足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

激しく同意

2014-08-11 19:49:29 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」

「すべては、いま、ここに在る!」


こんばんは。

久しぶりに「神との友情」を読み、こころ洗われています。
ホンマ、エエコト書いてるわー(笑)

ちょっと思い出したので書いてみます。



あなたの意識は、3段階に分かれている。

超意識・・・あらゆるものを俯瞰して見ている意識

意識(顕在意識ともいう)・・・気付いてる意識

潜在意識・・・表面では平静を装いつつも、根底では不安と恐れが
       吹き荒れている意識



・・・と、こんなふうに表現されていたと思います。
まあ、大きく見ればこのすべても「ひとつ」なんですが。

いま、あなたの目の前にある「状況」、それはすべて、例外なく、
あなたの意識の(上に書きました)どこかのレベルで、納得し、
許容している。
もちろん「あなたが」ね!

下の方の意識で、そんなバカな!オレは一切、こんなこと、望んじゃ
いない!!と空に向かって叫んでみても、他の部分で「あなた」は
100%、「同意」している。

それは、もっと「大きな」あなたが、それを経験しようと、その状況を
選んでいるに過ぎない。



ということは、いま、この目の前にあることも含め、いままでの人生、
そしてこれからの人生、あなたは、


すべて、願いが叶っていた、叶っている、叶うことになっている。


というか、叶うしかないのが、この世界だったんです。
だからこそ、この世界の、あらゆる、すべての物事、状況に感謝出来る。

・・・・という理屈! これぞ、揺るがない宇宙の法則!



このことに気づけて、実感できれば、ジワジワと、あなたは(上で書いて
いるところの)「顕在意識」へと移行できる。
そしていずれは、「超意識」へとアクセスできるように。

そうなれば、感謝を経験するために、なにもわざわざ「つらい経験」を
選ばなくてもいいんだ、ということに気づける。
(アタリマエ)

それに気付ければ、あなたは、思うがままの経験が出来るようになる。
でもほとんどのひとは、急に人生は一変しません。それは



「なりゆく」



ということ、これを経験しに、「いま」「ここ」に存在しているから。

でも焦らないで、安心して!

すべては、必ず「なりゆく」、変化していることこそが、真の安定です。



「変化は、つねに起こっている」



今日も、なんもかんも、すべてに、ありがとう!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シェンロン! | トップ | あなたは、ただそこに居るだ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問です。 (匿名ですみません)
2014-08-11 23:22:04
いつも楽しみに読ませて頂いています。
質問よろしいでしょうか…。
8月ということで、最近太平洋戦争に関することや、広島と長崎の原爆のことなど意識することが多く、最近何となく心が重いです。小学校低学年の子供がいて、親としても自分の子供に伝えていくべきだと思ってはいますが、とても心配性で怖がりな子なので、戦争という言葉を聞いただけで怖がります。テレビのニュースは時々見るのですが、そのような場面はなるべく見せないようしていますが、現在でも世界中色々な場所で戦争が行われていて、辛い思いをしている人が多くいる、ということを伝えると、自分も同じようなめに遭うのではないかとすごく心配します。
引き寄せ、ということに関して言えば、いつもワクワクすることを考えたり意識したりすることが重要だと思うのですが、実際に戦争で辛い体験をされた方々のお話や、亡くなられた方々のことを思ったりする時に、ワクワクとは正反対な状態になります。たまたま戦争に関してのことを例に挙げましたが、戦争に関すること以外でもこのような矛盾する状態になることがあると思います。
質問したいことは、自分の心持ちも悩むのですが、それ以上に子供に対してどのように伝えていくべきかを悩んでいます。楽しいことやワクワクすることを考えるようにして、恐怖や不安を感じることはなるべく見せないように、知らないように、していくことが良いのでしょうか?感謝やワクワクする気分が大事だというのは教えやすいのですが、様々な現実問題をどこまで伝えるべきなのかいつも悩みます。

わかりずらい文章で質問の要旨が曖昧ですみません。もしご回答頂けましたらよろしくお願いします。

お答え (匿名さんへ)
2014-08-12 10:00:55
匿名さん、

いつも読んでくださり、ありがとうございます。
ご質問についてですが、当方既婚ではありますが子どもは居ません。
なので、あなたのお役にたてるかどうかは、お任せします。

「子どもは親の鏡」とよく聞きます。
お話だけから察するに、お子様はあなたの不安や心配(戦争だけでなく、
生活全般において)を、忠実に反映しているように思いました。

「なにかがあってから感謝するのではなく、普段から感謝することで、
 自然と喜ばしい状況が訪れる」
僕はこの信念で、意識して感謝する生活を徹底し始めて3年目になります。
これまで数えきれないワクワクのシンクロニシティーを経験し、もちろん
いまも、それが当たり前の生活になっています。
でも、いまではすでに、初めに思っていたこういう理屈とか、もうどうで
も良くなっています(笑)

「イイコト起こるから、先に感謝する」ではなく、目の前のすべてに、
無意識に感謝出来ている「いま」が、なによりも在り難く、常に幸せを感じ
られるようになったからです。

もしもですが、

あなたも感謝とワクワクの生活をこれからも徹底することで、こういう
心境になれたとしたら、そのときあなたはお子様の目を正面から見つめ、

「いつも感謝して、ワクワクを探している限り、戦争や怖い思いなんて、
 一切しないんだよ!だから普段から思いやりを持って、優しく生きよう
 ね!なによりも、生まれてきてくれて、ありがとう」

と、力強く、自信を持って話せるのではないでしょうか。
時間は、かかるかもしれません。それに「しなければ」で続けても、意味は
ありません。

それと、いまの時点でいわゆる「被害者」とされるひとたちの言動(世に
溢れてますね)から目を逸らすことは、決して逃げでも卑怯なことでも
ありません。
確固たる信念が確立していなければ、ひとは誰でも、そういうマイナス要因
に執着してしまうからです。
感謝とワクワクを追求し続けることで、そういったマイナス要素を、まずは
ニュートラルな立場から見て、考えることが出来るようなります。
なのでそれまでは、戦争や世の中の矛盾などなるべく(100%はムリなので)
意識して伝えなくていいのではないでしょうか。
お子様も混乱するだけでは、と思います。

感謝とワクワクの追求は、あくまでも明るく、いい気分で!軽い気持ちで
続けていただければ、と思います。
そしてどうか、あなたの「人生」そのものを、信じてみて下さい!



・・・などと、えらそうに書いてしまいました(スミマセン)
長文になりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたに、無条件の愛を送ります。
お礼… (匿名ですみません)
2014-08-12 22:57:31
早速にお答えを頂きありがとうございました。色々考えさせられました。とても参考になります。
私自身は小さい頃から両親に不安を教え込まれてきたので、(両親としても躾や教育として良かれと思ってのことだったのですが)身についた考え方が今だに抜け切らないですが、こちらのブログを読ませて頂くようになってから、少しずつですが、自分自身物事の考え方が良い意味で変化してきているように思います。子供にどのように伝えるべきかを悩む前に、まずは自分が感謝とワクワクをしっかり身につけることが大事なんだと思いました。少しずつでも近づいていけたらいいなと思います。そして、出来ればこういうことを私も子供の頃に家庭や学校で教えてもらっていたら良かったなと思いました。
これからも、ブログ楽しみにしています。どうもありがとうございました。
:2 (匿名さんへ)
2014-08-13 19:56:00
なにかしら、こころに響いて下さったようで嬉しいです。

思えば僕も、かなりきつく躾けられたほうだと思いますが、大人になっても、いつまでたっても、なににつけ、本当にこれでいいんだろうか?
という疑問のなかで生きてきました。

いまはバシャールのような大きな知識がどんどん入ってきて、意識が切り替わる過渡期だと思います。なので、お子様に教えることも不安になるのは当然だと思います。
どうか、ご自身の感謝とワクワクを信じて、進んで下さい!
2 (匿名で…)
2014-08-13 20:33:32
ご丁寧にありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

愛と感謝」カテゴリの最新記事