時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

サロン・デュ・ショコラ

2008-01-31 | ご馳走さま~♪
 

Mixiの方でも
blogサイトを持っているのですが
そちらのコラムニュースを見ていたら
‘SALON DU CHOCOLAT’が
東京伊勢丹で開催されたという記事をみつけました

全13か国 
約55ブランドのブランドが集まっていたとか
試食も当然出来たんだろうな~
パリと同じなのかな?
食べまくりましたね~あの時は…(笑)



有名なお店の
滅茶苦茶高価なチョコって
美味しいけど
スーパーで売っているような
板チョコの方が
庶民のあたしには合っている気がする

一粒数百円もするようなチョコ食べても
食べた気にならん(笑)



こちらで売られているチョコレートは
カカオ含有量が
どど~んと
前面に表示されてるタイプをよく見かけます
その量によって
値段が結構違ってきます
海外は
常識なのかな?

以前99%の含有のチョコを食べたら
全く想像していた味と違ってて
そのままでは
到底食べれるモノではなく…
悲惨な目にあった事を
ふと
思い出しましたσ(^^;)

たかがチョコ
されどチョコ



女装した
妙に綺麗だったあんちゃん…
日本に行ったのかな~
伊勢丹の会場で
踊ったんかな~

…ないな…
コメント

そして夜は更けてゆく

2008-01-30 | 仏蘭西探訪(20区内)


Noëlの季節は
当に過ぎ去りましたが
今もなおシャンゼリゼは
イルミネーションに彩られております
去年から
色がブルーに変わってます



凱旋門や
コンコルド広場にある観覧車をバックに
写真を撮る観光客は
絶えることはありません

舗道に人が多くとも
車道で車が渋滞していても
両サイドに
建築物がギッシリ建っていても
充分な幅を取っているせいか
空もよく見えるので
重圧感や圧迫感が感じられません



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によれば
‘Les Champs-Élysées’ とは
ギリシャ神話において有徳の人が死後に住む極楽浄土を意味する
エリュシオン (英: the Elysium, the Elysian Fields) のことである
そのため
シャンゼリゼ通りは
日本風に言うと「極楽浄土通り」
または
「極楽通り」ということになるそうです

排気ガスが充満していて
とてもじゃありませんが
「極楽」とは言えないと思いますが
でも
美しいと思える景観ではあります



周囲との調和を図り
都市計画を行うというのは
西洋では当たりまえ
日本も
古い建築物や町の景観を大切に保護する感覚を
大切にして欲しいと思いますね~
コメント

クローズZERO

2008-01-29 | 映画


鈴蘭男子高等学校
通称・カラスの学校
不吉な嫌われモノ=カラスのような不良学生たちが集まる
偏差値最低の男子校
現在の最大勢力は
3年の芹沢多摩雄が率いる“芹沢軍団”だが
いまだかつて
鈴蘭を統一・制覇したものは
誰もいない

そんな群雄割拠の鈴蘭に
ひとりの男が現われた
3年の転入生・滝谷源治
不可能と言われている鈴蘭制覇を本気で狙う男
群れることを嫌い単独行動する源治であったが
ふとしたことで知り合った
鈴蘭卒業生のチンピラ・片桐拳と友情を深める
そして拳のとりなしもあって
源治のもとに共に戦う強力な仲間達が集まってきた
かくして鈴蘭の内部抗争はより一層激化していくのだった
って話です



鈴蘭のてっぺん昇ってからみる景色ってのはよ~
さぞかし壮大なんだろうな
と山田孝之扮する芹沢が
校舎の屋上で呟くシーンがありますが

・・・壮大なんでしょうか
たかが高校の抗争でてっぺんとって?
鈴蘭高校が
全国でどんなポジションなのか
鈴蘭のてっぺんに昇るってことが
どんな意味があるのか
その当たりが明確にわかると
面白いのかもしれないけど・・・

何のために
てっぺんに昇りたいのか
鈴蘭制覇のその先にあるものとは
源治と芹沢の真の狙いとは?



解離性脳動脈瘤で死を覚悟した時生の存在が
源治と芹沢の間に微妙な関係を生む
時生はかつて源治のダチであり
いまは芹沢のダチ
その経緯も良く解からん

この世界感は理解しがたいけど
小栗旬ふんする源治と芹沢には
男が男を引きつける‘男気’があるようです
めいっぱい真っ直ぐに生きていく
これも青春です

姑息な手段を使って
源治を窮地に追いやろうと芹沢派の参謀戸梶
武装戦線四天王阪東をも巻き込んで
抗争はますますエスカレートしていく


この世界にもあるのか解かりませんが
正々堂々をモットーに
土砂ぶりの雨の中
素手での勝負に挑む彼らの姿
そこには
生きている
自らの道を突き進んでいこうとする
力強さがあふれています
戦う男の本能全開です



芹沢軍団とGPSの抗争は
芹沢軍団優位に思えましたが
何故か武装軍団の阪東が乱入
これも源治の‘男気’に惚れたようです

源治と芹沢の一騎打ち
雨も上がり
真っ赤な夕焼けを背景に
男と男の真っ向勝負が始まります

これもまた
爽快というか
気持ちがいいというか

‘男の美学’

これで終わりかと思ったら

某神社
成功率30%の手術に成功した時生と芹沢多摩雄
滝谷源治
そして
抗争には一切関与しなかった
2年のリンダマンこと林田恵の姿が・・・



「悪いな お前(リンダマン)を倒さないことにゃ鈴蘭を制圧したとは言えない」
「鈴蘭制覇はありえない あんたが芹沢を倒したように新しい奴らが次から次へと出てくる」
「その相手をしているうちに(源治は)卒業ってことになる」
「それはどうかな」
「容赦しね~ぞ」
「いくぞ」

鈴蘭のてっぺんめざし
源治は戦いを挑む


コメント (2)

老舗カフェらしい

2008-01-28 | 仏蘭西探訪(20区内)


シャンゼリゼ大通りと
ジョルジュ・サンク大通りがぶつかる一角にあるのが
1899年創業の老舗カフェ‘Fouquet's’

見るからに高そうなカフェであります
カフェなんだけど
ジーンズにTシャツ&サンダルなんて姿で入ろうものなら
門前払いをくらいそうな雰囲気でした



入り口の足元には
フランスのセレブな方々のネームプレートが敷き詰められています
カフェに入らず
正面入り口で
記念撮影をする観光客の姿もみられました



常に観光客で賑わうこの通りには
ポリスも定期的に巡回しております
正面切って
撮影するには勇気がなく
おどおどしながら
後姿をデジカメに収めて見ました



この日は
意外と暖かく
Tシャツ姿で闊歩する人の姿もちらほら・・・
1月なんですよ 一応冬
ちなみに北海道より北に位置するフランス
なのに
Tシャツ姿で歩ける陽気
不気味・・・



デスノート上映してましたよ

シャンゼリゼ大通りには何件か映画館があります
ゆったりとした座席を擁する映画館らしいのですが
料金が高いとか?
すべての席が
他の地区にある映画館より高いらしい・・・

私が足を運んだ映画館は
大小様々でしたが
一応にみな綺麗な座席でした
なので
わざわざ高い料金払って
シャンゼリゼで見ようとは思わないな~
コメント

やった~

2008-01-28 | Tennis
全豪オープン男子シングルスファイナル
ジョコビッチ(セルビア)が
4大大会初優勝をしました
嬉しい~

全豪オープンの次は
5月から6月初めの
全仏オープン(ローランギャロス)が控えてて
そのあとは
すぐにウィンブルドン(6月から7月)
全米オープン(8月から9月)と続きます



世界ランキングの順位としては
男子
1位:フェデラー(スイス)
2位:ナダル(スペイン)
3位:ジョコビッチ(セゴビア)

女子
1位:エナン(ベルギー)
2位:クズネッォワ(ロシア)
3位:イバノビッチ(セゴビア)

全仏オープンのサイトがもう立ち上がっていて
チケット購入できそうなのです
登録したので
申し込みしてみたいと思います

コメント