時遊人~La liberte de l'esprit~

自由翼 心はいつも自由でありたい by 椋柊

お稲荷さんと霊能者 伏見稲荷の謎を解く 14

2017-08-29 | 読書
稲荷信仰の信者であり
霊能者(オダイ)だった砂澤たまゑさんを
15年にわたって観察・記録した
ノンフィクション

著者である
内藤憲吾氏が
本物だ!
不思議だ!
凄い!

といくら連呼しても
やっぱり
想像の域を
越えることはなく

そ~なんだぁ~
ふ~ん
なるほどね~


それ以上
何かが伝わってくる訳でなし…
読んでいても
凡人の
小生には
話が
内容が
壮大過ぎて
次元が違い過ぎて
イマイチ
ついていけなかった
と言うのが
正直な感想です

いかに
科学が進歩しようと
生命の起源が
宇宙の不思議が
解明されとうと
人は
相反する
‘魂’とか‘霊’
いわゆる
精神世界を
心の拠りどころとする
不思議なもんです

しっかし

人のオーラが視える人も
そうだけど
同じ
人のDNAを持ちながら
何故にこうも
能力(才能)に違いがあるんだ!?

このに目が留まり
読んだ人は
ほぼ100%
こう思ったと思う
会ってみたかった
みてもらいたかった

と…

伏見稲荷大社には
龍や蛇と言った
それこそ
八百万の神様がおられるそうな
何だか
楽しくないですか?
もっとも
嘘かまことか
古来から
日本は多神教
八百万の神々が負わしたと言う
このおおらかな
宗教観
この価値観
好きだなぁ~

まともな
感想を読みたい方は
コチラ
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« レストラン カズラべ | トップ | 軽井沢 白糸の滝 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事