モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

私立小学校受験

2017-11-16 22:10:36 | 小学校受験

私立小学校受験は、10月から11月にかけて試験を実施する為、夏休み辺りから入試直前には、各受験校の出題傾向に沿った対策やこれまでに積み重ねてきた力にさらに自信を深めることを目標に、様々な制作に取り組んできました。

殆どのお子様が併願する為、最初の試験日から最終試験の学校が終わるまで、かなりの日数がかかり長期戦となります。ハードスケジュールな毎日の中、受験クラス在籍の年長児さんは、入試直前まで絵画制作のレッスンに通われる方が多くいらっしゃいます。前日でもミオスにいらっしゃるのは、いつも通り自信もって楽しくできた!という達成感を感じて、試験当日を楽しんで迎えてほしいという親御様のお気持ちもあるようです。

「モチベーションの維持」「いつも通りに楽しく制作」「今まで頑張って習得した力を発揮」これらの事を一人一人に向けて、エールを送ってきました。既に結果が出た学校や結果待ちの学校もあり、ご家庭でも様々な思いを抱いていらっしゃると思いますが、私たちも最後の授業まで、内心緊張感持ちながらも、ミオスモットー「楽しんで制作」を心がけてレッスンしています。(Eri Ito)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プライベートレッスンについて

2017-10-13 20:30:24 | 小学校受験

左から 大人になったら小学校の理科の先生になりたい / お友達と一緒に動物園作り / 冬の楽しみは? / グループ制作の様子

プライベートレッスンは1対1の1コマ50分の指導となります。完全個別指導ですので個性をしっかり受け止め、興味を持ったことをスムーズに学習に結びつけることができるオーダーメードの授業です。
具体的な例をあげますと
・保護者様のご要望通りに進める授業を行います。お教室の宿題や予習をされる方もいらっしゃいます。年長さんの場合、過去問も承ります。
・グループレッスンを受講されている方が、授業で理解できなかった部分を復習する為にご利用する場合もあります。
・グループレッスンに通えない方が、同じカリキュラム内容を希望されることも多いです。
・「先生にお任せします」とおっしゃるご家庭も多いです。その場合、お子様の興味や季節の行事に合わせた絵画を描いたり、成長に合わせた立体制作をやらせて頂きます。
・毎週定期的に通われる方もいれば、月に1回2~3コマ連続で預けられる方もいます。

逆に指定されたカリキュラムがあっても、その日の体調ややる気に合わせ臨機応変に変えてしまう場合もございます。理解していないのに無理に進めて、時間の無駄にしない為です。
制作中や発表時の質疑応答の練習は家族間で行うのは難しいにも関わらず、慶應幼稚舎・初等部の受験において最重要な勉強ですので、慶應が第一志望のお子様のレッスンでは、制作と同じ位重きを置いて時間を割いています。突然の質問にも答えられる柔軟さを身に付けられるよう、お手伝いします。

※ご予約は前月1日から開始します。 例)12月分のご予約=11月1日10時より、プライベートレッスン12月分の予約キャンセルが可能になります。 現在は10月・11月のご予約を承っております。
※ご予約は定期的に受講頂いているグループレッスン生を優先しており、プライベートのみ受講されている会員より1日早くご予約頂けます。   

期   間 3歳児~小学校卒業まで
曜日&時間 月~金曜日の間で50分間
体 験 料5,000円
詳しくはこちらのページをご覧下さい。プライベートレッスン体験のご予約はメールで承ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年長対象ー小学校受験クラス 生徒募集について

2017-10-12 19:38:55 | 小学校受験

左から 蛍狩り / 粘土制作 / ブランコ遊び

10月まで年中さん対象の【プレ小学校受験クラス(グループレッスン)】は金曜日のみ、1クラスの開講で定員の為ご入会できない状況ですが、11月・12月は3クラス(月・火・金)に増えますので、ご予約を承っております。
1月からも引き続き【小学校受験クラス(1月より名称が変わります)】で受講できます。
金曜日のみ定員に達しておりますが、キャンセルが出る場合もございますので、お電話でお問合せ下さい。

<授業期間>  【プレ小学校受験クラス】年中11月~年中12月まで (1月からの【小学校受験クラス】は授業時間が10分増え、また月に4回授業となります。
<曜日&時間> 月曜日  15:00~16:00 (1月より 14:50~16:00)
        火曜日  15:00~16:00 (1月より 14:50~16:00)
        金曜日    15:30~16:30 (1月より 17:00~18:10)
<授業料>   10,000円/月  (月3回) (1月より  14,000円/月  月4回)
<体験料>   3,000円  ※途中入会の場合、日割り計算させて頂きます。 

ミオスではグループレッスンでの質疑応答の練習として、授業最後には制作物の発表をしてもらいます。発表は授業内容によって違いますが、工夫した点や苦労したところの紹介だけでなく、なぜそれを選んで描いたかの理由など言うこともあり、自分の言葉で他のお友達が納得できるよう話さなければならないなど、難易度が高い日もあります。
例えば新聞紙で『高いもの』を制作してお友達と競った後は、「作った塔に名前を付けて下さい。」という発表です。
「太郎タワーです。」など自分の名前を付ける子もいれば、「すごく高くて天国まで見えるので、天国ツリーです。このツリーに登ると、去年死んでしまったおばあちゃんにも会うことができます。」など名付けた理由や塔の特徴まで考え言えるお子様もいらっしゃいます。

体験の日はお子様の能力・個性を見せていただきながら、苦手意識を持たないよう注意して、言葉掛けをさせて頂きます。発表も無理はさせません。
ぜひ保護者様も授業の様子をご見学して頂き、ご検討頂ければと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年少対象ーキッズ小学校受験クラス

2017-10-11 19:37:48 | 小学校受験

10月より【年少対象ーキッズ小学校受験クラス】がスタートしました。
毎回の授業で絵画と制作を交互にカリキュラムを組み、年少さんのうちから慌てず無理なく
クレヨンやハサミなど基本的な道具の使い方、塗る・切る・貼るといった巧緻性につながる部分の基礎力を身に付けるような指導を繰り返していきますので、初めての習い事でも安心です。絵を描く楽しさ・物を作る面白さを感じられると思います。
また毎回授業で生き物の描き方を1匹ずつ練習します。全18回の授業で描いた生き物が全て揃えば、オリジナル生き物図鑑が完成します。
こちらの講座は現在人数が少なく、講師の目が十分行き届きますのでお勧めです。ぜひ体験授業にご参加お待ちしております!お電話でお問合せ下さい。

【キッズ受験クラス】(詳しくはこちら
期   間 : 年少10月~年少3月まで(年中児も受講可能)
曜日&時間 : 水曜日 13:30~14:20(月3回)
受 講 料 : 8,000円/月
体 験 料 : 3,000円
※途中入会の場合、月謝を日割り計算させて頂きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校受験について

2017-10-10 23:50:25 | 小学校受験

左 年長児ー大人になったらコスチューム作り  /   右 年中児ー紙袋を使った動物のかぶりもの

今週は小学校受験のプライベートレッスンのみの授業となります為、ブログも受験に関したテーマで絞らせて頂きます。
小学校受験で必要とされることは、
・まずは家庭で身に付けなければならないマナーや社会でのルールが体に染みついている事。いつもポケットにハンカチが入っておらず、手を洗った後はお母さんにタオルをもらうような環境であり、試験でポケットにハンカチが入っていることを忘れ手を振りながらトイレから出て来た為に不合格だった、などはまことしやかに伝えられている噂ですが、こういったエチケットも毎日の行動の積み重ねから自然にできるようになります。
・当り前ですが、しっかりとした基礎学力を身に付ける事。
・そして難関校でのみ必要になる、探求心と知的好奇心を持って活動できる行動力を備えてる事。

最初の条件がクリアできているかを判断する試験は『行動観察』と呼ばれています。
2番目の条件は、一般の方にはあまり聞きなれない小学校受験界での特殊な単語ですが『ペーパー』と呼ばれています。IQを図る紙のテストです。
最後の条件を判断するのが、『絵画や制作』(これも小学校受験の独特な言い回しですが、立体工作の事を制作と呼んでいます)です。
その試験は例えば、身近な材料を使った制作物とその背景になるような絵をセットで作り、プレゼンで説明する、先生の質問に答える、もしくは作品を使ってお友達と遊ぶ、というような課題。基本的な巧緻性と経験に基づく工夫溢れる作品を完成させるという事が求められています。
どんな課題、材料が出ても楽しんで取り組むことができないといけません。決められた短い時間(10分から15分程度)の中で、まず一番描きたいものを然るべく場所に然るべき大きさで最初に描く(完成図を思い浮かべながら構図を考える)、何を作っているかが判るように立体的に作る(ゴミを提出させられる場合もあるので、材料を無駄なく使っているかも見られます)練習が必要です。しかも月並な表現では合格には結び付きませんので、オリジナリティを出すことが最終目標となります。また絵画・制作を通してどのような方面からの質問に対しても、経験、体験を踏まえた発言ができる言語能力が求められています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のプライベートレッスン

2017-10-09 18:23:21 | 小学校受験

年長児プライベートレッスン制作物 左から パペット作り / 魔法のマント / 昆虫の帽子

今週のプライベートレッスンでキャンセルが出たコマをお知らせさせて頂きます。
小学校受験が本番を迎えている為、今週は12日の木曜学生クラスを除き幼児・小学生・学生・大人クラス全ての授業をお休みさせて頂き、10:00~19:30まで受験直前対策のプライベートレッスンのみ開講しております。

普段よりたくさんのコマ数でご予約頂けるにも関わらずお申込みが一杯でしたが、本日少々キャンセルが出ました。
ご都合付きそうでしたらぜひご検討下さい。お電話で承りますが、アトリエが留守番電話になっていましたら、規約に掲載してございます小原携帯へお電話下さい。

10月10日(火)13:30~ / 16:30~ / 17:30~
10月11日(水)12:30~
10月12日(木)10:00~ / 11:00~ / 12:30~ / 13:30~
10月13日(金)13:30~

追伸 現在は10月、11月のご予約を承っておりますが、年長さんが受験間際ということもあり、担当できる講師は3人おりますが大変混み合っている状況です。ご予約が取れずご迷惑をお掛けしております。慶應初等部の受験が終了する11月半ばまで、午後のプライベートレッスンのご予約は全て埋まっておりますので、新規の方は11月20日以降でご予約承ります。メールでお問合せ下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工作が上手くなる本 発行しました

2017-09-22 00:51:54 | 小学校受験

今秋、小学校受験工作のためのサポートブック『こうさくが うまくなるほん』を発行いたしました。

『えの かきかたが わかるほん』シリーズをお買い求め頂いた方々から「良い工作の本を知りませんか?」とお問合せ頂くことが増えました。そんな声にお応えして、基本から応用までを網羅した『こうさくが うまくなるほん 』を作りました。小学校受験で求められる制作技術を、基本から応用まで楽しく身に付けられる内容になっております。工作を通し、柔軟な思考力・発想力を伸ばせるよう、作品を応用発展させるアイデアを紹介していますので、受験の立体制作にお悩みの方も、得意な工作に更に磨きを掛けたい方にも、お役に立てると自負しております。

本書は、STEP1・2・3と難易度を3段階に分けて構成しています。お子様の技術に応じてどこから始めても構いません。基本的な道具の使い方を学び、STEP1から手先の巧緻性を習得し徐々にレベルアップしていく事もできます。興味のあるテーマから始めても良いでしょう。
制作の経験を積むことが大切で、完璧に作る必要はありません。本書に掲載された作り方を応用して、幅広く作品を作って頂ければ幸いです。

手を動かして試行錯誤する経験の積み重ねが、必ず自信へと繋がっていきます。
「好きな材料を使って自由に作って下さい。」という課題に「任せて!」と果敢にチャレンジできるようになることが、本書の最終目標となっております。

アトリエで、主に小学校受験クラスに在籍される方の家庭学習用に販売していますが、生徒さん以外でも書店購入またはアトリエから配送することも可能です。ご自宅でミオス式工作メソッドを学んでいただけます。
ご家庭でどのようにお子様に工作を教えて良いか分からない、やったことはあるけれど今一度確認したいなど、ぜひ、ご家庭での工作の時間のサポートとしてご活用頂ければと思います。

『こうさくが うまくなるほん』3,000円(+消費税)

<アトリエ教室内で直接購入>
 3,000円(+消費税240円)

<配送>
 メール(mios@ace.ocn.ne.jp)でお申し込みください。
 お名前・配送先住所・電話番号・お子様の学年をご連絡ください。
 確認の返信を3日以内に致します。もし返信がない場合お手数をお掛けしますが、再度ご連絡頂けますと幸いです。

 3,000円(+消費税240円)+送料360円  合計3,600円
 下記振込先に合計金額(3,600円)をお振り込みください。ご入金確認後、配送致します。

 振込先:三井住友銀行 元住吉支店  0609714   名義 小原京美

 <書店で購入> ※10月中旬より店頭販売予定。正確な日程は分かり次第ブログでお知らせします。
 ・天一書房 日吉店 
  東横線・地下鉄グリーンライン 日吉駅 日吉東急3階

 ・紀伊國屋書店 武蔵小杉店
  東横線・南武線 武蔵小杉駅 グランツリー武蔵小杉3階

 ・ACADEMIA 港北店 
  地下鉄グリーンライン・ブルーライン センター北駅 ノースポートモール3階

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいクラスが2つ増えます

2017-09-14 23:16:03 | 小学校受験

 

9月末より、小学校受験対象のクラスが2つ増えます。現在、グループレッスンとしては、年長児対象・小学校受験クラスと、年中児対象・プレ受験クラスがございます。また完全個別指導のプライベートレッスンでは、3歳~小学校卒業までのお子様を対象としています。長年この3つのレッスンで授業を行っておりましたが、年々受験対策を早くスタートする方が増える傾向にあり、年少児対象の『キッズ受験クラス』、また保護者の皆様からは、家庭での制作方法についてのお悩み相談も多く寄せられることがあり、保護者対象の『受験指導者講座』、この秋2つの新しいクラスがスタートする運びとなりました。

お申し込み方法☆

下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「キッズ受験体験申し込み」または「受験指導者講座申し込み」として、e-mailアドレスへ送付してください。お申し込みの確認(定員がございますので、受付時に参加可能かどうかをお知らせいたします)と授業料のお支払い方法を返信します。
必要事項 ①参加者氏名 キッズ受験はお子様の学年 ②住所 ③電話番号
メールアドレス mios@ace.ocn.ne.jp

【キッズ受験クラス】水曜 13:30~14:20

絵画制作の基礎力を身に付けるとともに、絵を描く楽しさ・物を作る面白さを感じ、自ら進んで取り組めるように指導致します。クレヨンやハサミなど基本的な道具の使い方や、塗る・切る・貼るといった巧緻性につながる部分を強化しながら作品を制作します。カリキュラム目的に沿った作品作りの他に、毎回授業で生き物の描き方を練習します。全18回の授業で描いた生き物が全て揃えば、オリジナル生き物図鑑が完成します。年中児の受講も可能です。(詳しくはこちら

【受験指導者講座】第4火曜(2か月毎)10:30~11:30

教室でお絵描きや工作の基礎を学んでいても、日頃から家庭で制作に取り組まなければなかなか技術は身に付きません。しかし絵や工作が苦手でどのようにこどもに教えて良いか分からず、制作の進め方に悩むお父様お母様はいらっしゃいませんか?ご家庭での制作にちょっとした工夫やアイデアがあれば、お子様の「できた!」「わかった!」につながって、「もっとやりたい!」と意欲を育み、楽しい親子の制作時間になるでしょう。ご家庭で楽しみながら効果的に取り組める【絵画】と【制作】の実践講座です。
夏のワークショップの様子はこちら(絵画編)とこちら(立体工作編)

*初回授業* 9月26日(火)10:30~11:30 『動きのある人物画』

 

人物を描く時は、実際に動作を真似するなどポーズをとってイメージしたあと、体のパーツごとに描くと理解しやすいです。走っている人の絵は、運動している絵・遊んでいる絵など、日常体験をテーマにした絵に繋がる大切な動作の一つなので、基本的な動きのある人物画の指導法を学びましょう。腕や足の関節を曲げる描き方や迫力のある構図の捉え方をマスターしましょう。ご家庭でもお母様の的確な指導があれば、左の絵が右の絵のように変わります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏のプライベートレッスンを終えて

2017-09-07 20:42:05 | 小学校受験

☆小学校受験プライベートレッスン『夏休みに楽しかったこと』☆

9月に入り、私立小学校入試の願書受付が始まりました。小学校受験クラスに在籍の年長さんは、1011月に入試本番を迎えます。私立の小学校入試内容には、ペーパーと呼ばれる筆記テスト、運動テスト、絵画制作、行動観察などがあります。最近は行動観察の重要度が高まっている傾向があり、絵画制作の試験でも作品の上手い下手ではなく、創造性・情緒性・観察力、そして子どもの聞く力や考える力を見るために実施されています。多くの学校の試験で実施される絵画制作の対策は、ご家庭で学習するには難しい科目と言われ、基礎力や技術向上の為に、アトリエに通ってくださる方が多くいらっしゃいます。

夏休みは、入試を控える生徒さんにとって最も大事な時期。(ほぼ毎日10時から1830分までのプライベートレッスン予約が満席状態でした)まず年少年中の頃学んだ基礎がしっかりと身についてるかどうか再確認。苦手部分や忘れてしまったところがあれば、理解できるまで復習。時間のある夏休みだからこそ、基礎の部分をしっかり確認しました。そこがクリアできれば、志望校対策として入試過去問題に挑んでいきます。これには、発想力や応用力が必要となってくるので、課題に対しての考え方や取り組み方を指導していきます。様々な課題にチャレンジする中では、褒められることも時には厳しく指摘されることもあったと思いますが、技術面の向上はもちろんのこと、精神面も強くなり、これからの制作の意欲に繋がる時間だったのではないでしょうか。入試当日まで、あと12か月となりました。この夏に頑張ったことを自信にして、楽しんで入試当日が迎えられるように、私たちも全力でサポートしていきたいと思っております。(Eri Ito)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの宝物は?

2017-08-08 22:56:33 | 小学校受験

シュノ / 年中 クレヨン・水彩絵具 

小学校受験クラスとプライベートレッスンを担当している佐藤です。ブログではお久し振りです。
本日ご紹介するのは年中さんのシュノちゃんの作品ですが、アトリエで描いたこちらの作品、『おしえてたからもの』というテーマの夏のコンクールでなんと、川崎地区で最優秀賞を頂きました!(次は、全国へ進むそうです。)
シュノちゃんの一番の宝物は生まれたばかりの妹だそうです。妹さんは最高にキュートなモデルさんで、制作中もお母さまに抱っこされ、お姉ちゃんが絵を描く姿をニコニコと眺めていました。
出来上がった絵は、優しく抱っこしているお姉ちゃん(自分)の柔らかいまなざしが、見ているこちらまで温かい気持ちにさせてくれますね。元々色彩感覚の良いお子さんなので、幸せカラートーンの配色センスが素晴らしく、画面にいっぱいに広がる愛情が見事に伝ってきます。

今回は特別凝った技術を使った作品ではなく、主役を大きく、伝えたい感情を全面に押し出しましたので、そこが評価に繋がったのではないかと思います。そして何より「宝物が妹である」という、シュノちゃんの想いが伝わったのでしょう。
シュノちゃん、本当におめでとう!
授賞式には先生も参加したい位、誇らしく嬉しい気持ちでいっぱいです。
これからもお絵描きが大好きでいて下さい。また一緒にたくさん制作しようね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校受験の年中さんプライベートレッスン

2017-06-20 21:15:43 | 小学校受験

小学校受験プライベートレッスン 年中

左右どちらの絵も、年中さんとは思えないレベルの高い作品です。
左はおばあちゃんの家に行き、お母さんと妹とカワセミを見付けた時の絵を描きたいと言ってくれました。選んだシーンは「妹が喜んで大きい声を出したから、私が『シー、脅かさないで』とささやいているところ」だそうです。
右は、お父さん・お母さんと水族館に行き、サメが一番印象に残っているとの話しでしたので、自分がビックリしている場面を描きました。

どちらも講師が先に描いた絵を模写してもらった訳ではありません。人物構成などの描き方見本は一切なく、ただ生き物はリアルに描いて欲しいという願いから、図鑑を見て描きました。
左右で違うのは、描く順番です。二人共年少さんの頃から定期的にプライベートレッスンに通われているので、年中さんになってからは重なりも意識させています。「一番手前にあるものから描く事!」を最重要事項に上げ、何から描いたら良いか考えさせました。
左は最初にカワセミを、図鑑を見ながら大きく描かせ、避けるように自分と妹を描かせました。シーの手と口の重なりは、私がモデルになってポーズし「どうやって描いたらいい?」と促しました。お母さんは遠くにいたらどう描けばいいかな?小さく?上に?重なって?と導きました。
右は自分を最初に描き、お父さんお母さんを端に配置した後、サメと人物の重なりは「尻尾を描いたら胴体はお父さんに隠れて見えないから、ピョーンと飛び越して、顔もお母さんの手と重なって向こう側にあるからピョーンと飛び越して…」と指の動きについてきてもらい大きく描きました。
年中さんの6月でも、言葉の説明だけでこのクオリティーを出している子達もいます。

このようなご紹介をすると、上手に描けるようになることを無理に先取りしているように思われますが、22年間子ども達を教えて来て、その場限りの小手先の技術が受験になんの役にも立たないことは充分承知しています。その子の意欲や伸びる時期に合わせて、時にはお尻を叩いて詰め込み、停滞期には基礎に戻って楽しく描く、を繰り返し地盤を固めていきます。
それができるのが一人一人とじっくり向き合い授業を進めるプライベートレッスンですが、現在プライベートレッスンを希望される受講生が50名を超え、3人の受験担当スタッフでは対応が難しくなって参りました。夏休みが重要な年長さんのご予約を優先させる為、7月8月はプライベートレッスンのみの新規受講生の募集を一時控えさせて頂きます。(グループレッスンと並行してのプライベートレッスン受講生はご入会受付しております。)ご迷惑お掛けして大変申し訳ございませんが、何卒ご理解の程宜しくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新クラス開講 年少児対象・小学校受験クラス

2017-05-25 22:49:06 | 小学校受験


9月末より新クラスが開講します。小学校受験をされる方対象の年少児クラスです。第1回目の授業(9月27日)、紙工作『野菜・果物作り』を、体験授業としてご参加頂けます。1回目のカリキュラムは、『紙の特性を知る』『折り紙・お花紙を丸めて、野菜・果物を作る』にポイントを充て、制作方法を学びます。体験授業のお申し込みは、6月12日より承ります。(下記お申し込み方法をご参照下さい。)

◆指導方針◆ 
・絵画制作の基礎力を身に付けるとともに、絵を描く楽しさ・物を作る面白さを感じ、自ら進んで取り組めるように指導致します。
・クレヨンやハサミなど基本的な道具の使い方や、塗る・切る・貼るといった巧緻性につながる部分を指導しながら作品を作ります。
・カリキュラム目的に沿った作品作りの他に、毎回授業で生き物の描き方を練習します。全18回の授業で描いた生き物が全て揃えば、オリジナル生き物図鑑が完成します。

◆対   象◆  年少児(年中児でもご参加可能です。ご相談下さい。)
◆授業日◆  10月(9月末)~3月  月3回 水曜日 13301420  全18
◆入会金◆  20,000円(プライベートレッスンですでにご入会頂いている方は不要です。)
◆月 謝◆  8,000 /
◆定 員◆  10名

◆スケジュール◆     『カリキュラム』     ≪ねらい・目的≫         

10月第1回> 927日 『野菜・果物作り』  ≪紙を丸める・包む≫  
10月第2回>10月  4日 『クレヨンの使い方』 ≪クレヨン遊び・丸を描く≫   
10月第3回>1018日 『ピザ作り』 ≪ハサミの1回切り≫  
11月第1回>1025日 『粘土に触れる』 ≪感触を楽しむ≫  
11月第2回>11月  1日 『顔を描く』 ≪色の塗り方≫ 
11月第3回>11月  8日 『空き箱で作る』 ≪セロテープの貼り方≫  
12月第1回>1115日 『クリスマスツリー』 ≪糊の使い方≫  
12月第2回>1129日 『男の子・女の子を描く』 ≪顔を描く≫  
12月第3回>12月  6日 『立つ動物を作る①』 ≪二つ折り≫ 
*1月以降のスケジュールは、決まり次第HPまたはブログにてお知らせいたします。

【お申し込み方法】下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「年少児対象・小学校受験クラス体験申し込み」として、e-mailアドレスへ送付してください。お申し込みの確認(定員がございますので、受付時に参加可能かどうかをお知らせいたします)と体験授業料(3,000円)のお支払い方法を返信します。
☆必要事項 ①お子様の氏名 ②年齢 ③住所 ④電話番号
メールアドレス mios@ace.ocn.ne.jp (6月12日以降にメール送信ください。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校受験の絵画プライベートレッスン

2017-05-15 23:29:37 | 小学校受験

『ゴールデンウィークに出掛けて楽しかった事を絵にしましょう』 2枚共に今秋小学校受験予定の年長女子

説明はなくてもすぐに分かりますね。そう、筍掘りです。どちらのお子さんの作品も、人体の配置やポージングはプロのイラストレーター顔負け。構図や色の塗り方も、主役(自分と筍)が活きるように工夫されています。画面構成を考え大きくのびのびとした作品に仕上がりましたので、ワクワクとした楽しさが伝わってきます。

プライベートレッスンでは、まず基礎となる人物の描き方(人体の構造・ポーズや表情)を練習します。その際、重なりや遠近感なども一緒に覚えていきます。人物画に抵抗がなくなってきたら、最近興味を持ったことや思い出に残るイベントの内容を導入のおしゃべりで十分引き出し、描きたいテーマを決めます。
今回の『筍掘り』場合、「どんな姿勢で掘ったのか、どんな道具を使ったのか」ジェスチャーをしてもらい、そのポーズはどのように描いたら良いか考えさせてから、制作に取り掛かりました。

・構図は最初の描き出し(頭の位置・角度・大きさ・配置)が最重要なので、完成図を頭に浮かべ進めます。
・筍や竹に同化しないよう、服装は色が被らないようにします。
・遠くの竹は細く画面上に、近くの竹は太く画面下に描きます。この遠近が理解できれば、全ての絵画の背景に応用できます。
・地面や背景を薄塗りすることで、人物と筍が強調されて、描きたい主役が明確になります。
・しゃがむ姿勢(腕の位置・足の交差)、下を向いた作業の姿勢の描き方を覚えます。このポージングは砂遊びや海辺遊びにも応用できます。
・発表 タケノコを掘った後、どんな料理にしましたか?
・発表 タケノコを掘る時は、タケノコに傷をつけないように、少し離れたところからシャベルで掘りました。
・発表 宝物を探しているような気持ちでドキドキしました。

今度はどんな所に遊びに連れて行ってもらいたいか、掘った事後の状況(料理や食事)、気持ちもたくさん引き出し発表させます。これだけの作品と発表ができれば当然お母様もニコニコ褒めて下さり、ますますお絵描き大好きになり、もっと描きたい、上手になりたいという意欲が生まれます。秋までに自分一人の力で、短い時間で仕上がるように鍛えていきます。   オバラ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験クラスと幼児クラスの制作

2017-04-20 21:46:12 | 小学校受験

「小学校受験を考えているのですが、受験準備はいつ頃から始めればいいですか?」というご質問、また「幼児クラスとの違いを教えて下さい。」というお問合せをよく頂きます。いつ頃から?というご質問は、これはお子さま一人ひとりの性格や発達段階によって異なりますので、残念ながら明確な回答は難しいです。お子さまに過度な負担をかけず、無理のない受験準備をご家庭でじっくりと考えてスタートして頂きたいと思います。

アトリエ・ミオスでは、幼稚園・保育園児が通えるクラスとして、「幼児クラス」と「小学校受験クラス」がございます。私立小学校を受験予定の方は、殆どの方が小学校受験クラスにご在籍されますが、ご入会時の学年が年少だったり、受験校の試験内容によっては、幼児クラスを選ばれる方もいらっしゃいます。基本的にどちらのクラスもミオスの基本理念=子どもの個性を尊重し創造性を大切にしながら、巧緻性を育てるという根底の幼児教育の軸は同じですが、受験クラスでは、「先生の指示を正しく聞き取る」「道具の扱い方や的確な作業力」「制作過程」「生活態度」「完成度」に、基礎カリキュラムに基づいた指導が入ってきます。

例えば画用紙で作るお面制作の場合・・・・・左の集合写真をご覧いただくと、幼児クラス作品はオリジナリティーのある楽しい発想で自由に制作しています。左の写真の受験クラス作品は、動物の特徴をどうすれば表現できるか追及し、立体的に作る技術も習得していきます。

受験クラスのハサミ基礎練習で行う方法の一つに、2枚同じ形の動物の耳を作る為には、どうしたら良いかという課題があります。画用紙を2枚重ねて切ると、耳の形を一回切るだけで、全く同じ形の耳が2枚同時に素早く美しく出来るというやり方を幼児クラスのお面制作で実践してみました。またお面のベースとなる顔は、顎の部分が立体的になるような工夫がされています。

それぞれのクラスで行っているカリキュラムは、幼児期の成長発達に必要不可欠なものが多くありますので、幼児クラスのオリジナリティーある発想力を受験クラスの制作に取り入れたり、受験クラスで行っている技術を幼児クラスに取り入れることもあります。

幼児クラスにご入会して制作が楽しめるようになってから受験クラスへ移るお子様、はじめから小学校受験クラスをご受講されるお子様、両方のクラスに同時在籍されるお子様、様々なご受講スタイルが可能ですのでご相談ください。体験授業も随時受け付けております。<幼児クラス=無料レッスン、受験クラス=体験料3,000円>

(Eri Ito)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校受験制作

2017-02-23 22:16:55 | 小学校受験

小学校受験プライベートレッスン 新年中・新年長作品

先週木曜ブログの小学校受験絵画続きまして、本日は制作についてです。制作課題は、絵画同様に多くの私立小学校で実施している入試問題です。試験で制作した作品の評価は、上手な絵や作品が必ずしも良いとは限りません。学校によって求める子どもが違うということから、制作の評価は変わってきます。与えられた指示通り美しく丁寧に仕上げた作品が良いという技術面を見られている学校と、少しくらい仕上がリが雑でも面白い発想を求める学校など、学校によって基準が異なります。また多くの学校で共通するところは、積極的な取り組み姿勢や時間終了までの諦めない態度などを見ているところです。なかなか取り組めない消極的な態度や、自分では考えずにお友達と同じ絵を描く作るなどの様子は評価が低くなります。

楽しい発想力を求める学校の制作では、色画用紙・折り紙・モール・紙皿・紙コップ・ストロー・お花紙などを使って自由な発想で制作に取り組みますが、あまり工作経験がなかったり、苦手意識があるお子様にとって、突然「何でも良いので、好きな材料を使って自由に作ってみて」と言われて作ることは無理なことです。まずは、苦手意識をなくし楽しい気持ちで制作に取り組めるようになることが一番大事です。楽しいな!⇒もっとやってみたい!⇒もっと上手になりたい!と気持ちの中に意欲が湧いてくると、お子様の方から積極的に取り組んできます。工作に必要な道具の使い方や材料の扱い方を学ぶスタートラインで、最初に「楽しい!」という気持ちが芽生えれば、その後で技術面はどんどん発展させていくことができます。授業では、まずこのスタートラインをとても大事にしています。

たとえ上手く出来なくて失敗しても、「ここは上手にできたね!」とできた箇所を褒めたり、「どうやったら、動物が立つようになるか考えてみよう」と先生と一緒に手を動かして試行錯誤する経験の積み重ねが、必ず自信へと繋がっていきます。レッスンでは、楽しい気持ちと自信をもって取り組んでいけるように、サポートしていきたいと思っています。

またレッスンで制作した作品は、お迎えにいらしたお父様お母様に発表(作品の説明)をしてもらっていますが、どんな作品に対しても「すごいね!」「がんばったね!」「どうやって作ったの?お母さんにも教えてくれる?」と笑顔で目を輝かせてお子様に語りかける親御様には、お子様も意欲的に発表してくれます。そういうお子様は、制作中もキラキラとしていて、一緒にいる私達講師まで楽しい気持ちにさせてくれる程です。

どんな事でも楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますが、1コマ50分授業のプライベートレッスンでは物足りないというお子様も多いです。「楽しかったから、明日も来たい!」「もっとやりたかったのに・・・」と言われる授業になるように、私達も頑張っていきたいと思います。(Eri Ito)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加