風の備忘録~ ~ ~

風は林に色や形や音を運んできます
忘れないうちに 忘れないように
短い言葉でメモ memo   
       

和田義彦氏の絵画盗作疑惑

2006-05-31 | テレビ・新聞から
和田義彦氏とイタリアの画家の作品をTVで見た。

大きさは分からないが 全く同じ絵だ。

「一緒にデッサンをしたこともあるので」と言っていたが
モデルを前にしてデッサンしたら、座る場所(見る場所)が違うので
同じデッサン(作品)にはならない。

絵の中の人物が一人の場合なら 
偶然 同じポーズの絵になってしまうこともありえるだろうが、
群像」の場合は同じ構図になると言うことは絶対ないだろう。

空間」「マチエル」「画材」が違うから専門家が見たら全く違う作品と判断するだろう
というようなことを言っていたが、
絵を描いていて一番、苦労するのは 空間の使い方のように思う。

描きたいテーマをどんなモチーフを使って 平面に描き出すか。
限られた空間(平面)をどう使うかは彫刻や彫塑と違ってとても重要だ。
そこが全く 和田氏の場合 同じなのだ。
人物の配置 ポーズ 表情も全く同じ。
 
ここまで同じだと「マチエル」「画材」が違うと言っても「同じ絵」=盗作だ。
習作ならまだしも、作品として「画家」と名乗る人が出すものではない。

『「マチエル」「画材」は違うけれど 他は貰いました』と認めた方が良い。

~~~~~~~~~~~~~~~
ゴッホ浮世絵の模写を何枚もしているが、どうなのだろう?
ゴッホの場合も「マチエル」「画材」は違うけれど「構図=平面の空間処理」は同じだ。


追記:6月2日朝のテレビを見ていたら、「マチエル」ではなく
                  「ディテール」といってました。
   テレビを見て思い出しながら書いた記事でしたので、他にも
   それこそ細かいところは違っているかもしれません。
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五稜郭タワーから街並(画像... | トップ | 風がつくURL・追加  »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB返しありがとうございます。 (JUNSKY 観劇レビュー)
2006-06-01 10:51:46
トラックバック返していただきましてありがとうございます。

【「一緒にデッサンをしたとこともあるので」と言っていたが、モデルを前にしてデッサンしたら、座る場所(見る場所)が違うので、同じデッサン(作品)にはならない。】

と、私も思います。

別に美術の専門家でなくてもそんなこと解りますよね!

こんな言い訳で素人を騙せると思っている和田氏は確信犯に相違ありません。

日本の恥です。
あきれました (らぷぽ)
2006-06-02 10:54:18
 こんにちは、この件では、開いた口が塞がりませんでした。通常は画家としてプライドをかなぐり捨てるような行為はしないはずでは?と思っていましたので、その真意が計りかねた訳です。



 いろいろな方がいらっしゃいますね。

コメントありがとうございます。 (JUNSKY 観劇レビュー)
2006-06-02 18:04:23
私のブログに来て頂いて、長いコメントを頂きありがとうございます。



和田義彦氏の画像を検索していて森村誠一氏の画像に行き着いたのは、森村氏が積極的に和田義彦氏との強い関係を“強調する”ようなページ作りをしていたからなんですね。



しかし、森村誠一氏が盗作の和田義彦氏や自民党の政治家と記念写真を撮っているなんて信じられない。



それも、その記念写真を今も堂々とページに掲載するなんて、恥知らずになってしまったんでしょうか?



二昔ほど前は「悪魔の飽食」など、戦時の人体実験を追及したり、権力の不正にも肉薄した硬派かつ社会派の作家だったのに。



そのうえ和田氏を弁護するとは・・・
皆様 TBいただき感謝です。 (林)
2006-06-06 21:19:11
「和田義彦氏の絵画盗作疑惑」に

TBをいただきありがとうございました。





TBをいただいたブログにはTBをお返しし、

お伺いして記事を読んでそのブログに載ってる

TBやコメントを読んで来るということだけで精一杯で

ここのコメント欄にはお礼を書いていませんでした。



これからも書ける時間があるかどうか判らないので

ここでお礼をいたします。





もう少し丁寧に書かなければとは思うのですが、

沢山の言葉が出てこないので、



「TBいただき ありがとうございました」。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
絵画の模倣と習作と盗作 (観劇レビュー&旅行記と日記)
「慎重、公正に判断」 盗作疑惑で文科相 (共同通信) - goo ニュース  芸術選奨を受けた洋画家和田義彦氏の発表した作品がイタリア人画家の絵と酷似していた問題について、今日と昨日のTVニュースでの和田義彦氏の発言に驚いた。  昨日民放のニュースで、和 ...
スギ氏に似スギ。 (Stylish jam - Blog)
今年になってもまた騒がれちゃってますね、盗作疑惑。今度は絵画。 イタリアの画家、アルベルト・スギ氏の絵画と和田義彦氏の絵画が あまりにも似ているということで疑惑が持ちかけられたのが数日前。 和田氏と言えば、去年、芸術選奨文部科学大臣賞を授与 ...
盗作問題と日本の画壇の体質 (平成つれづれなるままに)
やっぱりなあ・・・ 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した洋画家の和田義彦氏の「盗作」問題、いろいろなところで責任のなすり合いが始まったかのようだ。テレビでも取り上げられたせいか、和田氏の作品が「盗作」と言われてもやむ得ないものであることは、いまや多 ...
盗作問題 (平成つれづれなるままに)
「芸術選奨画家、盗作? 洋画の和田氏 文化庁調査 」 というニュースが目に付いた。誰が誰の作品を「盗作」したのか?と思えば、今春の芸術選奨の美術部門で文部科学大臣賞を受賞した、洋画家としてご活躍中の和田義彦氏(66才)ではないか。氏が、イタリア留 ...
盗作はしているが原作より上手 (かきなぐりプレス)
誰がどう見ても盗作であることは明らかだ。写真で撮影してそれをもとに描いているんだから構図はそのまんま。パクリ以外のなにものでもない。 にもかかわらず盗作を認めようとしない和田義彦氏の神経の図太さにはただただ敬服するばかり。 ただ、素人目には ...
酷似した絵が受賞 (ブログ らぷぽ)
 海賊版のソフトやCDなどは随分以前から指摘されていたりしますが、一方、ソフトによっては、バージョンアップをあきらめれば、基本ソフトを借りて。。。なんてことも個人的にでき
洋画家の盗作疑惑、素人目にはやはり・・・ (新・だんなの屋根裏部屋)
洋画家和田義彦氏の作品が、 イタリア人画家アルベルト・スギ氏の作品に酷似している問題、 和田氏は「盗作でない」と重ね重ね否定しています。 美術団体「国画会」は和田氏に退会を勧告し、応じない場合は除名処分まで・・・。 これが、今回問題となった作品です ...
盗作問題、ホンモンなら生き残る (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
「盗作」でしょ・・・
Snobbish World (石橋を叩いても渡らないかも?)
平成17年度芸術選奨で文部科学大臣賞まで頂いた、どこやらの絵描きさんが実は人さまの作品をそっくりコピーして、いままで数十点盗作、発表しバレないどころか絶賛されてきたというから、驚きというか日本の文化水準の低さを改めて露呈した事件になってしまいま ...
盗作とオマージュ。 (ぺんぎん日記 EX.)
話題になっておりますが、武蔵野芸大非常勤講師の盗作疑惑。 『盗作ではない』(和田氏の主張) 『盗作だ』(アルベルト・スーギ氏の主張) ワタシの個人的見解。 盗作です!!! まるっとコピーじゃないですか。 絵画に置いて構図の一部を借りる ...
和田氏に捧げる台本 (サイバー サイバー)
盗作疑惑で人気急上昇中の和田氏のために台本を書いてみた。 君たち素人には分からないだろうが、プロが考えに考え抜くと、結論として同じ構図になるのだよ。スギの絵もボクの絵も、プロだから絵画の黄金比を忠実に再現している。素人ならこうはいかない。だ ...
芸術選奨画家の盗作騒ぎについて (珈琲ブレイク)
日本芸術選奨を受賞した洋画家 和田義彦氏の作品が、イタリア人画家 アルベルト・スギ氏の作品に酷似している、と指摘を受け、盗作の疑惑が発生した。結果として、芸術選奨選考委員会と文化庁は、芸術選奨の授賞を取り消す騒ぎとなった。 和田氏の画風は、古典 ...