当にその通りですね。
実際、自分の責任を受け止められる人間は少ないと思いますし、
私もそういう人間の一人なので
岡田中将の生き様に圧倒されながら本作品を観ておりました。
一旦は断念した原作も再び読んでみようと思っています。
思い出して (ミッドナイト・蘭)
2008-03-11 21:23:02
思い出しては、時おり、色々考えさせられる作品でした。

私も原作を読んでみようかなあ。

今、過去ログの映画感想を復活エントリーさせているので読んでくだされ^^
今遺言を (カンミ)
2008-03-12 22:57:53
TBありがとうございました。
この遺言は、誇りとは何かですね。

ヒーローの話ではないと思いました。
カンミさんへ (ミッドナイト・蘭)
2008-03-16 22:00:39
♪いらっしゃいませ

次は、是非、『南京の真実・第一部「七人の死刑囚』を観てください!

これも、巣鴨プリズンが忠実に再現されており、『明日への遺言』で省略されていた死刑場内部が克明に描かれております。
畜生 (kimion20002000)
2008-08-14 20:45:58
TBありがとう。

>(日本を裏切るような)武藤の如き畜生には、
  自らも畜生に落ちて、懲らしめなくてはならない…」

こういう畜生たちが、戦後を牛耳ってきたのだと、思います。
kimionnダブル・サウザンドさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-08-15 20:18:56
いらっしゃい^^

コメントを頂き、この作品を思い返すきっかけになりました。

終戦記念日に、いい作品を思い出せました。

藤田まことは、ものを食べているシーンがなんとも魅力的なんですよ☆

これからもよろしく!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

24 トラックバック

『明日への遺言』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「高潔」の在りかた。 『明日への遺言』 2007年・日本・110分 監督・脚本:小泉堯史 プロデューサー:永井正夫 プロデュース:原正人 原作...
「明日への遺言」 (やまかんむりの糖尿病日記)
映画「明日への遺言」の試写会の入場券を入手したので、先週六本木へ行って来た。 戦犯裁判をテーマにした本は角田房子のシリーズがあり、東京裁判ものも多いが、この映画は大岡昇平の「ながい道」を原作としている。本の成功と、映画の成功は異なり、映画化には出版と異...
映画「明日への遺言」を観ました!!(2008-06) (馬球1964)
映画「明日への遺言」を観ました!!2008年の第6作目です
「明日への遺言」 (てんびんthe LIFE)
「明日への遺言」ブロガーイベント 試写会&小泉尭史監督とのティーチイン  アスミックエース試写室 作品に対して予習はしていかないほうなのでこの法廷劇が戦犯に対するものであることは何気にわかっていましたが、実際に起こった戦犯裁判であったということは知り...
映画 【明日への遺言】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「明日への遺言」 大岡昇平の「ながい旅」を原作に、小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。 おはなし:第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級戦犯として裁判にかけられた岡田資中将(藤田まこと)。彼は堂...
【明日への遺言】を広めたい (美齢の懸賞・映画ひろば)
 【明日への遺言】3月1日(土)全国ロードショーブロガーイベントにいってきました。  ~原作:大岡昇平「ながい旅」(角川文庫刊)~・【明日への遺言】試写会(1時間50分)・小泉監督ティーチイン(1時間)第二次世界大戦後無差別爆撃を実行した米軍搭乗員...
明日への遺言・・・これまた驚愕の作品だ! (あーうぃ だにぇっと)
(C) 2007『明日への遺言』製作委員会 監督・脚本:小泉堯史 キャスト 岡田資☆藤田まこと 岡田温子☆富司純子 フェザーストン主任弁護人☆ロバート・レッサー バーネット主任検察官☆フレッド・マックイーン ラップ大佐☆リチャード・ニール 町田秀実☆西村...
戦争を知る。(映画/試写会:明日への遺言) (美味!な日々)
『ビー・ムービー』の試写会で予告を見て、予告だけで号泣してしまった『明日への遺言』の試写会に行ってきました。岡田資(たすく)中将の戦犯裁判~処刑までの実話の映画化です。
映画 「明日への遺言」 (ようこそMr.G)
映画 「明日への遺言」 を観ました。
明日への遺言、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/2/21、新宿の明治安田生命ホールでの開催。 ここの会場は初めてだ。 会場そのものの感想は別に書く。 最初に司会登場、説明文を読んだあと、抽選会。 女子アナご当地クイズ(正式タイトルではない)なるDVD2枚と、 映画の画像を使ったしおり(本屋でただ...
明日への遺言 (豪の気ままな日記)
評価☆☆☆☆ 太平洋戦争末期、無差別爆撃を実行した米軍機の搭乗員を処刑した責任を問われ、B級戦犯として戦争裁判にかけられた岡田資(たすく)中将(藤田まこと)。傍聴席から妻・温子(富司純子)や家族が見守る中、彼はひとり“法戦”に挑んだ。部下を守るため全責...
明日への遺言 (Good job M)
公開日 2008/3/1監督:小泉堯史 「雨あがる」、「博士の愛した数式」出演:藤田まこと/ロバート・レッサー/フレッド・マックイーン/リチャード・ニール/富司純子 他【あらすじ】第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級....
明日への遺言 ("( ´ ▽ ` )ノ"ちわぁ)
明日への遺言    試写会行ってきた。 場所はららぽーと豊洲 ここの劇場はいいで
[Review] 明日への遺言 (Diary of Cyber)
昨今の時事情報を取り扱う報道は、どうも出てくる人物が『他人事』のようにしか取り扱っているようにしか見えない。一番の被害者に対し、労わり、慰めるような言葉が口から発せられても、その目は、その表情は、とてもながら誠意の表れは見られない。「誰かが解決してくれ...
「明日への遺言」戦争裁判の法戦を最後まで闘い抜いて未来を託した指揮官の鑑 (オールマイティにコメンテート)
「明日への遺言」は1945年の東京裁判など戦争裁判にかけられた岡田資中将の法廷での闘いを描いた作品である。多くの戦争裁判ではアメリカ主導で多くの裁判が裁判じゃないと言われた中で最後まで指揮官として法廷で闘った岡田資中将の生き様は今日の指導者のあるべき姿...
「明日への遺言」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「明日への遺言」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:藤田まこと、ロバート・レッサー、フレッド・マックィーン、リチャード・ニール、富司純子、西村雅彦、蒼井優、田中好子、他 *ナレーター:竹野内豊 *監督:小泉堯史 *原作:大岡昇平『...
真・映画日記(1)『明日への遺言』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月2日(日)◆732日目◆ 池袋「シネマロサ」で2連戦……もとい2本見てきました。 というのも、 「シネマロサ」での『いつか眠りにつく前に』の上映が7日までだから、 日曜見た方が楽である。 で、ついでなので同映画館でやっている『明...
明日への遺言 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
大岡昇平原作、小泉堯史監督。日本のアンソニー・クイン、藤田まことと、スティーブ・マックィーンの息子フレッド・マックィーンの日米司法対決。妻役の富司純子は背景にボンヤリいるだけで、とても共演と言い難い。
信念の人。『明日への遺言』 (水曜日のシネマ日記)
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。
映画:明日への遺言 試写会 (駒吉の日記)
明日への遺言 試写会(アスミック・エース試写室) 「世界平和のために尽力してくれ」 15:30~本編 日本史の授業でも大抵はしょられてしまう明治以降。第一次第二次大戦についてもぽつぽつと大きなトピックがでるくらい。 市街地を爆撃し降下した米兵を略式裁...
明日への遺言 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛する人へ遺したいものがある。誇りや品格を見失った現代にこそ観て欲しい__。 心揺さぶる「愛」と「絆」――感動の実話。 1945年、東條英機元首相らA級戦犯が東京裁判で裁かれる中、横浜地方裁判所では、無差別爆撃を実行した米軍機の搭乗員を処刑した責任を問わ...
mini review 08320「明日への遺言」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。敗戦直後の混乱の中で自身の責任と...
8/15 明日への遺言(’08) (KYOKO〓)
先日新作DVDリリースの小泉堯史監督作品。原作は大岡昇平の「ながい旅」、第2次大戦後、B級戦犯裁判を戦い抜いた、岡田中将の姿を描いたヒューマンドラマ。蒼井優出演とのことでも気になった作品。 冒頭、民衆攻撃への憤りの象徴としてかピカソの「ゲルニカ」から、...
『明日への遺言』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ横浜地方裁判所では、戦争犯罪行為の命令者であるB級戦犯、及び実行者のC級戦犯の裁判が行われていた。東海軍司令官だった岡田資中将と部下19名は空襲の際パラシュートで降下した搭乗員を捕虜として扱わず正式な手続きを踏まずに処刑したことで殺人の罪に問わ...