時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

オペラ・ガルニエ

2007-05-29 | 仏蘭西探訪(20区内)

                           オペラ座正面

フランスの首都パリの中心に鎮座するのが
オペラ座(l'Opéra)または
ガルニエ宮(Palais Garnier)と呼ばれる劇場

こちら・・・
内部の見学が出来るんですって
知りませんでした私

入場料:25歳以下・学生・低所得者は4ユーロだったかな


                          オペラ座の屋根


               地下1階の階段脇にあるブロンズ

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば
ナポレオン3世の第2帝政を称える記念碑的建造物として
1861年に起工され1875年に完成
設計は当時まだ無名だったシャルル・ガルニエによるものだそうです

外観および内装は
まぁ沢山の彫刻を飾って華やかでございます


                           正面奥が劇場


          フロア上の天窓           正面のブロンズ像


                        フロア天井の絵画
建材には
当時、最新の素材とされていた鉄を使用
これによって従来不可能とされていた
巨大な空間を確保することに成功したそうです

2167の座席が5階に配分されていて
観客収容規模でも当時最大の劇場だったらしい


                            劇場の天井

劇場の天井画は
1964年以降
マルク・シャガールによるものが飾られてるらしいが
これか


               舞台向かって左3・4階ボックス席
ボックス席というのも
奥行きが意外とあってですね…
再前列以外
舞台見れないような気がするんですよ



          舞台向かって左センター席・2階席ボックス

こうしてみると
確かに品格と気品と重厚感があって
正装しなきゃ足を踏み入れられないわ



        舞台向かって左センター・1階から5階席ボックス

しかし・・・
5階席なんて
オペラグラスじゃなくて
高性能の双眼鏡使わないと
舞台の役者さんやダンサーさん達
見れないんじゃないかな



                    センター席及び正面舞台

ミュージカルで有名な『オペラ座の怪人』は
この劇場が舞台のことですよね
見学に行った時も
次回の公演のセットなのか
スタッフさん達が
舞台装置を色々動かしてました


            舞台向かって右1階から5階席ボックス

ん・・・
なんだか威圧感というか
迫力があって
長い歴史の影に姿を消して行った
人の‘念’みたいなモノが
沢山憑いてそうな雰囲気



                       2階ボックス席内部
座り心地も
あまり宜しくなさそうな椅子です



                             2階広間


                                   2階広間

2階の広間も豪華絢爛
舞踏会も出来るわね

200年前・・・
舞台の合間には
‘ベルサイユのバラ’に登場するような
出立ちの貴族達が
きっとこのスペースに集い
優雅に語らっていたんでしょうかね~


コメント

Bouche A Oreille

2007-05-28 | 仏蘭西探訪(20区内)


Espace Commines 17 rue Commines Paris 3emeで
6月25日から27日まで開催された
「Bouche A Oreille」に行ってきました



40créateurs が Mode,design,accessaires などを
展示販売する催しです


どうやって着るんだろう的デザインのジャケット


σ(^_^;)にとては
信じがたい配色のブラウス

とは言え全体的に
ジャパニーズを意識した風のモノが多かった気がします
パリでは
食文化だけでなく
Modeにおいても
ジャパニーズの関心度が高いとみた





歩きにくそ~なシューズ


使い勝手の全くわからない穴のあいた陶器の器


汗かいたら
二度と身に付けられないだろうアクセサリー

だけど
バイヤーさんたちが結構見にきてるし
一般のお客さんも
結構お買い物してたんだなぁ~


半分見終わって
2階にあるcaféへ
4種類のパウンドケーキや‘赤’と‘緑’2種類の冷たいスープなどがありました
‘赤のきつね’と‘緑のたぬき’みたい(笑)
オーダーする前に
両方試食させてくれました





私が選んだのが‘赤いスープ’
トマトベースで酸味が効いてました
何故こっちを選んだかってゆーと
こっちの方が冷たかったから・・・
結構、腹持ちが良かった


この後
残りのcréateursを見て周りました

ちょっといいかな~と思って
値段をみると
これが結構なお値段
どれも一点モノってこともあるからか



それにしても
これで
この値段…


贅沢は敵だ
とまでは言わないけれど
‘欲しい~’と
心ときめく程のモノはなく
結局何も購入しませんでした

もともと
柄物とか着ないし
アクセサリーも身に付けるタイプの人間ではないのであります



とは言え
今回
4区マレ地区から3区にかけて何件かのshopを
一緒に歩き回ったたイザベルに
洋服のアドバイスをしてもらいました

せっかく‘華の都パリ’にいて
しかも
これからベストシーズンなんだから
装いもそれなりにしないと損よね


コメント

ギュターフ・モロー

2007-05-27 | もろもろアート

     ギュターフ・モロー自画像

9区St.Trinité教会から程近いところに
ギュスターヴ・モロー美術館がある

モローの描く幻想的でかつ
不気味ともいえる世界観が
堪らなく心を揺さぶるのであります



                  螺旋階段から見た3階フロア

流石に作品を描いていたフロアーは広い
螺旋階段からの眺めもなかなかよろし
開放感はあるし
光は差し込むし


でも
こんなに無造作に
数々の作品を展示して大丈夫なの



                         4階フロアの絵画

ちょっとでも
大学で学芸員の勉強した人なら
首をかしげてしまうんじゃないかな~
日差しのかげんで
作品がよく見れなかったり



                         4階フロアの絵画

ここは
彼が青年時代から晩年まで住んだ家でもあるそうな


上野の西洋美術館で「Apparition」を見た以来・・・
「一角獣」は
残念ながら展示されておりませんでした


        右下:APPARITION                      パンテオンにあった作品

パンテオンの作品を見たとき
ふと頭に浮かんだのがAPPARITION(出現)だった

胴体と頭部が切り離された場面の作品は
教会のステンドグラスでも時折見かけるが
宗教的な意味があるのだろうか



                              2階書斎

2階には
パリらしく
超小さい部屋がいくつがあった
4畳半なんてものじゃないくらい小さい部屋
見た目にもかなり窮屈なスペースだった


               居間に飾ってあった東洋的な絵画

居間とは言っても
3畳程度のスペースの居間
ここで果たしてくつろげたのだろうか


題名・・・


          FLEUR MYSTIQUE           VIE DE LHUMAITE


                       LES PRETENDANTS


             3階から4階へと続く螺旋階段

この螺旋階段はお見事
曲線がいい こんな作業場σ(^_^;)も欲しい
とても素敵でした



   アレキサンダー大王の勝利              ゼウスとセレメ


                サロメ
コメント

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

2007-05-26 | 映画


見てきた




『ロード・オブ・ザ・リング』以来の俄か
オーランド・ブルームファンとして一言 二言 三言

なんどぇ~

やめてぇ~

ひどぉ~い




ウィル・ターナーとエリザベス・スワンが
第二のデイヴィ・ショーンズとティア・ダルマみたいな関係に
なって終わりだなんて・・・

悲しすぎるぅ~


救われない・・・
私の心は救われない



ハリウッド映画は
ハッピーエンドが定番でしょ




エリザベスがジャンヌダルクみたく
かっこよくなっちゃって
海賊の荒くれ男達を牽引してっちゃうところとか
映像も見ごたえあったけどさ


 

内容書いたら面白くないから
書かないけど
でもでもでもでもぉ~~~




ウィルのパパ
いくら息子を助けたいからって・・・
あの選択は・・・




絶対続編あってもおかしくなさそうな終わり方だったし




ウィルとエリザベスが

にならにぁ~
いかんぜよ

でも
話の方向性が違ってくるか・・・



いや
あれではいかん 
あのままでは絶対にいかん


続編でどうか二人を幸せにしてあげて




デイヴィ・ジョーンズとティア・ダルマのような
悲しい悲しい関係のまましにないで・・・


でもティアさん
なぜ巨人になって蟹さんになっちゃたの


 



「ロード・オブ・ザ・リング」のレゴラス役
「トロイ」のパリス役
そして
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のウィル役
のオーランド・ブルームしか見てないので
これからDVDで他の作品をみるとしよう

イギリスで
舞台にも挑戦するとか?
渡るか海をTGBで・・・


は・・・ダメだ 付けられない
コメント

PARCOURS SANIT-GERMAIN-DES-PRES

2007-05-25 | 仏蘭西探訪(20区内)


左岸6区サンジェルマン・デ・プレ教会前広場の中心に
5月24日から6月19日まで

Sweet Art
PARCOURS SANIT-GERMAIN-DES-PRES
と題したイベントが始まった

この界隈のブティックや商店が
毎年決まったテーマに沿って独自の世界を表現するらしい
画像・写真・モニュメントとその表現方法は多種多様


Vincent Olinetの
どでかいケーキモニュメント




メインとなる教会前広場に
どど~んと鎮座しておられます

近くで見るとこんな感じです





もそっと近くで・・・




正直微妙

今年のテーマは‘Sweet Art’
KENZO・Louis Vuittonna・Dior・Monoprix 等々


             高級ブランドの作品(名前忘れました)


                              Monoprix


                               KENZO 

店内では
お洒落に着飾った方々が
シャンペン片手に方っておられる姿が・・・
ジーンズにTシャツ姿の拙者には
無塩 違う
無縁の世界でございました


これが
現代アートなんですねぇ~
友人と二人
色々見てまいりましたが
言葉少なに散歩していた次第です



雨宮塔子さんのご主人である
パティシエの青木定治さんのケーキです

パリカトの向かい側に彼のshopがあります
‘和’テイストのある作品が多かったです
パリジェンヌだけでなく
パリのムッシュ達にも好評みたいで
結構お客さん入ってました

コメント