時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

SALON DU CHOCOLAT 2008

2008-10-31 | 仏蘭西探訪(20区内)
ちょいと
ご無沙汰しました



ボキャブラリーも
専門知識も乏しいもので
連日
映画の感想更新と言うもの
結構しんどかったりするσ(^^;)



水曜日から始まっている
毎年恒例「SALON DU CHOCOLAT」
行って参りました



今年は
水筒持参!
熱々のブラックコーヒー片手に
チョコの試食に励みました

結局
飲む暇なく食べ歩きしてましたけどσ(^^;)



去年に比べ
出店数が結構減ったようですが
その分
フロアに余裕スペースが出来
多少
ゆったり気分で散策出来かな?



試食は
無論のこと
今年は
ドリンクの試食ブースが
比較的多くて
いい感じでした

マイ水筒要らなかったじゃいね~
┐(~ー~;)┌



食べる楽しみも
然る事ながら
見て楽しむことにも
かなりポイントを置いていたような気がします



チョコレートを使った
衣装の他にも
楽しいオブジェが本当に
沢山ありました



鯖の缶詰め
あさり
人参
ホワイトアスパラ
キノコ
ジャガイモ

どれもこれも
愛らしいそのお姿…



有名どころが集まっての
デモンストレーションや
腕を競う
コンテストなどもありました

チョコレートの博覧会ではありますが
ジャムやフォアグラ
ワインやジェラード
スパイス屋さん
なんかもあるんですよ

 

先月行った
‘Pari Fermier’に出店していなかった
ジャム屋さんが
なんと
こちらの会場で
試食&販売していたのですよ

思わず
ジャム買っちゃいました 
^m^


                                           れっきとしたチョコです

来年には
日本でも
この企画が催されると思いますが
基本的に
チョコレートの有名処しか
出店しないのかな?

Paris Expo
10月29日(水)~11月2日(日)
10:00~19:00
入場料12€
会場  Porte de Versaills Halls 5/2 et 5/3
Métre  Porte de Vereailles⑫

コメント

L'Atelier du Plateau fait son Cirque 2008

2008-10-25 | 舞台
今年も
‘Cirque’の季節がやって参りました




今年も
L'Atelier du Plateau  fait son Cirque 2008
見に行ってきました

10月9日から始まった
この公演も明日が最終日

日替わりで
色んなパフォーマンスが見れるで
出演者を事前にチェックして行くのがベストかな?



フロアの隅には
カウンターバーがあり
食事も出来ます
大きな鍋からは
美味しそうな香りが漂い
かなり魅力的だっんですが
食べませんでした



今回も
楽しませて貰いました

写真が
見事に全部ピンボケで
お見せ出来ません



なので
オペラ座前での
多分
この時季恒例
若者有志による演奏パフォーマンスを
ご覧下され



コメント

夜のピクニック

2008-10-24 | 映画
原作は
第2回本屋大賞に輝いた
恩田陸さんのベストセラー




北校生徒1000人が
一緒に
24時間夜を徹して
80キロを歩く伝統行事‘歩行祭’

今回で最後の歩行祭となる
3年7組の甲田貴子は
密かな想いを抱いて
‘歩行祭’に
参加しようとしていた

それは
一度も話したことのないクラスメイト
西脇融に話しかけるということ



ニューヨークに引っ越してしまい
最後の‘歩行祭’には
参加出来ない
親友の榊杏奈から

「多分 あたしも一緒に歩いてるよ
 去年 おまじないをかけておいた
 貴子達の悩みが解決して
 無事ゴール出来るように
 ニューヨークから祈っています」

と言う
謎の激励絵葉書が送られてきて…

ともかく
今年は
遊佐美和子と二人で
完走を目指す



「貴子達の悩みが解決して…」
少なくとも
貴子には悩みがあった

西脇融と
挨拶すら交わすことが出来ない

二人には
互いの親友にも言えない
特別な秘密があったのです



今年で最後だから
特別な日だから
賭けにでるのは今日しかない!
ひと言でいいから…

そして
最後の歩行祭が始まる



実はこの2人
異母兄妹と言う関係
お互い微妙な立場にして
心情も複雑なのです


そんな事情を知らない
親友や友人たちは
二人が
意識しながらも近づくことができない

勘違いして
告白するようけしかけるのでありました

清々しい青春だね~



北校名物
「歩行祭」とは
恩田陸さんの母校・水戸第一高校で
戦前から行われている
伝統行事なのだそうです

80キロの道のりを
一昼夜かけて歩く

仲間たちと
しゃべりながら歩いていると
あっと言う間に数時間歩いている



実は
小生にも
似たような経験があるのです

なので
この映画
別の意味で思い入れがあったりするのです

山の手線に沿って
一周を一昼夜かけて歩く
ってやつ…

ちなみに
ゴールは上野公園でした



生徒たちは
願掛けじゃないけど

例えば
好きな人への告白だったり
受験の合格祈願だったり
トップでのゴールだったり
歩き切ることだったり…

それぞれの想いを抱いて参加します

色んな思いや出来事を
‘歩行祭’と言う
ただ歩くと言う行為の中で
とても爽やかに描いています



海沿い
長閑な田園風景
そんな所を
ワイワイガヤガヤと
歩くのは

翌日から始まるであろう
全身筋肉痛と
膝関節が勝手に笑だす状態を
予感しつつも

楽しい青春の一コマとなるのであります!

小生も
どうせ歩くなら
映画のように
車の排気ガスにまみれて
ではなく
自然の中を歩いてみたかったかな?



‘歩行祭’は
人生を黙々と歩く
人生を生きる
その縮図のようなモノかも…

そんな思いが
よぎった映画「夜のピクニック」


コメント

エッフェル塔に登る

2008-10-23 | 仏蘭西探訪(20区内)
このblogでは
何度も登場している‘エッフェル塔’


      シャン・ド・マルス公園

東京タワーと同じく
眺めるだけで
意外と地元住民は登らないシロモノ


                 現在3箇所から登ることが可能

登ってまいりましたぁ~(*^^)v

チケットを購入のため列に並び
エレベーターに乗り込み2階に上がるまで
およそ45分
それから最上階の3階に上がるエレベーター
待つこと30分



東京タワーと違い
展望台は
簡単な柵や
金網が設置されているだけの吹きさらし

開放感抜群!

気圧の関係で耳がぁ~


        最上階から更に上                    セーヌ&16区シャイヨー宮殿

少々冷たい風と
暖かな日差しを浴びながら
景色を眺め
待つのもこれ一興


                                                   凱旋門!  

さてさて
フリー百科事典『ウィキペディア』によりますれば

フランス革命100周年を記念して
1889年にパリで行われた
第4回万国博覧会のために建造されたエッフェル塔
建設は
万博に間に合わせるため
2年2ヶ月という驚異的な速さで行われたが
1人の死者も出さなかったそうです
って当たり前のことだよね(笑)


          ブローニュの森とパリ副都心‘La Defense’

建設当時の高さは
312.3m(旗部を含む)で
現在は
放送用アンテナが設置されたため
324mなんだそうです

57.6m、115.7m、276.1mの高さに
それぞれ展望台がありまして
第2展望台までは
階段でも昇ることが可能


            セーヌ川&グラン・パレ国立ギャラリー         アンバリッド廃兵院

水圧エレベーターなど
当時の基本構造は
今でも現役で稼動しているそうです

ちなみに
鋼製ではなく錬鉄製の塔


       ギ・ド・モーパッサンが通った1階のレストラン?

奇抜な外見のため
建設当時は賛否両論に分かれたそうで
反対派の文学者ギ・ド・モーパッサンは
エッフェル塔1階のレストランによく通ったが
その理由として
「ここがパリの中で
いまいましいエッフェル塔を見なくてすむ唯一の場所だから」
と言っているそうです
この発言から
「エッフェル塔の嫌いなやつは、エッフェル塔に行け」
と言う諺も生まれたんだって!


        手前か奥の緑の芝生はロンシャン競馬場か?

万博後
来訪者も減ったことや
当初の契約から
1909年に
解体さそうになったのですが
軍事用の無線電波を
エッフェル塔から送信することになり
国防上重要な建築物ということで
現在に至るまで残っているそうです

1991年
この塔を含むパリのセーヌ川周辺は
世界遺産として登録されました



1階フロアには
レストランの他に
休憩エリア
展示室にミニシアターも併設してました

展示室では
2000年の新年を祝って
一見
エッフェル塔から出火したような気にさせるほど
エッフェル塔さんが
過剰な花火をまとった様子が流されてました



σ(^^;) とした事が
2階にある
‘RESTAURANT JULES VERNE’
の写真撮ってくるの忘れました~



最上階(3階)には
小さな個室があり蝋人形が3体ほど…
その部屋の壁に日本語を発見!

昼の景色も楽しいけれど
夜に来て見るのもいいかも!

パリ完全撤退の際には
‘RESTAURANT JULES VERNE’
でディナーしてみっか?


今日
バスで
シャンゼリゼ大通りを横切ったら
既に
並木に
Noël用のイルミネーションの取り付けが…

はやっ (^_^;)

コメント

大帝の剣

2008-10-22 | 映画


ある夜
湖に未知の物体が落っこちてきた
その物体には
敵対する二体のエイリアンが潜んでいた

エイリアンの目的は
ズバリ‘オリハルコン’
遥か昔
この地球に飛来したらしい
‘オリハルコン’



地球に飛来する途中で3つに分裂

一つはスカンダの‘独鈷杵(とっこしょ)’
一つはユダの‘十字架’に姿をかえた
一つは古代マケドニアの王・アレキサンダー大王の手に渡り
後に‘大帝の剣’と呼ばれる大きな剣に姿をかえた

この金属は
持つ者の意思に反応し
その生命体の能力を増幅させる

三つのオリハルコンを手にした者は
神のごとき力を得ると言われ
有史以来
どの権力者がそれを欲した



16世紀初頭
を流れに流れたオリハルコンが
日本へ・・・

江戸時代
徳川幕府が生まれてから数十年後
三代将軍の時代になっていたが
豊臣の残党は
まだ反撃の機会をうかがっていた
そんな時代

落下現場に運悪く居合わせた
豊臣の血を引く娘・舞は
‘RAN’と言うエイリアンにのり移られてしまう

そして
もう一対のエイリアンもまた人間にのり移るのであった



この映画の主人公・万 源九郎は
三種の神器の一つ
‘大帝の剣’の所有者

残りのオリハルコンを手に入れ
しかるべき者に託すというのが
祖父から託された遺言



源九郎

豊臣の残党
徳川勢
忍者佐助
天草四郎
エイリアン
入り乱れて
‘三種の神器オリハルコン’の
争奪戦が幕を開ける



ははは…

何なんだ
滅茶苦茶なこの映画は!

一応
真面目に作ったんだよね?



万源九郎役の阿部寛さんが
破天荒なキャラを爆笑モノで好演

舞を演じている
長谷川京子さんの下手さ加減がいい!
 
ここまでヘタッピ~に演じられる
長谷川京子さんの才能に拍手

彼女が演じるRANもです!



佐助役の宮藤官九郎さんと
手妻の籐次役の大倉孝二さん
いい味出してます

宮藤官九郎さんの
台詞の棒読みが新鮮

権三・ダクシャ役の遠藤憲一さんが
ひとり異彩を放ちます




しかし
何と言っても
すんばらすぃ~のは
ナレーターの江守徹さんです

頭を空っぽにして楽しむ
‘B級映画’

この阿保らしさ加減
σ(^^;)
好きですよ



コメント