時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

こんな感じ 33

2011-12-31 | 陶芸
従姉妹のH女史に
リクエスト頂いた器です

東田茂正陶展(2011-09-11)
で既にアナウンス済みですが
パートナーであられるM氏は
陶芸家・東田茂正の
お弟子さんなのであります



プレッシャーかかります
ですが
どうあがいたとて
腕が
技術が
飛躍的に上達するハズもなく

それに
小生には
陶房TERRAのスタッフ・N氏&U女史と言う
強~い味方が控えております
今回もU女史監視の元?
いえ(笑)
ご指導の元
作りました



こちらは
この後
取っ手を付けて
マグカップとスープカップになりました↓

マグカップの土は
貫入土と
紺青(釉薬)の相性が宜しくない
と言うN氏のアドバイスに従って
信楽並漉土にしてみました

取っ手
やや幅広です



スープカップの土は
白御影です

素焼き・施釉・本焼きは
年明けとなります



そして
こちらが
土鍋の取り皿5客と
またしても片口でございます

注ぎ口が後付けになります
年明けに削りをして
くっ付けます

今年も
色んな作品を
作ることが出来ました
来年も
自分のペースで
色々作ろうと思います

最後になりましたが
皆様に取りまして
実り多き年となりますよう
そして
心穏やかな年となりますよう
お祈り申し上げます
コメント (2)

こんな感じ 32

2011-12-30 | 陶芸
                                      歪みは意図的です!

陶芸を始めて
一年ちょいになりますが
これでもσ(^_^;)
最低でも
週1若しくは週2の割合で
頑張って通っているんです

ですが
11月の後半に京都に行って
それから2週間近く(以上?)
まったく土をいじらない日々が続きました





久しぶりに
轆轤で数引きしたら…

初めの頃は
‘一個引き’が苦手で
‘数引き’ばかりしておりましたが

そのうち
‘一個引き’ばかりするようになり

気が付けば
‘数引き’が不得意に

だからと言って
‘一個引き’が上手くなった訳でもなく…


                       土:赤土一号 釉薬:キラボ

施釉を施す折り
時の運まかせでも
それが良い感じになる場合が
時々ございます

有りがたいことです



                       土:赤土一号 釉薬:うのふ

‘キラボ’と‘うのふ’
これは
下手くそな小生が施釉しても
見栄え良く仕上げてくれる
ありがたい釉薬です

感謝…
コメント

天皇杯 夢幻と消えにけり by 横浜F・マリノス

2011-12-29 | Sport
Jリーグ開幕の年
正月元旦
国立競技場

それまで全くサッカーに興味がなく
ルールーも選手も
何も知らず
観戦したのが

横浜日産マリノス vs 川崎ヴェルディー

客席の大半が
緑緑緑

そんな中
大多数のヴェルディーファンを
奈落の底に突き落としたのが
横浜マリノスでござった
当時は
日産FCなのかな?

ともかく
毎年大晦日は
都内のホテルで過ごし
元旦は
国立競技場で決勝戦に臨むのが
習慣とすらなっていたらしい

あれから苦節19年

木村和司監督率いる横浜F・マリノスが
もしかしたら!

天皇杯を奪還出来るのか!?

と期待したのに…

わろ~た

予想通りと申しますか
想定内と申しますか…

流石マリノス
これぞ今のマリノス

2-1で撃沈

と思っていたら
ロスタイムで2-2

あれまぁ~

と再び期待したけど

延長戦で4-2

19年越しの天皇杯

またまた 夢幻と消えにけり



2012年
国立競技場
第91回天皇杯全日本サッカー選手権決勝
雌雄を決するのは
FC東京と京都サンガ

双方とも
J2のチームです
これは何を意味するのか…

ともかく
FC東京と京都サンガ
お見事です!
あっぱれです
サポーターの皆さん
おめでとうございました

横浜F・マリノスの皆さん



                  画像は「時事通信」より引用しています
コメント

風が強く吹いている 38

2011-12-29 | 読書
箱根駅伝を走りたい
そんな清瀬灰二の想いが
天才ランナー蔵原走と出会って動き出す

「駅伝」って何?
走るってどういうことなんだ?

10人の個性あふれるメンバーが
長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む
自分の限界に挑戦し
ゴールを目指して襷を繋ぐことで
仲間と繋がっていく…

風を感じて 走れ!
「速く」ではなく「強く」


原作あったんですね…
今頃読みました

車内で読み終わったんですが
堪えるの結構大変でした

通称「アオタケ」こと竹青荘に
何の因果か集う10人の若者が
箱根駅伝を完走するまでの一年を描いた作品です
10人それぞれが抱える
悩み・苦悩・バックボーンを語りながら
それが決して邪魔にならない!
ストーリーが脱線することなく実に上手く
本筋を支えているのであります

ズブの素人が
一年満たない短期間で箱根を走破できるとは
しかも
シード権獲得まで出来るなんて
現実にはあり得ない話
小説だから描けるノンフィクション

灰二や走
六道大学の藤岡一真
‘走’に対する態度が余りに美しい過ぎる

「風が強く吹いている」の中で
三浦しをんが描いた世界は
余りにも‘清く正しくそして美しい’

一見
建前論
理想論

一掃してしまう人もいるかもしれない

でも
確かにあるんですよ
一瞬のきらめきってヤツは…

走った者だけしか
感じられない世界が!

寛政大学陸上部が
箱根駅伝に挑戦するのは第9章&10章です
ひとりひとりの言葉が想いが
実に良く
しかも丁寧に描かれていて
素晴らしい
も~涙腺緩みっぱなし

ラストの興奮冷めやらぬまま
エピローグへと続きます

エピローグは
アオタケ荘のメンバーが箱根に挑んでから
3年が経過していました
走は
卒業を控えた4年生

箱根駅伝の後
4年生が卒業してしまったハズで
翌年の箱根駅伝
どうしたんでしょうね…
その辺りは
一切語られておりません

ただ
竹青荘は取り壊され
陸上部のための寮が立てられることになったらしい
と言うことは
そこそこ相変わらず陸上部は存続し
なんとか頑張っていると言うことか!?

しかし
清瀬灰二と蔵原走
運命的な出会いをしてしまった
このふたりの関係は
その後どうなっているのだろう…

袂を分かち
切磋琢磨するハズはない!
それは
絶対有り得ない!
離れちゃ~いかん!
死ぬまで一緒にいて欲しい!
いや
一生一緒にいて!!

と心配していたら
新一年生曰く
走は
灰二がコーチをしていると言う
新設のチーム(実業団?)に進むらしい

‘している’…
卒業後
灰二はコーチと言う道を選んだ?
いつからコーチ?

それじゃ~
走の2年生から4年生までの3年間は
誰がコーチ兼実質的監督だったわけ?

空白の3年間
詳細に知りたいです

そして
双子の兄弟&走&ハナちゃんこと勝田葉菜子さんが
その後
どうなったのか

勿論
藤岡一真と榊浩介が
どんなランナーに成長したのかも知りたい

そうなんです!
走の学生生活3年間を描いた
「風が強く吹いている 大学編」
そして
卒業後の
「風が強く吹いている 末来編」
読みたいです

いや
未完であるからこそ
この作品が光り輝くのか!?

キングこと坂口洋平
ニコチャンこと平田彰宏
ユキこと岩倉雪彦
神童こと杉山高志
ジョージこと城次郎
ジョータこと城太郎
ムサことムサ・カマラ
王子こと柏崎茜

アオタケのメンバーは
それぞれ何とか?
自らの人生を切り開いていることでしょうね~

映画も良かったけれど
原作は数倍良かった

この作品を読んだことで
来年早々行われる第88回箱根駅伝
確実に見方が変わると思うσ(^_^;)です

箱根路を走るであろう選手
精一杯
無事完走出来ることを願います
走ることなく
終わるかも知れない選手たち
裏方役として参加する学生諸君
それぞれの箱根を
心に刻んで欲しいです
コメント

こんな感じ 31

2011-12-28 | 陶芸
                                              土:赤土一号 釉薬:うのふ

絵付けした‘めだか’~

どこぉ~

一輪挿し→半分割→片口
形成の段階が
特に肝心

この形(このやり方)で作るのは難しい
良く出来ましたよ


と温かいフォローをして下さったのは
陶房TERRAのスタッフN氏


                         土:貫入土 釉薬:白鷺

U女史の施釉と
何と違うことか…

凹む
果てしなく底なし沼に沈んで行くようなくらい
凹んでしまう自分がいる

雲泥の差

やはり
来年の第一目標は

施釉技術の向上



3回目の努力も虚しく撃沈

‘貫入土’と‘紺青(釉薬)’の相性
余り良くないんですよ
特に
縁のところは
こんな感じになりやすいです


とは
これまた
陶房TERRAのスタッフN氏の
フォロー頂きました

次回は
N氏のアドバイスに従い
土を信楽の‘ 信楽並漉土’にしてみようと思います


コメント