時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第3巻 17

2010-01-31 | 読書
実川の上司である卜部教授は
頑として肝臓移植を認めなかった
だが
定年後のポストに
不安を覚えていた卜部は
手術が成功すれば
有名国立病院の院長に推挙するという
ある人物との裏取引により
態度を一変させる

かくして
幼児の手術にゴーサインが出され
極秘に本邦初の生体肝移植が始まる
当麻も駆けつけるが
そのとき母危篤の知らせが…


‘煩悩’って人間特有の感情なんでしょうかね~
医師として
消えかかろうとしている命の灯を
可能な限り救いたいとする思いに
あ~だこ~だ
チャチが入ります
生体肝移植にしろ心臓移植にしろ
日本人特有の死に対する概念とか
倫理観も国内での移植推進に
ブレーキを掛けているのも事実

純粋に
倫理的な論争をするのは
どうぞどうぞって感じですけど
‘嫉み’‘嫉妬’‘損得感情’等々
余計なモノが絡んでくるから
気分が悪い…

空也くんの手術が
今後の当麻先生の人生を
大きく変えていきそうな予感

当麻先生の母君に
忍び寄る病魔
試練が続きます

以外だったのは
母君の様態急変に伴い
当麻先生が
オペルームを退出したことです
山場は越えたといえ…

あれ?
コメント

全豪オープンテニス④

2010-01-30 | Tennis
キタァ~
男子ファイナル
ロジャー・フェデラーvsアンディ・マリー



女子ファイナル
ジュスティーヌ・エナンvsセレナ・ウィリアムズ
コメント

孤高のメス 外科医当麻鉄彦 第2巻 16

2010-01-30 | 読書
当麻の評判は
日ごとに高まった
そんな時
近江大の実川助教授から
2歳の幼児の「肝臓移植」を
手伝って欲しいと頼まれる
一か八か
残された方法はそれだけだった

快諾する当麻だが
抜け駆けは許さんとする
他の外科医の妬み
手術の失敗を恐れる
大学病院の保守的な壁にぶつかってしまう

風前の灯となった生命を前に
当麻達の苦闘が始まる


甦生記念病院院長・島田光治
医師として患者を思いやる姿勢を見せてはいるが
なんだか
経営者としての利益追求しつつ
でも
どちらも中途半場な感じです
医療従事者として
最終的にどちらの立場に落ち着くのか…

当麻先生は
患者本位の姿勢はあるけど
妙なところで派閥とか
気にするのよね~
このあたりイライラする

医師免許も
5年ごと位の更新性にすればいいのにね
臨床経験も技術も身に付いていない医者を
放置して欲しくないもの!
医者の技量にランク付けて
医療点数配慮するとか?

納得の行く治療が受けられるなら
個人的には
それなりの治療費請求されても
納得すると思う

ともかく
イライラする医者が
余りにも多すぎて
精神状態が…

このまま6巻まで
一気に読んでいいものか悩む

どんどん
煮詰まっていく自分が見える
コメント

全豪オープンテニス③

2010-01-29 | Tennis
順当に
勝ち進んでいくと思われたラファエル・ナダルですが
なんと
右膝故障で途中棄権…

5月末からの
全仏(ローランギャロス)まで
時間があるので
ランキングのことも気になりますが
怪我に専念して頂きたい

年間の大会数が
どのくらいあるのか存じませんが
ポイント獲得のために
怪我をおしての大会出場しなければならない
そんな現実が…

男子シングルス準々決勝では
ノバク・ジョコビッチも負けてしまいました




準決勝は
男子
ロジャー・フェデラーvsジョーウィルフライ・ツォンガ
マリン・チリッチvsアンディ・マリー
女子は
セレナ・ウィリアムズvs李娜
ジュスティーヌ・エナンvs鄭潔
と言う組み合わせです

フェデラーは
7年連続
全豪・全仏・全英・全米
四大大会では23大会連続の4強入り
全豪でファイナルに進めば
2007年以来の優勝目前です

頑張ってぇ~
コメント

今度は愛妻家 1

2010-01-28 | 映画
この一年
一枚の写真も撮る事ができず
ぐうたらな毎日を送っている
かつて売れっ子カメラマンだった夫・北見俊介

一方
大の健康マニアで
健康に関する新聞のスクラップ集めに余念なく
毎日せっせとニンジン茶をすする妻・さくら



ある朝
さくらが呟いた
「今朝、夢で見て思い出したのよ!一年前の沖縄旅行で…」

『一年前?沖縄?』

そう云えば…

クリスマス直前のある日
さくらに
沖縄へ子作り旅行へ
連れて行かれたことを思い出した

そう云えば…

あれ以来
さくらの様子が何となくおかしような…

妻が居なければ…


                    

さくらが
箱根に出かけるという日
女優志望の蘭子を
家に連れ込みあとは実行あるのみ!
と浮かれてた様子を
バッチリさくらに目撃されてしまう

結婚して10年
浮気はしないと誓ったにも関らず
私が知っているだけですでに10件…
堪忍袋の緒が切れたさくらは
家を飛び出し行方知れず…

しばらくは
独身気分を満喫していた俊介だったが
なかなか家に帰ってこないさくらに
苛立ちを覚え始める



そしてある日
俊介はカメラに残された一枚の写真をみつける
それは
走っていくさくらの
小さくなった後ろ姿…

???

俊介は
何かを少しずつ理解し始める



『今度は愛妻家』と言うタイトルだったので
このストーリー展開に驚きでした
妻の存在を新たに認識し
仲良く生きていくのかと思いきや…

‘来世は愛妻家’ってことね

薬師丸ひろ子さんと豊川悦司さんの共演は
アルコール中毒の妻と同性しか愛せない夫の日常を描いた
江國香織さんの小説
『きらきらひかる』の映画以来でしょうか
この小説の世界感大好きで
何冊買って人に薦めたことか(笑)



お二人が演じた
ダメダメ亭主とちょっと間の抜けた妻
二人の醸し出す雰囲気が
何とも優しくて可笑しくて
切なくて愛おしく感じました

行定勲監督の作り上げる
映像ワールドは
ストーリーも丁寧で
その丁寧さが
背景やちょっとした小道具にも及んでいて
登場人物も
背景に縁がキチンと設定されていて
毎度の事ながら
気持ちがいいです

オカマのぶんちゃんの設定なんて
小賢しい~くらいに
良かったです




                  
コメント