足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

まず意識、それから健康

2013-06-30 10:54:21 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



おはようございます^^

「心と体はつながっている」と言いますが、これはただリンクして
いるだけではなく、

「カラダは意識に絶対服従!」

というカタチで繋がっています。
なのでこの面でも当然、健康でいるには「明るくいい気分」ほど大事
なことはないわけです。

健康であるからこそ、この物質社会でいろんな経験が出来るという
ものですから。
(病気などの苦しみを、ある意味で目的に生まれてきたであろう
「戦士」と呼べるツワモノの魂は別として☆)


明るくいい気分でない状態、つまりシンクロには程遠い状態、さらには
「内なるあなた」とリンク出来ていない状態が続けば、(素粒子の)
高振動なエネルギー供給が断たれ、いやおうなくカラダという「物質」は
弱く、もろくなっていきます。
老化スイッチが最大値になる可能性も。

つまり、「いま」を生きていない状態、不安や恐れで居る状態が続いて
いるようなときです。


ちなみに「病気」というものは、100%カラダの免疫力低下から
起こります。
シンクロから程遠い状態が続けば、それだけ低振動となり、免疫力も
下がるわけです。

もちろん、物質と言うカラダを維持するためには、物質的な栄養素の
摂取、ミネラルバランスなども必要不可欠です。

でもそれ以上に、シンクロ状態・高振動状態、つまり「明るくいい気分」
「ワクワク」からかけ離れた状態は、もっとも健康を損なう理由です。

なのでジャンクフードなどをたまに食べるときなど、ある意味その
「毒素」をはるか上周る「喜び」を感じる場合もあります。

なので、一辺倒に「ハンバーガーとかファストフードはカラダに悪い
から、絶対食うな!」とは言えないのです。

もちろん、偏ったり食べすぎは言うに及ばず、要は食べるときの気持ちが
重要だと言いたい。


一昔前に比べて、いまではメンタル面がカラダに影響する、ということ
が部分的に認知されて来たようですが、さすがにまだ見えない素粒子の
仕組みは科学的にもしっかりと解明されてませんので・・・・
今日の情報も、10年くらい経てば一般的になっているかも知れません
ね^^



なのでこのブログを読んでいただいている方々からまず、
「明るくいい気分」を意識した健康管理推進をオススメします!☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山本太郎さんのブログ

2013-06-29 11:48:10 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!

「あなたは存在している」
「一は全て、全ては一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



おはようございます^^


山本太郎さんがブログを始められました。
http://ameblo.jp/yamamototaro1124/


常識を疑え!というテーマに関して、当ブログと言いたいことは
同じです。
というか、山本さんのブログの情報の方が高品質だったり(笑)
こういう風に、子どもたちに語りかけるように書いてくれるほう
が、百倍分かりやすいし!^^

ぜひ、多くの方にも目を通していただきたいところです。
(読者登録もね!)


さて、
山本さんのように、この世界の、社会の真実に触れたひとは、いわ
ゆるマスコミ・エンタメの第一線から敬遠され(追放され)はたまた
ちょっとアブナイ奴、みたいに意図的に印象を操作されて報道され
ます。
( お金儲けの意図に反するヤツは追放!というのが僕らの世界。
 「人命<お金」こそが、この国においても真実だからね )


一昔前なら、それで山本さんの言論を封じ込めてやった、と関係者は
してやったりでしょうが、いまの時代はそうは行かない!
(先日の、元NHKアナ・堀潤さんも然り。)

世間を牛耳る連中が儲けるために世界に広めたインターネットで、
逆に彼らが公表を恐れる「真実」が、それまで以上に、みるみる世界
に拡散されていきます。



TVや新聞を抑えたからって、「真実」を知らせるひとと「真実」
を知りたいという多くのひとの好奇心は、絶対に止められない。

でも大事なのは、こういう「真実」を知っても、けっして怒ったり
憤ったりすることではありません。

その情報をもとに、あなた自身が、あなたの信念や生活を見直すこと。
その新しい信念から「行動」すること。
信念を変えたあなたの、一見なんでもなく見える言動や行動が、徐々
にこの世界に広がり、そして変わっていくのです。


いつも言ってるように、変化を望むなら、それを直接「外」に求める
のではなく、あなたの「内側」を変えること。
この始めの「方向」を間違えないように!世界や他人へ、いくら働き
かけたって、結局なにひとつ変えることは出来ません。
でも、あなた自身が変わることは可能だし、ひとを変えることよりも
カンタンです。そして、

「あなたが変われば、自ずと世界が変わる!」


「時間がない」という言葉に焦る必要はありませんが、実際、日本の
放射能の現状は、山本さんのブログに書かれているとおりです。
なので、「気付き」はやはり、少し早い方がいいかもしれませんね。


たとえ「真実」を知っても、「明るくいい気分」で!


それこそが、真のこころの強さだと思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厳しい人生?ワクワク人生?

2013-06-28 13:14:08 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



こんにちは^^

「人生、そんなに甘くない」と思っている人は、「そんなに甘くない人生」を送ります。

「人生は厳しく、なにごともカンタンにはいかない」と思っている人は、「厳しい出来事ばかり起きて、なにごとも思い通りにいかない人生」を送ります。

また、
「しんどいけれど頑張っていれば、いつか幸せになれる」と思っている人は、いつまでも「いつか幸せになれる」という状態が永遠に続きます。



でも、こういうのがいまの、この社会の常識なんですよね。

誰しもが、無意識に受け入れる「常識」

誰に言われたかも定かではないのに、周りのみんなもそう
思っているから、と思い込んでいるあなたの「常識」


もちろん、それには良いも悪いもない。

ただなににしても、あなたが無意識に自分自身に受け入れ、
あなたの「信念」になっている多くの物事は、自覚した方が
いいかも。

少なくともそこから、あれ?おかしいな。とか、それでも
かたくなに、そんなワケないだろ!とか

いろいろ気づける選択肢が生まれるからです。

大事なのは「気付き」で、そこからの選択は自由だから。

でも仮に、

「この世界は、幸せとワクワクに満たされた世界なんだ。そんな場所で生きられて、なんて幸せなんだろう!」

と、半月でもひと月でも思い込んでみたならば、あなたの世界は
間違いなく、

「幸せとワクワクと、感謝に満ちた世界」 になります。


さらにそれを継続してクセにしてみると、
まず、あなたの、周囲やモノ起きる物事への見方が変わる。
そしてそれにとどまらず、

あなたを「暗く、悪い気分」にするであろうヒトや現象が、
あなたの目の前から「消える」

そして、見る見る、

すべてがあなたの思い通りのタイミングで、世界が回っている
ことに気づく。(共時性=シンクロです^^)


「明るくいい気分」でいるひとのまえに、「暗く悪い気分」は現れ
ることができません。
なぜなら振動数とその波形が、まったく対照的でかけ離れている
から。



あなたの世界とは、あなたを構成し、あなたが発する素粒子の振動
の高さと、その波形がそのすべてだから!

それは、あなたがそう思い続ける限り続く。
あなたがその気なら、それは永久に続きます。(ステキじゃない!?)


「厳しい人生」
「いまじゃない、いつか幸せかもしれない人生」

が、本当にあなたの選びたい人生でしょうか?



あなたは、あなたにそんなに厳しくしないでいいのに。
(それはナマケではないんだから)

もっとあなたは、あなたの人生を信頼して、身を委ねてみてもいいん
じゃない?

それでもかたくなに「う~ん、でも・・・」と思うのならば、いっそ
両方とも、

「厳しくもあり、ワクワクもある人生」を選択してみたら?!^^
なんかメンドクサイけど(笑)



いずれにしても、あなたの人生は、決して他の誰かが責任を取ることはできない。
たとえ家族であろうとも。
「あなたの人生を信頼できる」のは「あなただけ」。


・・・

このブログは、日々そういう考え方を、書いてるブログです。
では今日も、明るくいい気分で過ごしましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんまりお金は要らない

2013-06-26 08:35:28 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



おはようございます^^

さて、この社会で生活している以上
「お金なんかいらん」とはいいませんが、そんなに「オカネ」
ばかりを追求するのが、この世界に生まれてきた理由ではあり
ません。

基本、生活に必要な分プラスアルファがあれば、それで十分
だと思ってます。

でも、
じゃあなにか急に、必要になったときはどうするんだ!?
なーんて見えない心配を抱えて、日本のみならず、世界中の人
は生きているのでしょうが、、、

人生を信頼していれば、調和していれば、振動を高めて生活して
いれば、自然とその分が手元に来るので大丈夫。
(これもシンクロニシティ)



場合によっては、もう家族との時間を犠牲にしてまで、したく
ない仕事をする理由はない。
もちろん、生き甲斐と心から思える仕事に出会った場合は、優先
順位が変わることもあるでしょうけど。


さて、
GWなどは、海外旅行に行く方も多い。
もちろん行くという行動、お金をかけて行くこと、これには良い
も悪いもありません。
確かに、お金をかけてやることには、価値があることもある。

でもそれを目標に、日々のワクワクを押さえつけて人生の大半の
時間を過ごすのはどうもなあ・・・と思うんです。
個人的にね^^

ひょっとしたら、お金をかけてやるなにかで、あなたの人生が変
わるかもしれないけど、変わらないかもしれない。
しかしどちらにしても、それは人生の中では一瞬のことです。


でもよく目を凝らせば、ハートをオープンにして人生に向き合えば、
そこかしこに素晴らしいものや出来事が溢れています。

というよりかは、そういう素晴らしい物事、あなたをサポートする
ためだけにそこに存在しているモノに、あなたは囲まれて生きて
いる、ということに気づけます。


地球の裏側まで行かなくても、それはそこにあります。
(繰り返すけど、地球の裏側に行くことは、良いとか悪いとかじゃ
ないんだよ)
とにかく「それ」に気づくコツは、これら↓↓↓を口癖にすること。

「ああ、満たされてるなあ」

「幸せだなあ」

「全てが完璧のタイミングで起こってるなあ」

「ありがとう!」



もう完璧。人生を幸せにするキーワードは、たったこれだけでいい
ってことに、早く気付いてほしいです^^


こころのなかで思うのもいいんですが、クルマのなかとか、部屋に
一人でいるときとか、声に出すとより一層実感でき、なんだか
こころがホカホカしてきます。
(口角は上がってますか?機械的に、では無意味ですゼ^^)

これで完璧。 そのとき、振動が上がっている!

あなたを構成する素粒子を振動させるには、「いま」に満足し、
感謝すること。
振動を上げるということは「いま」を充実して生きること。
「いま」を充実させることこそ、

「あなたがこの時間と空間に、この座標を選んで生まれた目的」


なので、お金を得るために、人生の時間を切り売りする必要は
まったくない!
未来の心配なんて、ただの幻想でしかない。
(未来の心配をするよう、長年刷り込まれ続けていることに気付
きましょう)
「いま」のワクワクが、この先のワクワクにつながるのだから。
そう、これも口癖にはイイです。


「お金なんて、必要な時に必要な分だけ手に入る!」


あなたの人生を、もっと信頼してみてください。
あなたの人生を、もっとも信頼できるのは、あなただけなんだから!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最大の弱点は「愛」?

2013-06-25 08:59:36 | 愛と感謝

この宇宙の、絶対的要素!

「あなたは存在している」
「一は全て、全ては一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



おはようございます^^

今年公開の、この映画の日本語キャッチコピー。




スタトレは好きなんですが、それとは別にこのコピーは、明らかに
調和とは程遠い人が考えたんでしょうね^^


「まったく!なにも分かっちゃいない。愛(という振動)は、この
世界(宇宙)で最も強い力なのに!」


とか、別にそういうことを、今日は言いたいわけではありません。
確かに「愛(という高い振動)」は、この宇宙そのもの、構成要素、
強い弱いといった次元さえ越えたパワーであることは、いまさら
言うことでもありません。


大事なのは、こういうトンチンカンなコピーも含め、良いとか悪い
とかの概念を感じるもの、
それは個人的にとか、一般的に、とかさえ越えたところで、どういう
言葉や態度を突き付けられたとしても、それを「どうとらえるか」と
言うのは、実はあなた次第、ということです。


極端な話、

あなたを怒り狂わせるであろう暴言を吐く人が、あなたの目の前で
ギャンギャン吠えていたとしても、あなたはそれを聞いて

「怒らなければならない」

という理由は一切ない、ということです。

世間がそれを目撃して、どう思おうと関係ない。
それはニュートラルな、ただの「発言」であり、ひとつの「状況」
でしかない、ということ。

あなたの目の前に起こる、この世界のあらゆる事象がそうです。
目の前の「それ」にどういう意味をつけるかは、全てあなたの自由
なんです。
相手が、あなたの気に障ることを何百と言い続けても、それは

「ただの状況」

でしかないのです。
それに付き合って、あなたも言い返したり、血圧を上げたりする理由
は、ひとつもない^^


この世界におきる物事、すべて、どんな意味に捉えるかは、すべて
「あなた次第」

あなた以外の全員が反対意見でも、あなたがこころから納得しない
のであれば、あなたは他人の意見に従う必要は、一切ない。
その上で、あなた自身の判断基準を信じればいい。

それこそが、内なるあなたとシンクロしている、ということなのです。



・・・・まあ、極端に書きましたが^^そういうことです。



だから、このトンチンカンなキャッチコピーも、宇宙の法則を知った
今だから逆に、「はいはい、このひとも、いずれ気づくことがあるで
しょう・・」と思うのが自然です。

目くじら立てて「分かってない!」と見下したり、声を荒げるほうが、
調和してない(笑)



まあ、映画の面白さと、このコピーは無関係だと思いますからね・・・
タブン。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すぐキレるひと

2013-06-24 14:20:39 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



こんにちは^^


たまに、すぐキレる人って居ますよね。
なかには、それで周囲をなんとなく威嚇してたりして。


でも、そういう種類の人って100%、相手を選んでキレてます。
電車などでも、酔って携帯電話で大きめの声を出してる女性にキレ
てる、これまた酔ったサラリーマン。
さらに便乗して、関係ない酔っ払いもその女性にからむ。

はたして、
その女性が自分より弱そうな女性ではなく、筋肉ムキムキの、タトゥ
ー入った、浅黒い大柄のお兄ちゃんだったら?

・・・100%、その酔っ払いサラリーマンたちは、寝たふりしてる
でしょう(失笑)


つまりすぐキレるって人は、どうしようもなく「臆病」な人。
そして、自分より下だと思いこんでる誰かに、かまってほしい人。
臆病さを悟られないように、鎧を着ている人。
(常に、恐れや不安の中で生きている)

オレはキレやすいから、態度には気を付けろよ、もっとオレを、ちや
ほやするんだゾ、と言いたいひと。

ね?

だから中高生なんかは「あいつすぐキレるから」というキャラに一目
置いたり、いや?全然?そんなことないし?、とか言いながらも、どこ
となく、ちょっとそんなキャラに憧れたりしてるんでしょうが・・・

こんなの、全然、ダセエんですよ(笑!)


まず、この感情の一つ「怒り」というものも、これは他の誰かから、
もしくは余所から、急に降りかかってくるものではありません。

これこそ「世の中は何が起こるか分からない」と思っている「被害者
人生」を送るひとの思い込み。

「怒り」を含む感情は、そもそも本人が、自分から「しがみつく」
ものです。
抱き枕に、ギューっ!と、しがみつくみたいにね。


だから「怒りに取りつかれて、我を忘れた」なんていうとゲームキャラ
みたいだしちょっとカッコイイ、なんて思うかもしれないけど(失笑) 
実態は自分から「怒り」にしがみついているにすぎないのです。
(失笑でしょ?)

それはまるで、赤ちゃんがお母さんにしがみついて離れないみたいに。
(しかもいい歳のオッサンが!^^;)


でもそんなこと自体、世間の誰も知らないので、そうやってる方が、
そう言ってるほうが、なんとなくオレのせいじゃないし!仕方がない
ことなんだし! ってことで納得できそうに思いますもんね。

でも繰り返しますが、それはオレ様が赤ちゃんみたいにバブバブ言い
ながら「怒り(と思っているもの)」に、しがみついているに過ぎま
せん。


どうです?
断然カッコワルイじゃないですか・・?


「とりつかれている」じゃなく「しがみついている」なので、それは
同時に、あなたの気持ち次第で、自ら引き離すことができるんです。

繰り返すけど「とりつかれてる」んじゃないからね。
とりつかれてる、というのは都合のいい勘違いだったんだから。
なので、とりつかれているんだから仕方がない!というイイワケは
もう使えませんで!

なので誰かが、
「いつまでもオレを怒らせるな!」
なんて言ってたら、あ、コイツ、バブバブだ!と思いましょう^^

いくら強がってても、自分は可哀そうな被害者なんだ、と考えている
証拠のバブバブだから。


そう、カッコワルイことこのうえないのが、「すぐキレるひと」

ワクワクを理解できないひと。

「愛」が欠如している状態のひと。


でもあなたがこころから「ワクワク」していたら、そんな種類の人は、
あなたの周囲から消える。(振動数が違うから^^)

これからは時代そのものの振動が変わって行ってますので、そういった
暴力や分離に根差したいろんな思考や行動は自然にあばかれ、どんどん
覆って行くことでしょう。
もう、これまで理不尽だった物事は、そのままじゃ居られなくなって
きてるんです。

いつまでも、イライラしてたってイイコトないでしょ?
イライラしてたら、よけいイライラしたひとや物事がやってくるし。
(自分で呼んでるだけなんだけどね)



さて、

同じしがみつくなら、「怒り」ではなく「喜び」にしがみつきましょう。

僕なら「喜び」に「しがみついたまま」離すことなく、一生を送るけど
ね^^v



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンクする

2013-06-21 15:39:37 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



こんにちは^^

先日書いた発熱に続いて、軽いギックリもやってしまっており
ました。

時は春先でしたが、いくら寒暖の差が激しいといっても、これしき
でカラダがヤラれるなんて・・・(オカシイ)と思っていたら、
やはり今回も祖母とリンクしてました(???!笑)


田舎の祖母も、ちょうどのタイミングで体調を崩し、入院しました。

ああ、またか^^;

去年も、僕が祖母の痛みを肩代わりした事象があったのですが、今回
で改めて、やっぱり!と、再び確信しました。



僕の記憶のないところで、そういう約束が成されているんです(ハイ
アーな部分で^^)
家系でいま最も体力があるのは僕でしょうし。
まあ、記憶があろうとなかろうと、僕はその「提案」を快諾したで
しょう。おばあちゃんのためならば!^^

素粒子溢れるこの宇宙は、地球は、意識をすれば繋がる世界。

考えた現実(と思っているもの)が現れる世界。
(なので、ホントは携帯もスマホもタブレットも、実は必要ない!)



僕には、祖母にもうちょっと元気で居てほしい理由があります。

だから、こうなることは必然。
でも家族や周囲は、この事象をただの「偶然」と片づけます。

まあ、それはそれでいい。
それぞれに、それぞれのモノの見方や価値観があるんですから。


あらゆる事象に、僕は僕だけの「意味」を付けることが出来ます。

なので、これに限らず、僕が「こうだ」と決めたら、僕の現実はそう
なるのです。

もちろん、あなたが「こうだ!」と決めたことも、あなたのそういう
現実になります。


この「現実世界」と認識されている世界は、あなたの鏡そのもの。

なのでなんにせよ、鏡より先に笑いましょう^^




今日も「世間的」には、トンデモ記事を書いた気がしますが(笑)
まあ、いつものことなのでオユルシを☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内なる自分との対話

2013-06-20 19:18:52 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」

こんばんは^^



少し前、久しぶりに熱を出して一晩寝込んだことがありました。

そのちょっと前のヤケドといい、この発熱といい、ともに一両日
でほぼ完治!
これを僕は、僕自身の免疫力を信頼している!と思い込み、信念
としているからだ、という結論に達しています^^v☆


信じれば、それがあなたの現実になる。


免疫力の強いカラダという現実が、僕の目の前に在る、という、
ただそれだけのことです。


このように、そのひとの信念から成るそれぞれの「現実(と思って
いる状態)」は、それぞれのひとにしか実感できないわけです。

僕の場合は、ケガにしてもカゼにしても、一晩で治る程度のレベル
しか我が身には降りかからない・・・と、そういう見方も出来ます。


でも、どちらにしても「これでいいのだ」ということには変わりま
せんので、僕はその両方を「許容」します。


AかBか、じゃなくって、AもBも、です^^


選択肢が多い方が、人生の幅がより膨らみ、豊かになるってもんです
からネ!


さて、今回のように短時間でも「寝込む」とき、僕は必ずなんらかの
「気付き」を経験します。

今回の「気付き」はズバリ「亡くなった家族との対話」

・・・って、いつもながら、今回もアヤシイこと書きましたが(笑)
一般に言うホラーチックなことでは一切ございません☆

カンタンに書きますと、これもいつもの、単なるこころのなかの
「ひとりごと」 なのです。



この世界の森羅万象(ありとあらゆる、ひとを含むもの)は、究極では
すべてあなた自身。


一は全、全は一。


例えば、あなたが答えを求めているとき、あなたの目の前に現れて適切
な答えを話してくれる人も、あなた自身が目の前に映し出しただけの
こと。
(当ブログの読者のみなさまなら大丈夫かと思いますが・・・・理解を
越えてませんか???^^;)



なのでハイアーセルフだろうと、死んでしまったおじいちゃんおばあ
ちゃんであろうと、あなたはこころのなかで思い通りに話しあうこと
が出来るんです。

その会話をするかどうか決めるのもあなた自身であり、それを一笑に
付すのもあなた。


僕はなぜか、久しぶりに姉と話したくなったんですね。僕が小学2年生
のとき、事故で亡くなった姉と。
改めて、どうして死んだのか、そのあとどれだけ家族が泣いていたのか、
などということを始めはぶつけていたんですが、それは次第に自分の中
で納得がいき、最後には先に亡くなった祖父や祖母、
そして3世代4世代が、家に集まって和んでいる風景を想像して、胸が
ホカホカと暖かくなっていました。



よく「自己を癒す」なんて言いますが、自分自身を癒すのも傷つけるの
も自分自身。


例えば、
そのお風呂の気持ち良さがあなたを癒しているのではなく、

「お風呂に入って『気持ちがいい』と感じているあなた自身が、あなた
を内から癒している」



あなたの世界は、外からなにかが起こるのではなく、あなたのなかから、
あなたの思考と感情を通して起こる。現象となるのです。

まあ、僕が懐かしく姉を会話できたのもきっと「完璧なタイミング」 
これからまた、会話できる相手が増えました。

それらはすべて、言うなれば「内なる自分との対話」なのですが、愛を
感じ、ハートで考え、感謝とともに生きていると、その会話の効果は癒し
のみならず「内から放出されるパワー」はどんどん強くなります。



今日もヘンなこと書いてると思われる場合もあるかもしれませんが(笑)
もしそう思われないのであれば、ぜひとも「内なる自分との対話」と、
僕が呼んでいる「ひとりごと」^^☆

ゼヒ試してみて下さい。


あなたにとっての、いろんな問題(と思っている物事)が、きっと解決
していきます。

なんたってこの「ひとりごと」も、もれなく明るくいい気分とワクワクに
拠っているんだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生の「芯」

2013-06-19 11:14:26 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!

「あなたは存在している」
「一は全て、全ては一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



おはようございます^^


「悟り」とは、
各個人のなかで究極に振動を高めるという意味合いもあります。
ということは、ここでいつも書いてますように、振動を高める
のに、なにもいわゆる苦行、修行なんてのをしなければならない、
ということでもありません。


いつもどおり、ワクワクを持ち続ければ、スーッと楽にカンタン
に、あなた自身は軽やかになります。
それはつまり、あなたの振動が高まっているということ。
なので一般的に見て「修行」と「ワクワク」は、対極にあるよう
に思います。

しかめっつらで、真冬に滝に打たれて、ワクワクできていれば別
ですが(笑)


このように、ひとは大きな概念としても、修行して(苦労して)
「がんばらなければ」自分を高められないと信じています。

だから転じて「ラクをするのは(なんとなく)良くないこと」
「それが素晴らしいと思っていることは、どちらかというと悪」
みたいに思ってしまうのかもしれません。


そこから「人生はつらいもの」でもそれだけではやっぱりイヤ
なので「苦労すれば、そこそこ幸せになれる」と、わざわざ限界
まで設定したうえで・・・・なんとなく思ったりします。

・・・なんとなく

この「なんとなく」が、内なる自分とのギャップ、違和感の部分
なのだと思います。
世間の常識には合わせるべきなんだろう。けど・・・という部分。

どうでしょう。これって、すごく歪んでませんか?笑^^


つまり、人間が人間であることの、芯の部分を忘れているから、
軽んじているから、こういうまわりくどい生き方を選択し、信念
として受け入れてしまうのです。


だれもが赤ちゃんの時から、「これから送る人生はツライ!」
なんて思っているわけではない(笑!)

つまりあなたも、あなたを愛する周囲のひとたちのその「悪意なき
信念」に100%感化されるほど、耳にしながら、いまままで生き
てきた、ということです。


そしてそれを「これがオレの生き方だ!」なんて思ったりしますが、
つまり、実はそれは「自分以外の誰かの受け売り」でしかないんで
すね。

そこから見直しましょう。冷静に☆


社会に出てからも、いろんな人間と出会い、いろんな意見の影響を
受けます。
でもそのなかから選択して「MY信念」を構築するのは、あなた自身。

つまり信念とは、あなたがこれまで見聞きした多くの意見を、あな
た自身が取捨選択し、独自に組み合わせたもの。


大いに影響され、人生が変わった!と感じることもありますが、実は
それは誰か「他の人」があなたを変えたのではなくて、
「もとからあなたのなかにあった」

(・・????でしょうか?笑)



「こういう人生を生きたい」と、生きる意味を求めるあなたが、最も
こころに響くであろう言葉を放つひとを、自分の前に呼び出した、と
いうことです。(・・・アリエナイ?意味不明!?^^)

まあ、いいでしょう。



さて、
話を「人間であることの、芯の部分を忘れている、軽んじている」と
いうところに戻しましょう。

その「芯」とは「感謝☆」(回りくどくは言いませんで^^)


あなたは「いま」を生きるために、「いま」に焦点を合わせて、
「いま」ここに存在する。

なのにいざ人生を進めていくと、あなたは過ぎ去った過去の後悔や、
見えない未来の心配ばかりしている。

ふと気が付けば、考えてしまっていることもあるでしょう?
そういう時間はあなたが考えている以上に、実は多い。

そしてそういうとき、あなたは「いま」を生きていない。


「いま」を生きていれば、知らず知らず、辺りかまわず「感謝」して
います。そして同時にワクワクしています。
(それを感じたければ、ところ構わず意識して感謝ばかりすればいい。
 その瞬間、あなたは「いま」を生きている!^^)



感謝にどっぷりの生活をしていると、シンクロが起きます。
シンクロとは、偶然でもなく、笑ってしまうだけのものではなく、
それはあなたを「あなたの望む未来」へと誘導する現象。

共時性。

そのシンクロは、内なるあなた(あなたのハイアーの部分)が起こし
たもの。
つまり感謝し、ワクワクして生きていれば、それだけ「内なるあなた」
は力を発揮する。

それはあなたの人生をワクワクへと誘う、あなた自身の、真のチカラ!


でも現代人は、感謝することの大事さは「なんとなく」知っているつも
りでいても、実はそれが最も、あなたを良き方向へ誘うチカラだという
こと忘れています。

ズバリ、それは見えないから。


ひとはこの世界での経験を重ねると、見えるものから重点的に信じよう
とします。

見えるものばかりを信じるから、感謝とワクワクの力なんて言っても
ファンタジーのひとことで片づけます。


これって、ホントもったいない・・・・


現代では誰もが徹底的に感謝していない。ワクワクしていない。
ましてや、ワクワクし続けることなんて、ヨロシクない!とさえ思って
いる。
わずかな感謝では、シンクロは見えません(起こっておいても気づけない)

だから常に不安と恐れ(という幻想)を、あなたは自分で引き寄せて
生きている。


「人生、なにが起こるか分からない」
「常に、最悪を想定して準備しておかねばならない」
  ↑↑↑
そういう人生こそ、徹底的に感謝からかけ離れている人生です。

誰も、あなたを怖がらせようなんて思ってない。
すべてはあなたの振動が引き寄せているだけ。だから、


もっと肩の力を抜きましょう。
人生を、もっと信頼しましょう^^
あなたは、そんなに自分に厳しくしないでいいんです。

感謝って、厳しくないでしょ?
誰しも子どものときには「ありがとうって言いなさい」「挨拶しなさい」
ってまず教えられます。

なぜ人生の初めに教えられるのか?

それが、あなたの人生の「芯」になるからです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ナゾの球体!

2013-06-18 20:07:41 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



こんばんは^^

今年の3月、太陽の側で起こっていた出来事。

NASAが観察したこの「物体」

とりあえず、今回もこれがフェイク映像ではない、と言う所から
始めます。



太陽の側に「在る」球体と、太陽がトルネードのような渦で繋がって
います。

ちなみにこの球体の大きさは、木星サイズ(!)ということ。
「これ」が人間が観測できる周波数(振動数)の状態で、そこに存在
した理由は、おそらくそのまんまでしょう。
「人間に観察させるため」

なにをしていたか、に関しては、
・・・ここ数年で多数観測された太陽磁気・フレアの異常を修正する
ために、この「球体」が「沈静化する振動数の粒子」を太陽に注入して
いたのではないか?というのが科学者の見解のひとつです。
しかしかなりスピリチュアルな見解(笑)
まあ、僕らの「常識」を飛び越えてる現象だからね^^



ならばこの球体は、「木星サイズのスターシップ!」(だろうと^^)

確かに、作業(らしき行動)を終えて、太陽から離脱する映像はまさに
宇宙船のそれです。
とにかく、これまでの「常識」では計りえない現象が、我々の目の前で

「起きた」



少し前にも、太陽の側で超大型のスターシップが確認されています。

これまでは、ちょっとしたUFOの映像とかだったら、「錯覚」「ウソ」
ということで済ませられましたが、もう、ここまで大々的に見せつけられ
たら、NASAも隠し様がない、ごまかしきれない、といったところでし
ょう。

なのに、こういう事象は大大的に取り上げられることもなく、こんな
奇跡としか思えない映像でさえ、いっときの興味で取り上げられるに
留まります。

― 常にそう!

なぜなら、人間は「そんなこと」よりも、日々の生活、将来の不安で
アタマがいっぱいだから。
大衆の関心は常に、放射能や経済への心配に集められます。
ただ生きるのに忙しくさせられているから(!)自分自身の理解の外に
在るものは、無視したい。
なにがなんでも「ありえない」「バカじゃない」で済ませたい。
目を閉じていたい。
とにかく、その方がラクだと思っているから。

「いや?そんなことないけど」じゃなくて「そんなこと在る」んです。

理解できないことへの無関心が、オトナの反応だと信じている。
(オトナの意味、認識っていったいなんだろう?)
なんでもかんでもではありませんが、常に理屈をこねて物事を否定する
人生なんて面白いだろうか?
そんなひとと、一緒に時間を過ごしたい?

とにかく・・・それが今の社会の、一般的な人たちが「誘導されている」
状態です。




・・・しかし先日のロシアへの隕石落下、それに伴う破壊行為を行った
ナゾの光を始め、この2013年以降はますます、これまでの「常識」
が通用しない事象が次々と、否応なく起こることでしょう^^



さて、

「制限のマスター」である地球人(あなた)は、どこまでそれらを
「偶然」「錯覚」「ありえない」と言い続けることが出来るでしょうか?

ということで、
いずれは誰しもに必ず「気付き」の時が来るわけですから、できれば
そういう出来事を、すんなり受け入れられる位の振動数になるよう、高
めておく方がいいように思います。



「ありえない!バカバカしい!」と思うことがいいとか悪いとかでは
ありません。
ただ「気づきの時期」は、それぞれのタイミングでやってくるものです。


とりあえず人生の判断基準を、あらゆるものに対して

「そのほうが面白いと思うから!」

としたほうが、気づきは早いと思います(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙は、たったひとつの素粒子から成る。

2013-06-17 12:12:56 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」




こんにちは^^

今日は「宇宙のヒミツ編」です☆


まず、
この世界(全宇宙)は、もともと「ひとつの素粒子」から成り立って
います。

しかし、まだ物理学の世界では、素粒子は「多数あるうちのひとつ」
としての認識の段階にしか達していません。
(これがハートに直結していない、科学の限界?)

でも、この世界を構築している素粒子は、なんと「たったひとつ」


どういうことかと言うと、
その「ひとつ」の素粒子が、宇宙中を「無限の速度」で、あらゆる
方向に、常に移動している。


この宇宙の隅々までを、止まることなく縦横無尽に動き回っている。

「無限の速度」で動いているということは、単体の素粒子があらゆる
場所に、同時に存在するように感じるほどの速さ。

だって「無限」ですから^^

それは、超スピード、瞬間移動、なんて次元ではない「速さ」
つまりは、宇宙中に、この「たったひとつの素粒子」が、充満してい
るということ。
どこに行っても、それはそこに「ある」
ということは「ない場所なんてない」ということ。


そして、ここからが大事です。


縦横無尽に動き回っているその「素粒子」が、交差する座標。
何度も何度も交差する座標。
素粒子同士が、あたかもぶつかり、重なっていくように見える場所。
宇宙のいたるところに、それは在る。

その、それぞれの座標に、宇宙でただ一つの、特有の「振動」が生ま
れます。
そこに生まれた「振動」は、宇宙で唯一の波形。

そして、その交差の重なる多さによって、その座標の「振動」が、
ある意味で「結晶化」していきます。

その結果が、僕らのカラダを含むこの世界の「物質」



ある特定の場所に、徹底的に交わった素粒子の振動は、実体化する
ほどにその振動数を下げ、この「物質世界」を創り出しました。

逆に交差する回数が少ないほど、それは「物質」という存在基準から
離れ、軽やかです。


つまり、最高に軽やかな素粒子、宇宙そのものと言える「振動」と、
対極にあるのが「重い振動」を放つ、僕ら人間をはじめとして、
物質世界で実体(と思えるもの)を持つものたち。





・・・・という感じです^^

僕らは、自分のカラダも含め、目の前に在るもの全ては、その原子
構造から「同時に、そこに存在していない」のです。

映画のコマ送りフィルム?のようなもの。
それがあまりに速すぎて、止まって見えているような感じ。

つまり、僕らが「現実」と思い込んでいるものは、すべて、在って
ないようなものなのです。

全てが、宇宙唯一の、固有のパターンで振動している。

それは「物質」だけじゃなく、温度や環境、状況、時間でさえも。



そして、素粒子から成り、素粒子をどのように放つか、という意思
を持った僕ら人間は、いまここに居るだけで、宇宙と直結している
ということ。
同時に「宇宙のひとしずく」であるということ。



つまり、自分の世界を思うがままに構築できる力を持っているのに、
あなたはそんなことは不可能だと、自ら限界を作る。

せっかく、本来持っているこの無限のパワーを、自ら制限するという
ほうが、どう考えても不自然じゃない?(笑)



などと・・・^^

今日は、現代最先端を越えた「科学」を書いてみました。

これまでの常識で積み重ねられた既成概念の理屈を越えると、フツウ
は「ありえない」「ばかばかしい」なんて反応をするものです。

まあ、書いている僕にも、それを証明する手段がない(でも「証明」
という行為そのものに価値を置いてませんので、やはり科学などと
語れない?笑)


なので、どうか今日の記事は、あなたの「ハート」で感じてください。
アタマだけで思考する習慣しかない「いま」は意味不明でも、これが
常識になる日は、きっと近いことでしょう。



「解き放て!」


^^☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハネのはえたハート

2013-06-16 10:12:06 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!

「あなたは存在している」
「一は全て、全ては一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」


こんにちは^^



バシャールのことば、もう一回くらい続きそうなですけど・・・
書き写すのがちょっと疲れた(笑)

気が向いたらまた書こうと思います。
詳しくは、「バシャール・ペーパーバック①~⑧」を参照して
下さいませ^^☆



で、今日の記事ですが・・・

とあるスピ系ブログにて紹介されていたんですが、ももクロの歌、
その歌詞が、すごいダイレクトです。

ももいろクローバーZ「Neo STARGATE」という歌



歌詞
PV



PVの方はまあ、どうでもいいかな(失礼)と思っていたのですが
なかでホルストがバックに掛かってたり、「愛より強い力はない」
というセリフがあったりと、これまた素晴らしい☆



まあ、それよりもなんですが、この歌詞。
書いた人は間違いなく、この人生で、「気付いてる」ひとみたい。
(でなきゃ、到底書けない歌詞・・・)

上のリンクの歌詞、あなたにはどう響くでしょうか。
ちょっと難しいかな。

・・この世界の、宇宙の、真実!?
・・スケールの大きな、けれどSFだよね?
・・ただの詩でしょ?
・・だからなに・・よくあるウタでしょ?


あなたの「気付き」ぐあいで、印象も様々でしょう。
そしてこのように、とくに若い人や子供たちに向けた歌や、アニメ作品
など、そのなかには「サイン」が多々含まれます。

最近僕が、WEB情報で知ったとある子供向けアニメ作品のなかに、
「羽の生えたハート」が、シンボルとして出てくるようです。

これって・・・「アミ」が付けているマーク、つまり「宇宙親交」の、
シンボルそのまんまのデザイン!(アミプロジェクト)

さらに調べるところによると、作品中では、この「羽の生えたハート」は、
ひとびとのこころのカタチそのもの、という設定のようなのです。

こどもたちには、ダイレクトに届くでしょう。
そして、あ、これ知ってる!と思い出す子たちも居ることでしょう。
素晴らしい☆



今後、一般向けにも様々に、こういう歌詞やデザインが世に出てきて、
大勢のひとの目に触れる機会が増えてくればいいな。

でも「そうなればいいな」と思ったということは、もうそれはすぐ
「現実化」する、ということ。
これらに触れて、多くの人がピンとくることが楽しみでしょうがない
です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バシャールのことば 3

2013-06-14 17:33:34 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」



2回前から続いてます(2回前からお読みください^^)




・・・自分の人生をコントロールする力を、全然持っていないんだ、
ということを教えられてきたからです。

人生というのは自分に「起こる」ものであって、自分の人生に対して、
自分が何か言ったり決めたりすることが出来ないと思っています。

そして自分の人生を、意識的に支配する力がない、自分の手には負え
ないものだと思っています。



「仕方ない。これはこういうふうになっていて、変えることなんて出来
 ない。せいぜい自分が望めることは、ちょっと努力して、いい生活を
して、みんなが自分のことを放っておいてくれることさ」 

という風に思っています。
そういうわけですから、あなたの人生は、そうなります。
絶望、そして苦しみが地球上にあるのは不思議ではありません。

加害者は、自分ではパワーを持っているということを、最も信じていな
い人です。
加害者は、どうすることも出来ないという寂しさを、感じる人たちです。



でも、そういう感情を感じたくないわけです。
そのために自分よりも、もっとパワーを持っていなさそうだと信じる人を
攻撃するわけです。
そして自分が攻撃した人よりも、自分のほうがパワーがあるんだ、という
ことを感じたいわけです。

本当は、心の中では、沈みそうだ、死にそうだ、と思っている人たちが
加害者なのです。

加害者は一人ぼっちで居たくないのです。
自分たちと同じように、一緒に引きずり込んでいきたい人たちなのです。



本当に自分のパワーを信じている人たちは、この考えを誰にも押しつける
必要がありません。
自分のなかにパワーがあるという事を信じている人、そしてまた自分の欲
しいものを得るために、外界を支配したり操作する必要がない、と知って
いる人たちは、加害者になる必要がありません。



このような考え方を、あなた方の社会に教え始めるとき、加害者はいなく
なります。
そして被害者もいなくなります。全くいなくなります。


自分の欲しいものを、誰でも作り出せるということを、人は知ることが
出来ます。
現在の社会が、そのように出来るということを知れば、自分が欲しいもの
を得るために、自分が欲しい現実を創るために、誰もが充分にパワーを
持っている、ということが分かります。



実はあなたがたには、微妙な情報が入ってきているのですけれども、どれ
も無視するように教わってきたのです。

常にあなたがたには、情報が入って来ています。
必要な、すべての情報が入って来ています。

ところが、入って来ている情報を無視する。
つまり、あなたにメッセージを渡そうとするメッセンジャーを無視して
いるのです。
そうすると、あなたのなかに居るメッセンジャーの声はどんどん大きく
なるし、もっと嫌なメッセージをよこしたり、怖いメッセージをよこす
ように思えてきます。
あなたが注目するまでは、メッセンジャーは「良く聞け!」というように、
大きな声を出さなくてはいけなくなるわけです。



そして、あなたが注意を払って現在に集中するならば、

「・・・ああ、わかりました。もうこれに直面しないわけにはいきません」
「生きるか死ぬか、どちらかしかない状態です。決断しなければいけない
 時です」

と、分かります。



自分が誰なのか、自分はなにをしているのだろうか、自分はこれから何を
しようとしているのだろうか、ということに、あなたは直面します。

世の中では、怖い経験をした人は、その後に非常に大きな変化を、その人
の中に創り出すということが、よくあります。
非常に怖い体験をした後に、本当に生き始めるのです。
ところが、そういうことが起こる前は、夢遊病でした。



もちろん、そういう風にならないとあなたは気づかない、と言っている
わけではありません。
そんな必要は、全然ありません。
ところが、今の世の中は夢遊病者であふれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バシャールのことば 2

2013-06-13 10:13:18 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!


「あなたは存在している」
「一は全、全は一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」




前回のつづきです。(前の記事からお読みください^^)





・・・・そして今あなた方は、目覚めようとしています。



そのような方法で生きる必要がない、被害者である必要がない、と
いうことにいま、気付き始めています。

でも、ほとんどのひとたちがまだ、夢遊病の状態です。

自分が被害者になることを教えられた人というのは、加害者に出会う
ものです。



だからと言って、加害者がこれを言い訳にするわけにはいきません。

加害者というのは、自分が非常にパワーのない人間だと思っています。
そのために、他の人を支配することによって、自分のパワーを感じ
たいと思っているのです。

でも人間は、これらをクリアにすることができます。


加害者もこの辺りをクリアにしておけば、被害者の送ってくる
「加害者になってくれ」と言う、求めに答える必要がないのです。

ですから、いわゆる被害者と加害者と言うのは、ひとつのコインの
表と裏のような関係になっています。

被害者と加害者は、お互いを引きつけ合っています。
加害者と言うのは、「被害者の被害者」なのです。

そして被害者と言うのは、ある意味では加害者なのです。
被害者は、自分で加害者の弱みを突くようなバイブレーションを出し
て、加害者を引きつけています。

そして加害者にこう言います。
「私はここにいるよ、ここにエサがあるよ、どうぞ私を攻撃してくだ
さい」 と。

そして自分が攻撃されることを恐れていますから、この世の中を「恐れ
に満ちた世の中である」と思っています。

自分が襲われることを、恐れています。

もし、この道を歩いていると、角を曲がったとたんにこういう状況に
出会ってしまうのではないか、こういう人に襲われるのではないか、と
思っています。

「自分に、何が起こるか分からない。世の中と言うのは分からないもの
 だ。」

と、人々はよく言います。
みなさんは成長する過程で、そういう言葉をたくさん聞いてきたのでは
ないでしょうか。

そんなことをしたら、どんな目に遭うか分からないよ、人にさらわれて
しまうよ、後ろを見ていないと、後ろから人が襲ってくるよ・・・

と、教えられます。
こういうことを何度も聞いているうちに、信じ始めてしまいます。
そして信じたことが、現実になります。



3歳になる頃までには、このような思考パターンが、アタマの中にすっ
かり植え込まれています。
そしてそれが、それからのアナタの人生を決めてしまいます。
ですから重要なことは、次のようなことをあなたの社会の人達に、教える
ことです。


人というのは、自分が必要なだけ、パワーを発揮することが出来ます。

そして誰も傷付けることなしに、自分の欲しい現実を、創造することが
出来るのです。



地球上に、加害者と被害者が存在するただひとつの理由は、生まれたとき
から自分にはパワーがない、と教えられてきたからです。





(つづきます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バシャールのことば 1

2013-06-12 10:16:50 | 愛と感謝
この宇宙の、絶対的要素!

「あなたは存在している」
「一は全て、全ては一」
「与えるものを受け取る」
「変化は常に起こっている」


おはようございます^^

何度も読み返していますが、そのたびにこころに響く
バシャールのコトバ。

思いつきですが、チョット転載してみます☆





・・・たとえば、自分がやっていることに対する疑惑や、自分の
人生に起こっていることに対する疑惑とか、
この事はいつ言ったらいいかとか、そういうことに疑惑や迷いを
抱いている場合、あなたは目覚めていないのです。

無意識的な存在なのです。
夢の中で歩いているのです。

カンタンに説明すると、こんなことです。


夢の中で歩いているときは、いろんなモノにぶつかってしまいます。
夢遊病者は歩いているときに、いろんなモノにぶつかります。
つまり、あなたがあなたの人生の中で創造しているのは、そういう
ことなのです。

目を閉じて歩いているので、そういうモノにぶつかるのです。

はっきりした道が見えない、根っこが見えないので、穴に落ちてしまっ
たり、壁にぶつかってしまったり、自分がぶつかることが出来る
いろいろな体験を、自分に招きよせてしまいます。

そうして、そういうモノにぶつかることによって、ショック療法で、
あなたは目覚められる、ということになるわけです。

みんな、自分自身が眠っている最中に、歩くようなトレーニングを
しています。
そして自分が「被害者」になるように、自分をトレーニングしています。
あるいは、自分の子供たちが「被害者」になるようにトレーニング
しています。


みなさん方は、こういう言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。


「一生懸命、汗水ながして働かないと、お前は何者にもなれないよ。」
「一生懸命、人と競争していかないと、幸せはなれないよ。」

「人より余計に働かないと、幸せになれないよ。」
「苦痛なしでは、なにも得られないよ」


こういう言葉が、あなた方の中に叩き込まれています。
生まれた時から、こういう言葉を聞いて育ってきました。

そしてこのような考え方を、当然実生活の中で、現実化してしまいます。
あなたがたはみんな、夢を見ながら歩いているだけなのです。


そして今あなた方は、目覚めようとしています。



(つづきます)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加