時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

呪ってやるぅ~byジャック・ド・モレー

2009-05-08 | 仏蘭西探訪(20区内)
仏蘭西探訪も
今回でひとまず終わりです

ラストを飾るのが
呪ってやるぅ~


ジャック・ド・モレー(Jacques de Molay)

第23代目
テンプル騎士団総長にして
最後の総長であった彼は
初代総長ユー・ド・ペイエンと
同じくらい
有名な人物なのだそうです



モンサンミッシェルを観光した時
修道院とテンプル騎士団の関係資料を読み
その時に
テンプル騎士団最後の総長
ジャック・ド・モレーと騎士団の
シテ島での最期を知りました



ジャック・ド・モレーは
ブルゴーニュ地方の
小貴族の子であったとされていますが
その人生の2/3は
よく解っていないそうです

聖地から追われた後
一つの王国以上の資産を擁していた
騎士団の財政をうらやんだ
フランス王フィリップ4世により
異端の濡れ衣を着せられ
異端審問のうえ有罪とされてしまいます



フィリップ4世は
テンプル騎士団の資産没収を終えると
口封じのため
1314年
投獄されていた
4人の指導者たちの処刑を指示


フランス王フィリップ4世             火刑に処される騎士団員

この時
パリ・シテ島の刑場で
生きたまま火あぶりにされた
最高指導者のひとりが
ジャック・ド・モレー
その人だったそうです


ドーム型の屋根はフランス学士院 エッフェル塔 セーヌに架かっているのは芸術橋

ジャック・ド・モレーは
亡くなる前に

フィリップ4世と
ローマ教皇クレメンス5世らに呪の言葉を残した

と言われています

フランス王家となった
カペー家直系の断絶を願う呪の言葉も…

テンプル騎士団について
ご存知の方には
常識なのかもしれませんが
σ(^^;) にとっては…



ガイドブックにも
載っていない
歴史の闇的な部分に
興味をそそられたのです

時の流れとは
なんとも不思議です

だって
14世紀
生きたまま
人を火あぶりにした場所が
21世紀の現在
こんな長閑な
憩いの場となっているのですから…

その後
1314年に
フィリップ4世とローマ教皇クレメンス5世は急死
そして
カペー家直系の断絶により
1328年にフランス王位は
ヴァロワ家に継承されていると言う

これが
第23代目テンプル騎士団総長にして
最後の総長ジャック・ド・モレーの
呪いだったのかそうでないかは
永遠の謎です…
コメント

パリ・ノートルダム大聖堂

2009-05-07 | 仏蘭西探訪(20区内)
パリと言えば
エッフェル塔
凱旋門
ルーブル美術館etc
他にもいっぱいあるけれど

ここんとこ
各地の大聖堂を見て回ったこともあり
最後は
フランスの最高峰‘Cathédrale’を代表して
ノートルダム大聖堂



blogにも
ちょくちょく登場して頂いた聖堂です

この日は
お昼前後ではありましたが
聖堂内で
ミサが行われていました

とこが



北側のばら窓も見納め~

西洋人って
自分のカメラの使い方
知らない人が多過ぎ
最低限
フラッシュのOFF設定くらい
マスターしろ~
ここは
フラッシュ禁止だ!!

厳粛なミサの最中
熱心な信者さんたちに
ご迷惑です!



とは申せ
観光客に
社会科見学で来たらしい
地元の子供軍団
黙っているなんて
絶対無理

『シーッ!』『シーッ!』『シーッ!』
がいたる所で響き渡っていました

この聖堂に
静寂な時が訪れるのはいったい


とは申せ
廃墟のように
放置されていたこの大聖堂も
19世紀の大修復を終え
ここまで
我々の目をむけさせるとは…

ある意味
完全に復活を遂げたと
言えるのではないでしょうか?



そして
仏蘭西探訪も
いよいよラストを迎えます

あそこへ参ります
コメント

シュツボツス

2009-05-06 | 仏蘭西探訪(20区内)
この日も
朝からすこぶる快晴

早速
朝一で
映画を見ようと
フォーラム・デ・アールへ

パリで
最後の映画鑑賞

それから
友人と待ち合わせ時間まで
少しは
感傷に浸った方が
良い様な気がしたもので
久しぶりに市内を
散歩してみることに…



パリに来た頃は
修復のため
その姿を見ることが出来なかった
サン・ジャック塔も
今では
その全貌を見ることが
出来るようになりました



ジゾールで訪れた
サン・ジェルベ、サン・プロテ教会と
同じ名前の教会がこちら
パリのサン・ジェルベ、サン・プロテ教会

ミサが行われる際には
沢山の人が訪れるこの教会も
平日の午前中ともなると
ひっそりとしていました



以前訪れた時は
身廊部分を修復していたのですが
それも無事終わったのでしょう
美しいステンドグラスと絵画を
貸切状態で堪能

ルーベンスの作品があると
聞き及んでいたのですが
どれだか解らずじまい




初めて
この教会に足を踏み入れた頃を
回想しつつ
当時の自分と今の自分を
比べたりしてみました



地理感覚も方向感覚も
初心者だった頃と比べると
格段の進歩

颯爽とはいかないけれど
雑踏の中でも
ビビラナイ自分がいました



市庁舎の脇を通り
アルコル橋を渡り
一路
ノートルダム大聖堂へと向かいました
コメント

食通展!?

2009-03-15 | 仏蘭西探訪(20区内)
17区Porte de Champerretから歩いて5分
「食通展」らしき
イベントが開かれている会場に
出没して参りました



ここでは
定期的に食料品に関する
展示即売会が開かれているようです

例年
秋にPari Fermier
と言うタイトルで開かれています
(2007-10-21)
(2008-10-18)

このおじさんも
blogに登場すること3回目(笑)
「久しぶりだね~」
って感じで
顔覚えられましたσ(^^;)

今回も
‘椎茸の炒め物’夕飯のおかず用にゲット!



ワインにチーズ
チョコレート
クッキー
ドライ・フルーツ
エスカルゴ
オマールえびのスープ
生ハム
牡蠣…

食べ物以外では
調理用品などのお店も出店されてました
軽食ブースもあります



「パリ市」でも
登場したスパイスのお店です
カレーライスが
無性に食べたくなってしまいました



チーズのブースと
ハムのブースは
相変わらず
独特の香りと色合いです

今回は
近寄りがたい
チーズは少なかったかな?



パリに来て
初めて食べたのが
この‘カヌレ’です
最近は
特にハマッテますσ(^^;)

お菓子やケーキ作りに
全然関心のない小生
‘マカロン’も知りませんでしたから…

勿論
これもパリに来て
初めて食べたお菓子だったりします



こちらは
オリーブを原料にした石鹸です
こちらで販売されている
洗剤や柔軟剤に付いている
匂いが超苦手な小生も
大丈夫と言う
珍しい石鹸でして
思わずゲットさせて頂きました
コメント

カーニバル・ド・パリ

2009-02-23 | 仏蘭西探訪(20区内)
最近よくツルム
フランス人2人+σ(^^;)は
20区のGambetta大通りから
11区・10区・9区にかけて繰り広げられる
イベントを見に行って参りました



もうひとり
参加するはずの
フランス人1名は
何やら
家の掃除がはかどらず
定時に間に合いませんでした(笑)



そのイベントとは!

パリに住む
多国籍な人達による
パレードです

毎年恒例みたいです




その企画意図が
イマイチ不明瞭…



お巡りさん達が
容赦なく
通りを通行止めにしていきます

一般車両は有に及ばず
巡回バスだろうが
観光バスだろうが
その進行は
強制的に軌道修正を
余儀なくされるのです



不思議です
文句ひとつ言いませんからね~



ブラジルの旗を掲げている
グループと
タヒチの文字を掲げている
グループ以外は
何処の国だか解かりません

そこいらの人が
ドサクサに紛れて
一緒に行進しているような
気がしないでもない



何処からとも無く現れた
仮装行列は
ヤンやヤンやと
音楽を奏で
雄たけびを揚げつつ
通り過ぎて行きました



そして
あっという間に
見物人の姿は消えうせ
街は元の姿に戻るのです

幻を見ていたかのように
何も無かったように
人が
車が
時が
通り過ぎて行くのです
コメント