時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

ATP World Tour 500 Rakuten Japan Open Tennis Championships 2016

2016-09-30 | Tennis
主催者推薦枠(ワイルドカード)で
出場予定だった
ファンマルティン・デルポトロに続き
スタニスラス・ワウリンカが
背中の故障を理由に
楽天オープンの
欠場を
発表した模様

と言う事で
シードですが

第1シード 錦織圭(5)
第2シード ガエル・モンフィス(8)
第3シード トマーシュ・ベルディヒ(9)
第4シード マリン・チリッチ(11)
第5シード ダビド・ゴファン(14)
第6シード ニック・キリオス(15)
第7シード イボ・カルロビッチ(20)
第8シード フェリシアーノ・ロペス(27)
   ( )内は26日付世界ランキング

こんな感じ?

天敵の
デルポトロに続き
ワウリンカが
出場しないのは
錦織選手にとって
非常にラッキー?

狙いましょう
2大会ぶり
3度目の優勝!



因みに
10月3日から
北京で開催予定の
ATP500チャイナ・オープンに
エントリーしていた
ノバク・ジョコビッチですが
肘の故障を理由に
欠場すると
発表しています
とは言え
10日から
上海で開催される
ロレックス・マスターズには
出場予定です

26日の段階で
世界ランキング
1位 ジョコビッチ 14040
2位 マレー     9345

年間ランキング
1位 ジョコビッチ 10240
2位 マレー     8185

となっております
取り敢えず
ジョコビッチの
世界ランキング1位からの
陥落はなさそうなので
残りの大会
全てエントリー
辞退して貰っても
いいんちゃいます?
と言うか
むしろ
もう出ないで
   

         画像はYAHOO!SPORT UK&IRELAND他より引用しています
コメント

9.26ATP LATEST SINGLES RANKING

2016-09-29 | ATP Singles Rankings
1.ノバク・ジョコビッチ(セルビア)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14040ポイント
2.アンディ・マレー(英国)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9345
3.スタニスラス・ワウリンカ(スイス)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6365
4.ラファエル・ナダル(スペイン)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4940
5.錦織圭(日本)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4875
6.ミロス・ラオニッチ(カナダ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4510
7.ロジャー・フェデラー(スイス)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3730
  (在位記録302週止)
8.ガエル・モンフィス(フランス)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3545
9.トマシュ・ベルディヒ(チェコ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3470
10.ドミニク・ティエム(オーストリア)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3295
-------------
64位 フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・770



全米オープンが終り
ATP World Tourは
250クラスの大会が
続いています
なので
TOP10の選手で
ポイント消失を止めるべく
Defending Championとして
大会にエントリーする選手以外は
メンテナンスを含め
しばしお休み
ってな感じみたいです

錦織選手に至っては
デビスカップ終了後
連戦のつかれもあってか
テニスから離れ
昨年の
初ライブ参加に続き
今年は
これまた人生初の
舞台観劇などして
リフレッシュしていたらしい


何の舞台を
観たのかな?
と検索してみたら


          

超メジャーな
舞台を
観劇したのかな
と思いきや
意外なチョイス
出演者の中に
お知り合いでも
いらしたのでしょうか

家族…
思うところが
あったのか?


Bunkamuraシアターコクーンでの公演は
昨日が千穐楽
来月から
愛知~大阪~静岡
と公演が続くそうですよ

            画像はYAHOO!SPORT UK&IRELANDより引用しています
コメント

逝年 37

2016-09-28 | 読書
人生にも恋愛にも
退屈していた
二十歳の夏
「娼夫」の道に足を踏み入れた
森中領(リョウ)
所属する
ボーイズクラブのオーナー
御堂静香が
大学のゼミの同級生
白崎恵(メグミ)の通報により
摘発され
クラブは解散したが
1年後
リョウは
静香の娘・咲良
平戸東(アズマ)
そして
クラブを壊滅に追い込んだ
張本人白崎恵と共に
会員制ボーイズクラブ
『Le Club Passion』を再開する

ほどなく
静香も出所するが
彼女は
エイズを発症していた
永遠の別れを前に
愛する人に
自分は何ができるのか?
性と生の輝きを
切なく清澄にうたいあげる
至高の恋愛小説
傑作長編『娼年』続編



新たに
会員制ボーイズクラブ
『Le Club Passion』を再開した
リョウですが
その事務所が
代官山なんですねぇ~
前作では
JR京浜東北線の
洋光台と言う
駅名も登場してました
風景が
リアルに思い浮かぶ
場所が登場すると
何か焦る

代官山かぁ~
勝手に
どのあたりの
ビルだろう~と
ガチ
想像してしまいます

何なんだ白崎恵!?
クラブを壊滅に追い込んだ
張本人のあ~たが…
物事を
多面的に捉えようとする
その姿勢は認める
評価もするが
何故に
マネージャーとして働く?
働くのが
悪いとは言わないが…

リョウは
御堂親子同様
この手の才能を秘めた人間を
スカウトする才能だけでなく
経営者としての
才能もあったようです
新宿二丁目のバーで
バーテンダーとして働いていた
川瀬歩(あゆみ→アユム)を
見い出します
歩は
身体は女性
心は男性と言う
性同一性障害者
両親に
『Le Club Passion』で
働いていることがバレ
一時は
どうなるかと思いましたが
そのあたりは
娘の苦しみを
近くで
長いこと見続けてきた
アユムの母・美津子の
心の叫びと言うか
思いが
何とか父・重行に伝わり
事なきを得ました

アユムは
両親に
思いを告げ
メグミと言う
心の支えにも出会い
一時
心の平和を勝ち取りました
この先
身体だけでなく
戸籍上も
正式に性別をかえ
メグミを
籍を入れようと
考えているようで
その道は
決して
穏やかではありません
しかし
自分の道を切り開こうする
その姿勢には
共感できる!

静香とリョウの
関係性については
精神的な絆とか
つながりを
深く語って
貰いたかったけれど
結局
最愛の女性
静香と結ばれること
望むリョウ
最期の時を前に
細心の注意を計りながら
それを受け入れる静香
と言う
シュチュエーションが
落ち処になっています

全2巻
読み終えて思う事

登場人物の
生き様や価値観が
正しいか
正しくないか
ではなく
この世界には
異なる人種・環境・価値観が
多種多様存在していて
願わくば
対立することなく
共存できる
寛容な社会であって欲しい
と言う筆者の思いが
込められて
いるのか?
いないのか?

いや
そ~ゆ~
ことじゃ
ないんだろうなぁ~

未熟な自分には
微妙だ

ただ
あえて
舞台にするこたぁ~
なかった!
小説で描かれる方が
余韻があって
作品の
世界観にも
品と言うか
美しさがあった
と言う事だけは
確信しました
コメント

ATP World Tour 500 Rakuten Japan Open Tennis Championships 2016

2016-09-27 | Tennis
楽天オープンテニスが
いよいよ
始まります
予選は1日から
本戦は3日からです

2日現在
海外からのエントリーは
スタニスラス・ワウリンカ(3)
トマシュ・ベルディヒ(8)
マリン・チリッチ(9)
ガエル・モンフィス(12)
ニック・キリオス(16)
フェリシアーノ・ロペス(18)
etc.

迎え撃つ
日本勢は
錦織圭
杉田祐一
岡田良仁
ダニエル太郎
以上
4名の出場が
決定しています



ノバク・ジョコビッチ
アンディ・マレー
来ないわなぁ~
ラファエル・ナダル
呼ぶなら
レアル・マドリードの試合
有明近郊で
やらんとあかんか?


コート以外にも
周辺施設の拡張整備は
必要不可欠!
オリンピックに向けて
どの程度
整えるのか
分かりませんが
グランドスラムレベルを!
とまでは言わないが…

            画像はYAHOO!SPORT UK&IRELANDより引用しています
コメント

東レ・パンパシフィック・オープン 決勝

2016-09-26 | Tennis
有明テニスの森公園で
行われた
シングルス決勝は
第1シード
現在
世界ランキング28位
カロリーネ・ボズニアツキに
世界ランキング66位の
大坂なおみが挑む形となりました

ボズニアツキは
世界ランキング1位の座に
立った事もある
選手です

結果は
7-5,6-3

大坂選手も
かなり
頑張ったようですが

ジリジリと
じわじわと…



第1セット7
ゲーム終了後
ボズニアツキが
左の太もも治療のため
メディカルタイムアウトをとれば
第1セット
終了後
大阪選手が
右肩の治療のため
これまた
メディカルタイムアウトを
申請

ストレート負けとなりました
残念ですが
日本の女子が
決勝ラウンドに
登場するって
久しぶりですよね~
伊達公子さん以来?

WTA最新ランキングでは
66位から47位に
ジャンプアップの予定です

大阪選手は
フロリダを拠点に
ツアー参戦されています
お父上の指導の下
お姉さんとふたり
テニスを始めたとか?
因みに
お父上は
テニスプレーヤーでは
ないです

180mの長身から
繰り出すサーブ
時として
錦織選手より
早いサーブ
打ちます
かなり威力ありそうです
体格も
セリーナ ウィリアムズを
髣髴させますし
世間では
和製セリーナ・ウィリアムズ
と彼女呼んでいるらしい

確かに
身体能力
恵まれてますよね
見るからに
パワーテニスの申し子
勿論
ご本人の
努力の賜物も
ありますけど

何となく
力任せと言うか
パワーで
押し切ろうと言うか…

            画像はAFP BB NEWSより引用しています
コメント