時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

エキシビション

2010-02-28 | Figure skating
朝から
フィギュアスケートのエキシビション見てました
と言っても
ちゃんと見たのは
安藤美姫
浅田真央
そして
エフゲニー・プルシェンコだけ

シングルのトップ男女は
つまらなそうだったのでパス

高橋大輔さんは
エキシビションは目的を達成したので
気が抜けて…
とか
しょ~もないコメントを
している記事を読み
情けなくなってしまいました

気が抜けた演技は見たくないので
こちらもパス



それに引き換え
美姫ちゃん
真央ちゃん
試合終了後
日にちもそんなに経っていないから
お疲れかと思いましたが
楽しんでしかも全力で滑ってました
良かったです



そして
エフゲニー・プルシェンコ

あぁ~
もうこれで見納めか


と思いながら
食い入るように見入ってしまった
滑りは流石でしたが
トリノで観客を魅了した
エキシビションに比べると
テンションが低かった気がします
残念

ですがぁ~
2014年のソチオリンピックの
親善大使に任命され
しかも

ソチ五輪でも滑りたいし
挑戦したい


とコメントを発表したとか



実際
4年後
ロシア代表に
選ばれるか解りません
(ジュニアも育ってますし)

それでも
競技から退かず
4回転を追及し続けてくれるのは
とても嬉しいです
4回転しない金メダリストは
つまらないです

取りあえず
トリノの世界選手権
どう?
出てみない?




真央ちゃんと二人で
4回転とトリプルアクセルで
有無を云わさず
頂点取って下さい!

採点方法とか
周りでグチャグチャ云ってますが
ジャンプを完璧に飛べば
審判は点数付けざるを得ないんだし
得点が上げるポイントを
周囲のスタッフがもっと研究すべきだ!

ただ思うに
真央ちゃんの場合
曲や振り付けを
もそっと工夫した方がいい気がする
カリスマ性みたいなモノが欲しい
コメント (2)

居眠り磐音 江戸双紙3 ~花芒ノ海~ 29

2010-02-28 | 読書
時は安永二年・初夏
江戸深川六間堀
金兵衛長屋に住む坂崎磐音
直心影流の達人なれど
日々の生計に迫われる浪人暮らし
そんな磐音にもたらされた
国許
豊後関前藩にたちこめる
よからぬ風聞
やがて亡き友の想いを胸に
巨悪との対決の時が…


いよいよ
豊後関前藩に乗り込みます
坂崎磐音
諸悪の根源・守旧派革新派

やるときゃやります!
眠り猫こと坂崎磐音

陰謀の犠牲になった
小林琴平
河出慎之輔&舞の敵を
ハッキリクッキリキッチリ
つけさせて頂きやしょう

江戸から関前まで
よく歩けるよなぁ~
昔の人は
異様なほど健脚だったのね…
コメント

四川料理

2010-02-27 | ご馳走さま~♪
友人と
YOSA PARK
リフレッシュした後
元町エピセへ…
四川料理のお店です



これまでに
4回程足を運びましたが
いつも満員で
門前払いでした

口コミで人気急上昇らしい
なので今回は
事前に予約をしてみました



中華料理とは思えない…



スタッフの対応も
キチンとしておりまして
気分良く
楽しい時間が過ごせました
コメント

居眠り磐音 江戸双紙2 ~寒雷ノ坂~ 28

2010-02-26 | 読書
江戸深川六間堀
金兵衛長屋で浪々の日々を送る坂崎磐音
直心影流の達人だが
相も変わらぬ貧乏暮らし
仕事の口を求めて奔走する磐音に
暇乞いした豊後関前藩との予期せぬ関わりが生じて…
些事にこだわらず
春風駘蕩の如き好漢・磐音が
江戸を覆う暗雲を斬り払う

親友や許婚
そして己の人生を流転ならしめた黒幕の存在が
朧気ながら見えてきたぁ~
昨日の敵は今日の味方?
侍の闊歩する時代だから
娯楽時代劇だからこそ描ける世界です

その日暮らしに近い
常に
お金に困っている磐音ですが
長屋や今津屋
そして
宮戸川の面々に助けられ
妙に明るく生きている
いや
生きていられるその強さと言うか
図太さと言うか
胆の据わり具合…
良いです

全巻読むつもりですが
全巻購入すると
‘きんす’は如何程かかるやら…
コメント

人間失格 9

2010-02-25 | 映画
貴族院議員の父親を持ち
津軽では
有名な資産家の息子・大庭葉蔵
作り笑いをこっそり練習し
体育の授業では
わざと失敗を装って
みんなの笑いを買う
人間というものが
よくわからない葉蔵にとって
周囲となじむには
“道化”が
唯一の手段だった
だが
そんな葉蔵の計算は
クラスメイトの竹一に見抜かれてしまう
あせって竹一に取入った葉蔵は
彼からある予言をうける
それは
女にモテるということ
そして
偉い絵描きになるということ



竹一の予言どおり
葉蔵は
女に不自由することがなかった
飲み屋の芸者たち
何かと部屋を訪ねてくる
下宿先の娘・礼子
金なしで酒を飲ませてくれる
カフェの女給・常子
中でも
常子に自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は
ある日
鎌倉の海で心中を図る
だが
死んだのは常子だけだった…


      

なんか…
原作に登場する葉蔵よりも
サラッとしたと言うか
単に無気力で薄っぺらな感じだった
数々の女性遍歴が描かれてはいるけんですが
ショートドラマを
繋ぎ合わせたような印象感じて
映像としての繋がりも感じられない

中原中也を登場させるのも解らない
それ以前に
森田剛が中原中也役で登場するのが
ありえない

小池栄子さんの静子はどうなの?
物凄く違和感
あ~ゆ~役は不向きだと思います
ワンパターンなんだもん
良子さんもね~

生田斗真が
後半に進むに従って
自分なりの葉蔵を掴んで
世界に入り込んで行ったのが解ります
特にラスト
三田佳子さん演じる鉄子と葉蔵のシーンは
見応えありました
それまでのエピソードが
ぶっ飛んだ!
三田さんって…
凄いわ!!

映像は綺麗でした
耽美的?

一応
映画鑑賞の前後は
原作読んだ方がベターかな?
最初の方
眠気との戦いでした

コメント