時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

日差し

2007-03-28 | 仏蘭西探訪(20区内)


サマータイムに切り替わった今週
とりあえず
暖かい日が続いている
日差しも心なしか春っぽい


そういえば
二十四節季‘清明’も来週にひかえているではなか!

いよいよ春本番

学校からのお知らせによると
今週末には
郊外で‘HANAMI’が行われるらしい

パリにも‘桜’あるんだろうか…


セーヌ川の両岸に
桜並木があったら
さぞ綺麗だろうなぁ~
なんて事をふと思った午後です



日本では
年度末の時期!
仕事されている方は大変かな?

去る人 残る人
それぞれに色んな思いが心をよぎる時季でもあります

頑張りましょう


A bientôt
コメント

世界フィギアスケートエキシビション

2007-03-26 | Figure skating
話はかわり
先程から
世界フィギアスケート
エキシビションが放送されております

世界水泳も放送されてますが
気がつけば
今までは
敬遠されていた肌の方々も頑張っていらっしゃる

こうして国・人種の枠を超えて
第一線で活躍できるようになるまでには
その草分け的な人物がいてこそ

こうして現役の選手がいられるのは
その人達の努力あってこそ
ふと
フランスの女子フィギアスケート選手
スルヤ・ボナリーを思い出しました



話が‘難い’?
いやいや氷の話題なんで‘硬い’んですよ(笑)

ブライアン・ジュベール…
やっぱカッコイイ
ジェフリー・バトル(カナダ)も結構タイプですσ(^^;)
ブライアン・ジュベールのアンコールのエキシビションは
彼の尊敬しているアレクセイ・ヤグディンを
何処となく彷彿させる

フィギアーも水泳もシンクロも
なんだかフランス人選手が頑張っているんですよぉ~
びつくり(゜o゜)です

コメント

教会結婚式

2007-03-25 | 仏蘭西探訪(20区内)


クラスメイトの結婚式に参列してまいりました


場所は7区にある
L'Eglise Saint Françoi Xavierというカトリックの教会です
教会での正式な結婚式って
実は

神父さんと4名の修道士が
祭壇上に設置された椅子に着席して後
式が始まったのでした



教会内は
とても色鮮やかで綺麗でした
6区のMétro Sèvres Babylone近くにある
CHAPELLE NOTRE DAMEも綺麗でしたが
こちらも実に美しい…
豪華絢爛ではありますが
派手~という印象ではなく
品のある教会でした



新郎は
式の前も最中もその後も
ず~とず~と嬉しそうで
本当に
にこにこ にこにこ にこにこ にこにこ にこにこ にこにこ
にこにこ にこにこ にこにこ にこにこ にこにこ にこにこ
していたのがとても印象的でした
本当に本当に嬉しそうで…

見ているこちらも
つられてにこにこ にこにこ
とても幸せな気分になりました

とは言え
当然言葉はフランス語なのであります
誓いの言葉も
当然フランス語…

一緒に参列したクラスメイト(印度人)の彼女は
修道女ということもあり
難なく一連の儀式に対応しているのです
そして優しい彼女は何気な~く
席に置いてあるプログラム(?)の
何処を読んでいるんだとか
何処を歌っているんだとか
教えてくれたのであります


式をあげる場合は
やっぱり
その国の言語がわからないと…
それに
宗教が違うと大変ですね~



式の後
Sèvres BabyloneにあるBon Marchéの裏側にある
教会内の一室に会場を移しての立食Party

お二人の友人・知人・ご家族
そして神父さんと共に
楽しいひと時を過ごしたのであります

本当に片言のフランス語と英語を使って
なんとか…
異文化交流頑張りました



そして そして
出されたお料理が…
美味しかったこと 
毎日品疎な食生活をおくっているσ(^_^;)には
大変なご馳走だったのであります

披露宴とも二次会とも違い
祝儀や参加費ってないみたいです
(ギフトは別にあるみたいですけど…)
はじめに新郎が挨拶をして
それから団欒が始まり
その後は
まったくフリータイム
テキトーに(本当に勝手に)帰っていくのです

宴とか会が苦手なσ(^_^;)も
なんとか溶け込めました
余興とかいろいろ企画しない方が
気兼ねなく参加できていいのかな?
っと思ったりしました

最後になりましたが

Félicitations!

末永くお幸せに
コメント

パリオペラ座にて

2007-03-24 | 舞台
23日からパリオペラ座で
歌舞伎の市川家による公演が始まりました
チケットは入手困難ですが
クラスメイトのK子さんとN子さんは
観劇されるらしい

N子さんに至っては
パリ市内を歩いていたら
たまたま見知らぬ日本人が
チケットの話をしているところに割り込んで

余っているからどうぞ!

っと譲って貰ったらしい…
運がいいし
押しが強い

歌舞伎の公演は
オペラ座開設以来初めてだそうです
演目は
歌舞伎十八番の「勧進帳」と「紅葉狩」
出演者によるフランス語の「口上」が行われたらしく
どんな感じだったのか興味は尽きない…
日本の伝統芸能はやっぱり世界に自慢できる!
日本人はもっともっと
日本古来からの芸術を大切にすべきた!
と思う日々

頑張れ日本文化!日本人!


コメント

ひょぇ~&ひょ~(雹)がふった日

2007-03-21 | 仏蘭西探訪(20区内)
ステュディオのポストに手紙が入ってた
何度目かの海外旅行で一緒なった
Sさんというご夫婦(奥様)からだった
年賀状を頂いたので
パリに戻ってから手紙を出していたのですσ(^^;)

手紙を開くと
そこには
フランス語の文章が…
(゜o゜)

語学に関心があるらしく
どっかの西北にある大学の
エクステンションセンターで
フランス語と英語と国文学勉強したとか
四谷の某大学でフランス語勉強したころは
一年で先生の話が理解できるようになったとか
今は
プライベートで英語とフランス語とスペイン語を勉強しているとか
フランス語は
宿題はよくできるけど会話が…とか

とかとかとかかとかとかとかかとかとかとかかとかとかとか
とかとかとかかとかとかとかかとかとかとかかとかとかとか

このσ(._.)にそーゆー話題はふらない(笑)

クラスのJaponais&Japonaiseは
春休みと5月の連休を利用して
オランダ行くとか
ベルギー行くとか
南仏行くとか

とかとかとかかとかとかとかかとかとかとかかとかとかとか
とかとかとかかとかとかとかかとかとかとかかとかとかとか
とかとかとかかとかとかとかかとかとかとかかとかとかとか

_(._.)_

あたしとかって…

こんなことばっかり書いても
つまらないわね…

虚しくなるからやめよ…

って思ったら
急に窓ガラスを叩く派手な乱打音…

何やの?

ひょ~が降っとる
雹が!!!
コメント