モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

女子美高校合格作品

2017-01-30 23:14:58 | 学生

一葉 中3 鉛筆デッサン・透明水彩(先輩作品の模写)

女子美術大学付属高校、合格作品です。
この作品たちを見て、ドッキリした高校生もいることでしょう。

まず左手のデッサンですが、ポットやボウルなどツヤツヤ光るもののハイライトの入れ方から、描いていく中で少し何かを掴んだ跡が見えます。
この子が入会したときから、度々経過を見ていますが、モチーフのディティールによって画材をきちんと適材適所使いこなせていて、やっと鉛筆と消しゴムと仲良くなれてきたのだなといった感じが見受けられます。ちゃんと重さを意識しているのもポイントが高いです。
画用紙の中に適した大きさに配置して構成するのもとても基本的なことなのですが、この年ではなかなか難しいことですし、その中ではかなりできている方だと思います。(ただ課題はあります、改善の為にこれから頑張ろう)
 
そして最初からこの生徒に感じていたのは、頭を使って描いているなということ。アドバイスをしても納得できず疑問に思えばその場で聞いてくれるし、理屈も頭に入れながら描くことをしています。(わからないことがあったらわかった振りをせず、わかるまで聞いて欲しいのが教える側としての気持ちなので、助かります。)
画材の使い方や構成なんてできて当たり前のことかもしれないけれど、基本中の基本をしっかりと抑えてこその合格だったのでしょう!
一葉、おめでとう!    菅原

「ま、中学生でここまで描けりゃ、果てしなくバカか、万引きや窃ッチャで捕まらない限り、不合格にはできないわな。」 by小原先生

ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 透明水彩でホオズキを描く | トップ | 春のワークショップちょい見せ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。