時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

Wimbledon Championships 2010

2010-06-30 | Tennis
当然
決勝で姉妹対決かと思いきや…

ロディックも
負けちゃいました

ところで

国枝
選手の方は
どうなっているんだろう

blogでは
シングル優勝したとあったけど…

              画像は
              2010 Wimbldon Championships Website-Official Site
                                   より引用しています
コメント

2010 World Cup 南アフリカ大会

2010-06-30 | Sport
いやぁ~
このシュート決まって欲しかったですね~
他のシュートやFKも
後から思えばどれもこれも悔しいに&惜しい




おはようございます
攻守共に頑張りましたが
勝利の女神は
パラグアイに微笑んでしまいました

でもまぁ~
諦めることなく
失点なしで延長まで戦い
PKまで…

悔いは残ると思いますが
やるだけやったんだし
よしとしましょう!

お疲れさんでした



ベスト8
どの国も強そうですね

はてさて
優勝の栄冠は…

岡田監督
この後
ほんとに
田舎に隠居して畑仕事するのか?

                   画像は毎日jpから引用しました
コメント

Wimbledon Championships 2010

2010-06-29 | Tennis
フェデラーメルツァー
6-3 6-2 6-3
危なげなくストレート勝ち


今日は
安心して試合の様子を見ることが出来ました

初戦&2回戦
あれは一体なんだったんだ…




このまま勝ち進みますと
準決勝あたりで
ジョコビッチと対戦することに…
地元のマレーも強そうだなぁ~

女子は
シャラポワ&エナンが
ベスト8を前に敗退
やはり
ウィリアムズ姉妹が断トツ?



忘れているわけではありませんが
アナ・イワノビッチ
2008年に全仏で優勝したものの
その後
怪我もあってか
一向に調子が上向きになりません

この大会でも
初戦で早々に負けてしまいました


                画像は
                2010 Wimbldon Championships Website-Official Site
                                     より引用しています
コメント

2010 World Cup 南アフリカ大会

2010-06-29 | Sport
サッカーについても
ズブの素人なので何処の国が強いのか
全然解りませんけど

決勝リーグの1回戦で
イングラントドイツ
アルゼンチンメキシコ
スペインポルトガル

この対戦カードは
頂上決勝バリ
というのは解ります

オランダスロバキアは
2-1でオランダの勝ちましたね
今日はこの後
フェデラーが出るのでの放送を見て
それから
ブラジルチリの試合を見る流れになりそうです


今回
欧州組が苦戦を強いられる中
南米組は順調ですね

寝不足確実!?
コメント

マイ・ブラザー 61

2010-06-28 | 映画
サムとトミーは2人きりの兄弟だが
何から何まで正反対だった
兄のサムは
学生時代
アメフトのスター選手
チアリーダーだったグレースと結婚し
2人の娘に恵まれた
米軍大尉として功績を残し
人望も厚い
理想的な人生を送ってきた



一方
弟のトミーは
定職にもつかず
挙句の果てに銀行強盗で服役するという
荒れた人生を送っていた

今日は
そんなトミーの出所日
サムは
数日後に戦地への出発を控えていたが
車で弟を迎えに行った



出所したトミーの居場所はどこにもなかった
元海兵隊の父は
厄介者の次男に辛らつな言葉を投げつけ
グレースと娘たちも彼への嫌悪を隠そうとしない
トミーが唯一心を開くのは
母親を亡くし
寂しい子供時代を共に支え合った
兄のサムだけだった

しかし
サムが戦地に旅立って間もなく
彼の訃報が家族の元に届いた



現実から逃げるかのように
酒に溺れるトミー
しかし彼は
次第に兄が何よりも大切にしていたグレースと娘たちを
自分が支えなくてはと思い始める
姪っ子たちは次第に笑顔を取り戻し
グレースとも打ち解けていった

新たな生活が順調に滑り出したと
トミー達に
サム生還の知らせが届いた


        グレースとの関係をハッキリ否定してあげればいいものを…

兄の帰還は
新たな波紋を起こした

空港に降り立つサムは
以前の穏やかなサムではなかった
数ヶ月間
どこで何をしていたか決して語ろうとせず
突然わけもなく激怒しては
姪っ子たちを脅えさせる
その上
グレースと自分の仲を疑い始めた


                   サムのような人…実際多いそうです

サムを
豹変させてしまった理由とは
何なのか

トミーとの仲を疑われ
娘たちも
父であるサムよりトミーを慕っている
この現実

最愛の兄を慕いつつ
その妻であるグレースに惹かれている自分

それぞれの思いが
複雑に交差していた
微妙な
不安定な関係…

そして
事件は姪っ子の誕生日の夜に起きてしまった



自分が留守の間に
トミーがリフォームしたキッチンを
叩き壊し
グレースに暴言を吐くサム

サムの様子を心配してやってきたトミーに
拳銃を向けるトミー

いったいサムに何があったのか? 
すべてが明かされる時
愛の力は
サムを救うことができるのか


                          サムも大切だけど…

『プリンスオブペルシャ』とは
全然違う演技&作品
トビー・マグワイアの演技も良かったですけど
トミー役の
ジェイク・ジレンホール

温厚で沈着冷静なトミーが
豹変していく様は
鬼気迫る演技でした

切ないです
皮肉と申しますか
残酷と申しますか

自分の父親に
お父さんなんで死んじゃえば良かったのよ!
お母さんと叔父さんは
何度も何度も寝てるの!

って…
寝てね~っ~の!
話を複雑にせんでくれ~


          

医療刑務所?
のような所に収容されたトミーが
アフガンで起きた真実を
グレースに語る場面で
エンディング

 ん?

おいおい
これからでしょ再生
ここで終わり!?

なんか
中途半端に放り出された感じ…


この先が肝心なんじゃん!

トミーとサムの父役
サム・シェパード
『ライトスタッフ』以来久々見た~
彼の本も何か読んだことあるぞ!?

コメント