時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

日本は

2008-12-31 | 徒然
2008年も
残るところ4時間を切りましたが
フランスはまだお昼を過ぎた頃です

小生は
午前中
市場とスーパーで
最後の買出しを済ませ

一休みついでに
blogをアップているところです

市場では
雑煮用の野菜と
ライチをがあったのでそれを少し

スーパーでは
テリーヌとか胡桃入りのパンとか
買ってきました

最近
スーパーでは
陳列棚の端から端まで
見て過ごすことが多くなりました

特に
以前なら見向きもしなかった
スナック菓子コーナーも
念入りに(笑)

シャロンで食べた
チーズ味のスティックが忘れられず
ウォーリーを探すように
陳列棚を見て回る訳です

これが結構楽しかったりする



今回は
シャロンで飲んだ
‘OLD NICK’の‘COCO PUCNH’を発見!
調べたらよくカクテルとして
飲まれるアルコールでした
酒好きの友人の土産にいいかな~

一人なもので
お正月の用意と言っても
年越し蕎麦とお雑煮作るだけ…


取り合えず

西島秀俊氏が出演されている
第20回記念フジテレビヤングシナリオ大賞『戦士の資格』
見ようと思います

最後になりましたが
今年もお世話になりました

来年が
皆様に取りまして
充実した明るい年となりますよう
お祈り申し上げます

コメント

来年の運勢

2008-12-31 | 徒然
σ(^^;)
来年の運勢

心の声と共に
ご紹介させて頂きます

では…



充実した時期を迎えているあなたですが
このあたりで
長期的な新しい目標が必要になりそうです

長期ですか…

大きな夢と共に
確実に手に入る小さな幸せをたくさん見つけ
毎日を生き生きと過ごしましょう

はい!前向きに努力いたします

2009年のあなたは
心を開いて向き合うことのできる人たちとの出会いに恵まれることでしょう
これがどれほど大きな意味を持っているのかは
きっとあなた以外のだれにもわからない部分です

日本に戻ることですしね~
もちろん
ここでも素敵なフランス人と出会えましたけどね


年齢や性別
社会的地位などを超え
人間として対等につき合うことのできる
スペシャルな人を想像してみましょう
その人の登場を
あなたは長いこと待っていたのではないでしょうか?

いる事はいるんですよ

相手があらゆる面での
アドバイザー的存在でもあります
テニスに例えれば
ダブルスのチームを組んで対戦していくイメージでしょうか
自分にない能力をパートナーが持っているのは
非常に心強いことに違いありません

確かに
心強いと思います


秋が深まる頃には
ここ数年間重苦しかった課題が
すっかり軽くなっていることに気づくと思います

たったひとりでがんばらなくてもいいことがわかれば
あなたはもっと軽やかな気持ちで
かつ安心して人生を送っていくことができるでしょう

マジですか!?
そんな日が
本当に訪れたらいいなぁ~




1月から2月
一生を豊かにする出会いが
人生で一番スペシャルなことは
「素晴らしい出会い」です

そっそれは…なんと!!

それによって
あなたは自分の中に眠っていた素晴らしい能力を開花させ
より自分らしく輝くことができるからです

信頼できる人に何かを教えてもらう機会があれば
それがどんなことであっても
喜んで受け入れるようにしてください

あなたの一生を心豊かにしてくれる
何か特別なことがその教えの中にあることでしょう
時期的には
1月の下旬から2月の中旬が特に重要な1カ月になります

丁度 帰郷している頃じゃありませんか!

年間を通じて「3」があなたに幸運を運んでくれます
特に言葉を使う仕事やクリエイティブな作業をする人には
素晴らしい体験やインスピレーションが約束されるでしょう
パンジーやクローバーなど
「3」が基調になっている植物を
育ててみることもオススメいたします

ピラミッド形や
三角形のアイテムを身の回りに置くことで
あなたの持っている能力を活性化することが可能です
3人のグループで旅行をすると
おおいに楽しい時間を過ごせることでしょう

長いこと愛用している手帳が‘3年手帳’と言うのですが
それが来年から新しくなります

友人が日本で購入しくれて
既に手元にあります!

まさに吉兆…


あなたの場合
2009年は結婚式場や神社などの
お祝いごとをする場所で
幸運のパワーをチャージできそうです

絶対‘箱根神社’行こう

吉方位は西
キーパーソンは
東北地方に縁のある人でしょう


え~身内に該当者がいる!

いずれにしても
これから一年をかけて
あなたがどんな体験をしたいのか
イメージを明確にしてみてください

今日からします!

これまでの出来事にとらわれず
素晴らしいイメージを抱いて
それを実現していきましょう

これまでの出来事に捕らわれなくていいんだ~
それは助かります


2009年は希望の年です
仲間と手を取り合って
理想を現実のものとすることができます

日本にいる大切&大好きな友人達よ
宜しくお願い致しまする




っと言うことで
来年は
冒頭から重要な事が起こりそうな気配

日本は不況ですし
戻る事に
不安がないこともない

ですが
親しい仲間と再会出来るのは
最高に嬉しい

ましてや
第二の父&母とよべる位
小さい頃から
お世話になっている
ご近所さん達から
『いい加減帰って来い!』
コールを頂いている事ですし
取り合えず
愛すべき故郷
もう少しの我慢だ(笑)
帰るぞ~

とにも
かくにも
イメージトレーニングを始めようっと

個人的には
野田地図の14回公演「ハイパー」
帝劇の2月公演のチケットが取れたので

ついでに
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎☆壊(Punk)「蜉蝣峠」
さいたま芸術劇場の3月~4月公演チケットが取れると
最高に嬉しいのだが…

来年は
ますます良い年になると
信じるとしよう!

だって
言うじゃありませんか
信じる者は救われる
って…



皆様にとりましても
来るべき新しい年が
充実した
素晴らしい年となりますように~
コメント

とんだフライング

2008-12-30 | 徒然
朝方ちょっと青空を見たけれど
すぐ
そしてとなりました

気温は-1℃

日本時間の3時過ぎに
粗大ゴミの話をしましたが
日本時間17時には
跡形もなく消えてました

す素早い(笑)

今年も今日で終わりか~
っと
午前から積極的に外出(そとで)

まず
モンサンミッシェル旅行を
正式にキャンセル&代金払い戻しに向かう

払い戻しは現金ではなく
小切手なので

そのまま銀行へ向かい
書類に必要事項を記入し
小切手と共にカウンターに提出



それから
年越しと正月用の
食材を買うために‘京子’へ

‘伊達巻’
欲しかったんだけどなくて
何気なく
‘栗きんとん’と‘昆布巻き’を
カゴに入れてレジで会計したら
えらく高くてビックリ…

量というか
大きさは文庫本位の容器…

‘栗きんとん’20ユーロ×127円
‘昆布巻き’ 15ユーロ×127円

‘京子’ぼったくり



それから
運動&散歩がてら
オペラ座付近からマドレーヌ寺院
コンコルド広場
シャンゼリゼ大通りと
のんびり歩いてきました

マドレーヌ寺院では
今年も‘クレッシュ展’が開かれてます
寺院の中に入るのも久しぶりでした

地下の展示室は
年明け早々
イザベルと行くことになっているのでスルー

寺院内に展示してある
等身大の‘クレッシュ’のみ見て来たのですが
去年の日本ヴァージョンよりは
まだ見れる(笑)
でも
何処の国をイメージしているのか…


ステュディオに戻り
仕込み仕込み

の前にblog~

と思い
Yahooのカレンダー見たら

まだ30日じゃないか…
コメント

最後の昼餐

2008-12-30 | 仏蘭西探訪(異文化交流)
CHALLANS珍道中
今回が最後です

朝から
ここ数日
マイルームとして
使わせて頂いた
3階の一室の掃除を始めました
シーツやベットカバーは洗濯機へ

朝食は
この日も
コーヒーのみ(笑)

ですが…



午後

アペリティフでは
チーズ味のスティックをほお張りつつ

ホストのムッシュは
ウイスキー

友人の父上と私は
‘ココ’と言う
アルコールのロックを
頂きました

ココナッツがベースなのか?
トロ~リとした甘いお酒です
とは言っても
ロックなので結構キツイ

私的には
カクテルにするか
もう少し薄めて飲んだほうが好きかも…

友人や
マダムたちは
同じようなタイプを飲んでいらっしゃいましたが
チョコレート色してました



そして
最期の晩餐ならぬ
‘最後の昼餐’

朝からマダムが
キッシュを作って下さいました
玉葱のキッシュです

ハムとピクルスを
付け合せとして頂きました

ワインは赤

連日
重いお料理が多かったので
胃に優しいランチでした

マダムの何気ない
気遣いが嬉しい

チーズの盛り合わせと
サラダを頂き
デザートは果物でした

みかんにブドウ
そしてライチ

最後まで
ほんと~に
よく食べました私



フランスの家庭の味を
思う存分堪能し

沢山の
楽しいクリスマスの思い出を
作ることが出来ました
私は幸せ者です

CHALLANSのご夫妻
友人の従姉妹ご夫妻と子供達
友人のご両親
友人に対して
感謝の気持ちで一杯です
お世話になりました

そして
どうもありがとうございました

コメント

イルミネーション

2008-12-29 | 仏蘭西探訪(郊外/地方)
本日2回目の更新は
クリスマスのイルミネーションです




お世話になっているお宅から
車で5分程に
それはあります

昨年
見に来たのですが
写真の殆どがブレていて
ご紹介出来るショットが
少なかったような記憶が…



町の中心部から
少し離れているからでしょうか
この辺りの通りには
街灯がありません

なので
イルミネーションの輝きが
華やかです
(コメントが前年と同じ?)



飾りつけの
ヴァージョンアップはもちろん
飾りつけしている家の数が
増えていました

そればかりではなく
今年は
スピーカーから
クリスマスソングまで流れていました

出血大サービス
(血が出るサービスって…)



日本でも
家をイルミネーションで飾るお宅が
毎年テレビなどで
紹介されていると思いますが

こちらでは
家にイルミネーションするというより
庭に設置したオブジェに飾りつけをして
楽しんでいるようです

それぞれに
ストーリー性が感じられ
本当に見ていて飽きることがありません



何より
飾り付けをした当人達が
部屋の明かりを消して
庭のイルミネーションを楽しめるのが良いです

せっかく苦労して
家の外壁に飾りつけしても
肝心の主が
家の中から見れないのもね~



っと言うことで
思いがけなく
再び‘CHALLANS’でクリスマスを過ごす
幸運に恵まれた小生ですが

やはり
濃厚なコミュニケーションを
交わすことが出来ませんでした

とにかく
話の展開が早いし
話題が広い



会話を理解することに必死なもので

『そう言えば
 最近のプリンセス・雅子の調子はどうなの?
 彼女はなかなか知的な女性だね~』

なんて
急に話をふられると
頭の中が真っ白

全員の視線が集中するのも
最後まで慣れませんでした

友人の父上に
『もう暫くパリに留まってみてはどうだい?
 kamyuはもっと娘以外のフランス人とも
 コミュニケーションするべきだよ』

な~んて助言と言うか
耳の痛いアドバイスを頂きました 



私のいないところで
kamyuの語学力はあまり上達していないね~
とか
相変わらず無口だね~
なんて言われてたかも…

でも
理解できない分
楽だったりすることもあるわけです実は…
余計な気を回す必要ない!

そう言う意味でも
今回の‘CHALLANS’滞在は
小生にとって
ラッキーでした

コメント