さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヴィリニウス その3

2015年06月11日 | 海外旅行
ヴィリニュスの南に位置する夜明けの門から、反対の北にあるゲディミナス塔の見学のために移動しました。最初に見学した大聖堂はこの丘の下にあるので、いったり来たりになっています。

ゲディミナス塔のある丘は、14世紀、大公ゲディミナスがトラカイからヴィリニュスに遷都した際に、城が築かれた場所です。19世紀に帝政ロシアによりその大部分が破壊され、現在は監視塔として使われていたゲディミナス塔のみが残っています。



丘の上には歩いても昇れますが、我々はケーブルカーを使いました。



ケーブルカーを下りた城跡は、遠足の子供達で賑わっていました。



塔への入場料は自分持ちでしたが、当然登ることにしました。



塔の上は、それなりの広さのある展望台になっていました。



まずは、ネリス川とケーブルカー乗り場。



東側の眺め。城跡が僅かに残っています。その向こうは、3つの十字架の丘。



3つの十字架の丘では、この地で殉教したフランチェスコ修道会の僧を悼むため、17世紀初めに木製の十字架が建てられました。その後、改修や撤去を経て、1916年にコンクリート製の記念碑が置かれましたが、旧ソ連時代に破壊され、1989年に復元されてビリニュスのシンボルになっています。



南東には、美しいレンガ造りの聖アンナ教会が見えていました。左は、ベルナルディン教会です。



南方面の眺め。赤い屋根が並び、所々に教会の塔が立っています。右寄りには、聖ヨハネ教会が見えています。



ビリエス通りが見えています。



丘の麓にある王宮。



その隣にある大聖堂。



ネリス川の眺め。



塔を下りてから見上げると、子供たちが手を振っていたので、私も振り返しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ヴィリニウ... | トップ | さすらいの風景 ヴィリニウ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バルト三国 (本読みと山歩き)
2015-06-14 06:27:47
どの国も魅力的です。天気も良さそうでしたし。
唯一RIGAは仕事で訪れるチャンスがあったのですが、結局実現せず。
立派な港があるのです。
背の高い女性が散見されますね。(笑)やはり北方だからでしょうか~。
バルト三国 (さすらい人)
2015-06-15 21:23:21
バルト三国の天候は不安定で、天気予報も、曇り時々晴れまたは雨というものでした。ただ、バス移動中には雨でも、観光中は晴れ間が広がるという幸運に恵まれました。
北欧ということで背の高い人が多かったです。衣類を買うことはなかったので、身長の差についての不自由はなかったのですが、小便器の高さには困る場合もありました。ただ、オランダほどではなかったです。オランダの平均身長は世界一ですが、便器の高さはその違い以上の高さでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む