奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箸墓古墳

2007年07月19日 | 
 邪馬台国の女王【卑弥呼の墓】とする説があります 撮影日;2007.7.3

 箸中山古墳、倭迹迹日百襲姫命大市墓です

 全長278m、後円部は径150m、高さ30m、前方部は前面幅約130m、高さ16mの前方後円墳です
 墳丘の裾に幅10mの周壕とその外側に幅15m以上の外堤が存在していたことが確認されています

 築造は西暦260年頃と推定されます

★所在地;桜井市箸中
★交通;JR巻向駅より 徒歩15分
★駐車場;有りません
★入場料;外観のみ見学可
★問合せ;

 最古の巨大前方後円墳とされ
 宮内庁が第七代孝霊天皇の皇女・倭迹迹日百襲姫(やまとととひももそひめ)墓として陵墓指定
 
 出土品;特殊器台形埴輪、壷形埴輪など

 5段築成(4段築成で、後円部に小円丘が載る)は箸墓古墳のみです

 「三輪山伝説」と呼ばれている『日本書紀』崇神天皇十九月の条に
 箸墓の名前の由来が記されているそうです


 参考;邪馬台国大研究・ホームページ
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三吉石塚古墳 | トップ | 黒塚古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む