足は大地に、理想は高く、心には愛を!

ここに記す「高次元からのメッセージ」、情報開示は、「あなたの生活に役立つかどうか」がすべてです。直感で判断して下さい。

勇気あるスターシードたちへ・・・!

2016-01-31 22:36:55 | 愛と感謝
2016年も、はや1月が終わります。

気付きかけている、目覚めかけているひとは、ぜひ勇気を振り絞って、一歩を
踏み出してほしいと思います。

煽るつもりは一切ありませんが、バシャールの言い方をするならば、少し前は
飛び乗れていた列車も、いまではかなりのスピードになってきています。
いずれは、という間もなく、全力疾走でも飛び乗れなくなるでしょう。

別の言い方をすれば、上昇に向かって昇って行く「渦」の大きさは、ますます
その口径が狭まってきているようです。

焦る必要は一切ありませんが、とにかく急ぎましょう。

本当は気付けているのに、行動に踏み切れないひとも同じです。



じゃあ、どうすれば?



まずは、この世界、宇宙、太陽系の真実を知って下さい。

http://ja.spherebeingalliance.com/blog/all.html?page=30


そして、あなたのこころに「自分はどうしたいのか」と聞いて下さい。
「どうしたらいいのか?」ではなく、「どうしたいのか?」です。
これは大きく違うのです。

そして同時にたくさんのこと、なによりあなた自身を許しましょう。



さらに、こんなタイムラインだって存在するのです。

http://nowcreation.jimdo.com/2020-the-new-earth/



さあ、スピードを上げている列車に、新しいタイムラインに乗りましょう!


・・・急いで! 少しでも早く!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「世界改革」 & ZAP週央レポート

2016-01-29 11:28:55 | 愛と感謝
Sitara と Dickに よる、世界改革 

2016年1月26日

Global Reset by Sitara and Dick, January 26th




古代の中国ファミリー(長老)は、古代のヨーロッパの君主たちとともに、
長い間、大規模な物理的資産を、惑星地球上に幾世紀にも亘って備蓄し、いまだに
手の内にしています。

この雄大な富は、種々の場所に、種々の信託資金として、保持され、世界に戦略的
に分散されていますが、保安上の理由からほとんど知られていません。
総称としてそれらは「世界担保資産」として理解されています。


これらの「世界担保資産」は、これらを自分たちのものではなく「人間のための資産」
として監視し、保護する、心からの守護者たちによって守られています。
これらの守護者たちは世界中にいて、保安上の理由で一般大衆には知られていません。

これらの世界担保資産は、近代の銀行システム中で、あらゆる形の債権、通貨、
債務証券に書き換えられていて、例外なく普通の人が作り出せる、いかなる債権をも
凌駕する大きさです。


これらの世界担保資産は、1700年後半以来、常に攻撃を受けてきて、進歩した
制御システムによって守られてきました。

現在の西側の銀行エリート(東ヨーロッパ、米国、日本、サウジアラビア、ウクライナ、
トルコ、イスラエルなど、すなわちカバール政府)は、
戦争、背信行為、殺人、および汚職を通じて、この世界担保資産を盗もうとしてきま
した。
実際、400年以上に亘って、世界担保資産の制御メカニズムを横領しようとする企み
が行われてきました。


今、私たちが目撃しようとしていることは、失敗に終わっている攻撃の公共的な拒絶
であり、大多数の独立国家は今、彼らの不換通貨ベースの負債銀行システムの終焉と、
その永久的な金の裏付けに基づく、価値の維持が可能なシステムへの代替を求めようと
一体化しています。

これらの真の国際的な連合は、単一の通貨発行機関(中国に位置する)を、中国の長老と
ヨーロッパの尊厳あるファミリーの両方の制御下に置くことを、署名をして受け入れ
ました。


西側の不換銀行システムは、それ自体が付いていた「嘘」の重みで崩壊しつつあり、
苦痛に満ちた追加証拠金支払いによって、静かに解体されようとしています。

これにはBIS(国際決済銀行)、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、中央銀行システム、
連邦準備銀行、英国銀行、金属取引市場、米国株式会社、カバール政府などが含まれ
ています。

アジア投資、インフラストラクチャー銀行(AIIB)は、中国の長老が作ったものであり、
中国、ロシアを含むあらゆる政府から分離独立していることに注意してください。


しかし、BRICS連合も、中国の長老とヨーロッパの君主たちの金融原則に従う約束を
する、独立国家の集合としての認識のための集まりとして形成され、
これに従うと誓約をした者は、世界担保資産に基づく実物資産ベースのローン/基金の
社会的恩恵を受けられます。

中国長老/ヨーロッパの独立金融原則を守らない、すべての独立国家は、AIIBには参加
することを許されず、したがって世界担保資産の利用から除外されます。

独立国家は、AIIBの正式メンバーではない国家と、銀行活動において取引を許されま
せん。
国家は、中国の長老とともに歩むか、そうでないかです。

ここ70年間プレーされていたゲームが終わったので、もはや中間的なゲームは存在
しないのです。

世界の金融構造は、はじめは中国の長老たちによって導入され、第二次世界大戦中の
1944年に、ニューハンプシャーのブレトンウッヅで合意に至ったものです。
しかし、このシステムは、現在の西側銀行システムに見られるように劣化し、世界は今、
暴利の溝から抜け出そうとしている最中です。


全ての独立国家は、中国長老/ヨーロッパ の、独立金融原理を守ることに合意すれば、
いつでも参加できます。
誰も除外されません。


上記の事実に基づいて、AIIB/BRICS連合 と協調するすべての独立国家は、
2016年1月1日現在、
「(バラク・フセイン・オバマを企業スポークスマンである操り人形とする)
米国株式会社」 を承認していません。

また、全てのAIIB/BRICS と協調する独立国家は、
2016年1月1日以降、
「米国株式会社」の不換通貨である米ドルを、有効であると認めていません。


AIIB/BRICS と協調する独立国家は、全てが、2016年1月1日現在で、
「ペンタゴンの闇帽子」が制御する軍事作戦を、アメリカ合衆国の市民の自由意志を
代表するものとは認めていません。


日本は、秘密裏にAIIBに加わり、この事実は北京で、1月16日~18日に開かれる、
次の AIIB会議で、その参加が告知されることになっています。

2008, 2015 及び2016年の市場崩壊は、
既存の西側銀行システムファミリーによる、かつて実現されたことがない「金融支配・
幻想維持」のためのたくらみでした。
この努力は失敗に終わりました。


2001, 2003, 2005, 2009, 2012, 2014, 2015年のすべての軍事紛争も、
中国の長老・ヨーロッパの君主ファミリー/世界担保資産の支援なしには、どの政府も
収めることができない、非世界担保資産ファミリーによる軍事支配という、幻想維持の
ためのたくらみでした。
この種のたくらみも、結局うまくは行きませんでした。


こうして、金融紛争であれ、戦争であれ、全ての紛争は、人間のリセットとすべての文化
に関して、今中国の長老/ヨーロッパの君主ファミリーによって公に解決され、
モラル上の基礎的な、具体的な資産の裏付けがある、基礎的な基盤に基づくものに戻り
つつあります。

非世界担保資産/西側銀行ファミリーが、一般大衆をメディアサービスを通じて、彼らの
好きなように、印刷機の発明以来ずっと、一般大衆に影響を及ぼしているのですから、

マスメディアを通じて読み、聞き、見る言葉、文字をその通りには、信じないように
してください。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「ZAP週央レポート」

2016年1月27日

Date: Wed, 27 Jan 2016 20:31:46 -0500




ハイ、みんな、

私たちは、ほとんど目的を達していて、
大ニュースとしては、

米国中で、大勢の逮捕や捜査が進んでいるにも関わらず、最初の資金が払いだされたと
いうことである。
来週の初めには、これらの資金が到着し、インフラストラクチャーの構築を開始でき、
さらなる仕事に取り掛かれる。
だから、これまで努力をしてきたすべての仕事の実が結ばれつつある。


RVに関しては、形を成しつつある。
私は以下の情報を得ている。


「GCR(世界通貨改革)が、シンガポールのTV画面に放映されている。
 非常に高額の資金決済が、あるパーティーの間で、アジア系の銀行を利用して行われた。
 昨日は、ある大物に大規模な支払いが行われ、明日にも通貨交換のアポがとられている」


私は、この情報の裏付けを取り、確かに正しいことを確認した。
高レベルの通貨交換が実際に始まっている。

非常に多額の交換が止められたが、これは実に「貪欲」に基づくものだったし、
交換に際して示されていたルールが守られていなかった。



(転載終了)




いま、「日々食うために働いている」多くの人々には、一切こういった情報は流されず、
あるいは見聞きしても、信じることは出来ないかも知れない。
いまは意味が分からないかもしれない。
信じたくないかもしれない。

誰にでも、適切なタイミングで、適切な情報に巡り合う。
ひとりひとり、そのタイミングは異なる。

だから、こういうことや、例えば太陽系の真実、そういうことを理解していたとしても、
それを誰かに信じさせたり、教えてやろう、という必要は一切ないと思う。

こういう情報を求めているひとは、自然と「情報源」に辿り着く。
そして、こころに問いかければ、その情報の真偽に気付ける。
白か黒かではなく、ひとつの情報のなかでも、真偽の取捨選択が出来る。

だから僕らは、ワクワクする情報を拾い、転載し、そして綴ればそれでいい。
それだけで、光は強くなっていく!

いまはそう思っています。


あなたの思うワクワクと、幸せで居られますように。

愛とともに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「違う波動域 」

2016-01-27 10:15:59 | 愛と感謝
バシャール:

「違う波動域 」

~新しい地球のスターシード達へ !



平行世界は無限に存在しています。
それぞれの平行世界に存在する「貴方」は、違うバージョンの「貴方」であり、
文字通り「全く違う波動域に住む存在」だという事を理解して下さいと、
バシャールは話します。

「それぞれの平行世界に住む貴方」は、それぞれユニークな視点を持ちます。

視点が違えば、物事の捉え方や反応が異なるのは理解出来るでしょう。
つまり、貴方というフィルターが変わる事で、貴方が創造する世界も、自動的に
変化してゆきます。
従って、貴方が存在しえる波動域も変化せざる追えなくなる、というわけなのです。


貴方の心に「気付き」が起こる度に、貴方は大きなジャンプをしていると話します
が、たとえ「気付き」が起こらなくとも、貴方は常にシフトを繰り返していると
いう事実は変わる事はありません。

しかし、バシャール曰く、大きなジャンプとは、今まで信じて疑う事が無かった事
に「一筋の光」が点り、貴方の信念が底から覆されるような、大きな発見を意味
しているのです。

異なる波動域に存在する「貴方にそっくりな人物」は、3次元密度の生物学的見解
によると「同じ人物」となりますが、エネルギー的に分析すると、全くの「他人」
として判断されます。

ですからバシャール達にとって「1ヶ月前の貴方」と「現在の貴方」は、全くの
別人として判断されるので、バシャール達にとって私達は常に、「新しい人」と
して認識されるというわけなのです。

それだけ私達は、繰り返しシフトを重ね、1つの波動域に留まる事は無いという事
が言えるのです。


貴方は自由に視点を変えて、何時でも3次元密度の箱から飛び出す事が出来るの
です。
とっくの昔に、3次元密度の箱の蓋は解放され、無限の波動が注ぎ込まれていると、
話します。

新しい自分を自由に創造し、ワクワクを強化してゆきましょう。



(転載終了)


いつもありがとう、バシャール!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルコンについて

2016-01-27 09:31:14 | 引き寄せの法則
NOW CREATIONさんより、
(2012年5月8日付/10日付追加情報)の記事を転載させていただきます。



「アルコンについて」



私は、おそらくこの情報にショックを受ける人がいるため、投稿することにいささか
疑問を持っていました。
しかし、それでも投稿するよう指示されました。
この数日間のイベントにより、今がこの情報を明かすのにふさわしい時だと納得しました。

私はこの情報を恐怖を広めるために投稿するのではなく、知ってもらうために投稿する
のです。
私たちが現在の状況を知っていれば、私たちの統一された意識は状況を変化させ、解決
することができるでしょう。
この情報は、光と闇の勢力の現況と、光の最終勝利について、ほぼ全体像を示すものです。



25,000年前、闇の勢力は地球を隔離状態にして、人類を人質にしました。
彼らは「仮想現実のコントロールシステム」を創り、誰も逃げられないようにしました。
彼らは、ソースと繋がっている光の存在たちを閉じ込めて、この仮想現実を創造し続けて
きたのです。

この「仮想現実のコントロールシステム」はまだある程度機能しており、普通は
「マトリックス」と呼ばれているものです。
物質界において、そのコントロールは、オリオン・バビロニアタイプの負債に基づいた
金融奴隷制度、マスメディア、マインドプログラミングを通して維持されています。

エーテル界、アストラル界、メンタル界では、電磁的時空歪曲チェンバーで維持されて
おり、フィラデルフィア実験でも類似したものが使われました。
これらのチェンバーは、永久不滅に見えるような「閉ループ系の幻想」を創り出して
います。
このため、自由になった人、解放された人、エンライトメントした人が、これまで
ほとんどいなかったのです。


その「マトリックス」は、アルコン(ギリシャ語の支配者)と呼ばれている存在たちに運営
されています。
彼らは、アンドロメダ銀河からやって来て、闇を経験することを選んだ存在です。

彼らは、ソースと再び結びつくことを拒否しました。
数千年間、彼らは遺伝子工学を用いてドラコニアンとレプタリアンを創り出し、自分たちの
「闇の帝国」を広げるために、奴隷戦士として利用しました。

惑星地球は、解放されるべき、この闇の帝国の最後の惑星です。
アルコンは、地球上にほんの僅かしか残っていません。


エーテル界とアストラル界では、アルコンらは「カルマの主」として知られています。
彼らが、転生後の人生経路の大部分を決める者たちです。

彼らが私たちの両親を選び、ある程度人生の境遇を決定づけます。
このプログラミングシステムは「カルマ」として知られています。

彼らはアストラル界で、高度な波形生成テクノロジーを使って、アストラルの地球
エネルギーの流れを操り、そのエネルギーを占星術的な悪影響を及ぼすために用いています。

彼らは歪曲された時空構造をインプラントで維持しています。
インプラントは、時空のブラックホール異常を生じさせ、人間のマインドと感情を混乱させ
ます。
インプラントはプログラム可能なクリスタルで、強力な電子装置を用いることで、地上の
すべての人のメンタル体、アストラル体、エーテル体に埋め込まれています。

(訳注:現在のインプラントはブラックホールよりも弱い「裸の特異点」になっています)


エーテル界及び低層のアストラル界では、ドラコニアンの管理人らが、マトリックスを構築
し続けている人工知能技術を維持しています。
それは警告システムです。

もしも目覚めた存在が、自分の光でそのマトリックスに穴を開けると、ドラコニアンはレプタ
リアンの奴隷戦士を送り、その目覚めた存在の心理的弱点に圧力を加え、その存在の波動を
低下させます。
こうして穴は閉じられるのです。

また、レプタリアン奴隷戦士たちも、転生した人間のマインドと感情に絶えず圧力をかけて、
スピリチュアルな成長を妨げたり、自由への闘争心を抑圧したりします。

それでも十分でない場合、彼らはアメーバのようなエレメンタル存在を送り、さらに圧力を
かけます。
それらのすべてのネガティブ存在は、通常アストラル界、及びエーテル界の、歪曲時空構造の
ひだの中に隠れています。


彼らの力は恐怖の中に、そして隠された意図の中にあります。
彼らは、光、真実と勇気に直面すると、すべての力を失います。

もし私たちが、恐怖心なしにこのすべてを知っていれば、私たちの意識の光が、時空構造の
それらのひだを真っ直ぐにし、そのようなネガティブ存在は、惑星地球のアストラル界及び
エーテル界から、すべて排除されるでしょう。


物質界では、アルコンはイエズス会組織の中に転生しています。彼らは、
管理人(金融システムを運営するドラコニアン・イルミナティー)
手下の戦士(レプタリアンの傭兵たちで、イルミナティーを守っている)
奴隷(九時五時の仕事をして、アルコンに仕えている人類)
を、スピリチュアル面でコントロールしています。

イエズス会関係の結社と、33位階のフリーメイソン会員が、共にイルミナティー組織を
握っています。
この組織は今、とうとう崩壊しつつあります。



「アルコンの侵略」


人類史上、アルコンとアルコンに虐げられた種族 - ドラコニアンとレプタリアン -の
宇宙からの侵略は、大きく3回ありました。
そのときには、物質界もスピリチュアル界も侵略されました。

第一回がクルガン侵略で、紀元前3,600年頃です。
闇の存在たちは、コーカサスの次元ポータルを通って侵入しました。

その目的は、当時ヨーロッパで栄えていた、平和的な女神崇拝を行っている新石器文化を
破壊することです。
彼らは、女神崇拝を撲滅したかったのです。
なぜなら「女性性のエネルギーは私たちをソースに直結させる」からです。




第二回がハザール侵略で393年頃です。
闇の存在たちは、前回と同じくコーカサス次元ポータルを利用しました。

その目的は、ミステリースクール、キリスト教グノーシス主義グループ、自然崇拝の
異教信奉の撲滅と、それらをキリスト教カルトのマインドプログラミングに入れ替え
ることです。
低層アストラル界に「仮想現実の地獄」を創り出すことで、このプログラミングは強化
されました。
その地獄は、教会が立場を強めるために利用されました。


第三回がコンゴ侵略で、1996年です。
闇の存在たちが、戦争で引き裂かれたコンゴ、ルワンダ、ウガンダを通って侵入しまし
た。
今回の侵略は、エーテル界と低層アストラル界に重点がおかれていました。
この侵略の目的は、ニューエイジとアセンション・ムーブメントを打ち砕き、
マトリックスを補強することでした。

地球上で大きな目覚めが起きた結果、1995年にマトリックスはすでに崩れ始めていま
した。ほとんどの存在は、この侵略に気付いていません。
1996年以前の地上に存在していた光に関する記憶が、1996~1999年の集中的な
インプランティング・セッションで消されたせいです。



「Victory of the Light 」


昨年11月の、11:11:11ポータル活性化の後、マトリックスはついに崩壊し始め
ました。
その直後に様々なこと(キーナンによる告訴)が動き始めました。
それは最後には、私たちに自由解放をもたらすものです。
この度は、宇宙からのアルコンの侵略は一切あり得ません。

「惑星地球は、解放されるべき最後の惑星だからです」


――中略――


アストラル界のアルコンは、地上のポジティブ勢力のキー・プレーヤーの心理的弱点に
圧力をかけつづけることでしょう。
彼らの間に分裂と不和を生じさせるためです。

そうなれば、カバール打倒に集中している私たちの気持ちが、些細な内輪もめに流れて
しまうので、彼らの目論み通りというわけです。
私たちはそのような揉め事を手放し、すぐに焦点を合わせ直す必要があります。

解放意識の流れは、アルコンの影響を乗り越えられるくらい十分強いものですが、彼らは
いまだに不必要な遅延を生じさせる力を持っています。
カバールの大量逮捕は、物理的作戦に限りません。
そうなったときに、大衆がパニックを起こさないようにスピリチュアルなサポートも
必要なのです。

ある時点で、銀河のセントラルサンのエネルギーが、アストラル界及びエーテル界の
マトリックスの全障害を焼き尽くし、すべてのネガティブ存在は排除されるでしょう。

彼らは、天使やスピリチュアルなガイドに入れ替わります。
ある美しい預言があります。

The Net Must Come Down. It Ends. Light Enters.


――以下省略――





Clarification about Archons

(2012年5月10日付  アルコンについての追加情報)


アルコンについて先の記事で不明瞭だった点を明らかにするために、情報を追加
します。


すべての物質的、非物質的レプタリアン、ドラコニアン、アルコン、そしてその他
すべての闇のエンティティーは、惑星地球のわずかな表層部以外、全宇宙、銀河、
私たちの太陽系から完全に除去されています。

すべてのレプタリアンとその他の闇の勢力は、すべての地下軍事基地からすでに
完全に除去されています。
それらの基地は今は空になっており、彼らの入り口は封鎖されています。

現在闇の勢力は、二ヵ所で見つけることができます。

一つは、エーテル界及び低層アストラル界(4次元)です。
地球表面の薄い層で、地上と地下それぞれ最大で8.6マイル(約14㎞弱)に及ぶ領域
です。
肉体を持たない闇のエンティティーの圧倒的多数は、地上と地下それぞれわずか
60フィート(約18メートル)の地表面に近いところにいます。
それらのエンティティーのほとんどが、人口密度の高いエリアに集中しており、
自然が未開のまま保たれているところには、ほとんどいません。

闇のエンティティーは、アルコンの小さなグループ、それより大きいドラコニアンの
グループ、さらに大きいレプタリアンのグループ、そして膨大な数のアメーバ状の
エレメンタル存在で構成されています。

現在、エーテル界及び低層アストラル界で戦争が行われています。
非物質的な光の戦士によって、闇のエンティティーが排除されているのです。
このエーテル的アストラル的解放作戦は、Pandoraというコードネームで知られて
います。

二つ目の、そして闇の勢力を見つけることができる最後の場所は、惑星地球表面の
物質界です。
闇の勢力は、数十人のアルコン(ほとんどがイエズス会のサークル内にいます)、
数百人のドラコニアン(イルミナティーの銀行カルテルで見つかります)、
数千人のレプタリアン(KBRやアカデミ/旧ブラックウォーターなどの民間傭兵軍で
見つかります)で構成されています。

このような存在たちは、来たる大量逮捕で排除されます。
ですから、いまだに戦争は続いていますが、私たちは勝利に近づいており、地球は
解放されます。


アルコンは数千年前、場合によっては数百万年前にアンドロメダ銀河からやって来ま
した。
だからといって、アンドロメダからやって来た存在がすべて闇側についているわけでは
ありません。
事実、アンドロメダ銀河は、光の勢力の非常に輝かしいヒーローたちで有名なのです。

物質界のアルコンのリーダーが、5月5日(2012年)にレジスタンス勢力に逮捕され、
地球から連れ去られました。
彼は光側に転じて、今は自由意志で地球解放プロセスを支援しています。


「カルマの主」は、アセンデッド・マスターとは何の関係もありません。

カルマについての教え全体が、闇の勢力の工作員が偽情報のプログラミングを企てた
ものだったのです。
彼らは数千年前の、インドのミステリースクールに浸透しました。
カルマの教えの目的は、古代インドのカースト制度の支配メカニズムを強化すること
でした。
カルマの主は、アストラル界にいる存在たちで、転生しようとしている人たちの人生の
道筋に、大きく影響を及ぼしています。

アセンデッド・マスターの教えに、カルマの部分はありません。
アセンデッド・マスターは、愛と許しと自由について教えます。
今のところ、アセンデッド・マスターの直接の教えは地球上にありません。

地球上で得ることができる光の教えは、すべて彼らの弟子が伝えたもので、どれもある程度
偏向しています。



(転載終了)



数年、いや数か月前だったら、僕もこのように地球外生命との、時空を超えた戦争が起こって
いるなんて、信じもしなかったでしょう。
しかし、いまではコーリーグッドのディスクロージャーなどを読むに連れ、そういったことは
現実として(次元を越えて)行われていることを、実感を持って信じられるようになって
きました。
いろんな情報が溢れる中で「いったい、なにが真実なのか?」という決め手は、もう自分自身の
こころに問いかけてみることしかないようです。

そして、その情報に、恐れや怒りを感じてしまうかどうか。

僕はもう、いろんなことを知るにつれて「そうだったのか、でももう、いいんだよ。これからの
世界にはもう、必要ないから」と思えるようになりました。

だからあなたにとっても、そう思える情報こそが、あなたの真実なのかもしれません。

そしてこれらの(いわゆる)闇の存在たちが去っていったために、僕らはどんどんと目覚め、
気付けていっているのかもしれません。
僕は、2011年の暮れ辺りから、本格的に気付き始めることができました。
なのでタイミング的にも、こういった情報はあながち全部がフィクションだとは、どうしても
思えないのです。

そしてこの「感じ」は、僕だけの真実で、決してあなたのものではない。
あなたにも、あなたの真実が在る。

ただ、もし「自分は気付けた、目覚めた、覚醒したんだ!」ということを誰かに認めてほしい
と思うなら、あなたはまだまだ^^

覚醒には程遠い、と思うし、そもそも「覚醒」したらどうだっていうんでしょう?
そうも思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すしざんまい社長が語る「ソマリア海賊問題」

2016-01-21 20:43:39 | 愛と感謝
Mixi記事より転載します。



’01年に第1号店を東京・築地場外市場に「すしざんまい本店」をオープン。
現在では北海道から九州まで、51店舗を展開。
その多くが年中無休24時間営業で、本格的な寿司を手ごろな価格で楽しむ
ことができるという、それまでの寿司屋の常識を覆したのが、株式会社喜代村
の木村清社長だ。


◆「すしざんまい」が年間300件の海賊被害をゼロに


――「『すしざんまい』の社長が、アフリカのソマリアで、元海賊とマグロ漁を
  やっている・・・と話題になったことがありましたね。


木村:
今でもやってますよ。
ソマリアの沖というのは、キハダマグロのいい漁場なんです。
ところが海賊が出るようになり、危なくてマグロを獲りに行けなくなって
しまったんです。
しかし、聞いてみると誰も海賊とは話していないという。
おかしいじゃないですか。
海賊といったって相手は人間なんですから。

それでさっそく、伝手を頼ってソマリアの海賊たちに会いに行きました。
そこでわかったことは、彼らだってなにも好き好んで海賊をやっているわけ
じゃないということです。

だったらこの海で、マグロを獲ればいいじゃないか。
自分で稼いだ金で家族を養うという、誇りを持った人生にしなくちゃいかん――
と、彼らと話し合ったんです。


――ソマリアの人たちは、内戦で国を失い、無法地帯となった彼らの海が荒らされ
 たため、海賊になったと主張しているそうですが、自力では対抗できなかった
 のでしょうか?


木村:
口で言うのは簡単ですが・・・、まず彼らは、マグロ漁の技術をもっていないし、
船もありません。
マグロを獲っても、それを入れておく冷凍倉庫が使えなくなっている。
獲ったマグロは売らなければなりませんが、そのルートをもっていない。
IOTC(インド洋まぐろ類委員会)に加盟していないから、輸出ができなかった
んです。

じゃあ、仕方がない。うちの船を4隻もっていった。
漁の技術も教えましょう。冷凍倉庫も使えるようにする。

ソマリア政府にはたらきかけて、IOTCにも加盟する。
獲ったマグロをうちが買えば、販売ルートも確保できる。

こうやって一緒になってマグロ漁で生活ができるようにしていったんです。


――「民間外交」の枠を超えた貢献ですね。なぜそこまで?


木村:
いろんな国や国際機関も援助をやっていますが、どれも上滑りのことばかりで
あまり役に立っていないことも少なくありません。
相手の視線に立って、相手の悩みに気がついてあげることが必要なんです。

ソマリア沖じゃ、一時は年間300件、海賊による被害があったそうですが、
うちが行くようになって、この3年間の海賊の被害はゼロだと聞いています。

よくやってくれたと、ジブチ政府から勲章までいただきました。


――そこまでして、事業として採算はとれるんですか。


木村:
んー。まあ、正直言って今のところまだ採算はとれていませんね。
しかし、将来的にはきちんと利益が出る目論見はたっていますよ。

それに商売というのは、目の前の利益、儲けのことを第一に考えていたんでは
うまくいかないものなんです。
まず考えなくてはならないのは、どうやったら喜んでもらえるか、何を求められ
ているかということ。
それに応える算段をするのが「商売」なのではないですか。



◆世界に唯一で最高の市場を私たちがつくる


――儲けと言えば、築地市場の豊洲移転に関連して、大和ハウス工業と共同して
 大型商業施設の進出を計画されたものの、最終的に断念されました。
 会見で「私利私欲でやったことではない・・・」と涙を流されました。


木村:
「築地市場」という文化を守りたかったんですよ。
考えてみてください。
世界中どれだけ探したって、生で食べられる魚をこれだけ扱っている市場は、
築地だけですよ。

そのことを私たちはもっと誇りに思うべきでしょう。
ご存じのように築地市場というのは、卸売市場である「場内」と、一般客向けの
「場外」とで成り立っています。
2016年の11月に「場内」は豊洲に移転し、「場外」は基本的には築地に残ること
が決まっています。
それはそれでいいけれど、やっぱり「場内」と「場外」がセットになった良さも
あったほうがいいと、私は思うんです。
豊洲移転を成功させ、東京、ひいては日本の魅力を国内外に発信していくため
には、豊洲に新たな「場外」を作ることが必要なんです。
ならば、かつて寂れかけていた築地場外に「すしざんまい」を初めて開店させた
ときと同じ気持ちで、私が豊洲に「場外」を作ろう、そう考えていたのです。

いろいろな問題があり結局実現させられませんでしたが、これからも
「日本の食文化と市場は私たちが守る!」という気持ちに、今も変わりはありま
せん。



(転載終了)


今後、貨幣経済が衰退していくにつれて、誰もがそれぞれの仕事に対する姿勢、ひいて
は「生き方」そのものと、否応なく向かい合うことになる。

「お金のため」が第一で働いてきた人は、これまでの人生はなんだったのかと、なんの
ために生きてきたんだろうかと、大きく後悔することになる。

お金は大事かもしれないが、まずは自分自身がどのように社会に、周囲に貢献できる
だろうか?というところから始まっているひとであれば、経済という概念そのものが
消滅したとしても、いままでどおり働き続けることが出来る。

それはまさに、「金の奴隷」として生きてきたか、それとも自らの誇りとともに生きて
きたか、の違い。

繰り返すが、確かにいまは一見、誰もが同じように働いていると見えるかもしれない。
しかし「その時」が来れば、誰もが否応なく、自分自身と向き合わなければならなくなる。


とくに大きな集団(企業)に居るほど、社会への貢献度は分かりにくくなっている。
だからいま一度改めて、自分の仕事はこんなに社会に貢献している!ということを意識
したほうがいい。
それに気付けたとき、それは「誇り」となり、人生観や生き方さえ変わるだろう。
「仕事」というものは紛れもなく「誰かの役に立つための行為」なのだから。

しかし、
もしどう考えても思い至らないとしたら、早々に人生のかじ取りを真剣に考える必要が
ある。
いまのうちに舵を切れたら、「その時」になって後悔することも少ないだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベンジャミン・フルフォードニュース  & ZAP週央レポート

2016-01-21 20:41:28 | 愛と感謝
ベンジャミン・フルフォードニュース 

2016年1月19日

The revolution continues with shipping freeze, stock plunge,
US dollar dumping, $20 oil, attacks on gold mines and more

January 19, 2016
Author: Benjamin Fulford



世界の金融システムから、あらゆる欺瞞を除去する組織的な努力が進められている。
この作戦は今、米国企業政府を含むある大きい金融機関と国を、破産間近に迫らせ
ている。
これは金融、スーパーコンピューター、特別部隊作戦、ニュース、宣伝、特定の的
を絞った暗殺などを含む、複合的な戦争である。


この闘争の、おそらくは最も劇的な、報道されていない新たな側面は、
「世界中の海上輸送の凍結」である。

輸送凍結についてのインターネット報道を確認するために、当記者は、NYK
(旧・日本郵船)ラインに電話を掛けた。
これは国際的な輸送企業であるが、現在の輸送単価では赤字なので、輸送を停止して
いる、とのことであった。
中国政府のソースが言うには、海運企業は今、支払いをドルではなく、中国元によっ
て行うように求めているが、これが世界的な海上輸送の凍結の原因になっている、
とのことである。
この結果、特に米国で、スーパーマーケットの棚は空になり、社会的な不安が引き
起こされるだろう。
先週ウオルマートは、269店舗の閉鎖を宣言したが、これは始まりに過ぎない。


この複合的戦争のもう一つの次元は、オイルカルテルとオイルダラーへの攻撃だった。

これは供給過剰ではなく、攻撃であり、これがオイル価格の1バレルあたり20ドル
への価格低下の原因である。
カナダ産の最低品質のオイルであるアスファルト、タール類の場合は、1バレル
あたり8ドルにまで低下している。

今起きていることは、中国がオイルに対して元での支払いを主張していることだ。
さらに、今、イランに対する制裁が解除された。
イランはオイルの生産コストが世界最低で、しかも過剰なオイルが一日あたり数百万
バレルも流出することになる。
中国はイランとロシアとのオイル取引を行い、この両国に中国の安価な商品を供給
している。
インドも、イランとロシアの原油の取引にはオイルダラーの使用を止めようとして
いる。


この作戦は、サウジアラビア、湾岸諸国、およびカザリアンの大銀行が低迷する
まで続くだろう、とはペンタゴンのホワイトハットが言うことである。

最初に倒れるカザリアンのメガバンクは、サウジが所有するオイル価格の低迷で
580億ドルの損失を抱えている「シティバンク」だろうと思われる。
しかし、これは氷山の一角に過ぎない。

FRBのダラス支店が企業に言うには、彼らのオイルとエネルギー商品の販売を止める
ように、とのことである。
これが意味することは、それが、いかに価値あるものかについて、FRBが嘘を言って
いるということである。

日本銀行は、日本でバブルがはじけた後に、リアルエステートの価値について同じ
ことをしようとしたが、真実のフリをしても真実が消えることがないことを学んだ
だけだった。


さらに、ペンタゴンとその機関のホワイトハットは、サウジアラビアとカタールの
ような湾岸諸国の資産没収を真剣に考えている、とペンタゴンのソースは言っている。

カタールが運営しているアル・ジャジーラ・ネットワークは、この作戦の一部として
北米での運用を停止させられた、とこのソースは言っている。


中国の習近平は、この地域の平和と安定策を求めているロシア、パキスタン、ペンタ
ゴンそのほかの裏付けの下に、今週サウジアラビア、イラン、エジプトを訪問する。

中国とBRICS連合は、ロシアのオイル価格支配と協調しての、大規模なインフラ
ストラクチャーの開発と、中東の安定化を図っている、とペンタゴンと中国のソース
は言っている。
中国の中華新報が、この訪問について言っていることは、以下の通り。

http://news.xinhuanet.com/english/2016-01/18/c_135019122.htm


軍事面では、ヨルダンは今、ロシアの中東政策に便乗し、ロシアに作戦司令本部の設置
を許した。
それに加えて、カタールとソマリアにおけるトルコの海外基地は今、多国籍軍の攻撃を
受けている。


金 関係でも、多くの活動が行われている。
ロシアがオイル価格を支配し、中国は今、金を支配しようとしている、と複数の
ソースが言っている。
マリにおける外国人が占有しているホテルへの先週の攻撃と、今週のブルキナ・
ファッソでの攻撃は、そこでの金鉱山の乗っ取りを画策したものである。


インドネシア新政府が、カバール支配のパプアにある、フリーポート・マクモラン
鉱山でも乗っ取りに動いている。
インドネシアはインフラストラクチャー開発費としての、350億ドルの担保に金鉱山
を支配したいと思っている、とインドネシアのソースは言っている。
しかし、鉱山の所有者は180億ドルを投じても、160億ドルの価値しか回収でき
ないと言っている。
ロイターの下記の記事を参照されたい。

http://finance.yahoo.com/news/freeport-submits-1-7-billion-063852923.html


最近のインドネシアにおける爆発事件は、この鉱山所有者がインドネシア以外の者に
この企業を託したいとの意思に繋がっている。

この鉱山は実際には、16000トンの金の埋蔵量がある、とインドネシアのソース
は言っている。
さらにペンタゴンのソースが長い間言っていることは、そこには日本に対する
「311攻撃」を行ったナチ/カザリアンの潜水艦基地もある、ということである。

白竜会は中国、ペンタゴン、および日本の軍隊による、インドネシアの、カバールに
よるこの鉱山の支配からの解放支援を申し出ている。
一方、CIAのソースが言うには、この鉱山は、世界担保勘定から盗まれた、金の洗浄
に利用されていると思うと言っており、
本当だとしたら、この鉱山をカザリアン支配から外す良い理由になる。


金とオイルとは別に、カザリアンマフィアに対する戦争の別の側面は、彼らのドラッグ
マネーに対するものである。
この前線では、米軍の最上層にいるジョセフ・ ダンフォードが先週、アシスタントと
してカート・W・ティッド提督を、ブッシュに繋がるラテンアメリカのドラッグカル
テルに対する南方軍司令官に起用した。
法王は、南米のドラッグマネーが、カザリアンマフィアに決して渡らないように支援
している。


オイル、金、ドラッグからのお金の損失は、カザリアンマフィアから急速に武器が
なくなりつつあることを意味する。
中国元の減価と、その銀行へのUSドルからの避難指示は、カザリアンの終焉の助けに
なっている。
カザリアンは、巨大な損失を出してデリヴァティヴ契約からの撤退を余儀なくされて
いる。


カザリアン所有の銀行の、スーパーコンピューターによる市場操作も今、もはや機能
しなくなっている。
このしるしは、最近クオート・スタッフィング(大量の買いを入れて価格を吊り上げ、
即座に売り抜ける手法)と呼ばれる高速取引詐欺の量を5倍に増したが、証券市場の
下落を止められなかった。

クオート・スタッフィングは実際に購入の意志がなく、実取引をする者に高値をつか
ませるインサイダーのようなものである。
それはカザリアンの銀行の、多くの詐欺のうちの一つのようなもので、スーパーコン
ピューターを用いて行われている。

http://www.zerohedge.com/news/2016-01-14/machines-are-going-mad-hft-quote-stuffing-desperation-spikes-record-high


今では、中国主導の「AIIB」が、ほとんどのヨーロッパ諸国の参加の下に、公式
に開業している。

ヨーロッパ諸国は、中国を再建と開発のための、ヨーロッパ銀行へ参加するよう
お返しの招待をした。
これは、アジアとヨーロッパ、中東、およびアフリカを結ぶ大規模なインフラスト
ラクチャーブームが始まろうとしていることを意味する。

カザリアンマフィアの米国分派が最終的に降伏に至ると、人々と貨物がニューヨーク
からロンドンまで、アラスカと中国を経由して、超高速列車で移動するようになると
いうのは、良い賭けの対象になる。

中国とBRICSのカザリアンが支配している、国際支払いシステムである
SWIFTの、CIPSによる代替も今、進行している。


ヨーロッパ諸国は、政治面でも、もはや米国カザリアンの指令に従っていない。

カザリアンが支配している、米国国務省のユーラシア政策局長のヴィクトリア・
ニューランドは先週、フランス、ロシアおよびドイツが締結したミンスク協定に沿わ
なければならなくなると明確に指示された。
ミンスク協定への参加に失敗したポーランドの新右翼は、ロシアとの間で、ウクライナ
の旧ポーランド部分をポーランドへ、旧ロシア部分をロシアに戻すという、秘密協定
の締結をするに至った。
カザリアンナチには、両者の間の小さいパーリア州が残されるだけになった。

http://www.veteranstoday.com/2016/01/17/poland-will-begin-dividing-ukraine


もう一つのヨーロッパでの重要な進展として、先週ギリシャが仲間であるキリスト
正教国であるロシアと、軍事協定を締結した。
オーストリアは、EUを無視して国境管理を再導入した。
英国はしばらくの間、AIIBへの参加によって、すでに米国カザリアンギャングを
放棄したが、今では失敗しつつあるカザリアンのEUプロジェクトからの離脱を、
真剣に考えている。


このような状況の中で、企業体米国の大統領の形をしたスポークスマンである
バラク・オバマは、先週一般教書演説を行った。
この演説は正確に、9時11分に開始された。

この演説の間、例えば、シリアや経済について嘘をつくたびに、オバマは恐ろしい
勢いで目瞬きをした。
結局、彼はうまい嘘つきではないことが分かった。
この演説を見なかった人のための、もう一つの点は、オバマが米国を地球上で最強の国
と言う時、統合参謀本部の者たちが立ち上がらなかったことである。


彼らは、アメリカ合衆国を、誰が破壊したかを知っていて、アメリカ合衆国が真の
大統領を迎えた時に立ち上がって、挨拶を送ろうというのである。




(転載終了)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ZAP週 央レポート 

2016年1月21日

http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=37889

Zap Midweek Report
21 January, 2016


ハイみんな、

非常にまもなく、人間にとって非常に大きい影響を及ぼす、いくつかのことが
進んでいる。

私はここ数日間、イラク中央銀行、IMF、世界銀行、FEDなどがニューヨークに
集まって、進行中のいくつかの会合のことを言っている。

この話し合いは、RVの評価設定と実施機構に関しての取り決めを行うためのもの
で、運良く詳細が詰められたらRVが行われるだろう。


ベンジャミン・フルフォードは、破産する銀行について、明日まで口をつぐんで
いるつもりのようだ。
この銀行は一行だけだが、その後ほかの銀行も跡を追うだろう。

そしてついに、私たちの信託資金がゆ~~~~~っくりと、私たちのところに到来
しつつある。
来週初めには到着する予定だ。
そこで私は、オフィスを来週立ち上げるように計画している。

福島は待っていられないだろう。



(転載終了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年1月の気付き

2016-01-20 19:31:19 | 愛と感謝
昨年、WEB動画でバシャールが地球の楽器とコラボして歌う?ようなものを
みたとき、
ああ、きっともうすぐこうやって、今度は直に相対して、音楽を楽しみあったり
する時代がやってくるんだ・・・!
と思った。

そのとき、カラダに電流のようなものが流れ、こころが打ち震え、胸が熱くなり、
涙が溢れてきた。

そしてその数秒後、

ガタン!と一瞬揺れたような気がした。
しかし、サッシもガタン!となったので、ああ、突風かなあと思ったんだけど、
数分後TVで、僕の住んでいる地域の地震速報が流れていた。

震度1だったから、なにかしている状態だと気付かない程度のものだったと思う
んだけれど・・・

ごめんなさい。

あの地震、僕が起こしてたんでした!

いまになって気付きました。
(なにをバカなことを・・・と思う方はここでどうぞさようなら^^)

いや、僕だけが、ということではなく、人間の思考と、それに繋がる感情には
これほど大きな力があるんだなあと思い立ったのでした。

人間のパワーってすごい。




もうひとつ、

昨年、スターシップと遭遇したことは記憶に新しいんだけど、これもいまになって
確信したことは、

あのUFOに乗っていたのは、間違いなく僕の未来生/過去生でした!

普通、UFOに会いたければ、集団で瞑想して呼ぶことが有効らしい。
それは、視覚によるインパクトで、よりそのひと(たち)の目覚め・気付きを確立
させることが目的なんだけど、そうは言っても高次元の方々も、地球人類という
未開種族を助けるために、かなり忙しいと思うんです。

だから、僕が「遭遇」したときのように「僕個人」のためだけに会いに来てくれる
ということは、もうよっぽど近い存在に違いないわけです。

僕だって、理由も定かでなかったら、見ず知らずの人のためにわざわざ出かけよう
とはしないでしょう。
反対に、大事に思ってる人のためなら、なんならコチラから理由を付けてでも
会いに行きたくなるってもんです。

彼らだってカミサマじゃない。
僕らより軽快な、少し(かなり)異なる種類の場所に居るだけで(しかもそれは
重なってるわけで)、
思考も感情も、僕らとさほど変わらない。

忙しいだろうけど、またそのうち、ふと通り過ぎるときでいいから、会いたいな。
そう思います。




あともうひとつ。

いま、人類を支配しているかたがた。
僕は、あなたがたを許そう。

食べ物や水や空気にまで毒をまき散らし、僕らをひととも思わず、奴隷として
めちゃくちゃに扱ってきただろうけれど、

僕はあなたがたを許そう。
もういいよ。

僕はあなたがたを許す。
でも、
あなたがたに近い波動のひとびと(いまは、人類のほとんどを占めるかも
しれない)は、あなたがたを許さないだろう。

あなたがたがこれまでしてきたこと、
個人的なターゲットとしては、たとえばJFK、ジョン・レノン、マイケル・
ジャクソン、そしてカダフィやフセイン・・・・
彼らにしたようなこと、やらせたこと、フツウなら目を覆いたくなるほどの
残虐な行為の数々は間違いなく、

あなたがたの波動に近いひとたちによって、やり返されることでしょう。


地球だけでなく、この宇宙で「与えるものを受け取る」法則を捻じ曲げること
など、とうてい叶わないのだから。


しかし、復讐を遂げた、遂げさせた多くのひとたちも、その行為の無意味さに
いつかは
気付くことでしょう。

僕は、そういう行為を経ることなく、あなたがたを許そう。
しかし繰り返すが、

「与えたものは、受け取らねばならない」


波動の原理を熟知しているからこそ、いまその恐怖を感じ取り、世界をさらに
混乱に落とし入れようと、必死になっている様子が伺える。
いまのところ、日本に入ってこない世界の情報から。

しかしあなたがたが抵抗すればするほど、それらの行為は数倍になって、
間違いなくあなたがた自身に返ってくる。

だから、もういいんです。

すべてを解き放ってしまえば。

多くのひとが、許してくれると願って。

愛を込めて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「観点のバブルの破裂」

2016-01-18 11:12:37 | 愛と感謝
大天使ミカエル

・・・2016年1月15日 

「観点のバブルの破裂」


Bursting Your Perspective Bubble by Archangel Michael

Channelled through Natalie Glasson – 15th January 2016
– Original Source: Sacred School of OmNa



金星のようなソースから、大量の愛があなた方の世界にふりそそがれていて、多くの
「強い覚醒」が起きています。

愛は、古い淀んだエネルギーも、創造主の受け入れに対する抵抗も、解消する力を
持っています。

愛は、あなた方という存在の中の浄化をサポートし、
愛はまた、あなた方の夢や魂と同調する希望を力付け、実現を促します。

こうして、愛のエネルギーはあなた方の内側から、同じゴールへとともに動いてゆき、
創造主との一体化、同期化を進める二つの次元上昇通路を創造し、活性化します。

展開するこれら二つの道の両方とも、あなた方に、自分自身と創造主についての。
より深い理解を可能にすることに気づくことが大切です。
これら二つの、浄化と輝かしい経験の実現の、両方の道を重んじてください。

しかし、両方の道を楽に進むための「鍵」は、あなた方の「執着から離れる能力」
です。
両方の道ともに「より大きい愛」と「あなた方にとっての神聖な事実」からの、立ち
上がりの受け入れ能力を要しますが、全ての道と形における進歩を妨げるのは
「執着」です。



「執着は(条件付愛)に繋がり、脱離は(無条件の愛)に繋がります。」



後者は「エネルギーの源」であり、あなた方という存在の中の観点である「自由」を
得させるので、外部の経験や状況からよりもむしろ、自分の内部から自由が生まれ
ます。

脱離と自由は同じで、自分の内部から認識される大量の愛を必要とし、あなた方自身
であり、あなた方が創造する、あらゆることの中へと、勇気をもって放射されます。
マインドの中での脱離と自由、および大いなる変化を創り出す、金星から地球に流れ
込む大量の愛の認識とによって、私、大天使ミカエルが、あなた方に与えたい洞察が
生まれます。


私はあなた方が、非常に大きい「泡」に囲まれていると想像してほしいと思います。

その泡は、石鹸水でできた泡と同じようなものですが、美しいのに容易にはじけ、
すぐになくなります。
はじける泡は再生できませんが、新しい泡を、石鹸水である源から作れます。

「あなた方を取り囲む泡」も同じようなもので、非常に強く、同時に 脆弱です。
あなた方を取り囲む泡は「あなた方の現在の観点の泡」で、あなた方が住むことを
選択した現実で、見られ、感じられ、経験できます。

あなた方の泡は、多くの泡粒からも組み立てることができますが、全体として一つに
見えます。
泡の内部には、あなた方の暮らしの全て、あなた方が暮らしであると信じること全て、
「あなた方そのもの」が含まれています。

あなた方自身を取り囲んでいるこの泡、もしくは観点から、外に出るのは挑戦的で、
観点の泡を破らなければ外に出られません。
この泡は、あなた方が新しい観点を見、感じ、認識するという選択をしなければ、
破れません。


しばらくの間、あなた方のこの「泡」が破裂したと想像してみてください。

これは、あなた方が自分自身と地球に関する、あらゆる理解を捨てるのと似ています。

どう感じますか?

あなた方の反応は、自分自身を無条件の愛か、条件付きの愛、別の言い方をすれば、
「脱離か執着か」のいずれに立脚させているかを理解させます。

もしも、あなた方が自分の観点に執着すれば、恐れ、苦悩、および喪失感が、
あなた方の観点の変化に対する反応になるでしょう。
あなた方が脱離に集中すれば、自由と、ウキウキした気分が、結果として得られる
でしょう。


「金星によって促進される愛」とともに流れる時代を、自分に経験させるためには、
自分の観点を手放し、あなた方を取り囲んでいる「泡」を破裂させようとすることが
必要です。
不必要な観点を手放すと、あなた方は新たな現実、暮らし、および観点を創造しよう
と待ち構えている自分を取り囲み、自分の中にある愛を解き放つでしょう。


人間の能力の受け入れ、具現化、および愛の経験に対する主な制約は「古い観点への
執着」で、古い観点は泡の中に包み込まれ、全ての人間に見たいと思わせています。

私大天使ミカエルは、この時点であなた方に示されている進化のレッスンは、
「愛に対して、あなた方のマインドを開くように」との招待だと思います。

この時点で、愛に対してマインドを開くことは、ハートが愛、全ての愛の形を受け取り、
受け入れることよりも重要です。

あなた方のマインドは、あなた方という存在全体を支配する力を持っています。
多くの人間はハートチャクラを拡張し、愛を流させていますが、マインドは不要な観点
の泡の中に留まったままであり、バブルの向こう側にあるものを見、感じ、認識する
能力が奪われています。

「金星から到来する愛」は、マインドに受け入れられるように
「あなた方の観点という泡」の破裂を待っています。

そうすれば、マインドとハートチャクラは「愛という真実」を合同で創造するように
働くことができます。


あなた方の観点は、あなた方の現実であり、あなた方を泡のように取り囲んでいて、
あなた方には、その泡から逃れることができないように思われます。

地球上で毎日暮らし、経験しているマインドの囲みから自分を解放できるのは、
「役に立たず、ネガティブな古い観点の廃棄」を選択した時だけです。

あなた方のマインドが愛に焦点を合わせると、自由と創造主との、高い繋がりという
経験が、さらに拡張して作り出されます。
マインドが古く、役に立たない思考パターンと信念に焦点を合わせると、自分が
あたかも避けることができない囲みの中にいるように感じさせることになります。


自由の創造のためには、脱離の実行が鍵になります。

自分の暮らしを、ゲームとして考えてください。
これは、それがあなた方のスピリチュアルな進化を助けるための幻想だと感じられ
ても、生涯が結果、危険、脅威で、重大なことなのかもしれない、と思われるという
意味です。

私、大天使ミカエルが、あなた方をゲームへの参加に招待した、と想像してみて
ください。

私が、あなた方をある惑星に連れてゆき、あなた方にマインドの中に、もっと多くの
愛と同調する思考、観点、信念を創り出せば作り出すほど、このゲームは容易になり、
あなた方がより幸せに難じるようになると言いましょう。

またさらに、ネガティブで同調しない思考、観点、信念は、出現することが非現実的
でも害はなく、あなた方によって変えられると言いましょう。

そうです、あなた方は愛と同調し、愛を表現することに集中して、ゲームを真剣に
演じるかもしれませんが、
あなた方が愛とは同調しない創造の、幻想の向こう側を見ることができるので、
無頓着であり、肩をすくめ、その観点が、あなた方には役に立たないことを学ぶだけ
でしょう。

これが、あなた方が今、地球上で演じているゲームであり、
唯一の差は、あなた方が「幻想を信じる」と選択したことだけで、非常に多くの
エネルギーをネガティブなこと、あるいは同調しないことに集中しているので、
それらがあなた方に本当に影響してしまっていることです。

脱離は平和的、静か、および単純だと表せる「無頓着な観点」です。

これが今年、金星の愛がもたらしたい「集中」なのです。




以下が、私、大天使ミカエルが今年、あなた方に勧めたいと思うことです。:


自分の思考、焦点、観点、および信念に気を付けること。

同じ現実と経験の中に抱いている、役に立たないことは、ただの「泡」にすぎ
ません。
それが「幻想から生まれる現実」を創り出すことを自覚してください。

あなた方が集中すべきことに気が付くと、創造主に同調しないこと、愛を創り
出さないことは、あなた方の「古い現実の産物」であること、はじける必要が
ある、あなた方を取り囲んでいる「泡」だということに気が付いてください。


「私は今・・・に焦点が当たっている。私の観点の泡の破裂を選択し、
 それを永遠に除去します!」
と言ってください。


自分のマインドを満たし、さらにあなた方の周りに、毎日経験する現実として、
愛の泡と、自由を創り出すために、ハートの中の愛を利用してください。


私、大天使ミカエルは、いったんはじけた泡は再生しませんが、新しい泡は
「泡の源」から生成され得ます。

あなた方は「泡の源」であり、同じ泡を無意識に再生する選択をするかも
しれません。

これが、必要とされるあなた方の、決断と意志の力なのです。


この時点であなた方をサポートするために、私と、金星のエネルギーと、振動を
呼び寄せてください。
あなた方のすべての部分は愛と同調し、この時点で、あなた方という存在と、
創造主の愛と、さらなる同調を図るのは、マインドにとっての機会なのです。




深い愛と祝福をもって、大天使ミカエルより。



(転載終了)

温かいメッセージをありがとうございます。
愛しています!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ

2016-01-18 10:45:10 | 愛と感謝
マイク・クインシーのハイアーセルフからのメッセージ

2016年1月8日

http://gfbymikequinsey.blogspot.jp/2016/01/message-from-my-higher-self-8th-january.html

翻訳者:「匿名希望」


親愛なる方々へ。

深呼吸してください。
そして、多くの変化に備えてください。
その変化は、到来を待ち続けていたのです。

表面上、幾つかは破壊的のようかもしれません。
それは、あなたがたの現在のシステムが関係している変化についてです。

しかし、あなたがたは複数の変化の一時期をスタートしているように、全ての活動は、
心中で、よりすばらしい光景として見られるべきです。

一つ一つのステージで、自然に、あなたがたはそれらの即時の影響によって、その
ステージを見ます。
しかし、もし、あなたがたが長期的に結果を見る事ができるならば、あなたがたは感謝
するでしょう。

それは、どのように、一つ一つの出来事が、変化のプロセス全体の一部となっているか
についてです。
ほとんどのあなたがたは、既に知っています。
起こっているイベントは、あなたがたを支配している闇の軍隊の掌握からの、あなたがた
の解放のためだということを。

母なる大地は、その理由のための変化を既に行っています。
その変化とは、母なる大地はその行動によって、闇の者達を「揺さぶる」であろうもの
です。
あなたがたが地球の上の場所による、時間によっては、幾つかの問題は、あなたがたに
対する一つの脅威のようにも見えます。

しかし、どうか忘れないでください。
浄化が起こるので、地表への変化は回避不能です。
以下の事は確かな事なのです。


「銀河連合」は、こうした時に活発です。
そして、もし、あなたがたがひどく影響を受けることによって危険にさらされるならば、
必要に応じて、あなたがたを移動させます。

変化を恐れないようにてください。

もし、それがカルマ的な理由でない限り、あなたがたは直接影響を受けないでしょう。
そのような状況に介入する事は、私達にとって、しばしば難しい事でもあるのです。

しかし、あなたがたを助ける権限を与えられたので、あなたがたに対する危険が去るまで、
私達はあなたがたを異動させることができます。
多くの文明が、単に跡形もなく消えたという、あなたがたの歴史上でも記録されています。


多くの事が、あなたがたの知識なしで起こっています。
しかし、地球の上の全ての出来事は、銀河連合によって監視されています。

彼らは、地域に挿入可能なエネルギーの指示をします。
そのエネルギーは、どんな生命形態にでも、最少の影響を引き起こすものです。
しかし、大きな変化が必要な、そして、大陸が再構築され、そして、水路が変更される
時代があります。

こうした時に、穏やかにしていることは、これまでより重要な事です。

そして、あなたがたのエネルギーを、恐れにゆずり渡すことを避ける事も重要な事です。

穏やかで、あるがままにしていてください。

あなたがたが同じ事をするように、他の人々を手助けしてやってください。

必然的に、若干の恐れが大きな変化を伴うことでしょう。
しかし、人々に保証してやってください。
それらの全ては、地球の改良のためだということを。

ニュー・エイジ上の少しの意図も、もはや取り扱わない古きものは、新しきものに道を
作るために去らねばなりません。
あなたがたに、それらに適応するための、あらゆる機会を与えられるように、それらの
考えられる変化は和らげられるでしょう。

あなたがたは、それらの変化を見ている、一つ以上の文明を持っています。
より高い軍隊が担当しているという事を知り、あなたがたは休めるかもしれません。
行われているイベントは、太陽系に主要な重要性があります。
それは、それだけ多くの注意をひいているからです。


振動が増加し続けるにつれて、あなたがたは一つの分かれ道を経験しています。
人類の進化で、次のステージを提供する事は回避不能で、必要な事なのです。

この事が、各々の太陽のサイクルの終わりに起こります。
そして、それがその関係の人々が、お互いに束縛を受けない理由なのです。

ソウル達の進化に再アクセスする事は、ソウル達に一つの機会を与えます。
そして、未来は進化し続けるために必要とされます。
地球上で肉体化された、その間中の、あなたがたの経験は、他の人々に貢献するために、
タフなものであったことでしょう。

なので、あなたがたは大いに愛され、そうした事をしたために賞賛されています。
あなたがたは逆境において強さと決心さを証明しました。
そして、あなたがたは自分自身を、どんな状況でも、さばくことができます。

心の底では、あなたがたは覚えています。
あなたがた全員は、あなたがたの地球経験を通して成長すると申し出た事を。

そして、他のどんな場所でも、そのような短い時代に成功するための、そのような大きな
機会を提供することができませんでした。
あなたがたが古いサイクルの最後の残りの中を動くように、あなたがたは、よりニュー・
エイジを理解するために思考を導くでしょう。

その思考は、あなたがたが知っていたものと、とても異なるでしょう。
そして、非常に「良い感じ」の、思いもかけないことでしょう。
あなたがたの欲求に従うような、偉大な幸せと自由を見つけるように。

もはや、あなたがたは否定的なエネルギーに遭遇することを強いられる事はありません。
そして、あなたがたは干渉なしで、選んだ行く手をフォローすることができます。

賢者である多くのソウル達が、あなたがたの将来計画に関しての、あなたがたの選択を作る
支援をするためにいます。
あなたがたのライフプランの、どんな方向があなた方を連れて行くかについて、もし、
あなたがたが自信がないならば、そう、この時間に関わらないでください。

そうするだけの方向は、あなたがたを受け入れます。
あなたがたが、銀河の存在(Galactic Being)として場所を得るまで、あなたがたが完全に
将来のニーズを理解することは期待されていません。

あなたがたが、より低い振動から出ていたら、あなたがたは二元性で生活の試行をすぐに
忘れるでしょう。
しかし、常に、あなたがたが学んだレッスンを忘れないでください。
当然、これらのメッセージを読んでいるあなたがたの何人かには、完全な意識のレベルを
既に持っていました。
しかし、その人々はより低い次元で奉仕するために、自分の振動を下げました。
その理由のために、より高い振動の中に存在するあなたがたの記憶は、非常に速く回復する
でしょう。

あなたがたは、潜在意識中で知識を持ち続けました。
そして、それはあなたがたの経験を通して、あなたがたを助け続けました。

神は、あなたがた全員に対する無条件の愛情を持っています。
そして、神は1人の人と他の人とを区別しません。
そして、神はあなたがた全員を同等とみなします。

そう、神の愛に値しないと感じるソウル達は知るべきでしょう。
そのソウル達は、他のどのソウルとも同じくらいに非常に尊重されている事を。


あなたがたが周囲を見るとき、あなたがたを見る一人一人のソウルが、単にライフ・プラン
を実行していることを、心に留めおいてください。
そのライフ・プランは、特に彼らのニーズに適しているのです。

たとえどんな状況が、あなたがたのまわりに存在しても、彼らのライフ・プランを考慮して
ください。
そして、決して忘れないでください。
彼らが従っているどんな道にも関係なく、一人一人のソウルは、確かに自分らしいものである
事を。

一人一人のソウルのライフ・プランに関する真実を理解する事は、あなたがたが以下の事を
理解するのを手伝う事でしょう。
実際、一つのものから別々のものの間には、相違はありえない事を。

あなたがたは全て一つのものであるように、そのような一つの理解をもって、他のソウル達の
判断をする必要性は不必要なものとなります。

あなたがたが、自分の兄弟の番人であると考えられるのは、この理由によります。
そして、お互いに人類の全てのメンバーが、愛と同情を示さなければならないのは、この理由
によります。
これを知ることは、あなたがたが人々に愛を送ることを可能とするでしょう。
その人々は、暗闇の深い所に住んでいます。
彼らがどんなソウルよりも、よりあなたがたの助力を必要としているように。

もし、彼らが光に帰還することになっているのならば。
彼らは、より高いエネルギーによって目覚めさせられえます。
彼らは全ての生命のワンネス(Oneness)に対する信頼を捨てたにも関わらず。


多くの遅れの後、通貨の再評価が起こっていますが、それは意図されていました。

しかし、心に留めおいてください。
この期間において、まず最初に最も重要な事は通貨の件です。

人類の道を支配している闇の者達の力の結末の予兆として、あなたがたはその件を見るかも
しれません。
あなたがたは彼らの「刑務所」から自由になっています。
その刑務所は何百年もの間、本当の進化からあなたがたを後退させていました。

ごく最近の期間は、あなたがたにとって最も危機的でした。
あなたがたは多くの進歩から得られる利益から妨げられていたことに気付くでしょう。
その進歩は後退させれていました。

その状況は変化の途上にあります。
そして、現在、知れ渡るための準備ができている、多くの異った情報源があります。
それらが公になることは、彼らの捏造によって、多くの人々にとって、まだあまりに危険
です。

しかし、数多くの手段を含んだ方法によって、それらは、それほど長くは制止させられる
ことができません。
人々は前進し、人々が助けられるであろうという信頼を持つ事を促されていると感じている
事は、確かな事なのです。


若干の長い期間の間、あなたがたは期待して、幾つかの出来事が発生するのを待ちました。
しかし、様々な理由によって、多くの事が引き戻されていました。

今や、その期間はほとんど過ぎ、一つの時間が挿入されています。

光の人々が、行動と表現において、より多くの自由を持っています。
多くの事柄は、長年にわたって積み重ねられていました。

そして、まもなく洪水の門は開かれるでしょう。
そして、その時に、あなたがたは行われているイベントの速度に圧倒を感じることでしょう。

近年に多くの進展がなされました。
そして、まもなく幾つかの状況が許されるでしょう。

公開される、新しく、おびただしい量の発明があります。
あなたがたは約100年の間、深刻に後退させられていた事を学ぶに当たり驚きつつ、
あなたがたはショックを受けるかもしれません。

しかし、地球上の平和が訪れて、素早い成功の内に、驚きが次から次へと公開されるであろう
時、あなたがたはそれほど長くは拒否しないでしょう。

思いがけない遅れが、まだあるかもしれません。
しかし、あなたがたの向上のための変化は、以前のものよりもずっと、楽しむために
あなたがたのものとなるでしょう。


あなたがたは地球について学ぶ事がたくさんあります。

そして、どのようにあなたがたの歴史書が正確さから遠ざけられているかについても、
学ぶ事がたくさんあります。

本当の知識なしで書き続けられていた、歴史書についてです。
時が適切である時、銀河の家族は確実な事をするでしょう。

それは、あなたがた全員が真の歴史を学ぶ機会を持つ事についてです。
それは、あなたがたの過去に起った出来事を示すことにより、それらのポイントを例示する
ことができます。

それらが実際に起こったかのように。
より大きな構図の中で、どのように人類がその歴史に関して、特に最近の歴史において、
不正に知らされていたかを、あなたがたは見る事でしょう。

あなたがたは2つの世界大戦の原因の背後の真実を学ぶでしょう。
そして、莫大な死者数であったという事に関して、ショックと恐怖を引き起こすでしょう。
真実を曲げられたり操作する方法はありません。
そして、誰にも責を負わせずに暴露されるでしょう。
しかし、記録は正されるでしょう。


あなたがたの「禁固」に関する、地球上のこれらの責任者については、私達よりも高い
権威に答えられるでしょう。
彼らは地球から取り除かれるでしょう。
彼らの影響が、新しいエネルギーに干渉することがもはや出来ない事を確実にするために
です。

あなたがたが、全ての干渉から自由になるであろう、その日が来ています。
ですので、あなたがたは、あなたがたが選択をしたような自分の人生を送ることができます。

しかし、絶対の平和の内で、です。

「絶対の平和と調和」を述べようとする時、言葉だけでは不十分なように、その意味する
事が理解される経験が必要とされています。

あなたがたの現在の生活は、あなたがたの元に訪れているものの嘆かわしい反映です。
あなたがたが、より高い振動の内に上がるためになした、あらゆる努力は、かなりの価値
あるものだとされるでしょう。

より高いレベルにおいて、あなたがたは本当の家族や友人に会うことができます。
その家族や友人は、あなたがたが長く忘れてしまった人達です。
しかし、あなたがたが再び会ったら、すぐに思い出すでしょう。


一つの時が、ほぼ、訪れようとしています。

それは地球に何が起こっているかを、人々が知る必要がある時です。

そして、それが、どのように、自分達の将来に影響を及ぼしますかを、人々が知る必要がある
時です。
より多くの知識を持っている人々の1人として、他人が理解するのを助けることが出来る1人
として、あなたがたは手伝うように求められるでしょう。

ニュースが世界的な基盤の上に放送されることができるまで、あなたがたは手伝うように
求められるでしょう。
あらゆる人の場所によらず、その支援を受ける機会を持つ事が出来るであろうという、
そのような方向で、その支援はなされるでしょう。

私達の代表者は、あなたがたの間にもいる事でしょう。
そして、実際に、多くの準備がなされ、知らせるために最善を尽くし続ける、私達の代表者
です。
出来るだけ多くの人々に、出来るだけ可能な限り、起こっていることを知らせる、私達の
代表者です。



私は、愛と祝福を、あなたがたの元に置いて行きます。

成就のために、光があなたがたの日々とその道を輝かせんことを。

このメッセージは私のハイアー・セルフを通じてもたらされました。



マイク・クインシー

Website: Tree of the Golden Light


(転載終了)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「遺伝子の変容 その1」

2016-01-15 19:07:34 | ワクワク
神からのメッセージ

・・・2016年1月12日 


「遺伝子の変容 その1」

Tuesday, January 12, 2016
Lisa Renee ~ Genetic Mutations
Dear Ascending Family,



あけましておめでとうございます。

過去数か月の間に、この惑星の体には、より低い次元の中で、原子よりも微小な
レベルでの諸層の変化が起きました。
その結果、私たちの多くの肉体に劇的な変化が生じました。
ダークマターの分野での分解が進んでいる間、私たちが混沌の分野で目覚めて
いられれば、これらの加圧力からダイアモンドさえ作り出す機会があることで
しょう。


次元上昇と進化的発展に参加している私たちは、この時点での物理的世界における
新しいDNAを生かしているので、意識変化とライトボディー化という、非常に複雑な
プロセスに耐えています。
これは、私たちのライトボディーの中に組み込まれている「遺伝子的な刷り込み」と
して保持されている「実現されざる青写真」の中に書き込まれている以前の、指示の
セットが、実現に向けて動き、物理的に具現化されることを意味します。

最初の次元上昇グループ、主にこの目的のために転生してきているスターシードと
インディゴスピリチュアルファミリーが、この理由で肉体の機能と運用に大きい衝撃
を与える挑戦に耐えています。
これらのDNAの構成は、タンパク質チェーンをコードする部分に、特別に関係してい
ます。
「たんぱくコーディング遺伝子」は、肉体の機能制御のために体に送られるメッセージ
と通信します。
この遺伝子のコーディング領域は、構造配列からなっています。
構造配列は、タンパク質に変換されるRNAのコーディング部分ないしはDNAによる
コード化部分です。


人間の意識がより高まってくるので、DNA構成も再構成されます。

これらの新たな「たんぱくコーディングシーケンス」が記録されるので、これが
人間の「集合」の「種族マインド」に刷り込まれます。
これは、新しい「タンパク質コーディングの青写真」が「集合的な意識場の中に」
刷り込まれることを意味します。

これに対抗するNAAの戦略は、既知の化学物質と毒物を人間社会に溢れさせ、人間の
DNAがこれらの新たな指示セットに対して開かれないようにすることです。

このスターシードのミッションの目的は、祖先の遺伝的悪影響を解消し、DNAを組み
立てる「新しいたんぱくコーディング・シーケンスの構築」のために、DNAパターン
の癒しを促進することです。

これは意識の拡張プロセスを通じて行われ、周波数スペクトルの中に存在する、
極性力の間での、エネルギー的合成に直接関係します。

「このスピリチュアルなアルケミーは、次元上昇をする人間が肉体中に転生している
 間にのみ可能なのです。」

より高い次元のスピリチュアルな体を実現する時には、私たちの肉体の代謝経路に
衝撃が起こります。
特に私たちは、体のタンパク合成法の変化と、細胞のミトコンドリア中へのエネルギー
移動の変化を経験します。


人間の肉体の「進化の物理的レベル」で起きることは、このタイムラインでの、人間
という種族のDNA構成、すなわち「遺伝的変化への拡張」です。
DNAの、より高い次元レベルへの、新たにコード化された遺伝子を通じての活性化は、
地球プレーン上では前例のないことです。

たんぱくは、遺伝子の中にコード化された情報を利用して、アミノ酸から合成され
ます。
たんぱくは、私たちの体の中で膨大な量の機能を果たします。
これには、代謝反応の促進、DNA活性化、および複製、刺激への対応、分子の種々の
場所の間の移動が含まれます。

この変化は、この惑星の細胞記録に衝撃を与え、さらに特定の物質の組成を変え、
人間の体の原材料中への配置方法を変えます。
たんぱくは「細胞の中での主役」であり、遺伝子の中でコード化されている義務を
果たします。
ですから、多くの人達には、この段階で機能する肉体の中での、劇的な変化が起こり
ます。


たったの数年の間に、種々のグループが人間の体へと、進化する遺伝的な異常について、
今の人口の各部に起きていることを研究することでしょう。
この研究は、人間という種族の、進化の直接的な証拠になり、化学と精神世界の間を
結ぶ、疑いの余地のない事実を示すでしょう。

本質的に、起きていることは「大いなる進化」による変化を刺激する、たんぱくに
よってコード化されたチェーンを通じての「遺伝的変容のプロセス」なのです。
これらの変化は、意識を変える人間のDNAに衝撃を与え、これが人間の将来の進化に
大きい影響を与えます。



「進化の概念の変化」



一般に、遺伝的変容は有機体、すなわち種族の進化にとっては障害であると考え
られてきました。
ポジティブ、およびネガティブな両面で、人間やほかの種族にいかに衝撃を与える
か遺伝的変容について、よりよく理解するための自由討論を行えるよう、私たちは
変わらなければなりません。

遺伝的変容は、必ずしも害はありません。
ひとつの大きい問題は、眠っているDNAの遺伝的な変化と活性化は、ある点以上は
不可能だ、ということです。

これは基本的には間違っていて、本質的により高い次元意識の知恵の活性化を司る
DNAの、組み合わせの機能と目的を十分に分かっていません。
私たちは、体、DNA、および意識が、どのように進化し、働くのかについての正しい
知識を恐れることはできません。
多くの宗教は、この自分にかかわる知識に対する恐れを利用して、人間を操って
います。

ある種族の進化と意識の進歩は、DNAの活性化、以前は存在しなかった、未発見の、
あるいは休眠中だったことを通じての、遺伝的変化に基づいています。
進化は変化であり、進化の背景にある主要なメカニズムは「DNAの活性化」なの
ですから、より高い次元意識の活性化なのです。

変化にさらされたDNAは、有機体の性質を決定し、この変化はそれを観察している
者の「遺伝的変容」として現れます。
これは、地球上で次元上昇をする人間の意識、物理的な経験を有するスピリット、
多次元的な現実を通じての、進化の有機的な性状の、自然のプロセスです。


人間の創始、進化と、DNAの能力についての、相対する理論の中で、遺伝的変容は
主要な不一致点です。
生物学では「変容」は有機体、ウイルス、あるいはDNAのゲノムの、ヌクレオチド
シーケンスの永久的変化です。

「変容」は、自然のプロセスとして、またはDNAシーケンスに変化を起こす「自然
ではないプロセス」として起き得ます。
私たちの目的に対しては、変容の自然ではないプロセスは、スピリットをはねのける
ための、ある種の人工的な知、化学物質、研究室製のウイルス、もしくはDNA
シーケンスを損傷させ、あるいは変化させる有害物質への暴露によって起こります。

付け加えると、私たちの惑星は、望ましくない遺伝DNAを抑制しながら、好ましい
血統、または種族へと、DNAシーケンスコードを書き換えるための、次元外種族の
「争いの歴史」を持っています。

「有害な変容」は、大元の、あるいは意識の拡張を活性化するために機能すべき、
「より高いDNAシーケンス」の、有機的な機能を拒絶するために設計されています。

遺伝子の本来の形からの、全ての変更は、病気、健康のひずみ及び衝撃、およびその
種族の発達を創造するかもしれません。
例えば、人間変更企画で推進されるように、人間のゲノムを人工知能機械によって
薄切りすると、人間の、より高い次元のスピリチュアル意識をひずませ、妨害する
不自然な変容が起きます。
この企画は、内側での接続切断、ハートコンプレックスの閉鎖、破壊的な意識経験
による、分離された現実の中での拘束、という結果になります。

遺伝的変容についての理解が進むと、人間の体内での次元上昇意識という、自然な
プロセスが、DNAの活性化を通じて可能になります。
人間という種族の進化のために、これはDNA組織の自然な進化を通じての、より高い
意識の達成にとって、非常にポジティブです。



「欠陥があるたんぱく」



DNAに対して起きる「ある変化」は、指示が不正、あるいは細胞に対して有害なので、
制御スイッチが反転し「欠陥があるたんぱく」が生成されます。

欠陥があるたんぱくを創り出すDNA構造中の変化も、遺伝的変容と呼ばれます。
DNAの変化が、本来正しく機能する必要がある細胞中の「欠陥を持つたんぱく」という
結果になると、病気の状態、免疫の低下、あるいは遺伝条件として認識される症状が
見られるようになります。

挿入、あるいは活性化されたDNAが正しく機能することと、人間が示す意識的能力や
知的能力との間には、直接の繋がりがあります。
DNAが細胞中の、欠陥のあるたんぱく生成のコーディングを行うと、直ちに健康の阻害、
その人間の、より高い意識の抑制、という結果が生じます。

ですから、細胞に向けて指示が送られるように、たんぱくの遺伝子操作を目的にした
遺伝子工学や、マインドコントロールが行われることになります。

このタイプの遺伝子修正は、細胞の構成を変える技術を用いて、有機体のDNAを直接
操作します。
遺伝子工学によって生成されるすべての有機体は、遺伝子修正が施された有機体、
あるいは「GMO(遺伝子組み換え)」です。

今の時点での、地球上のすべての人間は、この惑星上での「水平遺伝子移送」に用い
られる人工知能や遺伝子工学を通じて、遺伝子修正を施されている、と言うのが正しい
ことです。

「水平遺伝子移送」には、生殖という生物学的なプロセスがふくまれません。
今日の地球上で、これが可能な普通の方法は、外部からの遺伝物質への暴露、または
注入によって作り出される、遺伝子の変更です。

これは別の種族、または動物のDNA/RNAが、多種のワクチンを通じてその血統中に
導入されると起こります。
これはまた、ホストの中に新しいDNAパターンを、コードとして導入する遺伝子移送
媒体として作用する、プログラム可能なウイルスを通じて行われます。

時には私たちは、上空のケムトレールの観察によって目視できます。
別の種族のDNAを、直接あなた方の血統に導入することは、決してお勧めできません。


この情報は恐れを掻き立てるものではなく、この地球上で人間のDNAが操作され、
遺伝的に修正される複雑な手段を、正確に理解することだけを目的にしています。

将来のタイムラインで、これはある人達にとって、破壊的な効果を及ぼすので、
私たちはこれを聞く意志がある人達の再教育をしたいと思っています。
全ての人間の、大元の「神のスピリット」は、これらの技術の乱用によって、DNAに
生じたすべての損傷を変え、除去する力を持っています。

私たちの内なるスピリットに、十分な注意を向けると、私たちは地球上でのこの
挑戦的な時に、必要な導きとサポートが受けられます。

これらの人工的技術は、意識の抑制をするように設計されています。
それらは多くの場合には、人間と内なるスピリチュアルな源との通信を切り離し、
真の自己が認識でないように利用されています。



「祖先のDNAへの、衝撃の解消」



「遺伝子の変容」は、単一のDNAに基づく「対への衝撃」から、複数の遺伝子を含む
「クロモソーム活動」をする大きい部分までの、大きさの範囲に亘ります。

現在は、両親から受け継いだ世襲の変容と分類されているような、ある変容のみが
子孫に受け継がれてゆきます。
全ての遺伝的刷り込みは、次の世代に受け継がれ「肉体中のDNA歴」の中に記録され
ます。

全ての人間は、誕生時に両親から受け継いだ遺伝記録の意識中への「刷り込み」を
受け継ぎますが、これには受け継がれたものか、後世で獲得されたものか、いずれに
せよ、あらゆる種類の遺伝的変容も含まれます。

受け継がれた問題がまだ可視ではないとしても、それがここにはない、ということを
意味するのではありません。
私たちのエーテル体は、二重の肉体であり、創始のファミリーを含む、私たちの複合的
な「全ての祖先のDNA記録」を備えています。

この事実が理解されれば、私たちがあるファミリーラインに転生してきた理由が明らか
になります。
次元上昇サイクルの間、私たちはその血統を、より高い次元意識記録が利用できる
ように変化させるために、遺伝子プールを常にきれいにしておくことが、いかに大切か
に、益々強く気が付くようになります。

私たちが、体から心理 -感情的なごみをきれいにするので、祖先の記録の中に配置
されているエネルギーも解消し、これによって、全遺伝子プールへの衝撃が起きる
新DNA構造、または変容を起こさせます。

効果的に、私たちは受け継がれた、あるいは使用中の祖先のDNA記録を、受け継がれた
破壊的なパターン、間違った本質、人工的なソフトウエア、および感情的葛藤を解消
する「意識的な作業」を通じて、変えることが可能です。


体をきれいにし、意識を癒すと、DNAパターンは新しい能力へと上昇しますが、
これは同時にタイムライン全体に位置する祖先と創始のファミリーのために記録
されているDNAパターンをも上昇させます。

それらがどの時空に位置しているかは、問題ではありません。

これが、私たちが祖先を調べ、以前の世代の誕生地に戻り、遠くの親戚と通信し、
古いファミリーの絵を飾り、私たちを傷つけた者を許し、新しい土地や空間の訪問に
飛び出す衝動を抑えられなくなる理由なのです。

私たちには、この土地と遺伝的に関係があり、そこに埋まっている隠された歴史を発見
し、明らかにできることが確かです。
私たちはまた、魂の回帰を行うかもしれず、時間の中に発見する「あるイベント」の
共感的な目撃を通じて、ファミリーのDNAパターンの癒しを助けます。

祖先の記録の解消に関係するDNAの、基本的なスピリチュアルな機能を理解することは
知識の獲得に役立つかもしれません。


DNAは、私たちの体全体を作り上げている細胞の「指示セット」を供給します。
DNAは、スピリチュアル体とほかの力との通信を通じて、より高い次元意識を利用する
ための、体への指示セットを供給します。

私たちがスピリチュアル体と通信をするときには、私たちは結晶性DNAを活性化し、
癒すことができます。


私たちは「たんぱくでコードされた遺伝子」の構築をせずに、休眠中のDNAを
スピリチュアルな次元上昇、あるいは意識の拡張という、自然のプロセスを通じて
修復もしくは活性化できます。

全ての人間のDNAは、少しづつ異なります。
これらの差は、私たちの肉体、心理体、感情体、およびスピリチュアル体の機能に衝撃
を与える遺伝表現において、私たちをユニークにします。

これらのスピリチュアル体の各々は、あなた方のDNAの歴史に基づく、異なる光線色彩
スペクトルとつながっています。
私たちの、全ての生涯からのDNAの歴史記録全体と、私たちが居住していた惑星も、
私たちの血液、肌、骨の中に記録されています。


惑星地球を創造した元のDNAは「シリケートマトリックス」から創造されているので、
いかなる種族であれ、この惑星上のすべての生命体の中にコード化されています。

遺伝子から作られるたんぱくの機能に影響するDNAの変動は「変容」と呼ばれています。
「変容」は、潜在的に「遺伝変態場」の中に作られる「脈動効果」を通じて、タイム
ラインの歴史記録を変えることができます。



「下位チャクラの活性低下」



ある人達は、長年の間「下位のエネルギーセンター」が変化したことに気が付いてい
ます。

これらの下位の1D、2D、3Dチャクラとして知られているエネルギーセンターでは、
その色彩波動スペクトルの周波数が変化すると感じられます。
ある者はこれを、異なる周波数の色を持つ、より高い次元のチャクラの具現化として
感じています。


これはふつうは、オーロラの色彩から始まり、エーテル体の二重、および低位エネル
ギーセンターの機能の修復をする、下位体の再コード化プロセスだと感じられます。
多くのスターピープルにとって、体底、あるいは会陰はもはや赤ではなく、紫、ピンク
の、より軽い色合いに変化し、より高いエネルギーセンターに統合されると、青緑
または軽いパステル色に変化します。

この周波数変化が起きると、私たちはもう生き残りを恐れなくても済むようになります。


赤い波動スペクトルからの「暴虐の王」が恐れを掻き立てるために、公衆の中で犠牲
原型を操作している時は、明瞭に見ることができます。
この周波数上昇プロセスは、ここしばらくの間続いていますが、今は次第に、より
多くの人々に起きつつあります。

ライトボディーの上層に位置する、より下位のチャクラは、非物理的なメンブレンで
あるエーテルコーンに用いられていました。
主要なエネルギーセンターはまだ存在しますが、より下位の体の分泌腺、器官、
および経絡全体で生命力を発揮するために上昇させられています。

チャクラコーンは、やがては体のより高い意識的側面の中に吸収され、構成が完全に
変化します。


これを理解するための最善の方法は、チャクラが太陽系の中の、主要な惑星体の内部に
保持されているテンプレートから方向づけされる、一種のソフトウエアを動かす
「意識の一面」であることを理解することです。

人間の下位のチャクラは、これらのチャクラとそれぞれの分泌腺の機能を正しく発揮
させないように妨害するような、ネガティブなマインドコントロールを通じて、ひどく
濫用されていました。
このチャクラプログラムは、内分泌線が設計通りに、自由に機能しないように内分泌線
に重ねて運用されていました。


これらのチャクラプログラムに関係する意識の下位面は、生き残り、恐れ、直観的
行動、接続不調、性的混乱、利己主義、物質的な力の周波数に関係しています。

これらの低い周波数のプログラムは、土星、海王星、および火星から発せられる影響に
よって増幅されます。
これらの「意識の低位面プログラム」が存在しなくなると、私たちの思考や存在状態の
中にも存在しなくなります。

私たちが、スピリチュアルなサービスと、神への愛に集中すると、やがてはこれらの
意識の下位面は、より高い周波数に吸収され、消失します。
私たちのライトボディーが再構成されて、新たな私たちが集中する、より高い周波数
を反映し、新しい意識システムが体の中に築かれ「より高い意識」を抱くようになり
ます。


意識の変化は、エネルギー場の構成を変えますが、これは常に、肉体中に目に見える
変化が創り出される前に起きます。
意識状態が、エネルギー場を通じて方向づけされることによって、全ての現実が形成
され、肉体に表れます。


各チャクラは、それぞれのメッセージの発信をつかさどる内分泌線と、神経叢の刺激を
通じて、肉体との対話を管理します。
各チャクラは、一般に、原型的な表現プログラム、またはパターンを動かす体の位置に
あります。
やがては「過ちの識別プログラム」は、意識の拡張とともに消失し、新たな機能の管理
は、直接内分泌腺によって行われ、体は、身体システムの中への接続循環を処理する
ための、新しい神経叢を成長させるようになります。

これは、身体各部との通信の内部システムの再接続を促すので、体の各部は拡張意識と
通信できます。
内分泌腺は、新たな目的と周波数に気が付き、新し機能を発揮するようになります。



(転載終了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベンジャミン・フルフォードニュース 

2016-01-15 19:05:45 | ワクワク
ベンジャミン・フルフォードニュース 

2016年1月11日


Benjamin Fulford Update - January 11, 2016

Khazarian financial system and Mafiosi under systematic attack as world revolution unfolds



「世界的革命」が展開し、カザリアンの金融システムと幹部たちは、組織的な
攻撃にさらされている。


一年の最初の週に、世界中のほとんどの株式は、記録的な下げに至っているという
ことは、カザリアンマフィアの「バビロニア式負債奴隷ベース」の金融システムに
対する組織的な攻撃の始まりだ、とは複数の政府機関が認めることである。

アジア開発銀行の上級役員、ペンタゴンのソース、およびソ連の破産を引き起こし
た作戦に従事していたCIAエージェントによると、ほとんどの株式指標は、この
キャンペーンの終了前には50~60%も下がっていると予想されている。

この攻撃は、非常に多くの世界的トラブルの背後にいる「カザリアンマフィア」の
大銀行の破産を狙いにしている。
一つの結果として、オイル価格の崩壊、ドラッグマネーの遮断、および株式市場の
操作の停止のために、カザリアンは資金不足に陥っている。


連邦準備理事会「犯罪シンジケート」の「ダラス支店の前支配人」、
リチャード・フィッシャーは、
「私も加わってFedが行ったことは、富裕化効果を狙った巨大なラリーのフロント・
 ロードだった」 と認めた。そして、
「Fedは、炸薬が尽きた巨大な武器のようなものだ」、と付け加えた。

https://www.youtube.com/watch?v=7nuzT3rchPU


彼が「フロント・ロード」というときには、それは株式価格を人工的に吊り上げる
ことによって、資金をカザリアンマフィアに供給することを意味するのだから、
間違わないように。
これは今、妨げられて終わりになったが、それが市場崩壊の理由なのである。
カザリアンの打撃になる、もっと多くの金融攻撃が行われているが、まずはこれらの
蛇共に対しては、合法的な対策がとられている。


最も面白いことは、ヒラリー・クリントンが、彼らの支配を終わらせる展開中の作戦
によって、まだ逮捕されていないカザリアンギャングのうちの「最長老」になろうと
していることである。

ペンタゴンなどのソースによると、FBI長官のジェームズ・コーメイは、司法省が複数
の証拠がそろっている犯罪について起訴しないのなら、オバマ政権に対抗する
エージェントの一部として、辞職をすると脅した、とのことである。

また、メキシコのドラッグ王である、ヨアキン・エル・チャポが、先週逮捕されたと
いうことは、彼が米国に移送され、ウオールストリートの銀行、ISIS、およびブッシュ
組織の破壊の歌を唄うということを意味する、とは防衛情報機関のソースが言うこと
である。


カザリアンマフィア政治家の拘束は、下位レベルですでに始まっている。

特に、NSAはイスラエルの、米国とイランの間の核合意に対する反対のために、
イスラエルに買収された政治家に対する証拠を蓄積している。
これまでのところ、共和党上院議員のトム・コットンが、この条約への反対のために
百万ドルを受け取ったとして排除された。
コットンは、イランとの間の平和協定への反対の手紙に、47人の上院議員からの署名
を集めた。

http://www.sott.net/article/309889-TREASON-Bibi-bribed-GOP-senator-1M-to-kill-the-Iran-Deal

議会の民主党幹部であるスティーヴ・イスラエル議員も、イランとの平和協定に反対して
辞職せざるを得なくなった、とペンタゴンのソースは言う。
彼も、まもなく監獄に送られるだろう。

http://www.theatlantic.com/politics/archive/2016/01/steve-israel-announces-retirement/422829/

これもまた、ソ連の破産に関係したCIAの金融専門家が、これらの政治家について
述べたことであるが、
「この者たちが、私が話しているネズミ共で・・・この上院議員は排除され、ネズミ
 とはどういう姿をしているのかを、皆に見せるために、首都の芝生で首をくくられ
 ねばならない。」


ほかの「ネズミ共」も、今狩られている最中だ。

前フランス大統領のニコラ・サルコジも、自分の飛行機で大量のコカインを密輸した
ために捜査中である。

また、サウジの王子は最近、レバノンで2トンのアンフェタミンを自分の飛行機で
輸送していたことで逮捕された。

最近辞職した法王マレディクト(ベネディクト16世)は、231人の聖歌隊の少年
の、性的暴行と撲打の罪で追放されたことは、カザリアンの悪魔崇拝者たちに対する
世界的な作戦が加速的に進んでいる、目に見えるもう一つのしるしである。

http://www.thejournal.ie/regensburg-domspatzen-ratzinger-benedict-choir-child-abuse-scandal-2538826-Jan2016/?utm_source=facebook_short

イスラエルでも、世界をリードするカバリストであり、億万長者へのアドバイザーで
あるラビの、ジョセフ・ピントが収賄罪で監獄送りになった。

http://www.thedailybeast.com/articles/2016/01/07/the-world-s-leading-kabbalist-guru-to-billionaires-is-going-to-jail.html

ほかにも、多くのカザリアンギャングの逮捕が先週行われ、もっと多くの逮捕が
行われるだろうとは、聞いても煩わしいことではなくなっている。


イスラエルと中東における状況も、今話題になっている。

ペンタゴンの統合参謀本部議長のジェセフ・ダンフォード将軍は、先週トルコに
飛んでロシア軍の参謀長であるヴァレリー・ゲラシモフと秘密会談を行った、と
ペンタゴンのソースが言っている。

ロシアのソースによると、この会合では、ダンフォードとゲラシモフは
「イスラエルの諜報部隊とイスラエル政府が、国際テロリスト組織を創り、これらの
 テロ組織と交流していることに関する調査組織を、国連が立ち上げる」話をした。

テロ行動の多くは、今崩壊しつつある中東に「大イスラエル」を形成するための
シオニストプロジェクトに関係している、とロシアは言っている。

ロシアはすでに、国連に十分な証拠を提出したと言っている。


トルコのレセプ・エルドアン大統領は、この会合への出席を拒絶された、とは
ペンタゴンのソースが言うことである。
ロシアとアメリカのトップに位置する将軍が、トルコの参謀に語ったところによると、
彼らはカザリアンの「疑似イスラム」であるエルドアンを、権力の座から追放すべき
だったとのことである。
ダンフォードはまた、トルコに、シリアとの国境を閉鎖するように言った。
さもないと重大な影響があるだろうと。


アメリカの将軍はまた、ロシアに対して「アメリカは、」最近キューバにカザリアン
ギャングが、南米とアフガニスタンでのドラッグ作戦の保護用に利用している、
ドローンの撃墜を助けるために、「ヘルファイアミサイルを送った」と言った。

さらに、ロシアの裁判所のニナ・アントネヴィッチ判事も最近「ジュデオシオニスト」
が、ロシア人の大量虐殺について有罪で、ロシアの歴史的犯罪についても、ロシア側の
問題であると裁定したと、このソースは言っている。


一方、彼らの崩壊しつつある「疑似イスラムカザリアン王国」である、サウジアラビア
は、王子である国防大臣のムハマド・ビン・サルマンを、パキスタンに派遣して軍事的
保護を求めた。
巨額のわいろをパキスタンの鍵となる官僚に提供したにもかかわらず、彼が得たものは
リップサービスだけだった。

事実は、パキスタンの人達はテロリストのスポンサーであるワッハーブカザリアンの
サウジ犯罪国が起こす「疑似イスラムの保護戦争」に加わりたくはないのだ。

国連総長のバン・キ・ムンは、サウジ・アラビアのイエーメンの民間人に対する無差別
爆撃は、戦争犯罪行為であるとの声明を出した。

戦争犯罪はふつうは、死刑または無期刑に相当する。

http://www.un.org/sg/statements/


それは国連のロシア、ペンタゴン、中国およびイラン連合軍が、中東のカザリアン
ギャング国家、およびその傭兵軍と戦うとの国連の公式認識を示しているので、これは
重要である。
国連自体はもちろん、カバールが深く入り込んでいる機関だが、バン・キ・ムンは
まもなくロシア人と交代させられるようだ。


2009年のいわゆる「チアッソ事件」の後に、1346億ドルの価値がある債権を
現金化しようとする努力をやめる代わりに、ドラゴンファミリーへの1億ドルの賄賂で
済ませようとしたのはバン・キ・ムンだった。

この事件は今、ついに一種のクライマックスに達しつつある「秘密の金融戦争」の一部
である。
これらの債権は、単に氷山の一角にすぎず、それ以来、カザリアンが使っていた数え切れ
ないほどの、10の15乗単位のドル価値がある「オフレッジ債権」が暴露されている。

http://alcuinbramerton.blogspot.jp/2012/01/white-spiritual-boy-off-ledger-black.html

一つは、カバールにとっては数え切れないほどのドル価値があるもの、
もう一つは、永遠の負債と、大衆に対する経済的不足の二重帳簿の使用が明らかになり
つつある。

金融戦争も、政府がヘッジファンドに証券を売却し、中国市場から退出するように命令
した中国で拡大している。
中国も、この一環としてドル保有を月間1000億ドルの率で減らしてきた。


一人の中国人が先週、白竜会に派遣され、台湾と中国の統合交渉の一部として、
「中国共産党は、他の政党に中国政治に参加させることに同意する」と知らせた。
これはたぶん、台湾の国民党に、中国大陸統治にある役割を与え、将来は選挙に参加
する可能性を示唆したのだ、とこのソースは言っている。


重要な変化が、米国の後を追って、
「カザリアンギャングにいまだに支配されている」「経済規模第二位の」「日本」の、
舞台裏で起きている。

日本が率いる「アジア開発銀行」のソースが言うには、日本はすでにカザリアンと別れ、
中国が主導する「アジアインフラストラクチャー投資銀行(AIIB)」に加わるとの決定
をしたとのことである。
日本円には何も裏打ちがなく、日本にはドラゴンファミリーの金が必要なので、AIIB
に参加するのだ、とこの者は言っている。

最近の日本円の高騰と、日本の証券市場の崩壊も、日本銀行資金の、カザリアンからの
分離の結果である。
これは、カザリアンが世界中での損失を埋め合わせるために、日本の株式を売却せざる
を得なくなったことを意味する。


最近の英国と日本の間の、軍事協力の強化宣言も、英国がカザリアンに対する日本の戦闘
を助ける約束をしたしるしである。

これは英国王室と、日本の皇室との間の個人的な、密接なつながりを示すので重要である。

これは、日本に対する「311の核攻撃と津波大量殺人攻撃」に関係した、カザリアンの
エージェントを攻撃する、ジェームズ・ボンドタイプの準備がすでにできていることを
意味する。
進行中の作戦を危うくしないように、詳細を報告できないことが進んでいる。


アジア開発銀行と、ペンタゴンのソースも、証券市場はすべての企業力と支配を、少数の
エリートの手に渡すための道具として利用されていたので、証券市場は廃止されるかも
しれないということについて同意している。
彼らはまた、全てを明るみに出して自由に閲覧可能にするようにとも話をしている。

いずれにしても、白竜会とその連合は、市場操作をする現在のシステムと、カザリアン
ファミリーマフィアが所有する中央銀行(すなわち負債創造独占体)を、透明で能力主義者
が、人々のために運営する機関に代えるように希望している。



(転載終了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「内部地球の文明が、人間からの孤立を終わらせる交渉に乗り出した」

2016-01-15 19:03:20 | 愛と感謝
「内部地球の文明が、人間からの孤立を終わらせる交渉に乗り出した」

2016年1月1日


Inner Earth Civilizations Embark on Negotiations to End Isolation from Humanity

Written by Dr Michael Salla on January 13, 2016.
Posted in Secret Space Programs



内部地球には、1800万年前にさかのぼる、古代の人間の文明の残渣が残されて
いる。
内部地球の人たちは十分に人間に類似しているが、彼らは(地球)表面の人間とは
遺伝的に大きく異なる。
1月12日の秘密宇宙プログラムの内部告発者Corey Goode による、宇宙情報の
デスクロージャーでは、表面の人間は「内部地球の人間の祖先」、「地表の人間」、
「数千年の間に地球を訪問してきたETとのハイブリッド(複合体)」である、との
ことだ。


2015年9月23日に、Goode は7つに分化した内部地球文明連合の代表者との
秘密交渉に参加した。
詳細な彼の報告書によると、Goodeは、内部地球の人々の、非常に長い歴史と、表面
の人間、および訪問してきたETとの関係について述べている。


内部地球の者たちは、オリジナルの地球の人間の血統の、直接の子孫であると信じて
いる、とはGoodeが言うことである。
彼らは高度に進化した”ガーディアン”と呼ばれるETが教えてくれた、古代の建設技術
を用いた、非常に平和的な文化を築いた。

やがて、彼らは地表での大災害から逃れるために内部に移住した。
彼らはこれらの文化を将来に伝承するために、最も進歩した技術と知識を継承している。

数千年に亘る成功の後に、内部地球の者たちは表面の災害から生き延びた者たちと、時々
連絡を取って、表面の文明の再建を助けた。
Goodeによる9月の報告書の中で、彼は内部地球の人間が神、またはETのふりをして、
「真の出自と所在地を隠すために」表面に赴いたと述べている。

内部地球の者たちは、人間の真の歴史について多くの知識を備え、地球外からの訪問者
によって、長い間に亘って表面の人間に加えられた遺伝的操作を観察してきた。

内部地球の者たちと、表面の複合体である人間と、連合した地球外からの訪問者との
関係では、時に暴力的な紛争に陥ったとGoodeは報告している。


Goodeのここでの主張は、種々の歴史書によって裏付けられている。


Sitchin Gods と MenZecharia Sitchin’s の書籍では、これらの昔の紛争に
関する、スメリア人の記録による「神と人間の間の戦争」が描かれている。
同様に、インドのヴェーダの「マハーバーラタ」にも、種々の神と人間の間の戦争が
記述されている。

Goodeが言うには、内部地球の人間は、表面の人間からとは異なる、遺伝的な純粋さの
維持に基づく政治哲学を持っているとのことである。
彼らはお互いに、あるものは数十万年前の、ほかの者は数百万年前の、異なる古代文明
に立脚しているので、政治的な孤立さえをも選択している。

最近まで、内部地球の「人間の孤立政策」はうまく機能していた。
今では、内部地球の人間に直接の脅威になっている、カバール/イルミナティと、
「秘密の宇宙プログラム」による進歩した技術によって、変化が訪れている。


これは、彼らの7つの文明の間に、前例のない連合を形成させるに至った。
1月12日の宇宙デスクロージャーで、Goodeが、この連合と彼の内部地球への訪問に
ついて述べているが、これは2015年9月の報告書にも述べられている。

2015年9月の会合の主要な話題は、「内部地球グループ」と「秘密の宇宙
プログラム連合」との、将来の協力であった。
これは、表面の人間に対する、内部地球の者の存在宣言にまで至る、
将来のディスクロージャーにつながる。


もっとも厄介なことは、内部地球のあるグループが、地球表面のエリート(カバール/
イルミナティ)との秘密合意を、長い間維持してきていることだ、とGoodeが言って
いる。
これは、ナチ政権との協力による、高度に進歩した「秘密宇宙プログラム」の開発に
つながった「ドイツの秘密社会」との合意を含む。

これらのドイツ人は1940年代に月、火星上の基地の設置、および星間旅行にさえ
成功した、とはGoodeが「秘密宇宙プログラム」で働いていた時に利用した、スマート・
グラスパッドから読み取ったと、彼が言う情報による。

Goodeは、これらの内部地球の人間との間に結ばれた合意は最近、ドラコニアンと呼ば
れる最重要な、地球外種族の提携相手が、カバール/イルミナティと別れると告げた時
に、戦闘基地が脅威にさらされることになった、カバール/イルミナティによって
破られた、と確認している。


Goodeが明らかにすることには、「宇宙プログラム連合」との秘密交渉で、ドラコニアン
のリーダーの「ホワイト・ロイヤル・ドラコ」は、自分と随行員の太陽系からの、安全な
脱出を交渉条件にした、とのことである。
内部地球の人間を犠牲にして、内部地球にテリトリーを拡大しようとしていたカバール/
イルミナティは、絶望感に捕らわれた。


Goddeは、高度に進化した「球体連合」と呼ばれる、強力な新しい地球外の訪問者が
内部地球の者に大いに尊敬され、守護者とみなされる理由を説明している。

「球体連合」は、「秘密宇宙プログラム連合」のゴンザレス中佐と共同で作業をする
Goodeを、彼らの主代表に指名した。
Goodeとゴンザレスは、内部地球の者たちとの「内部地球の者たちの表面地球への紹介」
を含む、秘密交渉に参加したと言われている。


Goodeは、幾世代にも、および現在の者でもある、内部地球の人間の歴史と交流について
まもなく、さらなる報告を発表すると思われる。

Goodeの 言うことが正確なら、私たち自身についても、多くのことを理解する助けに
なるだろう。
おそらくは、表面の人間は、実に地球外の者との合成ハイブリッドで、地球外からの
訪問者が「過度に攻撃的にする」ことに成功したものである。
私たちの内部地球の兄弟、姉妹はしかし、私たちの中に眠っている直観を強化し、平和
への希求を強める「人間としての共通性」があるものだ、ということを思い出させるの
かもしれない。


「記録されている歴史」は、人間の過度の攻撃性と戦争好きを証明している。

私たちが長い間忘れていた、平和な世界文化についての知識を持っている古代の、
内部地球文明の人間の代表と公に会うとすれば、このような会合は、深く変革的、かつ
浄化を起こさせるものであろう。



(転載終了)


ここに書かれていることをどのように受け止めるか、受け入れるか、
それはあなた次第です。
誰もあなたを誘導できないし、誰もあなたに強制できない。

まあ、いつもここではそんな記事しか載せてませんが^^

そして、とうとうここにも出てきましたね、コーリー・グッド。


参考文献、コチラもどうぞ。
↓↓↓
http://ja.spherebeingalliance.com/blog/ancient-earth-break-away-civilization-subterranean-council-meeting-ssp-alliance-debrief-part-1.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ZAP週央レポートと、アン・レイツ判事の論文

2016-01-14 19:26:52 | 愛と感謝
ZAP週央レポート 


2016年1月14日


Date: Wednesday, 13-Jan-2016 22:46:54
MID-WEEK by ZAP from "The Office of Poofness"




ハイみんな、

「良いニュース」と「失望のニュース」がある。

失望の方は、大きい浄化の波が、プロジェクト資金の支払いに影響して、来週になった
しまったことだ。

良いニュースの方は、 資金が到着することだ。

信託基金側から、すべてはうまくいっているというニュースを受け取っている。
10の15乗ドルものドラッグ浄化資金が明らかになったが、このような悪に由来する
ものが浄化されたのちに、来週には資金が、私たちの口座に振り込まれることになって
いる。


ドラッグマネーがあまりにも膨大で、隠し場所としての洞窟に入りきらず、ドラッグ王は
隠し場所を見つけるのに苦労している。
彼らがマネーロンダリングに利用していた方法は使えなくなり、彼らは苦境に陥っている。

逮捕だと世間の注目を浴びるので、銀行員について、不幸にも逮捕ではなく解雇が行われ
ている。

大きい資金は一時的に凍結されていて、この資金のうちの一部が、私たちのものであるが、
今や手続きが完了し、来週には最初の資金が受け取れる。


世界の舞台では、私たちが聞いている、全ての世界的なイベントがクライマックスに達し
つつあり、今月および2月には大きい変化が期待できる。

大量の逮捕と、本来の憲法と共和制の再現にとって、有利なUSA企業に関する騒動が、
結論に至る様子を見せている。
多くの逮捕状の発行が準備されていて、背景では、諸活動が頂点に達している。

多くの高位の者が、これらの問題について話題にしている。
だから、世界の政治改革側の問題が、問題分野に関して必要なプロジェクトの開始を
せかしている。



私たちは政治や宗教、人間性以外の問題には関与していないが、闇の側との最終戦争に
携わっている勇気ある男女、軍隊、政府、諸機関および警察に大いに感謝し、
人間が被害を受けている紛争の、早期解決を望む。

特に、私はアン・レイツ判事の、企業政府の現状についての目を見張るような論文と、
その世界的な影響を指摘したいと思う。

彼女は真の声をあげ真実のビーコンになっている。




(転載終了)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここでいったん上述の、アラスカ州高等裁判所判事、アンナ・フォン・レイツさんの
記事も、以下に転載させていただこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「アラスカ州・高等裁判所判事 アンナ・フォン・レイツ、アラスカ州の現状」

2015年4月28日


Alaska State Superior Court Judge, Anna von Reitz
– Judge of the actual Alaska State, one of the Several States of the Continental United States.

On Apr 28, 2015, Anna von Reitz wrote:



あなた方は歴史について、今すぐに多くを学ばねばなりません。

人々に「私は判事ではない」と言わせていますが、どういう意味で私が判事であり、
これらのあらゆる愚かな憶測と非難にさらされるのに疲れ、飽き飽きしていているので、
あなた方にお答えし、この手紙の投稿によって、全ての人の喜びになるようにしたいと
思います。


終いまで読んで、ばかばかしい、或いは圧倒された、と思ってもそれは普通の事であり、
それは「目覚めのプロセス」の一部なのです。

あなた方が意図的に騙され、知らされていなかったことを分かって欲しいと思いますが、
これについて、何も知らなかったとしても、それはあなた方の間違いではないのです。
「あなた方は単に知らされていなかった」だけのことなのです。

さて始めましょう。


この国の創立時に、この土地での司法権は、海外の司法権から分譲されてきました。


アメリカ大陸の合衆国・・・

実際の地政学的に画定された、物理的な境界をもって、州などにはその土地に関する
「司法権」が与えられましたし、
米州市民として知られている市民は「アメリカ合衆国憲法」によって保護され、その
土地の上で市民社会の政府としての全権限を付与されました。

アメリカ連邦が、アメリカ合衆国として憲法によって創立され「海上国際司法権」の
上に立つ「司法権」が与えられました。



1868年頃に、「米国企業(UNITED STAES OF AMERICA, Inc)」と言う名称の「企業」
としての運用が始まり、
「憲法」に似た、「憲法のように聞こえる」、「企業憲章」が発行され、私たち米国市民
は皆が、これを「アメリカ合衆国の憲法として」親しんで来ました。



これは憲法とは異なる種類の「(企業憲章としての)」文書です。

この「企業」には、合衆国連邦の組織化の一部として、国家特権が与えられたのです。

これらは統一商事法典に「”州の中の州”」として定義されているものであることが
分かるでしょう。
これは「紙の上でのみ存在する」ものであり、ある地方の「デイリークイーン」が、
「国際親企業の支店」であるのと同じ意味での、「ある企業の支店」に過ぎません。


こうして、オハイオ州(その土地の司法権)や、オハイオ国(海事司法権)が、肩を並べて
運用され、
一つは、その土地の住民が所有する「自然司法権」であり、他は、政府サービスを執り行い、
米国連邦の行政を代理で行う、「国際海事法に準拠して運営される企業」における「支店」
なのです。

大陸の合衆国は、住民の完全な支配の下にあり、いわゆる米国市民の「生来の権利」に基づく
ものです。
私たち一人一人は、その土地の上では「連邦政府よりも多くの市民権を持っている」のです。


「連邦合衆国」は、イギリスに支配されており、今までもずっとそうでした。

あなた方が、大陸の合衆国の土地の上で生まれたのなら、自分たちのものであると考えて
いる全ての裁判所は、あなた方のものではありません。

それらは、合衆国連邦とワシントンDC首府が運用している
「企業行政裁判所及び、戒厳令裁判所」
であり、全ては外国の、国際海事法の範囲内で運用されています。


例えば、アラスカ州の高等裁判所は「地方高等裁判所」としての「ビジネスを行っている」
連邦企業であり、
「私的所有」で、国連株式会社の代理である、IMFによって所有され、運営されている、
「アラスカ州株式会社」を代表して行動する契約の下にある、企業支店の利益のために
運営される、「アラスカ裁判システム株式会社」によって運用されているのです。


分かりますか?


さて、ある土地のバーガーキングの支店は、あなた方を道路脇に放り出して、ライセンス
を持ってこい、と命じることが出来るでしょうか?

いいえ。
貴方がバーガーキングの雇い人なら話は別ですが。

その土地のシアーズの支店が、貴方の家の抵当権を売却し、貴方を家から蹴り出すことが
出来ると思いますか?

いいえ。
貴方が 公開された有効な、シアーズとの契約を締結していれば話は別ですが。


これは、どのような場合でも同じです。


この「詐欺」は、ヤフーが国家レベルの「政府サービス企業」の「一地方の支店」であり、
実際の政府ではないのに、公共機関の振りをしているだけのことなのです。

私が、政府が「私的な機関」であり、単に「利益を追求するだけの企業にすぎない」という
「真実」を話していることが、どうして証明されると思いますか?

これらの私的企業については、 Dunn and Bradstreet に掲載されていて、雇用主識別番号
が与えられています。


これらの裁判所で、彼らが用いている「法律」は、全てが私的に発行され、著作権が表示
されています。

「州法」を開いてみて下さい。

公の文書に、著作権が付いていると思いますか?

いいえ、そのようなことはありません。

「これらの狂ったもの」が、実施の州の法律だったとしたら、全ての文書は「公のもの」
だと言うことになってしまいます。


さて、では私は、どんな種類の判事なのでしょうか?


私は、彼らにとっては最悪の悪夢です。

私は、米大陸の7つの州の内の一つの州である、実際の、アラスカ州の判事です。

私は、実際の公共のオフィスに席を持ち、実際のアラスカ州高等裁判所を運用しています。





(転載終了)



日本もアメリカの「子会社」で、政治も金融も、9割は言いなりになってます。
でも、そんな時代もこれまでです。

しかしますます、こういったことを告発してくれるひとが増えてくることでしょう。
いままでは、そんな勇気ある人々を暴力や恐怖で押さえつけていた連中も、もう明らかに
力を失くしつつあります。

世界は、明らかにいい方向に流れています。
そんなタイムラインに乗って行きましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界経済について

2016-01-13 09:58:32 | 愛と感謝
「世界通貨改革(情報/噂)」

2016年1月10日

Monday, January 11, 2016
Global Currency Reset (Intel/Rumors) - January 10, 2016



中国で、600名の銀行員がドラッグマネーの現金化し、SWIFTシステムに代わる
新しいCIPSシステムに送金しようとして、解雇された。

「RVプロセス」は、資金洗浄活動と中東の最終的な平和交渉のために、一週間の遅れ
を生じたが、以下の通り。

:今夜にも、1月10日もしくは、1月11日(月曜日)に一般への通知が行われる
 と思われたが、月曜日朝の状況では、1月12日から交換が可能になると思われる。
 中国元への交換が可能。交換金額には制限がない。


月曜日の中国市場は大きく下げている。

株式の7%価格低下での市場停止は行われていない。

オイル価格は今日はバレルあたり32ドルを下回ると予想される。

中国市場では、追加証拠金の拠出要求が始まった。

全ての国にとって最低線は、中国の長老による金の裏付けがある、いわゆるGCR/RVの
受け入れである。

2016年の第一四半期での、世界の権力構造変化が確実である。



【国際情勢】

中国:


中国元が世界基軸通貨としてUSDに置き換わる。

IMF改革法が米国議会を通過した。

中国元がIMFの国際通貨バスケットの一部になった。

SWIFTシステムに代わるCIPSシステムが稼働した。

世界の210か国以上の国が、金の裏付けがある通貨システム発進について合意し、
署名をした。

AIIBが創立された。

イラン、ロシア、イラク、サウジアラビア、およびベトナムの間で長期オイル及び
ガス余剰が確保された。

米国企業政府と、復帰した米合衆国への静かな交代が行われている。

イスラエルとパレスティナとの間で、1967年以前の国境線への回帰が、静かに
交渉されている。



ロシア:


ISISの力を3か月で削いだ。

クリミアという宗教的聖地を取り戻した。

西側によるルーブル、経済制裁を跳ね返した。

ウクライナ軍を沈黙させた。

イスラエル軍を沈黙させた。

トルコ軍を沈黙させた。

ISIS傭兵軍を沈黙させた。

黒海と南シナ海から米海軍を撤退させた。

シリアからのオイル密輸出パイプラインを遮断した。

ロシア全体からロスチャイルド関係の銀行員を放逐した。



・・・・・・・・・・・・・・・・



「世界経済についての大ニュース:内部告発者は警告している。
 ”通商は停止している。”」


Huge Global Economic News: Insiders Warn "Commerce Has Come To A Halt"
"Nothing Is Moving," Baltic Dry Crashes As Insiders Warn "Commerce Has Come To A Halt"

Submitted by Tyler Durden on 01/11/2016


バルチック・ドライ・インデックスの崩壊は、ほとんどの者に無視され続けている。
このほかにNetflixgaがあるからさ、と。
しかし Dollar Vigilante's のジェフ・バーウイックは、世界の”真の”経済は
停止している、と述べている。

先週、私は世界で富裕なシッピングファミリーの友人からニュースを受け取った。
彼が言うには、船舶の運航チームが赤字なので、今現在、外洋には船は運航されて
いない、とのことである。

今週末には、全く同じことを述べているニュースが回覧されている。
つまり、北太西洋ではほとんど、もしくは全く貨物船が運航されておらず、貨物船は
碇を下して停泊している。
動いておらず、荷は空である。
これについてのレポートは、以下に見られる。それによると、

「ヨーロッパと北米の間の取引は、文字通り停止されている。
 北米とヨーロッパの間の北太西洋で運航中の貨物船はない、ゼロである。
 数百隻の貨物船は碇を下して、外洋または港湾内で停泊している。何も動いて
 いない。」

このようなことは、いまだかつて起こったことはない。
これは恐ろしい経済的兆候であり、通商が文字通り止まっている証拠である。

VesselFinder.comを調べてみると、世界中で貨物船はどこでも、一隻も運航され
ていないように見える。
MarineTraffic.comも調べてみたが、同じだった。

「貨物船は、一隻も運航されていない」


もし本当なら、これは世界貿易にとって破滅的である。
真実ではないとしても、別の指標では、貨物船はほとんど死んでいる。

バルティック・ドライ・インデックス(BDIY)は、海洋経由の主要原料の移動価格
を示すが、先月はさらに低下し、特に先週には大幅に低下した。
今日はBDIYは、415にまで低下した。

工場は購入せず、小売り業は在庫を増していない。
米国の在庫対売り上げ比率は、これに関する指標である。
この比率が高かったのは、2008年の大不況の時だった。


ヘイ、ミズ・イエレン(FRB理事長)、どうやって回復させるんだ?
経済は急速に水面下に沈降しつつあるんだぞ!

嵐は実際、しばらくの間発達しつつある。
遠くない以前に、世界の自動車製造業者は、自動車が売れず、世界中で出荷が
行われていないと悲鳴を上げていた。


ZeroHedgeは、以下のように報道している:

「過去数年の間に、この報道で詳細に述べられていたことは、需要の停滞と
 末端消費者売り上げの低下をごまかす手品の氾濫だった。
 これは特に、米国の自動車メーカーによって利用され、ジェネラルモータース
 は特に罪が重く、ディーラー在庫が記録的に積み上がっていた。」


世界経済は、深刻なトラブルに陥っているように思われる。
繁栄は印刷して作れるものではない。
あなた方が行っていることは、経済に穴を掘っていることだ。
経済は乾ききっている。
遅かれ早かれ、経済は空っぽになり、危機と混沌がやってくるだろう。

中国が、在庫の爆発を封じ込めようとして躍起になっているのは、偶然ではない。
報告では、銀行は米ドルの購入を禁じられ、数多くの中国の億万長者が行方不明に
なっていると言われている。
月曜日には市場が開いたが、また再び大きく価格を失っている。


The Dollar Vigilante には、世界経済の崩壊の現実について特集を組んだが、
「主流メディアの嘘を信じてはならない」のは、このためなのだ。

しばらくの間、この出荷の物語に注目していてほしい。
これは本当であり、世界の出荷が絶望的に底をついている。
スーパーマーケットの棚が空になるまでには、そう時間はかからないだろう。

商品とサービスの供給停止、特に最も大きい問題は食品で、2008年の大不況の時に
これが起こりそうになった。
出荷企業が、商品の受け取り手の銀行信用に問題がないかどうか確認するために、
ほぼ3日間、船積みが停止された。

この危機は、大量の紙幣印刷によって回避された。
これは刑の執行の一時停止で、タイタニックからコーヒーカップで水を汲みだして、
沈没させないようにするようなものだ。
しかし、2016年にはもっと大規模な事態になるかもしれない。

船長は、船出が安全かどうか、天候を見極める。
投資家は、経済天候を同じように見極める。

しかし、我々は非常に大きい嵐の中に向けて、すでに船出をしてしまっているのだ。





(転載終了)

メディアが意図的にこれらの情報を封鎖しているので、今後も一切こういったことは
日本の国民にも知らされず、タレントのゴシップなど本当にどうでもいい話題に
すり替えられ続けることでしょう。

でも、恐れる必要はありません。
落ち着いて、静観していることが大事です。

なるように、なる^^



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「リードする存在」

2016-01-13 09:56:55 | ワクワク
バシャール:

「リードする存在」


私達全ては、「”素の自分”を追い求めるよう、予め設計されている」のだと、
バシャールは話しています。

しかし現在でも、ネガティブな波動域にそのまま居続ける選択をしてしまうと、
同じネガティブ側に存在する貴方の仲間達は、
「 ”光の波動域へと引っ張てくる存在(スターシード)” を失う」
という事を意味しています。

勿論、誰もがどんなシチュエーションにいようとも「光」へシフトする事は可能
ですが、以前もお話したように、ヒトには「たった一人で突っ走るよりも、仲間と
一緒に進みたがる性質」があります。

ですから、貴方(スターシード)が率先して、彼等の「光」となり、ポジティブ
側へとリードしてゆけば、多くの人達がポジティブ側へとシフトし易くなる、と
いうわけなのです。

このように、スターシードである貴方こそが、これからのシフトを大きくリード
してゆく事になる、極めて大切な存在というわけなのです。


バシャール曰く、
「2013年~2015年の3年間を利用し、私達の意識は大きく成長を遂げ、
 現在も進行中である」
と、話しています。

誰もが「スターシードの”種”」を持っていますが、その「種」を芽にして大きく
成長させるのも、そのまま引き出しの隅っこで、忘れ去られてしまうのも、
100%貴方の自由意思となります。

いずれにせよ、現世の私達は「肉体の”死”を体験せずとも、魂の”目覚め”を
体験出来る」という、素晴らしい「選択」が用意されているのです。

「ありのまま」の自分でいる事は、生命の波に沿って生きる事を意味しています。

私達地球人が「第6番目のハイブリッド種」になる日も、あともう少しであると、
バシャールは話しています。

シフトは決して自動的ではありません。
貴方の「”意図”する意思」によって、それが可能となるという事を、今一度理解
してゆきましょうと、バシャールは話しています。



(転載終了)

いつもありがとう、バシャール!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加