時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

予約の意味とは・・・

2008-02-29 | 徒然
29日朝9時に
滞在許可証の更新手続きの予約いれてました
日本の一般常識に従えば
朝8時30分に役所が開き
予約時間の
朝9時に所定の窓口に行けば
多少前の人がいたとしても
そんなには待たされない気が・・・

08:40
préfecture de policeに到着
既に長蛇の列

09:40 
とりあえず建物内へ入れる
9時の予約に何人入っているんだ・・・

建物に入れても
インフォメーションで書類チェックして貰うまでに
既に一時間以上待たされる

11:00
ようやく
1階へ上がる螺旋階段へ向かう

11:40
順番が来て受付するも
書類に未記入の箇所があると指摘を受ける

12:00
正式に書類受理

待つ・・・ただ 待つ

13:00
仮滞在許可証受取る

ちなみに
10時30分の時点で
初回申請の人は
月曜日の午前中に来いと言われ
門前払い
建物内にも入れて貰えずに帰されていた

インターネットで予約する
意味は?
意図は?


コメント

小野不由美新作

2008-02-28 | 読書


小野不由美女史の「十二国記」シリーズの新作が
6年半ぶり発表されるらしい
タイトルは「丕緒の鳥」

何て読むのか解からない…
「丕緒」は
‘ひしょ’と読むらしい



2001年9月に出た
「華胥の幽夢(かしょのゆめ)」以来6年半ぶりだとか?
「ガラスの仮面」ばりに
引っ張ってくれてありがとう小野不由美女史…

「十二国記」ご存知でない方は
の舞台となるのは
出典: フリー百科事典『ウィキペディア』あたりで検索してみて下さい

とにかく
一日も早く
文庫で世に出てください

コメント

ぼんくら(下)

2008-02-27 | 読書


ここ数日
どうにも喉の腫れが気になり
とうとう
抗生物質服用し
早々床に着きました
最近
風邪を引いても
抗生物質って処方しなくなったみたいですね
以前
懇意のドクターに言われました

思い込みのせいか
服用した結果
お陰様で喉の調子はなかなかよろしゅうございます

ぼんくら下巻読み終わりました
「俺、ここでいったい何をやっているんだろう」
江戸・深川の鉄瓶長屋を舞台に店子が次々と姿を消すと
差配人の佐吉は蒼白な顔をした
親思いの娘・お露
煮売屋の未亡人・お徳ら
個性的な住人たちを脅えさせる怪事件
同心の平四郎と甥の美少年・弓之助が
事件の裏に潜む陰謀に迫る「ぼんくら」下巻でございます

一度耳にした事を
一字一句暗記してしまう
人間録音機のおでこや
弓之助が
子供らしからぬ機転のよさと洞察力で
平四郎を助けていきます

個人的に
おでこの記憶力が
非常に羨ましいと思いながら
読み進んでおりました

また
井筒家養子縁組の選定にあたり
平四郎の妻のお眼鏡に叶ったのが
弓之助なのですが
その理由というのが
なんだか笑えるのであります

弓之助と接していくうちに
子供が苦手だった平四郎の
心情に変化が見られるのですが
なんだか
嬉しくなってしまいました

でも…
湊屋総右衛門の目論み通り
鉄瓶長屋から店子がみんないなくなってしまうくだりは
ちょっと淋しい気がしました


結論

宮部みゆき女史の作品は
やっぱり面白い

コメント

ぼんくら(上)

2008-02-26 | 読書


なが…
やっと上巻読み終えた
ぼんくら=のらりくらり
って感じで
いつもの宮部作品に比べ
テンポアップのタイミングがつかめない

鉄瓶長屋の住人で
煮売屋を商っているお徳さん
新しいくやって来た
差配人佐吉
ぼんくら同心平四郎などなど
登場人物は
今回も
とても人情味溢れる人達ばっかりなんだけど

な~ぜ~だ~
コメント

天狗風

2008-02-25 | 読書


寝付いた時間が早かったせいでしょうか
明け方
目が覚めてしまい
結局
日の出前から
日没まで読書三昧

<あらすじ>
一陣の風が吹いたとき
嫁入り前の娘が次々と神隠しに…
不思議な力をもつお初は
算学の道場に通う右京之介とともに
忽然と姿を消した娘たちの行方を追うことになった
ところが
闇に響く謎の声や観音様の姿を借りたもののけに翻弄され
調べは難航する

『震える岩』につづく“霊験お初捕物控”第二弾

と言うことで読みで見ました
両親を幼い頃に亡くしたとは言え
岡っ引きの実兄六蔵とその妻およしに
大切に育てられるお初ちゃんは
幸せモンです

見えないものが見えたり
聞こえないものが聞こえるという
特異体質のお初ちゃんではありますが
それを忌み嫌うことなく
受け入れてくれる
懐の大きな人物に見守られ
お初ちゃんはパワー全開で
今回も難事件に挑みます

お初と事件にあたる古沢右京之介や
南町奉行根岸鎮衛も相変わらず
いい味をかもし出している
右京之介とお初の
今後の成り行きは…
鬼と呼ばれる吟見方与力であり
右京之介の父
古沢武左衛門は
まんざらでもない様子
お初を結構
いやかなり気に入っているみたいだし
最終的には
納まるところに納まってくれるといいな~

何時の時代でも
人の心にある光と闇 善と悪
特に今回は
女の美に対する執着が
事件の発端です

それも
なんだか当事者の気持ちも解かるような気もして…

そうそう
今回は
人間の言葉を話せる猫‘鉄’が
お初を助けてくれます

相変わらず
宮部みゆき女史の作品は
面白いです

話が結構長い…
引っ張って引っ張って
の割りに
最後の対決が
サラッと終わってしまったような気がします

この後
宮部作品の「ぼんくら」上巻を
読み終えまして
この後
下巻を読むつもりです

在庫の文庫も残り僅かとなってまいりました
コメント